TAKEMURA, Kazuhisa

写真a

Affiliation

Faculty of Letters, Arts and Sciences, School of Humanities and Social Sciences

Job title

Professor

Homepage URL

http://www.f.waseda.jp/kazupsy/

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of Commerce   Graduate School of Commerce

  • Faculty of Letters, Arts and Sciences   Graduate School of Letters, Arts and Sciences

Research Institute 【 display / non-display

  • 2020
    -
    2022

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

  • 2017
    -
    2021

    意思決定研究所   プロジェクト研究所所長

Education 【 display / non-display

  • 1990.04
    -
    1992.03

    Graduate School, Kyoto Institute of Technology   工芸科学研究科   情報・生産科学専攻  

  • 1985.04
    -
    1988.03

    Doshisha University   Faculty of Literature   Department of Psychology  

  • 1983.04
    -
    1985.03

    Doshisha University   Graduate School, Division of Letters   Department of Psychology  

  • 1981.04
    -
    1983.03

    Doshisha University   Faculty of Letters   文化学科心理学専攻  

  • 1979.04
    -
    1981.03

    Doshisha University   Faculty of Economics  

display all >>

Degree 【 display / non-display

  • 北里大学   博士(医学)

  • 東京工業大学   博士(学術)

  • (BLANK)

  • (BLANK)

Research Experience 【 display / non-display

  • 2018.10
    -
    2018.11

    Konstanz University   Institute of Advanced Studies   Guest researcher

  • 2018.06
    -
    Now

    International Association of Psychology   Fellow

  • 2016.09
    -
    2018.09

    Waseda Universty   Waseda Institute for Adovanced Study   vice director

  • 2009.04
    -
    Now

    Waseda Universty   消費者行動研究所   研究所員

  • 2009.04
    -
    Now

    Osaka Kyoiku University   National Mental Support Center for School Crisis   共同研究員

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    日本理論心理学会

  •  
     
     

    European Association of Decision Making

  •  
     
     

    日本グループ・ダイナミックス学会

  •  
     
     

    International Association of Applied Psychology

  •  
     
     

    日本消費者行動研究学会

display all >>

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Social psychology   behavioral decision theory

Research Interests 【 display / non-display

  • behavioral economics

  • behavioral metrics

  • clinical social psychology

  • social psychology

  • behavioral decision theory

display all >>

Papers 【 display / non-display

  • Behavioral Decision Theory

    Kazuhisa Takemura

    Oxford Research Encyclopedia of Politics ( Oxford University Press )   2020.09  [Refereed]  [Invited]

    Authorship:Lead author

     View Summary

    <p>Behavioral decision theory is a descriptive psychological theory of human judgment, decision making, and behavior that can be applied to political science. Behavioral decision theory is closely related to behavioral economics and behavioral finance. Behavioral economics is an attempt to understand actual human economic behavior, and behavioral finance studies human behavior in financial markets. Research on people’s decision making represents an important part of these fields, in which various aspects overlap with the scope of behavioral decision theory. Behavioral decision theory focuses on the decision-making phenomena that are broadly divisible into those under certainty, those under risk, and others under uncertainty that includes ambiguity and ignorance.</p>
    <p>What are the theoretical frameworks that could be used to explain the decision-making phenomenon? Although numerous theories related to decision making have been developed, they are, in essence, often broadly divided into two types: normative theory and descriptive theory. The former is intended to support rational decision making. The latter describes how people actually make decisions. Both normative and descriptive theories reflect the nature of actual human decision making to a degree. Even descriptive theory seeks a certain level of rationality in actual human decision making. Consequently, the two are mutually indistinguishable. Nonetheless, a major example of normative theory is regarded as the system of utility theory that is widely used in economics. A salient example of descriptive theory is behavioral decision theory. Utility theory has numerous variations, such as linear and nonlinear utility theories. Most theories have established axioms and mathematically developed principles. In contrast, behavioral decision theory covers a considerably wide range of variations of theoretical expressions, including theories that have been developed mathematically (such as prospect theory) and those expressed only with natural language (such as multiattribute decision-making process models). Behavioral decision theory has integrated the implications of the normative theory, descriptive theory, and prescriptive theory that help people to make better decisions.</p>

    DOI

  • 心理物理学と社会物理学−意思決定研究史からの展望とその課題

    竹村和久

    感性工学   17 ( 3 ) 122 - 129  2019.09

  • ウェーブレット変換,特異値分解,フーリエ変換を用いた樹木画の画像解析

    川杉 桂太, 竹村 和久, 岩滿 優美, 菅原 ひとみ, 西澤 さくら, 塚本 康之, 延藤 麻子, 小平 明子, 轟 純一, 轟 慶子

    心理学研究   90 ( 3 ) 284 - 293  2019.08  [Refereed]

