Updated on 2024/04/23

写真a

 
KIYOMIYA, Osamu
 
Affiliation
Faculty of Science and Engineering
Job title
Professor Emeritus
Degree
Dr. of Engineering ( Tokyo Institute of Technology )

Professional Memberships

  •  
     
     

    日本地震工学会

  •  
     
     

    日本鋼構造協会

  •  
     
     

    日本コンクリート工学協会

  •  
     
     

    土木学会

Research Interests

  • CivilEngineering,Structual Design

Awards

  • 功績賞 全国土木施工管理技術士会連合会

    2015.05  

  • ベトナム文部教育省表彰 教育功績賞

    2013.11  

  • 国土交通大臣賞:地震多発地域での大水深、急潮流下のボスポラス海峡沈埋トンネル

    2011.09  

  • 国土交通大臣賞:ホタテ貝殻のコンクリート用細骨材としての有効活用(シェルコンクリートの実用化)朝倉健夫と連名

    2010.10  

  • 土木学会技術開発賞:沈埋トンネルの新型可とう性継手「クラウンシール式継手」の開発と実用化(中道正人、江口秀二、横田弘、羽田宏と連名)

    2005.05  

  • 日本港湾協会技術賞:水中ストラット工法による釧路港中央岸壁改良工事(北海道開発局、新日鐵と連名)

    1993.06  

  • 土木学会吉田賞:鋼コンクリートハイブリッドはりの力学特性に関する研究(横田弘と連名)

    1992.06  

  • 土木学会技術開発賞:二重円筒ケーソン防波堤の開発(小島朗史、中野勉、高橋重雄、遠藤博と連名)

    1992.06  

  • 日本コンクリート工学協会論文賞:鋼コンクリート合成部材の力学特性に関する研究(横田弘と連名)

    1991.06  

▼display all

 

Papers

  • 海水・海砂を用いた自己充填コンクリートへのフライアッシュ適用の効果

    末岡英二, 竹中寛, 酒井貴洋, 田中亮一, 山路徹, 清宮理

    第5回コンクリート技術大会(盛岡)    2015.10

  • ケーブル破断事故による斜張橋の動的応答

    土木学会第70回年次学術講演会   I-621   1241 - 1242  2015.09

  • 海水練りセメント硬化体の初期強度増進効果に関する実験的検討

    土木学会第70回年次学術講演会   V-534   1067 - 1068  2015.09

  • グランドアンカーの海洋環境下における長期耐久性に関する研究/SuperMCアンカー

    第50回地盤工学研究発表会    2015.09

  • 橋脚フーチングへの保温養生と封緘養生を併用した温度ひび割れ抑制対策

    コンクリート工学年次論文集   Vol.37 ( No.1 ) 1159 - 1164  2015.07

  • 海水および海砂を用いた自己充填型コンクリートへのフライアッシュの適用性

    コンクリート工学年次論文集   Vol.37 ( No.1 ) 1453 - 1458  2015.07

  • 港湾施設へのニューマチックケーソンの適用と展望

    清宮理

    基礎   Vol.43   15 - 18  2015.05

  • 多重防御・粘り強さによる対津波設計法の導入

    清宮理

    全国漁港海岸防災協会はまべ交信   Vol.23   7 - 12  2015.03

  • 沈めて埋めるトンネル-沈埋トンネル-

    清宮理

    土木技術   Vol.70   8 - 13  2015.02

  • 海水・海砂を用いた自己充填型コンクリートへのフラアッシュの適用性

    コンクリート工学会 テクニカルレポート    2015

  • 講演 軍艦島(端島)におけるコンクリート製護岸の調査

    清宮理

    日本非破壊検査協会平成26年度第3回鉄筋コンクリート構造物の非破壊試験部門ミニシンポジウム    2015.01

  • Structural performance of a steel cable-stayed bridge due to the loss of stay cables

    T.An, O.Kiyomiya

    IALCCE 2014.11 -Fourth International Symposium on Life-Cycle Civil Engineering     767 - 774  2014.11

  • Dynamic behavior of a steel pipe sheet pile foundation during liquefaction in the revetment

    Nguyen Thanh Trung, Osamu Kiyomiya, Tongxiang An, Nguyen Thi Tuyet Trinh

    IALCCE 2014.11 -Fourth International Symposium on Life-Cycle Civil Engineering     247 - 254  2014.11

  • グランドアンカー部材の高耐久化に関する研究

    末吉達郎, 越後隆介, 清宮理, 加藤絵万

    第11回地盤工学会関東支部    2014.10

  • グランドアンカーの高水圧下における長期水密性に関する研究/SuperMCアンカー

    佐藤守, 清宮理, 武山光成, 飯沢誠

    第11回地盤工学会関東支部    2014.10

  • 軍艦島湾岸コンクリートの詳細調査結果に基づく耐久性診断

    審良善和, 佐野清史, 羽渕貴士, 酒井貴洋, 清宮理

    日本材料学会コンクリート構造物の補修、補強、マップグードシンポジウム     625 - 630  2014.10

  • 各種基礎地盤の変状が長大斜張橋の断面力に及ぼす影響

    大橋亮介, Hoang Vu, 清宮理

    土木学会第69回年次学術講演会   I-182   363 - 364  2014.09

  • 建築と土木の複合地下構造物の地震応答計算の一考察、pp.687-688

    石田充朗, 清宮理

    土木学会第69回年次学術講演会   I-344   687 - 688  2014.09

  • 弾性支承上のはりとした鋼管杭式桟橋の座屈解析

    若林学, 清宮理

    土木学会第69回年次学術講演会   VI-201   401 - 402  2014.09

  • 津波引き波時のケーソン式護岸のグランドアンカーによる滑動防止対策に関する模型実験

    竹家宏治, 吉田誠, 三藤正明, 清宮理

    土木学会第69回年次学術講演会   Ⅱ-033   65 - 66  2014.09

  • 軍艦島護岸コンクリートの詳細調査

    審良善和, 佐野清史, 内藤英晴, 羽渕貴士, 清宮理

    土木学会第69回年次学術講演会   V-145   289 - 290  2014.09

  • 海水・海砂を用いた自己充填型コンクリートの水中コンクリートへの適用性に関する検討

    酒井貴洋, 澤田巧, 田中亮一, 山路 徹, 清宮理

    土木学会第69回年次学術講演会   V-368   735 - 736  2014.09

  • 海水・海砂を用いた中流動コンクリートの諸特性

    竹中寛, 山路 徹, 清宮理, 末岡英二, 馬場勇介

    土木学会第69回年次学術講演会   V-377   753 - 754  2014.09

  • 津波の引き波に対するケーソン式護岸の杭による滑動防止対策に関する模型実験

    吉田誠, 竹家宏治, 清宮理, 三藤正明

    土木学会第69回年次学術講演会   Ⅵ-194   387 - 388  2014.09

  • 海洋環境下におけるグラウンドアンカーの耐久性試験

    早川道洋, 清宮理, 岩波光保, 加藤絵万, 竹家宏治

    土木学会第69回年次学術講演会   Ⅴ-460   919 - 920  2014.09

  • 海水・海砂を用いた自己充填型コンクリートの水中コンクリートへの適用性に関する検討

    酒井 貴洋, 澤田巧, 田中亮, 山路徹, 清宮理

    土木学会第69回年次学術講演会   Ⅴ-368   735 - 736  2014.09

  • EXPERIMENTAL STUDY NO AN EXISTING BRIDGE RETROFITTED BY GROUND ANCHOR

    LIANG YUFAN, 清宮理, 安同祥

    土木学会第69回年次学術講演会   CS2-013   25 - 26  2014.09

  • 軍艦島護岸の現状とコンクリートの性状

    清宮理, 羽渕貴士, 佐野清史, 内藤英晴

    第4回コンクリート技術大会(長岡)    2014.09

  • 海水・海砂を用いた自己充填型コンクリート

    末岡英二, 竹中寛, 酒井 貴洋, 田中亮一, 山路徹, 清宮理

    第4回コンクリート技術大会(長岡)     89 - 96  2014.09

  • 海水・海砂を用いた自己充填型コンクリートの水中コンクリートへの適用性に関する実験的検討

    酒井 貴洋, 澤田巧, 田中亮, 山路徹, 清宮理

    第4回コンクリート技術大会(長岡)    2014.09

  • 海水および海砂を用いた高流動コンクリートの諸特性

    竹中寛, 末岡英二, 小山広光, 清宮理

    コンクリート工学年次論文集   Vol.36,No.1   1792 - 1797  2014.07

  • 海水・海砂を用いた自己充填型コンクリート中の鋼材の腐食特性に関する検討

    田中亮一, 山路 徹, 審良善和, 清宮理

    コンクリート工学年次論文集   Vol.36,No.1   1216 - 1221  2014.07

  • 海水・海砂を用いた自己充填型コンクリートの水中コンクリートへの適用性に関する検討

    酒井 貴洋, 澤田巧, 山路 徹, 清宮 理

    コンクリート工学年次論文集   Vol.36,No.1   1798 - 1803  2014.07

  • 放射性物質に汚染された塩分含有コンクリートがらの封じ込め要素実験

    清宮理, 内藤英晴, 佐野清史, 羽渕貴士

    コンクリート工学年次論文集   Vol.36,No.1   1816 - 1821  2014.07

  • 軍艦島護岸コンクリートの耐久性に関する一考察

    審良善和, 佐野清史, 羽渕貴士, 清宮理

    コンクリート工学年次論文集   Vol.36,No.1   754 - 759  2014.07

  • グランドアンカーによる補強した既設橋梁の模型振動実験

    梁雨凡, 清宮理, 安同祥

    第17回性能に基づく橋梁等の耐震設計に関するシンポジウム講演論文集     265 - 268  2014.07

  • 長谷川橋梁の2011東日本大震災による被害について

    安同祥, 清宮理

    第17回性能に基づく橋梁等の耐震設計に関するシンポジウム講演論文集     525 - 532  2014.07

  • グランドアンカー工法による護岸構造物の耐震補強効果に関する研究、グランドアンカー国際研究成果報告会

    清宮理

    グランドアンカー国際研究成果報告会     17 - 23  2014.07

  • EFFECTIVE STRESS ANALYSIS TO BEHAVIOR OF A STEEL PIPE SHEET PILE FOUNDATON IN THE SLOPE REVETMENT DURING LIQUEFACTION

    Nguyen Thanh TRUNG, Osamu KIYOMIYA, Tongxiang AN, Nguyen Thi Tuyet TRINH

    第17回性能に基づく橋梁等の耐震設計に関するシンポジウム講演論文集     525 - 532  2014.07

  • 港湾でのグランドアンカーによる耐震補強

    清宮理

    土木技術   Vol.69,No.6   22 - 27  2014.06

  • フラップゲート式防波堤の津波に対する抵抗機構に関する実験的研究

    木村雄一郎, 水谷征治, 山下徹, 清宮理, 平石哲也, 間瀬肇

    第39回海洋開発シンポジウム   第39巻  2014.06

  • Shear Capacity Enhancement of Existing Underground Wall Structures Using Pustinstalled Reinforcing Bars

    Kensuke YAMAMURA, Osamu KIYOMIYA

    (ASCE)2014    2014

    DOI

  • 海洋環境下で使用するグランドアンカーの耐久性評価試験

    清宮理

       2014

  • 土木分野・鋼・コンクリート合成版(沈埋トンネル)

    清宮理

    会誌「コンクリート工学」   Vol.52   44 - 49  2014.01

    DOI

  • 極細径ステンレス鉄筋で補強した高耐久性埋設型枠の実用化について

    河野一徳, 篠田佳男, 清宮理

    第3回コンクリート技術大会(郡山)    2013.11

  • 論文 放射能に汚染され塩分を含有するコンクリートがらの封じ込め要素試験第3回コンクリート技術大会(郡山)

    清宮理, 佐野清史, 内藤英晴, 羽渕貴士

    第3回コンクリート技術大会(郡山)    2013.11

  • 軍艦島の歴史的なコンクリート護岸の現況調査

    清宮理, 羽渕貴士, 佐野清史, 内藤英晴, 原田哲夫

    コンクリート工学会 テクニカルレポート   51 ( 12 ) 975 - 983  2013.10

     View Summary

    Gunkan Island (official name: Hashima) is an island with an outer perimeter of approximately 1.2km and is protected by a vertical concrete revetment. Gunkan Island features a number of important modern industrial heritage facilities and RC buildings, and for this reason it has been gaining attention as a cultural asset and touristic resource. This island was expanded six times since the Meiji Era, and the revetment is between 82 and 116 years old. Maintaining the revetment in a suitable state is important for preserving the island. This paper provides an overview of the revetment of Gunkan Island and describes the results of a durability survey and visual inspection of the revetment.

