Updated on 2024/04/23

写真a

 
NAKAGAWA, Yoshihide
 
Affiliation
Faculty of Science and Engineering
Job title
Professor Emeritus
Degree
Doctor of Engineering ( 早稲田大学 )

Research Experience

  • 1991
    -
     

    Professor, Graduate School of Science and Engineering, Waseda Univ.

  • 1985
    -
    1991

    Associate Professor,

  • 1985
    -
    1991

    Associate Professor, Graduate School of Science and Engineering, Waseda Univ.

  • 1985
    -
    1991

    Associate Professor, School of Science and Engineering, Waseda Univ.

  • 1980
    -
    1985

    Research Associate, School of Science and Engineering, Waseda Univ.

Education Background

  •  
    -
    1981

    Waseda University   Graduate School, Division of Science and Engineering  

  •  
    -
    1972

    Waseda University   Faculty of Science and Engineering  

Professional Memberships

  •  
     
     

    World Conference on Transport Research Society

  •  
     
     

    Regional Science Association International

  •  
     
     

    日本オペレーションズ・リサーチ学会

  •  
     
     

    応用地域学会

  •  
     
     

    地理情報システム学会

  •  
     
     

    日本地域学会

  •  
     
     

    Japan Society of Urban and Regional Planners

  •  
     
     

    Regional Science Association International

  •  
     
     

    The Japan Society of Civil Engineering

  •  
     
     

    The City Planning Institute of Japan

▼display all

Research Interests

  • Town and Regional Planning,Transportation Planning / National Planning,Environmental System

 

Papers

  • Study on Actual Results of Planned Road Revision by Administrations and Ideal Way of Verification Process

    SAIKATSU Fumito, NAKAGAWA Yoshihide

    Journal of the City Planning Institute of Japan   46 ( 3 ) 589 - 594  2011.10

     View Summary

    The present study states the difference and the feature of the verification process of the planned road revision with the results through the comparison and the analysis between administrative divisions. Moreover, it aims to pay attention to the case where the review has already been done in the whole country, and to obtain the finding from the real state of affairs grasp to the ideal way of the review in the future. The work realities at the practical level were understood by the hearing investigation to the staff of the prefecture, and the feature of each case was stated by the difference of roles of the revision method, the prefecture and the city. The ideal way of the revision in the future was stated from the real state of affairs of a nationwide revision result.

    DOI CiNii

  • 犯罪抑止に対する防犯活動とコミュニティのあり方に関する一考察

    山西正輝, 中川義英

    土木学会第34回土木計画学研究・講演集   ( 34 )  2006.12

  • 中野区における住宅特性からみた居住水準未満率削減に向けての一考察

    落合 崇, 中川義英

    土木学会第34回土木計画学研究・講演集   ( 34 )  2006.12

  • 地方中心市街地の交通施策の効果に関する検証〜前橋市と高崎市を対象として〜

    池田弘仁, 中川義英

    土木学会第34回土木計画学研究・講演集   ( 34 )  2006.12

  • 火災発生件数と都市構造との関係に対する一考察

    阿部恭丈, 中川義英

    土木学会第34回土木計画学研究・講演集   ( 34 )  2006.12

  • 首都圏における自立都市圏形成に関する一考察

    大門 創, 帯川明宏, 中川義英

    地域学研究   35 ( 4 ) 869 - 886  2006.02

     View Summary

    National capital region has acted as a Japanese leading role through the current of various times from the war damage rehabilitation to the present. National Capital Region Development Program was projected five times as a readjustment in the National capital region. These projects were aiming to prevent the over-concentration of urban functions in Tokyo. But it is said that over-concentration of urban function in Tokyo has not been solved yet.<br>So the purpose in this research is to clarify whether the distributive policy is truly proper or not for National Capital Region Development Program.<br>First, we build up a hypothesis that the amount of production in National capital region varies according to the formation of Independence Urban Area. Secondly, defining Independence Urban Area, we aim to confirm the relationship among several areas by analyzing the amount of monetary transference and production. If Independent Urban Area was to set up and the number of employee dispersed from the central business district, we might draw a conclusion of changing the whole amount of production in National capital region.<br>By this analysis we can verify our hypothesis.<br>JEL classification : R11, R14, R38,

