ITO, Ryo

写真a

Affiliation

Faculty of Letters, Arts and Sciences, School of Humanities and Social Sciences

Job title

Associate Professor

Profile

19・20世紀英国哲学史と論理の哲学(規則という観点からの証明の理解)を専門としています。

2013年から2016年まで、英国セントアンドルーズ大学・スターリング大学哲学PhDプログラム(SASP)へ留学していました。2017年12月同プログラムにてPhDを取得しました。

学位論文 'Russell's Metaphysical Accounts of Logic' は、ラッセルの論理主義に関する諸業績を、当時英国で隆盛をみた英国観念論の論理観から現代的な論理観へと向かう一つの軌跡として捉える試みです。現代の論理学の発展を知るわれわれからすれば時代遅れななものに見える彼の論理学に関する業績も、その思想背景を踏まえて解釈することで、現代のわれわれにとっても意味をなすものとして理解することができます。これまでになされた同様の試みは、彼の論理観を一定不変のものと想定するあまり、テクストとの整合性を欠く傾向がありました。本論文は、彼が残した膨大な草稿を丁寧に読むことで、彼の思想の変化に忠実な仕方で彼の論理観を理解するという試みです。

現在は、上記の成果を国内外の学術雑誌に発表しつつ、数学史(とくに19世紀の微積分の歴史)と現代哲学における「規則」をめぐる諸々の議論を手がかりに、数学の実践(とりわけ、証明という営み)を規則という観点から説明するという計画に取り組んでいます。

Education 【 display / non-display

  • 2013.09
    -
    2017.12

    University of St Andrews & Stirling University   PhD Programme   Philosophy  

  • 2011.04
    -
    2013.09

    Kyoto Univesity   Graduate School of Letters (PhD)   Philosophy  

  • 2009.04
    -
    2011.03

    Kyoto University   Graduate School of Letters (Master)   Philosophy  

  • 2005.04
    -
    2009.03

    Kyoto University   Faculty of Letters   Japanese Philosophy  

Degree 【 display / non-display

  • 2017.12   University of St Andrews/Stirling University   PhD

Research Experience 【 display / non-display

  • 2021.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Letters, Arts and Sciences   Associate Professor

  • 2020.10
    -
    2021.03

    Kyoto Seika University   非常勤講師

  • 2019.04
    -
    2021.03

    Japan Society for the Promotion of Science Research Fellow (PD/CPD)

  • 2019.04
    -
    2020.09

    Shiga University   Faculty of Economics   Part-time Lecturer

  • 2019.04
    -
    2020.03

    Ryukoku University   Faculty of Letters   Part-time Lecturer

display all >>

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Philosophy and ethics   Early Analytic Philosophy, Philosophy of Logic, Philosophy of Mathematics

Papers 【 display / non-display

  • 初期ラッセルの存在論における世界の十全な記述可能性

    伊藤 遼

    科学哲学   53 ( 2 ) 25 - 44  2021  [Refereed]

  • 分析哲学のいわゆる「心理学的起源」について

    伊藤 遼

    哲学(日本哲学会)   72   67 - 78  2021  [Refereed]

  • Russell's Theories of Judgment

    Ryo Ito

    British Journal for the History of Philosophy   28   112 - 133  2020.02  [Refereed]

  • The Origin of the Theory of Types

    Ryo Ito

    Annals of the Japan Society for Philosophy of Science   ( 27 )  2018.09  [Refereed]

  • ブラッドリーの判断論と初期ラッセルの判断概念

    伊藤 遼

    Nagoya Journal of Philosophy   13   16 - 25  2018.06  [Refereed]

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • Kit Fine on Truthmakers, Relevance, and Non-Classical Logic (Outstanding Contributions to Logic)

    Leon Horsten, Ryo Ito( Part: Contributor, Chapter 15 "Russell and Fine on Variable Objects")

    Springer  2021

Awards 【 display / non-display

  • Encouragement Award

    2019.11   Japan Association for Philosophy of Science   The Origin of the Theory of Types

Research Projects 【 display / non-display

  • Study on "Disagreement" in logic

    Fund for the Promotion of Joint International Research (Fostering Joint International Research (B))

    Project Year :

    2019.10
    -
    2024.03
     

    岡田 光弘, 岡本 賢吾, 五十嵐 涼介, 細川 雄一郎, 伊藤 遼, 峯島 宏次

    Authorship: Coinvestigator(s)

     View Summary

    本研究5年度計画の第1ステップとして、論理的「不一致」の代表的で伝統的な論争を整理する作業を開始した。古典論理と直観主義論理論争、シンタクスーセマンティクス論争、古典数学と構成数学の論争、幾何学・図形証明の論争などの論理の哲学と数学の哲学の伝統的論争は、見方を変えると論理文法の「不一致」についての論争と読み直すことができる。日本側代表及び日本側全員とフランス側パリ第1大学哲学科・IHPST代表との間で、これを検討した。ウィトゲンシュタインの規則論の変遷、ラッセルの判断概念変遷、ゲティア反例の多領域様相論理などの分析を通じて、論理的論争の不一致を検討した。
    岡田・伊藤および協力者高橋・秋吉が2月にフランス側パリ第1大学哲学科・IHPSTを訪問し、本国際共同研究の開始のためのワークショップを開催した。特に、協力者高橋は、本日仏プロジェクトの準備期間中に、JSPS海外特別研究員としてこのプロジェクトの相手側パリ大学IHPSTに派遣され、フランス側チームに長期滞在する形で日本側との共同研究に積極的に協力している。2020年2月のパリ大学における共同研究立ち上げワークショップは、Mathematical and logical understanding and formalization Workshop in honor of Pr. Mitsuhiro Okadaと題され、特に日本側共同研究代表者の岡田のこれまでの仕事を振り返る作業もここで行われた。それらの議論の成果も今後の日仏共同研究に活かしていく。
    代表者岡田がカナダUQAM・CIRST所長)Mathieu Marionと本プロジェクトのための共同研究を開始し、成果を出版した。フランス側共同研究者Joinetが2019年11月に来日し、本共同研究の調整を行った。また、岡田が2020年2月にJoinetを訪問し、共同研究の打ち合わせをさらに進めた。

  • JSPS Research Fellow (PD)

    Project Year :

    2019.04
    -
    2021.03
     

    Ryo Ito

    Authorship: Principal investigator

  • JASSO Scholarship for Overseas Study

    Project Year :

    2013.09
    -
    2016.06
     

    Ryo Ito

    Authorship: Principal investigator

  • JSPS Research Fellow (DC1)

    Project Year :

    2011.04
    -
    2013.08
     

    Ryo Ito

    Authorship: Principal investigator

Presentations 【 display / non-display

  • いわゆる分析哲学の心理学的起源について

    伊藤 遼

    日本哲学会 

    Presentation date: 2020.06

  • The Notion of Dependence and the Ramified Theory of Types

    Ryo Ito  [Invited]

    Bochum Non-classical Logic Workshop I 

    Presentation date: 2020.02

  • Frege’s Puzzle and the Early Russell’s Logic of Relations

    Ryo Ito

    Society for the History of Early Analytical Philosophy 

    Presentation date: 2019.06

  • Geometrical Reasoning and Moves in Space of Reason

    Ryo Ito

    Logic Workshop– Wittgenstein, Phenomelogical Ontology, and Contextualism 

    Presentation date: 2019.06

  • Diagrammatic Reasoning and Two Kinds of Rules

    Ryo Ito

    The 11th annual meeting of Japan Association for the Contemporary and Applied Philosophy 

    Presentation date: 2019.04

display all >>

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>