Updated on 2024/06/17

写真a

 
NODA, Minori
 
Affiliation
Faculty of Science and Engineering, School of Creative Science and Engineering
Job title
Associate Professor
Degree
博士(フランス文学・文明) ( 2020.03 パリ第3大学 )

Research Experience

  • 2024.04
    -
    Now

    Japan Women's University   Faculty of Transcultural Studies Department of Transcultural Studies

  • 2021.04
    -
    Now

    Waseda University   School of Creative Science and Engineering

  • 2019.04
    -
    Now

    Kyoto University of the Arts

  • 2020.04
    -
    2021.03

    Kyoto Pharmaceutical University   Pharmaceutical Sciences

  • 2020.04
    -
    2021.03

    Kwansei Gakuin University   School of Humanities

  • 2018.04
    -
    2021.03

    Kyoto University

  • 2018.04
    -
    2021.03

    Kindai University

  • 2017.04
    -
    2021.03

    Doshisha University

  • 2016.10
    -
    2020.03

    Kyoto Institute of Technology

  • 2013.04
    -
    2016.03

    吉田育英会派遣留学プログラム奨学生

  • 2007.04
    -
    2009.12

    株式会社童心社   出版部

▼display all

Education Background

  • 2012.10
    -
    2020.03

    ソルボンヌ・ヌーヴェルパリ第三大学   文学 博士  

  • 2010.04
    -
    2017.03

    Kyoto University  

  • 2005.04
    -
    2007.03

    Kyoto University   Graduate School of Letters  

  • 2001.04
    -
    2005.03

    Kyoto University   Faculty of Letters   Faculty of Letters  

Committee Memberships

  • 2023.03
    -
    Now

    日本フランス語フランス文学会関東支部会  編集委員

Professional Memberships

  • 2014.04
    -
    Now

    リアリズム文学研究会

  • 2011.04
    -
    Now

    フランス自然主義文学研究会

  • 2011.04
    -
    Now

    日本フランス語フランス文学会

  • 2005.04
    -
    Now

    京都大学フランス語学フランス文学研究会

Research Areas

  • European literature

Research Interests

  • リアリズム

  • エミール・ゾラ

  • 自然主義文学

  • フランス文学

 

Papers

▼display all

Books and Other Publications

  • 雨、太陽、風 : 天候にたいする感性の歴史

    Corbin, Alain, 小倉, 孝誠, 野田, 農, 足立, 和彦, 高橋, 愛(19世紀フランス文学)

    藤原書店  2022.08 ISBN: 9784865783551

  • 受容と創造における通態的連鎖 日仏翻訳学研究

    エリック・アヴォカ, 伊藤 玄吾, 岩下 武彦, 岩永 大気, 金子 美都子, 駒木 敏, 鉄野 昌弘, 寺井 龍哉, 寺田 澄江, 鳥山 定嗣, 西澤 一光, 野田 農, ジュリー・ブロック, オギュスタン・ベルク, 横田 悠矢( Part: Joint author)

    新典社  2021.09 ISBN: 4787955160

    ASIN

  • Les chaînes trajectives de la réception et de la création : une étude franco-japonaise en traductologie

    Brock, Julie

    Peter Lang  2021 ISBN: 9782875743817

  • 霊性と東西文明 : 日本とフランス--「ルーツとルーツ」対話

    竹本, 忠雄

    勉誠出版  2016.02 ISBN: 9784585210306

Presentations

  • La ville et la famille dans les romans naturalistes: Une étude comparative sur Zola et Crane

    NODA, Minori

    International Conference on Émile Zola and Naturalism, AIZEN, University of Alabama 

    Presentation date: 2022.03

    Event date:
    2022.03
     
     
  • The history of traductions and the reception of Emile Zola's works in Japan

    Japanese Studies Association of Australia (JSAA) 2021 Conference 

    Presentation date: 2021.09

    Event date:
    2021.09
    -
    2021.10
  • La traduction du paysage urbain dans Nana de Zola