    DOI CiNii

  • 軟弱地盤に設置されたニューマチックケーソンを有する橋梁の地震応答解析

    パク インソブ, 清宮理, 安同祥

    土木学会第68回年次学術講演会   I-046   91 - 92  2013.09

  • トンネル内車両火災によるコンクリートの火害と劣化診断

    安本 辰也, 清宮 理

    土木学会第68回年次学術講演会   V-065   129 - 130  2013.09

  • 軍艦島護岸に長期供用されたコンクリートの塩化物イオン濃度分布

    審良善和, 酒井貴洋, 羽渕貴士, 佐々木謙二, 清宮理

    土木学会第68回年次学術講演会   V-488   975 - 976  2013.09

  • 軍艦島コンクリート護岸の健全度調査

    羽渕貴士, 佐野清史, 内藤英晴, 矢口稔, 清宮理

    土木学会第68回年次学術講演会   V-529   1057 - 1058  2013.09

    CiNii

  • 海水・海砂を用いた自己充填型コンクリートの収縮特性

    竹中寛, 酒井 貴洋, 田中亮一, 馬場勇介, 山路 徹, 清宮理

    土木学会第68回年次学術講演会   V-056   111 - 112  2013.09

  • STABILITY ANALYSIS OF THE EFFECT OF SOIL SETTLEMENTON A CABLE-STAYED BRIDGE IN THE MEKONG RIVER DELTA

    Hoang Vu, Osamu KIYOMIYA, Tongxiang AN

    IABSE Kolkata2013    2013.09

  • STABILITY ANALYSIS OF THE EFFECT OF SOIL SETTLEMENT ON A CABLE-STAYED BRIDGE IN THE MEKONG RIVER DELTA、土木学会第68回年次学術講演会、2013.9、CS2-011

    Hoang Vu, Osamu Kiyomiya

    土木学会第68回年次学術講演会   CS2-011   21 - 22  2013.09

  • DYNAMIC BEHAVIOR OF BRIDGE FOUNDATION DURING LIQUEFACTION BY SHAKING TABLE TEST

    Nguyen Thanh Trung, Osamu Kiyomiya

    土木学会第68回年次学術講演会   CS2-006   11 - 12  2013.09

  • The Dynamic Behavior of a Steel Pipe Pile Foundation in a Liquefied Layer during an Earthquake

    Nguyen Thanh TRUNG, Osamu KIYOMIYA, Makoto YOSHIDA

    土木学会論文集   2 ( 1 ) 116 - 135  2013.09

     View Summary

    Various forms of damage to the bridge foundation structure in the revetment along riverbanks and sea coasts caused by liquefaction had been observed during past earthquakes. Several studies on liquefaction using physical model tests and numerical analysis have been conducted in recent years. However, few studies have investigated the seismic behavior of the foundation in a revetment with a slope. In strong earthquakes, the sloped ground is expected to be unstable, and lateral spreading of the ground may occur simultaneously with the loss of soil strength in the liquefaction layer. Moreover, in the seismic design specification (JRA-2002) of the bridge, the liquefaction verification of the foundation is stipulated for a flat ground but not for a sloped ground. Therefore, the effect of the lateral pressure of the liquefaction layer on the foundation in the revetment must be investigated further. This study aims to investigate the dynamic behavior of a steel pipe sheet pile (SPSP) foundation of a cable-stayed bridge and its effect on the performance of the superstructure in the revetment with a slope. A 1-G shaking table test with a scale of 1:60 was conducted on a flat model and a slope model of 15°. In addition, 2-D numerical modeling was applied in an effective stress analysis method that was used on a multi-spring model and cocktail glass model. The differences in the dynamic responses between the two models clearly illustrate the significant effect of the ground slope on the seismic behavior of the SPSP foundation and superstructure.

    DOI CiNii

  • 道路トンネル内の車両火災への耐火対策

    清宮理, 神田亨

    コンクリート工学会 テクニカルレポート   51 ( 8 ) 627 - 634  2013.08

     View Summary

    Not a few fire accidents in or on concrete structures such as tunnels, multipurpose ducts, and bridges, were reported, and various fire protection measures have being proposed. In many cases, the fires are caused by vehicles, and once damage is done, repairs take a long time and require significant expenses, posing a substantial burden on society. Rational fire-resistant design based on the fire behavior of concrete structures is required. The basic approaches to the fire resistance of concrete structures, the extent of damage upon occurrence of fires, and fire protection measures are described in this paper.

    DOI CiNii

  • 軟弱地盤に設置される大深度橋梁ケーソン基礎の耐震性能について

    パク インソブ, 清宮理, 安同祥

    第16回性能に基づく橋梁等の耐震設計に関するシンポジウム講演論文集    2013.07

  • SHAKING TABLE TEST ON STEEL PIPE SHEET PILE FOUNDATION TO LIQUEFACTION-INDUCEDLATERAL SPREADING IN APPROACH REVETMENT

    Nguyen Thanh TRUNG, Osamu KIYOMIYA, Tongxiang AN, Makoto YOSHIDA

    第16回性能に基づく橋梁等の耐震設計に関するシンポジウム講演論文集    2013.07

  • 論文 放射能を含んだコンクリート瓦礫の作業船上での再利用化技術

    清宮理, 佐野清史, 内藤英晴, 羽渕貴士

    機関誌「作業船」、2013.6    2013.06

  • 論文 トンネル内車両火災によるコンクリートの火害と劣化診断

    清宮理, 安本辰也, 本田陵二, 篠田佳男

    コンクリート工学年次論文集   Vol.35,No.1   1129 - 1134  2013.06

  • 論文 海水および海砂を用いた自己充てん型コンクリートの諸特性

    竹中寛, 酒井 貴洋, 山路 徹, 清宮理

    コンクリート工学年次論文集   Vol.35,No.1   1501 - 1506  2013.06

  • 報告 軍艦島におけるコンクリートの製護岸の健全度調査、コンクリート工学年次論文集

    羽渕貴士, 佐野清史, 内藤英晴, 清宮理

    コンクリート工学年次論文集   Vol.35,No.1   1441 - 1446  2013.06

  • Vibration Behaviour and Seismic Performance of an Existing Bridge Retrofitted by Ground Anchor

    Tongxiang AN, Osamu KIYOMIYA

    IABSEオランダ    2013.05

  • 論文 長期供用された軍艦島護岸コンクリートの品質に関する一考案

    審良善和, 酒井 貴洋, 田中亮一, 佐々木謙二, 清宮理

    材料学会アップグレードシンポジウム、2013.    2013

  • 論文 外洋にて長期供用された直立式の軍艦島コンクリート護岸の健全度

    羽渕貴士, 佐野清史, 内藤英晴, 清宮理

    材料学会アップグレードシンポジウム、2013.    2013

  • ニューマチックケーソン式横桟橋の耐震性能照査法に関する研究

    大石雅彦, 長尾毅, 大内正敏, 佐藤祐輔, 清宮理

    第38回海洋開発シンポジウム (海洋開発論文集第38巻)    2013

  • Use of the stochastic-source model to simulate ground motion and response spectra in northern Vietnam

    Tran Viet Hung, Osamu Kiyomiya

    JOURNAL OF ASIAN EARTH SCIENCES   62   485 - 500  2013.01

     View Summary

    Northern Vietnam has experienced large earthquakes in the past, but waveforms are not mentioned in the Vietnamese Specification for Bridge Design, and the acceleration response spectrum in these specifications has not been adequately studied under Vietnamese seismic conditions. The simulation of future earthquake events based on regional seismicity and a ground motion model is necessary because of the absence of data on strong ground motions. This paper summarizes artificial ground motion procedures, which were studied using a stochastic point-source model. Simulated waveforms were employed to synthesize seismograms with VN L1 and VN L2 ground motions estimated using a 475-year return period (M 5.8) and the largest recorded earthquake events (M 7.0). Ground motions were simulated using different source parameters and their response spectra were compared with corresponding available data. As a result, target response spectra are proposed for future earthquake-resistant design in Vietnam. (c) 2012 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI

  • Use of the stochastic-source model to simulate ground motion and response spectra in northern Vietnam

    Tran Viet Hung, Osamu Kiyomiya

    JOURNAL OF ASIAN EARTH SCIENCES   62   485 - 500  2013.01

     View Summary

    Northern Vietnam has experienced large earthquakes in the past, but waveforms are not mentioned in the Vietnamese Specification for Bridge Design, and the acceleration response spectrum in these specifications has not been adequately studied under Vietnamese seismic conditions. The simulation of future earthquake events based on regional seismicity and a ground motion model is necessary because of the absence of data on strong ground motions. This paper summarizes artificial ground motion procedures, which were studied using a stochastic point-source model. Simulated waveforms were employed to synthesize seismograms with VN L1 and VN L2 ground motions estimated using a 475-year return period (M 5.8) and the largest recorded earthquake events (M 7.0). Ground motions were simulated using different source parameters and their response spectra were compared with corresponding available data. As a result, target response spectra are proposed for future earthquake-resistant design in Vietnam. (c) 2012 Elsevier Ltd. All rights reserved.

    DOI

  • グランドアンカーによる重力式岸壁の耐震補強に関する研究

    吉田誠, 清宮理

    土木学会論文集   Vol.68  2012.12

    DOI

  • ホタテ貝殻を細骨材として用いたコンクリートの基本特性に関する研究

    山内匡, 清宮理, 横田季彦

    土木学会論文集   Vol.68  2012.12

    DOI

  • 車両などの火災によるコンクリートの災害と劣化診断

    本田陵二, 清宮理, 篠田佳男, 宮本辰也

    第2回コンクリート技術大会(仙台)     187 - 190  2012.11

  • 海水・海砂を用いた自己充てん型コンクリートによる震災がれきの活用方法

    酒井貴洋, 清宮理, 山路徹, 佐野清史, 羽渕貴士, 矢口稔

    第2回コンクリート技術大会(仙台)     151 - 156  2012.11

  • VERIFCATION OF INFLUENCE ON SEISMIC PERFORMANCE OF THE STEEL PIPE SHEET PILE FOUNDAT UNDER THE 2011 OFF PACIFIC COAST OF TOHOKU EARTHQUAKE

