金岡 恒治 (カネオカ コウジ)

写真a

所属

スポーツ科学学術院 スポーツ科学部

職名

教授

ホームページ

http://www.waseda.jp/sem-kaneoka/

兼担 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学学術院   大学院スポーツ科学研究科

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学位 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学   博士(医学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年
    -
     

    早稲田大学スポーツ科学学術院 教授

  • 2007年
    -
     

    早稲田大学スポーツ科学学術院 准教授

  • 2004年
    -
     

    国立大学法人 筑波大学大学院人間総合科学研究科 スポーツ医学専攻 講師

  • 2004年
    -
     

    国立大学法人 筑波大学大学院人間総合科学研究科 スポーツ医学専攻 講師

  • 2000年
    -
     

    筑波大学 臨床医学系 講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    Orthopaedic Research Society

  •  
     
     

    日本体力医学会

  •  
     
     

    水と健康医学研究会

  •  
     
     

    日本脊椎脊髄病学会

  •  
     
     

    日本臨床バイオメカニクス学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 整形外科学

  • スポーツ科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 腰痛、脊椎の外傷、スポーツ障害、水泳、椎間板変性、インパクトバイオメカ

論文 【 表示 / 非表示

  • Evaluation of Psoas Major and Quadratus Lumborum Recruitment Using Diffusion-Weighted Imaging Before and After 5 Trunk Exercises

    Atsushi Imai, Yu Okubo, Koji Kaneoka

    JOURNAL OF ORTHOPAEDIC & SPORTS PHYSICAL THERAPY   47 ( 2 ) 108 - 114  2017年02月  [査読有り]

     概要を見る

    STUDY DESIGN: Controlled laboratory study, with a pretest-posttest design.
    BACKGROUND: Diffusion-weighted imaging is a noninvasive magnetic resonance imaging technique that can be used to assess the recruitment of the psoas major (PM) and quadratus lumborum (QL). The recruitment of these muscles during trunk exercises has not been evaluated.
    OBJECTIVE: To evaluate the diffusion of water movement in several trunk muscles using diffusion-weighted imaging before and after specific trunk exercises and thereby to understand the level of recruitment of each muscle during each exercise.
    METHODS: Nine healthy male participants performed the right side bridge, knee raise, and 3 front bridges, including the hand-knee, elbow-knee, and elbow-toe bridges. Diffusion-weighted imaging was performed before and after each exercise. After scanning, the apparent diffusion coefficient (ADC) map was constructed, and ADC values of the rectus abdominis, lateral abdominal muscles, QL, PM, and back muscles were calculated.
    RESULTS: The right PM following the elbow-toe bridge demonstrated the largest increase in ADC values, a change significantly greater than that demonstrated by the hand-knee bridge (P<.001) and side bridge (P =.002) exercises. The ADC change in the right QL following the side bridge exercise was significantly larger than that of other exercises (P<.008).
    CONCLUSION: Of the 5 exercises investigated, the elbow-toe bridge and side bridge exercises elicit the greatest recruitment of the PM and QL, respectively.

