片平 建史 (カタヒラ ケンジ)

写真a

所属

文学学術院 文学部

職名

准教授

プロフィール

音楽心理学を出発点として、感性の心理学、感情心理学、社会心理学などに関心を広げています。
研究活動としては感性工学領域の研究に従事するかたわら、情動性立毛、フロー体験といった研究テーマにも取り組んでいます。

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年04月
    -
    2011年03月

    大阪大学大学院   人間科学研究科   博士後期課程  

  • 2004年04月
    -
    2006年03月

    大阪大学大学院   人間科学研究科   博士前期課程  

  • 1998年04月
    -
    2004年03月

    大阪大学   文学部   人文学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 2011年03月   大阪大学大学院人間科学研究科   人間科学

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    2021年03月

    金沢美術工芸大学   非常勤講師

  • 2015年04月
    -
    2021年03月

    関西学院大学   理工学部   研究特任講師

  • 2009年04月
    -
    2021年03月

    和歌山県立なぎ看護学校   非常勤講師

    「人間関係論」

  • 2014年04月
    -
    2015年03月

    関西学院大学   理工学部   研究特任助教

  • 2012年04月
    -
    2014年03月

    関西学院大学   理工学部   博士研究員

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本パーソナリティ心理学会

  •  
     
     

    日本人間工学会

  •  
     
     

    日本感情心理学会

  •  
     
     

    日本心理学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 感性情報学   感性心理学

  • 美学、芸術論   音楽学

  • 社会心理学   対人心理学

  • 実験心理学   感情心理学

  • 認知脳科学

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 鳥肌

  • フロー体験

  • 音楽行動

  • 生理反応

  • 感情

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Volitional Control of Piloerection: Objective Evidence and Its Potential Utility in Neuroscience Research

    Katahira K, Kawakami A, Tomita A, Nagata N

    Frontiers in Neuroscience    2020年05月  [査読有り]  [国際誌]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • SD法を用いた感性の測定における評価の階層性 -EPA構造の評価性因子の多義性に注目して-

    片平建史, 武藤和仁, 橋本翔, 飛谷謙介, 長田典子

    日本感性工学会論文誌   17 ( 3 ) 453 - 463  2018年07月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • EEG Correlates of the Flow State: A Combination of Increased Frontal Theta and Moderate Frontocentral Alpha Rhythm in the Mental Arithmetic Task

    Kenji Katahira, Yoichi Yamazaki, Chiaki Yamaoka, Hiroaki Ozaki, Sayaka Nakagawa, Noriko Nagata

    FRONTIERS IN PSYCHOLOGY   9 ( MAR ) 300  2018年03月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

     概要を見る

    Flow experience is a subjective state experienced during holistic involvement in a certain activity, which has been reported to function as a factor promoting motivation, skill development, and better performance in the activity. To verify the positive effects of flow and develop a method to utilize it, the establishment of a reliable measurement of the flow state is essential. The present study utilized an electroencephalogram (EEG) during an experimentally evoked flow state and examined the possibility of objective measurement of immediate flow. A total of 16 participants (10 males, 6 females) participated in the experiment that employed a mental arithmetic task developed in a previous study. Post-trial self-report of the flow state and EEG during task execution were measured and compared among three conditions (Boredom, Flow, and Overload) that had different levels of task difficulty. Furthermore, the correlations between subjective flow items and EEG activity were examined. As expected, the ratings on the subjective evaluation items representing the flow state were the highest in the Flow condition. Regarding the EEG data, theta activities in the frontal areas were higher in the Flow and the Overload conditions than in the Boredom condition, and alpha activity in the frontal areas and the right central area gradually increased depending on the task difficulty. These EEG activities correlated with self-reported flow experience, especially items related to the concentration on the task and task difficulty. From the results, the flow state was characterized by increased theta activities in the frontal areas and moderate alpha activities in the frontal and central areas. The former may be related to a high level of cognitive control and immersion in task, and the latter suggests that the load on the working memory was not excessive. The findings of this study suggest the possibility of distinguishing the flow state from other states using multiple EEG activities and indicate the need for other physiological indicators corresponding to the other aspects of flow experience.