    DOI CiNii

  • 利用者意識を考慮した高速道路における休憩施設整備のあり方に関する研究

    佐藤有哉, 中川義英

    第32回土木計画学研究発表会(秋大会概要集)   ( 32 )  2005.12

  • 東京都心部における人口増加傾向と居住形態の関係に関する研究

    大垣貴裕, 中川義英

    第32回土木計画学研究発表会(秋大会概要集)   ( 32 )  2005.12

  • 学校施設の開放と住民評価に関する研究〜杉並区の学校公園化と共同利用を対象として

    牧野和孝, 中川義英

    第32回土木計画学研究発表会(秋大会概要集)   ( 32 )  2005.12

  • 全蓋式アーケードが商店街に与える効果とその空間を利用した活性化事業に関する基礎的研究

    上田晃史, 中川義英

    土木学会第60回年次学術講演会講演概要集第4部   ( 60 )  2005.09

  • 中心市街地活性化基本計画における土地区画整理事業の実際

    小山慎也, 中川義英

    土木学会第60回年次学術講演会講演概要集第4部   ( 60 )  2005.09

  • 東京都心部における人口増加傾向と居住形態の関係に関する研究

    大垣貴裕, 中川義英

    土木学会第60回年次学術講演会講演概要集第4部   ( 60 )  2005.09

  • 利用者意識を考慮した高速道路における休憩施設整備のあり方に関する研究

    佐藤有哉, 中川義英

    土木学会第60回年次学術講演会講演概要集第4部   ( 60 )  2005.09

  • 継続的な『まち学習』実践の事例と課題

    神田裕史, 中川義英

    土木学会第30回土木計画学研究・講演集   30  2004.11

  • スケルトン定借を用いた低未利用地有効活用による都心居住促進に関する基礎的研究

    中込浩樹, 中川義英

    土木学会第59回年次学術講演会講演概要集第4部   59 ( l4 ) 695 - 696  2004.09

  • 首都圏整備計画における緑地政策の変遷に関する基礎的考察

    丸山正輝, 中川義英

    土木学会第59回年次学術講演会講演概要集第4部   59 ( l4 ) 665 - 666  2004.09

  • 小・中学生を対象とした『まち学習』の特徴

    神田裕史, 中川義英

    土木学会第59回年次学術講演会講演概要集第4部   59 ( l4 ) 501 - 502  2004.09

  • 首都圏における自立都市圏形成に関する一考察

    大門 創, 中川義英

    日本地域学会第41回年次大会学術発表論文集   41   549 - 554  2004.09

  • 東京駅を中心とした容積転移に関する基礎的考察

    川上岳寿, 中川義英

    土木学会第29回土木計画学研究・講演集   29  2004.06

  • 小学生、中学生を対象とした「まちづくり学習」

    中川義英, 神田裕史

    都市計画   53 ( 1 ) 43 - 46  2004.02

    CiNii

  • 滞在時間と回遊行動からみた高崎市中心市街地における駐車場選択に関する研究

    嶋田貴司, 中川義英

    土木学会第28回土木計画学研究発表会講演概要集   28  2003.11

  • 世帯特性と住居形式に着目した土地区画整理事業完了地区の住み替えに関する研究

    安田香平, 中川義英

    日本都市計画学会学術論文集   38   67 - 72  2003.11

  • 東京臨海副都心における無料巡回バスの利用促進に関する基礎的研究

    児玉達哉, 中川義英

    土木学会第58回年次学術講演会講演概要集   58  2003.09

  • さいたま新都心移転企業従事者の居住地特性と通勤行動に関する研究

    小俣洋士, 中川義英

    土木学会第58回年次学術講演会講演概要集   58  2003.09

  • 明日の都市交通政策

    成文堂    2003.06

  • 中学校における「まちづくり学習」の実践と教員との協動

    中川義英, 赤松宏和, 片石圭介

    土木学会第27回土木計画学研究発表会講演概要集   27  2003.06

  • まちづくり賛歌

    中川義英

    早稲田大学大学院「子どものまちづくり学習」研究会    2003.04

  • 掛川駅周辺駐車場のP&R利用者の駐車場選択理由に関する一考察

    水井朋之, 中川義英, 赤松宏和

    土木学会関東支部第30回関東支部技術研究発表会講演概要集Ⅳ   30 ( 1 )  2003.03

  • The New Topic of Urban Development and Management in Tokyo

    Yoshihide Nakagawa

    Forum on Public Policys of 21st Century、Shanghai, China    2002.12

  • 歩行者の回遊状況からみた駐車場勢圏に関する研究

    土木計画学研究・講演発表会/土木学会   25  2002.11

  • 地域スポーツの地域活性化効果に関する研究

    堤理仁, 中川義英, 赤松宏和

    都市計画論文集   37   283 - 288  2002.11

     View Summary

    Recently, the social environment changes. Problems such as lowering og the physical fitness and various and new diseases are arising. Therefore, the sports promotion is being attempted. The inhabitant activity including sports is the activity for the hobby of the self. Therefore, it is connected only with the individual activation. However, sports may be also connected with doing in the group, for energization of a region. This research has noticed the synthetic club raised in many cities. Then, this research clarifies the effect in which the region is activated by the synthetic club using the questionnaire survey. Using the result, this research considers the policy of future region sports club rearing. This is a purpose of this research.

    DOI CiNii

  • 義務教育課程における「まちづくり学習」の支援体制に関する研究

    片石圭介

    土木計画学研究・講演発表会/土木学会   26  2002.11

  • 東京臨海副都心における駐車場案内システムに関する基礎的研究

    松下直哉

    第57回年次学術講演会講演発表会/土木学会   57  2002.09

  • 中学校における「まちづくり学習」の人的支援・人材育成に関す研究

    片石圭介

    第57回年次学術講演会講演発表会/土木学会   57  2002.09

  • フーバーインデックスを用いた都市の傾向の把握に関する基礎的研究

    帯川明宏

    第57回年次学術講演会講演発表会/土木学会   57  2002.09

  • Machizukuri Learning in Junior High School,Children's Involvement in Machizukuri and Built Environment Education

    Yoshihide Nakagawa

    The City Planning Institute of Japan,PIJ News Letter   No.20  2002.07

  • The Research on Regional Activation Effect of the Region Sports

    Tsutsumi Masahito, Akamatsu Hirokazu, Nakagawa Yoshihide

    Papers on City Planning   37   283 - 288  2002

     View Summary

    Recently, the social environment changes. Problems such as lowering og the physical fitness and various and new diseases are arising. Therefore, the sports promotion is being attempted. The inhabitant activity including sports is the activity for the hobby of the self. Therefore, it is connected only with the individual activation. However, sports may be also connected with doing in the group, for energization of a region. This research has noticed the synthetic club raised in many cities. Then, this research clarifies the effect in which the region is activated by the synthetic club using the questionnaire survey. Using the result, this research considers the policy of future region sports club rearing. This is a purpose of this research.

    DOI CiNii

  • The New Topic of Urban Development and Management in Tokyo

    Forum on Public Policys of 21st Century, Shanghai, China,    2002

  • 都心居住実現に向けての基礎的研究 東京都中央区にスケルトン定借事業を仮定して

    第56回年次学術講演会講演概要集第4部/土木学会   56   330 - 331  2001.10

  • 鉄道・地下鉄と並行しているバス路線の有効性に関する研究

    第56回年次学術講演会講演概要集第4部/土木学会   56   158 - 159  2001.10

  • 中学校教育における「総合的な学習の時間」への「こどものまちづくり学習」導入に向けた基礎的研究

    土木計画学研究・講演集/土木学会   24 ( 2 ) 865 - 868  2001.10

  • 中学教育における「総合的な学習の時間」への「こどものまちづくり学習」導入に向けた基礎的研究

    第56回年次学術講演会講演概要集第4部/土木学会   56   232 - 233  2001.10

  • 事業所の周辺地域への防災協力についての研究

    第56回年次学術講演会講演概要集第4部/土木学会   56   480 - 481  2001.10

  • 構成要素から見る住宅地における街並・景観に関する研究

    第56回年次学術講演会講演概要集第4部/土木学会   56   20 - 21  2001.10

  • 中心市街地の再生戦略

    The Planning for the Revitalization of C.B.D. in Local City/東義大学校    2001.08

  • 中心市街地の再生戦略

    The Planning for the Revitalization of C.B.D. in Local City/東義大学校    2001.08

  • 中学校におけるまちづくり教育・学習の課題

    研究と成果/早稲田大学専門学校   ( 18 ) 41 - 48  2001.03

  • 地域スポーツクラブを拠点とした地域づくり活動とその可能性

    第28回関東支部技術研究発表会講演概要集/土木学会   ( 28 ) 630 - 631  2001.03

  • A subject drawn out by a practical study of urban planning for junior high school students.

