2024/04/22 更新

写真a

フクゾノ セイヤ
福薗 晴也
所属
法学学術院 法学部
職名
助手
学位
学士(法学) ( 2018年03月 早稲田大学 )
修士(法学) ( 2020年03月 早稲田大学 )
法務博士(専門職) ( 2022年03月 早稲田大学 )

経歴

  • 2022年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   法学学術院   助手

  • 2022年09月
    -
     

    司法試験合格

学歴

  •  
    -
    2022年03月

    早稲田大学大学院   法務研究科   法務専攻  

  •  
    -
    2020年03月

    早稲田大学大学院   法学研究科   修士課程  

  •  
    -
    2018年03月

    早稲田大学   法学部  

所属学協会

  • 2022年12月
    -
    継続中

    日本公証法学会

研究分野

  • 民事法学

研究キーワード

  • 民法

 

論文

 

特定課題制度(学内資金)

  • 成年後見人による成年被後見人の財産の投資に関する法的研究ーアメリカの後見法を参考にー

    2022年  

     概要を見る

     本研究課題の主題である成年後見人による成年被後見人の財産(後見財産)の投資に関して、アメリカではいくつかの州および統一法において後見人を受認者(フィデューシャリー)と位置づける。そして、後見人が後見財産を投資するにあたって、信託法上の準則であるプルーデント・インベスター・ルールが準用されることで、詳細な基準が設けられている。 これに対し、日本では、成年後見人による財産管理は保全を主たる目的とすることが一般的であり、後見財産を投資することは認められないという考え方が優勢である。しかし、長寿命化を迎えた日本において、資産寿命に対応するかたちで財産を管理することが求められる局面もあるのであり、上述のアメリカ法の考え方が参照に値するのではないかと考える。