Updated on 2024/07/19

Affiliation
Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences, School of Education
Job title
Professor
Degree
Ph.D.(Socio-information and Communication Studies) ( 2002.10 The University of Tokyo )

Research Experience

  • 2022.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences

  • 2011.04
    -
    2022.03

    University of Tsukuba   Faculty of Humanities and Social Scoences   Associate Professor

  • 2019.04
    -
    2021.03

    Waseda University   School of Education

  • 2016.04
    -
    2018.03

    International Research Center for Japanese Studies   co-researcher

  • 2015.04
    -
    2016.03

    Towson University   Visiting Scholar

  • 2014.10
    -
    2015.03

    The University of Tokyo   Faculty of Arts and Sciences   Lecturer (part-time)

  • 2012.10
    -
    2014.09

    Waseda University   School of Culture, Media and Society   Lecturer (part-time)

  • 2013.07
    -
    2013.08

    Hosei University   Graduate School of Sociology   Lecturer (part-time)

  • 2012.08
     
     

    Chuo University   Faculty of Letters   Lecturer (part-time)

  • 2011.10
    -
    2012.03

    The University of Tokyo, Komaba   College of Arts and Sciences   Lecturer (part-time)

  • 2007.04
    -
    2011.03

    University of Tsukuba   Graduate School of Humanities and Social Sciences   Associate Professor

  • 2010.04
    -
    2010.09

    The University of Tokyo, Komaba   College of Arts and Sciences   Lecturer (part-time)

  • 2006.10
    -
    2008.03

    Ochanomizu University   Faculty of Letters and Education   Lecturer (part-time)

  • 2002.04
    -
    2008.03

    Jissen Women's University   Faculty of Literature

  • 2006.04
    -
    2007.03

    University of Tsukuba   Graduate School of Humanities and Social Sciences   Associate Professor

  • 2005.04
    -
    2007.03

    Ferris University   Faculty of Global and Inter-Cultural Studies

  • 2002.04
    -
    2006.03

    Japan Women's University   Faculty of Integrated Arts and Social Sciences   Research Associate

  • 1999.04
    -
    2002.03

    Japan Society for the Promotion of Science   Postdoctoral Fellow

▼display all

Education Background

  • 1996.04
    -
    1999.03

    Graduate School of the University of Tokyo   Graduate School of Humanities and Sociology   Doctor Course in Division pf Socio-cultural Studies  

  • 1994.04
    -
    1996.03

    The University of Tokyo   Graduate School of Humanities and Sociology   Master Course in Division of Socio-Cultural Studies  

  • 1990.04
    -
    1994.03

    Hitotsubashi University   Faculty of Sociology  

Committee Memberships

  • 2023.04
    -
    2027.08

    日本社会学会  代議員

  • 2021
    -
    2023.10

    日本社会学会  学会賞選考委員会委員(論文の部)

  • 2018
    -
    2021.11

    日本社会学会  研究活動委員会委員

  • 2019.06
    -
    2021.06

    関東社会学会  常任理事(編集委員長)

  • 2017.06
    -
    2019.06

    関東社会学会  理事(編集副委員長)

  • 2017.05
    -
    2019.05

    日本マス・コミュニケーション学会  編集委員

  • 2017.03
    -
    2019.03

    日本社会学会  学会賞推薦委員

  • 2014.04
    -
    2018.04

    戦争社会学研究会  代表

  • 2013
    -
    2014

    日本マス・コミュニケーション学会  企画委員

  • 2010
    -
    2012

    日本社会学会  専門審査委員

  • 2007
    -
    2008

    関東社会学会  理事(研究委員会)

  • 2006
     
     

    関東社会学会  研究委員

▼display all

Professional Memberships

  •  
     
     

    Society for Sociology of Warfare

  •  
     
     

    THE KANTOH SOCIOLOGICAL SOCIETY

  •  
     
     

    THE JAPAN SOCIOLOGICAL SOCIETY

  • 2018.01
    -
    Now

    International Sociological Association

  •  
     
     

    同時代史学会

  •  
     
     

    The Japan Society of Socio-Information Studies

  •  
     
     

    JAPAN ASSOCIATION FOR MEDIA, JOURNALISM AND COMMUNICATION STUDIES

▼display all

Research Areas

  • Sociology

Research Interests

  • War

  • Historical Sociology

  • War Experience

  • Memory of War

  • Military Affairs

 