    Research & Result   18   41 - 48  2001

  • 中学校におけるまちづくり教育・学習の課題

    研究と成果   18   41 - 48  2001

  • 「中心市街地の再生戦略」

    The Planning for the Revitalization of C.B.D. in Local City     1 - 13  2001

  • 中心市街地活性化基本計画における「中心市街地」区域の規模に関する研究

    土木計画学研究・講演集/土木学会   №23(1)   483 - 486  2000.11

  • 中学校における「まちづくり学習」授業プログラムに関する基礎的研究

    土木計画学研究・講演集/土木学会   №23(1)   27 - 30  2000.11

  • 小規模市町村におけるイベントを取り入れた活動による地域活性化

    土木計画学研究・講演集/土木学会   №23(2)   63 - 66  2000.11

  • 近郊地帯における緑地の変遷 〜市川市行徳地区を対象にして〜

    土木計画学研究・講演集/土木学会   №23(2),pp.129〜132  2000.11

  • 商業地区再生と都市形態の変容に関する日韓比較研究(Ⅱ)〜パートナーシップによる再生〜

    日韓比較研究会報告集/早稲田大学都市計画研究室   ( 2 ) 4 - 16  2000.10

  • 文化的公共公益施設の集客力を用いた中心市街地活性化方策に関する考察

    第55回年次学術講演会講演概要集第4部/土木学会   55   926 - 927  2000.09

  • 中学校における「まちづくり学習」授業プログラム開発に関する基礎的研究

    第55回年次学術講演会講演概要集第4部/土木学会   55  2000.09

  • 地域づくりの拠点としての地域スポーツクラブ成立に関する一考察

    第55回年次学術講演会講演概要集第4部/土木学会   55   922 - 923  2000.09

  • 小規模市町村におけるイベントを取り入れた活動による地域活性化

    第55回年次学術講演会講演概要集第4部/土木学会   55   920 - 921  2000.09

  • 近郊緑地保全区域周辺における緑地の変遷 〜市川市行徳地区を対象にして〜

    第55回年次学術講演会講演概要集第4部/土木学会   55   848 - 849  2000.09

  • 路面電車の停留所施設に関する一考察

    第27回関東支部技術研究発表会講演概要集/土木学会関東支部   27   684 - 685  2000.03

  • 情報発信施設がもたらす歩行者への影響に関する基礎的研究

    第27回関東支部技術研究発表会講演概要集/土木学会関東支部   27   616 - 617  2000.03

  • 首都圏地域における一極集中の要素の究明

    第27回関東支部技術研究発表会講演概要集/土木学会関東支部   27   606 - 607  2000.03

  • 子どもを対象としたまちづくり教育・学習のあり方

    研究と成果/早稲田大学専門学校   17   55 - 66  2000.03

  • 子どもを対象としたまちづくり教育・学習のあり方

    科学研究費補助金 研究成果報告書   09875123  2000.03

  • コミュニティ施設利用から見た地域コミュニティに関する一考察

    第27回関東支部技術研究発表会講演概要集/土木学会関東支部   27   722 - 723  2000.03

  • Urban Planning Studies for Children

    Research & Result   17   55 - 66  2000

  • 子どもを対象としたまちづくり教育・学習のあり方

    早稲田大学専門学校「研究と成果」   17   55 - 66  2000

  • 通勤流動圏域の設定から見た県境の地域における整備方針—北関東地域に着目して—

    土木計画学研究・講演集/土木学会   22(1)   141 - 144  1999.10

  • 通勤流動圏域からの地方生活圏に関する一考察

    第54回年次学術講演会講演概要集第4部/土木学会   54   240 - 241  1999.10

  • 中高生が地域と関わる方策としての中野区における児童館活用に関する研究

    土木計画学研究・講演集/土木学会   22(1)   49 - 52  1999.10

  • 中高生が地域と関わる方策としての中野区における児童館活用に関する研究

    第54回年次学術講演会講演概要集第4部/土木学会   54   92 - 93  1999.10

  • 地区イメージ形成のための認知構造の同定に関する研究—吉祥寺をケーススタディー地区として—

    第54回年次学術講演会講演概要集第4部/土木学会   54   80 - 81  1999.10

  • 商業地区再生と都市形態の変容に関する日韓比較研究(Ⅰ) 〜日本6都市の現状と課題〜

    日韓比較研究会報告集/東亜大学校   1   21 - 40  1999.10

  • 自家用車利用観光客の特性に関する研究—栃木県日光市を事例として—

    第54回年次学術講演会講演概要集第4部/土木学会   54   22 - 23  1999.10

  • 観光地の魅力伝搬メカニズムに関する基礎的研究—栃木県日光市を事例として—

    第54回年次学術講演会講演概要集第4部/土木学会   54   24 - 25  1999.10

  • 「環境保全型観光都市」づくりのための公共交通システム体系の提案

    第54回年次学術講演会講演概要集第4部/土木学会   54   18 - 19  1999.10

  • 「環境保全型観光都市」づくりのための公共交通システム体系の検討

    土木計画学研究・講演集/土木学会   22(1)   451 - 454  1999.10

  • 小学校におけるまちづくり学習のあり方

    土木計画学研究・論文集/土木学会   16   61 - 68  1999.09

    CiNii

  • 地域密着型のまちづくりとしてのJリーグホームタウンの現状

    第26回関東支部技術研究発表会講演概要集/土木学会関東支部   26   836 - 837  1999.03

  • 首都圏におけるパーソントリップ調査に基づく業務核都市の都市構造の変容

    第26回関東支部技術研究発表会講演概要集/土木学会関東支部   26   816 - 817  1999.03

  • 義務教育における まちづくり学習 支援手法開発に関する基礎的研究

    第26回関東支部技術研究発表会講演概要集/土木学会関東支部   26   834 - 835  1999.03

  • Concept of Urban Studies in Elementary School

    Infrastructure Planning Review   16   61 - 68  1999

  • 小学校におけるまちづくり学習のあり方

    土木計画学研究・論文集   16   61 - 68  1999

  • 東京都の木造住宅密集地域における重点地区の整備方針

    土木計画学研究・講演集/土木学会   20(2)   531 - 534  1998.11

  • 都電荒川線の商店街類型化と特性に関する研究

    土木計画学研究・講演集/土木学会   21(2)   511 - 514  1998.11

  • 小学校におけるまちづくり学習のあり方

    土木計画学研究・講演集/土木学会   21(2)   49 - 52  1998.11

  • 市街地再開発における空地設定と容積率の相関について

    土木計画学研究・講演集/土木学会   21(2)   145 - 148  1998.11

  • 関西文化学術研究都市における就業者からみた望ましい職住近接型都市形態

    都市計画論文集/日本都市計画学会   33   793 - 798  1998.11

  • Effects of Children-Oriented Community Studies for Supporting Tool in Urban Planning Education Systems

