2022/12/08 更新

写真a

シモノ リョウコ
下野 僚子
Scopus 論文情報  
論文数: 0  Citation: 0  h-index: 1

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
理工学術院 大学院創造理工学研究科
職名
准教授(任期付)

学位

  • 2011年   博士(工学)

経歴

  • 2022年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   大学院創造理工学研究科経営デザイン専攻   准教授

  • 2021年04月
    -
    2022年03月

    東京大学   総括プロジェクト機構「プラチナ社会」総括寄付講座   特任講師

  • 2016年04月
    -
    2021年03月

    東京大学   総括プロジェクト機構「プラチナ社会」総括寄付講座   特任助教

  • 2011年04月
    -
    2016年03月

    東京大学   工学系研究科化学システム工学専攻 医療社会システム工学寄付講座   特任助教

所属学協会

  •  
     
     

    医療の質・安全学会

  •  
     
     

    日本医療・病院管理学会

  •  
     
     

    日本品質管理学会

 

研究分野

  • 医療管理学、医療系社会学

  • 社会システム工学   品質管理

  • 安全工学   品質管理

論文

  • 自治体健康づくり事業におけるプロセス管理のためのチェックポイント導出手法:啓発イベントを事例として

    下野僚子, 堀内美佐, 兵法彩, 菊池康紀, 大久保達也

    品質   52 ( 4 ) 41 - 52  2022年10月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • Factors associated with response to compression-based physical therapy for secondary lower limb lymphedema after gynecologic cancer treatment: a multicenter retrospective study

    Masato Yoshihara, Kaoru Kitamura, Satoko Tsuru, Ryoko Shimono, Hiromi Sakuda, Michinori Mayama, Sho Tano, Kaname Uno, Mayu Ohno Ukai, Yasuyuki Kishigami, Hidenori Oguchi, Akio Hirota

    BMC Cancer   22 ( 1 ) 25 - 25  2022年  [査読有り]  [国際誌]

     概要を見る

    <title>Abstract</title><sec>
    <title>Background</title>
    Lower limb lymphedema (LLL) is one of the most refractory and debilitating complications related to gynecological cancer treatment. We investigated factors associated with response to compression-based physical therapy (CPT) for secondary LLL after gynecologic cancer treatment.


    </sec><sec>
    <title>Methods</title>
    We performed a multicenter retrospective study using the records of seven medical institutions from 2002 and 2014. Patients who developed LLL after gynecological cancer treatment were included. Limb volumes were calculated from the lengths of the limb circumferences at four points. All participants underwent compression-based physical therapy for LLL. Factors, including MLD, indicative of circumference reductions in LLL were determined.


    </sec><sec>
    <title>Results</title>
    In total, 1,034 LLL met the required criteria of for the study. A multivariate linear regression analysis identified age; body mass index (BMI); endometrial cancer; radiotherapy; and initial limb circumference as significant independent prognostic factors related to improvement in LLL. In analysis of covariance for improvement in LLL adjusted by the initial limb circumference and stratified by BMI and radiotherapy, patients with BMI 28 kg/m2 or higher and receiving radiation rarely responded to CPT.


    </sec><sec>
    <title>Conclusions</title>
    Improvements in the lower limb circumference correlated with clinical histories and physical characteristics, which may be used as independent prognostic factors for successful CPT for LLL after gynecological cancer treatment.


    </sec>

    DOI PubMed

    Scopus

  • Verification of an Individual Training System in Blood Collection through Data Acquisition and Analysis

    Ryoko Shimono, Rie Akinaga

    Total Quality Science   7 ( 2 ) 82 - 88  2021年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

  • Development of competence management system for quality assurance in clinical laboratory tests

    Ryoko Shimono, Rie Akinaga, Kazunori Hase

    Proceedings of International Scientific and Business Quality Congress     288 - 293  2021年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • 臨床検査業務における特性要因図を用いた力量評価項目導出方法の有用性検証

    下野僚子, 秋永理恵, 水流聡子

    品質   50 ( 3 ) 46 - 56  2020年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • Risk factors for late-onset lower limb lymphedema after gynecological cancer treatment: a multi-institutional retrospective study

    Masato Yoshihara, Ryoko Shimono, Satoko Tsuru, Kaoru Kitamura, Hiromi Sakuda, Hidenori Oguchi, Akio Hirota

    European Journal of Surgical Oncology   46 ( 7 ) 1334 - 1338  2020年  [査読有り]  [国際誌]

