2024/06/24 更新

写真a

ハヤシ ヒロキ
林 宏樹
所属
理工学術院 先進理工学部
職名
講師(任期付)
学位
博士(工学) ( 2021年03月 早稲田大学 )

経歴

  • 2023年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   理工学術院 先進理工学部 応用化学科   講師(任期付)

  • 2021年04月
    -
    2023年03月

    早稲田大学   理工学術院 先進理工学部 応用化学科   助教

学歴

  • 2018年04月
    -
    2021年03月

    早稲田大学   大学院先進理工学研究科   ナノ理工学専攻  

所属学協会

  • 2020年02月
    -
    継続中

    化学センサ研究会

  • 2018年08月
    -
    継続中

    電気化学会

研究分野

  • エネルギー化学 / ナノバイオサイエンス

受賞

  • 水野賞

    2021年03月   早稲田大学   生体分子間相互作用に基づく分子認識界面により機能化した電界効果トランジスタバイオセンサ  

  • 優秀賞および異分野賞

    2019年09月   第2回COI学会   簡便なストレスマーカー検出のための半導体センサ界面の構築とバイオセンシングシステム  

  • 優秀ポスター賞

    2018年10月   第18回Conference for BioSignal and Medicine (CBSM)   インフルエンザウイルスの宿主域識別に向けた糖鎖固定化半導体センサの評価  

  • Best Presentation Award

    2018年06月   International Symposium on Biological Material Science for Agriculture and Engineering- Aiming at Future Interdisciplinary Collaborations   Discrimination of influenza virus subtypes in nasal mucus using glycan-immobilized field effect transistor biosensor  

 

論文

  • Field-effect transistor biosensor with signal amplification by ternary initiation complexes for detection of wide-range RNA concentration

    Hiroki Hayashi, Akihiro Enami, Hiroto Fujita, Shigeki Kuroiwa, Keishi Ohashi, Masayasu Kuwahara, Tetsuya Osaka, Toshiyuki Momma

    Talanta   273   125846  2024年06月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

    Scopus

  • Semiconductor-based biosensor exploiting competitive adsorption with charged pseudo-target molecules for monitoring 5-fluorouracil concentration in human serum

    Hiroki Hayashi, Mayuri Fujita, Shigeki Kuroiwa, Keishi Ohashi, Masahisa Okada, Futoshi Shibasaki, Tetsuya Osaka, Toshiyuki Momma

    Sensors and Actuators B: Chemical   395   134495 - 134495  2023年11月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

    Scopus

    1
    被引用数
    (Scopus)
  • A Non‐Destructive Electrical Assay of Stem Cell Differentiation Based on Semiconductor Biosensing

    Sho Hideshima, Hiroki Hayashi, Sayoko Saito, Hiroaki Tateno, Toshiyuki Momma, Tetsuya Osaka

    Analysis & Sensing   3 ( 2 ) e202200046  2022年10月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

    Scopus

    2
    被引用数
    (Scopus)
  • Improvement in long-term stability of field effect transistor biosensor in aqueous environments using a combination of silane and reduced graphene oxide coating

    Sho Hideshima, Hiroki Hayashi, Ryo Takeuchi, Shofarul Wustoni, Shigeki Kuroiwa, Takuya Nakanishi, Toshiyuki Momma, Tetsuya Osaka

    Microelectronic Engineering   264   111859 - 111859  2022年08月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

    Scopus

    3
    被引用数
    (Scopus)
  • Potassium-regulated Immobilization of Cortisol Aptamer for Field-effect Transistor Biosensor to Detect Changes in Charge Distribution with Aptamer Transformation

    S. Kuroiwa, H. Hayashi, R. Toyama, N. Kaneko, K. Horii, K. Ohashi, T. Momma, T. Osaka

    Chemistry Letters   50 ( 5 ) 892 - 895  2021年05月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    Salivary cortisol concentration and its circadian variation were detected by optimizing the ionic concentration of a solution during the immobilization of aptamers on a field-effect transistor biosensor. This was achieved by modifying our previously developed technique of detecting uncharged cortisol using the transformation of negatively charged aptamers by controlling the aptamer spacing. This spacing control was achieved by synthesizing pseudo-cortisol-binding aptamers with a guanine-quadruplex during the immobilization of the aptamers in a highly concentrated solution of K+.