    Technical Report/ARISE WASEDA UNIVERSITY   98-15   1 - 10  1998.11

  • 日光市における観光交通対策等のあり方に関する研究

    第53回年次学術講演会講演概要集第4部/土木学会   53   800 - 801  1998.10

  • 東北地方におけるチェーンリング概念に基づいた地域間交流

    第53回年次学術講演会講演概要集第4部/土木学会   53   154 - 155  1998.10

  • 都市間環状道路周辺の土地利用特性に関する研究

    第53回年次学術講演会講演概要集第4部/土木学会   53   330 - 331  1998.10

  • 都市と農村の交流事業に関する研究

    第53回年次学術講演会講演概要集第4部/土木学会   53   796 - 797  1998.10

  • 子供のまちづくり学習 支援開発のための一考察

    第53回年次学術講演会講演概要集第4部/土木学会   53   194 - 195  1998.10

  • 学園都市における就業者からみた職住近接型都市形態

    第53回年次学術講演会講演概要集第4部/土木学会   53   198 - 199  1998.10

  • 密集市街地整備事業における法定措置のあり方に関する研究

    第25回関東支部技術研究発表会講演概要集/土木学会関東支部   25   750 - 751  1998.03

  • 低公害車導入による排出ガス抑制効果に関する研究

    第25回関東支部技術研究発表会講演概要集/土木学会関東支部   25   776 - 777  1998.03

  • 新市街地における待ち台数を考慮した駐車需要算出に関する研究

    第25回関東支部技術研究発表会講演概要集/土木学会関東支部   25   796 - 797  1998.03

  • 交通網整備に基づく都市構造の変化に関する研究

    第25回関東支部技術研究発表会講演概要集/土木学会関東支部   25   692 - 693  1998.03

  • 企業城下町としてみた日光市の都市形成と今後の整備のあり方に関する研究

    第25回関東支部技術研究発表会講演概要集/土木学会関東支部   25   742 - 743  1998.03

  • Effects of "Children-Oriented Community Studies" for Supporting Tool in Urban Planning Education Systems

    Technical Report, Advanced Research Institute for Science and Engineering, WASEDA University   98-15   1 - 10  1998

  • Desirable Forms of Self-contained City from View Points of Employees in Kansai Science City

    SHONO Mutsuo, AKAMATSU Hirokazu, YOUN Sangbok, NAKAGAWA Yoshihide

    Papers on City Planning   33   793 - 798  1998

    CiNii

  • 関西文化学術研究都市における就業者からみた望ましい職住近接型都市形態

    SHONO Mutsuo, AKAMATSU Hirokazu, YOUN Sangbok, NAKAGAWA Yoshihide

    都市計画論文集   33   793 - 798  1998

    CiNii

  • 輪島市における都市計画マスタープラン策定時における都市問題に対する住民の認識の変化

    土木計画学研究・講演集/土木学会   20(2)   337 - 340  1997.11

  • 東京都の木造住宅密集地域における重点地区の整備方針

    土木計画学研究・講演集/土木学会   20(2)   531 - 534  1997.11

  • An Analysis and Measurement Model on Inter-Carrier Consolidation System of Freight in Urban Business Areas

    Proceedings of 1997 China-Japan Joint Symposium on Advanced Energy and Transportation Engineering/Press of University of Science and Technology of China     398 - 402  1997.11

  • 輪島市における都市計画マスタープラン策定時の都市問題に対する住民の認識の変化に関する研究

    第52回年次学術講演会講演概要集第4部/土木学会   52   306 - 307  1997.09

  • 都市内における木造住宅密集地域の特性に関する基礎的研究

    第52回年次学術講演会講演概要集第4部/土木学会   52   570 - 571  1997.09

  • 都市河川における水辺空間の整備方針に関する研究

    第52回年次学術講演会講演概要集第4部/土木学会   52   492 - 493  1997.09

  • 駐車場の共同化の効果に関する研究

    第52回年次学術講演会講演概要集第4部/土木学会   52   130 - 131  1997.09

  • 首都圏環状道路における主要交差点の形状が交通量に与える影響に関する研究

    第52回年次学術講演会講演概要集第4部/土木学会   52   864 - 865  1997.09

  • インターネット利用による効率的情報利用のための自治体行政情報に関する基礎的研究

    第52回年次学術講演会講演概要集第4部/土木学会   52   312 - 313  1997.09

  • 住民参加の課題

    Repus/日本建設情報総合センター   67  1997.02

  • Master Planning for Urban Transportation

    CPIJ-NEWS LETTER/The City Planning Institute of Japan   13  1997.02

  • An Analysis and Measurement Model on Inter-Carrier Consolidation System of Freight in Urban Business Areas

    Proceeding to 1997 China-Japan Joint Symposium on Advanced Energy and Transportation Engineering   398  1997

  • 都心業務地区における共同集配送の効果把握に関する研究

    日中学術交流 1997年 革新エネルギー・輸送工学中日合同シンポジウム論文集     398  1997

  • 多摩センター地区における共同利用駐車場の配置パターンの評価

    土木計画学研究講演集/土木学会   19(2)  1996.11

  • 埼玉県における首都圏整備計画に関する研究

    日本都市計画学会学術研究論文集/日本都市計画学会   31  1996.11

  • 幕張新都心における業務機能の集積の特性に関する一考察

    土木学会第51回年次学術講演会講演概要集/土木学会   51  1996.09

  • 大都市における防災生活圏の整備方策に関する基礎的研究

    土木学会第51回年次学術講演会講演概要集/土木学会   51  1996.09

  • 時間別料金制度による鉄道交通の混雑緩和に関する研究

    土木学会第51回年次学術講演会講演概要集/土木学会   51  1996.09

  • 資源化を考慮したごみ回収方法による資源回収量の算定に関する研究

    土木学会第51回年次学術講演会講演概要集/土木学会   51  1996.09

  • 多摩センター地区における共同利用駐車場の待ち時間上限の算出による適正規模決定方法に関する研究

    土木計画学研究・論文集/土木学会   13  1996.08

  • The Reflections of National Capital Region Development Plan in Saitama Prefecture

    Kurosawa Takekuni, Teraoku Jun, Youn Sangbok, Nakagawa Yoshihide

    Papers on City Planning   31 ( 0 ) 1 - 6  1996

     View Summary

    THE PURPOSES OF THIS PAPER ARE TO GRASP NATIONAL CAPITAL REGION DEVELOPMENT PLAN IN THE TOKYO METROPOLITAN REGION AND ASSOCIATED SOCIAL PHENOMENA, TO CLARIFY THE ROLE THIS PLAN PLAYED, TO SEARCH THE POINTS AT ISSUE, AND TO EXAMINE FUTURE PLANS. THIS RESEARCH FOCUSES ON SAITAMA PREFECTURE WHICH HAD MUNICIPALITIES AS GREEN BELT AND URBAN DEVELOPMENT AREAS. WE SCRUTINIZE INDUSTRIAL ESTATE DEVELOPMENT PROJECTS AND HOUSING POLICIES CHRONOLOGICALLY. BY STUDYING THE RELATION TO THE MOVEMENT OF POPULATION NUMERICALLY, WE CONCLUDE THAT THE NATIONAL POLICY BY THE CENTRAL GOVERNMENT DIDN'T MATCH THE LOCAL POLICIES BY LOCAL GOVERNMENTS SO GREEN BELT WASN'T ESTABLISHED.

