SUNAOKA, Kazuko

写真a

Affiliation

Faculty of Political Science and Economics

Job title

Professor Emeritus

Homepage URL

http://www.f.waseda.jp/ksunaoka/

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1979

    Tokyo Metropolitan University   Graduate School of Humanities  

  •  
    -
    1979

    Tokyo Metropolitan University   Graduate School, Division of Humanities  

  •  
    -
    1970

    Ochanomizu University   Faculty of Letters and Education  

  •  
    -
    1970

    Ochanomizu University   Faculty of Letters and Education  

Degree 【 display / non-display

  • 修士(文学)

  • Tokyo Metropolitan University   (BLANK)

Research Experience 【 display / non-display

  • 2017.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Political Science and Economics   Professor Emeritus

  • 2019.01
     
     

    BEIJING LANGUAGE AND CULTURE UNIVERSITY   Professor of Short-term Linguistics

  • 1998.04
    -
    2017.03

    Waseda University

  • 2007.12
    -
    2008.03

    National Institute of Information and Communications Technology (NICT)   the Knowledge Creating Communication Research Center   Senior Scientist

  • 2006.04
    -
    2007.11

    Peking University   Institute of Computational Linguistics   Visiting Professor & Senior Scientist

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    世界漢語学会

  •  
     
     

    日本中国語学会

  •  
     
     

    東方学会

  •  
     
     

    中文教学現代化学会

  •  
     
     

    人工知能学会

display all >>

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Cultural anthropology and folklore

  • Foreign language education

  • Linguistics

  • Educational technology

Research Interests 【 display / non-display

  • 言語と非言語情報の統合

  • 敦煌学

  • コーパス言語学

  • 教育工学

  • 遠隔教育

display all >>

Papers 【 display / non-display

  • Challenge to Remote Chinese Teaching and Learning at Japanese Universities during the COVID-19 Pandemic-Imprecations from Surveys at Seven Higher Education Institutions

    砂岡和子, 杉江聡子

    Teaching the Chinese Language Remotely: Global Cases and Perspectives. The book will be published by Palgrave Macmillan    2021  [Refereed]

    Authorship:Lead author

  • Educational Resources and Emergency Distance Teaching in Japanese Universities— Analysis Based on Questionnaire Survey Reports of Teachers and Students by Seven Higher Education Institutions

    SUNAOKA Kazuko

    Online Chinese Teaching and Learning in 2020,National Foreign Language Resource Center, University of Hawaii    2021  [Refereed]

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author

  • Using Automatic Speech Recognition Technology to Reverse Analyze Communication Strategies between Non-Native Speakers in a Chinese Long Distance Group Discussion.

    SUNAOKA Kazuko

    Journal of Technology and Chinese Language Teaching(JTCLT)   2 ( 10 ) 61 - 82  2018.12  [Refereed]

  • The Language Management Awareness of Native Language Students in the International Distance Chinese Discussion Class — A Comparative Analysis of the Roles of NS and NNS in Language Contact Situation

    SUNAOKA Kazuko

      7   40 - 48  2018.10  [Refereed]

  • Speech recognition technology in situated long distance group dialogue

    SUNAOKA Kazuko

    Digital Chinese teaching 2018     157 - 164  2018.07  [Refereed]

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • The teaching of foreign languages in Japan and international academic activities

    SUNAOKA Kazuko( Part: Joint editor)

    Asahi press (Japan)  2017.03

  • Voices from Japan in a Multilingual World: Prospects for Fostering Human Resources and Global Communication

    SUNAOKA Kazuko( Part: Joint editor)

    Asahi press (Japan)  2016.03

  • 猜猜我是谁?—亲子游戏识物图册(英汉日韩对照)

    砂岡 和子( Part: Supervisor (editorial))