    DOI

    Scopus

    5
    被引用数
    (Scopus)
  • Immobilization of Target-Bound Aptamer on Field Effect Transistor Biosensor to Improve Sensitivity for Detection of Uncharged Cortisol

    Hiroki Hayashi, Ryo Toyama, Ryota Takibuchi, Sho Hideshima, Shigeki Kuroiwa, Naoto Kaneko, Katsunori Horii, Keishi Ohashi, Toshiyuki Momma, Tetsuya Osaka

    ELECTROCHEMISTRY   89 ( 2 ) 134 - 137  2021年  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    Field effect transistor (FET) biosensors are capable of detecting various biomolecules, although challenges remain in the detection of uncharged molecules. In this study, the detection of uncharged cortisol was demonstrated by interfacial design using a technique to immobilize target-bound aptamers. The target-bound aptamers, which formed a higher-order structure than target-unbound aptamers, expanded the distance between adjacent aptamers and reduced the steric hindrance to the conformational change. The density-controlled aptamers efficiently induced their conformational changes with the cortisol binding, which resulted in the improvement of the sensitivity of FET biosensors. (C) The Author(s) 2020. Published by ECSJ.

    DOI

    Scopus

    8
    被引用数
    (Scopus)
  • Tetrameric jacalin as a receptor for field effect transistor biosensor to detect secretory IgA in human sweat

    Hiroki Hayashi, Naoki Sakamoto, Sho Hideshima, Yoshitaka Harada, Mika Tsuna, Shigeki Kuroiwa, Keishi Ohashi, Toshiyuki Momma, Tetsuya Osaka

    JOURNAL OF ELECTROANALYTICAL CHEMISTRY   873   114371  2020年09月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    Secretory immunoglobulin A (s-IgA), found in biological fluids, is useful for monitoring condition on mental health to prevent depression. In this study, the non-invasive detection of s-IgA in human sweat was demonstrated using field effect transistor (FFT) bioscnsors modified with a plant lectin, jacalin, as a receptor. The s-IgA molecules were detected with greater sensitivity using the jacalin-immobilized FET biosensors as compared to the sensitivity shown by Fabimmobilized FET bioscnsors. Jacalin, which is a small lectin tetramcr, has four glycan-binding sites and can capture a large number of s-IgA molecules within the charge-detectable region in terms of Dcbye length. Moreover, the jacalin-immobilized FET bioscnsor could detect s-IgA at concentrations ranging from 0.1 mu g/ml. to 100 mu g/mL Additionally, by using a filtration process to eliminate the interference of other components found in human sweat, our FET sensing system could specifically and quantitatively detect s-IgA. Therefore, our results show the utility of this device in monitoring mental stress.

    DOI

    Scopus

    12
    被引用数
    (Scopus)
  • Glycan-immobilized dual-channel field effect transistor biosensor for the rapid identification of pandemic influenza viral particles

    Sho Hideshima, Hiroki Hayashi, Hiroshi Hinou, Shunsuke Nambuya, Shigeki Kuroiwa, Takuya Nakanishi, Toshiyuki Momma, Shin-Ichiro Nishimura, Yoshihiro Sakoda, Tetsuya Osaka

    SCIENTIFIC REPORTS   9  2019年08月  [査読有り]

     概要を見る

    Pandemic influenza, triggered by the mutation of a highly pathogenic avian influenza virus (IFV), has caused considerable damage to public health. In order to identify such pandemic IFVs, antibodies that specifically recognize viral surface proteins have been widely used. However, since the analysis of a newly discovered virus is time consuming, this delays the availability of suitable detection antibodies, making this approach unsuitable for the early identification of pandemic IFVs. Here we propose a label-free semiconductor-based biosensor functionalized with sialic-acid-containing glycans for the rapid identification of the pandemic IFVs present in biological fluids. Specific glycans are able to recognize wild-type human and avian IFVs, suggesting that they are useful in discovering pandemic IFVs at the early stages of an outbreak. We successfully demonstrated that a dual-channel integrated FET biosensing system, which were modified with 6'-sialyllactose and 3'-sialyllactose for each gate area, can directly and specifically detect human H1N1 and avian H5N1 IFV particles, respectively, present in nasal mucus. Furthermore, to examine the possibility of identifying pandemic IFVs, the signal attributed to the detection of Newcastle disease virus (NDV) particles, which was selected as a prime model of a pandemic IFV, was clearly observed from both sensing gates. Our findings suggest that the proposed glycan-immobilized sensing system could be useful in identifying new pandemic IFVs at the source of an outbreak.