    DOI CiNii

  • A method of deciding proper scale by calculating upper bound of waiting time of shared parkin lot of the central district in Tama.

    Infrastructure Planning Review   13   847 - 854  1996

  • 多摩センター地区における共同利用駐車場の待ち時間の上限の算出による適正規模決定方法に関する研究

    YOUN Sangbok, Endo Akira, NAKAGAWA Yoshihide, MIZUNO Teruo

    土木計画学研究・論文集   13   847 - 854  1996

     View Summary

    This paper is composed of the following three steps. First of all, as a use characteristic of the car which uses a central district in Tama The use purpose facilities and the arrival interval of parking to each parking lot of time are totaled from the measurement data. This approximates to the function at parking time and arrival intervals. Next, these data and the capacity of the parking lot are used. The simulation to which the parking waiting time and the number of waiting are obtained in the time series is done. Finally, a proper scale of the parking lot corresponding to present demand is obtained by setting the upper bound at the parking waiting time corresponding to target facilities in the simulation. One methodology of the proper scale calculation of each step in the district where phased development like a central district in Tama is continued is presented from the above-mentioned result.

    DOI CiNii

  • 埼玉県における首都圏整備計画の影響に関する研究

    Kurosawa Takekuni, Teraoku Jun, Youn Sangbok, Nakagawa Yoshihide

    都市計画論文集   31 ( 0 ) 1 - 6  1996

     View Summary

    THE PURPOSES OF THIS PAPER ARE TO GRASP NATIONAL CAPITAL REGION DEVELOPMENT PLAN IN THE TOKYO METROPOLITAN REGION AND ASSOCIATED SOCIAL PHENOMENA, TO CLARIFY THE ROLE THIS PLAN PLAYED, TO SEARCH THE POINTS AT ISSUE, AND TO EXAMINE FUTURE PLANS. THIS RESEARCH FOCUSES ON SAITAMA PREFECTURE WHICH HAD MUNICIPALITIES AS GREEN BELT AND URBAN DEVELOPMENT AREAS. WE SCRUTINIZE INDUSTRIAL ESTATE DEVELOPMENT PROJECTS AND HOUSING POLICIES CHRONOLOGICALLY. BY STUDYING THE RELATION TO THE MOVEMENT OF POPULATION NUMERICALLY, WE CONCLUDE THAT THE NATIONAL POLICY BY THE CENTRAL GOVERNMENT DIDN'T MATCH THE LOCAL POLICIES BY LOCAL GOVERNMENTS SO GREEN BELT WASN'T ESTABLISHED.

    DOI CiNii

  • 多摩センター地区における共同利用駐車場の適正規模決定方法に関する研究

    土木計画学研究講演集/土木学会   18(2)  1995.12

  • 東京都心部の大深度地下における多目的トンネルに関する調査研究-その2

    土木学会第50回年次学術講演会講演概要集/土木学会   50  1995.09

  • 多摩ニュータウンセンター地区における共同利用駐車場の適正規模決定に関する研究

    土木学会第50回年次学術講演会講演概要集/土木学会   50  1995.09

  • 住居系土地区画整理地区における店舗の立地とその変遷

    土木学会第50回年次学術講演会講演概要集/土木学会   50  1995.09

  • 景観づくりの計画と地区の視点

    最新技術講座/リアライズ社    1995.09

  • 傾斜地住宅の候補地設定手法に関する基礎的研究

    土木学会第50回年次学術講演会講演概要集/土木学会   50  1995.09

  • An Evaluetion of Town-scape with Computer Graphics

    Akinori MORIMOTO, Yoshihide NAKAGAWA, Jae-Young CHOI

    Theory and Applications of GIS   2 ( 1 ) 65 - 74  1994

    DOI

  • An Evaluation in District-Scape by using the Combination of Streetscape

      38   86 - 95  1994

  • A Study on the Evaluation and Introduction Effect of Parking Guidance and Information System of the Common Parking in Tama Center

    Papers on City Planning   29   283 - 288  1994

  • 多摩センター地区における駐車場案内システムの導入効果及び評価に関する研究

    都市計画論文集   29   283 - 288  1994

  • 街路景観の組み合わせによる地区景観評価に関する研究

    計画行政   38   86 - 95  1994

  • CGを用いた地区景観評価に関する研究

    GIS 理論と応用   2   65 - 74  1994

  • Location Pattern of Street Network in Neighborhood District

    Papers on City Planning   28   745 - 750  1993

  • An Evaluation of Townscape in District with Regional Characters

    Papers on City Planning   28   601 - 606  1993

  • 地区イメージを考慮した地区景観の定価に関する研究

    都市計画論文集   28   601 - 606  1993

  • 住区内骨格街路の網配列の評価手法に関する基礎的研究

    都市計画論文集   28   745 - 750  1993

  • The Location of Appropriate Floor-Area Ratio Considering the Road Capacity

    Proceedings of JSCE   440  1992

  • Mode Choice Pattern for Discretional Activity Based on Residential Pattern

    MEMOIRS OF THE SCHOOL OF SCIENCE & ENGINEERING, Waseda University   55  1992

  • Analysis on the Effects of Information systems to physical Distribution -Substitution/Multiplication/Supplement-

    Papers on City Planning   27   355 - 360  1992

  • 道路容量からみた適正容積率の設定に関する研究

    土木学会論文集   440  1992

  • 情報システムによる物流の代替・相乗・補完効果の分析

    都市計画論文集   27   355 - 360  1992

  • An Evaluation Method of Landscape in District Space

    Papers on City Planning   26  1991

  • 面的な広がりをもつ地区空間の景観評価手法に関する研究

    都市計画論文集   26  1991

  • Evaluation Model of the Residential Environment for Urban Improvement

    Proceedings of JSCE   419  1990

  • 住宅地における環境の評価手法に関する研究

    土木学会論文集   419  1990

  • Evaluation Model of the Urban Environment for Social Intrastructure Improvement

    Bulletin of Science and Engineering Research Laboratory, Waseda University   125  1989

  • 社会基盤整備に伴う都市環境評価に関する研究

    早稲田大学理工学研究所報告   125  1989

  • A Study of the Limited Floor-Area Ratio Estimating Model

    Papers on City Planning   23  1988

  • A Feasibility Study on Land Readjustment Projects in Case Study of Tokyo Metropolitan Area