     概要を見る

    INTRODUCTION: Late-onset lower limb lymphedema (LLL) is a significant clinical challenge for physicians dealing with patients that undergo treatment involving the pelvic cavity. We aimed to clarify the prevalence of and risk factors for late-onset LLL after treatment for gynecological cancer. METHODS: We conducted a multicenter retrospective study using records of cases in which LLL diagnosed by physical findings and measurement of limbs girths. Patients with LLL after treatment for uterine cervical, endometrial, and ovarian cancer were sequentially enrolled. We examined the timing of LLL onset and the associations between the time to onset and clinical characteristics, including age, type of cancer, lymphadenectomy sites, and performance of radiotherapy. We also investigated the risk factors for late-onset LLL and their effects on the cumulative incidence of late-onset LLL. RESULTS: In total, 711 patients fulfilled the required criteria. Mean age of was 50.2 years old and median follow-up period was 5.05 years. More than half of them (50.5%) presented with LLL ≥5 years after undergoing treatment for gynecological cancer. A substantial number of patients (29.4%) developed LLL ≥10 years after undergoing treatment for gynecological cancer. Being aged <50 years [(odds ratio (OR): 1.919, P = 0.001), cervical cancer (OR: 1.912, P = 0.001), and radiotherapy (OR: 1.664, P = 0.017) were identified as significant risk factors for late-onset LLL in multivariate logistic regression analysis. CONCLUSIONS: A substantial number of patients present with LLL ≥5 years after receiving treatment for gynecological malignancies. Clinicians are required to identify high-risk patients and inform them of the risk of late-onset LLL.

    DOI PubMed

    Scopus

    8
    被引用数
    (Scopus)
  • 健康づくりに関する啓発イベントの評価に伴う作業負担の定量化

    堀内美佐, 兵法彩, 下野僚子, 大久保達也, 菊池康紀

    保健師ジャーナル   76 ( 7 ) 568 - 575  2020年  [査読有り]

  • 和歌山県の健康に関する啓発イベントを対象とした産業連関分析

    兵法彩, 下野僚子, 堀内美佐, 大久保達也, 菊池康紀

    日本LCA学会誌   16 ( 2 ) 130 - 142  2020年  [査読有り]

  • Method for Observation of Processes in Invasive Medical Techniques

    Ryoko Shimono, Masako Fujiwara, Satoko Tsuru, Yoshinori Iizuka

    Total Quality Science   3 ( 2 ) 69 - 77  2017年12月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • 外来患者への採血業務改善のための採血難易度と採血技術レベルのマッチング

    秋永理恵, 稲葉則和, 加藤省吾, 下野僚子, 水流聡子

    日本臨床検査自動化学会会誌   42 ( 5 ) 599 - 606  2017年11月  [査読有り]

  • リンパ浮腫治療における患者状態適応型パスシステム(PCAPS)の有用性について

    北村薫, 佐藤洋子, 下野僚子, 作田裕美, 水流聡子

    リンパ学   40 ( 1 ) 57 - 59  2017年06月  [査読有り]

  • 持参薬と入院後処方薬の混在下における内服業務の標準化指針の開発

    下野僚子, 藤原優子, 水流聡子, 北條文美, 島崎博士, 廣瀬俊昭, 小川武希, 浅野晃司, 落合和徳

    日本医療・病院管理学会誌   54 ( 2 ) 77 - 86  2017年04月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI CiNii

  • リンパ浮腫包括的診療における患者状態適応型パスの有用性について

    佐藤洋子, 北村薫, 下野僚子, 水流聡子

    リンパ学   29 ( 1 ) 52 - 54  2016年06月  [査読有り]

  • Competence Evaluation for Quality Assurance of Clinical Laboratory Test -Development of Competence Evaluation Items using Cause-and-Effect Diagram-

    Ryoko Shimono, Rie Akinaga, Kazunori Hase, Satoko Tsuru, Yoshinori Iizuka

    Proceedings of the 60th European Organization for Quality Congress     8p  2016年06月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • 持参薬鑑定関連業務における業務手順の詳細把握と実態調査に基づく問題の導出

    島崎博士, 下野僚子, 藤原優子, 水流聡子, 北條文美, 大黒博之, 藤原喜美子, 川久保孝, 浅野晃司, 小川武希

    医療の質・安全学会誌   11 ( 1 ) 30 - 38  2016年01月  [査読有り]

    CiNii

  • Development of the Structure of the Knowledgebase for Countermeasures in the Knowledge Acquisition Process for Trouble Prediction in Healthcare Processes

