Updated on 2024/07/22

写真a

 
SAITO, Shinichiro
 
Affiliation
Affiliated organization, Waseda University Senior High School
Job title
Teacher (Affiliated Senior High School)

Research Experience

  •  
    -
    Now

    Waseda University   Senior High School   Teacher

  •  
     
     

    Aoyama Gakuin University   College of Education, Psychology and Human Studies Department of Psychology

  •  
     
     

    Waseda University

  •  
     
     

    Waseda University   Faculty of Letters, Arts and Sciences

  •  
     
     

    Waseda University   Honjo Senior High School

  •  
     
     

    早稲田実業学校   非常勤講師

  •  
     
     

    Waseda University   Senior High School

  •  
     
     

    早稲田高等学校   非常勤講師

▼display all

Education Background

  •  
     
     

    早稲田大学大学院   文学研究科   人文科学専攻心理学コース  

  •  
     
     

    Waseda University   School of Letters, Arts and Sciences I  

Professional Memberships

  • 2014
    -
    Now

    COMMUNITY FOR INNOVATION OF EDUCATION AND LEARNING THROUGH COMPUTERS AND COMMUNICATION NETWORKS

  • 2013
    -
    Now

    JAPANESE ASSOCIATION OF MINDFULNESS

  • 2010
    -
    Now

    THE JAPANESE ASSOCIATION OF EDUCATIONAL PSYCHOLOGY

  • 2008
    -
    Now

    THE JAPANESE PSYCHOLOGICAL ASSOCIATION

Research Areas

  • Clinical psychology

Research Interests

  • 教育・社会系心理学

  • mindfulness

  • 臨床心理学

 

Papers

  • Practical Examples of Media Literacy Education in Integrated Junior High, High School, and University

    SAITO Shinichiro

      ( 295 ) 12 - 15  2023.11  [Invited]

 

Internal Special Research Projects

  • 中等教育機関における効果的なマインドフルネス技法の適用方法に関する予備的研究

    2022  

     View Summary

     近年、マインドフルネスを用いた心理技法が「認知行動療法の第3の波」として展開されている。臨床現場では心理療法として実際にマインドフルネスの諸技法が取り入れられる機会は多くなったが、中等教育現場においてマインドフルネス技法を実践する研究はまだ少ない。本研究では、短時間のマインドフルネス技法を一度限り用いることで、中学3年生の気分状態がどのように変化するかについて、日本語版POMS(Profile of Mood States)短縮版を用いて検討を試みた。その結果、POMSの下位尺度得点のうち、緊張-不安得点、疲労得点に関しては有意な低下が見られた一方、疲労得点に関しては有意な上昇が見られた。

  • 中等教育現場におけるマインドフルネス技法の効果検討

    2021  

     View Summary

     臨床現場において、マインドフルネスを用いた技法を用いる機会が増えている。しかし、中等教育現場においてマインドフルネス技法を効果的に適用する方法についての研究はまだ途上である。本研究では中学生を対象として、より効果的なマインドフルネス技法の適用方法について、複数の技法による予備的研究を行った。その結果、比較的短時間で行うマインドフルネス技法であっても、不安気分や抑うつ気分の低減には効果があることが示唆された。一方、マインドワンダリングについては短時間の技法では変化が見られなかった。この結果は、中等教育機関におけるマインドフルネスの効果的な技法の適用方法についての研究の端緒となると考えられる。