    Papers on City Planning   23  1988

  • 東京周辺区部における土地区画整理事業の実現性評価検討に関する研究

    都市計画論文集   23  1988

  • 限界容積率算出モデルについての一考察

    都市計画論文集   23  1988

  • Estimation of Feasibility on Urban Redevelopment Projects

    Papers of the 14th Scientific Research Meeting   22  1987

  • 市街地再開発事業の実現性評価手法の検討

    日本都市計画学会学術研究論文集   22  1987

  • The Characteristics of Intra Urban Transportation District

    Papers of the 14th Scientific Research Meeting   14  1979

  • 都市内交通圏域の特性

    日本都市計画学会学術研究論文集   14  1979

  • A Study of the Standard Values for Urban Environment Arrangement

    Transaction of Science Lecture Meeting   10  1975

  • 都市環境整備の基準についての一考察

    日本都市計画学会学術研究論文集   10  1975

▼display all

Books and Other Publications

  • 東京の大深度地下[土木編]

    早稲田大学出版部  1999

Works

  • Grand Design for the East Ariake District

    1997
    -
     

  • Master Plan for City Planning in Machida City Region

    1997
    -
     

  • Master Plan for City Planning in Koshigaya City Region

    1996
    -
     

  • Person Trip Survey in Tokyo Metropolitan Area

    1991
    -
     

  • Public Involvement Town Planning in Kiyotaki and Hosoo Area, Nikko City

    1991
    -
     

  • Proposition Survey on Centralization to Tokyo Area and Comfortable Local District Reformation

    1989
    -
     

▼display all

Research Projects

  • 子どもを含めたまちづくり学習の支援・実施方策の研究

    Project Year :

    2006
    -
     
     

  • 住民主体の文化・スポーツクラブと「憩う」場を拠点とした地域づくりに関する研究

    Project Year :

    2004
    -
     
     

  • The Present Condition of Machizukuri learning for Children in Foreign Countries and an Establishment of a Practicable System of it in Japan

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research

    Project Year :

    2001
    -
    2004
     

    NAKAGAWA Yoshihide, ASANO Mitsuyuki

     View Summary

    1. As for the research on the present condition in foreign countries, we went to England and Finland in 2001, USA and Taiwan in 2002, Southeast Asia and South Korea in 2003, China in 2004. As we kept on researching about the matter in terms of 'Machizukuri learning for children', European countries were practicing many kinds of advanced techniques as we had expected. There were also many excellent teaching worksheets for us to analyze. In USA, we could not find a definite style of this learning. Instead of that, there was a study on 'Children's Right'. Through this learning they can foster their children to have some consciousness to be a member of a community as a citizen. On the other hand, the countries in Asia we have visited still didn't have any organized study on this learning. But there was an act worthy of special mention in South Korea. Ultimately we compared and evaluated the schools, NPO (experts), enterprises, and the systems of the Civil Service of each countries.2. We have been practicing a preceding continuous research for years at Higashimurayama Seventh Junior High School. So in 2001, we were trying to make 'Machizukuri learning' a certain subject which can be pra

  • 海外における子供のまちづくり学習の現況調査及び日本での実施体制確立に関する研究

    Project Year :

    2001
    -
    2004
     

  • 分権型社会における首都圏計画の意義とプロジェクト評価

    Project Year :

    2002
    -
    2003
     

  • 都市内における商業地区の再生と都市形態の変容に関する日韓の比較研究

    Project Year :

    1999
    -
    2000
     

  • 首都圏計画の意義と事後評価

    Project Year :

    1999
    -
    2000
     

  • 子どもを対象としたまちづくり教育・学習のあり方

    Project Year :

    1997
    -
    1999
     

  • Urban Pedevelopment of Civic Districts in Japan Castle-Towns in Nineteen Century

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research

    Project Year :

    1995
    -
    1997
     

    SATOH Shigeru, NAKAGAWA Yoshihide, GOTOH Haruhiko, NAKAGAWA Takeshi

     View Summary

    The modernizing process of Japanese local cities includes five characteristic schemes for urban planning in three distinctive periods, as follows.The first is the redevelopment of castle-districts and their surroundings to change them from feudal towns to modern ones. In the early 1870's, the Meiji government announced that castles should be demolished because they were symbols of feudalism. One reform was to lacate the seats of prefectural offices in the hearts of major castle-towns. Most of the beautiful and magnificent castles were destroyed, and the moats and small artificial lakes that were important for the towns' spatial structure were filled up. Furthermore some redevelopment projects in castle districts and surrounding areas were put into practice in order to create modern cities and towns. These included the construction of public buildings and facilities and the formation of a central business district in each city.The second scheme occurred during the changing process from feudal to modern society, and created open physical spatial structures to suit the concentrated national transportation system, such as the railway network established in the early 20th century. In or

  • The Analysis of Urban Liminating Mixed Used Community Block with the aid of Design Games

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research

    Project Year :

    1992
    -
    1994
     

    SATO Shigeru, MORIMOTO Akinori, NAKAGAWA Yoshihide

     View Summary

    It is important to create consensus step by step with residents' participation during the process of regional planning regarding upgrading of the living environment. Making an agreement among the residents of the urban area about a development projrct is not easy, although it is indispensable to the necessary improvement of the degrading situation of the densely built-up residential area or the mixed area of the residence and the industry. To analysis the prototypes of urban liminating mixed used community block with the aid of Design Games is thus a big issue for the research of the urban planning.It is particulary important to have an acoord on the goal of the developement when a gradual improvement of the physical environment of the district is planned, respecting the existing structure of the space and the residents' agreement.The thesis consists of 4 chapter. Main two chapters concern the the experimentation of the consensus-making process with the aid of Design Games in the development cases.Playing a design game is an effective method for a participatory planning process. Using three dimensional kids and improving practical method, we tried to develop 'Three Dimensional Desi

  • A SETTING METOAD OF FLOOR-AREA RATIO IN URBAN SPACE

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research

    Project Year :

    1992
    -
    1993
     

    NAKAGAWA Yoshihide, MORIMOTO Akinori, SATO Sigeru, SUZUKI Shintaro

     View Summary

    Balance of land-use and transport planning in urban space have direct effects upon urban growth. The purpose of this paper is to examine a suitable Fllor-Area Ratio (FAR) by considering the traffic capacity and residential amenity.This papaer consists of the following 3 steps.1. A Predictive Model on the Urban Space in view of FARThe purpose of this chapter is to catch a future urban structure metrically by predicting the transition of floor area ratio. Finally, this chapter shows that the proposed model is more effective to predict transition of floor area ratio.The Location of Appropriate FAR considering the Road CapacityThe purpose of this chapter is to examine a suitable urban structure by considering the traffic capacity. This chapter includes two contains : One is to establish an appropriate location model of FAR with the aim of dissolution of traffic congestion. The other is to application in TOKYO central district.From the results of the models' applocation, We propose that one of suitable urban form is the poly-nucleated city and control of the urban capacity is necessary in TOKYO to solve the road congestion problem.Evaluation of the Residential Environment and Town-scape

