Updated on 2022/06/29

写真a

 
SUNAOKA, Kazuko
 
Affiliation
Faculty of Political Science and Economics
Job title
Professor Emeritus

Education

  •  
    -
    1979

    Tokyo Metropolitan University   Graduate School of Humanities  

  •  
    -
    1979

    Tokyo Metropolitan University   Graduate School, Division of Humanities  

  •  
    -
    1970

    Ochanomizu University   Faculty of Letters and Education  

  •  
    -
    1970

    Ochanomizu University   Faculty of Letters and Education  

Degree

  • 修士(文学)

  • Tokyo Metropolitan University   (BLANK)

Research Experience

  • 2017.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Political Science and Economics   Professor Emeritus

  • 2019.01
     
     

    BEIJING LANGUAGE AND CULTURE UNIVERSITY   Professor of Short-term Linguistics

  • 1998.04
    -
    2017.03

    Waseda University

  • 2007.12
    -
    2008.03

    National Institute of Information and Communications Technology (NICT)   the Knowledge Creating Communication Research Center   Senior Scientist

  • 2006.04
    -
    2007.11

    Peking University   Institute of Computational Linguistics   Visiting Professor & Senior Scientist

  • 1997
    -
    1999

    Tokyo Metropolitan University   Graduate School of Humanities

  • 1997
    -
    1999

    Tokyo Toritu University, lecturer

  • 1998
    -
     

    - 横浜市立大学大学院国際文化研究科非常勤講師

  • 1998
    -
     

    - Yokohama City university, graduate school,

  • 1993
    -
    1998

    Komazawa Women's University   Faculty of Humanities

  • 1993
    -
    1998

    Miyagi University of Education

  • 1993
    -
    1998

    Komazawa women's University, Assistant

  • 1993
    -
    1998

    Miyagi Normal University, lecturer

  • 1993
    -
     

    Komazawa Women's University

  • 1979
    -
    1982

    東京外国語大学アジアアフリカ研究所共同研究員

  • 1979
    -
    1982

    Tokyo foreign language University, Asian

  • 1979
    -
     

    東京都立大学大学院人文科学研究科 博士課程単位取得退学

  •  
     
     

    lecturer

  •  
     
     

    Professor

  •  
     
     

    Africa Research center, Assistant

▼display all

Professional Memberships

  •  
     
     

    世界漢語学会

  •  
     
     

    日本中国語学会

  •  
     
     

    東方学会

  •  
     
     

    中文教学現代化学会

  •  
     
     

    人工知能学会

  •  
     
     

    言語処理学会

▼display all

 

Research Areas

  • Linguistics

  • Cultural anthropology and folklore

  • Educational technology

  • Foreign language education

Research Interests

  • 言語と非言語情報の統合

  • 敦煌学

  • コーパス言語学

  • 教育工学

  • 遠隔教育

  • 中国語教育

▼display all

Papers

  • Challenge to Remote Chinese Teaching and Learning at Japanese Universities during the COVID-19 Pandemic-Imprecations from Surveys at Seven Higher Education Institutions

    砂岡和子, 杉江聡子

    Teaching the Chinese Language Remotely: Global Cases and Perspectives. The book will be published by Palgrave Macmillan    2021  [Refereed]

    Authorship:Lead author

  • Educational Resources and Emergency Distance Teaching in Japanese Universities— Analysis Based on Questionnaire Survey Reports of Teachers and Students by Seven Higher Education Institutions

    SUNAOKA Kazuko

    Online Chinese Teaching and Learning in 2020,National Foreign Language Resource Center, University of Hawaii    2021  [Refereed]

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author

  • Using Automatic Speech Recognition Technology to Reverse Analyze Communication Strategies between Non-Native Speakers in a Chinese Long Distance Group Discussion.

    SUNAOKA Kazuko

    Journal of Technology and Chinese Language Teaching(JTCLT)   2 ( 10 ) 61 - 82  2018.12  [Refereed]

  • The Language Management Awareness of Native Language Students in the International Distance Chinese Discussion Class — A Comparative Analysis of the Roles of NS and NNS in Language Contact Situation

    SUNAOKA Kazuko

      7   40 - 48  2018.10  [Refereed]

  • Speech recognition technology in situated long distance group dialogue

    SUNAOKA Kazuko

    Digital Chinese teaching 2018     157 - 164  2018.07  [Refereed]

  • A Comparative Analysis of Non-native Speakers and Artificial Intelligence Technology's Semantic Negotiation Mechanism-Analyzing the case of Automatic Speech Recognition technology

    SUNAOKA Kazuko

    The Conference Proceedings of the 10Th Technology and Chinese Language Teaching(TCLT10)     151 - 157  2018.06  [Refereed]

  • 第二言語習得と社会知―人間とマシンの協働による中国語教育現場からー

    砂岡 和子

    明海大学応用言語学研究   20   21 - 42  2018.03  [Refereed]

  • The interactive modes of non-native speakers in international Chinese language distance class discussions: an analysis of smiling as a facial cue

    Kazuko Sunaoka

    Innovation in Language Learning and Teaching   12 ( 1 ) 24 - 34  2018.01  [Refereed]  [Invited]

     View Summary

    The focus of this research is on an international distance discussion class carried out in Chinese between university students in Japan, China and Taiwan using videoconferencing. Smiling was used as an interactional index in an analysis of the archival footage of the recordings of the discussion between native speakers (NS) of Chinese and non-native speakers (NNS). Through quantitative and qualitative analysis, it was possible to identify how the NSs and NNSs participated in the discussion. We analyzed a 70-minute video and the textual materials of a discussion class among 13 students from different countries. Findings revealed that interactions between NS and NNS students gave rise to more smiling and laughter compared to interactions between NS students. Findings also revealed that NNS students are better at creating affinity with other participants, since their laughter events could reflect differences in cultures and in human relationships though these jokes were less novel and less funny than those of NS students. Compared with more traditional class formats, the distance class is better at helping students develop their social, intercultural and problem-solving abilities. However, NS students are more likely to take the initiative in discussions due to their language ability, while the NNS students are less able to express their opinions freely. This research tells us that even though NNS students have disadvantages in terms of their linguistic resources, they make use of both verbal and non-verbal resources to interact with other speakers. Based on our analysis, suggestions for international distance foreign language teaching and research are given.

    DOI

  • The Development Order of Intercultural Competence of Students in the Cross-Cultural Distance Discussion Class in China, Japan and Taiwan - A Case Study of the Change of Knowledge, Skills and Attitudes of Native and Non-native Speakers

    SUNAOKA Kazuko

       2017.12  [Refereed]

  • Analysis of the Development of Language and Intercultural Competence in the Cross-Cultural Distance Discussion Class Students

    SUNAOKA Kazuko

    International Conference on Chinese as a Second Language, ICCSL14    2017.10  [Refereed]  [Invited]

  • Current situation of foreign language education in Japanese Universities Understanding students’learning motivation and instructors’teaching activities

    SUNAOKA Kazuko, Takane YAMAGUCHI, Shinya HORI

    The teaching of foreign languages in Japan and international academic activities     3 - 20  2017.03  [Refereed]

  • How International Collaboration Gives Foreign language Learning Classes?ーIn case of Chinese Distance Learning between China, Taiwan and Japan

    SUNAOKA Kazuko

        21 - 42  2017.03  [Refereed]

  • The perception of Mandarin lexical tones by native Japanese adult listeners with and without Mandarin learning experience

    Kimiko Tsukada, Mariko Kondo, Kazuko Sunaoka

    Journal of Second Language Pronunciation   2 ( 2 ) 225 - 252  2016.08  [Refereed]

  • Cooperative Peer Learning Activity of Online Cross-Cultural Communication by Sharing Emoji

    SUNAOKA Kazuko

    Journal of Technology and Chinese Language Teaching(JTCLT)   7 ( 1 ) 43 - 55  2016.06  [Refereed]

  • Conversion from promotion for overseas study to learning in campus with a co-educational environment

    SUNAOKA Kazuko

    Voices from Japan in a Multilingual World     183 - 203  2016.03  [Refereed]

  • Current situation of foreign language education in Japanese Universities Understanding students’learning motivation and instructors’teaching activities

    SUNAOKA Kazuko, Takane YAMAGUCHI, Shinya HORI

    Voices from Japan in a Multilingual World     121 - 132  2016.03  [Refereed]

  • Development of an Online Database for Chinese Resultative Verb Compounds and Its Application Based on Data Visualization Technology

    ZhanWeidong, MaTeng, TianJun, Sunaoka Kazuko

    Journal of Technology and Chinese Language Teaching(JTCLT)   6 ( 1 ) 1 - 15  2015.06  [Refereed]

  • 語彙学習教材の開発 -語彙選定からデジタル教材・多言語教材までー

    西垣知佳子, 中條清美, 砂岡和子, キャサリン・オヒガン, 隅田英一郎, 内山将夫

    『日本大学生産工学部研究報告B』   47   25 - 34  2014.06  [Refereed]

  • Effects of multilingual chatting in Chinese distance learning. Journal of Technology and Chinese Language Teaching

    SUNAOKA Kazuko

    Journal of Technology and Chinese Language Teaching(JTCLT)   3 ( 1 ) 1 - 12  2012.06  [Refereed]

  • 1pSC12. Visual displays of the voice pitch pattern for the CAI self-teaching system to discriminate Chinese tones

    Qi Sun, Song Liu, Kazuko Sunaoka, Shizuo Hiki

    Proceedings of Meetings on Acoustics   15  2012  [Refereed]

     View Summary

    A computer-assisted instruction (CAI) system for self-teaching to discriminate Chinese tones is available to the public through the Internet (http://chinesetone.org) in Japanese, English, and Chinese versions. The design and construction of this system have been reported previously (Hiki et al., J. Acoust. Soc. Am., 120(5, Pt. 2), 2 006). This system utilizes displays of the voice pitch pattern as visual cues in training. The following new functions of the display recently have been added to the system: 1) Essential voice pitch patterns of 15 disyllabic words, with every combination of the four tones in Standard Chinese, were drawn on a six-whole-tone musical scale. It is expected that displaying the corresponding essential voice pitch pattern along with the observed voice pitch pattern will make it easier for beginners to aurally perceive the tonal features, which underlay the observed pitch patterns
    2) Disyllabic word lists comprising only voiced sound source were developed, and the observed voice pitch patterns uninterrupted by unvoiced consonants were displayed visually. These speech samples were useful in the early stages of tone discrimination learning.

