Updated on 2024/07/19

写真a

 
HAMASUNA, Takahiro
 
Affiliation
Faculty of Social Sciences, Institute for Advanced Social Sciences
Job title
Assistant Professor(without tenure)
Degree
Doctor of Laws ( 2022.03 Kyushu University )
Mail Address
メールアドレス

Research Experience

  • 2021.04
    -
    2023.03

    Kyushu University   Faculty of Law

  • 2023.04
    -
    Now

    Waseda University   Institute for Advanced Social Sciences

  • 2023.04
    -
    Now

    Kyushu University   Faculty of Law

  • 2022.04
    -
    Now

    Fukuoka Women's University   International College of Arts and Sciences Department of International Liberal Arts

Education Background

  • 2018.04
    -
    2021.03

    Kyushu University   Graduate School of Law  

  • 2016.04
    -
    2018.03

    Kyushu University   Graduate School of Law  

  • 2012.04
    -
    2016.03

    Kyushu University   School of Law  

Committee Memberships

  • 2023.04
    -
    2026.03

    東大先端研創発戦略研究オープンラボ(ROLES)  外務省外交・安全保障調査研究事業費補助金(総合事業)「自由民主主義秩序を支える情報プラットフォームの構築」委員

  • 2022.04
    -
    2023.03

    九州大学政治研究会  『政治研究』編集担当幹事

  • 2018.11
    -
    2020.10

    日本国際政治学会  地域・若手院生研究会九州支部代表

Professional Memberships

  • 2022.04
    -
    Now

    日本政治学会

  • 2019.11
    -
    Now

    Japan Association of Global Governance

  • 2019.01
    -
    Now

    The Japan Association of International Relations

Research Areas

  • Politics   政治史・日本政治外交史

Research Interests

  • 日本政治外交史 日米関係史 安保改定 五五年体制 憲法九条 集団的自衛権 岸信介

 

Papers

Presentations

  • 岸信介の二大政党論と安保改定

    濵砂孝弘

    占領・戦後史研究会 

    Presentation date: 2022.06

  • 安保改定と日本社会党―社会党右派の視点から―

    濵砂 孝弘

    日本国際政治学会  (オンライン開催) 

    Presentation date: 2021.10

    Event date:
    2021.10
     
     
  • Securing a Sustainable US-Japan Alliance: Reshaping the Right of Collective Self-Defense

    Takahiro Hamasuna

    World Social Science Forum 

    Presentation date: 2018.09

  • 岸信介の「二段階安保改定構想」再考

    濵砂 孝弘

    九州大学政治研究会  (オンライン開催)  九州大学政治研究会

    Presentation date: 2024.05

    Event date:
    2024.05
     
     
  • 書評報告(討論報告)「合評会 松浦正孝編著『「戦後日本」とは何だったのか―時期・境界・物語の政治経済史―』」

    濵砂 孝弘  [Invited]

    占領・戦後史研究会  (法政大学市ヶ谷キャンパス)  占領・戦後史研究会

    Presentation date: 2024.05

    Event date:
    2024.05
     
     
  • 岸信介の安保改定構想とその帰結

    濵砂 孝弘  [Invited]

    戦後外交史研究会  (法政大学市ヶ谷キャンパス)  法政大学市ヶ谷キャンパス

    Presentation date: 2023.12

  • 河野一郎と安保改定

    濵砂 孝弘

    2024年度九州政治研究者フォーラム  (宮崎産業経営大学)  宮崎産業経営大学

    Presentation date: 2023.09

  • 安保改定と政党政治

    濵砂 孝弘  [Invited]

    外交史研究会  (国際日本文化研究センター)  国際日本文化研究センター

    Presentation date: 2023.07

  • 安保改定と五五年体制の固定化

    濵砂 孝弘

    IASSランチセミナー  (オンライン(Zoom))  早稲田大学先端社会科学研究所

    Presentation date: 2023.06

  • 「第二保守党」政治家たちの安保改定

    濵砂 孝弘

    日本政治学会分野別研究会 近代現代日本政治研究フォーラム  (オンライン (Zoom)) 

    Presentation date: 2023.06

  • 討論「横山雄大報告へのコメント―日本の国内政治過程の観点から―」(横山雄大「1950年代半ばにおける日中民間漁業協定の政治過程―日本国内政治の動向に注目して―」に対するコメント)

    濵砂 孝弘  [Invited]

    慶應日本政治外交史研究会  (慶應義塾大学三田キャンパス) 

    Presentation date: 2023.05

  • 「書評 中北浩爾『日本共産党―「革命」を夢見た100年―』(中央公論新社、2022 年、ⅴ+440 頁)」

    濵砂孝弘  [Invited]

    日本政治外交史ネットワーク 

    Presentation date: 2023.03

  • 日米安保体制と集団的自衛権

    濵砂孝弘

    グローバル・ガバナンス学会 

    Presentation date: 2022.11

  • 集団的自衛権の政治史―外務省条約局と内閣法制局 1945-1960年―

    濵砂孝弘

    九州大学政治研究会 

    Presentation date: 2022.10

  • 1960年の外交・安全保障論議と日米関係―「独立の完成」から「イコール・パートナーシップ」へ―

    濵砂孝弘

    九州政治研究者フォーラム 

    Presentation date: 2021.08

  • 安保改定と「独立の完成」

    濵砂 孝弘

    東アジア政治史コロキウム  (オンライン (Zoom)) 