    DOI

  • 寛骨傾斜介入による寛骨傾斜角の変化と足圧偏位の関係性の検討

    手塚 武士, 成田 崇矢, 今井 厚, 小野田 圭祐, 北原 悠貴, 宮尾 貴裕, 金岡 恒治

    理学療法学Supplement   2016 ( 0 )  2017年

     概要を見る

    <p>【はじめに,目的】</p><p></p><p>腰痛の原因の1つに仙腸関節由来の腰痛があるが,その診断方法は確立されておらず,MRI,CTでも特異的な画像所見が得られないため,見逃される例が多い。仙腸関節は,仙骨が両寛骨間を矢状面において回旋する前屈,後屈挙動を有している。先行研究において寛骨の傾斜が重心動揺面積や重心位置に影響を与える事が報告されている。しかし,寛骨の傾斜と重心偏位の関係性は明らかにされていない。寛骨傾斜の方向と重心偏位の関係性が明らかとなると,仙腸関節運動評価の一助になりうると考える。本研究は,寛骨を傾斜させる介入により寛骨傾斜角と重心(足圧)にどのような影響を与えるのか明らかにすることを目的とした。</p><p></p><p>【方法】</p><p></p><p>対象は,健常男性5名(平均年齢24.0±1.7歳)とした。</p><p></p><p>重心は,重心動揺計グラビコーダGR-31を2つ使用し,各重心動揺計に片脚ずつ乗せた両脚立位にて,左右の足圧を測定した。(重心動揺計は足圧中心を算出するため,重心を足圧と表記する)</p><p></p><p>寛骨傾斜誘導方法は,膝関節抵抗運動により生じる寛骨の代償運動を利用した。</p><p></p><p>寛骨前方傾斜(前傾)は,被検者を腹臥位とし,膝関節最大伸展位から90度まで屈曲する運動に対して徒手的抵抗運動を10回行わせた。寛骨後方傾斜(後傾)は,床に足底がつかない状態の端座位とし,膝関節90度から最大伸展位まで伸展する運動に対して徒手的抵抗運動を10回行わせた。</p><p></p><p>プロトコールは,足圧測定,右側寛骨後傾誘導介入,足圧測定,左側寛骨前傾誘導介入,足圧測定の順で実施した。足圧測定時に,上前腸骨棘,上後腸骨棘にマーカーを貼付け,矢状面から静止画撮影をした。静止画をもとに,画像解析ソフトimageJを用い,寛骨傾斜角を測定した。なお,寛骨傾斜角は,上前腸骨棘と上後腸骨棘を結ぶ線と床への垂線がなす角とした。</p><p></p><p>寛骨誘導介入前後の寛骨傾斜,足圧偏移の変化量の比較をt検定にて行った。有意水準は5%未満とした。</p><p></p><p>【結果】</p><p></p><p>寛骨傾斜角は,開始肢位の寛骨傾斜角を基準とし,正の変化を前傾,負の変化を後傾とした。左寛骨は前傾誘導介入により,92.65°から95.11°と2.46°前傾し,有意差を認めた。右寛骨は後傾誘導介入により,95.09°から93.91°と1.18°後傾したが,有意差を認めなかった。</p><p></p><p>足圧は,開始肢位の足圧中心を基準とし,正の変化を前方偏位,負の変化を後方偏位とした。左寛骨前傾誘導介入後は,左足圧が-2.42cmから-1.06cmと1.36cm前方偏移し,有意差を認めた。右寛骨後傾誘導介入後は,右足圧が-1.44cmから-1.6cmと0.16cm後方偏移したが,有意差を認めなかった。</p><p></p><p>【結論】</p><p></p><p>今回,介入による寛骨前傾に伴い,同側の足圧は有意な前方偏位を認めた。しかし,介入による寛骨後傾の効果は認めず,この場合,同側の足圧は偏位を認めなかった。この結果から,寛骨傾斜と足圧偏位には関係性があることが示唆された。そのため,足圧偏位の方向が仙腸関節運動を捉える一つの指標になり得ると考えた。</p>

    CiNii

  • Calf muscle activity alteration with foot orthoses insertion during walking measured by fine-wire electromyography.

    Hiroshi Akuzawa, Atsushi Imai, Satoshi Iizuka, Naoto Matsunaga, Koji Kaneoka

    Journal of physical therapy science   28 ( 12 ) 3458 - 3462  2016年12月  [国内誌]

     概要を見る

    [Purpose] The purpose of the study was to assess the muscle activity change of the tibialis posterior, flexor digitorum longus, and peroneus longus during gait with orthoses. [Subjects and Methods] Sixteen healthy males participated in this study. Activity of each muscle was measured by using fine-wire and surface electromyography. Gait task was performed by the participants barefoot, with footwear and with orthoses. The electromyography data from a stance phase of each gait trial were used for analysis. The stance phase was divided into contact, midstance, and propulsion phases. The data from ten participants were extracted for final analysis, as electromyography measurements were unsuccessful for the other six. [Results] The results demonstrated that orthoses significantly reduced the tibialis posterior muscle activity in the propulsion phase compared to that in the barefoot condition. Although there was a significant difference in the midstance phase, post hoc analysis did not indicate significant differences among the phases. No significant electromyography amplitude change was detected in flexor digitorum longus and peroneus longus. [Conclusion] Orthothes reduced the tibialis posterior activity level during gait. This result may be beneficial for patients with injuries related to excessive activity of tibialis posterior.