    外国語教学与研究社(中国北京)  2015.10

  • 焦点中国

    白帝社  2011

  • 亮太の中国紀行

    白帝社  2010

display all >>

Misc 【 display / non-display

  • 災害報道文の特徴語抽出

    砂岡和子, 沈睿

    言語処理学会第18回年次大会     579 - 582  2012

  • BCCWJで知る東アジア漢字圏四字成語の受容と変容

    砂岡和子, 羅鳳珠, 王雷, 姜柄圭

    言語処理学会第18回年次大会予稿集     899 - 902  2012

  • 日本早稻田大学远程漢語課多語言聊天室的教学效果(Effects of Multilingual Chatting Support System,Chinese Distance Learning at Wasada University

    砂岡和子

    The 7th International Conference on Technology and Chinese Language Teaching(TCLT7),University of Hawaii     25 - 27  2012

  • 非互動参与者的辺縁帰属策略-与漢語課堂同期進行的聊天室実践-

    砂岡和子

    数字化漢語教学,清華大学出版社     65 - 70  2012

  • 自然災害報道語料庫的数据採集和分析

    沈睿, 砂岡和子

    『数字化漢語教学』,清華大学出版社     373 - 378  2012

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • 3rd WASEDA e-Teaching Award

    2015.10   WASEDA University   ICT in Cross-Border Education

    Winner: SUNAOKA Kazuko

Research Projects 【 display / non-display

  • 日本の多言語情報発信と受信地域における受容性の分析

    Project Year :

    2017.04
    -
    2018.03
     

    砂岡 和子

    Authorship: Principal investigator

  • 英日中国語ウェブ誤用コーパス構築と母語をふまえた英語・日本語・中 国語教授法開発

    Project Year :

    2013.04
    -
    2016.03
     

    望月圭子

  • アジア型ダイバーシティ人材育成に向けた多言語多文化カリキュラムの設計

    Project Year :

    2014.04
    -
    2015.03
     

    砂岡 和子

    Authorship: Principal investigator

  • 語彙分類の理論的整備に基づくシソーラスの改良に関する研究

    Project Year :

    2012.04
    -
    2015.03
     

    山崎誠

  • 新しい言語教育観に基づいた複数の外国語教育で使用できる共通言語教育枠の総合研究

    Project Year :

    2011.04
    -
    2014.03
     

    西山教行

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • 音声認識技術欠損情報から逆検証する異言語間多人数対話の記号継続方略

    砂岡 和子

    早稲田大学現代政治経済研究所「社会行動と言語選択」特別部会 

    Presentation date: 2019.11

  • How to Recover from Dialogue Breakdown A Comparison of Chinese L2 Students and Conversational AI

    SUNAOKA Kazuko  [Invited]

    International Symposium on Diverse Approaches to Second Language Acquisition: Learner Corpora, Evaluation and Brain Sciences 2019 

    Presentation date: 2019.06

  • Comparison of the resilience of Chinese L2 students and AI language technology after dialogue breakdown

    SUNAOKA Kazuko  [Invited]

    Conference on Teaching Chinese as a Second Language 

    Presentation date: 2019.03

  • Experiences of SCOLT Chinese Distance Teaching

    SUNAOKA Kazuko  [Invited]

    Beijing Language and Culture University Research Center of Foreign Chinese ,Special lecture 

    Presentation date: 2019.01

  • Practice and Reflection on "Asian Student Discussion Class" at Waseda University

    SUNAOKA Kazuko  [Invited]

    Beijing Language and Culture University Research Center of Foreign Chinese ,Special lecture 

    Presentation date: 2019.01

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • 日本の多言語情報発信と受信地域における受容性の分析

    2016  

     View Summary

    日本のNHKが行っている公的国際放送(テレビ、ラジオとインターネット)の番組内容を、中国中央電視台CCTVや中国国際放送局CRIの日本語番組と比較した結果、CCTVやCRIのコンテンツの多彩さと放映量の多さが際立った。原因は中国が国際放送というメディアを通じ、国家イメージの文化的付加価値の強化に本腰を入れ、飛躍的技術革新を遂げるデジタル配信や機械翻訳・通訳技術の積極的導入を行っていることによる。言語の壁が低くなることで、結果的に報道担当者と現地の聴衆との直接対話が増大し、ソフト・パワーの発信がマスメディアによる情報寡占やポピュリズムの克服に寄与する可能性を示唆する。