    DOI PubMed

  • 3次元造形物体の感性評価における主要因子

    片平建史, 武藤和仁, 李奈栄, 飛谷謙介, 白岩史, 中島加惠, 長田典子, 岸野文郎, 山本倫也, 河崎圭吾, 荷方邦夫, 浅野隆

    日本感性工学会論文誌   15 ( 4 ) 563 - 570  2016年08月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI J-GLOBAL

  • Influence of trait empathy on the emotion evoked by sad music and on the preference for it

    Ai Kawakami, Kenji Katahira

    FRONTIERS IN PSYCHOLOGY   6 ( OCT ) 1541  2015年10月  [査読有り]

     概要を見る

    Some people experience pleasant emotion when listening to sad music. Therefore, they can enjoy listening to it. In the current study, we aimed to investigate such apparently paradoxical emotional mechanisms and focused on the influence of individuals' trait empathy, which has been reported to associate with emotional responses to sad music and a preference for it. Eighty-four elementary school children (42 males and 42 females, mean age 11.9 years) listened to two kinds of sad music and rated their emotional state and liking toward them. In addition, trait empathy was assessed using the Interpersonal Reactivity Index scale, which comprises four sub-components: Empathic Concern, Personal Distress, Perspective Taking, and Fantasy (FS). We conducted a path analysis and tested our proposed model that hypothesized that trait empathy and its sub-components would affect the preference for sad music directly or indirectly, mediated by the emotional response to the sad music. Our findings indicated that FS, a sub-component of trait empathy, was directly associated with liking sad music. Additionally, perspective taking ability, another sub-component of trait empathy, was correlated with the emotional response to sad music. Furthermore, the experience of pleasant emotions contributed to liking sad music.

    DOI PubMed

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 音楽的コミュニケーションの心理学

    片平建史( 担当: 共訳,  担当範囲: 第2章 音楽と意味、多義性、そして進化)

    誠信書房  2012年

Misc 【 表示 / 非表示

  • Hierarchical structuring of the impressions of 3D shapes targeting for art and non-art students

    Miyai, S, Katahira, K, Sugimoto, M, Nagata N, Kawasaki, K, Nikata. K

    HCI International 2019 - Posters. HCII 2019. Communications in Computer and Information Science   1032   385 - 389  2019年07月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(国際会議)  

  • COI STREAM 感性とデジタル製造を直結し、生活者の創造性を拡張するファブ地球社会創造拠点

    長田 典子, 岸野 文郎, 井村 誠孝, 山本 倫也, 飛谷 謙介, 片平 建史, 谿 雄祐, 猪股 健太郎, 山? 陽一, 橋本 翔, 杉本 匡史, 橋本 学, 荷方 邦夫

    日本顔学会誌   17 ( 1 ) 34 - 34  2017年09月

  • 主観年齢推定における若年視要因の分析

    東泰宏, 北岡勇紀, 片平建史, 藤澤隆史, 長田典子

    日本顔学会誌   16 ( 1 ) 52  2016年11月

    J-GLOBAL

  • パーソナルファブリケーションを促進する感性指標化技術 〜3次元形状の感性評価因子と物理特徴量との関係〜

    飛谷謙介, 武藤和仁, 李奈栄, 片平建史, 白岩史, 中島加惠, 長田典子, 岸野文郎, 山本倫也, 秋月秀一, 橋本学, 河崎圭吾, 荷方邦夫, 浅野隆

    ViEW2014 ビジョン技術の実利用ワークショップ     IS2-16  2014年12月

  • パーソナルファブリケーションを促進する感性指標化技術~3次元形状の感性評価における基本因子の抽出~

    武藤和仁, 李奈栄, 片平建史, 飛谷謙介, 白岩史, 中島加惠, 長田典子, 岸野文郎, 山本倫也, 河崎圭吾, 荷方邦夫, 浅野隆

    2014年度 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集   2014  2014年09月

     概要を見る

    現在、3Dプリンタなど個人のものづくり環境が整いつつある。一般ユーザが感性的な判断に基づき自在にデザインできる支援手法の開発を目指し、本研究では3次元形状に対する感性評価の基本構造の解明を試みた。