    DOI PubMed

  • Consensus statement on the methodology of injury and illness surveillance in FINA (aquatic sports)

    M. Mountjoy, A. Junge, J. M. Alonso, B. Clarsen, B. M. Pluim, I. Shrier, C. van den Hoogenband, S. Marks, D. Gerrard, P. Heyns, K. Kaneoka, H. P. Dijkstra, K. M. Khan

    BRITISH JOURNAL OF SPORTS MEDICINE   50 ( 10 ) 590 - 596  2016年05月  [査読有り]

     概要を見る

    Background Injury and illness surveillance in the aquatic disciplines has been conducted during the FINA World Championships and Olympic Games. The development of an aquatic-specific injury and illness surveillance system will improve the quality of the data collected and the development of preventive measures. Our ultimate objective is to enhance aquatic athlete health and performance.
    Objective The objective was to refine the injury and illness surveillance protocols to develop aquatic-specific definitions of injury and illness; define aquatic-specific injury location and causation; better describe overuse injuries; regard pre-existing and recurrent injuries; more accurately define aquatic athlete exposures and develop a protocol to capture out-of-competition aquatic athlete health parameters.
    Methods FINA compiled an Injury and Illness Surveillance Expert Working Group comprised of international experts to review the scientific literature in the field. A consensus meeting was convened to provide an opportunity for debate, following which recommendations were collated.
    Results Aquatic-specific injury and illness surveillance protocols covering both the in-competition and out-of-competition time periods were developed. Definitions for all relevant variables were outlined, and documentation forms for athletes and for clinicians were proposed. Recommendations for the implementation of an injury and illness surveillance system for FINA are presented.
    Conclusion The FINA consensus authors recommend ongoing in-competition and out-of-competition surveillance to determine injury and illness trends over time. The implementation of the definitions and methodology outlined in this paper will improve the accuracy and value of injury and illness surveillance, and provide important information for injury prevention.

    DOI

  • The effect of dynamic stretching on hamstrings flexibility with respect to the spino-pelvic rhythm

    Kiyotaka Hasebe, Yu Okubo, Koji Kaneoka, Kohei Takada, Daisuke Suzuki, Koichi Sairyo

    Journal of Medical Investigation   63 ( 1-2 ) 85 - 90  2016年04月

     概要を見る

    Objectives: To ascertain the dynamic stretch effects of flexibility of the hamstrings on lumbar spine and pelvic kinematics. Background: Tight hamstrings are positively correlated with low back pain. However, it is unclear how flexibility of the hamstrings affects spino-pelvic rhythm. Methods: Twelve healthy men participated in the study. The straight leg raising (SLR) angle, finger floor distance (FFD), and spino-pelvic rhythm was measured before and after the 6-week stretching protocol. The forward bending task was divided into 4 phases. The paired t-test was used to determine significant differences before and after the FFD, SLR angle, lumbar motion, and pelvic motion, and spino-pelvic rhythm in each phase (p 0.05). Results: After 6 weeks of stretching, significant improvements were seen in the FFD with maximum forward bending and in the SLR angle. Total pelvic rotation was also significantly increased in contrast to total lumbar flexion. A decreased spino-pelvic ratio was seen in the final phase. Conclusion: Dynamic stretching could change the spino-pelvic rhythm to a pelvis-dominant motion, indicating that flexible hamstrings are important for preventing low back pain.

    DOI PubMed

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 最新腰痛症ハンドブック

    遠藤健司, 金岡恒治

    シュプリンガー・ジャパン  2008年05月 ISBN: 9784431100232

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 運動器障害に対するアスレティックリハビリテーション方法の開発