    Minori NODA

    Quatrièmes journées d’études franco-japonaises en traductologie 

    Presentation date: 2019.03

    Event date:
    2019.03
     
     
  • La représentation du paysage urbain dans L'Œuvre de Zola

    Minori NODA

    Presentation date: 2017.06

  • La représentation du paysage urbain dans Les Rougon-Macquart

    Minori NODA

    Presentation date: 2017.05

    Event date:
    2017.05
     
     
  • Les mouvements des personnages dans Les Rougon-Macquart

    Minori NODA

    Géographie, langue et textes littéraires : écrire le lieu, fictionnaliser l’espace : Ve Colloque luso-hispano-français : Porto – FLUP – ILC Margarida Losa –t3 AxEL 

    Presentation date: 2015.04

    Event date:
    2015.04
     
     
  • La description du paysage urbain chez Émile Zola

    Minori NODA

    4th ENN Conference Ghent 2015 

    Presentation date: 2015.04

    Event date:
    2015.04
     
     
  • L’espace urbain et la figure féminine dans L’Assommoir et Maggie: A Girl of the Streets

    Minori NODA

    International Conference on Émile Zola and Naturalism, AIZEN, University of New Orleans 

    Presentation date: 2014.03

    Event date:
    2014.03
     
     
  • La réception de la vision de l’amour au Japon : autour de la traduction de Nana d’Émile Zola

    Minori NODA

    XXth ICLA Congress Paris - Comparative Literature as a critical approach 

    Presentation date: 2013.07

    Event date:
    2013.07
     
     
  • La représentation des femmes dans Nana — du point de vue de la classe et l'ironie

    Minori NODA

    Presentation date: 2013.06

    Event date:
    2013.06
     
     
  • Le paysage parisien et la création des personnages dans Une page d'amour — autour de l'imaginaire aérien

    Minori NODA

    Presentation date: 2011.05

    Event date:
    2011.05
     
     
  • Le réalisme et le symbolique de la description des espaces dans Les Rougon­ Macquart

    Minori NODA

    Presentation date: 2011.05

    Event date:
    2011.05
     
     

▼display all

Research Projects

  • An Empirical Study on the 'Grammar of Realism' in Modern Western Literature Using a Multilingual Approach

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research

    Project Year :

    2023.04
    -
    2026.03
     

  • 「現代の起点」としてのフランス象徴主義の総合的研究

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)

    Project Year :

    2021.04
    -
    2026.03
     

    森本 淳生

  • エミール・ゾラの小説作品における地方・地方都市の表象と登場人物の移動の問題

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援

    Project Year :

    2021.08
    -
    2023.03
     

    野田 農

     View Summary

    エミール・ゾラの『ルーゴン=マッカール叢書』の地方及び地方都市を舞台とする作品と『三都市叢書』を分析対象として、19世紀後半のフランス文学作品に描かれた空間の表象と登場人物の移動を描いた記述について考察することを目的とした本研究の初年度の実績として、まず『ルーゴン=マッカール叢書』の第1巻目の作品『ルーゴン家の運命』(La Fortune des Rougon)の第1章と第5章に描かれた共和派の蜂起民たちの行軍の過程を分析した。分析に際しては、2015年刊行のClassiques Garnier版のLa Fortune des Rougonを用い、あわせて同出版社から刊行されたRelire La Fortune des Rougonという、フランス本国のゾラの専門家によるこの作品に関する評論集を参照し、自らの分析に関する妥当性を検証した。
    また2年度目の考察の中心となる『三都市叢書』の第1巻目の作品である『ルルド』に関しては、その準備作業として初年度は、この作品の日本語翻訳の作業を進めながら、この小説の第1部に描かれた主人公たちがパリから物語の中心的な舞台となる巡礼地ルルドへと向かう鉄道の旅の場面を分析しつつ、同じく鉄道を通じたパリと地方都市との間の移動を描く作品であり、『ルーゴン=マッカール叢書』の1巻をなす作品でもある『獣人』に描かれた鉄道の移動及び列車内の場面の描写との比較を行った。
    最後にフランス本国のゾラ研究チーム主催のオンラインセミナーへの参加し、『ルルド』をはじめゾラやゾラの小説作品に関する専門家の研究発表を随時聴講し、作品に関する見識を深めた。