Papers

▼display all

Books and Other Publications

  • 吉見俊哉論 : 社会学とメディア論の可能性

    難波, 功士, 野上, 元, 周東, 美材( Part: Joint editor, 「はじめに」(難波功士・周東美材と共著)、「亡命先としてのメディア論――社会意識論・歴史社会学のゆくえ」)

    人文書院  2023.05 ISBN: 9784409241578

  • 大学的相模ガイド

    塚田修一( Part: Contributor, 「せめぎあう空間としての相模 ――幻の「相模湾上陸作戦/相模防衛戦」を通して」「湘南vs相模」)

    昭和堂  2022.11 ISBN: 4812222028

    ASIN

  • 日本近・現代史研究入門

    松沢裕作, 高嶋修一( Part: Contributor, 歴史社会学 歴史学から近くて遠い社会科学)

    岩波書店  2022.10 ISBN: 4000615610

    ASIN

  • 変容する記憶と追悼 (シリーズ戦争と社会 5巻)

    蘭 信三, 石原 俊, 一ノ瀬 俊也, 佐藤 文香, 西村 明, 野上 元, 福間 良明, 田村, 恵子, 岡田, 泰平, 中山, 郁, 李, 榮眞, 直野, 章子, 木村, 豊, 中村, 理香, 坂井田, 夕起子, 石井, 弓, 北村, 毅, 粟津, 賢太, 大川, 史織( Part: Joint editor)

    岩波書店  2022.04 ISBN: 4000271741

    ASIN

  • 総力戦・帝国崩壊・占領 (シリーズ戦争と社会 3)

    蘭 信三, 石原 俊, 一ノ瀬 俊也, 佐藤 文香, 西村 明, 野上 元, 福間 良明, 佐々木, 啓, 三ツ井, 崇, 大石, 茜, 石田, 淳, 崔, 徳孝, 山本, めゆ, 陳, 来幸, 青木, 深, 古波藏, 契, 高, 誠晩, 竹峰, 誠一郎( Part: Joint editor)

    岩波書店  2022.03 ISBN: 4000271725

    ASIN

  • 昭和五〇年代論 : 「戦後の終わり」と「終わらない戦後」の交錯

    福間, 良明( Part: Contributor, 第13章「修養小説の臨界-「成長」を描く『機動戦士ガンダム』」)

    みずき書林  2022.03 ISBN: 9784909710215

    ASIN

  • 言説・表象の磁場 (シリーズ戦争と社会 4)

    蘭 信三, 石原 俊, 一ノ瀬 俊也, 佐藤 文香, 西村 明, 野上 元, 福間 良明, 佐藤, 卓己, 佐藤, 彰宣, 福家, 崇洋, 根津, 朝彦, 櫻澤, 誠, 玄, 武岩, 森下, 達, 山本, 昭宏( Part: Joint editor)

    岩波書店  2022.02 ISBN: 4000271733

    ASIN

  • 社会のなかの軍隊 軍隊という社会 (シリーズ戦争と社会 2)

    蘭 信三, 石原 俊, 一ノ瀬 俊也, 佐藤 文香, 西村 明, 野上 元, 福間 良明, 河野, 仁, 渡邊, 勉, 阿部, 純一郎, 中村, 江里, 山本, 唯人, 松田, 英里, 佐々木, 知行, 清水, 亮, 須藤, 遙子, 松田, ヒロ子( Part: Joint editor, 総説「軍隊と社会/軍隊という社会」(一ノ瀬俊也と共著); 第7章「防衛大学校の社会学」)

    岩波書店  2022.01 ISBN: 4000271717

    ASIN

  • 「戦争と社会」という問い (シリーズ戦争と社会 1)

    蘭 信三, 石原 俊, 一ノ瀬 俊也, 佐藤 文香, 西村 明, 野上 元, 福間 良明, 青木, 秀男, 佐藤, 成基, 柳原, 伸洋, 吉良, 貴之, 高橋, 博子, 布施, 祐仁, 佐川, 徹, 和田, 賢治, 大野, 光明, 平井, 和子( Part: Joint editor, 総説「「戦争と社会」、「軍事と社会」をめぐる問い」(佐藤文香と共著); 第9章「情報社会と「人間」の戦争」)