    DOI

    Scopus

    33
    被引用数
    (Scopus)
  • Effect of human serum on the electrical detection of amyloid-β fibrils in biological environments using azo-dye immobilized field effect transistor (FET) biosensor

    S. Hideshima, S. Wustoni, M. Kobayashi, H. Hayashi, S. Kuroiwa, T. Nakanishi, T. Osaka

    Sensing and Bio-Sensing Research   17   25 - 29  2018年02月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    15
    被引用数
    (Scopus)

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • 亜鉛二次電池用正極への適用に向けた NMC111の脱リチウム処理の挙動

    林宏樹, 甲崎孝裕, 奈良洋希, 浅野剛太, 門間聰之

    電気化学会 第91回大会  

    発表年月: 2024年03月

    開催年月:
    2024年03月
     
     
  • 競合法を利用した電界効果トランジスタバイオセンサによる5-フルオロウラシルの検出

    藤田真佑里, 林 宏樹, 石川朱音, 黒岩繁樹, 大橋啓之, 岡田政久, 芝崎 太, 逢坂哲彌, 門間聰之

    2023電気化学秋季大会(第73回化学センサ研究発表会)  

    発表年月: 2023年09月

    開催年月:
    2023年09月
     
     
  • 等温核酸増幅法を適用したアンペロメトリック センサによる RNAの検出

    佐瀬 弘, 林 宏樹, 藤田 博仁, 片岡 由佳, 桒原 正靖, 門間 聰之

    2023電気化学秋季大会(第73回化学センサ研究発表会)  

    発表年月: 2023年09月

    開催年月:
    2023年09月
     
     
  • Highly sensitive RNA detection using field effect transistor biosensor with isothermal nucleic acid amplification

    Hiroki Hayashi, Akihiro Enami, Hiroto Fujita, Shigeki Kuroiwa, Keishi Ohashi, Masayasu Kuwahara, Toshiyuki Momma, Tetsuya Osaka

    33rd Anniversary World Congress on Biosensors 2023  

    発表年月: 2023年06月

    開催年月:
    2023年06月
     
     
  • iPS細胞の分化状態把握に向けたFETバイオセンサによる未分化マーカーの検出

    秀島 翔, 林 宏樹, 舘野 浩章, 門間 聰之, 逢坂 哲彌

    電気化学会第90回大会(第72回化学センサ研究発表会)  

    発表年月: 2023年03月

    開催年月:
    2023年03月
     
     
  • Design of semiconductor-based biosensing system for uncharged molecule detection

    Hiroki Hayashi

    8th DGIST-Waseda Workshop on Electrochemistry 2022  

    発表年月: 2022年11月

  • 水系亜鉛負極電池用正極への三元系層状化合物の適用

    林宏樹, 浅野剛太, 三栗谷仁, 門間聰之, 逢坂哲彌

    第63回電池討論会  

    発表年月: 2022年11月

    開催年月:
    2022年11月
     
     
  • RNAの高感度検出に向けた半導体バイオセンサへの等温核酸増幅法の適用

    江南陽裕, 林宏樹, 藤田博仁, 黒岩繁樹, 大橋啓之, 桒原正靖, 門間聰之, 逢坂哲彌

    2022年秋季電気化学大会(第71回化学センサ研究発表会)  

    発表年月: 2022年09月

    開催年月:
    2022年09月
     
     
  • 電界効果トランジスタバイオセンサを用いた抗がん剤5-フルオロウラシルの検出

    林宏樹, 黒岩繁樹, 大橋啓之, 門間聰之, 逢坂哲彌, 岡田政久, 芝崎太

    東京バイオマーカー・イノベーション技術研究組合(TOBIRA) 第10回研究交流フォーラム  

    発表年月: 2022年06月

  • 人と動物の唾液ストレスセンサ

    大橋啓之, 黒岩繁樹, 林宏樹, 小坂田彩加, 門間聰之, 逢坂哲彌

    東京バイオマーカー・イノベーション技術研究組合(TOBIRA) 第10回研究交流フォーラム  

    発表年月: 2022年06月

  • 疑似抗原との競合を利用した半導体型バイオセンサによる血清中5-フルオロウラシルの検出

    林宏樹, 藤田真佑里, 黒岩繁樹, 大橋啓之, 門間聰之, 岡田政久, 芝崎太, 逢坂哲彌

    電気化学会第89回大会(第70回化学センサ研究発表会)  