  • 都市空間における容積率設定に関する基礎的研究

    Project Year :

    1992
    -
    1993
     

  • 鉄道ターミナル地区に対する評価と整備方針の検討

    Project Year :

    1987
    -
     
     

  • 子供のまちづくり学習と手法開発に関する研究

     View Summary

    平成11年度中学校における「まちづくり学習」の実践・東村山市立第七中学校3学年選択美術において教師2名,生徒11名,学生4〜6名にて授業を実施・東村山市都市計画課平成11年度事業として位置づけられ,行政からの支援を受けながら実施・毎回授業の様子を「まちづくり学習レポート」として全校生徒,また地域住民へ報告一年間の実験的授業を行いながら,(1)授業カリキュラム(2)手法(3)支援体制等について研究を行った.(1)カリキュラムにおいては,まちづくりという生活や日々の行動が深く係わる学習においては授業への理解・態度に男女差があることを発見した.これは生活のスタイルや興味関心度が大きく関係しているものと考えられる.生徒のまちへの意識喚起を目標とし,市民参加のまちづくりにおいて国内外で用いられているワークショップの手法を参考に新たに開発したツール等を現場で実践し,その効果や反応等を観察しているが,今回明らかになった授業を受ける側の理解・認識の

  • アジア諸国間の国際貨物輸送統計の作成

     View Summary

    本研究はアジア諸国を対象に国間の貨物輸送統計を統一的に作成するための企画を立てることを目的として以下の4点について研究を進めた。(1)各国での研究協力者の発見(2)各国の統計整備の状況把握(3)国際貨物輸送統計の作成方法の検討(4)統計作成のための体制等の作成(1)については、研究当初はアジア諸国20数ヶ国全てを対象に一度に行う事を予定していたが、国連、EU等の統計作成担当者の意見等を参考にし、研究の最初のステップとして対象国を限定し、基本的には2国間(日本と相手国)で研究を進める様方針を変更した。研究協力者を探した相手国は、先進国として韓国、発展途上国としてインドネシアの2国である。また、次のステップのために、2カ国に加え、これも経済の発展水準の異なるタイ、台湾、カンボジアについても検討した。(2)については、上記5ヶ国の政府等が公表している統計を収集するたけでは、国間の貨物輸送量を十分に把握することができないことがわかった

▼display all

 

Internal Special Research Projects

  • 住民主体の文化・スポーツクラブと「憩う」場を拠点とした地域づくりに関する研究

    2004   浅野 光行

     View Summary

    地域に密着した文化・スポーツクラブとともに、まちづくりNPOやボランティア組織および旧来からの地域組織である町会・自治会などを対象として、その活動状況を実地調査した。特に活動の継続のために各々の組織・団体がどのようにして受益者負担を実施し、住民相互の交流「憩い」の場として、どの程度まちづくりに寄与する活動を取り入れ地域に根ざした組織化やクラブ育成を目指しているか、また、住民が何を期待し望んでいるかということを全国の各組織を対象として調査した。 この調査をもとに文化・スポーツクラブ等の地域社会に対する活性化効果を、関係者、クラブおよび住民がどのように認識しているかを把握すると共に、現段階での地域への活性化効果を分析することによって現時点での問題点を抽出しようと試みた。 本年度は、特に文化・スポーツクラブならびに町会・自治会の活動状況と地域との関わりについての把握に努めた。 その結果、その地域の一般住民の考えも踏まえた上で、「文化・スポーツコミュニティ」の成立意義と、その成立がいかに地域社会と繋がっているのかを明らかにした。単一種目のクラブチームが盛んな我が国において、限られた施設をその地域の人々の手で有効かつ、複数の種目・活動を実践できる運営形態を取り入れることの難しさはあるが、一端そのような文化・スポーツクラブが創られると、多様な世代の人々が集まり、熱心に運営されていることがわかった。 しかし、そこには、「産みの苦しみ」、「育てる苦しみ」、「継続することの苦しみ」が存在するとともに、自主運営ができる力を持つことの必要性も明らかになってきている。それには町会・自治会などの組織、および、まちづくりNPOやボランティア組織との非常に密接な連携をはかること、並びに、陰に日向にこのような体制を仕掛ける個人・組織の熱意が重要であることが明白となった。 このことにより、一人一人が多様な価値観を有する地域社会の中においてその住民が「集い」、「憩う」ための場について一定の有益な示唆を残すことができたと考える。都市計画の分野において本研究が意義があるかどうかについては評価が分かれるものと考えている。しかし、本研究のような視点からの研究が行われ、その成果が生かされるようにしていくことが、今後の都市計画がより明確な形で社会・市民に受け入れられていくために必要であると考える。

  • 分権型社会における首都圏計画の意義とプロジェクト評価

    2003   浅野光行, 佐藤 滋

     View Summary

    地方分権の流れが進行している昨今、本研究においては首都圏を対象に、なおいっそう基礎自治体の資源制約や競争が顕在化することが充分予想されるなか、基礎自治体における市民の満足度を高め、豊かさを実感できる地方分権化社会におけるまちづくりと地域づくりの計画のあるべき姿の問題点を抽出しようと試みた。地方分権化社会の進展に伴い、現在までの首都圏整備計画について広域的観点並びに基礎自治体的観点から体系的にレビューするとともに,いくつかの研究視点を設けて,これまでの整備計画の目的に対して事後評価を行った。その結果,計画と現状との乖離点を理念および事業結果から明確にし,首都圏整備計画が残した課題を整理することで,今後の分権型社会における計画指針づくりに有益な示唆を明確な形として残すことができたと思う。論点は次の5項目に絞った。  a.計画の限界(計画と社会経済活動)  b.広域計画の役割・必要性と基礎自治体計画の役割および市民の役割  c.適正市街地の規模  d.都市活動の循環(出・入り・戻り)とその関連性をつなぐ共通尺度(事項)  e.日本のTownとCountry,都市と村,都と邑,町と村,生産地と消費地視点としては大分類で2つ,さらに2分類の計4分類とした。  1)エリアによる分類(空間と時間)   ⅰ)近郊地帯及び近郊整備地帯に関する研究(上述の論点のa.,b.,c.を柱とする)   ⅱ)既成市街地に関する研究(上述のd.とe.を柱とする)  2)テーマによる分類(機能と時間)   ⅰ)緑地計画   ⅱ)土地利用・交通の相互関連性以上のような、把握を行い、研究成果へと導いていった。

