Updated on 2024/05/26

写真a

 
KADOTA, Keisuke
 
Affiliation
Faculty of Human Sciences, School of Human Sciences
Job title
Assistant Professor(non-tenure-track)
Degree
Doctor of Human Sciences ( Waseda University )
Profile

早稲田大学の所沢キャンパスで認知科学、とくに相互行為(コミュニケーション)研究に従事しています。相互行為中の発話や身体動作の微視的調整の構造/ルールを明らかにすることを目的に、身体、物理的環境、身体と環境の関係性が関わるようなふるまいの調整について調べています。また、日常会話や臨床心理面接のコーパスを用いた分析にも携わってきました。

Research Experience

  • 2023.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Human Sciences

  • 2022.04
    -
    Now

    国立病院機構 西埼玉中央病院附属看護学校   看護学科   非常勤講師

  • 2022.04
    -
    Now

    国立障害者リハビリテーションセンター   学院   非常勤講師

  • 2022.04
    -
    2023.03

    Japan Society for the Promotion of Science

  • 2019.07
    -
    2022.07

    早稲田文化館   日本語教師養成講座   非常勤講師

  • 2015.04
    -
    2022.07

    Waseda University

  • 2021.04
    -
    2022.03

    Japan Society for the Promotion of Science

  • 2018.08
    -
    2022.03

    Waseda University

  • 2017.08
    -
    2021.08

    Chiba University

  • 2020.04
    -
    2021.03

    Waseda University

▼display all

Education Background

  • 2019.04
    -
    2022.03

    Waseda University  

  • 2017.04
    -
    2019.03

    Waseda University  

  • 2014.04
    -
    2017.03

    Waseda University   School of Human Sciences  

Professional Memberships

  •  
     
     

    JAPANESE ASSOCIATION OF QUALITATIVE PSYCHOLOGY

  •  
     
     

    JAPANESE ASSOCIATION OF THE SOCIOLINGUISTIC SCIENCES

  •  
     
     

    JAPANESE COGNITIVE SCIENCE SOCIETY

Research Areas

  • Cognitive science   相互行為

Research Interests

  • マルチモダリティ

  • 相互行為

Awards

  • 奨励論文賞

    2022.09   日本認知科学会  

    Winner: 門田 圭祐, 山本 敦, 牧野 遼作, 古山 宣洋

     View Summary

    「遮蔽された物はいかにして指されるのか? ─共同注意の達成における位置関係の共有─」(門田ら, 2021)に対して

 

Papers

Presentations

  • 日本語指示詞の選択に指示対象までの距離と聞き手の位置が及ぼす影響

    門田 圭祐, 関根 和生

    第48回社会言語科学会研究大会 

    Presentation date: 2024.03

    Event date:
    2024.03
     
     
  • アドレス行動のアノテーション

    門田 圭祐, 大山 星馬

    日本語用論学会第26回大会  (創価大学) 

    Presentation date: 2023.12

    Event date:
    2023.12
     
     
  • アドレス手段とアドレス先の複層的アノテーション:発話のアドレスの体系的記述に向けて

    門田圭祐

    ことば・認知・インタラクション11  (国立情報学研究所) 

    Presentation date: 2023.03

  • 手渡しにおけるアクセシビリティの利用 -手渡される物と受け取り手へのアクセシビリティに注目して-

    門田 圭祐

    日本認知科学会第39回大会 

    Presentation date: 2022.09

    Event date:
    2022.09
     
     
  • 複合的活動の組織化における関与配分の再考:科学教室を例に

    城 綾実, 牧野 遼作, 石川 奈保子, 臼田 泰如, 山本 敦, 門田 圭祐, 楊 潔, 宗政 由桐

    第46回社会言語科学会研究大会 

    Presentation date: 2022.03

    Event date:
    2022.03
     
     
  • tracrin: コミュニケーション研究で用いられる定性的記述「トランスクリプト」支援プログラム

    牧野 遼作, 栗原 勇人, 谷貝 祐介, 門田 圭祐, 臼田 泰如

    日本認知科学会第38回大会 

    Presentation date: 2021.09

    Event date:
    2021.09
     
     
  • Resolving progressivity troubles in interviews between social workers and persons with dementia

    Keisuke Kadota, Ryosaku Makino, Atsushi Yamamoto, Kazuhiro Uchida, Hiroko Kase

    The 17th International Pragmatics Conference  (Winterthur: Zurich University of Applied Sciences) 

    Presentation date: 2021.07

    Event date:
    2021.06
    -
    2021.07
  • 感情推移観測システムによるスキーマ療法における感情表出の定量化に関する予備的検討

    仁田 雄介, 入野 俊夫, 古山 宣洋, 花田 里欧子, 井上 雅史, 門田 圭祐, 熊野 宏昭

    早稲田大学応用脳科学研究所カンファレンス2020 

    Presentation date: 2020.02

  • Characteristics of everyday conversation derived from the analysis of dialog act annotation