    Nguyen Thanh Trung, Osamu KIYOMIYA, Tongxiang AN

    JAEE International Symposium    2012.11

  • 斜張橋のニューマチックケーソン基礎の動的応答解析

    パク インソプ, 清宮理, 安同祥

    第15回性能に基づく橋梁等の耐震設計に関するシンポジウム講演論文集    2012.09

  • 継手部の結合特性による鋼管矢板井筒基礎の耐震性能に及ぼす影響

    安同祥, 清宮理, Nguyen Thanh Trung

    第15回性能に基づく橋梁等の耐震設計に関するシンポジウム講演論文集    2012.09

  • フラップゲート式可動防波堤の実海域試験

    木村雄一郎, 近本武, 吉田宏志, 下迫健一郎, 清宮理

    第37回海洋開発シンポジウム (海洋開発論文集第37巻)    2012.09

  • かぶりコンクリートへの細径バイブレータによる振動締固め効果に関する検討

    田中亮一, 清宮理, 内藤英晴, 末岡英二

    土木学会第67回年次学術講演会   V-564   1127 - 1128  2012.09

  • トンネル車両火災によるコンクリート板の損傷に関する耐火実験

    安本辰也, 清宮理, 丸山諭, 三宅雅之

    土木学会第67回年次学術講演会   V-180   359 - 360  2012.09

  • 打継処理剤の散布時期およびその現場管理手法に関する一検討

    酒井貴洋, 清宮理, 佐野清史, 羽渕貴士

    土木学会第67回年次学術講演会   V-145   289 - 290  2012.09

  • 海水・海砂を用いた自己充填コンクリート用高性能AE減水剤(増粘剤一液タイプ)の開発

    鈴木哲郎, 清宮理, 山路徹, 竹中寛, 酒井貴洋, 田中亮一

    土木学会第67回年次学術講演会   V-591   1181 - 1182  2012.09

  • 海水・海砂を用いた自己充填コンクリートの基本的性質

    佐野清史, 清宮理, 内藤英晴

    土木学会第67回年次学術講演会   V-592   1183 - 1184  2012.09

  • 鋼管杭式桟橋の地震時の耐荷性能に関する検討

    金淨昊, 清宮理

    土木学会第67回年次学術講演会   I-008   15 - 16  2012.09

  • 鋼管式桟橋の地震時の挙動と耐震補強対策に関する解析的研究

    瀬戸口亮, 清宮理

    土木学会第67回年次学術講演会   I-042   83 - 84  2012.09

  • 東北地方太平洋沖地震での地下構造物の地震時の耐荷力に関する検討

    矢部祐樹, 清宮理

    土木学会第67回年次学術講演会   I-546   1091 - 1092  2012.09

  • 軟弱地盤に設置されたニューマチックケーソン式橋梁基礎の地震応答解析

    パク インソプ, 清宮理, 安同祥

    土木学会第67回年次学術講演会   I-041   81 - 82  2012.09

  • DYNAMIC RESPONSE ANALYSIS OF BRIDGE WITH LEAD RUBBER BEARING SYSTEM UNDER 2011 OFF THE PACIFIC COAST OF TOHOKU EARTHQUAKE GROUND MOTIONS

    Tongxiang AN, Osamu KIYOMIYA

    土木学会第67回年次学術講演会   I-044   87 - 88  2012.09

  • DYNAMIC RESPONSE ANALYSIS OF STEEL PIPE SHEET PILE FOUNDATION CONDUCTED ON THREE SIMPLE MODELS

    Nguyen Thanh Trung, Osamu KIYOMIYA, Tongxiang AN

    土木学会第67回年次学術講演会   CS4-019  2012.09

  • ANALYSIS OF CABLE-STAYED BRIDGE UNDER THE EFFECT OF SETTLEMENT OF THE PIERS

    Hoang Vu, Osamu KIYOMIYA

    土木学会第67回年次学術講演会   CS4-014  2012.09

  • Effect of Seismic Reinforcement for Sheet Pile Quay Wall Using Ground Anchor

    M.Yoshida, M.Mitou, O.Kiyomiya, S.Tashiro, K.Gouda

    WCEE   Vol.15  2012.09

  • 東京ゲートブリッジにおける鋼管杭載荷試験結果の鋼管矢板筒基礎設計への適用

    齊藤泰, 菊池善昭, 日下部治, 清宮理, 米山治男, 川上泰司

    土木学会論文集   Vol.68 No4   544 - 557  2012.07

  • 沖の鳥島における港湾工事の施工について

    清宮理

    日本港湾協会「港湾」   Vol.89   26 - 27  2012.07

  • 論文 車両火災によるコンクリート板の損傷に関する耐火試験

    清宮理, 安本辰也

    コンクリート工学年次論文集   Vol.34,No.1,.6 ( 1 ) 1150 - 1155  2012.06

    CiNii

  • 論文 許容温度を超える加熱を受けた鋼・コンクリート合成構造内部に発生する空気層の影響

    鎌田亮太, 谷辺徹, 菊池弘悦, 清宮理

    コンクリート工学年次論文集   Vol.34,No.1   1144 - 1149  2012.06

  • 論文 打継処理剤の散布時期およびその現場管理手法に関する一検討

    酒井貴洋, 清宮理, 水谷征治, 田中亮一

    コンクリート工学年次論文集   Vol.34,No.1   1342 - 1347  2012.06

  • 報告 海水および海砂を用いた自己充てん型コンクリートの基礎特性

    竹中寛, 内藤英晴, 羽渕貴士, 清宮理

    コンクリート工学年次論文集   Vol.34,No.1   1912 - 1917  2012.06

  • 海水・海砂を用いる自己充填型コンクリート

    清宮理

    未来材料   Vol.12,No.5   47 - 52  2012.05

  • RESPONSE SPECTRUM ANALYSIS OF STEEL PIPE SHEET PILE FOUNDATION BY THREE SIMPLE TYPES OF MODELS

    Nguyen Thanh Trung, Osamu KIYOMIYA

    土木学会関東支部技術研究発表会    2012.03

  • 巻頭言 土木業界の今後の展開への方策

    清宮理

    宮地技報   No.26   1 - 4  2012

  • GROUND MOTION ATTENUATION RELATIONSHIP FOR SHALLOW STRIKE-SLIP EARTHQUAKES IN NORTHERN VIETNAM BASED ON STRONG MOTION RECORDS FROM JAPAN, VIETNAM AND ADJACENT REGIONS、

    Tran Viet HUNG, Osamu KIYOMIYA

    Journal of Japan Society of Civil Engineers Ser.A1(Structural Engineering & Earthquake Engineering(SE/EE))   Vol.68,No.3   509 - 525  2012

    DOI

  • 海洋環境における中流動コンクリートの長期耐久性に関する研究

    山路徹, 内藤英晴, 羽渕貴士, 末岡英二, 清宮理

    港湾空港技術研究所資料   No1245   47p  2011.12

  • RC製地下構造物のせん断耐荷力不足に対する鉄筋差込による耐震補強方法

    清宮理, 山村賢輔

    コンクリート技術大会(会津)報告集    2011.10

  • 港湾・海岸コンクリート施設の被害状況と修復方針(東北地方太平洋沖地震)

    清宮理

    コンクリート技術大会(会津)報告集    2011.10

  • 東北地方太平洋沖地震での港湾・海岸施設の被害と復旧方針

    清宮理

    日本鋼構造協会第34回鉄構塗装技術討論会特別講演     107 - 114  2011.10

  • グランドアンカーで補強されたケーソン式防波堤の滑動安定について

    水谷将, 清宮理, 田代総一, 合田和哉, 竹家宏治

    土木学会第66回年次学術講演会    2011.09

  • ニューマチックケーソン式横桟橋の耐震設計手法に関する一考察

    茂木浩二, 清宮理, 長尾毅, 大内正敏, 大石雅彦, 佐藤祐輔

    土木学会第66回年次学術講演会   Ⅱ-238  2011.09

  • 打継処理剤の性能評価に関する各種実験検討

    酒井貴洋, 清宮理, 水谷征治, 田中亮一

    土木学会第66回年次学術講演会   Ⅴ-107  2011.09

  • ステンレス鉄筋を補強材としたP C a埋設型枠の開発

    河野一徳, 篠田佳男, 安同祥, 清宮理

    土木学会第66回年次学術講演会   Ⅴ-458  2011.09

  • 加災時におけるコンクリート充填鋼殻構造の温度上昇抑制対策の検討

    鎌田亮太, 菊池弘悦, 谷辺徹, 清宮理

    土木学会第66回年次学術講演会   Ⅴ-347  2011.09

  • 湿式吹付け耐火被覆材を適用したコンクリート充填鋼殻構造の加熱試験

    菊池弘悦, 鎌田亮太, 谷辺徹, 清宮理

    土木学会第66回年次学術講演会   Ⅴ-346  2011.09

  • 鋼管杭式桟橋への各種耐震補強工法の適用性に関する地震応答解析

    内藤輝, 石田誠, 清宮理

    土木学会第66回年次学術講演会   Ⅰ-440  2011.09

  • かぶりコンクリートの内部振動機による振動の影響について

    田中亮一, 清宮理

    土木学会第66回年次学術講演会   Ⅴ-116  2011.09

  • ステンレス鉄筋で補強した高強度・高耐久性RC部材の開発

    篠田佳男, 河野一徳, 清宮理, 永瀧重義

    土木学会第66回年次学術講演会   Ⅴ-460  2011.09

  • 東北地方太平洋沖地震によるゴム分散支承を有する橋梁の耐震性の一考察

    安同祥, 清宮理

    土木学会第66回年次学術講演会   Ⅰ-339  2011.09

  • 湿式吹付け耐火被覆材を設置したコンクリート充填鋼殻構造の熱伝達解析

    中井章裕, 清宮理

    土木学会第66回年次学術講演会   Ⅴ-077  2011.09

  • 鋼板セル式岸壁の遠心場模型実験の3次元地震応答解析によるシミュレーション

    佐藤成, 清宮理

    土木学会第66回年次学術講演会   Ⅰ-047  2011.09

  • 津波・高潮に対するフラップ式防護施設に関する研究

    川田晃大, 清宮理, 仲安京一, 木村雄一郎

    土木学会第66回年次学術講演会   Ⅵ-350  2011.09

  • 耐火板を取り付けたトンネルの車両火災による構造部材の損傷に関する一考察

    小林康之, 清宮理

    土木学会第66回年次学術講演会   Ⅴ-075  2011.09

  • 洋上風力発電タワーの風と地震による動的応答計算

    久保田翔平, 清宮理

    土木学会第66回年次学術講演会   Ⅰ-034  2011.09

  • 護岸近傍に設置された鋼管井筒橋梁基礎の地震時挙動

    高知亮介, 清宮理, 安同祥

    土木学会第66回年次学術講演会   Ⅰ-045  2011.09

  • グランドアンカーによるもたれ式擁壁の耐震補強効果について

    大嶋佑弥, 清宮理

    土木学会第66回年次学術講演会   Ⅰ-445  2011.09

  • 液状化を生ずる緩傾斜護岸のアンカー補強に関する数値解析

    橋本真, 清宮理, 佐藤成

    土木学会第66回年次学術講演会   Ⅱ-241  2011.09

  • 資料 実大モデル実験による膨張剤の温度ひび割れ抑制効果に関する考察

    酒井貴洋, 水谷征治, 羽渕貴士, 清宮理

    JCI膨張シンポジウム    2011.09

  • 資料 各種セメントを用いた膨張コンクリートのひび割れ抑制効果と力学的特性

    水谷征治, 内藤英晴, 網野貴彦, 清宮理

    JCI膨張シンポジウム    2011.09

  • Seismic Reinforcement against Shear Failure by “Post-installed Rebar” on Walls of Existing Under

    Kensuke YAMAMURA, Osamu KIYOMIYA

    IABSE    2011.09

  • Proposal on Attenuation relationship for Peak Horizontal Acceleration of Inland Earthquakes in Northern Vietnam Region

    TRAN Viet Hung, Osamu KIYOMIYA

    土木学会第66回年次学術講演会   Ⅰ-460  2011.09

  • 東北地方太平洋沖地震での港湾施設の被害と復旧方法でのグランドアンカー工法

    清宮理

    Japan Anchor Association   NO.33   1 - 4  2011.08

  • 東北地方太平洋沖地震動によるゴム分散支承を有する橋梁の耐震性の一考察および補強検討

    安同祥, 清宮理

    第14回性能に基づく橋梁等の耐震設計に関するシンポジウム講演論文集    2011.07

  • Tokyo Gate Bridge -Design and Construction of the Steel PipeSheet Pile Foundation-

