Updated on 2024/04/23

写真a

 
MATSUKAWA, Yuya
 
Affiliation
Faculty of Commerce, School of Commerce
Job title
Assistant Professor
Degree
Ph. D. ( 2015.05 Université Laval )

Research Experience

  • 2021.04
    -
    Now

    Waseda University   School of Commerce

  • 2017.04
    -
    2021.03

    Nanzan University   Faculty of Foreign Studies, Department of French Studies

  • 2017.04
    -
    2018.03

    Daito Bunka University

  • 2016.05
    -
    2017.03

    Daito Bunka University

  • 2016.04
    -
    2017.03

    Shirayuri University   Faculty of Liberal Arts, Department of French Language and Literature

Education Background

  • 2008.09
    -
    2015.05

    ラヴァル大学大学院   言語学研究科言語教育学専攻  

Committee Memberships

  • 2019.06
    -
    2021.06

    日本フランス語教育学会  幹事長

Professional Memberships

  •  
     
     

    Japan Association of Foreign Language Education

  •  
     
     

    Association japonaise des études québécoises

  •  
     
     

    Société japonaise de didactique de français

Research Interests

  • フランス語圏

  • フランス語教育

  • 第二言語語彙学習

  • 第二言語習得

  • 言語教育学

Awards

  • Prix Obata de l’AJEQ-AIEQ pour la recherche sur le Québec

    2017.10   Francisation et éducation interculturelle au Québec

    Winner: MATSUKAWA Yuya

 

Papers

  • 日仏バイリンガル版語彙サイズテストによる日本人フランス語学習者の語彙サイズ測定

    松川 雄哉

    Etudes didactiques du FLE au Japon   ( 29 ) 74 - 89  2020.06  [Refereed]

    Authorship:Lead author

  • Effectiveness of retrieval training based on word association for French vocabulary learning

    MATSUKAWA Yuya

      ( 22 )  2019.12  [Refereed]

Presentations

  • フランス語教育研究における日仏バイリンガル版語彙サイズテストの有用性

    松川雄哉

    日本フランス語教育学会2019年度大会 

    Presentation date: 2019.07

  • マルチメディア教材と自立学習

    松川雄哉

    第21回フランス語教授法研究会 

    Presentation date: 2007.11

Research Projects

  • フランス語学習者コミュニティの形成:オンライン学習支援システム開発とその効果検証

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    Project Year :

    2021.04
    -
    2025.03
     

    澁谷 与文, 高橋 梓, 野澤 督, 松井 真之介, 松川 雄哉

     View Summary

    フランス語・フランス文化に関するサードプレイス的コミュニティの構築のため、7回のイベントプログラム、1件のアンケート調査、1件の研究報告を行った。研究報告に関わる論考を執筆し次年度の成果とする。
    コミュニティの形成について、今年度は10名程度の学生モニターを募集した。この内、半分のモニターが、カリキュラムに関わる7回のイベントに継続的に参加したことは、今年度の十分な成果だと考える。イベントの内、特に、学生モニターを交えたワークショップについて方法や展開を模索する中、モニターが参加しやすい形や、積極性を引き出す仕掛けを構築する観点から、成功したと考えるいくつかのワークショップ形態があり、これらの形態を次年度以降も基準としつつ、規模を拡大する中で運用していく。
    ホームページについて、情報掲示、参加者のイベント予約、個人情報収集、研究倫理面でのプライバシーポリシーの表示とこれへの同意を求める仕組みが機能しており、最低限の機能を備えた。
    カリキュラムについて、フランス語・フランス文化に関するプログラムの作成を目標としているが、初年度は7件全てがフランス文化に関するものであった。なぜなら、未だ、規模が小さい段階においては参加者のフランス語力のレベルの差に鑑みて、この学習を通して人をつなぐのが難しいと判断したからだ。フランス語プログラムは次年度、積極的に導入する。
    作成されたコミュニティに対する調査・分析について、ポートフォリオがまだ準備段階といえる中では、これよりも、会議の議事録、フィールドノート、アンケート調査結果などが現状、より有用なデータとして蓄積されている。

  • Empirical Research on Formative Feedback for Developing Intercultural Competence in French as a Foreign Language

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research

    Project Year :

    2021.04
    -
    2024.03
     

  • The Relationship Between the Vocabulary Size of Japanese Learners of French and French Teaching-Learning

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Early-Career Scientists

    Project Year :

    2020.04
    -
    2023.03
     

Misc

  • 過去の研究から第二言語学習を考える

    松川雄哉

    Bulletins RENCONTRES   30   84 - 88  2016.07

    Meeting report  

 

Syllabus

▼display all

 

Research Institute

  • 2021
    -
    2034

    Research Institute of Business Administration   Concurrent Researcher