Updated on 2022/06/26

写真a

 
NAGAYO, Susumu
 
Affiliation
Faculty of Political Science and Economics
Job title
Professor Emeritus

Education

  •  
    -
    1984

    Waseda University   Graduate School, Division of Letters  

  •  
    -
    1974

    Doshisha University   Faculty of Literature  

Degree

  • (BLANK)

Professional Memberships

  •  
     
     

    the Japan Association of Occidental-Slavic Studies

  •  
     
     

    Association for East European Studies

  •  
     
     

    Japanese Accociation of Russian Scholars

 

Research Interests

  • History and Culture of Slovakia

Papers

  • ブラチスラヴァ地名考

    長與 進

    鈴木健夫編『「越境」世界の諸相 歴史と現在』     108 - 132  2013.03

  • スロヴァキア語の辞書の話

    長與 進

    国際化の中のことばと文化     240 - 244  2011.06

  • チェコ/スロヴァキア/チェコスロヴァキア -名乗りと名付けのエトノニムー

    長與 進

    ロシア・中欧・バルカン世界のことばと文化     72 - 94  2010.06

  • Nove poznatky z pobytu Milana Rastislava Stefanika v Japonsku (oktober-november 1918) (uplna verzia)

    Susumu Nagayo

    Historicky casopis   rocnik 56 ( cislo 1 ) 137 - 145  2008

  • 共同研究の現在 来日ロシア人の歴史と文化をめぐる総合的研究

    長與 進

    日本歴史/吉川弘文館   ( 1 ) 120 - 122  2006.01

  • 最近のスロヴァキア語の動向 -体制転換以後の新しい語彙と語義説明の変更をめぐって-

    長與 進

    西スラヴ学論集   ( 8 ) 4 - 15  2005.03

  • 2003年度シンポジウム スロヴァキアのルシーン/ウクライナ系マイノリティ -民族的アイデンティティ選択のメカニズム

    長與 進

    東欧史研究   ( 26 ) 100 - 106  2004.03

  • 2002年度シンポジウム コメント

    長與 進

    東欧史研究   ( 25 ) 74 - 75  2003.03

  • The Paradox of Slovak Historiography : The Case of the Slovak State, 1939-1945.

    Tadayuki Hayashi (ed.),"The Construction and Deconstruction of National Histories in Slavic Eurasia." Slavic Research Center, Hokkaido University.     103 - 115  2003

  • Konstantin Culen's Long Journey from Italy to Canada. As illustrated by his Correspondence with Juraj Rondos.

    Slovakia(Passaic,NJ,USA)   XXXVII ( 68-69 ) 112 - 171  2003

  • スロヴァキアの一ナショナリスト文学者の回想 -あるいはスロヴァキア人の「魂の聖地」マルティン

    國文学/学燈社   47 ( 10 ) 48 - 53  2002.08

  • 新たな民族の誕生?:スロヴァキアのルシーン人の場合

    しゃりばり   ( 237 ) 36 - 39  2001.11

  • M・R・シチェファーニクの記念写真の謎

    成文社ホームページ http://www.seibunsha.net/essay/essay39.html リレーエッセイ 第39回    2001.04

  • 増補・スロヴァキア/現代東欧 Who's Who -コバーチ/シュステル/ズリンダ/ハナーク/メチアル

    新訂増補 東欧を知る事典/平凡社    2001.03

  • スロヴァキア歴史学のアポリア - 独立スロヴァキア国の評価をめぐって -

    東欧史研究   ( 23 ) 74 - 82  2001.03

  • スロヴァキア/チェコ

    対日関係を知る事典/平凡社    2001.02

  • Zahada Stefanikovych fotografii v Japonsku

    Historicka revue. Casopis o dejinach spolocnosti (Slovakia,Bratislava)   rocnik XII ( nr.8 ) 28 - 29  2001

  • アルバニア系アメリカ人/アルメニア系アメリカ人/アルメニア系カナダ人/セルビア系アメリカ人/セルビア系カナダ人/ベラルーシ人

    世界民族事典/弘文堂    2000.07

  • イタリアからカナダへの長い旅路 - コンシタンチーン・チュレンとユライ・ロンドシの往復書簡から -

    西スラヴ学論集   ( 3 ) 69 - 122  2000.03

  • The System of Local Administration in Slovakia

    Osamu Ieda (ed.), The Emerging Local Governments in Eastern Europe and Russia. Historical and Post-Communist Developments, Keisuisha     155 - 185  2000.02