    岩波書店  2021.12 ISBN: 4000271709

    ASIN

  • 日本社会は自衛隊をどうみているか 「自衛隊に関する意識調査」報告書

    ミリタリー・カルチャー研究会( Part: Contributor)

    青弓社  2021.08 ISBN: 4787234943

    ASIN

  • 近頃なぜか岡本喜八 : 反戦の技法、娯楽の思想

    山本, 昭宏( Part: Contributor, 第4章「誰とともに何と戦う? 「内戦」を描く岡本喜八」)

    みずき書林  2020.09 ISBN: 9784909710130

  • ミリタリー・カルチャー研究 : データで読む現代日本の戦争観

    吉田, 純, ミリタリー・カルチャー研究会, 伊藤, 公雄, 植野, 真澄, 太田, 出, 河野, 仁, 島田, 真杉, 高橋, 三郎, 高橋, 由典, 新田, 光子, 野上, 元, 福間, 良明( Part: Contributor, 「回答者の情報行動はどのようなものか」「活字のなかの戦争・軍隊」「自衛隊と広報」「侵略されたらどうするか」)

    青弓社  2020.07 ISBN: 9784787234698

  • 戦後日本文化再考 (吉田山叢書002)

    坪井 秀人( Part: Contributor, 再演される「東京裁判」 一九七〇/八〇年代の江藤淳と映画『東京裁判』)

    三人社  2019.10 ISBN: 4866912294

    ASIN

  • 自殺の歴史社会学 : 「意志」のゆくえ

    貞包, 英之, 元森, 絵里子, 野上, 元( Part: Joint author, 第5章 自殺に対応する――さまざまな現場、無意識の協働)

    青弓社  2016.11 ISBN: 9784787234094

  • 戦争社会学――理論・大衆社会・表象文化

    好井 裕明, 関 礼子, 荻野, 昌弘, 野上, 元, 菊地, 夏野, 福間, 良明, 井上, 義和, Ropers, Erik, 目黒, 茜, 村島, 健司( Part: Contributor, 大衆社会論の記述と「全体」の戦争―総力戦の歴史的・社会的位格)

    明石書店  2016.10 ISBN: 475034429X

    ASIN

  • 現代社会と人間への問い―いかにして現在を流動化するのか?

    内田 隆三, 森, 政稔( Part: Contributor, 市民社会の記述と市民/国民の戦争)

    せりか書房  2015.11 ISBN: 4796703470

    ASIN

  • 敗戦と占領――1940年代 (ひとびとの精神史 第1巻)

    栗原, 彬, 吉見, 俊哉, 比屋根, 照夫( Part: Contributor, 水木しげる-ある帰還兵士の経験)

    岩波書店  2015.07 ISBN: 4000288016

    ASIN

  • 歴史と向きあう社会学: 資料・表象・経験

    野上 元, 小林 多寿子( Part: Joint editor)

    ミネルヴァ書房  2015.07 ISBN: 4623072991

    ASIN

  • 戦争社会学の構想 ―制度・体験・メディア―

    福間, 良明, 野上, 元, 蘭, 信三, 石原, 俊( Part: Joint editor)

    勉誠出版  2013.07 ISBN: 4585230203

    ASIN

  • 戦争社会学ブックガイド:現代世界を読み解く132冊

    野上, 元, 福間, 良明( Part: Joint editor)

    創元社  2012.03 ISBN: 4422300423

    ASIN

  • いのちとライフコースの社会学

    藤村, 正之( Part: Contributor, 戦争体験の社会史)

    弘文堂  2011.10 ISBN: 4335551495

    ASIN

  • フラット・カルチャー―現代日本の社会学

    遠藤, 知巳( Part: Contributor, [ネット言論]フラットな板と「ウヨサヨ」ゲーム)

    せりか書房  2010.10 ISBN: 4796702989

    ASIN

  • 戦後日本における市民意識の形成: 戦争体験の世代間継承 (叢書 21COE‐CCC多文化世界における市民意識の動態)

    浜, 日出夫( Part: Contributor, 戦後社会と二つの戦争体験)