    Shogo Kato, Daisuke Okamoto, Satoko Tsuru, Yoshinori Iizuka, Ryoko Shimono

    International Journal of Medical, Health, Biomedical, Bioengineering and Pharmaceutical Engineering   9 ( 10 ) 702 - 707  2015年10月  [査読有り]

  • Development of Process Model for Quality Assurance of Surgical Operation Planning

    Rika Takao, Ryoko Shimono, Satoko Tsuru, Toru Kuroda, Kazuhiko Yoshida, Koji Asano, Shogo Kato

    Total Quality Science   1 ( 2 ) 65 - 74  2015年07月  [査読有り]

     概要を見る

    To operate successfully, surgeons must plan surgical operations appropriately. However, it is difficult to plan operations adequately because they are often complicated and involve substantial amounts of medical knowledge and information concerning patients. Therefore, it is necessary to develop a process model for surgical operation planning. <br/>In the present study, we divided surgical operation planning into three processes, "Process for understanding the patient's condition," "Process for designing the surgical operation plan," and "Process for reviewing the plan." We identified that an ideal surgery is one that can lead to a radical cure, and can minimize the adverse effect on the QOL of the patient. Based on this, we designed the basic concept of the best surgical operation plan, and developed a process model to facilitate its use. We first identified the components of surgical operation plan and information necessary to the processes for understanding and designing. We then identified functions of the processes and visualized information and functions with a data flow diagram. Finally, we developed a tool for quality assurance in planning, and tested the model by applying it to 9 cases. Subsequently, we proved that the model marshaled the complex process and facilitated the retrospective detection of problems.

    DOI CiNii

  • A Model to Evaluate Competence of Medical Doctors for Invasive Techniques at Hospitals - Evaluation System based on Competence Criteria for Quality Assurance-

    Ryoko Shimono, Yoshihiro Natori, Satoko Tsuru, Yoshinori Iizuka

    Total Quality Science   1 ( 1 ) 1 - 11  2015年04月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    Since invasive techniques affect the patient's body, doctors have to acquire knowledge and skills to implement such invasive techniques safely. In addition, to assure quality in the implementation of invasive techniques, we need to assess doctors' competence in relation to these techniques. The purpose of this study was to develop a model to evaluate competence of medical doctors for invasive techniques at hospitals. It is essential that such a model is equipped with functions, procedures, and tools that are based on the existing literature related to competence evaluation. In this study, we reconstructed competence evaluation items used in a previous study. Competence evaluation items should evaluate concisely, specify the knowledge and skills to be acquired, and be comprehensible for the evaluator. To fulfill these requirements, we introduced the concept of the PDCA-cycle in the evaluation items, and applied it to invasive techniques. Based on these evaluation items, we designed procedures and tools for the implementation and management of competence evaluation. The procedure comprises 11 steps that need to be implemented by doctors and secretaries. Finally, we tested the model by utilizing it for deriving competence evaluation criteria in nine invasive techniques in Hospital A.

    DOI CiNii

  • 病院における日常業務のプロセス管理標準を設計するための方法論

    加藤省吾, 伊藤怜史, 飯塚悦功, 下野僚子, 水流聡子

    品質   45 ( 1 ) 83 - 97  2015年01月  [査読有り]

     概要を見る

    近年,医療の質・安全に注目が集まっており,病院におけるサービスの質保証に関する取組が活発に行われている.製品・サービスの質を保証するためには,適切なプロセスを設計した上で,プロセス管理計画による管理を行う必要がある.日常業務のように一定の内容を繰り返し行うような業務では,標準的なプロセス管理計画であるプロセス管理標準を準備しておき,適宜アレンジしながら用いるのが合理的である.プロセス管理計画を設計し記述するための代表的なツールとして,QC工程表があるが,その構成要素や作成方法は体系的に整理されていない.本研究では,病院における日常業務のプロセス管理標準を設計するための方法論を提案することを目的とする.プロセス管理に関する概念を整理し,適切なプロセス管理標準を合理的に設計する方法を提案する.提案法では,当該業務における品質目標を展開し,品質目標を達成するためのプロセス管理標準を,計6つの手順で設計する.A病院検査部における採血業務に提案法を適用し,採血業務に関するプロセス管理標準を設計する.設計したプロセス管理標準を既存の業務マニュアルや運用システムと比較することで,提案法の有用性を検証する.

