佐久間 まゆみ (サクマ マユミ)

写真a

所属

国際学術院

職名

名誉教授

ホームページ

http://www.f.waseda.jp/mayumisa

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    1982年

    お茶の水女子大学大学院   人間文化研究科   比較文化学、国語学  

  •  
    -
    1970年

    東京学芸大学   教育学部   B類国語科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 該当なし   修士(文学)

  • お茶の水女子大学   修士(文学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2001年04月
    -
    2018年03月

    早稲田大学大学院日本語教育研究科   教授

  • 1999年04月
    -
    2001年03月

    早稲田大学   日本語研究教育センター   教授

  • 1990年04月
    -
    1999年03月

    日本女子大学   文学部   助教授、教授

  • 1982年04月
    -
    1990年03月

    筑波大学   文芸・言語学系   専任講師、助教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    早稲田大学日本語学会

  •  
     
     

    日本文体論学会

  •  
     
     

    表現学会

  •  
     
     

    日本語教育学会

  •  
     
     

    日本語学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 日本語教育

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 国語学、日本語教育

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語学会2013年度秋季大会ワークショップ発表要旨 講義の談話の単位と展開

    石黒 圭, 佐久間 まゆみ, 渡辺 文生, 宮田 公治, 宮澤 太聡

    日本語の研究   10 ( 2 ) 95 - 97  2014年04月

    CiNii

  • 文章・談話の分析単位

    佐久間まゆみ

    『言語』セレクション   第1巻   93 - 100  2012年05月

  • 第Ⅱ部講義の談話の提題・叙述表現(『講義の談話の表現と理解』)

    河内彩香, 佐久間まゆみ

        73 - 103  2010年03月

  • 第Ⅰ部第3章 講義の談話の展開的構造(『講義の談話の表現と理解』)

    佐久間まゆみ

        45 - 71  2010年03月

  • 第Ⅰ部第2章 講義の談話の分析単位(『講義の談話の表現と理解』)

    佐久間まゆみ

        28 - 44  2010年03月

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 日本語文章・文体・表現事典

    中村明, 佐久間まゆみ, 髙崎みどり, 十重田裕一, 半沢幹一, 宗像和重( 担当: 共編者(共編著者))

    朝倉書店  2011年06月

  • 『講義の談話の表現と理解』(第Ⅰ部第1章「講義の談話の分析方法(石黒圭氏との共著)、第2章「講義の談話の分析単位」、第3章「講義の談話の展開的構造」、第Ⅱ部第4章「講義の談話の提題表現・叙述表現(河内彩香氏との共著)

    佐久間まゆみ編著( 担当: 編集)

    くろしお出版  2010年03月

  • 「文のつながり」(『新版日本語教育事典』)

    佐久間まゆみ

    大修館書店  2005年10月

  • 「段落」(『新版日本語教育事典』)

    佐久間まゆみ

    大修館書店  2005年10月

  • 第9章「文章論と文体論—『文章・談話』と『文体・話体』の補完性—」(『表現と文体』)

    佐久間まゆみ

    明治書院  2005年03月

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 講義理解における要約力に関する研究

    基盤研究(C)

  • 日独語対照シソーラスのためのデータベース作成に関する対照言語学的研究

    一般研究(B)

  • 日本語教育のための文章理解と要約文の研究ー韓国人学習者を対象としてー

    一般研究(C)

  • 要約文の表現類型と評価方法-外国人留学生と日本人大学生の比較-

    一般研究(C)

  • 日本語の文章・談話における「段」の構造と機能

    基盤研究(C)

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • ワークショップ「講義の談話の単位と展開」(『日本語学会2013年度秋季大会予稿集』pp.27-43)

    石黒圭, 佐久間まゆみ, 渡辺文生, 宮田公治, 宮澤太聡

    (静岡大学)  日本語学会  

    発表年月: 2013年10月

  • 講義の「談話型」の表現と理解

    佐久間まゆみ  [招待有り]

    (筑波大学)  筑波大学留学生センター  

    発表年月: 2013年02月

  • 「講義の談話の話段と全体的構造」(シンポジウム「講義の談話の表現から理解へ」) (『表現研究』88,pp.1-42)

    佐久間まゆみ, 高橋淑郎, ポリー・ザトラウスキー, 石田敏子

    (愛知学院大学)  表現学会  

    発表年月: 2008年06月

  • 「文章・談話―研究方法から見た可能性」(分科会Aの企画・総合司会)(『日本語の研究』3-1,pp.107-118)

