Updated on 2024/04/13

写真a

 
TERUYA, Tomoko
 
Affiliation
Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences, School of Education
Job title
Research Associate
Degree
Bachelor of Laws ( 2007.03 Waseda University )
Juris Doctor ( 2013.03 Sophia University )

Research Experience

  • 2023.12
    -
    Now

    Chiba University   Graduate School of Nursing

  • 2023.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences

Professional Memberships

  •  
     
     

    国際開発学会

  •  
     
     

    日本社会教育学会

 

Presentations

  • Significance and Limitations of Child Protection for Manhole Children in Mongolia

    The Annual International Conference on Education 2023 

    Presentation date: 2023.12

  • 児童養護施設の自立支援に関する研究―東京都を事例として―

    2022年度早稲田大学教育学会研究大会 

    Presentation date: 2023.03

  • 学校保護宣言の意義と課題―学校の軍事利用の実態とその禁止に向けた取り組み―

    国際開発学会第31回全国大会 

    Presentation date: 2020.12

  • モンゴルの「マンホールチルドレン」を対象とした自立支援研究―国際NGOによる支援を中心に―

    2019年度早稲田大学教育学会研究大会 

    Presentation date: 2020.02

Research Projects

  • モンゴルのマンホールチルドレンの自立支援に関する研究

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    Project Year :

    2023.08
    -
    2025.03
     

    照屋 朋子

Misc

 

Internal Special Research Projects

  • 日本とモンゴルの社会的養護政策研究

    2023  

     View Summary

    日本とモンゴルの児童養護施設入所児童と退所児童を対象とした自立支援策についての研究を行なった。日本の研究として、東京都における「自立支援コーディネーター」の取り組みについて文献研究を行った。モンゴルの研究としては、2023年8月と9月にモンゴルに渡航し、社会保険省と子ども家庭青年庁にて資料収集を行った。その結果、モンゴルでは2017年に「青少年発展法」が制定され、国として自立支援を始めた点が明らかとなった。「青少年発展法」に基づき、アムガランに出来た施設退所者の職業訓練と生活保障のための施設を訪れ、支援内容や支援の課題についてのヒアリングを行った。