    Presentation date: 2020.10

  • 安保改定をめぐる日本社会党の政策過程―「安保解消」の具体化をめぐって―

    濵砂 孝弘

    協同主義研究会  (マロンホール(東京都小金井市)) 

    Presentation date: 2019.12

  • 合評会 安保改定期における政府の集団的自衛権見解の形成過程

    濵砂孝弘

    九州大学政治研究会 

    Presentation date: 2019.04

  • 安保改定期における政府の集団的自衛権見解の形成過程

    濵砂 孝弘

    九州大学政治研究会 

    Presentation date: 2017.10

▼display all

Research Projects

  • 日米安保体制と憲法九条

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    Project Year :

    2022.04
    -
    2027.03
     

    濵砂 孝弘

  • 「自由民主主義秩序を支える情報プラットフォームの構築」分科会「戦後日本政治史検証プロジェクト」

    外務省  外交・安全保障調査研究事業費補助金(総合事業)

    Project Year :

    2024.04
    -
    2026.03
     

    濵砂 孝弘

  • 「自由民主主義秩序を支える情報プラットフォームの構築」分科会「戦後日本外交の歴史的研究」

    外務省  外交・安全保障調査研究事業費補助金(総合事業)

    Project Year :

    2023.04
    -
    2026.03
     

    濵砂 孝弘

  • 「安保改定と自由民主党」

    早稲田大学  特定課題研究助成費「アーリーキャリア支援」

    Project Year :

    2024.04
    -
    2025.03
     

    濵砂 孝弘

  • 岸信介と戦後政治

    早稲田大学  特定課題研究助成費

    Project Year :

    2023.06
    -
    2024.03
     

    濵砂 孝弘

Misc

  • シンポジウムに参加して

    濵砂 孝弘

    『占領・戦後史研究会ニューズレター』   ( 48 ) 2 - 5  2024.07  [Invited]

    Authorship:Lead author

    Meeting report  

  • 書評論文 及川智洋著『戦後日本の「革新」勢力―抵抗と衰亡の政治史―』(ミネルヴァ書房、2021年、321頁)

    濵砂 孝弘

    『政治研究』   ( 第70号 ) 187 - 194  2023.03  [Refereed]

    Authorship:Lead author

    Book review, literature introduction, etc.  

    DOI

 

Teaching Experience

  • Japanese Political History

    Fukuoka Women's University  

    2022.04
    -
    Now
     

  • contemporary Japanese Politics

    Fukuoka Women's University  

    2022.04
    -
    2023.03
     

  • Seminar on Fundamental Educational Skills

    Kyushu University  

    2021.04
    -
    2023.03
     

  • Introductory Seminar on Legal and Political Studies

    Kyushu University  

    2022.04
    -
    2022.09
     

  • 法政基礎演習 「日米安保体制の歴史」

    九州大学  

    2021.04
    -
    2021.09
     

  • Thesis Seminar on Law and Politics

    Kyushu University  

    2021.04
    -
    2021.09
     

▼display all

 

Academic Activities

  • 日本国際政治学会2023年度研究大会 実行委員

    Competition, symposium, etc.

    日本国際政治学会(渡邉智明 大会実行委員長)  

    2023.11
     
     

Internal Special Research Projects

  • 岸信介と戦後政治

    2023  

     View Summary

     本研究では、特に岸の戦前戦後を貫く政党政治観を検討することで、彼の保守合同及び安保改定に対する論理構造を析出することに努めた。当該研究費は主に、①研究上必要な機器の購入、②書籍購入・史料複写、③研究出張に活用した。この一環として、山口県田布施町郷土館所蔵の岸信介史料及び遺品や、山口県の地方紙『防長新聞』掲載記事等を渉猟した。本研究で得られた知見は、岸が戦前戦後を通底して、強力な政治指導態勢を構築すべく、「国民政治力結集」のための社会動員的な組織政党論を掲げていたということである。岸は戦前、革新官僚の旗手として戦時統制経済を所掌し、総力戦体制の一翼を担った。総力戦の遂行に「国民政治力結集」が不可欠とみなす岸は、自らも翼賛選挙に立候補するほか、戦争末期に護国同志会を結成するなど、政党を社会動員のための組織体として重視した。戦後の岸は、総力戦遂行から、反共防波堤の構築及び「独立の完成」へと目的は変わったが、そのための手段は戦前と同様だった。彼は、「国民政治力結集」のためには自主憲法制定が不可欠と考えた。そして、強力な政治指導態勢を構築すべく、草の根国民運動の組織として日本再建連盟を発足した。これが挫折すると、岸は保守合同に邁進するが、そこでも岸は、従来の幹部政党型ではなく、組織政党型の新党(自由民主党)結成を重視した。さらに、岸は戦後の強力な政治指導態勢として、自民党の組織政党化に加えて求心型二党制の構築をも重視した。その一環として、岸は安保改定によって、戦後政治の基軸をなす日米安保体制への国民の不満を解消して社会動員を図るとともに、自民党及び社会党右派の政治的正統性を固めて求心型二党制を維持しようとしたのである。本研究期間では、以上の知見を各種学会・研究会報告で公表した。あわせて、『安保改定と政党政治―岸信介と「独立の完成」―』(吉川弘文館、2024年11月出版予定)を執筆した。