    DOI CiNii

  • Structuring Patients’ Information for Quality Assurance of Surgery at Hospitals

    Ryoko Shimono, Masatoshi Yumoto, Toru Kuroda, Satoko Tsuru, Yoshinori Iizuka

    Proceedings of International Conference on Quality 2014     1150 - 1159  2014年10月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • 質保証を実現する手術プロセスを構成する標準モジュール導出モデルの構築

    下野僚子, 水流聡子, 飯塚悦功

    品質   44 ( 2 ) 232 - 242  2014年04月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    医療は,患者の多様性や生体侵襲を伴うといった医療固有の特徴によって管理すべき事項が多いために複雑であることから,最適な医療業務プロセスの構築は容易ではない.本研究では,複雑な医療業務プロセスが,よい業務のやり方が組み込まれた標準モジュールの構築によって,従来よりも効果的かつ効率的に業務プロセスを検討することを考えた.本稿では,医療業務の中で最も複雑といえる手術プロセスに焦点を当て,手術における質保証を実現するために達成すべき業務機能を,標準モジュールとして導く方法を開発した.このとき,PDCAやプロセスアプローチといった概念や医療業務の特徴を観点として用いながら業務機能展開を行った.得られた業務機能である標準モジュールのセットについて妥当であることが示唆された.

    DOI CiNii

  • 製品安全知識の社会技術化 -石油ストーブのトラブル情報分析による製品安全設計と使用者への安全教育

    加藤省吾, 水流聡子, 飯塚悦功, 藤井健人, 岡元大輔, 下野僚子

    社会技術研究論文集   10   11 - 23  2013年04月  [査読有り]

     概要を見る

    製品自体や使用者の使い方の問題によって,様々な製品事故が発生している.安全・安心社会の実現のためには,製品事故の低減が不可欠である.事故防止には,使用者側,提供者側,事故対応側など,様々なプレーヤーのもとに散在しているトラブル情報や暗黙知を構造的に可視化し,再利用していくための社会技術が必要であるが,そのような方法論は確立していない.<br>本研究では,製品安全に関わる関係者から製品安全知識を抽出し,製品安全設計と使用者への安全教育にフィードバックを行いながら,製品安全知識を社会技術化する方法論の全体像を提案する.また,具体的な製品として石油ストーブを取り上げ,提案する方法論の適用例を示す.

    DOI CiNii

  • Designing Structured Regional Alliance Path Model for Healthcare Coordination Based on PCAPS

    Satoko Tsuru, Shinichi Yoshii, Shogo Kato, Ryoko Shimono, Yoshinori Iizuka, Masahiko Munechika

    Proceedings of the 11th International Congress on Nursing Informatics   11   6p  2012年06月  [査読有り]

  • 質保証のための病院業務における要員配置モデルの提案

    下野僚子, 水流聡子, 飯塚悦功

    品質   41 ( 3 ) 371 - 381  2011年07月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • A Model for Personnel Allocation at Hospitals

    Ryoko Shimono, Shogo Kato, Satoko Tsuru, Yoshinori Iizuka

    Proceedings of the European Organization for Quality Congress   41 ( 3 ) 11p - 381  2011年06月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    病院では,要員の力量が医療の質を左右することに加え,専門性を持った要員の充足が難しい現状があることから,どの業務に誰を対応付けるかを検討する要員配置は重要な課題である.病院における要員配置では,多様な患者ニーズに応えるために業務が複雑であることや,要員の専門技術の習熟度がばらついていることを考慮する必要があるが,その方法論は確立していると言えない.本稿では,病院業務の特徴を考慮した要員配置の方法論の開発を目的とする.要員配置は,必要力量の把握・保有力量の把握・要員配置パタンの導出の3要素から構成されると考え,各要素に病院業務における考慮事項を盛り込み「病院業務における要員配置モデル」を構築した.必要力量の把握では,病院業務の特徴を考慮した記述に基づき,評価すべき項目と必要な要員数を明らかにする.保有力量の把握では,習熟度を反映できるレベル別の評価項目を用いて要員を評価する.要員配置パタンの導出では,保有力量が必要力量を満たさない状況でも質保証を実現できる要員配置を検討する.提案モデルにより,従来よりも,質保証および人材の有効活用の上で適切な要員配置パタンを導出することが可能となった.

