Updated on 2024/04/22

写真a

 
OE, Koki
 
Affiliation
Faculty of Letters, Arts and Sciences, School of Humanities and Social Sciences
Job title
Research Associate
Degree
修士(文学) ( 2020.03 早稲田 )
修士(政治学) ( 2015.03 早稲田 )

Research Experience

  • 2023.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Letters, Arts and Sciences

  • 2023.04
    -
    Now

    Toyo University   Faculty of Human Life Design

  • 2021.04
    -
    2023.03

    Toyo Gakuen University

  • 2020.04
    -
    2023.03

    University of Toyama

Education Background

  • 2020.04
    -
    Now

    早稲田大学   文学研究科   博士課程  

  • 2018.04
    -
    2020.03

    Waseda University  

  • 2013.04
    -
    2015.03

    Waseda University  

  • 2009.04
    -
    2013.03

    早稲田   政治経済学部  

Professional Memberships

  • 2018.04
    -
    Now

    日本ロレンス協会

  • 2018.04
    -
    Now

    早稲田英文学会

Research Areas

  • English literature and literature in the English language
 

Papers

  • 『翼ある蛇』における「融合」のあり方

    大江公樹

    ほらいずん : 英文学研究と批評 / 早稲田大学英米文学研究会 [編]   55   16 - 31  2023.03

  • 『息子と恋人』におけるモレル夫人の描写 : 後のロレンスの思想との呼応

    大江公樹

    英文学 / 早稲田大学英文学会 編   106   14 - 24  2020.03

  • ロレンスとトルストイ : 愛の思想に於ける対峙

    大江公樹

    ほらいずん : 英文学研究と批評 / 早稲田大学英米文学研究会 [編]   51   1 - 14  2019.04

Presentations

  • 後期ロレンスにおける「純粋」探求の展開―『無意識の幻想』から『翼ある蛇』、『チャタレイ夫人の恋人』にかけて―

    日本ロレンス協会第53回大会 

    Presentation date: 2022.06

  • Lady Chatterley’s Loverにおける「純粋」の探求

    日本ロレンス協会第52回大会 

    Presentation date: 2021.06

  • D.H.ロレンスと"purity"――Sons and Loversを中心に

    早稲田大学英文学会 

    Presentation date: 2020.11

  • Women in Loveの ‘The Industrial Magnate’ に見る、レフ・トルストイへの応答

    日本ロレンス協会第51回大会 

    Presentation date: 2020.06

  • 『アンナ・カレーニナ』の変奏曲としての『チャタレイ夫人の恋人』

    早稲田大学英文学会 

    Presentation date: 2019.11

  • ロレンスのキリスト教観に対する母の影響――Sons and Loversを中心に

    日本ロレンス協会50周年記念大会 

    Presentation date: 2019.06

  • ロレンスとトルストイ

    早稲田大学英文学会 

    Presentation date: 2018.12

▼display all