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

     概要を見る

    人が二足歩行において様々な動作を行う際には、関節周囲筋群の精緻な協調性によって関節の動的安定性を得て、日常生活動作や複雑なスポーツ動作を遂行している。関節周囲筋には表層に位置し複数の関節を跨ぐ表層筋と、深層に位置し一つの関節を動かす深層筋(いわゆるインナーマッスル)が存在し、深層筋を適切に収縮させることが良好な関節運動を行わせ、優れた身体運動につながると考えられている。この深層筋の役割を明らかにすることを目的に、代表的深層筋である後脛骨筋、梨状筋、菱形筋、腰方形筋、腹横筋の身体活動時の筋活動を健常人志願者を対象にwire電極を用いて計測し解析を行った。その結果として、つま先立ちになる際には足部安定性を高めるために後脛骨筋が働くこと、頭部重心が足部上に位置する“良い姿勢”をとる際には菱形筋の活動が高まり、同時に脊柱起立筋の活動が“不良姿勢”時に比べて減少すること、前額面上における体幹・下肢の安定性には腰方形筋の活動が必要となり、歩行や走行などの片脚荷重時には股関節周囲筋群と協調して姿勢を保持していることなどが明らかになった。またスポーツ動作時に体幹を安定させる方法として、ドローインやブレーシングと呼ばれる収縮方法が用いられているが、これらの方法における筋活動様式を解析したところ、内外腹斜筋はドローインで高い活動を示し、これまで指導されてきたこととは異なる結果が得られ、今後も詳細な検討が必要であることが確認された。本研究によって得られた成果をリハビリテーションの現場で活かすことによって、エビデンスに基づいたより有効性の高い、人の身体機能を高めるためのアスレティックリハビリテーションが開発・実践されていくことが期待される

  • 運動器障害に対するアスレティックリハビリテーション方法の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

  • 競技スポーツ選手の腰部障害発生機序解明と予防策の考案

    研究期間:

    2010年04月
    -
    2013年03月
     

     概要を見る

    競技スポーツ動作時の腰椎・骨盤の挙動解析及び体幹・骨盤周囲筋群の筋活動解析をワイヤレス環境において実施してきた.その結果,スポーツ動作に体幹・骨盤を安定させるための筋活動を観察した.これらの基礎的データを基に,体幹安定化体操をはじめとした障害予防対策を立案し,スポーツ選手のみならず一般の腰痛者への腰痛体操としてもその効果を確認し実践・普及に努めている

  • 学校プールでの安全な飛び込み方法の解明

    研究期間:

    2011年04月
    -
    2012年03月
     

     概要を見る

    水泳の飛び込み事故を防止するためには、学校プールにおいて安全な飛び込み方法を指導することが必要と考える。水深1m程度のプールにおいて安全に飛び込む方法を明らかにする事を目的に研究を行った。大学生被験者11名を対象とし、プールサイドから様々な入水角度で飛び込み動作を繰り返させ、その際の頭部最大到達深度を計測し、両者の相関を求めた。その結果、入水角度と頭部の最大到達深度との間に強い相関関係を認め、水深1mのプールに水面と同じ高さのプールサイドから飛び込む際には、入水時に水面と上肢のなす角度が約30度で頭部が水底に達することが示された。このことから水深1mのプールには入水角度30度以下で飛び込むことが求められる

  • 人間の頚部特性に関する研究 (日本自動車研究所との共同研究)

    研究期間:

    1996年
    -
     
     

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • ラグビー選手の腰椎椎間板変性率調査.

    第8回日本フットボール学会  

    発表年月: 2010年12月

  • 頚椎有限要素モデルを用いた被側方衝撃時の頚椎椎間板ひずみ分布解析

    第37回日本臨床バイオメカニクス学会学術集会  

    発表年月: 2010年11月

  • 競泳選手の腰部障害と体幹安定性

    日本機械学会スポーツ&ヒューマンダイナミクス  

    発表年月: 2010年11月

  • 打撃動作における体幹深部筋の筋活動解析

    第21回日本臨床スポーツ医学会学術集会  

    発表年月: 2010年11月

  • 大学サッカー選手の腰部位置覚とバランス能力の関係

    第21回日本臨床スポーツ医学会学術集会  

    発表年月: 2010年11月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 運動器障害に対するアスレティックリハビリテーション方法の開発 

    2020年   阿久澤弘

     概要を見る

    本研究は,エクササイズ実施時の体幹・下肢の筋活動を測定し,有効性の高いアスレチックリハビリテーションの方法を確立することを目的とした.体幹深部に位置する腰方形筋に着目した研究では,,同側の骨盤側方挙上, 同側が下となるサイドブリッジで高い活動を示すことが明らかとなった.これらの結果は,American Journal of Physical Medicine &amp; RehabilitationならびにJournal of Sport Rehabilitationに採択され,掲載されている.さらにもう一つの実験として,体幹の筋を様々な方法で収縮しながら競技動作に近い姿勢で,腕と脚の筋力を測定し,筋力発揮と体幹筋筋活動の関係を検証している.本実験に関しては現在データを解析しており,今後検証結果がまとまり次第,国外雑誌への論文投稿を予定している.