  • Japonsky slovakista na navsteve v Amerike

    Slovak v Amerike   jun 1999  1999.06

  • Stefanik in Japan in 1918—Some new sources from archival materials

    the seminar “Milan Rastislav Stefanik-scientist, politician and general-bridging people and continent" (USA, Washington D.C.)    1999.05

  • Sukromne dojmy japonskeho slovakistu z nedavnej cesty po Slovensku

    Kanadsky Slovak   rocnik 56, cislo 47, 26.decemb  1998.12

  • Pobyt M.R.Stefanika v Japonsku (jesen 1918)

    国際学術会議 日本における1918年のミラン・ラスチスラウ・シチェファーニクの使命(スロヴァキア、ブラチスラヴァ)    1998.09

  • スロバキア語(再録)

    言語学大辞典セレクション ヨーロッパの言語/三省堂    1998.05

  • スロヴァキアの1997年5月国民投票をめぐって

    東中欧地域国際関係の変動/北海道大学スラブ研究センター    1998.03

  • スロヴァキア学術協会/スロヴァキア展望/スロヴァキア文学/スロヴァキア民族新聞/ダウ/タトリの鷲/タトリーン/チェコ・スラヴ協会/ニトラ/フラス/マチツァ・スロヴェンスカー/民族新聞(12項目)

    『集英社世界文学大事典』第5巻/集英社    1997.10

  • シャファーリク/サシニェク(2項目)

    『歴史学事典』第5巻/弘文堂    1997.10

  • ベルノラーク/ホジャ/ボト/ホリー/マコヴィツキー/ミナーチ/ムニャチコ/ヤシーク/ラーズス/ルーフス(10項目)

    『集英社世界文学大事典』第4巻/集英社    1997.07

  • ディロンク/ノヴォメスキー/ハルプカ/フヴィエズドスラウ/フルバン/フロンスキー/ヘチコ/ベドナール(8項目)

    『集英社世界文学大事典』第3巻/集英社    1997.04

  • 反体制的体制派へのネクロローグ-ヴラジミール・ミナーチ追悼

    ユリイカ/青土社   1997/ 3号  1997.03

  • 『スロヴァキア民族学地図帳』を読む

    シンポジウム スラブ・東欧の民衆文化と民間信仰 報告要旨と討議要約/創価大学スラブ東欧研究センター   スラブ東欧研究センター資料集4  1997.03

  • Slovakia and Hungary:The Most Complicated Bilateral Relations in Central Europe:Focusing on the Gabcíkovo-Nagymaros Problem

    Tadayuki Hayashi (ed.),The Emerging New Regional Order in Central and Eastern Europe,Slavic Research Center,Hokkaido University    1997.03

  • スロヴァキアの地方行政制度

    ロシア・東欧における地方制度と社会文化    1997

  • イェーゲー/イェセンスキー/イレムニツキー/ヴァヤンスキー/ウルバン/ガシパル/カリンチヤク/カルヴァシ/クラスコ/クラーリ/コラール/シクラ/シトゥール/シャファーリク/スラートコヴィチ/スロボダ/タタルカ/タヨウスキー

    長與 進

    集英社世界文学大事典/集英社   第1巻・第2巻  1996.10

  • Slovakia and Hungary:The Most Complicated Bilateral Relations in Central Europe:Focusing on the Gabcíkovo-Nagymaros Problem