    慶應義塾大学出版会  2008.01 ISBN: 4766414535

    ASIN

  • 戦争体験の社会学―「兵士」という文体

    野上 元

    弘文堂  2006.02 ISBN: 4335551088

    ASIN

  • 岩波講座 アジア・太平洋戦争〈2〉戦争の政治学

    吉田, 裕, 倉沢, 愛子, 加藤, 陽子, 古川, 隆久, 安田, 浩, 纐纈, 厚, 加瀬, 和俊, 荻野, 富士夫, 北原, 恵, 大串, 潤児, 赤沢, 史朗, 野上, 元, 原田, 敬一, 波田, 永実, Soh, Chung-Hee, 佐藤(佐久間), りか( Part: Contributor, 東京裁判論-上演される歴史、形象としてのA級戦犯)

    岩波書店  2005.12 ISBN: 4000105043

    ASIN

  • カルチュラル・ポリティクス 1960/70

    北田, 暁大, 野上, 元, 水溜, 真由美(はじめに; 第5章・あさま山荘事件と「戦争」の変容)

    せりか書房  2005.12 ISBN: 4796702695

    ASIN

  • 浮遊する「記憶」 (青弓社ライブラリー)

    矢野 敬一, 野上 元, 阿部 安成, 木下 直之, 福田 珠己( Part: Joint author)

    青弓社  2005.09 ISBN: 4787232487

    ASIN

  • 戦死者のゆくえ: 語りと表象から

    川村 邦光, 山折, 哲雄, 木田, 元, 兵頭, 晶子, 野上, 元, 丸山, 泰明, 矢野, 敬一, 永井, 芳和, 杉原, 達, 中村, 生雄(「事実」と「慰霊」―大岡昇平の戦争文学作品を題材として)

    青弓社  2003.11 ISBN: 478723224X

    ASIN

  • 「戦争と書くこと――近現代日本における『戦争体験』の歴史社会学的研究」(博士論文)

    NOGAMI,GEN( Part: Sole author)

    2002.09

▼display all

Works

  • 川崎市平和館常設展示「武力紛争とメディア」

    野上,元  Other 

    2014.03
    -
     

Presentations

  • コメント

     [Invited]

    第75回関西社会学会大会・開催校シンポジウム「戦争社会学の可能性と課題―岩波シリーズ『戦争と社会』を手掛かりに―」 

    Presentation date: 2024.05

  • 平和・安全保障をめぐる社会意識調査における方法論上の留意点——遷移のなかのDK回答への注目

    野上元

    第96回日本社会学会大会 

    Presentation date: 2023.10

    Event date:
    2023.10
     
     
  • Ambiguous Attitude and Modest Organization: Pursuing the Postmodern Military

    Gen Nogami

    XX ISA World Congress of Sociology 

    Presentation date: 2023.06

    Event date:
    2023.06
    -
    2023.07
  • マイコンブーム:「雑誌でつながる」「家庭で触れる」「先端技術のメディア文化」の最終局面(ワークショップ9)

    前田至剛, 野上元

    日本メディア学会 2023年春季大会 

    Presentation date: 2023.06

    Event date:
    2023.06
     
     
  • 社会学への冷笑と羨望――隣接分野からのまなざし(大会シンポジウム(2))

    野上,元

    Presentation date: 2020.11

    Event date:
    2020.10
    -
    2020.11

     View Summary

    コーディネーター、コメンテーターとして登壇

  • 日本の戦争社会学の現状と課題

    野上,元

    第10回戦争社会学研究会大会  (日本 関西学院大学)  戦争社会学研究会

    Presentation date: 2019.04

  • 「学徒」と「学生」:学徒動員の記憶

    野上,元  [Invited]

    学生たちの戦後:矢内原忠雄と東大学生問題研究所から見た1960年安保前後の学生像 

    Presentation date: 2019.03

  • Cultural Aspects of Postmodern Military in the case of Japan Self Defense Forces (rev.)