  • サーフェス性状の違いによる体幹筋エクササイズ時の筋活動解析

    2018年   松永直人

     概要を見る

    健常若年男性14名を対象に、スリングを用いたトレーニングであるTRX条件、摩擦抵抗を減らしたサーフェス上でのトレーニングであるFLOWIN条件、通常の床面上で行うコントロール条件で、体幹と上下肢の筋活動量を筋電計を用いて測定し、条件間で比較した。トレーニング種目はpush up、body saw、flow out、back bridge、backward lunge、hip adductionの6種目とした。その結果、hip adductionにおいて、FLOWIN条件でのトレーニングではコントロール条件より、体幹深部筋である内腹斜筋/腹横筋と内転筋の活動が高いことが明らかとなった。

  • 関節安定化機能を持つ深部筋群の機能解析研究

    2016年   今井厚

     概要を見る

    本研究の目的は各関節の深部筋の機能を明らかにすることであり、体幹・肩甲帯の機能が上肢障害にどのように関わっているのかをwire電極を使用した後脛骨筋や菱形筋の筋活動解析を実施した。 肩甲骨の安定に関与する菱形筋の筋活動解析では、姿勢の変化による影響について検討し、耳孔、肩峰、大転子が一直線に保たれている良姿勢に対し、耳孔及び肩峰が前方に突出している不良姿勢の菱形筋の筋活動量が低値を有意に示した。つまり不良姿勢では深部筋が適切に活動しておらず、適切なアライメント保持ができていない可能性があるといえる。足部のアーチ保持に関与する後脛骨筋の筋活動解析では、wire電極を用いて歩行や走行時の筋活動パターンを検証した。その結果、歩行の立脚期では、立脚初期と後期に二峰性の活動波形を示すことを確認した。一方、走行では筋活動波形は一峰性となったが、立脚初期に筋活動のピークが来ることが示された。このことから、立脚初期の活動は、接地と共に足部が回内し、内側縦アーチが低下するのを制動する役割を果たしていると考えられる。足部は歩行や走行時、唯一地面と接地する部位である。そのため、足部過回内による足部安定性の欠如は、床反力からの適切な荷重伝達を妨げ、運動機能異常に繋がる可能性がある。後脛骨筋は、このような運動機能異常を防ぐ動的関節安定化機能であると考える。&nbsp;

  • 競技スポーツ選手の体幹深部筋機能の解明 -腰部障害予防と運動機能向上に向けて-

    2013年  

     概要を見る

    体幹深部筋機能を向上させることで競技力の向上が期待される。そのため最も有効で実践的な体幹深部筋トレーニングの方法やトレーニング用具を開発することを目的として2013年度は研究を行ってきた。ジャンプ動作の前に体幹深部筋トレーニングを行うことでジャンプ力が向上すると報告されているが、トレーニングの最適な量や、実施する時期は明らかにされていない。そのためトレーニング量を変化させた際の効果の違い、トレーニング実施後の経過時間による効果の違いを検討するため以下の実験を行った。実験①トレーニング量と効果の検証:大学ラグビー選手30名を対象に、体幹深部筋トレーニング介入前後の垂直跳び到達高を計測し比較解析した。対象者を、一種目90秒合計360秒実施する群、45秒間合計180秒実施する群、介入しないコントロール群に分けて比較した。その結果、45秒群の跳躍高増加率はコントロールと比べて有意な増加を認めなかったのに対して、90秒群はコントロール群に比して有意に増加した。このことからトレーニング量は効果に影響を及ぼすことが明らかにされた。実験②トレーニング後の効果の持続時間の検証:競泳選手19名を対象に、トレーニング介入前後の蹴伸び(水中で壁を蹴って進む基本動作)の速度、最大到達距離を計測し、トレーニング後の時間経過による変化を解析した。体幹深部筋トレーニングは、Back Bridge、Side Bridgeドローイン、Prone Bridge(エルボーニー+手挙げ、エルボーニ―+脚挙げ)の5種目とした。各種目60秒、合計300秒実施した。蹴伸び試技の計測は、介入前、介入直後、15分後、30分後に行った。到達距離は指先の到達位置を目視で測定した。またハイスピードカメラを水中の2.5mと7.5m地点に設置し、被験者の右側から蹴伸び動作を撮影した。解析はImage Jを使用し、撮像した画像から座標を算出し、2.5m~7.5mの5m間の平均速度を算出した。また2.5mから前後10ms、計20msからそれぞれの瞬間速度を算出した。結果として、当初の予想に反して介入直後、15分後、30分後のいずれにおいても介入前と比べて、蹴伸びの速度、到達距離ともに有意な増加を認めなかった。今回の被験者は大学一流競泳選手であり、通常より体幹深部筋のトレーニングを行ってきていたため介入による変化を認めなかったことが考えられる。今後はより詳細な条件設定を行い効果を検証していく。