    Osamu KIYOMIYA

    Steel Construction Today &Tomorrow   NO.33   14 - 18  2011.07

  • 論文 海洋環境における中流動コンクリートの長期耐久性に関する検討

    松村道雄, 羽渕貴士, 山路徹, 清宮理

    コンクリート工学年次論文集   Vol.33,No.1   743 - 748  2011.06

  • 論文 鋼・コンクリート合成構造の許容温度設定に対する鋼材コンクリート間に生じる空気層の影響

    菊池弘悦, 谷辺徹, 清宮理

    コンクリート工学年次論文集   Vol.33,No.1   1205 - 1211  2011.06

  • 報告 パイプクーリングと保温養生の併用による温度ひび割れ制御

    壹岐直之, 牧原久利, 渡部耕平, 清宮理

    コンクリート工学年次論文集   Vol.33,No.1   1313 - 1318  2011.06

  • 報告 打継処理剤の性能評価に関する各種実験検討

    酒井貴洋, 清宮理, 水谷征治, 田中亮一

    コンクリート工学年次論文集   Vol.33,No.1   1379 - 1384  2011.06

  • グランドアンカーによるケーソン式防波堤の滑動防止工法に関する水理実験

    吉田誠, 清宮理, 田代聡一, 合田和哉, 竹家宏治

    海洋開発シンポジウム(海洋開発論文集第27巻)   第36回  2011.06

  • 東南アジア諸国での港湾鋼構造物の動向と展望

    清宮理

    JSSC   NO.5   9 - 13  2011.04

  • Earthquake and Tsunami damage to tunnels in Japan

    Osamu KIYOMIYA

    Tunnels & Tunnelling lnternational    2011.04

  • グランドアンカーで耐震補強した鋼矢板式岸壁の耐震性に関する振動台実験および有効応力解析

    吉田誠, 清宮理, 三藤正明, 田代総一, 合田和哉

    構造工学論文集   Vol.57A   63 - 74  2011.03

    DOI

  • 長期暴露実験による中流動コンクリートの塩分浸透抵抗性および鋼材腐食抵抗性に関する検討

    松村道雄, 山路徹, 清宮理

    土木学会第66回年次学術講演会   Ⅴ-227  2011

  • 浅く埋設された地下構造物の耐震補強に関する地震応答計算

    矢部祐樹, 清宮理

    土木学会第66回年次学術講演会   Ⅰ-492  2011

  • FIELD EXPERIMENT PROJECT OF FLAP-GATE BREAKWATER FOR TSUNAMI AND STORM SURGE PROTECTION

    Yuichiro Kimura, Ryuichi Fujiwara, Tsunehiro Sekimoto, Osamu Kiyomiya

    Coastal Structures 2011    2011

  • EXPERIMENTAL STUDY ON MECHANICAL CHARACTERISTICS OF LARGE SCALE SLIDING SEISMIC ISOLATION BEARING OF TOKYO GATE BRIDGE

    SAITOU Yutaka, YONEYAMA Haruo, KAWAKAMI Taiji, KUSAKABE Osamu, KIYOMIYA Osamu, IMAI Takashi

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. A1 (Structural Engineering & Earthquake Engineering (SE/EE))   67 ( 3 ) 503 - 516  2011

     View Summary

     The large scale sliding seismic isolation bearing was employed on Tokyo Gate Bridge. The sliding isolation bearing consists of two supporting members: a horizontal buffer which resists horizontal reaction forces ; and a vertical bearing which bears vertical reaction forces and functions to attenuate energy via friction resistance of the sliding surface. Accordingly, a friction coefficient on the sliding surface is an important factor in designing the Bridge. In the past researches, it has been known that a friction coefficient varies depending on a surface pressure and speed of displacement. In this paper, we conducted a repeated loading test to study mechanical characteristics such as contact pressure dependence and velocity dependence of a friction coefficient in a sliding surface. We examined that, by calculating the dynamic response, how this factor affects the earthquake response of this bridge, and confirmed that the employed the large scale sliding bearing for seismic isolation reduces the movement of the bridge within the allowance range defined on the basis of the ground motion.

    DOI CiNii

  • 海外工事展開のための方策

    清宮理

    トンネルと地下   vol.41   5 - 6  2010.12

  • ブン地震での橋梁被害と耐震設計法の日中での比較

    安同祥, 清宮理

    土木学会 海外での地震被害シンポジウム    2010.11

  • New Technologies on Design and Construction of Tokyo Poet Bayside Bridge

    Osamu KIYOMIYA, Taiji Kawakami, Yutaka Saitou

    港研シンポジウム    2010.11

  • 道路橋梁における中国と日本の耐震設計基準について

    安同祥, 清宮理

    土木学会第65回年次学術講演会   Ⅰ-014   27 - 28  2010.09

  • グランドアンカーの水密性確認試験

    清宮理, 安同祥

    土木学会第65回年次学術講演会   Ⅵ-478   955 - 956  2010.09

  • トンネル用吹付け軽量モルタル耐火被覆材の動風圧に対するはく落防止設計法の構築

    谷辺徹, 菊池弘悦, 清宮理

    土木学会第65回年次学術講演会   V-499   997 - 998  2010.09

  • トンネル用吹付け軽量モルタル耐火被覆材の動風圧に対するはく落防止性能に及ぼす使用条件の影響

    菊池弘悦, 谷辺徹, 清宮理

    土木学会第65回年次学術講演会   V-500   999 - 1000  2010.09

  • 繊維を用いたひび割れ抑制方法の乾燥収縮ひび割れ抑制効果について

    水谷征治, 網野貴彦, 内藤英晴, 清宮理

    土木学会第65回年次学術講演会   V-173   345 - 346  2010.09

  • グランドアンカーで耐震補強した重力式岸壁に関する振動台実験

    吉田誠, 田代総一, 合田和哉, 清宮理

    土木学会第65回年次学術講演会    2010.09

  • ニューマチックケーソン式横桟橋の耐震性評価について

    劔朋広, 清宮理, 大内正敏, 久保田翼, 長尾毅, 佐藤祐輔

    土木学会第65回年次学術講演会   Ⅱ-092   183 - 184  2010.09

  • コンクリートの分割施工における境界部の熱伝達に関する実験的検討

    竹中寛, 水谷征治, 清宮理, 末岡英二, 佐野清史

    土木学会第65回年次学術講演会   V-668   1335 - 1336  2010.09

  • ステンレス鉄筋使用埋設型枠の耐火性能に関する基礎的研究

    篠田佳男, 清宮理, 河野一徳, 佃有射

    土木学会第65回年次学術講演会   V-651   1301 - 1302  2010.09

  • コンクリート耐久性向上のための再振動締固めによる有効性の定量評価

    秋山哲治, 壹岐直之, 福島賢治, 清宮理

    土木学会第65回年次学術講演会   V-685   1369 - 1370  2010.09

  • 鋼板セル式岸壁の遠心場模型実験のシミュレーション

    佐藤成, 清宮理

    土木学会第65回年次学術講演会   Ⅰ-657   1313 - 1314  2010.09

  • グランドアンカーによる傾斜護岸の耐震補強に関する数値解析

    大嶋佑弥, 清宮理

    土木学会第65回年次学術講演会   Ⅰ-053   105 - 106  2010.09

  • 地震津波・高潮へのフラップ式防護施設の挙動

    川田晃大, 清宮理, 仲安京一, 木村雄一郎

    土木学会第65回年次学術講演会   Ⅵ-477   953 - 954  2010.09

  • 洋上風力発電施設の風と地震による動的応答計算

    久保田翔平, 清宮理

    土木学会第65回年次学術講演会   Ⅰ-667   1333 - 1334  2010.09

  • 護岸近傍に設置された鋼管井筒橋梁基礎の地震時挙動

    高地亮介, 清宮理, 安同祥

    土木学会第65回年次学術講演会   Ⅰ-049   97 - 98  2010.09

  • トンネル内車両火災による構造部材の損傷に関する一考察

    小林康之, 清宮理

    土木学会第65回年次学術講演会   V-501   1001 - 1002  2010.09

  • 液状化を生じる緩傾斜護岸のアンカー補強に関する数値解析

    橋本真, 清宮理, 佐藤成

    土木学会第65回年次学術講演会   Ⅵ-476   951 - 952  2010.09

  • STOCHASTIC GROUND MOTION PREDICTION IN THE NORTH OF VIETNAM REGION

    TRAN Viet Hung, Osamu KIYOMIYA

    土木学会第65回年次学術講演会   Ⅰ-337   673 - 674  2010.09

  • 論文 コンクリートの分割施工による蓄熱抑制効果に関する実験的検討

    竹中寛, 末岡英二, 水谷征治, 清宮理

    コンクリート工学年次論文集   Vol.32,No.1   1271 - 1276  2010.08

  • 論文 トンネル用吹付け軽量モルタル耐火被覆材の動風圧に対するはく落防止設計法に関する研究

    菊池弘悦, 谷辺徹, 清宮理

    コンクリート工学年次論文集   Vol.32,No.1   1859 - 1864  2010.08

  • 鋼板セル式岸壁の地震時挙動に関する研究

    佐藤成, 竹信正寛, 小濱英司, 清宮理

    土木学会地震工学論文集   第31回   435 - 448  2010.08

     View Summary

    Under water shake table test and 2-dimensional effective stress seismic response analyses were conducted to investigate the behavior of cellular-bulkhead qway wall structure model. The results show that the settlement and horizontal displacement of bulkhead was caused by shear strain accumulation of cell fills. Results of dynamic response analysis is almost agreement with those of the shaking table test. Seimic performance of cellular-bulk head qway wall is verified.

    DOI CiNii

  • 論文 トンネル用湿式吹付け軽量モルタル耐火被覆材の動風圧に対するはく落防止設計法

    菊池弘悦, 谷辺徹, 清宮理

    太平洋セメント研究報告第158   ( 158 ) 22 - 30  2010.07

    CiNii

  • EFFECT OF EARTHQUAKE-PROOF REINFORCEMENT BY GROUND ANCHOR AND DAMPER ON AN EXISTING BRIDGE WITH HIGH PIER

    Tongxiang AN, Osamu KIYOMIYA, TRAN Viet Hung

    IABSEカナダ    2010.07

  • SEISMIC RESPONSE OF THE STEEL PIPE PILE FOUNDATION IN THE SOFT GROUND AND THE LIQEFIABLE SOIL、IABSE、2010

    TRAN Viet Hung, Osamu KIYOMIYA, Tongxiang AN

    IABSEカナダ    2010.07

  • ASEISMICITY OF THE TOKYO BAYSIDE ROAD BRIDGE WITH STEEL PIPE SHEET PILE FOUNDATION CONSTRUCTED ON EXTREAELY SOFT GROUND