    DOI

▼display all

Books and Other Publications

  • The teaching of foreign languages in Japan and international academic activities

    SUNAOKA Kazuko( Part: Joint editor)

    Asahi press (Japan)  2017.03

  • Voices from Japan in a Multilingual World: Prospects for Fostering Human Resources and Global Communication

    SUNAOKA Kazuko( Part: Joint editor)

    Asahi press (Japan)  2016.03

  • 猜猜我是谁?—亲子游戏识物图册(英汉日韩对照)

    砂岡 和子( Part: Supervisor (editorial))

    外国語教学与研究社(中国北京)  2015.10

  • 焦点中国

    白帝社  2011

  • 亮太の中国紀行

    白帝社  2010

  • 敦煌ーシルクロードの真珠(翻訳監修)" Dunhuang-Pearl of the Silk Road”

    ㈱エスピーオー・ワコー  2010

  • 互動式漢語口語入門編

    外国語教学与研究社  2008

  • 英語世界のことばと文化

    成文堂  2008

  • 互動式漢語口語基礎編(Interactive Spoken Chinese for Beginning Learners)

    外国語教学与研究社  2007

  • アジア世界の文化と言語

    砂岡 和子( Part: Supervisor (editorial))

    成文堂  2006.03

  • アジア世界の文化と言語『中国の言語と文化』

    成文堂  2006

  • 研究室から語る最先端研究―躍動する早稲田大学の研究活動(コーパスが拓く語学教育の新機軸)

    中央公論新社  2005

  • プログレッシブ中国語辞典(コンパクト版)

    砂岡 和子( Part: Joint editor)

    小学館  2004.10

  • Tutorial Chinese Basic

    早稻田大学CCDL中国語部会  2004

  • Tutorial Chinese Advanced

    早稻田大学CCDL  2004

  • Tutorial漢語課本

    東方書店  2003

  • 中国語国際遠隔語学演習Chinese Online

    PCカンフェランス実行委員会2002 PC Conference論文集  2003

  • コーパス利用による中国語教育(1) 中国語コーパス利用とデータ変換」

    早稲田大学政治経済学部紀要  2003

  • 早稲田大学漢語遠程教学的技術与理論

    (中国)清華大学出版社E-Learning与対外漢語教学  2002

  • 日本の中国語教育 ‐その現状と課題2002‐

    好文出版社 日本中国語学会中国語ソフトアカデミズム検討委員会  2002

  • プログレッシブ中国語辞典(袖珍版)

    小学館  2002

  • Chinese language education using global computer network of Waseda University

    Guangxi Normal University Press Proceedings of the 2nd International Conference of New Technologies in Teaching and learning Chinese  2001

  • Shogakukan Japanese-Chinese Dictionary

    Shogakukan  2001

  • Chinese language education using global computer network of Waseda University

    Guangxi Normal University Press Proceedings of the 2nd International Conference of New Technologies in Teaching and learning Chinese  2001

  • 小学館日中事典

    小学館  2001

  • Chinese language education using global computer network of Waseda University

    Guangxi Normal University Press Proceedings of the 2nd International Conference of New Technologies in Teaching and learning Chinese  2001

  • Shogakukan Japanese-Chinese Dictionary

    Shogakukan  2001

  • Progressive Chinese Dictionary

    Shogakukan  1997

  • プログレッシブ中国語事典

    小学館  1997

  • Progressive Chinese Dictionary

    Shogakukan  1997

  • Shogakukan Chinese-Japanese Dictionary

    Shogakukan  1992

  • 小学館中日事典

    小学館  1992

  • Shogakukan Chinese-Japanese Dictionary

    Shogakukan  1992

  • 中国語国際遠隔教育の回顧と展望

    早稲田大学CCDL中国語部会国際会議「中国語国際遠隔教育の回顧と展望』論文集 

  • 数字化校園(松岡一郎原著東洋経済新報社『デジタル・キャンパス』)

    北京首都師範出版社 

▼display all

Misc

  • 災害報道文の特徴語抽出

    砂岡和子, 沈睿

    言語処理学会第18回年次大会     579 - 582  2012

  • BCCWJで知る東アジア漢字圏四字成語の受容と変容

    砂岡和子, 羅鳳珠, 王雷, 姜柄圭

    言語処理学会第18回年次大会予稿集     899 - 902  2012

  • 日本早稻田大学远程漢語課多語言聊天室的教学效果(Effects of Multilingual Chatting Support System,Chinese Distance Learning at Wasada University

    砂岡和子

    The 7th International Conference on Technology and Chinese Language Teaching(TCLT7),University of Hawaii     25 - 27  2012

  • 非互動参与者的辺縁帰属策略-与漢語課堂同期進行的聊天室実践-

    砂岡和子

    数字化漢語教学,清華大学出版社     65 - 70  2012

  • 自然災害報道語料庫的数据採集和分析

    沈睿, 砂岡和子

    『数字化漢語教学』,清華大学出版社     373 - 378  2012

  • 漢字四字成語の受容とその延命

    羅鳳珠, 王雷, 砂岡和子, 姜柄圭

    日本国立国語研究所第2回コーパス日本語学ワークショップ予稿集     275 - 284  2012

  • 言語接触がもたらす中国語教学環境と資源の変容

    砂岡和子, 古川裕

    第62回日本中国語大会予稿集     97 - 101  2012

  • 自然災害報道語料庫的構築数据采集及在漢語教学中的応用和分析

    沈睿, 砂岡和子

    中文教学現代化学報   第2期  2012

  • 分階多語成語典故知識庫教學設計

    羅鳳珠, 王雷, 砂岡和子, 姜柄圭, 兪士(シ文, 常寶寶

    第十一屆年台灣華語文教學年會暨國際研討會論文集    2012

  • オンライン辞書構築による中国語結果動詞の文型と意味の統合的学習

    砂岡和子, 詹衛東

    電子情報通信学会教育工学研究会技術研究報告(思考と言語研究会)IEICE TechnicalReport   Vol.110 ( No.407 ) 43 - 47  2011

  • 日本語常用漢字熟語の選好変化と自然言語処理

    砂岡和子, 羅鳳珠

    日本語言處理學會第十七次年會(NLP2011)論文集CDROM   ( E3-2 )  2011

  • チャット投稿の質量と語学習得効果―テキストチャットを利用した中国語教室授業―Topic’s quality and its learning effects-- Chinese classroom by chatting--

    Sunaoka Kazuko

    Information Communication Technology Practice & Research 2010ICT授業実践報告書     139 - 146  2011

  • 以「歴代語言知識庫」發展的中日韓漢字成語教學模式

    砂岡和子, 羅鳳珠

    第四屆華語文教學國際研討會論文集   Vol.4,No.15  2011

  • 被災から復興へ中国語希望表現の特徴抽出

    砂岡和子

    日本中国語学会第61回全国大会予稿集     280 - 284  2011

  • チャット交流における学習者のテーマ選好と言語知識の獲得

    砂岡和子, 鄭偉, 植屋高史, 谷川栄子

    電子情報通信学会教育工学研究会技術研究報告(教育工学)ET2010-79   Vol.110,No.405   13 - 16  2011

  • 言語資源から見る日本の教育・研究現場-東アジア複言語コミュニケーションの実態調査(1)

    砂岡和子, 徐顕芬

    早稲田大学政治経済学部紀要『教養諸学研究』   131号   21 - 46  2011

  • コミュニケーション創出と支援ツール利用の功罪

    砂岡和子

    言語処理学会第16回年次大会論文集   ( CDROM ) S2-S3  2010

  • 主観知の相対化認知過程としての異文化接触行動

    砂岡和子

    人工知能学会第24回全国大会論文集CDROM   3I1OS   14a-14b  2010

  • 自律的レベル選択によるTTS利用のスピーキング練習の質向上

    砂岡和子, 金楓

    2010 PC Conference論文集     224 - 232  2010

  • 建構詞彙語意知識庫與語言教學策略的多元文化思考:以「網路展書讀」網站語言文化教學設計為例

    羅鳳珠, 砂岡和子

    日本中国語学会第60回全国大会予稿集     200 - 204  2010

  • コュニケーシヨン創出に寄与する教室内Chatと発話支援者および教材の役割

    鄭偉, 植屋高史, 谷川栄子, 砂岡和子

    日本中国語学会第60回全国大会予稿集     175 - 179  2010

  • 多人数互動口語協調性談話策略的定量化分析-漢日跨文化語言教学平台的開発-

    砂岡和子, 愈敬松

    数字化漢語教学専題研究2009     60 - 68  2010

  • 多人数インタラクションにおける母語話者の非協調的コミュニケーション特色

    砂岡和子, 俞敬松, 高媛媛

    言語処理学会第15回年次大会論文集   NLP2009   889 - 892  2009

  • ビデオ会議でのNSとNNSの協調的コミュニケーション方略

    砂岡和子, 俞敬松, 高媛媛

    第93回情報学基礎・第189回自然言語処理研究発表会研究会資料,     127 - 133  2009

  • コーパス利用による中国語教育(3)-学習者コーパスに基づいた中国語四声弁別CAI自習システムの開発と効果検証-

    砂岡和子, 孫琦, 比企静雄

    早稲田大学政治経済学部紀要『教養諸学研究』   126号   79 - 98  2009

  • 中国語のコミュニケーションを支えるICTと自律学習

    砂岡和子

    京都大学国際シンポジウム「外国語教育の文脈化ヨーロッパ言語共通参照枠+複言語主義・複文化主義+ICTとポートフォリオを用いた自律学習」予稿集     118 - 121  2009