    熊谷 智子, 定延 利之, 野田 尚史, 半澤 幹一, 佐久間 まゆみ, 岸江 信介

    (東京学芸大学)  日本語学会  

    発表年月: 2006年05月

  • 第2部「総合的日本語教育への模索と提案」

    佐久間まゆみ(パネリスト

    韓国日本学会  

    発表年月: 2000年11月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 大学学部留学生による講義理解の表現類型に関する研究

    2014年   青木優子

     概要を見る

    大学学部留学生の日本語の講義理解力を向上させるために、人文学系講義の「談話型」の表現特性と、3種の講義の日本人学生と外国人留学生による受講ノート、要約文、インタビューの「理解類型」と「表現類型」を、「話段」という観点から「日本語機能文型(FSP)」と「情報伝達単位(CU)」を用いて分析した。その結果、1)講義の談話には複合文型や話段の多重構造がある、留学生の理解データは2)「情報伝達単位(CU)」の残存傾向にばらつきがある、3)具体例や身近な表現が残存し、専門的で抽象的な表現が避けられる、4)講義のテーマや全体的構造の把握が不十分なこと等が、日本人学生との比較により明らかになった。

  • 日本語の「機能文型」に基づく人文学系講義の「談話型」に関する研究

    2009年   石黒 圭, 藤村 知子, 渡辺 文生, 青山 文啓, ザトラウスキー ポリー, 高橋 淑郎, 宮田 公治, 小沼 喜好, 中井 陽子, 河内 彩香, 鈴木 香子, 朴 ヘヨン

     概要を見る

    本研究では、人文学系の講義全12資料における「日本語機能文型」の用例を検索し、2種の講義A、Bの「情報伝達単位(CU)」「節」による文型記述をして表現特性を分析した。また、日本国内の大学・大学院の外国人留学生35名を対象とした講義AのVTR視聴による受講ノートと要約文の理解調査を実施し、日本人大学生28名の調査結果と比較して、留学生の日本語の講義理解における談話の全体的構造の認識不足の問題を明らかにした。「日本語機能文型」739項目を検索した12種の講義で、検索対象外とした114項目(15.4%)には1,2レベルの初級文型が100項目(87.7%)あり、6~8レベルの上級文型はなかった。機能文型の使用頻度は、検索した625項目(84.6%)中に、「異なり文型」の使用が399項目(54.0%)、不使用が226項目(30.6%)であった。上級文型ほど不使用率が高く、検索保留を加えると、初級・中級文型がさらに多用される傾向がある。つまり、日本語の講義の談話に多用される機能文型の習得が、外国人留学生の講義理解力の向上にとり有効だということである。講義A、Bの談話の全文を「情報伝達単位(CU)」に分類し、「文末・節末叙述表現」からなる「節」ごとに、全機能文型を記述した結果、検索保留の初級文型が多用されていた。講義の談話の文型記述により、接続詞や指示語を含む連文、話段、連段等の統括機能の及ぶ範囲や多重構造を客観的に認定し、「談話型」のより精緻な分析が可能になった。受講ノートと要約文の表現の文型記述により、接続・指示・省略・反復・引用・参照・転換表現等のCUを指標に、原話の話段の統括機能を客観的に検証することが可能になる。本研究により留学生の日本語の講義理解力を向上させる教材開発の可能性が得られた。佐久間まゆみ研究代表者(2006)『2005年度重点研究 研究成果報告書「日本語機能文型」教材開発のための基礎的研究』早稲田大学日本語研究教育センター