    Osamu Kiyomiya, An Tongxiang, Yutaka Saitou, Teruo Chiba

    IABSEカナダ    2010.07

  • 耐火板を設置した合成構造部材の熱伝達挙動に関する模型実験と数値解析

    中井章裕, 清宮理

    土木学会論文集    2010.06

  • 沈下が長期間継続する造成中の地盤におけるコンクリート製地下施設の設計法の提案

    中道正人, 清宮理, 小林正樹, 田端竹千穂, 江村剛, 藤本勝

    土木学会論文集   Vol.66.No.2  2010.06

    DOI

  • グランドアンカーの耐震補強効果に関するケーソン式岸壁の模型振動実験

    吉田誠, 田代総一, 合田和哉, 清宮理

    土木学会論文集   Vol.66 No.1   233 - 241  2010.06

  • 東京港臨海大橋(仮称)の耐震設計法について

    齊藤泰, 清宮理, 日下部治, 下迫健一郎, 川上泰司

    構造工学論文集   Vol.56A   393 - 406  2010.03

    DOI

  • 夢咲トンネルの耐火被覆の施工

    松本典人, 中島興康, 尾崎克己, 清宮理

    雑誌コンクリート工学   Vol.48,No.2   45 - 50  2010.02

    DOI

  • グランドアンカーで補強されたケーソン式岸壁の耐震性に関する模型振動実験

    吉田誠, 田代総一, 合田和哉, 清宮理

    日本地震工学シンポジウム   第13回  2010

  • 耐火板を設置した合成構造部材の熱伝達挙動に関する数値解析

    清宮理, 中井章裕

    第8回複合・合成構造の活用に関するシンポジウム    2009.11

  • 車両火災時の鋼・コンクリート合成構造の損傷に関する耐火実験

    古川佑介, 清宮理, 中井章裕, 三宅雅之, 安本辰也

    第8回複合・合成構造の活用に関するシンポジウム    2009.11

  • 実大壁モデルによる膨張材の温度ひび割れ抑制効果に関する考察

    酒井貴洋, 水谷征治, 竹内純, 秋山哲治, 羽渕貴士, 清宮理

    土木学会第64回年次学術講演会     817 - 818  2009.09

  • ニューマチックケーソン式護岸のレベル2地震時水平変位の検討

    劔朋広, 清宮理, 久保田翼, 大内正敏

    土木学会第64回年次学術講演会     201 - 202  2009.09

  • 膨張材の内部拘束による温度ひび割れ抑制効果に関する考察

    末岡英二, 佐野清史, 榊晋介, 内藤英晴, 網野貴彦, 壹岐直之, 清宮理

    土木学会第64回年次学術講演会     815 - 816  2009.09

  • 鋼矢板式岸壁の振動台実験によるグランドアンカーの補強効果

    吉田誠, 浅沼丈夫, 前田涼一, 清宮理

    土木学会第64回年次学術講演     497 - 498  2009.09

  • 吹付けモルタル耐火被覆材の動風圧試験によるはく落防止性能の評価

    菊池弘悦, 谷辺徹, 清宮理

    土木学会第64回年次学術講演会     789 - 790  2009.09

  • 吹付けモルタル耐火被覆材のはく落防止性能の評価に関する検討

    谷辺徹, 菊池弘悦, 清宮理

    土木学会第64回年次学術講演会     787 - 788  2009.09

  • 衝撃的な荷重を受けるグランドアンカーの頭部定着性能に関する実験

    竹家宏治, 清宮理, 安同祥

    土木学会第64回年次学術講演会     129 - 130  2009.09

  • 鉄道橋梁における中国と日本の耐震設計基準について

    安同祥, 清宮理, 汪磊

    土木学会第64回年次学術講演会     107 - 108  2009.09

  • 耐火板背面の中空層を考慮した熱伝達解析

    中井章裕, 清宮理, 三宅雅之, 安本辰也

    土木学会第64回年次学術講演会     783 - 784  2009.09

  • マスコンクリートによる低熱セメントと膨張材の効果に関する解析的検討

    大藪恭祐, 清宮理, 壹岐直之

    土木学会第64回年次学術講演会     821 - 822  2009.09

  • 車両火災による合成構造の損傷に関する実験

    古川佑介, 清宮理, 中井章裕, 三宅雅之, 安本辰也

    土木学会第64回年次学術講演会     791 - 792  2009.09

  • 車両荷重を受ける空港内地下通路の三次元有限要素法解析

    綱川悠, 清宮理, 中道正人, 瀬口均

    土木学会第64回年次学術講演会     257 - 258  2009.09

  • グランドアンカーによる耐震補強効果の検討

    矢野良尚, 清宮理, 佐藤成

    土木学会第64回年次学術講演会     517 - 518  2009.09

  • 根入れ式鋼板セルの地震時の三次元有限要素法解析と既往設計法との比較

    有坂建一郎, 清宮理

    土木学会第64回年次学術講演会     519 - 520  2009.09

  • ホタテ貝殻を利用したコンクリートの配合について

    山内匤, 清宮理, 高橋久雄, 審良義和

    土木学会第64回年次学術講演会     743 - 744  2009.09

  • グランドアンカーによる構造物の耐震補強効果-繰返し載荷

    大沢雅之, 清宮理, 竹家宏治

    土木学会第64回年次学術講演会     133 - 134  2009.09

  • EVALUATION OF SEISMIC RESPONSE FOR RC BRIDGE PIERS IN VIETNAM ALOW-MODERATE SEISMIC ZONE

    TRAN Viet Hung, Osamu KIYOMIYA, Tongxiang AN

    土木学会第64回年次学術講演会     79 - 80  2009.09

  • COMPARISON OF SEISMIC RESISTANCE OF HIGHWAY BRIDGE IN YUNNAN BY THA SPECIFICATION OF CHINA AND JAPAN

    Wang Lei, Osamu Kiyomiya, Tongxiang An

    土木学会第64回年次学術講演会     77 - 78  2009.09

    DOI

  • グランドアンカーによる構造物の耐震補強効果-その2:繰返し載荷試験-

    竹家宏治, 清宮理, 安同祥

    第44回地盤工学会    2009.08

  • グランドアンカーで補強された鋼矢板式岸壁の振動台実験(その2:矢板岸壁実験)

    吉田誠, 浅沼丈夫, 小竹望, 清宮理

    第44回地盤工学会    2009.08

  • 論文 実大モデル実験による膨張材の温度ひび割れ抑制効果に関する考察

    酒井貴洋, 水谷征治, 網野貴彦, 清宮理

    コンクリート工学年次論文集   Vol.31 ( No.3 ) 1591 - 1596  2009.08

  • 現地観測データに基づく沿岸域洋上の風力と流況の検討事例

    永井紀彦, 藤平欣司, 山村和弘, 清宮理, 井上雄介, 久高将信

    第34回海洋開発シンポジウム (海洋開発論文集第25巻)    2009.06

  • セメント種類の違いが膨張コンクリートRC梁の膨張ひずみ特性に及ぼす影響について

    網野貴彦, 酒井貴洋, 末岡英二, 三浦克康, 清宮理

    東洋建設技術研究報告   Vol.36  2009.06

  • 膨張材を用いた鉄筋コンクリートはりの載荷試験

    大藪恭祐, 清宮理, 内藤英晴, 羽淵貴士, 佐野清史

    東洋建設技術研究報告   Vol.36  2009.06

  • マスコンクリート内部に配置した中空部による蓄熱低減効果に関する検討会

    末岡英二, 竹中寛, 水谷征治, 本庄隆宣, 清宮理

    東洋建設技術研究報告   Vol.36  2009.06

  • 沈埋トンネル

    清宮理

    土木工学社「トンネルと地下連載講座」     91 - 99  2009.05

  • COMPARISON OF SEISMIC RESISTANCE OF HIGHWAY BRIDGE IN YUNNAN BY THA SPECIFICATION OF CHINA AND JAPAN

    Wang Lei, Osamu Kiyomiya, Tongxiang An

    第30回土木学会地震工学研究発表会論文集    2009.05

    DOI

  • ASSESSMENT OF SEISMIC DESIGN FOR BRIDGE IN VIETNAM-A LOW MODERATE SEISMIC ZONE

    TRAN Viet Hung, Osamu KIYOMIYA, Tongxiang AN

    第30回土木学会地震工学研究発表会論文集    2009.05

  • 港湾構造物へのシェルコンクリートの適用に関する研究

    山内匡, 清宮理, 高橋久雄, 審良善和

    コンクリート工学   Vol.47 ( No.3 ) 24 - 31  2009.03

     View Summary

    We aim at the establishment of effective a large quantity of recycling methods of a shell holding about 50% of the whole scallop, and push forward the study of the concrete that uses scallop shell crushed by a rotary crushing machine as fine aggregate. From past a series of results of research for the application to the port structures by the indoor examination and proof examination. As for the basic property and utility of the shell concrete, a result without the inferiority is provided in comparison with the normal concrete.

    DOI CiNii

  • 漁港海岸における耐震性能設計について

    清宮理

    全国漁港海岸防災協会はまべ交信   Vol.17 ( NO.3 ) 29 - 34  2009.03

  • 鋼板セル式岸壁の地震時挙動に関する研究

    佐藤成, 竹信正寛, 小濱英司, 清宮理

    構造工学論文集   Vol.55A,土木部門   438 - 448  2009.03

     View Summary

    Under water shake table test and 2-dimensional effective stress seismic response analyses were conducted to investigate the behavior of cellular-bulkhead qway wall structure model. The results show that the settlement and horizontal displacement of bulkhead was caused by shear strain accumulation of cell fills. Results of dynamic response analysis is almost agreement with those of the shaking table test. Seimic performance of cellular-bulk head qway wall is verified.

    DOI CiNii

  • EVALUATION OF SEISMIC RESISTANCE FOR A MULTISPANS BRIDGE IN VIETNAM BY INVESTIGATION OF EARTQUAKE ACTIVITY AND DYNAMIC RESPONSE ANALYSIS

    TRAN Viet Hung, Osamu KIYOMIYA, Tongxiang AN

    構造工学論文集   Vol.55A,土木部門   539 - 549  2009.03

     View Summary

    The aseismicity of a multi-spans highway bridge designed by Vietnam Specification is evaluated by dynamic response analysis according to Japan Specification. The bridge adopted in this study is located at Hanoi in Vietnam where is classified to a low moderate seismic zone based on the investigation. As to Level 1 earthquake, there is no damage in the bridge, i.e. the seismic performance of the bridge is also secured by Japan Specification. As to Level 2 earthquake, though girder's unseating is not calculated, the bridge pier is predicted to have damage due to the large rotation angle at the plastic hinge and the lack of the shear resistance of the pier.

    DOI CiNii

  • 水底に挑む -沈埋トンネルの技術-

    清宮理

    土木学会誌2月号     20 - 21  2009.02

  • RESEARCH AND DEVELOPMENT OF FLAP GATE- TYPE WAVE BREAKER FOR PROTECTION AGAINST TSUNAMI AND STORM SURGE

    Hideyuki Niizato, Yuichiro Kimura, Kyouichi Nakayasu, Takashi Fujita, Osamu Kiyomiya