    発表年月: 2022年03月

    開催年月:
    2022年03月
     
     
  • 受容体分子の変形に伴う電荷分布の変化を利用したコルチゾールアプタマー固定化電界効果トランジスタバイオセンサ

    黒岩繁樹, 林宏樹, 遠山良, 大橋啓之, 門間聰之, 逢坂哲彌

    電気化学会第88回大会(第68回化学センサ研究発表会)  

    発表年月: 2021年03月

    開催年月:
    2021年03月
     
     
  • Detection of Uncharged 5-Fluorouracil Exploiting Sequential Adsorption of 5-Fluorouracil-Modified Bovine Serum Albumin Using Field Effect Transistor Biosensor

    M. Fujita, H. Hayashi, S. Kuroiwa, K. Ohashi, T. Momma, T. Osaka, M. Okada, F. Shibasaki

    Pacific Rim Meeting (PRIME) on Electrochemical and Solid State Science 2020  

    発表年月: 2020年10月

  • Saliva Stress Marker Monitor Using Aptamer Immobilized FET Biosensor

    K. Ohashi, S. Kuroiwa, R. Toyama, H. Hayashi, T. Momma, T. Osaka

    Pacific Rim Meeting (PRIME) on Electrochemical and Solid State Science 2020  

    発表年月: 2020年10月

  • Detection of Stress-Related Secretory IgA in Human Sweat Using Lectin-Immobilized Field Effect Transistor Biosensor

    H. Hayashi, N. Sakamoto, S. Hideshima, Y. Harada, M. Tsuna, S. Kuroiwa, K. Ohashi, T. Momma, T. Osaka

    Pacific Rim Meeting (PRIME) on Electrochemical and Solid State Science 2020  

    発表年月: 2020年10月

  • 非侵襲なストレスセンサに向けた半導体バイオセンサの作製

    黒岩繁樹, 林宏樹, 坂本尚輝, 原田義孝, 綱美香, 大橋啓之, 門間聰之

    第3回COI学術交流会  

    発表年月: 2020年07月

  • FETバイオセンサによる非荷電分子検出の感度向上を目的としたターゲット-アプタマー複合体を用いた認識界面の構築

    遠山良, 黒岩繁樹, 林宏樹, 大橋 啓之, 門間聰之, 逢坂哲彌

    2019年電気化学秋季大会(第66回化学センサ研究発表会)   (山梨) 

    発表年月: 2019年09月

  • 簡便なストレスマーカー検出のための半導体センサ界面の構築とバイオセンシングシステム

    林宏樹

    第2回COI学会   (東京) 

    発表年月: 2019年09月

  • Functionalization of Semiconductor-Based Biosensor by Glycan toward the Detection of Influenza Virus

    H. Hayashi

    NIMS-Waseda Joint Symposium   (東京) 

    発表年月: 2019年07月

  • Semiconductor-Based Portable Biosensor for Food Allergen Detection

    S. Hideshima, S. Kuroiwa, H. Hayashi, Y. Harada, M. Tsuna, T. Momma, T. Osaka

    The IEEE International Symposium on Circuits and Systems 2019 (ISCAS2019)   (北海道) 

    発表年月: 2019年06月

  • ストレスマーカーの低侵襲測定に向けたアプタマー固定化電界効果トランジスタセンサの作製

    遠山良, 林宏樹, 黒岩繁樹, 秀島翔, 大橋啓之, 門間聰之, 逢坂哲彌

    東京バイオマーカー・イノベーション技術研究組合(TOBIRA) 第8回研究交流フォーラム   (東京) 

    発表年月: 2019年05月

  • 小型受容体ジャカリンを用いた電界効果トランジスタバイオセンサによる分泌型IgAの検出

    坂本尚輝, 林宏樹, 佐藤慎, 秀島翔, 原田義孝, 綱美香, 黒岩繁樹, 門間聰之, 逢坂哲彌

    電気化学会第86回大会(第65回化学センサ研究発表会)   (京都) 

