Updated on 2022/07/02

写真a

 
WAKABAYASHI, Masahiro
 
Affiliation
Faculty of Political Science and Economics
Job title
Professor Emeritus

Education

  • 1985.09
    -
     

    東京大学大学院社会学研究科社会学博士  

  • 1974.03
    -
     

    東京大学大学院社会学研究科国際関係論専修課程修士  

  • 1972.03
    -
     

    The University of Tokyo   College of Arts and Sciences  

Degree

  • 東京大学   社会学博士

Research Experience

  • 2013.04
    -
    Now

    Waseda University

  • 2010.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Political Science and Economics

  • 1996.04
    -
    2010.03

    The University of Tokyo   Graduate School of Arts and Sciences

  • 1986.04
    -
    1996.03

    The University of Tokyo   College of Arts and Sciences

Professional Memberships

  •  
     
     

    JAPAN ASSOCIATION FOR ASIAN STUDIES

  •  
     
     

    THE JAPAN ASSOCIATION FOR TAIWAN STUDIES

 

Research Areas

  • Area studies   Taiwan studies

Research Interests

  • 台湾近現代政治史

  • 台湾研究

Papers

  • 在諸帝國周緣活下去—臺灣史中的「邊境動力」與地域主體性

    若林 正丈

    師大台湾史學報   ( 9 ) 3 - 52  2016  [Refereed]

     View Summary

    「諸帝国の周縁を生き抜く 台湾史における辺境ダイナミズムと地域主体性」(川喜田敦子・西芳美編『歴史としてのレジリエンス————戦争・独立・災害』)の許佩賢教授による中文訳

  • 台湾の『渦巻選挙』と非承認国家民主体制の苦悩

    若林 正丈

    『ワセダアジアレビュー』   ( 19 ) 16 - 19  2016  [Refereed]

  • 『辺境東アジア』政治のアカウンタビリティー問題 2014年の台湾、香港、沖縄

    若林 正丈

    『国際問題』(日本国際問題研究所)   ( 643 ) 1 - 6  2015.07  [Refereed]

  • 葉榮鐘的「述史」之志

    若林 正丈

    『台湾史研究』(中央研究院台湾史研究所)   17 ( 4 ) 81 - 112  2011  [Refereed]

  • 「矢内原忠雄と植民地台湾人————植民地自治運動とその戦後」

    若林 正丈

    『ODYSSEUS(東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究科紀要)』   4   7 - 33  2010.03

  • 「台湾ナショナリズムと『忘れ得ぬ他者』」

    若林 正丈

    思想(岩波書店)   ( 957 ) 108 - 125  2004.01

  • “The Imperial Visit of the Crown Prince to Taiwan in 1923: How the Japanese Colonial Authority Managed the Tou

    WAKABAYASHI, Masahiro

    Journal of the Japan-Netherlands Institute   2   235 - 245  1990

▼display all

Books and Other Publications

  • 「馬英九政権8年の位置————中華民国台湾化における国家再編・国民再編の跛行性」

    若林 正丈( Part: Contributor)

    晃洋書房  2018

     View Summary

    松田康博・清水麗編『現代台湾の政治経済と中台関係』所収。

  • 「諸帝国の周縁を生き抜く 台湾史における辺境ダイナミズムと地域主体性」

    若林 正丈( Part: Contributor)

    京都大学出版会  2016

     View Summary

    川喜田敦子・西芳美編『歴史としてのレジリエンス————戦争・独立・災害』所収

  • 『現代台湾政治を読み解く』

    若林 正丈( Part: Edit)

    研文出版  2014

     View Summary

    早稲田大学台湾研究所連続ワークショップの講演と討論をまとめたもの。

  • 「中華民国台湾化の展開 台湾における七二年体制下の政治構造変動」

    若林 正丈( Part: Contributor)

    岩波書店  2011

     View Summary

    『岩波講座 東アジア近現代史 第9巻』所収。

  • The "Republic of China" and the Politcs of Taiwanization: The Changing Identity of Taiwan in Postwar East Asia

    WAKABAYASHI, Masahiro( Part: Sole author)

    2008

  • A perspective on studies of Taiwanese political history: Reconsidering the postwar Japanese historiography of Japenese colonial rule in Taiwan

    WAKABAYASHI, Masahiro( Part: Contributor)

    New York:Columbia University Press  2006

     View Summary

    a chapter in Liao Ping-hui and David Der-wei Wang eds., Taiwan under Japanese cololial rule, 1895-1945: history, culture, memory,translated by Tan.Uiti

  • “Taiwanese Nationalism and the ‘Unforgettable Other

    WAKABAYASHI, Masahiro( Part: Contributor)

    New York: M.E. Sharp.  2006

     View Summary

    A chapter in Edward Friedman ed., China’s Rise, Taiwan’s Dilemmas and International Peace

  • 「台湾の近現代と二つの『国語』」

    若林 正丈( Part: Contributor)

    東京大学出版会  2005

     View Summary

    村田雄二郎・C.ラマール編『漢字圏の近代 ことばと国家』所収。

  • 中台関係五十年史

    若林 正丈( Part: Contributor)

