2024/05/20 更新

写真a

ノマ リュウイチ
野間 龍一
所属
文学学術院 文化構想学部
職名
助手
学位
修士(文学) ( 2020年03月 早稲田大学 )
プロフィール

研究テーマ:「治安維持法体制」

 治安維持法は反体制派を弾圧する法的根拠として、戦前―戦中の政治・社会に絶大な影響力を発揮した。治安維持法に基づく取締の全体像を解明するためには、それに関与した官庁の構造や施策を分析することが不可欠となる。本研究では、

①警察の予算・人事・組織理念や取締方針の変遷などの実態解明

②警察と関係官庁・軍部との協力/対立関係の解明

③取締に対する帝国議会や地方議会での議論・批判、そして予算承認過程の解明

を通して、治安維持法に基づく取締を成り立たせた人的・物的基盤、警察・軍・官庁間の協力関係、議会の承認過程を明らかにしたい。

経歴

  • 2023年09月
    -
    継続中

    早稲田大学   文学学術院   助手

  • 2021年04月
    -
    2023年03月

    早稲田大学本庄高等学院   非常勤講師

学歴

  •  
     
     

    早稲田大学   大学院文学研究科   日本史学コース博士課程  

  •  
     
     

    早稲田大学   大学院文学研究科   日本史学コース修士課程  

  •  
     
     

    早稲田大学   文化構想学部   文化構想学科  

委員歴

  •  
    -
    継続中

    民衆史研究会  委員

  • 2022年12月
    -
    2023年12月

    民衆史研究会  代表

所属学協会

  •  
     
     

    協同主義研究会

  •  
     
     

    近代日本の日記文化と自己表象

  •  
     
     

    機密費研究会

  •  
     
     

    内務省研究会

  •  
     
     

    民衆史研究会

研究分野

  • 日本史

研究キーワード

  • 日本政治史

  • 地域史

  • 警察史

  • 日本近現代史

  • 警察

  • 官僚制

  • 人事

  • 日中戦争

  • 軍隊

  • 治安体制

  • 治安維持法

  • 総力戦体制

▼全件表示

 

論文

  • 日中戦争期の警務警察―戦時動員と治安維持の矛盾―

    野間龍一

    『日本歴史』   ( 904号 ) 38 - 53頁  2023年09月  [査読有り]

  • 昭和初期の警視庁人事──組織内派閥の検討──

    野間 龍一

    『早稲田大学大学院文学研究科紀要』   67輯   305 - 319頁  2022年03月  [査読有り]

書籍等出版物

  • 新刊紹介「藤野裕子『民衆暴力―一揆・暴動・虐殺の日本近代』」

    『民衆史研究』第101号  2021年08月

  • <日本史学>優秀修士論文概要

    『早稲田大学大学院文学研究科紀要』第66輯  2021年03月

講演・口頭発表等

  • 官僚・警察官のエゴ・ドキュメントから見える日中戦争

    近代日本の日記文化と自己表象 第40回研究会  

    発表年月: 2024年03月

  • 警察の政治史-1930年代の警察官僚の動向とその影響に着目して-

    シンポジウム「警察史の可能性:近代日本国家史研究への新たな扉」  

    発表年月: 2024年03月

  • 「治安維持法体制」と府県会―香川県会における警察予算審議に注目して―

    大阪歴史学会近代史部会  

    発表年月: 2024年01月

  • 総動員警備体制の確立

    第59回機密費研究会  

    発表年月: 2023年06月

  • 日中戦争期の警察官僚――香川県警察部警務課長・高田浩運の思想と行動

    第102回内務省研究会  

    発表年月: 2022年09月

  • 日中戦争期の警察官僚―思想と行動について―

    第55回機密費研究会  

    発表年月: 2022年05月

  • 総力戦下の警務警察―戦時動員と治安維持の矛盾

    早稲田大学史学会大会日本史部会報告  

    発表年月: 2021年10月

  • 1930年代の刑事警察

    歴史学研究会近代史部会修士論文報告会  

    発表年月: 2020年07月

  • 日本刑事警察の組織体制と捜査手法について~1930年代から日中全面戦争開始前後まで

    静岡県近代史研究会  

    発表年月: 2019年03月

▼全件表示

その他

  • 早稲田大学三者協(近現代史)幹事

    2021年04月
    -
    2023年07月

     概要を見る

    三者協とは、大学院生・学部生が古文書の読解・研究を行う会です。大隈重信関係文書、内務官僚の私文書などを幅広く読み、研究上の知見を深めています。

 

担当経験のある科目(授業)

  • 近現代の世界(早稲田大学史)

    早稲田大学本庄高等学院  

    2021年04月
    -
    2023年03月
     

  • 高校日本史A

    早稲田大学本庄高等学院  

    2021年04月
    -
    2023年03月