  • 異言語ビデオ会議におけるNSとNNSの協調学習の数量的表示と判定基準

    砂岡和子, 李利津, 馬燕, 俞敬松

    日本中国語学会第3回関東支部拡大例会配布資料    2009

  • ミスコミュニケーション・コーパスに見る異文化知見と受容の間

    砂岡和子

    第57回言語・音声理解と対話処理研究会   SIG-SLUD-A806   127 - 133  2009

  • 多人数インタラクションにおける協調的コミュニケーション方略の定量化分析試探

    砂岡和子, YU敬松, 高媛媛

    人工知能学会第23回全国大会論文集   CDROM412  2009

  • 多人数インタラクションにおける協調的コミュニケーション方略の定量化分析試探

    砂岡和子, YU敬松, 高媛媛

    人工知能学会第23回全国大会論文集   CDROMNo.412   1 - 3  2009

  • リスニング過程に注目した中国語合成音声の教育利用法

    砂岡和子, 段慧明

    人工知能学会 第55回 言語・音声理解と対話処理研究会研究会資料     53 - 56  2009

  • 多人数互動口語協調性談話策略的定量化分析-漢日跨文化語言教学平台的開発-

    砂岡和子, YU敬松

    中文教学現代化学会(In La Rochelle)『数字化漢語教学専題研究』     26 - 32  2009

  • 変わるリスニング音源-中国語合成音利用の聴取教育と効果-

    砂岡和子, 岩見田均

    2009 PC Conference論文集     423 - 426  2009

  • ミスコミュニケーション・コーパスに見る異文化知見と受容の間

    砂岡和子

    第57回言語・音声理解と対話処理研究会   SIG-SLUD-A806   127 - 133  2009

  • コーパス利用による中国語教育(3)-学習者コーパスに基づいた中国語四声弁別CAI自習システムの開発と効果検証-

    砂岡和子, 孫琦, 比企静雄

    早稲田大学政治経済学部紀要『教養諸学研究』   126   79 - 98  2009

  • グローバル化時代の外国語教育-ICT活用の早稲田大学外国語教育実践

    砂岡和子

    私立大学連盟『大学時報』     20 - 29  2009

  • 中国語合成音利用の聴取教育とその効果-変わる語学ツールと学習者の受容能力

    砂岡和子, 岩見田均

    CIEC会誌『コンピュータ&エデュケーション』     28 - 32  2009

    DOI

  • ミスコミュニケーション・コーパスに見る異文化知見と受容の間

    砂岡和子

    第57回言語・音声理解と対話処理研究会(SIG-SLUD-A806)   SIG-SLUD-A806   41 - 44  2009

  • 多人数互动口语协调性谈话策略的定量化分析-汉日跨文化语言教学平台的开发

    砂岡和子, 俞敬松

    数字化汉语教学专题研究(2009)—新模式、新方法、新技术、新产品、清华大学出版社    2009

  • リスニング過程に注目した中国語合成音声の教育利用法

    砂岡和子, 段慧明

    人工知能学会 第55回 言語・音声理解と対話処理研究会資料   SIG-SLUD-A803   53 - 56  2009

  • 変わるリスニング音源-中国語合成音利用の聴取教育と効果

    砂岡和子, 岩見田均

    2009PC Conference論文集     423 - 426  2009

  • 多人数互动口语协调性谈话策略的定量化分析-汉日跨文化语言教学平台的开发-

    砂岡和子, 俞敬松

    中文教学現代化学会La Rochelle予稿集     26 - 32  2009

  • 多人数インタラクションにおける協調的コミュニケーション方略の定量化分析試探

    砂岡和子, 俞敬松, 高媛媛

    人工知能学会第23回全国大会論文集   CDROMNo.412   1 - 3  2009

  • 異言語ビデオ会議におけるNSとNNSの協調学習の数量的表示と判定基準

    砂岡和子, 俞敬松, 高媛媛

    言語処理学会第15回年次大会論文集     889 - 892  2009

  • ビデオ会議でのNSとNNSの協調的コミュニケーション方略

    砂岡和子, 俞敬松, 高媛媛

    第93回情報学基礎・第189回自然言語処理研究発表会 研究会資料     127 - 133  2009

  • 指導法の科学性を求められる中国語語学教材と電子出版

    砂岡和子

    月刊『東方』【中国の電子出版2】    2009

  • 基于CAI漢語四声聴力自習系統進行的声調聴力測評

    孫琦, 比企静雄, 砂岡和子

    第六届中文現代化教学国際研討会論文集《数字化漢語教学的発展与深化》     474 - 479  2008

  • 漢日跨文化錯誤伝播多媒体語料庫的建設-文化誤伝現象的定量化研究方法

    砂岡和子, 俞敬松

    第六届中文電化教学国際研討会論文集《数字化漢語教学進展与深化》     506 - 511  2008

  • 教材開発中文章語料難度自動評測軟件的開発与研究-以HSK詞彙為基準的考察

    劉松, 砂岡和子, 浦野義頼

    第六届中文電化教学国際研討会論文集《数字化漢語教学進展与深化》     537 - 542  2008

  • 基于CAI汉语四声听力自习系统进行的声调听力测评

    孙琦, 比企静雄, 沙冈和子

    第六届中文电化教学国际研讨会论文集《数字化汉语教学进展与深化》     474 - 479  2008

  • 子供英語語彙との比較による中国語初級検定語彙の意味特色

    砂岡和子, 新田小雨子, 西垣知佳子, 中條清美, 内山将夫

    日本中国語学会第58回全国大会予稿集     352 - 356  2008

  • 言語情報分析データの中国語教育への応用-経験知の検証と法則性の記述へ向けて-

    砂岡和子, 比企静雄, 劉松

    言語処理学会第14回年次大会Workshop教育・学習を支援する言語処理     15 - 18  2008

  • 網絡教学対消去文化摩擦强化地域安全保障基礎的作用-早稻田大学亜洲5地学生会議的実践与分析

    砂岡和子, YU敬松

    遼寧大学亜洲研究中心『亜洲問題研究論叢』     131 - 141  2007

  • 網絡教学対消去文化摩擦强化地域安全保障基礎的作用-早稻田大学亜洲5地学生会議的実践与分析

    砂岡和子, 俞敬松

    遼寧大学亜洲研究中心『亜洲問題研究論叢』     131 - 141  2007

  • 中国語非流暢性ポーズの顕在化特性

    砂岡和子

    日本中国語学会第57回全国大会予稿集     253 - 257  2007

  • The Construction of Foreign Language Learning Environment In International Distance Conference

    Sunaoka Kazuko, Monden Yasuhiro, Morishita Yukio, Ikegami Daisuke

    Cross Cultural Distance Learning Teachers' Manual,Media Mix,Waseda University   Vol.1   195 - 122  2006

  • Professional Skills of Tutors in Distance Learning:Observation Report on Oral Teaching by Internet Visual Communication

    Lichin Li, Sunaoka Kazuko

    Cross Cultural Distance Learning Teachers' Manual Media Mix, Waseda University,   Vol.1   49 - 62  2006

  • Pedagogical Characteristics of Distance Chinese Oral Training Class and its Subordinate Instruction Methods of Grammar , Media Mix, Waseda University

    Kazuko SUNAOKA, Song LIU, Rongnian LIN, Peiju CHANG

    Cross Cultural Distance Learning Teachers' Manual   Vol.1   63 - 72  2006

  • Exploring the Model of Distance Chinese Language Teaching and Tutorial Chinese Advanced Course Media Mix, Waseda University,

    Wang Yu, Sunaoka, Kazuko, Murakami Kimikazu

    Cross Cultural Distance Learning Teachers' Manual   Vol.1   73 - 94  2006

  • The Construction of Foreign Language Learning Environment In International Distance Conference

    Sunaoka Kazuko, Monden Yasuhiro, Morishita Yukio, Ikegami Daisuke

    Cross Cultural Distance Learning Teachers' Manual,Media Mix,Waseda University   Vol.1   195 - 122  2006

  • Professional Skills of Tutors in Distance Learning:Observation Report on Oral Teaching by Internet Visual Communication

    Lichin Li, Sunaoka Kazuko

    Cross Cultural Distance Learning Teachers' Manual Media Mix, Waseda University,   Vol.1   49 - 62  2006

  • Pedagogical Characteristics of Distance Chinese Oral Training Class and its Subordinate Instruction Methods of Grammar , Media Mix, Waseda University

    Kazuko SUNAOKA, Song LIU, Rongnian LIN, Peiju CHANG

    Cross Cultural Distance Learning Teachers' Manual   Vol.1   63 - 72  2006

  • Exploring the Model of Distance Chinese Language Teaching and Tutorial Chinese Advanced Course Media Mix, Waseda University,

    Wang Yu, Sunaoka, Kazuko, Murakami Kimikazu

    Cross Cultural Distance Learning Teachers' Manual   Vol.1   73 - 94  2006

  • 誤用データ統計機能を備えるWEB中国語作文添削支援システム

    劉松, 砂岡和子, 浦野義頼

    Computer & Education東京電機大学出版局   20   74 - 79  2006

    DOI

  • Cross Cultural Distance Learning Teachers' Manual ,The Construction of Foreign Language Learning Environment In International Distance Conference

    Sunaoka Kazuko, Monden Yasuhiro, Morishita Yukio, Ikegami Daisuke

    Media Mix, Waseda University   1   95 - 122  2006

  • Exploring the Model of Distance Chinese Language Teaching and Tutorial Chinese Advanced Course Media Mix, Waseda University

    Wang Yu, Sunaoka, Kazuko, Murakami Kimikazu

    Media Mix, Waseda University   1   73 - 94  2006

  • Pedagogical Characteristics of Distance Chinese Oral Training Class and its Subordinate Instruction Methods of Grammar

    Kazuko SUNAOKA, Song LIU, Rongnian LIN, Peiju CHANG

    Media Mix, Waseda University   1   63 - 72  2006

  • Professional Skills of Tutors in Distance Learning:Observation Report on Oral Teaching by Internet Visual Communication