    Coastal Dynamics 2009 PaperNo.47    2009

  • 各種セメントを用いた膨張コンクリートの温度ひび割れ抑制効果に関する研究

    水谷征治, 末岡英二, 佐野清史, 清宮理

    東洋建設技術研究所報告   Vol.35   29 - 36  2008.10

  • 温度ひび割れ対策「HTL工法」の考案と工事適用を通じた評価

    末岡英二, 竹中寛, 水谷征治, 本庄隆宣, 水元誠司, 清宮理

    東洋建設技術研究所報告   Vol.35   37 - 44  2008.10

  • 要素試験による圧縮型アンカーと引張型アンカーの強度特性比較

    竹家宏治, 清宮理

    第5回地盤工学会関東支部    2008.10

  • EXPERIMENTAL STUDY ON FOUR-SPAN RAHMEN BRIDGE WITHSLIDING –TYPE SEISMIC ISOLATION FOUNDATION

    Tongxiang AN, Osamu KIYOMIYA

    第14回世界地震工学会    2008.10

  • FLAP GATE TO PREVENT URBAN AREA FROM TSUNAMI

    Osamu KIYOMIYA, Kazuya KUROKI

    第14回世界地震工学会    2008.10

  • 車両荷重を受ける空港内地下通路の三次元有限要素法解析

    綱川悠, 清宮理, 中道正人, 田端竹千穂

    土木学会第63回年次学術講演会   6-293   585 - 586  2008.09

  • 長期沈下が生ずる地盤でのコンクリート製地下施設の設計・施工

    中道正人, 清宮理, 土井豊照, 田端竹千穂, 神田尚樹, 宇戸寿一, 畔取良典, 吉田晋暢

    土木学会第63回年次学術講演会   6-262   523 - 524  2008.09

  • PC蓋掛版に係る航空機搭載荷実験での計測及び解析結果について

    中道正人, 清宮理, 田端竹千穂, 神田尚樹, 木村誠

    土木学会第63回年次学術講演会   5-575   1149 - 1150  2008.09

  • 津波用フラップゲートに作用する津波波力の挙動

    黒木一弥, 清宮理

    土木学会第63回年次学術講演会   6-336   671 - 672  2008.09

  • セメントの違いによる膨張コンクリートの膨張特性の比較

    水谷征治, 壹岐直之, 竹内純, 清宮理

    土木学会第63回年次学術講演会   5-444   887 - 888  2008.09

  • 膨張材を混入したRC梁のひずみの推定方法に関する一考案

    壹岐直之, 酒井貴洋, 植田智幸, 網野貴彦, 清宮理

    土木学会第63回年次学術講演会   5-441   881 - 882  2008.09

  • セメント種類の違いが膨張コンクリートRC梁の膨張ひずみ特性に及ぼす影響について

    網野貴彦, 酒井貴洋, 末岡英二, 三浦克康, 清宮理

    土木学会第63回年次学術講演会   5-438   875 - 876  2008.09

  • ホタテ貝殻を利用したコンクリートの耐久性およびミキサー船への適用事例

    山内匡, 清宮理, 高橋久雄, 藤森勉, 山路徹

    土木学会第63回年次学術講演会   5-403   805 - 806  2008.09

  • 車両火災でのトンネル構造体の安全性に関する熱応力解析

    古川佑介, 清宮理, 中井章裕

    土木学会第63回年次学術講演会   5-283   565 - 566  2008.09

  • 耐火板背面の空気層を考慮した熱伝達挙動

    中井章裕, 清宮理, 三宅雅之, 安本辰也

    土木学会第63回年次学術講演会   5-281   561 - 562  2008.09

  • 膨張材を用いた鉄筋コンクリートはりの載荷試験

    大藪恭祐, 清宮理, 内藤英晴, 羽淵貴士, 佐野清史

    土木学会第63回年次学術講演会   5-238   475 - 476  2008.09

  • 圧縮型グランドアンカーの静的及繰返し引抜き実験

    矢野良尚, 清宮理, 安同祥, 竹家宏治

      3-428   855 - 856  2008.09

  • 引張型グランドアンカーの繰り返し荷重下の定着機構に関する試験

    大沢雅之, 清宮理, 安同祥, 竹家宏治

    土木学会第63回年次学術講演会   3-427   853 - 854  2008.09

  • 車両荷重を受ける地下構造物の二次元有限要素法解析

    香西達朗, 清宮理, 中道正人, 田端竹千穂

    土木学会第63回年次学術講演会   3-294   587 - 588  2008.09

  • 風、地震、波浪を同時に受ける洋上風力発電施設の振動解析

    小長井聡, 清宮理

    土木学会第63回年次学術講演会   1-144   287 - 288  2008.09

  • 根入れ式鋼板セルの地震時の三次元有限要素法解析と既往設計法との比較

    有坂建一郎, 清宮理

    土木学会第63回年次学術講演会   1-141   281 - 282  2008.09

  • 高橋脚を有する橋梁のグランドアンカーによる耐震補強

    安同祥, 清宮理

    土木学会第63回年次学術講演会   1-098   195  2008.09

  • マスコンクリート内部に配置した中空部による蓄熱低減効果に関する検討会

    末岡英二, 竹中寛, 水谷征治, 本庄隆宣, 清宮理

    土木学会第63回年次学術講演会   5-445   889 - 890  2008.09

  • EVALUATION OF SEISMIC RESISTANCE OF EXISTING BRIDGE IN VIETNAM BY DYNAMIC RESPONSE ANALYSIS

    TRAN Viet Hung, Osamu KIYOMIYA, Tongxiang AN

    土木学会第63回年次学術講演会   1-110   219 - 220  2008.09

  • 新港湾基準に準拠した大水深耐震強化岸壁の性能設計

    諸星一信, 渡部昌治, 清宮理, 宮田正史, 北澤壮介, 伊庭智生

    海洋開発論文集(第33回海洋開発シンポジウム)   24   177 - 182  2008.07

    DOI CiNii

  • 大型セル式岸壁設計の地震度の挙動に関する数値解析

    諸星一信, 小濱英司, 渡部昌治, 清宮理, 山本修司, 佐藤成

    海洋開発論文集(第33回海洋開発シンポジウム)    2008.07

    DOI

  • 水平版に作用する津波による揚圧力に関する研究

    松田駒之, 山本欣司, 安田章雄, 内山一郎, 清宮理, 下迫健一郎

    海洋開発論文集(第33回海洋開発シンポジウム)   24   69 - 74  2008.07

    DOI CiNii

  • 膨張コンクリートを使用したはり部材のひずみ性状と曲げ載荷試験

    水谷征治, 酒井貴洋, 網野貴彦, 清宮理

    コンクリート工学年次論文集   Vol.30 ( No.2 ) 127 - 132  2008.07

    CiNii

  • コンクリートの分割施工による温度ひび割れ抑制効果とその適用について

    水元誠司, 竹中寛, 白石哲也, 清宮理

    コンクリート工学年次論文集   Vol.30 ( No.2 ) 151 - 156  2008.07

    CiNii

  • 膨張材を混入したコンクリート橋梁の挙動とひび割れ抑制効果の解析的検討

    壹岐直之, 清宮理, 何海明, 植田智幸

    コンクリート工学年次論文集   Vol.30 ( No.2 ) 157 - 162  2008.07

  • ホタテ貝殻を細骨材として活用したコンクリートの耐久性および実証試験

    山内匡, 清宮理, 高橋久雄, 山路徹

    コンクリート工学年次論文集   Vol.30 ( No.2 ) 469 - 474  2008.07

    CiNii

  • シェルコンクリートの強度特性について

    清宮理, 山内匡, 横田季彦

    コンクリート工学年次論文集   Vol.30 ( No.2 ) 475 - 480  2008.07

  • グランドアンカーによる構造物の耐震補強効果 -その1:要素試験-

    竹家宏治, 清宮理, 安同祥, 野澤忠明

    第43回地盤工学会    2008.06

  • シェルコンクリート実用化への挑戦

    山内匡, 清宮理, 高橋久雄, 山路徹

    雑誌セメントコンクリート5/6月号    2008.05

  • 土木学会での認定技術者とCPDシステム

    清宮理

    基礎工   ( 4 ) 10 - 13  2008.04

  • 引張型グランドアンカーの繰り返し荷重化の定着機構に関する実験

    大沢雅之, 清宮理, 安同祥, 竹塚宏治

    第35回土木学会関東支部技術研究発表会    2008.03

  • 各種コンクリートの膨張材の適用に関する実験的研究

    大藪恭佑, 何海明, 清宮理

    第35回土木学会関東支部技術研究発表会    2008.03

  • 圧縮型グランドアンカーの静的及繰返し引抜き実験

    矢野良尚, 清宮理, 安同祥, 竹塚宏治

    第35回土木学会関東支部技術研究発表会    2008.03

  • ベネチアを高潮から守るフラップ式ゲート

    清宮理

    雑誌港湾     40 - 41  2008.03

  • EVALUATION ON SEISMIC RESISTANCE OF EXISTING BRIDGE IN VIETNAM BY DYNAMIC RESPONSE ANALYSIS

    TRAN Viet Hung, Osamu KIYOMIYA, Tongxiang AN

    土木学会関東支部技術研究発表会    2008.03

  • シェルコンクリートの港湾工事への適用

    木村秀雄, 高橋久雄, 清宮理

    CDIT論文集    2008

  • 中流動コンクリートの鋼コンクリートサンドイッチ構造部材への適用検討

    末岡英二, 佐野清史, 清宮理

    土木学会論文集    2007.11

    DOI

  • 炭素繊維シートにより補強されたPC部材の交番ねじり解析

    何海明, 中井章裕, 清宮理

    第11回DIANAコンファレンス    2007.11

  • New Technical Standards for Port and Harbor Facilities

    Osamu Kiyomiya

    東南アジア鉄鋼セミナー、ハノイ    2007.11

  • CPD(継続教育)って何?

    清宮理

    土木学会誌   10月号   40 - 41  2007.10

  • サンドイッチ構造の耐火技術と設計

    清宮理

    コンクリート工学会誌   Vol.45 ( 9 ) 74 - 78  2007.09

    DOI CiNii

  • 耐火技術とコンクリート土木

    清宮理

    コンクリート工学会誌   Vol.45 ( 9 ) 8 - 13  2007.09

    DOI CiNii

  • 沈埋函製作工事における加振併用型充てんコンクリートの施工性について

    末岡英二, 竹中寛, 水谷征治, 高橋宏治, 清宮理

    土木学会第62回年次学術講演会   5-205   409 - 410  2007.09

  • ホタテ貝殻を利用したコンクリートの実証試験

    山内匡, 清宮理, 若崎正光, 原田久志, 山路徹

    土木学会第62回年次学術講演会   5-398   795 - 796  2007.09

  • 炭素繊維シートを用いたPC部材へのねじり補強について

    何海明, 清宮理

    土木学会第62回年次学術講演会   5-342   683 - 684  2007.09

  • すべり型免震基礎を有する4経間ラーメン橋における水平2方向+鉛直方向地震入力の影響

    安同祥, 清宮理

    土木学会第62回年次学術講演会   1-339   673 - 674  2007.09

  • 沈埋トンネル構造部材耐火実験に対する熱伝導・熱応力解析

    中井章裕, 清宮理, 宮田亮

    土木学会第62回年次学術講演会   5-596   1191 - 1192  2007.09

  • 地盤上に設置した津波用フラップゲートの段波津波による挙動

    佐野裕二郎, 清宮理

    土木学会第62回年次学術講演会   2-288   575 - 576  2007.09

  • 鋼矢板式護岸の地震時の挙動とグランドアンカー工法による耐震補強

    神立佳広, 清宮理

    土木学会第62回年次学術講演会   1-259   513 - 514  2007.09

  • スロッシング時の液面挙動の模型振動実験と有限要素法解析

    稲葉淳, 清宮理, 古川巌

    土木学会第62回年次学術講演会   1-565   1125 - 1126  2007.09

  • 津波用フラップゲートに作用する津波波力の検討

    黒木一弥, 清宮理

    土木学会第62回年次学術講演会   6-244   487 - 489  2007.09

  • 車両荷重を受ける地下構造物のひずみ解析

    香西達朗, 清宮理, 播本一正, 前川亮太

    土木学会第62回年次学術講演会   3-437   871 - 872  2007.09

  • 風、地震、波浪を同時に受ける洋上風力発電施設の振動解析

    小長井聡, 清宮理

    土木学会第62回年次学術講演会   6-224   447 - 448  2007.09

  • 高温による初期ひび割れを有する合成梁の耐火力実験と有限要素法解析

    小川雄大, 清宮理, 中井章裕, 宮田亮

    土木学会第62回年次学術講演会   5-610   1219 - 1220  2007.09

  • ホタテ貝殻を利用したコンクリートの基本的な強度特性

    國枝和正, 清宮理, 山内匡, 横田季彦

    土木学会第62回年次学術講演会   5-399   797 - 798  2007.09

  • すべり型免震基礎を有する橋梁の長周期震動入力の影響

    安同祥, 清宮理

    第29回土木学会地震工学論文集     1295 - 1301  2007.08

  • グランドアンカー工法による鋼矢板式護岸の耐震補強効果

    神立佳広, 清宮理

    第29回土木学会地震工学論文集     1313 - 1318  2007.08

  • 港湾の地震・津波対策

    清宮理

    月刊『土木施工』   48   71 - 75  2007.07

  • ホタテ貝殻を細骨材として活用したコンクリートによるケーソン根固めブロックの製作

    山内匡, 清宮理, 横田季彦, 若崎正光

    コンクリート工学年次論文集   29 ( 2 ) 487 - 492  2007.07

    CiNii

  • 貝殻のコンクリート用細骨材への適用に関する研究

    若崎正光, 清宮理, 山路徹, 審良善和, 山内匡

    土木技術   62 ( 7 ) 58 - 64  2007.07

  • BEHAVIOR OF THE FUAPTYPE GATE FOR TSUNAMI

    Osamu Kiyomiya, Kenichirou Shimosako, Hideo Kimura, Takamasa Ui, Keiichi Nishimura, Kiyouichi Nakayasu