  • アジア型ダイバーシティ人材育成に向けた複言語・複文化カリキュラムの開発

    2014   ソジエ内田 恵美, 宗像 和重, 岡山  茂, 室井  禎之, 長與  進, 布袋 敏博, 吉江  修

     View Summary

    Local Student(LS)を包摂する多言語に開かれた授業実現のため、本学のInternational Student(IS)との共生実態調査を行った。327通の回答を分析した結果、早稲田キャンパスのLSとISは外国語習得目的や将来のキャリア設計が異なり、英語で授業を行うことに対する反応も異なることが判明した。また教員はISの授業に対しては異文化知識や言語能力を活かす工夫をしているが、LSクラスへの対応は不足気味の結果となった。設問中の自由記述は英中日文を含む計22500字の回答を得た。並行して担当教員と外国留学生およびISへの半構造化インタビューを実施し、ともにDB化して今後の詳細な分析に備えた。

  • 音声合成技術を応用した能力適応型中国語学習支援システムの開発

    2008  

     View Summary

    ●主な研究成果中国語のText to Speech(TTS)技術を使ったリスニング実験を行い、80名の被験者学習記録とアンケート調査から、音声合成利用による聴取テストの成績が、肉声による成績を上回ることを検証し、中国語の合成音を教育に利用することの妥当性を示した。併せて、聴取訓練用CAIプログラムの設計、中国語合成音を導入した日常中国語会話テキストプラットフォームの構築を、それぞれ北京大学段慧明女史、㈱富士通研究所・FRCD、北京外国語教学与研究社の協力を得て完成した。TTSは音質・音調・音速・ピッチの選択が可能なばかりか、生成過程の各種中間表示情報(漢字、ピンイン、音声波形図、語法ツリー構造図)も参照示できる。本実験でも合成音利用グループは、CAIの再生機能で異なる音速を多回数聴取しており、得点伸長を主導した。いっぽう、中級レベルの学習者はTTSの各種中間表示の参照効果が認められたが、初級者は語彙や構文情報を意味理解に生かせない。語法単位を越えた韻律語句、文脈を欠いた単文聴取は全被験者に共通する聴取失敗の原因であることを明らかにした。●今後の課題CAIプログラム設計を、新出語彙、韻律単位と語法単位の対応規則、中国語文型情報が提示可能に改良し、実験データから難度パラメータを作成し、Computerized Adaptive Testing対応の出題方略モジュールを構築する。●成果の公開本研究の概要と研究成果、ならびに中国語合成音サンプルを以下で公開している。中国語合成音を使った日常会話テキスト『漢語互動式口語』(砂岡和子他著,外国語教学与研究社刊)Webサイト:http://www.chineseplus.cn/富士通中国語合成音TTSサンプル:http://www.fujitsu.com/cn/frdc/product/tts.html韻律と語法の対応規則一覧表、中国語文型一覧表、聴取テスト用CAIプログラムは、今後、以下のHPで順次公開してゆく。