  • 日本語の講義と講演の「談話型」に関する研究

    2005年  

     概要を見る

    本研究は、日本語の講義と講演の全体的構造、すなわち、独話の「談話型」について、受講者の理解調査の結果から解明することを、主な目的としている。講義と講演は、いずれも、単独の表現主体(講義者・講演者)が一まとまりの知的な情報内容を一定時間(60~90分間)内に多数の理解主体(受講者・聴衆)に向けて発話するという、独話としての共通点と、それぞれの伝達目的に応じた固有の表現特性を併せ持っている。 今年度は、講義の談話に関する共同研究の分析結果を再検討し、講演の談話の本格的研究の準備段階として、資料収集と予備調査により、両者の「談話型」の異同を解明するための方法論的可能性と問題点を探ることにした。 大学の講義の談話分析と受講者の日本人大学生を対象とする理解調査(ノート・キーワード・要約文)の結果との関連性を考察し、以下のような日本語の独話の談話型の表現特性と理解の諸相を解明した。特定の受講者との相互作用が積極的な講義は、「対話」性がより強く、不特定の聴衆との双方向の交流の少ない講演は、「独話」性が顕著に認められた。これは、大学生対象の講演と一般向けの講演との違いにも、共通する傾向だといえよう。 1.講義の理解調査の残存認定の尺度として、10種の「情報伝達単位(CU)」を用いて、原話・ノート・要約文を分析し、受講者の理解に基づく講義の談話型を解明したが、講演も、CUを適用した分析が有効かつ不可欠であることが確認された。 2.2種の講義の受講者2集団約160名によるノートと要約文の調査結果から、講義の表現特性を分析したが、講演の場合は、聴衆の理解過程の調査が困難なことから、講演の録画資料による理解調査を後日実施する必要があるが、具体的手順の検討を要する。 3.講義の「話段」の多重構造に基づく「談話型」の基本は、講演にも共通している。

  • 受講者の理解に基づく講義の表現特性と談話型に関する研究

    2004年  

     概要を見る

    本研究は、大学の講義の談話の表現特性について、受講者の理解を通して解明することを目的とするが、今年度は、準備段階として、日本語の講義の談話資料と大学生のノートや要約文等の資料を収集し、独話資料における各種の言語単位の認定方法を検討した。講義の談話と各種の理解データにおける情報の伝達過程を解明することが不可欠である。  1.要約文の原文残存認定に有効な「情報単位」10種の分類基準を修正して、講義の談話とノートや要約文を分析し、受講者の理解に基づく講義の談話の表現特性を解明した。 2.学部学生2集団約160名による講義の理解内容の要点を記したノートとキーワード、要約文を「情報単位」に分類し、その出現傾向から、講義の談話の表現特性を分析した。 3.上記2の講義2種を含む、大学の人文学系の講義資料計11種の表現特性を比較した結果、「話段」の多重構造に基づく「談話型」を有するということが明らかになった。

  • 文章の読解と談話の聴解による要約文の表現類型の研究

    2000年  

     概要を見る

    本研究は、日本語の文章の読解と談話の聴解による要約文の表現類型の解明を目的とするものであるが、以下の方法を用いて、日本人の大学生と社会人の要約筆記者による要約文の資料を収集し、データの処理と分析を行った結果、次のような成果が得られた。 1.文章の読解による要約文の調査データの中から、日本人大学生計68名による尾括型の論説文を原文とする要約文の原文残存認定作業の結果を修正して、原文残存率の統計的検定と表現類型の分類を行ったところ、原文中の重要な内容を表す必須成分と、原文の文章構造に基づく要約文の尾括型の表現類型が解明された。 2.声優の朗読テープを用いた1と同じ原文の聴解による要約文のデータ(1997-9年度調査の日本人大学生2集団約計84名と社会人要約筆記者2集団計121名)について、原文の要素の残存認定作業を実施し、統計的検定を施して、各要約文の「必須成分」の残存形態に基づく要約文の表現類型を分析した。特に、大学生の読解要約文と社会人要約筆記者の聴解要約文の表現特性の異同を検討し、両者の共通点とそれぞれに特有な表現特性を解明した。 3.上記1と2の大学生2集団による読解と聴解による要約文の表現類型を比較した結果、いずれも原文の尾括型の文章構造類型を反映するという共通点が明らかになった。一方、聴解要約文のみに原文の具体的な内容を表す要素の残存が認められた。 4.聴解要約文の調査に関して、読解要約文とは異なる方法論を開発する必要性が生じた。まず、複数の集団による要約文の原文残存認定作業の結果から、いずれを必須成分とするかについて、新たな判断を要したが、読解要約文を基準として聴解要約文の特性を把握した。また、原文と同様の「情報単位」に各要約文を区分した上で、原文残存認定と表現類型を分類することによって、従来よりも分析の精度が高まり、分類結果の妥当性が検証された。

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    独立行政法人日本学術振興会  審査委員

  •  
     
     

    国立国語研究所  外部評価委員

  •  
     
     

    日本文体論学会  常任理事

  •  
     
     

    表現学会  編集委員

  •  
     
     

    表現学会  評議員

全件表示 >>