    Coastal Structure、2007.7,Italy    2007.07

  • HYDRAULIC CHARACTERISTICS OF FLAP GATE FOR STORM SURGE AND TSUNAMI BARRIER、

    Kenichirou Shimosako, Osamu Kiyomiya, Kiyouichi Nakayasu, Hiroshi Ookubo, Iwao Hasegawa

    Coastal Structure、2007.7、Italy    2007.07

  • フラップ式構造物の波浪および津波に対する水理特性

    下迫健一郎, 清宮理, 仲保京一, 大久保寛, 由井孝昌

    港湾技研報告資料   1155   19 - 19  2007.06

  • 東南アジアにおける港湾整備の動向

    清宮理

    日本鉄鋼協会誌、JSCE、   64   11 - 13  2007.05

  • サンドイッチ合成構造部材耐火実験への熱伝導及び熱応力解析

    構造工学論文集   Vol.53A  2007.03

    DOI

  • 防災用フラップ式水門の段波津波による挙動

    構造工学論文集    2007.03

  • 津波用フラップに作用する津波波力の挙動

    第31回地震工学・応用地学に関するシンポジウム(三大学院シンポジウム)     5 - 6  2007.03

  • 風地震波浪を同時に受ける洋上風力発電施設の振動解析

    第31回地震工学・応用地学に関するシンポジウム(三大学院シンポジウム)     7 - 8  2007.03

  • 断層変位が長大杭式構造物に及ぼす影響

    第10回地震時保有耐力法に基づく橋梁等構造の耐震設計に関するシンポジウム講演論文集    2007.02

  • ホタテ貝殻の建設材料への利用について

    防衛施設学会平成18年度研究発表    2007.01

  • ホタテ貝殻のコンクリート用骨材への活用

    電力土木   No326   125 - 127  2006.11

  • APPLICATION OF COMPOSITE MEMBERS AND DESIGN METHOD TO MARINE STRUCTURES

    ベトナム東南アジアセミナー    2006.11

  • 谷型支持地盤に建設されるすべり方式免震基礎を有するラーメン橋梁の模型振動実験

    第12回日本地震工学シンポジウム    2006.11

  • 継続教育と資格制度

    防衛施設学会誌   ( 4 ) 11 - 16  2006.10

  • 大阪夢洲トンネルでの車両火災に対する設計許容温度の設定

    Techno-Ocean2006-19thJASNAOE Ocean    2006.10

  • 近接施工を考慮した地下構造物横断面の耐震性評価

    土木学会第61回年次学術講演会   ( Ⅱ-189 ) 917 - 918  2006.09

  • フラップゲートに作用する段波津波の波力特性

    土木学会第61回年次学術講演会   ( Ⅵ-219 ) 437 - 438  2006.09

  • 地震時のタンク内の液体と上蓋の挙動

    土木学会第61回年次学術講演会   ( Ⅰ-439 ) 875 - 876  2006.09

  • 鋼矢板式護岸の地震時の挙動とグランドアンカー工法による耐震補強

    土木学会第61回年次学術講演会   ( Ⅵ-221 ) 441 - 442  2006.09

  • 風と地震を同時に受ける洋上風力発電施設の安全性評価

    土木学会第61回年次学術講演会   ( Ⅵ-220 ) 439 - 440  2006.09

  • 断層など基礎地盤変状が長大杭式桟橋に与える影響

    土木学会第61回年次学術講演会   ( Ⅰ-319 ) 637 - 638  2006.09

  • すべり型免震基礎を有するラーメン橋梁の模型振動実験

    土木学会第61回年次学術講演会   ( Ⅰ-236 ) 471 - 472  2006.09

  • すべり方免震基礎を有する4径間ラーメン橋の模型振動実験および数値解析

    土木学会第61回年次学術講演会   ( Ⅰ-237 ) 473 - 474  2006.09

  • コンクリート充填鋼管の交番ねじり載荷実験Ⅴ-443、pp.881-882

    土木学会第61回年次学術講演会   ( Ⅴ-443 ) 881 - 882  2006.09

  • 軸力と交番ねじりを受けるPC部材の解析検討pp.1185-1186

    土木学会第61回年次学術講演会   ( Ⅴ-595 ) 1185 - 1186  2006.09

  • 沈埋トンネル耐火実験に対する熱伝導及び熱応力解析

    土木学会第61回年次学術講演会   ( Ⅴ-242 ) 481 - 482  2006.09

  • ホタテ貝殻を利用したコンクリートの強度特性

    土木学会第61回年次学術講演会   ( Ⅴ-426 ) 847 - 848  2006.09

  • フラップ式水門の浮上・沈降挙動の解析

    海洋開発論文集(海洋開発シンポジウム)   22   691 - 696  2006.07

    DOI CiNii

  • フラップ式水門に作用する段波津波の特性

    海洋開発論文集(海洋開発シンポジウム)   22   571 - 576  2006.07

    DOI CiNii

  • 沈埋トンネルの歴史

    基礎工2006.7   34 ( 7 ) 23 - 26  2006.07

  • DYNAMIC RESPONSE ANALYSES AND MODEL VIBRATION TESTS ON SEISMIC ISOLATING FOUNDATION OF BRIDGE PIER

    土木学会論文集   62 ( 3 ) 623 - 642  2006.07

    DOI

  • 軸力影響下に交番ねじりを受けるCFT部材の力学挙動に関する載荷実験

    コンクリート工学年次論文集   28 ( 2 ) 805 - 810  2006.06

    CiNii

  • 炭素繊維で補強されたPC部材のねじり力学特性に関する実験的研究

    コンクリート工学年次論文集     1417 - 1422  2006.06

  • ホタテ貝殻を細骨材として活用したコンクリートの基本的性質

    コンクリート工学年次論文集   28 ( 1 ) 1649 - 1654  2006.06

    CiNii

  • 近接施工を考慮した地下構造物横断面の耐震性評価

    「地下構造物の合理的な地震対策研究」小委員会報告シンポジウム発表論文集     277 - 282  2006.06

  • 大変形継手を用いた沈埋トンネルの性能照査型耐震設計法と地震応答計算例

    「地下構造物の合理的な地震対策研究」小委員会報告シンポジウム発表論文集     349 - 354  2006.06

  • 港湾施設、性能規定型耐震設計現状と課題

    清宮理

    日本地震工学会編     103 - 108  2006.06

  • New Type Flexible Joint for the Yumeshima Immersed Tunnel

    Korea 2006.5、 ITA    2006.05

  • すべり型免震基礎の4径間ラーメン橋への適用性についての検討

    構造工学論文集   Vol.52A8部門   357 - 364  2006.03

  • 軸力と交番ねじりを同時に受けるPC部材の力学性状に関する研究

    構造工学論文集   Vol.52A13部門   1009 - 1016  2006.03

  • サンドイッチ合成構造部材の耐火実験への有限要素法解析の適用

    構造工学論文集   Vol.52A14部門   1131 - 1138  2006.03

  • すべり方式免震基礎を有する4径間ラーメン橋の模型振動実験

    構造工学論文集   Vol.52A9部門   565 - 572  2006.03

  • 高強度コンクリート影響下に交番ねじりを受けるCFT部材の力学挙動に関する載荷実験

    土木学会関東支部技術研究発表会    2006.03

  • フラップゲートに作用する段波津波の波力特性

    土木学会関東支部技術研究発表会    2006.03

  • 地震時のタンク内の液体と上蓋の挙動

    土木学会関東支部技術研究発表会    2006.03

  • ほたて貝殻のコンクリート細骨材の基本特性

    土木学会関東支部技術研究発表会    2006.03

  • 鋼矢板式護岸の地震時の挙動とグランドアンカー工法による耐震補強

    第30回三大学院シンポジウム地震工学・応用地学に関するシンポジウム     19 - 20  2006.03

  • 2径間ラーメン橋への基礎免震構造への適用性についての検討

    第9回地震時保有耐力法に基づく橋梁等構造の耐震設計に関するシンポジウム     33 - 40  2006.02

  • (ベトナム語)港湾施設の地震被害と耐震設計法

    (ベトナム雑誌)橋梁2006.1     25 - 30  2006.01

  • 繰返しねじりを受けるPC部材の解析、、.12、

    DIANA    2005.12

  • 車両火災時の合成構造部材の熱伝導及び熱応力解析

    DIANA    2005.12

  • Design Standards of Steel Bridge and Harbor Structures in Japan

    STEEL CONSTRUCTION TODAY & TOMORROW   ( 13 ) 1 - 5  2005.12

  • 沈埋トンネルでの車両火災を想定した合成構造部材の耐火実験

    第6回複合構造の活用に関するシンポジウム   ( 4 ) 1 - 4  2005.11

  • サンドイッチ合成構造部材の車両火災への耐火設計と有限要素法解析

    第6回複合構造の活用に関するシンポジウム   ( 5 ) 1 - 6  2005.11

  • 超軽量コンクリートを用いた鋼・コンクリート合成構造浮体の研究

    第6回複合構造の活用に関するシンポジウム   ( 42 ) 1 - 4  2005.11

  • 鋼コンクリートサンドイッチ構造沈埋函への中流動コンクリートの適用検討

    第6回複合構造の活用に関するシンポジウム   ( 49 ) 1 - 8  2005.11

  • ハイブリッドスラブのせん断補強方法に関する実験的検討

    第6回複合構造の活用に関するシンポジウム   ( 55 ) 1 - 6  2005.11

  • 耐火板で保護された鋼・コンクリート合成構造部材の耐火性評価

    MATSUO Yukihisa, MIZOBE Arito, KIYOMOIYA Osamu

    土木学会論文集   NO.802 ( V-69 ) 97 - 108  2005.11

     View Summary

    Steel-concrete composite members have been widely applied to immersed tunnels and anti-fire protection is required for them because their steel plates face road side. Fire test and numerical analysis by finite element method were carried out to investigate thermal properties of the composite member for vehicle fire in the tunnel. Maximum temperature of the material was within allowable temperature. However deformation of the steel plate was observed during the fire test due to elongation of steel plate and steam pressure. It was proved that the gap between the steel plate and core concrete should be considered for thermal analysis of the composite members.