    発表年月: 2019年03月

  • Discrimination of Influenza virus subtypes in mucus samples using glycan-immobilized semiconductor-based biosensor

    H. Hayashi, T. Momma, T. Osaka

    6th DGIST-Waseda Workshop on Electrochemistry 2018   (大邱) 

    発表年月: 2018年11月

  • インフルエンザウイルスの宿主域識別に向けた糖鎖固定化半導体センサの評価

    林宏樹, 秀島翔, 比能洋, 西村紳一郎, 迫田義博, 黒岩繁樹, 門間聰之, 逢坂哲彌

    第18回Conference for BioSignal and Medicine (CBSM)   (神奈川) 

    発表年月: 2018年10月

  • コンゴーレッド固定化FETバイオセンサを用いたヒト血清中アミロイドβ凝集体の検出

    黒岩繁樹, 林宏樹, 秀島翔, 門間聰之, 逢坂哲彌

    2018年電気化学秋季大会(第64回化学センサ研究発表会)   (石川) 

    発表年月: 2018年09月

  • Detection of Whole Influenza Viral Particle in High Ionic Strength Solution by using Glycan-Immobilized Field Effect Transistor Biosensor

    S. Hideshima, H. Hayashi, S. Kuroiwa, T. Osaka

    The 12th International Symposium on Electrochemical Micro & Nano System Technologies (EMNT2018)   (ミラノ) 

    発表年月: 2018年09月

  • Detection of Influenza virus in nasal mucus by viscosity reduction using glycan-immoobilized FET biosensor

    H. Hayashi, S. Hideshima, H. Hinou, SI. Nishimura, Y. Sakoda, S. Kuroiwa, T. Nakanishi, T. Momma, T. Osaka

    28th Anniversary World Congress on Biosensors 2018   (フロリダ) 

    発表年月: 2018年06月

  • Discrimination of influenza virus subtypes in nasal mucus using glycan-immobilized field effect transistor biosensor

    H. Hayashi, S. Hideshima, S. Kuroiwa, T. Momma, T. Osaka

    International Symposium on Biological Material Science for Agriculture and Engineering- Aiming at Future Interdisciplinary Collaborations   (東京) 

    発表年月: 2018年06月

  • 電界効果トランジスタバイオセンサを用いたアミロイドβ凝集体の検出

    林宏樹, 秀島翔, 黒岩繁樹, 大橋啓之, 門間聰之, 逢坂哲彌

    東京バイオマーカー・イノベーション技術研究組合(TOBIRA) 第7回研究交流フォーラム   (東京) 

    発表年月: 2018年05月

  • Development of glycan-immobilized FET biosensor toward the detection of Influenza virus from biological sample

    H. Hayashi, S. Hideshima, S. Kuroiwa, T. Nakanishi, T. Momma, T. Osaka

    5th DGIST-Waseda Workshop on Electrochemistry 2017   (東京) 

    発表年月: 2017年12月

  • 糖鎖固定化電界効果トランジスタバイオセンサによるインフルエンザウイルス粒子の高感度検出

    林宏樹, 秀島翔, 比能洋, 西村紳一郎, 迫田義博, 黒岩繁樹, 中西卓也, 門間聰之, 逢坂哲彌

    Conference for BioSignal and Medicine (CBSM) 第16回大会   (大分) 

    発表年月: 2016年09月

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 核酸増幅反応産物を介した汎用的な RNA 検出半導体バイオセンサの創製

    精密測定技術振興財団  精密測定技術振興のための調査・研究事業

    研究期間:

    2024年01月
    -
    2025年03月
     

  • 核酸増幅反応を促進する界面を具備したRNA検出電気化学センサ

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究

    研究期間:

    2023年04月
    -
    2025年03月
     

    林 宏樹

  • 核酸増幅法による人工酵素DNAの多数形成を利用したRNA検出用電気化学バイオセンサの開発

    公益財団法人みずほ学術振興財団  第65回工学研究助成

    研究期間:

    2022年04月
    -
    2023年03月
     

  • コルチゾール検出に向けた人工酵素DNAアプタマーを利用した電気化学バイオセンサの開発

    公益財団法人里見奨学会  里見賞 研究提案表彰

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2022年03月
     

  • 病原性ウイルスによる感冒の早期診断に向けた通信デバイスの開発に関する調査研究

    国立研究開発法人 科学技術振興機構  COI プログラム「COI 若手連携研究ファンド デジタル分野・FS」

    研究期間:

    2018年11月
    -
    2019年03月
     

Misc

  • 競合法を利用した電界効果トランジスタバイオセンサによる5-フルオロウラシルの検出

    藤田真佑里, 林宏樹, 石川朱音, 黒岩繁樹, 大橋啓之, 岡田政久, 芝崎太, 逢坂哲彌, 門間聰之

    Proceedings of the 73rd Chemical Sensor Symposium   39 ( Supplement B ) 85 - 87  2023年09月

  • 等温核酸増幅法を適用したアンペロメトリックセンサによるRNAの検出

    佐瀬弘, 林宏樹, 藤田博仁, 片岡由佳, 桒原正靖, 門間聰之

    Proceedings of the 73rd Chemical Sensor Symposium   39 ( Supplement B ) 67 - 69  2023年09月

  • iPS細胞の分化状態把握に向けたFETバイオセンサによる未分化マーカーの検出

    秀島 翔, 林 宏樹, 舘野浩章, 門間聰之, 逢坂哲彌

    Proceedings of the 72nd Chemical Sensor Symposium   39 ( Supplement A ) 58 - 60  2023年03月

  • RNAの高感度検出に向けた半導体バイオセンサへの等温核酸増幅法の適用

    江南陽裕, 林宏樹, 藤田博仁, 黒岩繁樹, 大橋啓之, 桒原正靖, 門間聰之, 逢坂哲彌

    Proceedings of the 71st Chemical Sensor Symposium   38 ( Supplement B ) 25 - 27  2022年09月

  • 疑似抗原との競合を利用した半導体型バイオセンサによる血清中5-フルオロウラシルの検出

    林宏樹, 藤田真佑里, 黒岩繁樹, 大橋啓之, 門間聰之, 岡田政久, 芝崎太, 逢坂哲彌

    Proceedings of the 70th Chemical Sensor Symposium   38 ( Supplement A ) 82 - 84  2022年03月

  • 受容体分子の変形に伴う電荷分布の変化を利用したコルチゾールアプタマー固定化電界効果トランジスタバイオセンサ

    黒岩繁樹, 林宏樹, 遠山良, 大橋啓之, 門間聰之, 門間聰之, 逢坂哲彌, 逢坂哲彌

    Proceedings of the 68th Chemical Sensor Symposium   37 ( Supplement A ) 10 - 12  2021年03月

    J-GLOBAL

  • FETバイオセンサによる非荷電分子検出の感度向上を目的としたターゲット-アプタマー複合体を用いた認識界面の構築

    遠山 良, 黒岩 繁樹, 林 宏樹, 大橋 啓之, 門間 聰之, 逢坂 哲彌

    Proceedings of the 66th Chemical Sensor Symposium   66 ( Supplement B ) 97 - 99  2019年09月

    CiNii

  • 小型受容体ジャカリンを用いた電界効果トランジスタバイオセンサによる分泌型IgAの検出

    坂本尚輝, 林宏樹, 佐藤慎, 秀島翔, 原田義孝, 綱美香, 黒岩繁樹, 門間聰之, 逢坂哲彌

    Proceedings of the 65th Chemical Sensor Symposium   35 ( Supplement A ) 28 - 30  2019年03月

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

    J-GLOBAL

  • コンゴーレッド固定化FETバイオセンサを用いたヒト血清中アミロイドβ凝集体の検出

    黒岩繁樹, 林宏樹, 秀島翔, 門間聰之, 逢坂哲彌

    Proceedings of the 64th Chemical Sensor Symposium   34 ( Supplement B ) 22 - 24  2018年09月

▼全件表示

産業財産権

  • アプタマー固定化半導体センシングデバイス及び非荷電分子の検出方法

    特許第7276774号

    逢坂 哲彌, 大橋 啓之, 黒岩 繁樹, 林 宏樹

    特許権

  • レクチン固定化半導体センシングデバイス及び糖化合物の検出方法

    特許第7268411号

    逢坂哲彌, 門間聰之, 秀島翔, 林宏樹, 綱美香, 原田義孝

    特許権

  • アプタマー固定化半導体センシングデバイス及び非荷電分子の検出方法

    逢坂哲彌, 大橋啓之, 黒岩繁樹, 林宏樹

    特許権

 

現在担当している科目

▼全件表示