    DOI

  • 地域課題解決型PBLにおいて課題の発見を支援する手法の提案 : 基盤となる価値を発見・共有するための「構え」づくりに注目して

    井出野尚, 大坂遊, 玉利祐樹, 竹村和久

    徳山大学総合研究所紀要   41   13 - 21  2019.03

  • A Proposal for Method to Support the Discovery of Regional Issues in PBL: Focusing on Creating Readiness to Discover and Share the Underlying Value

    Takashi Ideno, Yu Osaka, Yuki Tamari, Kazuhisa Takemura

    Bulletin of Research Institute, Tokuyama University   ( 41 ) 12 - 20  2019.03

     View Summary

    本研究では,地域課題解決型PBL実践における,問題発見方法の提案を行った。本提案手法は,多元的価値で構成される事象や概念を円内に自由に布置することによりマップ(個人マップ)を作成し,それらを持ち寄りグループ内で合議を行い合意したマップ(合意マップ)を作成し,その後発表するという一連の手続きで構成される。適用例から,合意形成段階で,各人の挙げた項目をもとに新たなカテゴリ化が行われたうえで,発表に向けて問題の構造化がなされることが示された。

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • Foundations of economic psychology: A behavioral and mathematical approach

    Takemura,K( Part: Sole author)

    Springer  2019.09 ISBN: 9789811390494

  • 認知心理学のフロンティア 神経経済学と意思決定――心理学,神経科学,行動経済学からの総合的展望――

    E. A. ウィルヘルムス,V, F. レイナ(編, 竹村和久, 高橋英彦( Part: Joint translator)

    北大路書房  2019.09 ISBN: 9784762830761

  • 産業・組織心理学講座第5巻 消費者行動の心理学――消費者と企業のよりよい関係性――(分担執筆)

    産業, 組織心理学会, 永野 光朗( Part: Contributor)

    北大路書房  2019.09 ISBN: 9784762830822

  • リスク学辞典(印刷中)

    竹村 和久( Part: Contributor)

    丸善出版  2019

  • リスク学辞典

    竹村 和久( Part: Contributor)

    丸善出版  2019 ISBN: 9784621303818

display all >>

Misc 【 display / non-display

  • 統合失調症患者と健常者の樹木画における描画特徴の比較

    川杉 桂太, 岩滿 優美, 轟 慶子, 菅原 ひとみ, 小林 史乃, 小平 明子, 延藤 麻子, 塚本 康之, 西澤 さくら, 轟 純一, 竹村 和久

    日本心理学会大会発表論文集 ( (公社)日本心理学会 )  83回   396 - 396  2019.08

  • 選好の形成過程に関する実験的検討

    井出野 尚, 竹村和久

    選好形成と意思意思決定 勁草書房    2018.08

  • Computer simulation study of decision strategies in which each attribute is dichotomous

    Yuki Tamari, Ryohei Haraguchi, Takashi Ideno, Kazuhisa Takemura

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY ( ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD )  51   340 - 340  2016.07

    Research paper, summary (international conference)  

  • The Priority Heuristic in The Effort-accuracy Framework: A Computer Simulation Approach

    Hajime Murakami, Natsumi Niwa, Ryohei Haraguchi, Yuki Tamari, Kazuhisa Takemura

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY ( ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD )  51   340 - 340  2016.07

    Research paper, summary (international conference)  

  • Effects of graphical representation in multi-attribute tables: An eye-tracking study

    Masahiro Moril, Takashi Ideno, Mitsuhiro Okada, Kazuhisa Takemura

    INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY ( ROUTLEDGE JOURNALS, TAYLOR & FRANCIS LTD )  51   340 - 340  2016.07

    Research paper, summary (international conference)  

display all >>

Works 【 display / non-display

  • Research on Social valves

  • Experimental Study of bargaining game

  • An analysis of personal decision-making

  • Sutudy on Fuzzy-multiple-regression analysis

  • A Study of information integration process

display all >>

Other 【 display / non-display

  • 人間の合理性、非合理性、利他性、利己性の問題に関心があります。また、応用領域として、リスクコミュニケーションやマーケティングの問題に関心があります。

Awards 【 display / non-display

  • Kimura Award

    2021.05   Transdisciplinary Federation of Science and Technology   Understanding consumer decision process and consumer support