    NOGAMI,GEN  [Invited]

    NEW PERSPECTIVES ON THE DIGITAL REVOLUTION: MEDIA AND CULTURAL TRANSFORMATIONS  (Australia Adelaide)  Hawke EU Centre, University of South Australia

    Presentation date: 2018.08

  • Cultural Aspects of Postmodern Military in the Case of Japan Self Defense Forces

    NOGAMI,GEN

    XIX ISA World Congress of Sociology  (Canada Toronto)  International Sociological Association

    Presentation date: 2018.07

  • 『野火』の戦争社会学

    野上, 元, 福間良明, 成田龍一, 青木深, 松下優一

    第8回戦争社会学研究会大会シンポジウム  (琉球大学) 

    Presentation date: 2017.04

  • 歴史が聞こえてくること-方法的ラディカリズムと歴史への愛

    野上, 元  [Invited]

    日本オーラル・ヒストリー学会 第14回大会 保苅記念シンポジウム―いまあらためて「保苅実の世界」を探る 

    Presentation date: 2016.09

  • 戦争史記述の社会学的規準

    野上,元

    第88回日本社会学会大会(シンポジウム (2)「戦争をめぐる社会学の可能性」) 

    Presentation date: 2015.10

  • "War Experience/Memories of War” in Modern and Contemporary Japan

    NOGAMI,GEN

    44th Annual Mid-Atlantic Region Association for Asian Studies Conference  (United States University of Pittsburgh) 

    Presentation date: 2015.10

  • 地域の歴史文化を考える手引き~歴史に向き合う社会学

    野上,元  [Invited]

    青森大学ワークショップ「地域の歴史文化を考える」  青森大学社会学部

    Presentation date: 2015.02

  • 社会学の研究対象としての『戦争』-その多様なアプローチ

    野上,元  [Invited]

    日本大学社会学会特別講演会  (日本大学文理学部)  日本大学社会学会

    Presentation date: 2013.11

  • 消費社会の記述と冷戦の修辞

    野上,元

    日本社会学会第85回大会研活テーマセッション「戦争を社会学する」  (札幌学院大学) 

    Presentation date: 2012.11

  • 戦争体験と近現代日本社会

    野上, 元  [Invited]

    檀国大学校日本研究所第26回学術シンポジウム<韓日大衆文化と戦争表象>  (韓国 ソウル)  檀国大学校日本研究所

    Presentation date: 2010.04

  • 「昭和」の記憶と世論/輿論

    野上, 元  [Invited]

    日本マス・コミュニケーション学会2009年度春季大会シンポジウム 

    Presentation date: 2009.06

  • 地域社会と戦争の記憶

    野上, 元  [Invited]

    関西社会学会第58回大会シンポジウム「オーラルヒストリーと歴史」 

    Presentation date: 2007.05

▼display all

Research Projects

  • DK回答の両義性に注目した安全保障・平和に関する計量的社会意識研究

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)

    Project Year :

    2023.04
    -
    2028.03
     

    野上 元

  • Building a Research Field on War and Society of Japan

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research

    Project Year :

    2017
    -
    2021
     

    Nogami Gen

     View Summary

    Through five years of collaborative research, we have established a foundation for research on "War and Society. It is also known as "sociology of war," an interdisciplinary field of humanities and social sciences that crosses history, sociology, literature, and religious studies. Specifically, first, we have reexamined the problem settings of the vast amount of research on the Asia-Pacific War that has been accumulated to date in terms of several contemporary themes. Second, we have secured theoretical perspectives to relativize them through broader war histories and comparisons. Third, we critically examined military sociology to connect it to the current war and military issues and clarified points of caution in its introduction. Fourth, we surveyed social consciousness on the subject to which this research will contribute.

  • Sociological Approach to Military Organization in Japan

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research

    Project Year :

    2016
    -
    2018
     

    NOGAMI Gen

     View Summary

    The purpose of this study was to absorb the results of military sociology not yet widely introduced to Japan, and to obtain clues to approach the Japanese Self Defense Force Sociologically. In particular, I explored the theoretical possibilities and applicability of Charles Moskos' 'postmodern military' framework that incorporates each armed forces as a case, and caught a clue to consider the social character of the SDF from a cultural point of view in comparisons among countries. I reported at the session "All-Volunteer Forces, Recruitment and Conscription" of International Sociological Society (ISA) held in Toronto Canada in the final summer of this project, and am currently writing as an English paper and will contribute to the journal on military sociology.

  • Research and study on the succession and sharing of the war memories in contemporary Japan

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research

    Project Year :

    2009
    -
    2013
     

    NOGAMI Gen

     View Summary

    This research project aims to clear the situation on the succession and sharing of the war memories in contemporary Japan. For this purpose, in particular, some activities of public and private libraries and museums on war and peace are investigated. And this study approaches the community developments in which the residents are using war memories as their regional identification.
    On the other hand, the successive interviews to the war experienced people, which were planned for one of the most important parts of this study, are stopped because of the outbreak of North Nagano Earthquake at March 12, 2011. During the term of this project, I participate in the foundation of sociological association on war, which is first established in Japan.

