Updated on 2024/02/20

写真a

 
KUWABARA, Taro
 
Affiliation
Faculty of Social Sciences, School of Social Sciences
Job title
Research Associate

Research Experience

  • 2022.04
    -
    Now

    Waseda University   School of Social Sciences   Research Associate

Education Background

  • 2019.04
    -
    Now

    Waseda University   Graduate School of Social Sciences  

  • 2017.04
    -
    2019.03

    Waseda University   Graduate School of Social Sciences  

  • 2013.04
    -
    2017.03

    Hosei University   Faculty of Letters   Department of History  

Research Areas

  • Japanese history   日本外交史、文化外交、対外認識、国際文化交流、言説分析

Research Interests

  • Digital Humanities

  • 対外認識

  • 言説研究

  • 国際文化交流

  • Cultural Diplomacy

  • 中国地域研究

  • 日本外交史

▼display all

Awards

  • Best Presentation Award

    2020.01   The Intellectuals’ Perception of Cultural Diplomacy after World War I

 

Papers

Books and Other Publications

  • 和解のための新たな歴史学 : 方法と構想

    劉, 傑, 渋谷, 由里, 桑原, 太朗, 矢野, 真太郎, 城山, 英巳, Tangsinmunkong, Pattajit, 鄭, 成, 黄, 斌, 駱, 豊, 野口, 真広, 段, 瑞聡, 馬, 暁華, 木宮, 正史, 前嶋, 和弘

    明石書店  2022.05 ISBN: 9784750354095

  • New perspectives on international studies in Asia-Pacific

    Peking University-Waseda University Joint Research Initiative( Part: Contributor, Considering Pre-War Cultural Diplomacy: Japan's Policy toward China during the 1920s)

    Waseda University Press  2021 ISBN: 9784657210012

Presentations

  • 近代⽇本における⽂化の総動員構想―⽇本政府による⽇中⺠間⽂化交流への関与に着⽬して—

    桑原太朗

    早稲田大学・武漢大学共催「『日中平和友好条約』45周年記念―日中関係における政府と民間―」 

    Presentation date: 2023.12

    Event date:
    2023.12
     
     
  • 20世紀20年代の日中「東方文化事業」

    徐志民, 駱豊, 桑原太朗, 孫建軍  [Invited]

    北京大学-早稲田大学孔子学院日中人文シンポジウムー近代中国と早稲田大学 

    Presentation date: 2022.12

    Event date:
    2022.12
     
     
  • 戦前日本の文化的自己認識と東西文明

    東アジア近代文明の再検討 

    Presentation date: 2021.10

    Event date:
    2021.10
     
     
  • The Intellectuals’ Perception of Japanese Cultural Diplomacy after World War I

    Presentation date: 2020.01

    Event date:
    2020.01
     
     
  • 「対支文化事業」に対する日中知識人の反応と構想

    第四回東アジア日本研究者協議会国際学術大会 

    Presentation date: 2019.11

    Event date:
    2019.11
     
     
  • Considering Pre-War Cultural Diplomacy: Japan's Policy toward China during the 1920s

    Presentation date: 2019.05

  • 第一次世界大戦後外交論壇の対中文化事業構想——「相互諒解」の提唱と限界

    国際シンポジウム「和解に向けての「新史学」——史料と歴史家ネットワーク」 

    Presentation date: 2018.12

    Event date:
    2018.12
     
     

▼display all

 

Internal Special Research Projects

  • 「文化提携」をめぐる日中の諸相と模索 ――「対支文化事業」を事例として――

    2022  

     View Summary

     本研究では、近代における日本側知識人たちの「対支文化事業」に関する言説と中国側知識人たちの「対支文化事業」に関する言説を明らかにした。新たな知見は以下の3点である。① 第一次世界大戦を契機とした世界的な文化交流の機運を日中が東アジアの文脈で再解釈したことを発見。② 中国側アクターが日本の「対支文化事業」に対して積極的な意義を見出す論理を発見。③ 国際連盟を中心としたリベラル知識人たちの考える文化交流と「対支文化事業」において想定される文化交流のありかたの異同を確認。これらの成果は共著『和解のための新たな歴史学 : 方法と構想』(明石書店、2022年)に反映された。