清宮 理 (キヨミヤ オサム)

写真a

所属

理工学術院

職名

名誉教授

ホームページ

http://faculty.web.waseda.ac.jp/k9036/

学位 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学   工学博士

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本地震工学会

  •  
     
     

    日本鋼構造協会

  •  
     
     

    日本コンクリート工学協会

  •  
     
     

    土木学会

 

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 構造工学・地震工学、土木工学科

論文 【 表示 / 非表示

  • 海水・海砂を用いた自己充填コンクリートへのフライアッシュ適用の効果

    末岡英二, 竹中寛, 酒井貴洋, 田中亮一, 山路徹, 清宮理

    第5回コンクリート技術大会(盛岡)    2015年10月

  • ケーブル破断事故による斜張橋の動的応答

    土木学会第70回年次学術講演会   I-621   1241 - 1242  2015年09月

  • 海水練りセメント硬化体の初期強度増進効果に関する実験的検討

    土木学会第70回年次学術講演会   V-534   1067 - 1068  2015年09月

  • グランドアンカーの海洋環境下における長期耐久性に関する研究/SuperMCアンカー

    第50回地盤工学研究発表会    2015年09月

  • 橋脚フーチングへの保温養生と封緘養生を併用した温度ひび割れ抑制対策

    コンクリート工学年次論文集   Vol.37 ( No.1 ) 1159 - 1164  2015年07月

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 功績賞 全国土木施工管理技術士会連合会

    2015年05月  

  • ベトナム文部教育省表彰 教育功績賞

    2013年11月  

  • 国土交通大臣賞:地震多発地域での大水深、急潮流下のボスポラス海峡沈埋トンネル

    2011年09月  

  • 国土交通大臣賞:ホタテ貝殻のコンクリート用細骨材としての有効活用(シェルコンクリートの実用化)朝倉健夫と連名

    2010年10月  

  • 土木学会技術開発賞:沈埋トンネルの新型可とう性継手「クラウンシール式継手」の開発と実用化(中道正人、江口秀二、横田弘、羽田宏と連名)

    2005年05月  

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 鋼板とコンクリートからなる合成構造の合理的設計法の開発

    基盤研究(B)

  • 地表地震断層に対する社会基盤施設の防災性向上に関する研究

    基盤研究(A)

  • 液状化地盤の流動に対する基礎構造の耐震性向上に関する研究

    基盤研究(A)

  • アンカー工法を用いた港湾施設の開発

  • 地下構造物の接合部の性能試験

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 大規模地震に対する既存施設の補強方法に関する基礎研究

    1997年  

     概要を見る

    兵庫県南部地震を契機に設計地震動の見直しがあり、既存の構造物では耐震性が十分に確保できない場合が生じ、この場合耐震補強を施す必要がある。今回沿岸構造物である杭式桟橋を対象に耐震補強の効果について数値計算により検討した。杭式桟橋は海底地盤に鋼管杭を打設し上部にコンクリート床板を設けた構造である。有限要素法による数値解析では鋼管杭をはり部材、海底地盤を平面ひずみ要素、コンクリート床板を固定要素に置換し、構成材料を材料非線形性を考慮した。入力地震動は兵庫県南部地震で取得された実測記録を用いた。この計算手法で地震時に被害を受けた神戸港にある桟橋の動的応答計算を実施し鋼管杭の軸力と曲げモーメントの断面力を計算した。この断面力から鋼管杭の座屈個所と有無を調べた。鋼管杭は海底面近くと軟弱層のある個所で座屈する結果となり、兵庫県南部地震での実際の鋼管杭の被害状況を再現できた。そこで耐震補強工法として鋼管杭のコンクリートを充填して合成鋼管とするケースと鋼管にブレス材を取り付けるケースの2種類を取り上げた。それぞれの工法で同じ手法で地震応答計算を実施し発生する断面力の照査を行った。この結果、補強工事を施す事により桟橋の個有振動数が高くなり、逆に構造物の応答が小さくなり鋼管杭の断面力が20-40%減少した。断面力の減少により鋼管杭が座屈しないことになり今回取り上げた補強工事が有効なことが判明した。研究成果の発表1998.3 土木学会25回関東支部技術研究発表会、杭式桟橋の振動解析と耐震性評価

海外研究活動 【 表示 / 非表示

  • ヨーロッパにおける海岸沿岸施設の構造設計法に関する研究

    2001年03月
    -
    2001年08月

    オランダ   デルフト工科大学