  • A sociological Study of "Memories of war" in contemporary Japan

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research

    Project Year :

    2006
    -
    2008
     

    NOGAMI Gen

  • 出版書物名『戦争体験の社会学--「兵士」という文体』(弘文堂)

    日本学術振興会  研究成果公開促進費

    Project Year :

    2005
     
     
     

    野上 元

  • 近現代日本における『戦争』の歴史社会学的研究

    日本学術振興会  若手研究(B)

    Project Year :

    2003
    -
    2005
     

    野上 元

  • <戦争>と<社会>:言説分析による近現代日本の歴史社会学的研究

    日本学術振興会  特別研究員奨励費

    Project Year :

    1999
    -
    2001
     

    野上 元

▼display all

Misc

  • 『シリーズ戦争と社会』を振り返って 企画者の一人として(特集3「『シリーズ戦争と社会』から考える」)

    野上元

    戦争社会学研究   ( 7 ) 188 - 192  2023.06

    Article, review, commentary, editorial, etc. (other)  

  • 戦争・平和・軍事に関する態度についての社会意識調査の必要性(特集2 「ウクライナ問題と私たち」)

    野上元

    戦争社会学研究   ( 7 ) 177 - 180  2023.06

    Article, review, commentary, editorial, etc. (other)  

  • 戦争研究の新しい規準

    野上元

    学術の動向   27 ( 12 ) 42 - 45  2022.12

    Article, review, commentary, editorial, etc. (other)  

  • 書評・「「政治社会史」という可能性とその中心 吉田裕編『戦争と軍隊の政治社会史』」

    野上元

    戦争社会学研究   6   258 - 265  2022.07

    Book review, literature introduction, etc.  

  • 書評・渡邊勉著『戦争と社会的不平等-アジア・太平洋戦争の計量歴史社会学』

    野上,元

    SOSHIOROJI   66 ( 1 ) 121 - 125  2021.06

  • 計量歴史社会学からみる戦争

    野上, 元, 浜井和史, 岩井八郎, 渡邊勉

    戦争社会学研究   5   6 - 72  2021.06

  • 戦争社会学が開いた扉-研究会初期一〇年の活動を振り返って

    野上,元

    戦争社会学研究   4   122 - 130  2020.05

  • <書評>深谷直弘著『原爆の記憶を継承する実践』

    野上,元

    社会学評論   70 ( 4 ) 420 - 422  2020.03

  • 「正体」か「構想」かーー二つの「総力戦」像:小林啓治著『総力戦体制の正体』柏書房、2016年

    野上,元

    戦争社会学研究   ( 3 ) 242 - 245  2019.06

  • 書評「石原俊『群島と大学-冷戦ガラパゴスを超えて-』」

    野上,元

    ソシオロジ   ( 193 ) 149 - 152  2018.10

  • 貞包英之・元森絵里子・野上元著『自殺の歴史社会学:「意志」のゆくえ』(青弓社、2016年)-書評と応答

    元森絵里子, 佐藤雅浩, 山田陽子, 池田和宏, 貞包英之, 野上, 元

    明治学院大学社会学部付属研究所年報   ( 48 ) 39 - 56  2018.03

  • 〈講義ノート〉社会学研究法III (ライティング) 講義ノート

    野上,元

    社会学ジャーナル   43   99 - 111  2018.03

  • Introduction to the Special Feature:Status of the Methodologies Used in Studies on Media and Journalism

    Nogami,Gen

    JOURNAL OF MASS COMMUNICATION STUDIES   93 ( 0 ) 2 - 4  2018

     View Summary

    <p> The feature in this volume entitled" Current Qualitative Methods for Media</p><p>and Journalism Studies" comprises four papers. This article explains the aims of</p><p>these papers.</p><p> This feature was written in response to a growing sense of crisis concerning</p><p>the current state of Mass Communication Studies. One example of the concerns</p><p>that exist is that high-definition natural language processing may eventually</p><p>undermine the validity of mass-based methods.</p><p> In light of this, all of the researchers in this field were required to reinvestigate</p><p>ways of developing up-to-date methodologies that are inseparably</p><p>linked to resolving each existing methodology's problems.</p><p> To this end, the editorial board asked each author to include in the paper</p><p>his/her research history and current methodological proposition so that readers</p><p>can understand the process by which the author developed the methodology.</p>