    Susumu Nagayo

    1996年度夏期国際シンポジウム<中東欧地域の新国際秩序>/北海道大学スラブ研究センター    1996.07

  • 石川達夫「マサリクとチェコの精神 アイデンティティと自律性を求めて」成文社 1995年 302頁

    長與 進

    ロシア史研究/ロシア史研究会   ( 58 )  1996.03

  • チェコスロバキアのスロバキア人/東ドイツのソルブ人

    世界のマイノリティ事典/明石書店    1996.03

  • スロヴァキアにおける宗教と教会の現状

    長與 進

    東欧史研究   ( 18 )  1995.12

  • スロヴァキア(国概説)/スロヴァキア語/ドゥプチェク/ティソ/シトゥール/フリンカ/メチアル/シチェファーニク

    長與 進

    『世界民族問題事典』 平凡社    1995.09

  • スロヴァキアの議会と政党

    長與 進

    伊東孝之編 『東欧政治ハンドブック 議会と政党を中心に』 (財)日本国際問題研究所    1995.07

  • Gabcikovo-Nagymaros: A Politicized River Improvement Project on the Danube

    Susumu Nagayo

    European Integration and the Danubian Countries/Haruhiko Hamaguchi, Representative, No.5 Project    1995.03

  • 東欧における民族問題の現段階-スロヴァキア南部のハンガリー系少数民族の場合

    長與 進

    ソ連研究   13  1991

  • ミラン・ラスチスラウ・シチェファーニクの日本滞在-1918年秋-

    長與 進

    共同研究 ロシアと日本   2  1990

  • ヤーン・コラールの叙事詩『スラーヴァの娘』に見られる東洋のモチーフ

    長與 進

    共同研究 日本とロシア    1987

  • リュドヴィート・シトゥールの『スラヴ民族と未来の世界』-スロヴァキアにおけるスラヴ思想のひとつの帰結-

    長與 進

    西スラヴ学論集   ( 創刊号 ) 55 - 75  1986.06

  • 『スラーヴァの娘』におけるスラヴ思想

    長與 進

    ヨーロッパ文学研究   ( 33 ) 50 - 67  1986.03

  • ヤーン・コラールの〈スラヴ相互交流〉理念について

    長與 進

    ヨーロッパ文学研究   ( 30 ) 104 - 116  1983.06

▼display all

Books and Other Publications

  • ロシアとヨーロッパ Ⅲ ロシアにおける精神潮流の研究

    T.G.マサリク

    成文社  2005.08

  • スロヴァキア

    長與 進

    欧州諸国の言語法 欧州統合と多言語主義/三元社  2005.06

  • ロシアとヨーロッパ Ⅱ ロシアにおける精神潮流の研究

    T.G.マサリク

    成文社  2004.06

  • スロヴァキア語文法

    長與 進

    大学書林  2004.04

  • 似ているけれども違う、違うけれども似ている-チェコ語とスロヴァキア語の不思議な関係/新天地をめざした人たちースロヴァキアから北米大陸への移民/第一次大戦とチェコ人・スロヴァキア人ー戦乱の中から生まれた共和国/改革は挫折したが・・・-「プラハの春」から1989年まで/ビロード革命と連邦解体ー平穏無事な大異変/コラムースロヴァキア人の名前/コラムーミラン・ラスチスラウ・シチェファーニクの日本訪問/コラムー「チェコスロヴァキア」か「チェコ・スロヴァキア」かーハイフンの政治学/コラムースロヴァキアの通貨デザインに

    長與 進

    チェコとスロヴァキアを知るための56章/明石書店  2003.04

  • 極東地域とシベリアにおけるミラン・ラスチスラウ・シチェファーニク (1918年11月ー1919年1月)-日本との関わりを中心として

    異郷に生きるⅡー来日ロシア人の足跡/成文社  2003

  • ミラン・ラスチスラウ・シチェファーニクの日本滞在-再論

    異郷に生きるー来日ロシア人の足跡/成文社  2001.04

  • 白犬伝

    ルドルフ・スロボダ

    文学の贈物 東中欧文学アンソロジー/未知谷  2000.06

  • 政治問題としてのスロヴァキア語 - その法的地位をめぐる一考察 -

    「ヨーロッパ」の歴史的再検討/早稲田大学出版部  2000.02

  • ドナウとスロヴァキア (1) ガプチーコヴォ・ダムー政治問題化したドナウ河の治水事業 (2) ドナウに架ける橋

    ドナウ河の社会学  1997

  • 都市ガイド/文学/中欧の人々/祭りとイヴェント/人物事典

    長與 進

    沼野充義 監修 『中欧 ポーランド・チェコ・スロヴァキア・ハンガリー』 新潮社  1996.02

  • 白いライオンと二重十字架の七四年- チェコスロヴァキアの正式国名と国家シンボルの変遷をめぐって

    長與 進

    講座スラブの世界 第2巻 スラブの民族  1995

  • スロヴァキアの議会と政党

    長與 進

    伊東孝之編 『東欧政治ハンドブック 議会と政治を中心に』  1995

  • スロヴァキア語会話練習帳

    長與 進

    大学書林  1984.08

▼display all

Research Projects

  • Transboundary Symbiosis over the Danube

    Project Year :