  • インターネットを用いた慢性腰痛者に対する運動療法介入研究

    2012年  

     概要を見る

    【緒言】腰痛を主訴として医療機関を受診し、画像検査によって明らかな疼痛出現部位を特定できる特異的腰痛は約2割程度であり、そのほかの約8割は明らかな原因を特定することのできない非特異的腰痛と言われている。特異的腰痛は主に整形外科において加療され、その治療方法は科学的に検証され、適正な治療方法が選択されている。病態が不明瞭な非特異的腰痛に対する治療方法の科学的検証は乏しく、最適な対処方法は明らかにされてはいないが、運動療法の有効性は数多く報告され、我々は中高齢者の慢性腰痛患者に対して体幹深部筋群のトレーニングを行いその有効性を確認している。今回同様の手法を用いて運動療法実施者の運動実践コンプライアンスをたかめ、より有効性を高めるために“インターネットを用いた慢性腰痛者に対する運動療法介入研究”を計画した。そのシステムの構築には相応の予算を必要とするため、今回の研究では実施には至らなかった。そのため、今後システムが構築された際に必要となる、非特異的腰痛者の病態解明を目的とした調査研究を実施した。【目的】非特異的腰痛者の腰痛発現部位を推定し、その実態を明らかにすること。【対象と方法】2008年から2012年の期間に腰痛を主訴に大学内の診療施設を受診した大学運動部員115名を対象とし、脊柱所見、圧痛部位、神経学的所見などの機能的診察所見から腰痛の病態分類を行った。【結果】腰椎の前屈時痛を有した者は59名(39%)で神経学的所見を伴った者は24名(16%、椎間板ヘルニア疑い)、伴わなかった者は35名(23%、椎間板障害疑い)であった。腰椎の伸展時痛を有した者は74名で後側方への伸展負荷(Kemp手技)で腰痛を誘発した者は56名(37%、椎間関節障害・分離症疑い)、伴わなかった者は18名であった。仙腸関節に圧痛を認めた者は24名で仙腸関節へのストレス負荷テストが陽性であった者は18名(12%、仙腸関節障害疑い)、認めなかった者は3名であった。また腰椎の前屈と伸展いずれも腰痛を誘発しない者は10名で傍脊柱筋に局所的圧痛を認めたものは1名(1%、筋筋膜性腰痛)、認めなかった者は9名であった。【考察】腰椎の機能的診察所見から腰部障害の病態を推定したところ、椎間板障害の疑いが39%、椎間関節障害の疑いが37%、仙腸関節障害の疑いが12%であった。これらの障害部位頻度が全ての世代の非特異的腰痛者に当てはまるとは限らないが、今後インターネットを介して、腰痛者の病態をアンケート等による遠隔診断を行う際の参考データとして有用であると考える。

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    (一社)日本身体機能研究会  代表理事

  •  
     
     

    (独行)日本スポーツ振興センター  スポーツ事故防止対策協議会

  •  
     
     

    (公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会  組織委員会アドバイザー

  •  
     
     

    (財)日本オリンピック委員会  選手強化本部・情報・医・科学専門部会 医学サポート部門メンバー

  •  
     
     

    (財)日本オリンピック委員会  強化スタッフ・スポーツドクター

全件表示 >>