    Winner: Kazuhisa Takemura, Group, Kazuhisa Takemura, Hajime Murakami

  • Fellow Award

    2018.06   International Association of Psychology   International Association of Psychology, Fellow Award

    Winner: TAKEMURA, Kazuhisa

  • 杉山明子賞(出版賞)

    2016   the Behavioralmetric Society   「Behavioral Decision Theory: Psychological and mathematical descriptions of human choice behavior」Springer

    Winner: Takemura, K

  • 出版賞

    2010   the Jpanese Society of Social Psychology   「行動意思決定論―経済行動の心理学―」日本評論社

    Winner: 竹村和久

  • Motoaki Poster Award

    2010   アジア健康心理学会  

    Winner: 松村治, 岩満優美, 竹村和久

display all >>

Research Projects 【 display / non-display

  • 無知下の意思決定の研究

  • Study of socio-economic phenomenon using decision process analysis

    基盤研究(C)

  • Construal Level Theory and the Determining Factors of Customer Satisfaction

    基盤研究(B)

  • 相談による共同意思決定過程の研究

    奨励研究(A)

  • 新しい描画調査の開発とその画像解析による社会心理学的応用

    萌芽研究

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • 製品選択場面における眼球運動の分析手法について

    川杉桂太, 村上始, 渡辺藍丸, 竹村和久

    早稲田大学消費者行動研究所シンポジウム「消費者行動研究における実験アプローチ」  (早稲田大学(東京都)) 

    Presentation date: 2019.12

  • 将来世代を考慮した意思決定ーー仮想世代の視点取得が心理的プロセスに及ぼす影響ーー

    加納由将, 西村直子, 竹村和久

    第23回実験社会科学カンファレンス  (明治学院大学 白金キャンパス(東京)) 

    Presentation date: 2019.12

  • Prediction of choice by attention model: Time series analysis of eye-gaze behavior

    Murakami, H, Watanabe, R, Kawasugi, K, Amano, M, Takemura, K

    Society for Judgment and Decision Making (SJDM)  (Montreal (Canada)) 

    Presentation date: 2019.11

  • 日本語版中庸尺度の作成及び妥当性・信頼性の検討

    竹村和久, 李之林, 楊政達

    日本社会心理学会第60回大会  (立正大学(東京)) 

    Presentation date: 2019.11

  • 画像解析を用いた購買時眼球運動の検討

    渡辺藍丸, 川杉桂太, 村上始, 天野淳, 竹村和久

    日本社会心理学会第60回大会  (立正大学(東京)) 

    Presentation date: 2019.11

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 不合理な意思決定の微視的過程の研究

    2018  

     View Summary

     本研究では、社会状況の様々な場面で観察される不合理な意思決定についての研究を行い、その問題への処方を提示する研究を行うことを目的とした。不合理な意思決定というのは、意思決定者本人が事後的にそうすべきでなかったと後悔するような決定であると言える。本研究では、この意思決定現象を、個人や集団や組織における意思決定場面において観察し、人々の不合理な意思決定過を測定し、かつその意思決定過程の微視的分析をするための方法論の開発と、その方法論を用いた基礎研究ならびに応用研究を行うことによって、個人および集団が不合理な意思決定に至る過程を明らかにし、不合理な意思決定に陥らない処方的示唆を得るこための研究を行った。

  • 人々の社会観についての定性的測定と定量的測定の統合的研究

    2018  

     View Summary

    本研究の目的は、人々が社会事象や対人関係についての社会的認知を捉えるうえで、空間表現や言語表現を加えた測定による定性的測定法の開発と数理モデルを利用し定量的測定法の開発を行い、両者を統合することである。本研究では、人々の社会観を定性的に解釈するだけでなく、特異値分解、ウェーブレット解析、フーリエ解析、ファジィ集合論的分析などのデータの解析の観点から統一的かつ計量的に分析し、より客観的な分析手法を開発して、街づくりや組織の問題認識に役立ちうる方法論を確立することを目的とした。また、本研究の成果は、国内外での研究発表やシンポジウムなどで発表した。

  • 社会的価値観についての認知マップを利用した測定と面接研究

    2020   川杉桂太, 村上始, 岩満優美, 玉利祐樹, 井出野尚, 渡辺藍丸 , 李芝林, 劉放, 楊政達

     View Summary

    本研究の目的は、人々が社会事象や対人関係についての社会的認知を捉えるうえで、空間表現や言語表現を加えた測定による定性的測定法の開発と数理モデルを利用し定量的測定法の開発を行い、両者を統合することである。本研究では、人々の社会観を定性的に解釈するだけでなく、特異値分解、ウェーブレット解析、フーリエ解析、ファジィ集合論的分析などのデータの解析の観点から統一的かつ計量的に分析し、より客観的な分析手法を開発して、街づくりや組織の問題認識に役立ちうる方法論を確立することを目指した。本研究では、いずれにおいても参加者への副作用や侵襲性はないが、調査においては参加者の同意や社会的コンセンサスを必要とするので、倫理審査も受けるだけでなく人権及び利益の保護の取扱いについて十分配慮した。また、本研究の成果は、日本心理学会の研究誌や国内外の書籍(Springer社など)で発表した。