    2013.04
    -
    2018.03
     

  • A Comprehensive Study of the Slavic Micro Literary Languages after the Revolution of Eastern Europe

    Project Year :

    2013.04
    -
    2017.03
     

     View Summary

    Taking as a starting point a series of seminal works on the so-called Slavic literary micro-languages whose theory has been advanced by Dulichenko (1981), this project has investigated the dynamics of the Slavic literary micro-languages particularly after the political changes in Eastern Europe of the last almost three decades. The project has also made use of various modern sociolinguistic theories in order to place the specific features of the Slavic literary micro-languages in a broader context. The main achievements are found in the fact that this project has: 1. discovered and analyzed various new micro-languages, such as Bunyev, Podlachian, Gorani, etc., in part based on detailed field works; 2. updated dynamics of the languages, such as Banat Bulgarian, Silesian, Kashubian, etc.; 3. developed international collaboration with distinguished scholars, having organized three international symposia in Japan that resulted in various publications, including co-authored articles

  • Historiography in Eastern Europe during the Socialist Era

    Project Year :

    2012.04
    -
    2017.03
     

     View Summary

    On the historiography of Socialist Eastern Europe, basic information was investigated and presented, and individual themes were set and analyzed. Because historical journals are an important medium for considering the history research, we surveyed the history of historical journals of each region. In the individual theme, the members of the project examined the history of historical description, individual historians, and institutions that support and/or regulate historical studies

  • 多層的な民族共生への道:ドナウ中流域とEU統合

    科学研究費助成事業(早稲田大学)  科学研究費助成事業(基盤研究(B))

    Project Year :

    2013
    -
    2017
     

     View Summary

    我々の科研課題遂行の第1年目にあたる2013年度は、東京(2013年6月1日)と札幌(2014年3月30日)で計2回の共同研究会を開き、各自の研究課題の進捗状況を報告して、相互に情報交換と情報提供を図った。年度内に3名のメンバーをスロヴァキアに派遣して、現地の研究者との意見交換や学術的コンサルテーション、関係機関(大学、研究所、行政機関、民族団体本部など)の訪問、図書館や文書館での資料収集に従事した。長與(研究代表者)は2013年8月16日から31日までおもにブラチスラヴァに、神原ゆうこ(研究分担者)は9月2日から28日まで同じくブラチスラヴァに、中澤達哉(研究分担者)は2014年2月28日から3月6日までコマールノに滞在して、上述の課題を遂行した。その際中心になったのは、第2年度(2014年)9月にコマールノのシェイェ大学で開催を予定している国際ワークショップの準備作業である。年度末の3月に英文論文集 Transboundary Symbiosis over the Danube: EU integration between Slov

  • Studies of East Asian Community with Reference to the Legacy of Empires

    Project Year :

    2006
    -
    2009
     

     View Summary

    Our project has contributed to scholarly investigations on East Asian Community in terms of the collection of historical materials on "Asianism" in postwar Japan, the promotion of mutual historical understandings between Japan and Korea, and the development of new methodologies for Asian Studies. The Construction of the database of Japan Socialist Party documents, the publication of three volume bulletins on "Historical Recognition in Japan and Korea," and three volume book series "Ajiagaku no susume (Introduction to Asian Studies)" are the examples of our accomplishments.