    DOI CiNii

  • 病院業務プロセス記述モデルの開発

    下野 僚子, 水流 聡子, 飯塚 悦功

    品質   41 ( 2 ) 213 - 224  2011年04月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    病院は,医療費抑制による厳しい経営環境下,安全で質保証された医療サービスを提供するため,医療サービス提供の過程である業務プロセスを見直す必要があるといえる.効果的に業務プロセスを検討するには,関係者間で,業務プロセスの設計・問題分析に必要な情報を過不足なく把握する必要があるが,それらを表現する方法は確立していない.そのため,本研究では,複雑な病院業務の特徴を考慮した業務プロセスの記述方法である「病院業務プロセス記述モデル」を構築した.本記述モデルの開発にあたり,一般の業務プロセスにおける設計・問題分析に必要な事項を把握した上で,抽出した7つの病院業務の特徴を反映し,病院業務における記述項目を明確にし,記述項目に従って業務を記述するための記述様式を開発した.本記述モデルを評価するため,実際の病院業務である検体検査業務を事例として,業務プロセスの記述を行い,記述した結果が問題分析と再設計に有効であるかという点から検討した.その結果,業務プロセスの設計と問題分析に対する有効性を確認した.

    DOI CiNii

  • A Method to improve a job process at a hospital using the “Unit Process Flow Chart”

    Ryoko Shimono, Satoko Tsuru, Yoshinori Iizuka, Shogo Kato, Masahiko Munechika, Masaaki Kaneko

    Studies in Health Technology and Informatics   146   15 - +  2009年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

    Scopus

▼全件表示

書籍等出版物

  • 組織で保証する医療の質 QMSアプローチ

    飯塚悦功, 棟近雅彦, 水流聡子監修, QMS-H研究会出版委員会( 担当: 共著)

    2015年06月

  • 患者状態適応型パス―PCAPSの活用と臨床分析ー

    飯塚悦功, 水流聡子, 棟近雅彦監修, PCAPS研究会編著( 担当: 共編者(共編著者))

    2013年03月

  • 患者状態適応型パス―臨床知識の活用・分析

    飯塚悦功, 水流聡子, 棟近雅彦監修, PCAPS研究会編著( 担当: 共編者(共編著者))

    2012年03月

  • 患者状態適応型パス―臨床知識の精緻化・一般化・実装

    飯塚悦功, 水流聡子, 棟近雅彦監修, PCAPS研究会編著( 担当: 共編者(共編著者))

    2011年03月

  • 患者状態適応型パス―電子カルテおよび病院情報システム搭載版電子コンテンツ

    飯塚悦功, 水流聡子, 棟近雅彦監修, PCAPS研究会編著( 担当: 共編者(共編著者))

    2010年03月

  • 医療の質安全保証を実現する患者状態適応型パス[事例集2008年版] 32件の検証調査結果付き

    飯塚悦功, 水流聡子, 棟近雅彦監修, 患者状態適応型パスシステム研究会編著( 担当: 共編者(共編著者))

    2009年03月

▼全件表示

Misc

  • 医療安全界の大誤解を斬る!「医療安全管理者の業務をQMS視点で再考しよう」第3回

    下野 僚子

    病院安全教育   10 ( 2 ) Web  2022年10月

  • 第175回シンポジウム「品質管理の考え方・方法論を適用した『ウィズコロナ』社会に向けて」

    下野 僚子

    品質   52 ( 2 ) 117 - 121  2022年04月

  • 医療の質保証のための力量評価システムの構築

    下野僚子, 秋永理恵, 名取良弘

    品質   51 ( 2 ) 104 - 109  2021年04月  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者

  • 採血教育と採血手技の評価

    秋永理恵, 稲葉則和, 下野僚子

    検査と技術   48 ( 3 ) 324 - 329  2020年03月

  • 化学工学とダイバーシティの親和性

    下野 僚子

    化学工学   81 ( 3 ) 161 - 163  2017年03月

    その他  

  • 病院業務における力量評価に基づいた要員配置に関する研究

    下野僚子

    品質   44 ( 2 ) 54 - 57  2014年04月

  • 病院業務プロセスの構造的記述方法

    下野僚子

    経営システム   24 ( 1 ) 9 - 14  2014年

  • 第7回医療の質・安全学会学術集会-医療における質マネジメント機能に関する企画演題の詳説-

    下野僚子

    品質   43 ( 1 ) 57 - 60  2013年01月

  • 8th Asian Network for Quality Congressに参加して(ルポルタージュ)