    DOI

  • 「戦争社会学」が開く扉

    野上, 元

    戦争社会学研究   ( 1 ) 19 - 33  2017.04

  • 「基地文化の政治学」のために-『米軍基地文化』書評

    野上,元

    関西学院大学先端社会研究所紀要   ( 12 ) 105 - 110  2015.03

    CiNii

  • 自殺報道と自殺予防・自殺対策(ワークショップ6,2014年度春季研究発表会ワークショップ報告)

    野上, 元

    Journal of mass communication studies   86 ( 86 ) 192 - 193  2015.01

    DOI CiNii

  • 書評 長志珠絵『占領期・占領空間と戦争の記憶』

    野上,元

    日本歴史   ( 795 ) 112 - 115  2014.08

    CiNii

  • 研究者座談会 戦争記憶の現在、これから (特集 戦争の記憶を継承する)

    野上,元, 山本,唯人, サーラ,スヴェン

    望星   44 ( 9 ) 39 - 51  2013.09

    CiNii

  • 語られた歴史とメディア : 聞き取り,取材,インタビュー再考(ワークショップ4,2010年度春季研究発表会ワークショップ報告)

    野上, 元

    Journal of mass communication studies   0 ( 78 ) 258 - 259  2011.01

    DOI CiNii

  • 指定討論 (2009年度 公開シンポジウム報告 戦争体験の記憶と語り)

    野上, 元

    心の危機と臨床の知   11 ( 0 ) 42 - 49  2010.01

    DOI CiNii

  • <書評> 坂部晶子著『「満州」経験の社会学 : 植民地の記憶のかたち』

    Nogami Gen

    Japanese sociological review   60 ( 1 ) 175 - 176  2009.06

  • War and media (1) A lecture note for understanding media

    野上, 元

    Tsukuba journal of sociology   0 ( 33 ) 93 - 105  2008.03

    CiNii

▼display all

Other

  • 岩國育英財団奨学生選考委員

    2022.05
    -
    Now
  • 国家公務委員採用総合職試験試験専門委員(人間科学)

    2018.07
    -
    2020.07

     View Summary

    国家公務委員採用総合職試験試験専門委員(人間科学)

 

Syllabus

▼display all

 

Sub-affiliation

  • Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences   Graduate School of Education

Internal Special Research Projects

  • 安全保障問題に関する意識調査における両義的回答についての社会学的考察

    2022  

     View Summary

    本研究課題は、戦争と平和・安全保障問題に関する意識調査を行うための科研費(基盤研究(B))を獲得するための準備を行うものである。まず社会学における社会意識論的研究の系譜を理論的に検討し、その成果を論文にした。また実際の意識調査実施を念頭に、最新の調査法の吸収に努めた。前回調査の概要や継続する調査課題についての新聞インタビューに答え、同じ内容を『学術の動向』に寄稿した。科研費獲得後に行う予定の調査のプレ調査として、ウクライナ侵攻開始1年にあたる2023年3月に、過去調査(2022年2月・3月)の回答者に対する反復調査を実施した。2月末に科研の審査結果が公表され、申請課題は無事採択された。

  • 自衛隊の社会観/社会の自衛隊観および両者の相互作用に関する社会学的研究

    2022  

     View Summary

    巨大かつ深刻な社会現象としての戦争を社会学的に研究する戦争社会学研究の現代的課題において、日本社会が過去や現在の戦争/平和、および安全保障や自衛隊をどう見て・どう考えているのかについての社会意識論的な研究と、自衛隊が社会にどのような広報を打ち出しているのかについての研究を並行して進める。後者は行政広報研究の一種であり、ポスターなどに現れる表象の研究や、広報活動の時系列的変化・地域的特性についての研究が進められた。2022年4月に刊行された論文「わからない(DK)という希望、それとも無責任?-戦争と平和に関する社会意識をめぐって」で得られた知見を上記の枠組みに沿って展開する作業を続けている。