    Yuriko Iseki, Keisuke Kadota, Yasuharu Den

    The 22nd Conference of the Oriental COCOSDA 

    Presentation date: 2019.10

  • 身体的行為のガイドとしての環境に連接された身振り ─身体−環境関係の相互行為的利用

    山本 敦, 門田 圭祐, 古山 宣洋

    日本質的心理学会第16回大会 

    Presentation date: 2019.09

  • 見えにくい物はどのように指差されるのか? ─環境の遮蔽構造と指差しの軌道に着目して─

    門田 圭祐, 山本 敦, 古山 宣洋

    日本認知科学会第36回大会 

    Presentation date: 2019.09

  • 演奏音はいかに指されるか? ─ピアノレッスンにおけるポインティングの構造化の分析─

    山本 敦, 門田 圭祐, 古山 宣洋

    日本認知科学会第36回大会 

    Presentation date: 2019.09

  • 日常生活のビデオデータを対象としたコミュニケーションの質的分析における現状と課題

    門田 圭祐, 阿部 廣二, 古山 宣洋

    みずほ銀行・早稲田大学学術交流協定締結1周年記念シンポジウム 

    Presentation date: 2019.07

  • 談話行為情報から見る会話データの性質

    居關 友里子, 門田 圭祐, 伝 康晴

    シンポジウム「日常会話コーパス」Ⅳ 

    Presentation date: 2019.03

  • 「日本語日常会話コーパス」への談話行為アノテーションの試み:タグ選択が困難な事例に焦点を当てて

    居關 友里子, 門田 圭祐, 伝 康晴

    言語資源活用ワークショップ2018 

    Presentation date: 2018.09

  • 相互行為における「ペンの持ち方」の検討

    牧野 遼作, 門田 圭祐

    日本認知科学会第35回大会 

    Presentation date: 2018.09

  • いつなら飲んでもよい?:雑談場面における「飲むこと」の相互行為的調整

    阿部 廣二, 牧野 遼作, 門田 圭祐, 山本 敦, 古山 宣洋

    日本認知科学会第35回大会 

    Presentation date: 2018.09

  • 誰が物を渡すのか? ─多人数会話において物の渡し手が決まる過程の微視的分析─

    門田 圭祐, 牧野 遼作, 山本 敦, 古山 宣洋

    第42回社会言語科学会研究大会 

    Presentation date: 2018.09

▼display all

Research Projects

  • .

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    Project Year :

    2022.04
    -
    2025.03
     

  • 認知症高齢者とのソーシャルワーク面談における面談技法の研究

    早稲田大学  人間総合研究センター研究プロジェクト

    Project Year :

    2023.04
    -
    2024.03
     

    内田 和宏, 門田 圭祐, 山本 敦

  • A study on sender/receiver selection in ordinary manual object-transfer from a conversation analytic approach

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for JSPS Fellows

    Project Year :

    2021.04
    -
    2023.03
     

    Keisuke Kadota

  • 物の手渡しはいかに達成されるのか? ─物へのアクセシビリティに着目した微視的分析

    早稲田大学  人間総合研究センター研究プロジェクト

    Project Year :

    2020.04
    -
    2021.03
     

    門田 圭祐

Misc

  • Introduction to studies on the recruitment of assistance in face-to-face interaction

    Keisuke Kadota

    Cognitive Studies: Bulletin of the Japanese Cognitive Science Society   27 ( 1 ) 69 - 75  2020.03

    Authorship:Lead author, Corresponding author

    Book review, literature introduction, etc.  

  • 臨床心理面接における「傾聴」の再考に向けた時系列連続評価アプローチの提案

    花田 里欧子, 入野 俊夫, 古山 宣洋, 井上 雅史, 門田 圭祐

    東京女子大学心理臨床センター紀要   9   41 - 62  2019.03  [Refereed]

    Article, review, commentary, editorial, etc. (bulletin of university, research institution)  

Other

  • 専門社会調査士

    2022.10
    -
    Now
 

Syllabus

▼display all

Teaching Experience

  • 基礎ゼミ II

    早稲田大学  

    2023.10
    -
    Now
     

  • データリテラシー II

    早稲田大学  

    2023.10
    -
    Now
     

  • Student Life and Self-Management

    Waseda University  

    2023.06
    -
    Now
     

  • Data Literacy III

    Waseda University  

    2023.04
    -
    Now
     

  • Data Literacy I

    Waseda University  

    2023.04
    -
    Now
     

  • Study Skills

    Waseda University  

    2023.04
    -
    Now
     

  • 人間関係論

    西埼玉中央病院附属看護学校 看護学科  

    2022.04
    -
    Now
     

  • 運動(認知)心理学

    国立障害者リハビリテーションセンター 学院  

    2022.04
    -
    Now
     

  • 言語学

    早稲田文化館 日本語教師養成講座  

    2019.07
    -
    2022.07
     

▼display all

 

Academic Activities

  • 自他の行為の可能性をデザインする ―アクセシビリティの相互行為研究―

    Academic society, research group, etc.

    細馬 宏通, 門田 圭祐   日本認知科学会第39回大会オーガナイズドセッション

    2022.09
    -
     

     View Summary

    オーガナイザー:細馬 宏通, 門田 圭祐
    話題提供:門田 圭祐, 山本 敦, 田中 みゆき, 菊地 浩平