    Lichin Li, Sunaoka Kazuko

    Media Mix, Waseda University   1   49 - 62  2006

  • Cross Cultural Distance Learning Teachers' Manual ,The Construction of Foreign Language Learning Environment In International Distance Conference

    Sunaoka Kazuko, Monden Yasuhiro, Morishita Yukio, Ikegami Daisuke

    Media Mix, Waseda University   1   95 - 122  2006

  • Exploring the Model of Distance Chinese Language Teaching and Tutorial Chinese Advanced Course Media Mix, Waseda University

    Wang Yu, Sunaoka, Kazuko, Murakami Kimikazu

    Media Mix, Waseda University   1   73 - 94  2006

  • Pedagogical Characteristics of Distance Chinese Oral Training Class and its Subordinate Instruction Methods of Grammar

    Kazuko SUNAOKA, Song LIU, Rongnian LIN, Peiju CHANG

    Media Mix, Waseda University   1   63 - 72  2006

  • Professional Skills of Tutors in Distance Learning:Observation Report on Oral Teaching by Internet Visual Communication

    Lichin Li, Sunaoka Kazuko

    Media Mix, Waseda University   1   49 - 62  2006

  • The Construction of PC & Mobile CALL-drill System for the Communicative Chinese Conversation Lessons

    Song LIU, Kazuko SUNAOKA, Yoshiyori URANO

    日本人間工学会予稿集(携帯・カーナビの利用性と人間工学)予稿集     31 - 32  2005

  • The Construction of PC & Mobile CALL-drill System for the Communicative Chinese Conversation Lessons

    Song LIU, Kazuko SUNAOKA, Yoshiyori URANO

    日本人間工学会予稿集(携帯・カーナビの利用性と人間工学)予稿集     31 - 32  2005

  • The Construction of PC & Mobile CALL-drill System for the Communicative Chinese Conversation Lessons

    Song LIU, Kazuko SUNAOKA, Yoshiyori URANO

    日本人間工学会予稿集(携帯・カーナビの利用性と人間工学)予稿集     31 - 32  2005

  • PC、携帯端末に対応する中国語コールドリルシステムの開発

    劉松, 砂岡和子, 浦野義頼

    「ケータイ・カーナビの利用性と人間工学」予稿集     31 - 32  2005

  • 與評獎和Self-Editing相結合進行的網絡華文寫作教學

    砂岡和子, 村上公一, 劉松

    4th International Conference on Internet Chinese Education(ICICE 2005)予稿集     58 - 66  2005

  • 與語料庫相結合的中文CALL練習系統的開發

    劉松, 砂岡和子, 浦野義頼

    4th International Conference on Internet Chinese Education(ICICE 2005)予稿集     471 - 477  2005

  • Computerized Adaptive Testing(CAT)方式的網路中文口語測驗的開發

    村上 公一, 砂岡和子, 劉松

    4th International Conference on Internet Chinese Education(ICICE 2005)予稿集     244 - 249  2005

  • 為口語能力提升的中文教學項目量化

    砂岡和子, 村上公一, 劉松

    4th International Conference on Internet Chinese Education(ICICE 2005)予稿集     236 - 243  2005

  • 日本的手機在中文教育上應用的問題與實踐

    劉松, 砂岡和子, 浦野義頼

    4th International Conference on Internet Chinese Education(ICICE 2005)予稿集     272 - 279  2005

  • コーパス利用による中国語教育(2)―可変的語彙教育を支援する中国語コーパス構築とその応用

    砂岡和子

    早稲田大学政治経済学部紀要『教養諸学研究』   ( 118 ) 147 - 169  2005

  • The Construction of PC & Mobile CALL-drill System for the Communicative Chinese Conversation Lessons

    Song LIU, Kazuko SUNAOKA, Yoshiyori URANO

    日本人間工学会予稿集(携帯・カーナビの利用性と人間工学)予稿集     31 - 32  2005

  • Statistical properties of the Chinese four tones derived from the Grammatical Knowledge Based of Contemporary Chinese

    Shizuo Hiki, Kazuko Sunaoka, Liming Yang

    Lecture meeting at the Institute of Computational Linguistics, Beijing University    2004

  • Occurrence frequency and transition probability of the Chinese tones

    Shizuo Hiki, Kazuko Sunaoka, Liming Yang, Yasuyo Tokuhiro

    Proceedings, International Symposium on Tonal Aspects of Languages: With Emphasis on Tonal Languages,     73 - 76  2004

  • Statistical properties of the Chinese four tones: Occurrence frequency and transition probability

    Shizuo Hiki, Liming Yang, Kazuko Sunaoka, Yasuyo Tokuhiro

    Proceedings of the 18th International Congress on Acoustics, ICA2004    2004

  • Statistical properties of the Chinese four tones derived from the Grammatical Knowledge Based of Contemporary Chinese

    Shizuo Hiki, Kazuko Sunaoka, Liming Yang

    Lecture meeting at the Institute of Computational Linguistics, Beijing University    2004

  • Occurrence frequency and transition probability of the Chinese tones

    Shizuo Hiki, Kazuko Sunaoka, Liming Yang, Yasuyo Tokuhiro

    Proceedings, International Symposium on Tonal Aspects of Languages: With Emphasis on Tonal Languages,     73 - 76  2004

  • Statistical properties of the Chinese four tones: Occurrence frequency and transition probability

    Shizuo Hiki, Liming Yang, Kazuko Sunaoka, Yasuyo Tokuhiro

    Proceedings of the 18th International Congress on Acoustics, ICA2004    2004

  • Occurrence frequency and transition probability of the Chinese tones

    Shizuo Hiki, Kazuko Sunaoka, Liming Yang, Yasuyo Tokuhiro

    Proceedings, International Symposium on Tonal Aspects of Languages: With Emphasis on Tonal Languages,   TAL 2004   73 - 76  2004

  • Statistical properties of the Chinese four tones derived from the Grammatical Knowledge – Based of Contemporary Chinese

    Shizuo Hiki, Kazuko Sunaoka, Liming Yang

    Lecture meeting at the Institute of Computational Linguistics, Beijing University    2004

  • Statistical properties of the Chinese four tones: Occurrence frequency and transition probability

    Shizuo Hiki, Liming Yang, Kazuko Sunaoka, Yasuyo Tokuhiro

    Proceedings of the 18th International Congress on Acoustics, ICA2004    2004

  • Mobile CALL-drills and Web-test Tools for the Communicative Chinese Conversation Lessons

    Song Liu, Kazuko SUNAOKA, Yoshiyori URANO

    The 18th Pacific Asia Conference on Language,Information and Computation    2004

  • Teaching discrimination between Tone-2 and Tone-3 based on statistical properties and acoustical characteristics of the Chinese Four Tones

    Shizuo Hiki, Kazuya Imaizumi, Kazuko Sunaoka, Liming Yang

    The 18th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation    2004

  • Development of Chinese verb complement dictionary based on Chinese Corpus for Japanese learners,Transactions of Japanese Society for Information and Systems in Education

    教育システム情報学会英文誌   Vol1.2, No.1  2004

  • 網络漢語口語課本和詞彙分級

    早稲田大学遠隔教育中国語部会配布資料

    漢語コーパス研究会第3回報告会配布資料    2004

  • 現代漢語語法信息詞典による中国語声調の統計的性質の解析

    比企静雄, 砂岡和子, 楊立明

    漢語コーパス研究会第4回報告会    2004

  • 基于Active Database与師生課本互動的国際漢語口語教学

    砂岡和子, 村上公一, 浦野義頼, 劉松, 張悦・倪萌

    『数字化対外漢語教学理論与方法研究』(清華大学出版社)    2004

  • 遠程網絡漢語口語教学管理平台的開発

    劉松・張悦, 倪萌, 砂岡和子, 村上公一, 浦野義頼

    『数字化対外漢語教学理論与方法研究』(清華大学出版社)    2004

  • 日中台遠隔中国語口語レッスン管理プラットフォームの開発

    劉松, 砂岡和子, 浦野義頼

    PC Conference研究大会予稿集    2004

  • 合成音声利用による中国語声調の学習システム

    比企静雄, 砂岡和子, 楊立明, 今泉一哉

    2004 PC Conference研究大会予稿集『Dialogue between Technology and Chinese Language & Culture』    2004

  • 発話能力を測定するための中国語Webテストの開発

    村上公一, 砂岡和子, 劉松

    日本中国語学会第54回全国大会予稿集    2004

  • Occurrence frequency and transition probability of the Chinese tones

    Shizuo Hiki, Kazuko Sunaoka, Liming Yang, Yasuyo Tokuhiro

    Proceedings, International Symposium on Tonal Aspects of Languages: With Emphasis on Tonal Languages,   TAL 2004   73 - 76  2004

  • Statistical properties of the Chinese four tones derived from the Grammatical Knowledge – Based of Contemporary Chinese

    Shizuo Hiki, Kazuko Sunaoka, Liming Yang

    Lecture meeting at the Institute of Computational Linguistics, Beijing University    2004

  • Statistical properties of the Chinese four tones: Occurrence frequency and transition probability

    Shizuo Hiki, Liming Yang, Kazuko Sunaoka, Yasuyo Tokuhiro

    Proceedings of the 18th International Congress on Acoustics, ICA2004    2004

  • Mobile CALL-drills and Web-test Tools for the Communicative Chinese Conversation Lessons

    Song Liu, Kazuko SUNAOKA, Yoshiyori URANO

    The 18th Pacific Asia Conference on Language,Information and Computation    2004

  • Teaching discrimination between Tone-2 and Tone-3 based on statistical properties and acoustical characteristics of the Chinese Four Tones