    CiNii

産業財産権 【 表示 / 非表示

受賞 【 表示 / 非表示

  • グッドデザイン賞

    2014年  

    受賞者: COI-T「感性に基づく個別化循環型社会の創造, 参画プロジェクト

  • FIT奨励賞

    2013年   第12回情報科学技術フォーラム   モチベーティブ・コミュニケーションモデルにおける動機からのユーザタイプ推定  

    受賞者: 白岩史, 片平建史, 饗庭絵里子, 飛谷謙介, 長田典子, 藤巻志保, 吉田功, 小村規夫

  • 奨励賞

    2013年   第16回日本音響学会関西支部若手研究者交流研究発表会   和音進行による情動の知覚: MEG計測に向けた行動実験  

    受賞者: 高瀬雅良, 饗庭絵里子, 片平建史, 白岩史, 中川誠司, 長田典子

  • 優秀発表賞

    2013年   平成24年度日本人間工学会関西支部大会   微細気泡浴の主観評価に基づく快適性評価と体表温度に対する影響の検討  

    受賞者: 片平建史

  • 大学院学生データ収集・解析支援基金

    2009年   大阪大学大学院人間科学研究科   身体動作の相互作用が合奏の調整に及ぼす寄与のメカニズムの解明  

    受賞者: 片平建史

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 意図的な立毛生成の神経基盤および情動機能との相互作用の解明

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2020年03月
     

    片平建史, 川上愛, 定藤規弘

    担当区分: 研究代表者

  • フローの喚起による学習促進手法の体系化

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2019年03月
     

    片平建史

    担当区分: 研究代表者

  • 情動的鳥肌の生起に関わる神経基盤の解明

    研究期間:

    2015年04月
    -
    2018年03月
     

    片平建史

    担当区分: 研究代表者

  • 芸術鑑賞における情動のメタ認知の脳内機構解明

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2017年03月
     

    川上愛

  • 人間の顔に対する知覚的鋭敏さを利用したLED警光灯の高視認性点滅パターンの開発

    研究期間:

    2013年04月
    -
    2016年03月
     

    飛谷謙介

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 心理学研究における感性の定義とその測定

    片平建史  [招待有り]

    第51回「感性研究フォーラム」講演会  

    発表年月: 2019年12月

  • 随意的に立毛を生成する能力の基本的特徴

    片平建史, 川上愛, 富田瑛智, 長田典子

    日本感情心理学会第25回大会  

    発表年月: 2019年05月

    開催年月:
    2019年05月
     
     
  • 心理学と感性

    片平建史

    関西学院大学理工学研究科「感性工学特論」  

    発表年月: 2018年06月

  • 画像評価に基づく二輪ユーザの情動推定とタイプ分類

    杉本匡史, 今井将太, 片平建史, 山崎陽一, 長田典子, 益田綾子, 岩田小笛, 内山一

    第23回画像センシングシンポジウム  

    発表年月: 2017年

  • 「鳥肌が立つ」のはどのような感情か

    片平建史, 長田典子

    日本感情心理学会第25回大会  

    発表年月: 2017年

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • 人間関係論

    和歌山県立なぎ看護学校  

  • 美の心理学

    国際東洋医療鍼灸学院  

  • 人間科学総論

    国際東洋医療鍼灸学院  

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2017年
     
     

    第22回 日本顔学会大会  プログラム委員