    下野僚子

    品質   41 ( 1 ) 56 - 58  2011年01月

▼全件表示

産業財産権

  • 採血業務支援システム

    特許6608660

    秋永理恵, 水流聡子, 加藤省吾, 下野僚子, 荒川雄二, 美根眞一, 稲葉則和

    特許権

  • 業務要員配置システム、業務要員配置方法、及び業務要員配置プログラム

    特許5588382

    飯塚悦功, 水流聡子, 下野僚子

    特許権

受賞

  • 第125回研究発表会 優秀発表賞

    2021年05月   日本品質管理学会  

    受賞者: 下野 僚子

  • 第49年度 最優秀論文賞

    2020年11月   日本品質管理学会  

    受賞者: 下野僚子,秋永理恵,水流聡子

  • 第113回研究発表会 優秀発表賞

    2017年05月   日本品質管理学会  

    受賞者: 下野 僚子

  • 日経品質管理文献賞

    2015年11月   日本経済新聞社   組織で保証する医療の質 QMSアプローチ  

    受賞者: 飯塚悦功, 棟近雅彦, 水流聡子, QMS-H研究会出版委員会

  • 第43年度 Activity Acknowledgement 賞

    2014年11月   日本品質管理学会  

    受賞者: 下野僚子

  • 第43年度 研究奨励賞

    2014年11月   日本品質管理学会  

    受賞者: 下野 僚子

  • Best Paper Award

    2010年10月   8th ANQ Congress  

    受賞者: Ryoko Shimono, Shogo Kato, Satoko Tsuru, Yoshinori Iizuka

  • Best Poster Award

    2010年04月   2nd GMSI International Symposium  

    受賞者: 下野 僚子

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 第二世代ヘルスケアIoT技術を支える生体計測・解析プラットフォームの基盤構築

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2025年03月
     

    山川 俊貴, 藤原 幸一, 宮島 美穂, 下野 僚子

  • 医療の質と効率の向上をめざすICT基盤を活用した業務設計方法の開発と実証

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2025年03月
     

    下野 僚子, 山田 秀, 加藤 省吾, 佐野 雅隆, 梶原 千里

  • 骨髄バンクドナーの環境整備とコーディネートプロセスの効率化による造血幹細胞移植の最適な機会提供に関する研究

    厚生労働省  厚生労働省科学研究費

    研究期間:

    2019年08月
    -
    2022年03月
     

    福田 隆浩, 岡本 真一郎, 日野 雅之, 高梨 美乃子, 吉内 一浩, 黒澤 彩子, 大竹 文雄, 下野 僚子

  • センシング技術を基軸とした健康管理システムの地域特性に基づく分析

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

    下野 僚子, 藤原 幸一, 山川 俊貴, 菊池 康紀

     概要を見る

    本研究では、生活習慣病を予防できる健康管理システムの構築をめざし、センシング技術や健康増進事業などを導入した効果について多面的な分析を行った。地域における実現可能性を考慮できるよう、医療機関や自治体などの地域プレイヤと連携しながら研究を進めた。特定健診・特定保健指導事業、健康づくり啓発イベント、健康ポイント制度などの事業について、実践的な分析にもとづき事業運営において有用な結果を提示できた。

  • 離島地域における特定健診の受診行動分析にもとづく行動変容因子の特定-行動経済学とシステム工学の統合的アプローチ-

    医療経済研究機構  2017年度(第21回)研究助成(B)若手研究者育成研究助成

    研究期間:

    2017年10月
    -
    2018年09月
     

    下野 僚子

  • リンパ浮腫看護モデルの構築-PCAPS からの展開-

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2017年03月
     

    作田 裕美, 水流 聡子, 坂口 桃子, 下野 僚子, 宮腰 由紀子, 村川 由加理, 新井 直子, 新井 龍

     概要を見る

    患者状態適応パス(PCAPS)を用いて「リンパ浮腫看護モデル」を構築する目的で研究を行った。まず、わが国のリンパ浮腫臨床の現状を、量的に検討し解決課題を抽出した。次にリンパ浮腫外来を受診する患者および外来担当看護師を対象に、リンパ浮腫臨床の現状を質的帰納的に掘り下げた。量的・質的研究の融合の成果から、PCAPSの<リンパ浮腫臨床プロセスチャート>のシステム変更を行うとともに、質的に導き出した患者の体調管理セルフケアの6項目を組み込むことで、患者の心と身体を網羅したチャートを目指した。