    Shizuo Hiki, Kazuya Imaizumi, Kazuko Sunaoka, Liming Yang

    The 18th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation    2004

  • 多国語Windows作業系統下Corpus-based中国語教育課件的開発

    Proc. of ICICE2003   pp174-183, (2003)  2003

  • 北京大学コーバス利用のCAI教材プロジェクト

    PC-Conference 2003 論文集   pp395-398  2003

  • コーバス利用による中国語教育―中国語コーバス利用とデータ変換

    教養諸学研究,早稲田大学政治経済学部   No.140,pp.249-271  2003

  • コーパス利用による中国語教育(1)中国語コーパス利用とデータ変換

    政経『諸学教養』紀要   114号 pp249-271  2003

  • 中国語チュートリアル教学とレッスン成果分析―2002年度早稲田大学中国語チュートリアル実践報告

    早稻田大学語学研究所紀要『語研フォーラム』   第19号 pp59-87  2003

  • 中国語レベル分けのためのWeb上での中国語能力診断テスト

    村上公一, 砂岡和子, 劉松

    日本中国語学会第53回全国大会予稿集    2003

  • 以提升交際能力為目的之漢語教学以及水平測験雛議-早稻田大学国際漢語遠距教学四年実線見証

    砂岡和子, 村上公一

    Dialogue between Technology and Chinese Language & Culture    2003

  • 多国語Windows作業系統下基于Corpus的中国語教学課件的開発

    尹明, 砂岡和子, 成田誠之助

    The 3ndInternational Conference on Internet Chinese Education (ICICE 2003)    2003

  • 赴華中文短期研習与利用網路環境的事前、事後学習

    村上公一, 砂岡和子, 李利津, 于洋, 梅田雅子

    第七届世界華語文教学研討会論文集   4  2003

  • コーパス利用による中国語教育(1)―中国語コーパス利用とその応用

    砂岡和子

    早稲田大学政治経済学部紀要『教養諸学研究』   ( 114 ) 249 - 271  2003

  • 連結北京・台湾・漢城的国際遠隔教育報告

    早稲田大学CCDL中国語国際遠隔教育シンポジウム論文集 好文出版     1 - 14  2002

  • 早稻田大学現代外国語教育技術的理論与実践

    首都師範大学外国語言学及応用語学言(北京)   第4期   211 - 224  2002

  • 日本平安漢文里的“飛天”

    南京棲霞山石窟芸術与敦煌学(中国美術学院出版社)97-112頁    2002

  • 敦煌トルファン文書に見る「件」の量詞転生カテゴリー

    慶谷壽信教授記念『中国語学論集』慶谷壽信教授記念中国語学論集刊行会編所収 好文出版   157-172頁  2002

  • 中国語Tutorial Method開発と発話分析

    早稲田大学政治経済学部紀要『諸学教養』   112号  2002

  • 『中国語メディア教育関連国際学会紹介(日本の中国語教育-その現状と課題・2002-)』

    日本中国語学会 中国語ソフトアカデミズム検討委員会 好文出版   46-47頁  2002

  • 早稻田大学漢語遠程教学的技術与理論

    E-Learning与対外漢語教学(清華大学出版社;中国)   436-442頁  2002

  • 中国語国際遠隔語学演習Chinese Online

    2002PC Conference論文集   382-385頁  2002

  • 発信・交流型中国語教育Chinese Online」

    早稲田大学語学研究所紀要『語研フォーラム』   17号 117-124頁  2002

  • 当前日本漢語教学対言語信息処理技術的需求

    北京大学計算語言学研究所第二回中日自然言語処理専門家会議論集   88-95頁  2002

  • 早稻田大学現代外国語教育技術的理論与実践

    首都師範大学外国語言学及応用語学言(北京)   第4期 211-224ページ  2002

  • 連結北京・台湾・漢城的国際遠隔教育報告

    早稲田大学CCDL中国語国際遠隔教育シンポジウム論文集 好文出版   1-14頁  2002

  • 南京棲霞山石窟芸術与敦煌学

    中国美術学院出版社    2002

  • 早稻田大学現代外国語教育技術的理論与実践

    (北京)首都師範大学『外国語言学及応用語学言』   第4期、pp211-224  2002

  • 当前日本漢語教学対語言信息処理的要求

    北京大学計算語言学研究所第2回中日自然言語処理委員会   88-95頁  2002

  • 中国語Tutorial Meohod開発と発語分析

    早稲田大学政治経済学部紀要諸学教養   112号 319-370頁  2002

  • Chinese language education using global computer network of Waseda University

    Guangxi Normal University Press Proceedings of the 2nd International Conference of New Technologies in Teaching and learning Chinese   pp. 66-72  2001

  • Cyber Chinese language Learning by global computer network in Waseda University

    The 2<SUP>nd</SUP> International conference on the Teaching and Learning Chinese   /,64-67  2001

  • 「Chinese Online2年目-課題と展望」

    『漢字文献情報処理研究』第2号 好文出版   2  2001

  • 「語彙&語法ヘルプ機能付き中国語CALLドリル“ゴーツー(構詞)”」

    早稲田大学政治経済学部紀要『諸学教養』   111号  2001

  • 早稲田大学中国語遠程教学演習Chinese Online

    The 2nd International Conference on Internet Chinese Education (ICICE 2001)「Digitalization for Global Chinese Education」Proceedings   66-72頁  2001

  • Chinese language education using global computer network of Waseda University

    Guangxi Normal University Press Proceedings of the 2nd International Conference of New Technologies in Teaching and learning Chinese   pp. 66-72  2001

  • 語彙&語法ヘルプ機能付き中国語CALLドリル“ゴーツー(構詞)”

    早稲田大学政治経済学部『諸学教養』   111号 45-66頁  2001

  • 発信・交流型中国語教育Chinese Online

    早稲田大学語学研究所紀要『語研フォーラム』   17号 117-124頁  2001

  • Chinese language education using global computer network of Waseda University

    Guangxi Normal University Press Proceedings of the 2nd International Conference of New Technologies in Teaching and learning Chinese   pp. 66-72  2001

  • Cyber Chinese language Learning by global computer network in Waseda University

    The 2<SUP>nd</SUP> International conference on the Teaching and Learning Chinese   /,64-67  2001

  • The introduction of the international network language study to the classroom

    Kazuko Sunaoka

    Journal of Liberal Arts   106   13 - 40  2000

  • Global Network Chinese Language Online

    Kazuko SUNAOKA

    Journal of Japan Association for Asian Text Processing     80 - 83  2000

  • The introduction of the international network language study to the classroom

    Kazuko Sunaoka

    Journal of Liberal Arts   106   13 - 40  2000

  • Global Network Chinese Language Online

    Kazuko SUNAOKA

    Journal of Japan Association for Asian Text Processing     80 - 83  2000

  • The introduction of the international network language study to the classroom

    Journal of Liberal Arts   /106,13-40  2000

  • Global Network Chinese Language Online

    Journal of Japan Association for Asian Text Processing   /創刊,80-83  2000

  • 「国際ネットワーク型中国語教育Chinese Online」

    『漢字文献情報処理研究』好文出版   創刊号  2000

  • 国際ネットワーク型語学学習プログラムの授業導入

    早稲田大学政治経済学部紀要   /106,13-40  2000

  • 国際ネットワーク型中国語教育Chinese Online

    漢字文献情報処理研究   /創刊,80-83  2000

  • 聴力教学CALL四法

    北京大学出版社 第6回国際中国語教学シンポジウム論文選   /,100-108  2000

  • The introduction of the international network language study to the classroom

    Journal of Liberal Arts   /106,13-40  2000

  • Global Network Chinese Language Online

    Journal of Japan Association for Asian Text Processing   /創刊,80-83  2000

  • 講談社中国語辞典

    講談社   2269頁  1998

  • プログレッシブ中国語辞典

    小学館   1085ページ  1997

  • 以元刊『仏説目連救母経』補勘「大目乾連冥間救母変文」

    敦煌学国際研討会文集-記念敦煌研究院成立50周年 宗教文史・下巻    1994

  • 小学館中日辞典

    小学館   2022ページ  1992

  • 小学館日中辞典

    小学館   2085ページ  1989

  • 中国語合成音利用の聴取教育とその効果-変わる語学ツールと学習者の受容能力-

    砂岡和子, 岩見田均

    コンピュータ&エデュケーション(CIEC)   Vol.27   41 - 44

  • 日中ビデオ会議にみる共同学習-アジアン・ミス・コミュニケーションコーパスの開発

    砂岡和子, 俞敬松

    電子情報通信学会『思考と言語』   108

▼display all

Awards

  • 3rd WASEDA e-Teaching Award

    2015.10   WASEDA University   ICT in Cross-Border Education

    Winner: SUNAOKA Kazuko

Research Projects

  • 日本の多言語情報発信と受信地域における受容性の分析

    早稲田大学  特定課題研究助成費

    Project Year :

    2017.04
    -
    2018.03
     

    砂岡 和子

  • 英日中国語ウェブ誤用コーパス構築と母語をふまえた英語・日本語・中 国語教授法開発

    日本学術振興会  科学研究費補助金 (B)

    Project Year :

    2013.04
    -
    2016.03
     

    望月圭子

  • アジア型ダイバーシティ人材育成に向けた多言語多文化カリキュラムの設計

    早稲田大学  特定課題研究助成費

    Project Year :

    2014.04
    -
    2015.03
     

    砂岡 和子

  • 語彙分類の理論的整備に基づくシソーラスの改良に関する研究

    日本学術振興会  科学研究費補助金 基盤研究(C)

    Project Year :

    2012.04
    -
    2015.03
     

    山崎誠

  • 新しい言語教育観に基づいた複数の外国語教育で使用できる共通言語教育枠の総合研究

    日本学術振興会  科学研究費補助金 基盤研究(A)

    Project Year :

    2011.04
    -
    2014.03
     

    西山教行

  • 多言語教育に資するモバイル機器活用四ヵ国語学習教材の開発

    日本学術振興会  科学研究費補助金基盤研究(C)

    Project Year :

    2010.04
    -
    2012.03
     

    西垣 知佳子

  • 東アジア複言語コミュニケーション・データベースの構築

    日本学術振興会  科学研究費補助金基盤研究(C)

    Project Year :

    2010.04
    -
    2012.03
     

    砂岡和子

  • 中国語声調の発声の自習のためのインタネット利用CAIシステム

    日本学術振興会  科学研究費補助金基盤研究(C)