  • 十九世紀フランス哲学における身体観の再検討:『未来のイヴ』の新たな読解にむけて

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)

    Project Year :

    2020.04
    -
    2023.03
     

    福田 裕大, 上尾 真道, 中筋 朋, 相澤 伸依, 野田 農, 井上 卓也

     View Summary

    第二年次にあたる本年度も、コロナウイルスの流行のために移動そのものが困難な状況にあったため、定期的なオンライン研究会を実施することで研究活動を進めた。具体的には、前年度から進めてきた『未来のイヴ』再読のための論点整理の作業を行なったのちに、同作品をいっそう細かなレベルで具体的に検討していくための精読作業を行った。とりわけ、8月から9月にかけて集中的に実施した同作の草稿分析は、本プロジェクトにとって大きな実りとなった。
    以上のような基礎的作業をもとにして、10月に日本フランス語フランス文学会のワークショップの一環として、共同発表「『未来のイヴ』を再読する:十九世紀フランス哲学・科学を起点として」を行なった。フーコーの言説理論をもとにした『イヴ』再読の可能性の提案(相澤)、「エジソンの逆説的アンドレイド」を中心とした草稿分析(野田)、『イヴ』にみられる特殊な現実理論の再整理(福田)、同時代の哲学・精神医学とのつながり(上尾)、「光と闇」の分析を起点とした読解(中筋)等の多彩な問題提起が有機的に結びついた、非常に有意義な成果報告の機会となった。
    同共同報告の内容、ならびにこの機会に聴衆から提起されたフィードバックをもとにして、目下は本プロジェクトの研究成果を文書化する作業に取り組んでいるところである。その作業の一環として、白水社の『ふらんす』誌上にて連載「対訳で楽しむ『未来のイヴ』」を執筆する機会を得ることができ、本年度末までに第二回掲載分までのテクストをすでに執筆済みである(全6回、同誌刊行は2022年4月1日から)。

Misc

  • 対訳で楽しむ『メダンの夕べ』(6)

    野田 農, ポール アクレシス

    ふらんす   99 ( 3 ) 34 - 39  2024.03

  • 対訳で楽しむ『メダンの夕べ』(5)

    野田 農, レオン エニック

    ふらんす   99 ( 2 ) 34 - 39  2024.02

  • 対訳で楽しむ『メダンの夕べ』(4)

    野田 農, アンリ セアール

    ふらんす   99 ( 1 ) 34 - 39  2024.01

  • 対訳で楽しむ『メダンの夕べ』(3)

    野田 農, ジョリス=カルル ユイスマンス

    ふらんす   98 ( 12 ) 34 - 39  2023.12

  • 対訳で楽しむ『メダンの夕べ』(2)

    野田 農

    ふらんす   98 ( 11 ) 34 - 39  2023.11

  • 対訳で楽しむ『メダンの夕べ』(1)

    野田 農, エミール ゾラ

    ふらんす   98 ( 10 ) 34 - 39  2023.10

  • 書評 近代小説のアイロニー : 恋愛・夢・信仰 『ニルス・リューネ』を読む : イェンス・ピータ・ヤコブセン著、奥山裕介訳

    野田 農

    世界文学 / 世界文学会 編   ( 135 ) 96 - 99  2022.07

  • 対訳で楽しむ 未来のイブ(1)

    福田 裕大, 野田 農

    ふらんす   97 ( 4 ) 34 - 39  2022.04

  • ワークショップ報告「『未来のイヴ』を再読する:十九世紀フランス哲学・科学を起点として」

    福田 裕大, 野田 農, 相澤 伸依, 上尾 真道, 中筋 朋

    『cahier』(日本フランス語フランス文学会ニューズレター)   29   2 - 5  2021

  • Résumés

    OTANI Kenichiro, BEAUVIEUX Marie-Noëlle, YAMAMOTO Takeo, SATO(VEYSSIÈRE) Goro(Georges)

    Etudes de langue et litterature francaises   112 ( 0 ) 133 - 148  2018

    DOI CiNii

▼display all

 

Syllabus

▼display all

 

Research Institute

  • 2022
    -
    2024

    Waseda Research Institute for Science and Engineering   Concurrent Researcher