  • アナログ動画面検索システムによる日中英非言語的表現手段の学習サイト開発

    2006   愈 敬松, 藤田 真一

     View Summary

    早稻田大学・慶応大学湘南・北京大学・清華大学・韓国高麗大学の5大学学生による中国語と日本語による討論会のVHS一次動画資料を使い、母語話者と非母語話者とのミスコミュニケーションを検出、対照できるシステムの開発を行った。 今年度は言語行動と近隣関係にある身体言語〔bodylanguage〕、待遇表現〔politeness〕と、不自然なポーズやフィラー〔filler〕などの解析に絞って研究をおこなった。前半は分析トライアルを北京大学中文系と同大ソフトウエア&マイクロエレクトリック学院の学生に依頼し、DVD資料の聞きお越しとミスコミュニケーションの検出、誤用の分類判断を行い、その分析結果にしたがって、ミス分類基準の調整を繰り返した〔砂岡〕。 同時に編集用ツールの開発と修正を行い〔愈敬松、藤田〕、試行錯誤の結果、身体言語や待遇表現は母語話者による直感的判断を採用、ポーズやフィラーは音声自動波形表示ができる編集ツールを利用して、半自動的に抽出する方法を開発し〔愈敬松〕、人力軽減と判断の客観性と恒常性を確保する分析方法を見出した。 現在分析編集ツールELAN4-0をカスタマイズし、DVD Ripperなどのソフトと組み合わせて動画シーンのミスコミュニケーション分析試料の蓄積を進めている。半年後には第一期計30時間分の中国語口語ミスコミュニケーションコーパスを完成する。 本研究はまたヒューマンセキュリチイー保全のための異文化国際交流支援学習ツールであるため、研究期間中後半は、積極的に平和学や多言語交流の関連学会へ出席して論文発表を行い、平常の異文化コミュニケーションの重要性と学際研究の必要性を訴えた〔砂岡、愈敬松〕。今後は実用性ある学習用誤用シーン検索システムを構築し、Webでの公開を目指す。

  • 日中パラレルコーパスを利用した語学教材開発と授業での活用

    2005   砂岡 和子, 藤田 真一

     View Summary

    本研究期間中、以下の数種の中国語および日英語彙・語法コーパスを整備し、教育用にカスタマイズした。1)Tutorial中国語レッスン用テキスト所出全語句コーパス〔約1万語〕2)清華大学編日本語教科書所出日中英パラレル語彙(日本語能力試験1-4級含む約2万語)3)北京大学語料庫中国語声調統計的コーパス〔約24万語〕4)動詞句学習コーパス〔約10万語〕整備した日中英対訳コーパス資源を統合し、付加情報の向上をめざし、EDR電子辞書のライセンスを購入したが、プログラマーの人材不足と開発資金不足により、今後も継続して有効活用を図りたい。上掲の語料は、自習用CALLドリルやWeb作文添削など、語学教材開発と授業で活用された。近日、ネットワークを通じて公開すべく、現在以下のプログラムを開発中である。5)「中国語声調聴取の自習のためのCAIシステム」(2006年5月公開予定) 日本人学生者の声調誤りデータを解析し、最適な手順で誘導して声調をマスターできるCAI自習システム。インターネットを通じ、コンピュータ画面上で〔練習〕〔試験〕〔復習〕モードを適宜呼び出して、標準中国語の声調を正しく聞き取れるまで支援するシステム。システム製作には、北京大学語彙コーパスによる中国語四声の出現頻度や遷移確率など統計的な性質を利用した。6)「SMILを用いた遠隔異文化コミュニケーション障害克服学習プログラム」(2006年6月公開予定) TV会議方式遠隔交流時、異文化による交流障害を、主に非言語的要因について、簡単に修正ポイントを書き込める動画コメント用ソフトを使って自習するプログラム。7)「中国語作文添削システム」(2006年10月予定)誤用コーパスの分析結果を利用したWEB作文学習支援プログラム。統一文法添削マークによる添削データを回収し、作文添削データを誤用コーパスとして蓄積し,専用統計エディターを開発して,自然言語処理と言語教育用に誤用分析を行っている。なお、携帯電話での活用は小規模実験を数回行い、理論検証を行ったが、人材不足と開発資金不足により、大規模な実装にいたらず、今後の継続課題としたい。

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2017.11
    -
    Now

    Journal of Technology and Chinese Language Teaching  editorial board member

  • 2007.05
    -
    2019.05

    中文教学現代化学会  常任理事

  • 2014.04
    -
    2015.03

    大学入試センター教科科目第一委員会  中国語部会長

  • 2014.04
    -
    2015.03

    大学入試センター教科科目第一委員会  中国語部会副部会長