    Project Year :

    2007.04
    -
    2010.03
     

    比企静雄

  • アナログ動画画面検索システムによる日中英学習サイト開発

    早稲田大学  特定課題研究助成費

    Project Year :

    2008.04
    -
    2009.03
     

    砂岡 和子

  • 中国語動詞補語用法オンライン辞書

    日本学術振興会  研究成果公開促進費 (データベース)

    Project Year :

    2008.04
    -
    2009.03
     

    砂岡 和子

  • 中国語動詞補語用法オンライン辞書の構築

    早稲田大学ことばの科学研究所  受託研究

    Project Year :

    2008.04
    -
    2009.03
     

  • ミス・コミュニケーション学習支援プログラムの開発

    日本学術振興会  科学研究費補助金 基盤研究(B)

    Project Year :

    2006
    -
    2009
     

    砂岡和子

  • 中国語声調の言語学的・音響学的データを踏まえたインタネット利用の指導システム

    日本学術振興会  科学研究費補助金基盤研究(C)

    Project Year :

    2005.04
    -
    2007.03
     

    比企静雄

  • 国際教養育成と議論力及び交渉力養成の為のオンデマンド遠隔型語学国際交流の展開

    日本学術振興会  科学研究費補助金基盤研究(B)

    Project Year :

    2003.04
    -
    2006.03
     

    中野 美知子

  • 中国語チュートリアルシステムの国際共同開発

    日本学術振興会  科学研究費補助金基盤研究(B)

    Project Year :

    2002.04
    -
    2005.03
     

    砂岡和子

  • The international cooperation development of the Chinese tutorial training system-The learning program plan and the digital teaching material creating-

    International Joint Research Projects

    Project Year :

    2002
    -
    2005
     

  • 清末・民国初期の巷間資料による庶民文化流通形態の研究

    日本学術振興会  科学研究費補助金基盤研究(C)

    Project Year :

    2001.04
    -
    2004.03
     

    岡崎 由美

  • 大規模中国語語法コーパスを利用したWeb中国語動詞句辞典の開発

    北京大学  受託研究

    Project Year :

    2003
    -
    2004
     

    砂岡和子

  • The research of the citizen culture circulation form by the material at the end of Qing and early Mingguo

    International Joint Research Projects

    Project Year :

    2001
    -
    2004
     

  • Study of Tunhuang

  • Chinese Distance Education

▼display all

Presentations

  • 音声認識技術欠損情報から逆検証する異言語間多人数対話の記号継続方略

    砂岡 和子

    早稲田大学現代政治経済研究所「社会行動と言語選択」特別部会 

    Presentation date: 2019.11

  • How to Recover from Dialogue Breakdown A Comparison of Chinese L2 Students and Conversational AI

    SUNAOKA Kazuko  [Invited]

    International Symposium on Diverse Approaches to Second Language Acquisition: Learner Corpora, Evaluation and Brain Sciences 2019 

    Presentation date: 2019.06

  • Comparison of the resilience of Chinese L2 students and AI language technology after dialogue breakdown

    SUNAOKA Kazuko  [Invited]

    Conference on Teaching Chinese as a Second Language 

    Presentation date: 2019.03

  • Experiences of SCOLT Chinese Distance Teaching

    SUNAOKA Kazuko  [Invited]

    Beijing Language and Culture University Research Center of Foreign Chinese ,Special lecture 

    Presentation date: 2019.01

  • Practice and Reflection on "Asian Student Discussion Class" at Waseda University

    SUNAOKA Kazuko  [Invited]

    Beijing Language and Culture University Research Center of Foreign Chinese ,Special lecture 

    Presentation date: 2019.01

  • Practice report on Chinese distance teaching in Waseda University-Tutorial Chinese-

    SUNAOKA Kazuko  [Invited]

    Beijing Language and Culture University Research Center of Foreign Chinese ,Special lecture 

    Presentation date: 2019.01

  • The Orientation of Distance Chinese Teaching and the New Research Directions under the Popularization of Artificial Intelligence Language Technology

    SUNAOKA Kazuko  [Invited]

    Beijing Language and Culture University Research Center of Foreign Chinese ,Special lecture 

    Presentation date: 2019.01

  • Speech recognition technology in situated long distance group dialogue

    SUNAOKA Kazuko

    The 11th International Conference on Modernization of Chinese Education 

    Presentation date: 2018.07

  • A Comparative Analysis of Non-native Speakers and Artificial Intelligence Technology's Semantic Negotiation Mechanism-Analyzing the case of Automatic Speech Recognition technology–

    SUNAOKA Kazuko

    the 10Th Technology and Chinese Language Teaching (TCLT10) 

    Presentation date: 2018.06

  • 社会的インタラクション重視の中国語習得

    砂岡 和子  [Invited]

    高等学校中国語教育研究会関東支部研修会 

    Presentation date: 2018.03

  • 異文化間討論を支える第二言語能力-笑いの共鳴分析を介して-

    砂岡 和子  [Invited]

    日本英語教育学会・日本教育言語学会第48回年次研究集会 

    Presentation date: 2018.03

  • 第二言語習得と社会知―人間とマシンの協働による中国語教育現場からー

    砂岡 和子  [Invited]

    明海大学応用言語学セミナー「機械・ことば・人間」 

    Presentation date: 2017.11

  • 国际远程课堂中学生的语言能力与跨文化沟通能力发展分析

    砂岡 和子  [Invited]

    International Conference on Chinese as a Second Language, ICCSL14 

    Presentation date: 2017.10

  • 国際連携で外国語授業のどこが変わるのか?ー中国・台湾・日本を結ぶ遠隔中国語教育を例にー

    砂岡 和子  [Invited]

    東京外国語大学国際ワークショップ「国際連携・高大連携によるICT外国語教育と学習者コーパス研究」 

    Presentation date: 2017.07

  • 日本早稻田大学?程???多?言聊天室的教学效果(Effects of Multilingual Chatting Support System,Chinese Distance Learning at Wasada University, Japan)

    The 7th International Conference on Technology and Chinese Language Teaching(TCLT7) 

    Presentation date: 2012

  • 支持掌握学生理解度及?学教?成?的工具

    札幌大学孔子学院中国語教員研修会 

    Presentation date: 2012

  • (1)アジア共同体への理解:文化と社会の視点から (2)グローバル化と日本語学習の意義

    ワンアジア財団研究助成金による香港理工大学講義 

    Presentation date: 2012

  • 日本早稻田大学远程漢語課多語言聊天室的教学效果

    Presentation date: 2012

  • (1)アジア共同体への理解:文化と社会の視点から(2)グローバル化と日本語学習の意義

    アジア共同体への理解 

    Presentation date: 2012

  • 分階多語成語典故知識庫教學設計

    第十一屆年台灣華語文教學年會暨國際研討會 

    Presentation date: 2012

  • 言語接触がもたらす中国語教学環境と資源の変容

    第62回日本中国語大会 

    Presentation date: 2012

  • 日本人学習者の中国語リスニングストラテジーの特徴とその向上支援ツール

    早稲田大学ことばの科学研究研究所・知能情報システム研究所・国際情報通信研究センター合同研究会 

    Presentation date: 2012

  • 漢字四字成語の受容とその延命

    日本国立国語研究所第2回コーパス日本語学ワークショップ 

    Presentation date: 2012

  • 自然災害報道語料庫的数据采集和分析

    中文教学現代化学会 

    Presentation date: 2012

  • BCCWJで知る東アジア漢字圏四字成語の受容と変容

    言語処理学会第18回年次大会(NLP2012) 

    Presentation date: 2012

  • 多言語・複言語資源活用の中国語教育

    JACET教育問題研究会シンポジウム「CEFRを基にした異文化理解教育」部会 

    Presentation date: 2012

  • 多言語・複言語資源活用の中国語教育

    JACET教育問題研究会シンポジウム「CEFRを基にした異文化理解教育」 

    Presentation date: 2012

  • Effects of Multilingual Chatting Support System,Chinese Distance Learning at Wasada University, Japan

    The 7th International Conference on Technology and Chinese Language Teaching(TCLT7 

    Presentation date: 2012

  • 被災から復興へ中国語希望表現の特徴抽出

    日本中国語学会第61回全国大会 

    Presentation date: 2011

  • 中国人講師の中国語による講義の談話調整と受講効果

    日本中国語学会2011年第5回関東支部例会 

    Presentation date: 2011

  • 以「歴代語言知識庫」發展的中日韓漢字成語教學模式

    第四屆華語文教學國際研討會 

    Presentation date: 2011

  • 日本語常用漢字熟語の選好変化と自然言語処理

    日本語言處理學會第十七次年會(NLP2011) 

    Presentation date: 2011

  • オンライン辞書構築による中国語結果動詞の文型と意味の統合的学習

    "電子情報通信学会教育工学研究会技術研究報告(思考と言語研究会) 

    Presentation date: 2011

  • チャット交流における学習者のテーマ選好と言語知識の獲得

    "電子情報通信学会教育工学研究会技術研究報告(教育工学) 

    Presentation date: 2011

  • 建構詞彙語意知識庫與推廣語言政策的多元文化思考:以「網路展書讀」網站語言文化教學設計為例

    日本中国語学会第60回全国大会 

    Presentation date: 2011

  • コュニケーシヨン創出に寄与する教室内Chatと発話支援者および教材の役割

    日本中国語学会第60回全国大会 

    Presentation date: 2010

  • 東アジア複言語コミュニケーション支援教材の開発

    早稲田大学ことばの科学研究発表会 

    Presentation date: 2010

  • 自律的レベル選択によるTTS利用のスピーキング練習の質向上

    第七届中文电化教学国际研讨会 

    Presentation date: 2010

  • 主観知の相対化認知過程としての異文化接触行動

    人工知能学会第24回全国大会(JSAI2010) 

    Presentation date: 2010

  • コミュニケーション創出と支援ツール利用の功罪

    言語処理学会第16回年次大会(NLP2010) 