  • 判断と意思決定の認知・生理過程の解明とそれに基づく社会的処方研究

    2005  

     View Summary

    社会的状況における人間の判断と意思決定は、状況依存的であることがこれまでの研究でわかっている。たとえば、経済学における効用理論に基づいて価格政策を行おうとしても、効用理論の硬直性から、消費者の判断と意思決定の状況依存性に対応出来ず、失敗することがある。また、金融政策において、減税政策を行ったにも関わらず消費が伸び悩んでしまうということがしばしば起こっている。さらに、個人の日常生活における意思決定においても、判断や意思決定が社会的環境に依存してなされるために、社会的予測が間違ったり、無効になったりすることがある。しかしながら、これらの社会的環境における状況依存性を、非合理なバイアスであるとかエラー、誤差であるとみるのではなく、系統的な性質を持っていると考えることによって、個人の意思決定行動の説明、予測、そして意思決定の支援などがより有効になると期待できる。さらには、器質障害や心因的障害に起因した、意思決定に関する臨床的障害などの問題を改善するためにも、判断と意思決定の認知過程や脳内過程を解明することは重要である。 本研究では、社会的状況における判断と意思決定の認知・生理過程を種々の基礎心理実験と調査を通じて解明する。そしてその状況依存性を理論的観点から説明し、予測可能な心理計量モデル、その数理心理モデルを構成し、さらに、この数理心理モデルを脳内メカニズムとの対応において実証的観点から検討した。そうして得られた非常に基礎的な心理学的知見に基づいて,社会的政策や実務的問題解決の処方法を提案することを、最終的な目標とした。 近年、PET、MRI、NIRSなどの脳活動観察装置の発達に伴って、脳活動をより精密に測定する事ができるようになってきた。この発展によって、認知、記憶、言語など知的機能の研究が進展している。本研究では、NIRS, 眼球運動測定装置などの生理的指標を使用することによって、意思決定の数理心理モデルと脳内メカニズムを表現するモデルを統合し、意思決定のメカニズムを究明することを目的とした。そしてその知見を基に社会調査を行い、消費者問題、社会的リスク問題、臨床的問題などの社会的政策への提案を行うことを最終目的とした。 具体的には、第1の研究目的は、個人の意思決定の認知処理がどのように行われているかを最新の眼球運動測定装置などを用いて明らかにすることであった。第2の研究目的は、相互作用する個人間の意思決定において、どのような認知過程が生じるのかを最新の過程追跡技法を用いて明らかにすることであった。第3の研究目的は、個人の意思決定においての脳内過程をfMRIなどの手法によって明らかにすることであった。第4の研究目的は、この実証研究から意思決定の心理計量モデルと数理モデルを構成し、脳内モデルとの統合をすることであった。 これらの研究成果は、国内外の学会や研究集会において公表された。

  • 多属性意思決定過程の心理計量モデルの開発とそれに基づく行動経済学的研究

    2014  

     View Summary

    &nbsp; 本研究では、社会状況における人々の多属性意思決定過程の分析をするための方法論の開発と、その方法論を用いた意思決定の数理モデルの作成とその数理モデルに基づく心理計量モデルの作成を行い,行動経済学的実験および調査を行った。具体的には、1)社会的状況における人々の多属性意思決定過程を明らかにするための方法論の開発、2)開発された方法論によって測定された微視的過程の数理的解析や数理的モデルの作成,それに基づく心理計量モデルの開発,3)多属性意思決定の数理モデル,および心理計量モデルによる行動経済学的実験、調査法を用いた、社会的状況における多属性意思決定過程に関する知見の考察を行った。これらの研究の成果は、学会発表、研究論文、書籍などにおいて公表された。

display all >>

Overseas Activities 【 display / non-display

  • 判断と意思決定の研究

    2018.10
    -
    2019.03

    ドイツ   コンスタンツ大学

    台湾   国立成功大学

  • 意思決定過程の研究

    2008.04
    -
    2009.03

    スウェーデン   ストックホルム大学

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>