Updated on 2022/06/30

写真a

 
MAKINO, Hiroki
 
Affiliation
Faculty of Human Sciences, School of Human Sciences
Job title
Assistant Professor(tenure-track)
Mail Address
メールアドレス
Profile

研究領域:近現代ドイツの文学・文化

①ドイツ青年音楽運動の文化史的研究

ドイツ青年音楽運動を、様々な観点から多角的に考察することで、その運動の立体的な構築を試みています。

プレファシズム的側面を持つドイツ青年運動という評価に終始せず、ヴァイマル共和国期における様々な展開の方向性を秘めた運動として見ることで、その歴史的アクチュアリティ、及び可能性と限界に迫りたいと思っています。

とりわけ共同体論と、それを基礎づける「聴覚/聴くこと」という感覚に着目しながら、近代市民社会の絶え間ない再編制のポリティクスと、それが織りなす包摂と排除の様相に興味を持っています。

 

②近現代ドイツ文学におけるメデイア伝説の系譜

ギリシャ神話であるメデイア伝説を、近現代ドイツ文学における改作・翻案を辿ることでその系譜の解明を試みます。

ドイツ青年音楽運動の研究において培った問題関心、即ち近現代ドイツにおける自己/他者アイデンティティの成立とそれに付随する市民社会における包摂と排除のポリティクスという問題系に関して、西洋における「他者」としてのメデイアを描く物語を辿ることで解明を試みたいと思っています。

Concurrent Post

  • Faculty of Human Sciences   School of Human Sciences (Online Degree Program)

  • Faculty of Human Sciences   Graduate School of Human Sciences

Education

  • 2017.04
    -
    2020.03

    京都大学大学院   人間・環境学研究科 博士後期課程  

  • 2015.04
    -
    2017.03

    京都大学大学院   人間・環境学研究科 修士課程  

Degree

  • 2017.03   京都大学   修士(人間・環境学)

  • 2020.09   京都大学   博士(人間・環境学)

Research Experience

  • 2022.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Human Sciences   assistant professor

  • 2021.04
    -
    2022.03

    Kyoto University

  • 2021.04
    -
    2022.03

    Kindai University

  • 2020.04
    -
    2022.03

    Ritsumeikan University

  • 2017.04
    -
    2020.03

    日本学術振興会   特別研究員DC1

Professional Memberships

  • 2020.04
    -
    Now

    世界文学会

  • 2020.04
    -
    Now

    日本ドイツ学会

  • 2017.04
    -
    Now

    THE MUSICOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN

  • 2017.04
    -
    Now

    THE JAPAN MUSIC EXPRESSION SOCIETY

  • 2015.04
    -
    Now

    Society for the Study of Modern German History

  • 2015.04
    -
    Now

    JAPANISCHE GESELLSCHAFT FUER GERMANISTIK

▼display all

 

Research Areas

  • European literature

  • History of Europe and America

  • Aesthetics and art studies

Research Interests

  • 青年運動

  • 文化論

  • ドイツ文学

  • 文化史

Papers

▼display all

Books and Other Publications

  • 歌声の共同体:ドイツ青年音楽運動の思想圏

    牧野 広樹( Part: Sole author)

    松籟社  2022.02 ISBN: 4879844187

    ASIN

Research Projects

  • ドイツ青年音楽運動の政治的評価をめぐって:ナチズムとの歴史的連関に関する考察

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究

    Project Year :

    2021.04
    -
    2024.03
     

    牧野 広樹

  • 共同の音楽行為と全体主義――ドイツ青年音楽運動の文化史的検討を中心として――

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費

    Project Year :

    2017.04
    -
    2020.03
     

    牧野 広樹

     View Summary

    本年度は、これまで集めてきたドイツ青年運動文書館(Archiv der deutschen Jugendbewegung)所蔵の史料やその他史資料の収集と、これまでの発表の成果をまとめ、それらを論文化することに努めた。
    まず、青年音楽運動における聴覚論に関して、ヴァルター・ヘンゼルとハンス・フライヤーを取り上げ、論文「青年音楽運動における聴覚論」に示した。この論文は、「聴覚/聴くこと」が彼らにとってどのような意味を持っていたかを探ることによって、彼らが青年音楽運動に参加した理由を探るものである。次に、青年音楽運動でも特に大きなグループ、「楽師ギルド」の参加者、フリッツ・イェーデ、ゲオルク・ゲッチュ、ハンス・フライヤーにおける共同体像に関して、論文「芸術的共同体――青年音楽運動における音楽実践の役割について――」に示した。この論文は、彼らの共同体像に「芸術」なるもののイメージがどのように表れていたのかを探ることで、「ゲマインシャフト(Gemeinschaft)」という一語では捉えきることのできない、多様な共同体像があったことを明らかにするものである。そして、技術論に関して、論文「青年音楽運動と音響メディア」に示した。この論文は、反近代的・ロマン主義なとされる青年音楽運動において等閑視されてきた技術、主に音響メディア(ラジオ・レコード)についての議論を、ドイツ青年運動文書館所蔵の史料から読み取り整理するとともに、それが運動にとって持つ意味を明らかにするものである。
    本年度は、前年度からの目標であった、多角的なアプローチと幅広い人物を扱うことによって、多層的な青年音楽運動の様相を明らかにすることができ、最終年度としてふさわしい成果を上げることができたように思われる。