  • Comprehensive Study of History and Culture of Russians in Japan

    Project Year :

    2001
    -
    2004
     

  • Changes of Regional Relations in East Central Europe

     View Summary

    1) This study focuses on the changes of international relations in East Central Europe of post-communist era, in particular :(a) eastward expansion of NATO and/or the EU,(b) sub-regional cooperation (e.g.CEFTA) in Central Europe(c) bilateral relations (e.g.ethnic minority problems) in the region,(d) relations between foreign policy and domestic factors in each country.2) We had interviews with the persons in charge of this matter in the governments and political parties of the Central and East European countries and Russia..3) We collected materials on :(a) the parliamentary elections (June, 1996) and the Senate elections (November, 1996) in the Czech Republic ;(b) Referendum on accession to NATO in Slovakia (May, 1997)(c) the parliamentary elections in Poland (June, 1997)(d) Referendum on accession to NATO in Hungary (November, 1997)4) The main points of the study may be summarized as follows :(a) Although Poland, the Czech Republic and Hungary have secured their position as the future members of NATO and the EU,there remain many domestic problems to be solved by the time they join in the organizations.(b) Slovak democracy is unstable. Consequently, neither NATO nor the EU regard

  • Comprehensive Study on the activity of Russian emigrants in Japan in the field of culture

     View Summary

    The list of date and main reports at the resular meetings and the annual ganeral research assembly which we held this year is as follows.1. the regular meetings(1) on 1 April 2000 at Sano-shoin of Hitotsubashi Univ."The movement of Japonism in Russia at the end of the 19th century" by M.Diakonova (from Moscow Univ.)(in Russian) and other reports(2) on 3 June at Waseda Univ. (Faculty of Literature)"On my memories in Japan" by E.Genize (from St.Petersburg Univ.)(in Russian), and others(3) on 29 July at Tokyo Station College of Saitama Univ."On the images of Japan in the poetries of Russian emigrants" by W.Morojiakov (from Moscow Univ.)(in Russian), and others(4) on 12 December at Waseda Univ.(Faculty of Politics and Economics)"On the Archive in Hawaii Univ." by K.Sawada (in Japanese), and others(5) on 3 February 2001 at Waseda Univ.(Faculty of Politics and Economics)"A Missonary of Russian Orthodox Church, Sergij Stragorodoskij's image of Japan" by T.Shimizu (in Japanese), and others2. the annual conferencefrom 8 August to 1 September at Univ.Seminar House in Hachioji"The results of reseach on Russian emigrants in Halbin" by M.Naganawa"The image of Russian emigrants in J.Tanizaki's n

  • A Synthetic Study on the History and Culture of Russians in Japan

     View Summary

    Our research project, "A Synthetic Study on the History and Culture of Russians in Japan", was carried out over 4 years (2001-2004) by 12 members (one head investigator and 11 colleagues). The group study activities were realized within the framework of the Association for the Study of Russian in Japan and East Asia, which was established in 1995 and consists mainly of the same members as participated in the project. The Association held 20 regular conferences between 2001 and 2004,including two special conferences in Hakodate (in June 2002) and in Nagasaki (in September 2004). Based on these regular activities, we published in March, 2003,"Russia and Japan", Vol.5,and in March,2005,Vol.6. (Both publications are submitted with this paper as Reports on the results of the project.) The former publication includes two interviews, 14 papers and one bibliographical material (308 pp.), the last including two interviews and 19 papers (340 pp.). Both publications were sent to universities, libraries and institutions not only in Japan, but also overseas. Besides this, we published 11 Association newsletters under the title "Foreign Country" (Ns.11-21). With these results, we believe that th

  • 拡大EU諸国における外国語教育政策とその実効性に関する総合的研究

     View Summary

    1. 平成18年度から20年度までに研究分担者が現地調査等により収集した最新のデータをもとに各国の言語教育政策と実効性の検証作業を東京外国語大学語学研究所との共催による研究集会で、合計13回行った。2. その他、研究分担者・研究協力者は研究期間3年間の間に、それぞれが関係する学会・研究会などで発表し論文として提出した。(下記、5.主な発表論文等を参照)一例として研究代表者富盛伸夫は平成20年11月15日外国語教育学会(於、東京学芸大学)などにおいて特別講演「ヨーロッパ連合(EU)における高等教育改編と言語教育政策の問題点について」と題し、「ボローニャプロセス」による高等教育制度改革の下で、言語教育政策と教育現場との諸問題について現地調査に基づいた報告を本研究プロジェクトの成果として行った。3. 上記の研究会の成果発表など主な資料を、本プロジェクトの研究報告書として印刷し公開した

▼display all