  • 生体侵襲を伴う医療業務における要員の力量評価に基づいた業務プロセス設計方法の開発

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2017年03月
     

    下野 僚子

     概要を見る

    本研究は、力量を持つ要員を対応付けることで業務の質保証を実現できると考え、要員の力量管理に基づく業務設計方法の開発を目的としている。研究期間内に、(1)医療業務の構造と保有力量の構造を考慮した力量評価項目の開発に基づき、(2)力量評価に基づく業務プロセス設計方法の開発を行った。侵襲的手技において(1)の開発を行い、A病院における臨床検査業務において(1)(2)を適用した結果、業務の質向上を示す結果が得られた。

  • 生体侵襲を伴う医療業務の構造的可視化にもとづいた問題分析方法の開発

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究(B)

    研究期間:

    2012年04月
    -
    2015年03月
     

    下野 僚子

     概要を見る

    従来,各医療機関の担当者の力量に依存していた問題分析について,問題の発生状況を的確に把握し,効果的効率的に原因分析を行える方法の開発を行った.病院業務プロセスは複雑であることから,医療業務プロセスを,ユニットプロセスの連結であるプロセスフローとして捉えた.問題分析においては,プロセスフローおよびユニットプロセス構成要素それぞれの構造的記述に基づいて分析を行うこととした.病院Aにおいて,中心静脈カテーテル挿入プロセスで発生した問題に対して適用でき,提案する分析方法の妥当性が示唆された.

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Individual Training System for New Employees in Blood Collection at a Hospital

    Ryoko Shimono, Yuya Higuchi, Kohei Fukumoto, Emi Inumaru, Rie Akinaga

    The International Forum on Quality and Safety in Healthcare  

    発表年月: 2022年07月

  • Verification of Individual Training System for Process Management in Blood Collection

    Ryoko Shimono, Rie Akinaga

    The 18th Asian Network for Quality Congress  

    発表年月: 2020年10月

  • Individualized Training System through Data Acquisition and Analysis for Quality Assurance in Healthcare Procedure -Case Study in Blood Drawing-

    Ryoko Shimono, Kohei Fukumoto, Yuya Higuchi, Rie Akinaga, Norikazu Inaba

    The 17th Asian Network for Quality Congress  

    発表年月: 2019年10月

  • Quality Improvement of Blood Drawing Through Targeted Training Using an Operation

    Ryoko Shimono, Rie Akinaga, Norikazu Inaba

    17th World Congress on Medical and Health Informatics  

    発表年月: 2019年08月

  • Quality Assurance of Invasive Medical Techniques -Approaches from Standardization and Observation

    14th Asian Network for Quality Congress  

    発表年月: 2016年09月

  • A Model for Reviewing Surgical Operation Plans for Quality Assurance

    Rika Takao, Ryoko Shimono, Satoko Tsuru, Toru Kuroda, Shuzo Kono, Kazuhiko Yoshida, Koji Asano

    13th Asian Network for Quality Congress   (Taipei) 

    発表年月: 2015年09月

  • Quality Assurance in Surgery: A Model to Plan for Anesthesia Management

    Ryoko Shimono, Masatoshi Yumoto, Satoko Tsuru, Yoshinori Iizuka

    13th Asian Network for Quality Congress   (Taipei) 

    発表年月: 2015年09月

  • Development of the modes of disease management for infants and children

    Satoko Tsuru, Masako Fujiwara, Takanori Motoki, Takanori Minoura, Tohru Kobayashi, Koichi Tanizaki, Ryoko Shimono

    25th European Medical Informatics Conference   (Istanbul, Turkey) 

    発表年月: 2014年09月

  • Method for Evaluation and Analysis of Cancer Care Platform for the Implementation of PDCA

    Kosuke Ota, Satoko Tsuru, Ryoko Shimono, Fumihiko Wakao, Shogo Kato

    12th Asian Network for Quality Congress   (Singapore) 

    発表年月: 2014年08月

  • Development of Process Model for Surgical Operation Planning

    Rika Takao, Satoko Tsuru, Ryoko Shimono, Toru Kuroda, Kazuhiko Yoshida, Koji Asano, Shogo Kato

    12th Asian Network for Quality Congress   (Singapore) 

    発表年月: 2014年08月

  • A Model to Evaluate Competence of Medical Doctors for Invasive Techniques at Hospitals

    Ryoko Shimono, Yoshihiro Natori, Satoko Tsuru, Yoshinori Iizuka

    12th Asian Network for Quality Congress   (Singapore) 

    発表年月: 2014年08月

  • A Method to Analyze Healthcare Operation Process with Invasive Procedure

    Ryoko Shimono, Masako Fujiwara, Satoko Tsuru, Yoshinori Iizuka

    11th Asian Network for Quality Congress   (Bangkok, Thailand) 