  • 都市内における商業地区の再生と都市形態の変容に関する日韓の比較研究

    2000   浅野 光行, 佐藤 滋, 尹 時雲, 金 興官, 尹 祥福

     View Summary

     これまで21世紀における望ましい地方都市づくりを目指し、①面整備の展開と都市形成、②中心市街地の活性化方策、③エコポリス(自律的発展都市・地域)研究を進めてきた。昨今では、日本の地方都市が抱える問題としては②の中心市街地の活性化がとりわけ重要な課題である。すなわち、空洞化に対処したまちづくりが地域にとっての最大の課題であり、大規模小売店舗立地法(以下、大店立地法)、中心市街地活性化法、及び、改正都市計画法の「街づくり3法」を柱とした街づくりの推進が求められている。一方の韓国でも、中心市街地の空洞化の現状や問題点を数多く抱えているものの、地方自治体レベルでは市街地を活性化させようとする動きがあるだけで、これに関連する法律や具体的な活性化法案については設けられていないという現状があった。そのため、表題の研究を行うこととなった。 初年度は日韓の地方都市の基礎調査を行った。日本の都市としては、栃木県宇都宮市、福井県福井市、大阪府堺市、愛媛県新居浜市、長崎県長崎市、そして熊本県熊本市の6都市を調査対象とした。韓国の都市としては、釜山、大丘、大田、光州、そして仁川の5都市を調査対象とした。調査項目としては人口等の基礎データと売場面積、商店数、従業員数、販売額等の商業統計データを取り上げ、全市に対して中心市街地のシェアがどのように変化しているかを追いかけた。その結果、日本においても韓国においても中心市街地のシェアは年々小さくなっていることが明らかとなった。その理由として両国とも、老朽化した建物等の混在や道路の未整備等、都市構造に問題があるということを明らかにすることができた。 第2年度は初年度の結果を踏まえて、各都市の中心市街地において、どのような整備・事業が行われてきたかについて調査を行った。日本においては、事業に一貫性があるとは言い難く、どちらかというと、補助金対策のための事業も存在し、それが用途の混在化を招き、結果として中心市街地の空洞化が進んだことが分かった。一方の韓国では、土地価格が高価で事業性が不足して事業推進の主体がいないことや区域面積が狭く、また、昔から住んでいる住民等が撤去しないことが中心市街地の衰退の原因であることが分かった。

  • 首都圏計画の意義と事後評価

    2000   浅野 光行, 佐藤 滋

     View Summary

     本研究は首都圏を対象に1958年から概ね10年おきに策定されている「首都圏整備計画」について、現在までの五次にわたる計画の事後評価を行い、今後の首都圏整備計画のあり方について検討することを目的に進め、主として以下の4つの研究を行ってきた。 (1)首都圏整備に関する文献をデータベースとしてまとめた。首都圏整備委員会が出版した「首都圏整備」から骨格報告の原案をとらえ、また一連の文献の著者の肩書きから首都圏整備計画に対する人的分布の変容を把握した。一方所轄官庁の変更による計画の性質の変化、基本計画・整備計画・事業計画の間における比重の違い等を認識し、最終的に広域圏計画が市町村計画に反映されなかったことの問題点を抽出した。 (2)近郊地帯を廃止するに至った過程を土地利用の変遷、当時の住民意識、法律的背景から土地利用変化に関わる要因を特定した。背景には法整備の不備や農地を巡る社会情勢の変化があり、本来人口の受け皿として設定した市街地開発区域の開発が進まず、逆に既成市街地に集中してしまった構造を商業、工業面から把握した。また建ぺい率、容積率や1968年以降の用途地域指定もその後の開発に関連がある可能性も見出した。 (3)第四次首都圏整備計画で指定された業務核都市の成長が進まない要因として都市の内部構造に着目し、システム・ダイナミックス(SD)によりモデル構築を行い業務核都市育成の指針を考察した。そこでコントロールトータルを支配する要因として自治体財政の変化を挙げ、現状のままでは成長が収縮する予想を得た。 (4)交通容量を考慮した都心における容積率の設定を踏まえなければならないことや、土地利用変化と市街化の圧力の関係を首都圏整備計画及び上位計画などとの関連より把握し、緑地減少に至った要因、そしてこれらを考慮して土地利用に着目し交通インフラとのバランスから土地利用計画の今後の展開を行った。また今後の首都圏の望ましい総合都市交通のあり方について、いくつかの代替案、政策項目の取り組みの有無による場合等の提示による住民参加の方向性を示した。

  • 地方都市における面整備の展開と都市形成に関する研究

    1996  

     View Summary

     栃木県日光市の清滝地区を対象地区として選び、アンケート調査及びワークショップをおこなった結果、1道路等、交通関連施設の不足から都市機能が著しく低下、2生活関連公共施設及び地区空間の不足により、生活環境が極めて悪化、3家屋が密集し、また老朽化等により火災、地震等の発生に対する非常に危険、4土地利用の顕在、都市機能の低下、建物の老朽化により商業活動の減退、ということが生じていることが分かった。 すなわち、緊急的対策を講じているものの、根本的対策としての面整備事業による整備が遅れている。そこで、本研究では、面整備事業の変遷、わが国での面整備の特性と問題点及び課題の整理等をおこない、その上で、地方都市における面整備手法のあり方およびメニューの作成をおこなった。その結果、大都市と異なり、基礎体力の向上を図るために地域活性化を目的とした面整備事業が望まれるとともに、建築物整備と一体となった面整備事業を行うことで、地域の商店街の活性化、生活環境の高度化、インフラ整備等を図っていく方策が抽出された。 次いで、日光市清滝地区を対象とし、地方都市での今後の面整備の進め方及び適用性の検討をおこなった。日光都市圏は日光市のほか、今市市、足尾町、栗山村、藤原町の5市町村からなるが、その中心都市は人口6万人強の今市市である。日光市は人口2万人弱となっており、中心都市と言うより、玄関都市といえる。日光市の経済は観光というよりも工業で成り立ってきた側面があり、その中心が清滝地区であった。このような地区においては、1中心市街地が産業創造の場として快適な環境をつくること、2圏域全体の人々と外部の人々との交流の機会が生まれるような仕掛けを各所に配置すること、3地域独自の住環境のスタイルを導入すること、4改善・修築型で共同・協調型の面整備事業とすること、5地域のなかにコーディネイト組織を作ること、6まちづくり活動を支援するための資金を積み立てること、などが必要なことを提示することができた。