  • 「愛」の思想史研究会

    京都大学大学院人間・環境学研究科 学際教育研究部  研究会支援制度

    Project Year :

    2018.04
    -
    2019.03
     

Presentations

  • ドイツ青年音楽運動におけるマルクス主義批判とナチ体制容認の意思決定過程について

    ドイツ現代史研究会10月例会 

    Presentation date: 2020.10

  • 他者の受容と共同体のポリティクス――メデイアの形姿をめぐって――

    牧野 広樹

    世界文学会関西支部第4回研究会 

    Presentation date: 2020.09

  • 青年音楽運動と音響メディア

    牧野 広樹  [Invited]

    「音楽と社会」研究会 研究フォーラム 

    Presentation date: 2019.02

  • 青年音楽運動における「聴覚/聴くこと」

    牧野 広樹

    日本独文学会京都支部 秋季研究発表会 

    Presentation date: 2018.12

  • 青年音楽運動における音楽実践の位置づけ――楽師ギルドを中心に――

    牧野 広樹

    日本音楽学会 第68回全国大会 

    Presentation date: 2017.10

  • 青年音楽運動における境界線の再編制―党派・宗派・家庭から民族へ―

    牧野 広樹

    日本独文学会 秋季研究発表会 

    Presentation date: 2017.09

▼display all

 

Syllabus

▼display all

Teaching Experience

  • 基本ドイツ語(表現)Ⅱ

    立命館大学  

    2021.09
    -
     
     

  • ドイツ語・展開1

    立命館大学  

    2021.09
    -
     
     

  • ドイツ語・応用Ⅱ

    立命館大学  

    2021.09
    -
     
     

  • ドイツ語ⅡB

    京都大学  

    2021.09
    -
     
     

  • ドイツ語総合4

    近畿大学  

    2021.09
    -
     
     

  • Basic German 2

    Kindai University  

    2021.09
    -
     
     

  • Intermediate German A

    Kyoto University  

    2021.04
    -
     
     

  • Basic German 3

    Kindai University  

    2021.04
    -
     
     

  • Basic German 1

    Kindai University  

    2021.04
    -
     
     

  • Basic German Language(Expression)Ⅰ

    Ritsumeikan University  

    2021.04
    -
     
     

  • German Intermediate 1

    Ritsumeikan University  

    2021.04
    -
     
     

  • Current Topics in German

    Ritsumeikan University  

    2021.04
    -
     
     

  • German with Audio-Visual Aids and CALL

    Ritsumeikan University  

    2020.09
    -
     
     

  • World and economy reading in German B

    Ritsumeikan University  

    2020.09
    -
     
     

  • German Pre -Intermediate 1

    Ritsumeikan University  

    2020.09
    -
     
     

  • Society and culture reading in German B

    Ritsumeikan University  

    2020.09
    -
     
     

  • Comparative Study of Culture(German)

    Ritsumeikan University  

    2020.04
    -
     
     

  • Society and culture reading in German A

    Ritsumeikan University  

    2020.04
    -
     
     

  • German Basic 1

    Ritsumeikan University  

    2020.04
    -
     
     

▼display all

 

Social Activities

  • 良いリーダーになるには?

    京都大学高大連携事業「学びコーディネーター事業」 

    2019
    -
     

     View Summary

    授業依頼校:熊谷高等学校、静岡高等学校

  • 「共生」について考える

    京都大学高大連携事業「学びコーディネーター事業」 

    2017
    -
    2019

     View Summary

    授業依頼校:京都教育大学附属高等学校、時習館高等学校、豊多摩高等学校

  • 人文学への誘い

    京都大学高大連携事業「学びコーディネーター事業」 

    2017
    -
     

     View Summary

    授業依頼校:新潟南高等学校

  • 「歴史」について考える

    京都大学高大連携事業「学びコーディネーター事業」 

    2017
    -
     

     View Summary

    授業依頼校:浜松北高等学校、小松北高等学校