    岩波書店  2001

     View Summary

    岡部達味編『中国をめぐる国際環境』所収

  • 「台湾海峡の変容----『アメリカの平和』のディレンマ----」

    若林 正丈( Part: Contributor)

    岩波書店  2000

     View Summary

    『岩波講座 世界歴史 27』所収

  • Taiwan: Democratization in a Divided Country

    WAKABAYASHI, Masahiro( Part: Sole author)

    1992

  • 『台湾抗日運動史研究 増訂版』

    若林 正丈( Part: Sole author)

    研文出版 

     View Summary

    1983年刊のものにその後の台湾近現代史関係論文を増補したもの。2007年台湾で中文訳刊行:台湾史日文史料典籍研読会譯『台湾抗日運動史研究』(台北;播種者出版)。

▼display all

Awards

  • 樫山純三賞

    2009   樫山奨学財団  

    Winner: 若林 正丈

  • アジア・太平洋賞大賞

    2008   アジア調査会  

    Winner: 若林 正丈

  • サントリー学芸賞(政治・経済)

    1997   サントリー文化財団  

    Winner: 若林 正丈

  • 環太平洋学術研究助成

    1994   大平正芳記念財団  

    Winner: 若林 正丈

Research Projects

  • 東アジアの発展モデルII:政治と国際関係

    科学研究費助成事業(東京大学)  科学研究費助成事業(重点領域研究)

  • 東アジアの発展モデルII:政治と国際関係

    科学研究費助成事業(東京大学)  科学研究費助成事業(重点領域研究)

  • 東アジアの発展モデルII:政治と国際関係

    科学研究費助成事業(東京大学)  科学研究費助成事業(重点領域研究)

  • Comparative Studies of National Integration in Asian Countries with Special Reference to the Culture and Religion

  • Co-operative Research on Political and Economic Reforms of China

  • 近現代アジアにおける地域形成と言語文化に関する比較史的研究

    科学研究費助成事業(東京大学)  科学研究費助成事業(基盤研究(B))

  • Centripetal and Centrifugal Tendencies in the Chinese World : Research on Ethnic Identities in China's Peripheral Regions

  • Nation-Building in Contemporary China : An Academic Research on the Ethnic Groups in the Chinese Periphery

  • A Study on Languages and Modernity in Chinise Script Culture Area

  • A Comparative Study on the Conditions of Democratic Consolidation

  • Political and Ideological Impacts of Decolonization upon Former Colonies and Colonizers: Japanese Colonialism in Comparison with the Western Colonialism and the International Environment

  • Language Reform and Modernity ; an East Asian Perspective

  • Decolonisation of the Soul : Historiology in order to solve the post-colonial situation of Japan and her neighbors

  • A comparative Study on the Changeability and Multilayerness of "Region" in Area Studies

  • Dilemma between Prosperity and Autonomy: International PoliticalEconomy of Taiwan during the Post-Democratization Period

  • Chinese Studies and the Perception on China in post-World War II Japan

  • 台湾政治における反対党の誕生:国際体制・孤立国家・市民社会とナショナリズム

    科学研究費助成事業(早稲田大学)  科学研究費助成事業(基盤研究(B))

  • 和解なき安定―民主成熟期台湾の国際政治経済学―

    科学研究費助成事業(東京大学)  科学研究費助成事業(基盤研究(B))

  • 台湾政治体制移行期の民主進歩党:「改革型」民主化とナショナリズムの相克

    科学研究費助成事業(早稲田大学)  科学研究費助成事業(基盤研究(B))

▼display all

Specific Research

  • 台湾政治におけるオポジションの形成に関する基礎的研究

    2010  

     View Summary

     次のような作業を行った。(1)中国民主党結成と挫折の過程(1950年代末~60年代初め)、「美麗島」集団の「党名の無い党」の結成と挫折(1979年)、民進党結成過程(1983-86年)に関する先行研究の収集と初歩的吟味を行った。これにより、台湾のオポジション形成研究にとっていわゆる「党外雑誌」と「党外書籍」が、オポジション自身の政治的発信の手段として重要であることが判明したので、(2)台北の台湾大学図書館で電子化されている前者の入手を開始し、『大学雑誌』、『台湾政論』、『這一代』、『美麗島』、『深耕』を入手した。(3)後者については、台湾の協力者を通じて一部入手を開始するとともに、すでに手元に収集しているものについての書誌情報の電子化を行った。(4)初歩的吟味を行った先行研究の参考文献リストを利用して、(3)の書誌情報を加えて、「台湾政治におけるオポジション形成研究文献目録(初稿)」を作成した。 これらの成果は、同様のテーマで第29回財団法人桜田会「政治研究助成」(2010年2月から1年)を獲得したので、来年度も引き続き研究を進め、次項のような初歩的研究成果の発表を目指す。

Overseas Activities

  • および台湾の対中関係と社会的アカウンタビリティーの研究

    2016.03
    -
    2018.02

    台湾   台湾大学

 

Committee Memberships

  • 1998
    -
    2002

    日本台湾学会  理事長