    発表年月: 2013年10月

  • Establishment of Standard Process Modules for Healthcare Operation Processes

    Ryoko Shimono

    57th European Organization for Quality Congress  

    発表年月: 2013年06月

  • Designing the Structure of Knowledge Base in Healthcare Process

    Daisuke Okamoto, Satoko Tsuru, Shogo Kato, Ryoko Shimono, Yoshinori Iizuka

    10th Asian Network for Quality Congress   (Hong Kong, China) 

    発表年月: 2012年08月

  • Development of a Method for Designing Management Indicators for Healthcare Operation Processes

    Satoshi Ito, Satoko Tsuru, Ryoko Shimono, Shogo Kato, Yoshinori Iizuka

    10th Asian Network for Quality Congress   (Hong Kong, China) 

    発表年月: 2012年08月

  • A Method for Improving Clinical Processes by Providing Feedback on Standard Clinical Guidelines

    Ken Matsuoka, Satoko Tsuru, Yukikiyo Kuroda, Shogo Kato, Ryoko Shimono, Yoshinori Iizuka

    10th Asian Network for Quality Congress   (Hong Kong, China) 

    発表年月: 2012年08月

  • Design of Hospital Operation Process: Identification of Surgery Process Modules

    Ryoko Shimono, Satoko Tsuru, Yoshinori Iizuka

    10th Asian Network for Quality Congress   (Hong Kong, China) 

    発表年月: 2012年08月

  • Personnel Allocation for Quality Assurance and for Effective Utilization of Human Resources at Hospitals

    Ryoko Shimono, Yoshihiro Natori, Takehiko Nakamura, Satoko Tsuru, Yoshinori Iizuka

    9th ANQ Congress   (Ho Chin Minh City, Vietnam) 

    発表年月: 2011年09月

  • Proposal of Hospital Operational Process Description Model

    Ryoko Shimono, Shogo Kato, Satoko Tsuru, Yoshinori Iizuka

    8th ANQ Congress   (Delhi, India) 

    発表年月: 2010年10月

  • A Mapping Model of Employee on Hospital job based on Competence

    Ryoko Shimono, Satoko Tsuru, Yoshinori Iizuka

    2nd Graduate Program for Mechanical Systems Innovation International Symposium   (Tokyo) 

    発表年月: 2010年04月

  • The Mapping Model of Employee on Hospital job Based on Competence

    Ryoko Shimono, Satoko Tsuru, Yoshinori Iizuka, Shogo Kato, Masahiko Munechika

    7th Asian Network for Quality Congress   (Tokyo) 

    発表年月: 2009年09月

  • Structuring Development Process of Learning Knowledge and Procedure in Healthcare using the Unit Process Flow Chart

    Ryoko Shimono, Satoko Tsuru, Shogo Kato, Shin Narita, Masahiko Munechika, Yoshinori Iizuka

    10th International Congress on Nursing Informatics   (Helsinki, Finland) 

    発表年月: 2009年06月

  • A Method to Analyze Incidents in a Hospital using 'the Unit Process Flow Chart'

    Ryoko Shimono, Satoko Tsuru, Yoshinori Iizuka, Shogo Kato, Masahiko Munechika

    6th Asian Network for Quality Congress   (Bangkok, Thailand) 

    発表年月: 2008年10月

  • A Study on the Methods for Standardization and Visualization of Diagnosis and Treatment process for Quality Management System in Healthcare

    Mitsuhiko Endo, Ryoko Shimono, Masahiko Munechika, Masaaki Kaneko, Satoko Tsuru

    6th Asian Network for Quality Congress   (Bangkok, Thailand) 

    発表年月: 2008年10月

  • Determination of Responsibility and Authority for Jobs in Hospitals by Evaluating Competence of Employees

    Ryoko Shimono, Satoko Tsuru, Yoshinori Iizuka, Masahiko Munechika

    5th Asian Network for Quality Congress   (Incheon, Korea) 

    発表年月: 2007年10月

  • Identifying Responsibility and Authority for Services in a Hospital ? Analysis of the Work Process of a Specimen Examination

    Ryoko Shimono, Satoko Tsuru, Yoshinori Iizuka, Masahiko Munechika

    4th Asian Network for Quality Congress   (Singapore) 

    発表年月: 2006年09月

▼全件表示

 

現在担当している科目

▼全件表示