2024/02/25 更新

写真a

アライ ユウヤ
新井 雄也
所属
研究院(研究機関) グリーン・コンピューティング・システム研究機構
職名
研究助手
メールアドレス
メールアドレス

経歴

  • 2022年05月
    -
    継続中

    早稲田大学   グリーン・コンピューティング・システム研究機構   研究助手

  • 2022年04月
    -
    継続中

    清泉女子大学   言語教育研究所   非常勤講師

  • 2021年04月
    -
    2022年03月

    川越東高等学校   常勤講師

学歴

  • 2022年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   大学院教育学研究科   博士課程  

  • 2019年04月
    -
    2021年03月

    早稲田大学   大学院教育学研究科   修士課程  

  • 2015年04月
    -
    2019年04月

    早稲田大学   教育学部   英語英文学科  

    学士

研究キーワード

  • 第二言語リーディング

  • 多読

  • 言語テスト論

  • 学習者心理(フロー理論)

 

論文

▼全件表示

書籍等出版物

  • Understanding L2 Proficiency: Theoretical and meta-analytic investigations

    Eun Hee Jeon and Yo In'nami( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Chapter8: L2 listening and its correlates: A meta-analysis (In'nami, Koizumi, Jeon, & Arai))

    John Benjamins  2022年08月

講演・口頭発表等

  • You may say this better: Consequential validity evidence for diagnostic speaking assessment on lexical use.

    Suzuki, S., Takatsu, H., Matsuura, R., Saeki, M., Arai, Y., & Matsuyama, Y.

    Presentation at the 45th Language Testing Research Colloquium (LTRC), Innsbruck, Austria.  

    発表年月: 2024年07月

  • Building an argument for test score interpretation and use for a fully automated online assessment of L2 spoken interaction.

    Sawaki, Y., Arai, Y., Eguchi, M., Suzuki, S., & Matsuyama, Y.

    Presentation at the 45th Language Testing Research Colloquium (LTRC), Innsbruck, Austria.  

    発表年月: 2024年07月

  • A baseline washback study of a new placement test for university students using Assessment Use Argument framework

    Nakamura, K, Arai, Y, Deng, Y, Tahara, T, Sawaki, Y, Matsumura, K, Liu, X

    the 26th Japan Language Testing Association (JLTA) Annual Conference  

    発表年月: 2023年09月

  • A baseline washback study of placement testing in a university English-speaking course in terms of instructors’ decision-making behaviors

    Matsumura, K, Liu, X, Sawaki, Y, Arai, Y, Deng, Y, Nakamura, K, Tahara, T

    the 26th Japan Language Testing Association (JLTA) Annual Conference  

    発表年月: 2023年09月

  • Towards an explainable automated scoring of spoken interaction with a conversational AI agent

    Yoichi Matsuyama, Shungo Suzuki, Mao Saeki, Hiroaki Takatsu, Ryuki Matsuura, Yuya Arai

    the 44th Language Testing Research Colloquium (LTRC)  

    発表年月: 2023年06月

  • L2 listening comprehension and its correlates: A meta-analysis of correlation coefficients

    Yo In'nami, Rie Koizumi, Eun Hee Jeon, Yuya Arai

    American Association for Applied Linguistics 2022 Conference  

    発表年月: 2022年03月

  • The effects of perceived book difficulty on differences in Japanese high school students’ flow experiences in extensive reading as a pleasure reading activity: A research proposal

    Yuya Arai

    早稲田大学英文学会・英語英文学会2019年度合同大会.  

    発表年月: 2019年11月

  • 多読の理論と実際:教職課程履修学生の多読に関する意識調査

    新井雄也

    早稲田大学英文学会・英語英文学会2018年度合同大会.  

    発表年月: 2018年12月

▼全件表示

Misc

  • 多読の指導への導入に関する議論―教職課程履修学生の観点から

    新井雄也

    『英語教育』   70 ( 3 ) 66 - 67  2021年06月

 

学術貢献活動

  • 査読 (Applied Linguistics)

    査読等

    2024年01月
    -
    継続中
  • 査読 (TESOL Quarterly)

    査読等

    2023年11月
    -
    継続中
  • 査読 (Language Assessment Quarterly)

    2023年10月
    -
    2024年01月
  • 査読 (Reading in a Foreign Language)

    査読等

    2023年06月
    -
    2024年01月
  • 査読 (Language Assessment Quarterly)

    査読等

    2023年03月
    -
    2023年10月
  • 査読 (Reading in a Foreign Language)

    査読等

    2022年10月
    -
    2023年06月

▼全件表示