    Presentation date: 2010

  • 変わるリスニング音源ー中国語合成音利用の聴取教育と効果ー

    2009PC Conference 

    Presentation date: 2010

  • 情報環境との協調的コミュニケーション能力の開発

    成蹊大学現代GP「進化する教養教育と国際化新人材の育成」シンポジウム 

    Presentation date: 2010

  • 自律的レベル選択によるTTS利用のスピーキング練習の質向上

    2010PCConference 

    Presentation date: 2010

  • 多人数インタラクションにおける母語話者の非協調的コミュニケーション特色

    人工知能学会第23回全国大会(JSAI 2009) 

    Presentation date: 2010

  • 情報環境との協調的コミュニケーション能力の開発

    成蹊大学現代GP進化する教養教育と国際化新人材の育成シンポジウム 

    Presentation date: 2009

  • 中国語のコミュニケーションを支えるICTと自律学習

    京都大学国際シンポジウム「外国語教育の文脈化」(ヨーロッパ言語共通参照枠+ 複言語主義・複文化主義 + ICT とポートフォリオを用いた自律学習)招待講演 

    Presentation date: 2009

  • 情報環境との協調的コミュニケーション能力の開発

    成蹊大学現代GP「進化する教養教育と国際化新人材の育成」シンポジウム招待講演 

    Presentation date: 2009

  • 中国語のコミュニケーションを支えるICTと自律学習

    京都大学国際シンポジウム外国語教育の文脈化ヨーロッパ言語共通参照枠+複言語主義・複文化主義+ICTとポートフォリオを用いた自律学習 

    Presentation date: 2009

  • 多人数インタラクションにおける母語話者の非協調的コミュニケーション特色

    日本中国語学会第3回関東支部拡大例会 

    Presentation date: 2009

  • 情報環境との協調的コミュニケーション能力の開発

    成蹊大学現代GP、進化する教養教育と国際化新人材の育成シンポジウム 

    Presentation date: 2009

  • 中国語動詞補語用法オンライン辞書の構築と言語研究への応用

    早稲田大学ことばの科学研究発表会 

    Presentation date: 2009

  • 中国語のコミュニケーションを支えるICTと自律学習

    京都大学国際シンポジウム「外国語教育の文脈化」(ヨーロッパ言語共通参照枠+ 複言語主義・複文化主義 + ICT とポートフォリオを用いた自律学習) 

    Presentation date: 2009

  • Four Tones Discrimination ability By Computer-Assisted Instruction System for Self-Teaching

    Presentation date: 2008

  • セキュリティ資源としての多言語教育-ミス・コミュニケーショ ン・コーパスの構築へ向けて

    独立行政法人情報通信研究機構(NICT)、京都大学言語グリッドミーティング報告 

    Presentation date: 2008

  • 日中韓遠隔TV会議の談話コーパス構築へ向けて

    Presentation date: 2008

  • セキュリティ資源としての多言語教育-ミス・コミュニケーショ ン・コーパスの構築へ向けて

    招待講演 

    Presentation date: 2008

  • 早稲田大学における多言語遠隔交流とミス・コミュニケーション学習支援プログラムの開発」

    京都大学高等教育研究開発推進機構国際シンポジウム「大学における外国語教育の二つの挑戦:多言語教育と自律学習」 

    Presentation date: 2008

  • 独立行政法人情報通信研究機構(NICT)自然言語GR報告会

    Presentation date: 2008

  • コーパス利用の中国語電子補語辞典編纂とその課題

    本中国語学会関東支部拡大例会 

    Presentation date: 2007

  • 中韓日Multilingual ConceptDictionary構築の現況

    言語処理学会第13回年次大会Workshop 

    Presentation date: 2007

  • ???口???代?言教育的任??日本早稻田大学跨文化?程?言教学的?践与展望?

    ?南大学百年校?人文社会科学系列?座 

    Presentation date: 2006

  • 遠隔テレビ会議システムを用いた国際交流プログラム

    自律学習ICTプロジェクトシンポジウム 

    Presentation date: 2006

  • 交流型外国語教育をはぐくむ言語能力

    自律学習ICTプロジェクトシンポジウム 

    Presentation date: 2006

  • 遠隔テレビ会議システムを用いた国際交流プログラム

    慶應義塾大学外国語教育研究センター、自律学習ICTプロジェクトシンポジウム 

    Presentation date: 2006

  • 中国語コーパスデータと合成音声技術の利用

    早稲田大学、富士通研究所共同研究締結記念ワークショップ 

    Presentation date: 2006

  • 早稲田大学チュートリアル中国語作文添削システム概要と「写作諸葛」の開発展望

    早稲田大学、富士通研究所共同研究締結記念ワークショップ 

    Presentation date: 2006

  • 日本人学習者の声調弁別を支援するCAI自習システム

    早稲田大学、富士通研究所共同研究締結記念ワークショップ 

    Presentation date: 2006

  • 网?教学?消除文化摩擦?化地域安全保障基?的作用-早稻田大学?洲5地学生会?的?践与分析-

    国際フォーラムSecurity and Co-Prosperity of Asia 

    Presentation date: 2006

  • ICTを生かした新しい学習環境の構築のために-自律学習・協働学習と外国語教育

    外国語教育研究センター自律学習ICTプロジェクトシンポジウム-ICTを生かした新しい学習環境の構築のために 

    Presentation date: 2005

  • 交流型外国語能力をはぐくむ言語教育

    京都大学外国語教育研究センター自律学習ICTプロジェクトシンポジウム 

    Presentation date: 2005

▼display all

Specific Research

  • 日本の多言語情報発信と受信地域における受容性の分析

    2016  

     View Summary

    日本のNHKが行っている公的国際放送(テレビ、ラジオとインターネット)の番組内容を、中国中央電視台CCTVや中国国際放送局CRIの日本語番組と比較した結果、CCTVやCRIのコンテンツの多彩さと放映量の多さが際立った。原因は中国が国際放送というメディアを通じ、国家イメージの文化的付加価値の強化に本腰を入れ、飛躍的技術革新を遂げるデジタル配信や機械翻訳・通訳技術の積極的導入を行っていることによる。言語の壁が低くなることで、結果的に報道担当者と現地の聴衆との直接対話が増大し、ソフト・パワーの発信がマスメディアによる情報寡占やポピュリズムの克服に寄与する可能性を示唆する。

  • アジア型ダイバーシティ人材育成に向けた複言語・複文化カリキュラムの開発

    2014   ソジエ内田 恵美, 宗像 和重, 岡山  茂, 室井  禎之, 長與  進, 布袋 敏博, 吉江  修

     View Summary

    Local Student(LS)を包摂する多言語に開かれた授業実現のため、本学のInternational Student(IS)との共生実態調査を行った。327通の回答を分析した結果、早稲田キャンパスのLSとISは外国語習得目的や将来のキャリア設計が異なり、英語で授業を行うことに対する反応も異なることが判明した。また教員はISの授業に対しては異文化知識や言語能力を活かす工夫をしているが、LSクラスへの対応は不足気味の結果となった。設問中の自由記述は英中日文を含む計22500字の回答を得た。並行して担当教員と外国留学生およびISへの半構造化インタビューを実施し、ともにDB化して今後の詳細な分析に備えた。

  • 音声合成技術を応用した能力適応型中国語学習支援システムの開発

    2008  

     View Summary

    ●主な研究成果中国語のText to Speech(TTS)技術を使ったリスニング実験を行い、80名の被験者学習記録とアンケート調査から、音声合成利用による聴取テストの成績が、肉声による成績を上回ることを検証し、中国語の合成音を教育に利用することの妥当性を示した。併せて、聴取訓練用CAIプログラムの設計、中国語合成音を導入した日常中国語会話テキストプラットフォームの構築を、それぞれ北京大学段慧明女史、㈱富士通研究所・FRCD、北京外国語教学与研究社の協力を得て完成した。TTSは音質・音調・音速・ピッチの選択が可能なばかりか、生成過程の各種中間表示情報(漢字、ピンイン、音声波形図、語法ツリー構造図)も参照示できる。本実験でも合成音利用グループは、CAIの再生機能で異なる音速を多回数聴取しており、得点伸長を主導した。いっぽう、中級レベルの学習者はTTSの各種中間表示の参照効果が認められたが、初級者は語彙や構文情報を意味理解に生かせない。語法単位を越えた韻律語句、文脈を欠いた単文聴取は全被験者に共通する聴取失敗の原因であることを明らかにした。●今後の課題CAIプログラム設計を、新出語彙、韻律単位と語法単位の対応規則、中国語文型情報が提示可能に改良し、実験データから難度パラメータを作成し、Computerized Adaptive Testing対応の出題方略モジュールを構築する。●成果の公開本研究の概要と研究成果、ならびに中国語合成音サンプルを以下で公開している。中国語合成音を使った日常会話テキスト『漢語互動式口語』(砂岡和子他著,外国語教学与研究社刊)Webサイト:http://www.chineseplus.cn/富士通中国語合成音TTSサンプル:http://www.fujitsu.com/cn/frdc/product/tts.html韻律と語法の対応規則一覧表、中国語文型一覧表、聴取テスト用CAIプログラムは、今後、以下のHPで順次公開してゆく。

  • アナログ動画面検索システムによる日中英非言語的表現手段の学習サイト開発

    2006   愈 敬松, 藤田 真一

     View Summary

    早稻田大学・慶応大学湘南・北京大学・清華大学・韓国高麗大学の5大学学生による中国語と日本語による討論会のVHS一次動画資料を使い、母語話者と非母語話者とのミスコミュニケーションを検出、対照できるシステムの開発を行った。 今年度は言語行動と近隣関係にある身体言語〔bodylanguage〕、待遇表現〔politeness〕と、不自然なポーズやフィラー〔filler〕などの解析に絞って研究をおこなった。前半は分析トライアルを北京大学中文系と同大ソフトウエア&マイクロエレクトリック学院の学生に依頼し、DVD資料の聞きお越しとミスコミュニケーションの検出、誤用の分類判断を行い、その分析結果にしたがって、ミス分類基準の調整を繰り返した〔砂岡〕。 同時に編集用ツールの開発と修正を行い〔愈敬松、藤田〕、試行錯誤の結果、身体言語や待遇表現は母語話者による直感的判断を採用、ポーズやフィラーは音声自動波形表示ができる編集ツールを利用して、半自動的に抽出する方法を開発し〔愈敬松〕、人力軽減と判断の客観性と恒常性を確保する分析方法を見出した。 現在分析編集ツールELAN4-0をカスタマイズし、DVD Ripperなどのソフトと組み合わせて動画シーンのミスコミュニケーション分析試料の蓄積を進めている。半年後には第一期計30時間分の中国語口語ミスコミュニケーションコーパスを完成する。 本研究はまたヒューマンセキュリチイー保全のための異文化国際交流支援学習ツールであるため、研究期間中後半は、積極的に平和学や多言語交流の関連学会へ出席して論文発表を行い、平常の異文化コミュニケーションの重要性と学際研究の必要性を訴えた〔砂岡、愈敬松〕。今後は実用性ある学習用誤用シーン検索システムを構築し、Webでの公開を目指す。

  • 日中パラレルコーパスを利用した語学教材開発と授業での活用

    2005   砂岡 和子, 藤田 真一

     View Summary

    本研究期間中、以下の数種の中国語および日英語彙・語法コーパスを整備し、教育用にカスタマイズした。1)Tutorial中国語レッスン用テキスト所出全語句コーパス〔約1万語〕2)清華大学編日本語教科書所出日中英パラレル語彙(日本語能力試験1-4級含む約2万語)3)北京大学語料庫中国語声調統計的コーパス〔約24万語〕4)動詞句学習コーパス〔約10万語〕整備した日中英対訳コーパス資源を統合し、付加情報の向上をめざし、EDR電子辞書のライセンスを購入したが、プログラマーの人材不足と開発資金不足により、今後も継続して有効活用を図りたい。上掲の語料は、自習用CALLドリルやWeb作文添削など、語学教材開発と授業で活用された。近日、ネットワークを通じて公開すべく、現在以下のプログラムを開発中である。5)「中国語声調聴取の自習のためのCAIシステム」(2006年5月公開予定) 日本人学生者の声調誤りデータを解析し、最適な手順で誘導して声調をマスターできるCAI自習システム。インターネットを通じ、コンピュータ画面上で〔練習〕〔試験〕〔復習〕モードを適宜呼び出して、標準中国語の声調を正しく聞き取れるまで支援するシステム。システム製作には、北京大学語彙コーパスによる中国語四声の出現頻度や遷移確率など統計的な性質を利用した。6)「SMILを用いた遠隔異文化コミュニケーション障害克服学習プログラム」(2006年6月公開予定) TV会議方式遠隔交流時、異文化による交流障害を、主に非言語的要因について、簡単に修正ポイントを書き込める動画コメント用ソフトを使って自習するプログラム。7)「中国語作文添削システム」(2006年10月予定)誤用コーパスの分析結果を利用したWEB作文学習支援プログラム。統一文法添削マークによる添削データを回収し、作文添削データを誤用コーパスとして蓄積し,専用統計エディターを開発して,自然言語処理と言語教育用に誤用分析を行っている。なお、携帯電話での活用は小規模実験を数回行い、理論検証を行ったが、人材不足と開発資金不足により、大規模な実装にいたらず、今後の継続課題としたい。

  • チュートリアル中国語国際配信システム構築とグローバルデジタルテキストの編集

    2004   村上 公一, 尹 明

     View Summary

     中国語口語能力に焦点をあて、北京大学対外漢語教育学院および台湾師範大学華語教学研究所とテレビ会議による語学教学プログラムの国際開発を行った。平成14年は海外提携大学とのインターネット経由による授業配信実験を行い、平成15年はインストラクター養成法、テキスト編集、共同研究など、コンテンツ研究が深化した。平成16年度は、北京から大学216駒、台湾師範大学から144駒、計360駒の遠隔授新教育モデルの安定配信と学習支援のため、平成15年10月より授業管理プラットフォームを立ち上げ(http://www.tcwaseda.net/tc/)、大陸系・台湾系など地域によって異なる教学理論・教授法・テキスト・書記字体・試験方法などを、逐次本学HPを通じてデータベース化を試み、多地域の教師・学生による協調的グローバル教授法の開発を試みた。 具体的な成果は、口語デジタルコ-パスの構築〔北京大学計算語言学研究所と共同開発〕、口語コ-パスと連動したTutorial Chinese用テキスト3冊、テキスト学習サポート情報、学生に配信する受講コメントTutorReport、携帯電話端末対応のCALLドリルシステム〔早稲田大学GITS浦野研究室と共同開発〕、授業内容と連動したWeb作文添削指導、BBS投稿、口語能力判定テスト〔早稲田インターナショナル㈱、教育測定研究所と共同開発〕を行い、一部はすでに授業に導入し、教学情報共有に成果を挙げている。

  • 中国語チュートリアル遠隔学習システムの国際共同開発-学習プログラム企画とデジタル教材作成-

    2001  

     View Summary

      チュートリアルシステムとは言語運用能力に焦点をあてた新しい外国語学習形態で、チュータ1名対学生4名までの小人数レッスンを実現するため、ビデオ会議システムを用い有資格専門チュータが個別に発話訓練をおこなうプログラムである。平成11年末から申請人グループ〔代表砂岡和子(政経)、小川利康(商)、村上公一(教)、楊達(文)、劉傑(社)、杉田泰史(法)、楊立明(語研)、青山瑠妙(教)〕は早稲田大学と韓国高麗大学、国立台湾師範大学および北京の首都師範大学とネットワーク型中国語語学演習(簡称CCDL)実施の中で、実践的口語コニュニケーション能力開発システム構築を目指し、台湾師範大学との間で中国語チュートリアル国際共同開発計画に基本合意した。  本年は早稲田学内完結型で模擬レッスンを数回実施しデータ収集と講評を通じて従来型教場語学授業との比較分析を行った。成果は学習に即還元可能なデジタル教材や授業報告にまとめ、国内外の遠隔関連会議で発表して先行研究者と討議し、将来展望の認識を深めた。平行して2003年春出版を目標にチュートリアルプログラム用の受講者テキスト編纂ならびにチュータ養成マニュアルの作成に着手した。  同時にCCDL研究所中国語部会と共同し上記海外3校とのテレビ会議(2001年度実施回数10回)、CU-SeeMeチャット(平日平均20-30名の学生参加)、HomepageベースのBBS交流(2001年4月-7月間;台湾師範大学と早稲田大学間の投稿数650件、首都師範大学(北京)と早稲田大学に87件、高麗大学と早稲田大学は162件;パナソニック㈱調査資料による)を実施し、その学習成果を記録に収め資料分析研究を進めた。2002年3月中旬には台湾師範大学を訪れ、現地責任者や研究者と中国語チュートリアルプログラムの教学体制、ハード構築、教師トレーニングシステム、テキストおよび教師マニュアル編修の打ち合わせ討論を行った。その結果、現在ISDN回線のテレビ会議システムを、近い将来IP接続に代え通信コスト軽減を図ること、台湾師範大学チュータ候補の2002年後期本学派遣、テレビ会議による中国語スピーキング能力テスト講義などが内定した。2002年12月下旬には本課題チーム主催による中国語学遠隔教育に関する国際シンポジウムを開催予定で、遠隔授業の海外協力校と世界の中国語遠隔教育に関する専門家を招請し論文発表を依頼するほか、海外3ケ所、国内1ケ所をISDN回線で結び会議の様子を実況放映する。

  • 早稲田大学中国語CALL教材用基本文法情報電子データベースの作成

    2000  

     View Summary

     文法情報電子データベースの作成にあたり、広く語学補助教材として共用できるよう以下の2点に重点を置き、開発と研究を行った。A)文法項目選定基準は一般性が高くシンプルであることB)共有教材として利用しやすい電子データテキストで提供すること現在までの研究成果を以下に挙げる。①CALL99(立命館大学樋口昌敏氏開発)による中国語初級・中級文法ドリル問題を約1000題作製完了。すでに砂岡担当の政経学部・商学部の中国語授業字間と課外補助教材用に利用開始している。平易で自己採点型インターフェイスをもつCALL99学習ソフトは学生の自学自習を助け、個々のレベルに応じた語学学習を可能にした。教員はテキストに準拠した問題の作製ができ、学習履歴保存と成績管理用ファイルを参照して、より正確に個々の学生の習得状況を把握できる。2000年度から2001年度にかけ、本教材を定期試験にも採用した結果、ペーパー試験では出題数が30-40題が限度なのに対し、80問まで問題数を飛躍的に増やすことができた。異なるレベルの学生に充分応える出題庫確保と、受験しつつ自学する考査方式、個人履歴が明白でカンニング無用の試験方式という一石三鳥の効果を実証できた。②CALL99に搭載する文法情報は、語順入れ替え問題を中心にすでに1000題を作製した。基本文法情報は教員があらかじめペルプやコメントに提示しておき、学生はドリル回答のさい参照しつつ基本文法を会得する形式である。今後、当初作製した文法情報に学生の学習歴分析結果をフィードバックし更新予定である。また文法問題に加え基本漢字と語彙ドリルの増強を急いでいる。各問題には可能な限り音声ファイルと画像ファイルを添付し、語学学習効果の向上を図る計画である。③完成問題はCDROM形式で公開予定である。またWEB上でも使用できるよう、漢字コードを含むソフトのマルチリンガル対応をソフト開発者に打診中である。将来は本電子文法情報データベースを基にCALL授業に特化した電子学習辞書構築を目指したい。

▼display all

 

Committee Memberships

  • 2017.11
    -
    Now

    Journal of Technology and Chinese Language Teaching  editorial board member

  • 2007.05
    -
    2019.05

    中文教学現代化学会  常任理事

  • 2014.04
    -
    2015.03

    大学入試センター教科科目第一委員会  中国語部会長

  • 2014.04
    -
    2015.03

    大学入試センター教科科目第一委員会  中国語部会副部会長