    DOI CiNii

  • 港湾施設の性能目標と限界状態

    日本地震工学会    2005.11

  • 橋梁の基礎免震に関する多径間モデルによる大型模型振動実験

    日本地震工学会    2005.11

  • 基礎免震構造の実橋梁への適用性に関する検討

    土木学会第60回年次学術講演会   ( 1-115 ) 227 - 228  2005.09

  • 橋梁基礎にテフロンを用いた免震構造の模型実験結果に関するシミュレーション

    土木学会第60回年次学術講演会   ( 1-116 ) 229 - 230  2005.09

  • 近接施工を考慮した地下構造物の耐震性評価

    土木学会第60回年次学術講演会   ( 1-638 ) 1273 - 1274  2005.09

  • 防波堤上に設置された洋上風力発電タワーの風力を考慮した地震時動的応答解析

    土木学会第60回年次学術講演会   ( 1-233 ) 463 - 464  2005.09

  • 免震基礎を有する橋脚の模型振動解析

    土木学会第60回年次学術講演会   ( 1-255 ) 507 - 508  2005.09

  • 入力時振動の位相差を考慮した免震橋梁の振動実験と動的応答解析

    土木学会第60回年次学術講演会   ( 1-271 ) 539 - 540  2005.09

  • 浮屋根を有する貯水タンクの地震時スロッシングへの入力地震動の影響

    土木学会第60回年次学術講演会   ( 1-234 ) 465 - 466  2005.09

  • 神戸港第八防波堤(南)既設ケーソンリュースの検討

    土木学会第60回年次学術講演会   ( 2-153 ) 305 - 306  2005.09

  • フラップ式水門の波力特性について

    土木学会第60回年次学術講演会   ( 2-158 ) 315 - 316  2005.09

  • フラップ式水門の越波・反射特性について

    土木学会第60回年次学術講演会   ( 2-189 ) 377 - 378  2005.09

  • STATIC LOADING TEST FOR PRESTRESSED CONCRETE MEMBERS SUBJECTED TO TORSION AND AXIAL FORCE

    土木学会第60回年次学術講演会   ( 5-555 ) 1109 - 1110  2005.09

  • 鋼・コンクリートサンドイッチ構造部材の車両火災を想定した加熱変形特性について

    土木学会第60回年次学術講演会   ( 5-422 ) 843 - 844  2005.09

  • 局所付着理論に基づいた付着喪失等価領域の数値解析

    土木学会第60回年次学術講演会   ( 5-291 ) 581 - 582  2005.09

  • 沈埋トンネル継手部におけえる耐火被覆の熱伝導解析

    土木学会第60回年次学術講演会   ( 5-292 ) 583 - 584  2005.09

  • 基礎地盤変状を伴う長大杭式桟橋の耐力特性の検討

    土木学会第60回年次学術講演会   ( 6-266 ) 5831 - 532  2005.09

  • 斜め板に作用する波力の算定

    土木学会第60回年次学術講演会   ( 6-267 ) 533 - 534  2005.09

  • 洋上風力発電タワーの風と波浪と地震を同時に受ける動的応答解析

    土木学会第60回年次学術講演会   ( 5-272 ) 543 - 544  2005.09

  • 洋上空港ハイブリッドスラブのせん断補強方法に関する検討

    土木学会第60回年次学術講演会   ( cs10-037 ) 373 - 374  2005.09

  • ひび割れ算定手法における付着喪失等価領域の解析的考察及び算定式の提案

    マスコンシンポジウム    2005.08

  • 高潮・地震津波用フラップ式水門の越波及び波力特性について

    海洋開発論文集   21   103 - 108  2005.07

    DOI CiNii

  • Study on anti-fire panel for vehicle fire in immersed tunnel

    Proceeding of ITA Conferance   2   1005 - 1011  2005.05

  • Seismic design method of immersed tunnel and effects of flexible joints

    Proceeding of ITA Conferance   1   635 - 640  2005.05

  • Seismic design method of immersed tunnel and effects of flexible joints

    Proceeding of ITA Conferance、 2005.5、 ITA   Vol.1   635 - 640  2005.05

  • Study on anti-fire panel for vehicle fire in immersed tunnel

    Proceeding of ITA Conferance、2005.5、ITA   Vol.2   1005 - 1011  2005.05

  • アルミニウム合金製水門のライフサイクルアセスメントに関する研究

    構造工学論文集   51A16-2   1715 - 1724  2005.03

  • 軟弱地盤における橋梁の免震基礎に関する大型模型振動実験

    構造工学論文集   51A8-9   677 - 688  2005.03

  • 3径間箱桁橋梁への基礎免震構造の適用性に関する検討、構造工学論文集

    構造工学論文集   51A8-7   657 - 668  2005.03

  • 基礎免震による橋梁上部工の断面力の低減効果

    日本地震工学会大会     264 - 265  2005.01

  • 洋上風力発電タワーの波浪と風と地震を同時に受ける動的応答解析

    日本地震工学会大会     442 - 443  2005.01

  • 開削トンネル擁壁部のせん断力に対する鉄筋差込による耐震補強方法

    YAMAMURA Kensuke, KIYOMIYA Osamu

    土木学会論文集   VI-65 ( 777 ) 37 - 51  2004.12

     View Summary

    For level 2 design earthquakes, shear properties of the reinforced concrete sidewall of the excavation portion in the U-type cross section of the existing tunnel is studied. The cross-sectional forces are calculated by dynamic response analysis considering material non-linearity. Calculation results show the destructive mode at side wall is shear type, and shear reinforcement is required to increase shear strength of the wall<br>However, there is no appropriate counter measure about how to reinforce these structures. Therefore we propose the new reinforcement method by SHEAR STEEL RODS EMBEDDING. Holes are drilled at the sidewall, the steel rods are put in and embed with fixate. Static monotolic loading tests and reversal cyclic loading tests verify the efficiency of the embed steel rods for shear reinforcement.

    DOI CiNii

  • 打音法による合成部材の非破壊検査の有限要素法解析

    DIANA、2004.    2004.11

  • トンネル内の車両火災への耐火被覆材の効果に関する熱伝導解析

    コンクリート構造物の耐火技術研究小委員会報告ならびにシンポジウム論文集     257 - 262  2004.10

  • 各種覆工に対する耐火板を用いた耐火設計、コンクリート構造物の耐火技術研究小委員会報告ならびにシンポジウム論文集

    コンクリート構造物の耐火技術研究小委員会報告ならびにシンポジウム論文集     227 - 232  2004.10

  • 橋梁基礎にテフロンを用いた免震構造の地震時挙動

    土木学会第59回年次学術講演会   ( Ⅰ ) 311 - 312  2004.09

  • 打音法による非破壊検査手法への有限要素法解析の適用

    土木学会第59回年次学術講演会   ( Ⅴ ) 157 - 158  2004.09

  • LOADING TESTS OF PC BEAMS REINFORCED WITH CFS SUBJECTED TO TORSION

    土木学会第59回年次学術講演会   ( Ⅴ ) 637 - 638  2004.09

  • 各種細骨材を用いた加振併用型充てんコンクリートのフレッシュ性状に関する検討

    土木学会第59回年次学術講演会   ( Ⅴ ) 327 - 328  2004.09

  • プレストレストコンクリート梁の非線型有限要素法解析

    土木学会第59回年次学術講演会   ( Ⅴ ) 683 - 684  2004.09

  • フラップ式水門に作用する波力の算定

    土木学会第59回年次学術講演会   ( Ⅱ ) 405 - 406  2004.09

  • 免震基礎を有する橋梁の動的応答計算

    土木学会第59回年次学術講演会   ( Ⅰ ) 305 - 306  2004.09

  • 地下駅舎横断面の耐震性評価に関する一考察

    土木学会第59回年次学術講演会   ( Ⅰ ) 147 - 148  2004.09

  • 基礎に免震構造を有する橋梁の地震応答解析

    土木学会第59回年次学術講演会   ( Ⅰ ) 307 - 308  2004.09

  • 接合部を有するプレストレストコンクリート梁のねじり試験

    土木学会第59回年次学術講演会   ( Ⅴ ) 685 - 686  2004.09

  • 軟弱地盤における橋脚の免震基礎に関する大型模型振動実験

    土木学会第59回年次学術講演会   ( Ⅰ ) 111 - 112  2004.09

  • 合成部材の打音法の適用と有限要素法解析

    「弾性波法によるコンクリートの非破壊検査」によるシンポジウム     327 - 332  2004.08

  • 打音法による非破壊検査手法への有限要素法解析の適用

    土木建設技術シンポジウム2004   IV ( 7 ) 253 - 258  2004.07

  • 地下駅舎のせん断力評価と耐震補強対策

    土木建設技術シンポジウム2004   IV ( 1 ) 213 - 218  2004.07

  • 非破壊検査手法としての打音法の解析的考察

    コンクリート工学年次論文集(JCI)   26   1815 - 1820  2004.06

  • ひび割れ幅算定方法における付着喪失等価領域の解析的考察

    コンクリート工学年次論文集(JCI)   26   507 - 512  2004.06

  • 合成構造沈埋函に用いる加振併用型充てんコンクリートの性能に関する検討

    コンクリート工学年次論文集(JCI)   26 ( 1 ) 1611 - 1616  2004.06

    CiNii

  • EXPERIMENTAL STUDY ON TORSION BEHAVIOR OF PC BEAMS STRENGTHENED WITH CARBON FIBER SHEETS

    HE Haiming, KIYOMIYA Osamu, MASUDA Akihito

    コンクリート工学年次論文集(JCI)   26 ( 2 ) 1627 - 1632  2004.06

    CiNii

  • 基礎に免震構造を持つ橋梁の耐震性能の検討

    日本地震工学会性能規定型耐震設計に関する研究発表会     111 - 114  2004.05

  • 沈埋トンネルの性能照査型耐震設計法

    日本地震工学会性能規定型耐震設計に関する研究発表会     137 - 142  2004.05

  • 免震基礎を有する第二摩耶大橋の地震応答解析

    土木学会関東支部技術研究発表会    2004.03

  • フラップゲートに作用する波力の数値解析

    土木学会関東支部技術研究発表会    2004.03

  • 杭式長大桟橋の地震時杭断面力の低減の方策に関する一考察

    第5回構造物の破壊過程解明に基づく地震防災性向上に関するシンポジウム     169 - 174  2004.03

  • 改良地盤による橋脚基礎の地震応答計算

    第5回構造物の破壊過程解明に基づく地震防災性向上に関するシンポジウム     49 - 54  2004.03

  • 沈埋トンネルの新型可とう性継手の開発-クラウンシール式継手-

    土木技術   59 ( 3 ) 77 - 84  2004.03

  • Development of Port and Harbor Steel Structures in Japan

    STEEL CONSTRUCTION TODAY & TOMORROW   6   12 - 14  2004.03

  • 先人の偉業を辿って-臨港道路-沈埋トンネル

    CDIT雑誌     16 - 17  2004.02

  • New type flexible joint for the Osaka port Yumeshima Tunnel

    O Kiyomiya, M Nakamichi, H Yokota, S Shiraishi

    OCEANS '04 MTS/IEEE TECHNO-OCEAN '04, VOLS 1- 2, CONFERENCE PROCEEDINGS, VOLS. 1-4     2086 - 2091  2004

     View Summary

    This paper describes a newly invented flexible joint called Crown Seal Joint for the immersed tunnel at Osaka bay. Crown Seal Joint can absorb larger deformation between tunnel elements than conventional flexible joints. Crown Seal Joint mainly consists of a rubber block and flanges reinforced by plastic fibers. Basic performance of the joint was made clear by experimental and analytical tests in this study. From the experimental results, it was confirmed that Crown Seal Joint exhibits excellent performance to absorb design deformation and always keeps its neutral position at the joint. By FEM analysis, intolerable distortion is estimated in rubber material. It was also made clear that Crown Seal Joint reduces resulting stresses in the joint induced by earthquakes and differential settlement.

  • 橋梁の免震基礎に関する模型振動実験

    第27回地震工学研究発表会(土木学会地震工学論文集   Vol.27)  2003.12

  • 断層による強制変位を受ける埋設パイプラインの解析

    第27回地震工学研究発表会(土木学会地震工学論文集   Vol.27)  2003.12

  • 免震基礎を有する橋梁の動的応答計算

    第27回地震工学研究発表会(土木学会地震工学論文集   Vol.27  2003.12

  • 地震時の沈埋トンネルの断面力に及ぼす柔継手の効果

    第27回地震工学研究発表会(土木学会地震工学論文集   Vol.27  2003.12

  • 活断層の影響を受けるパイプラインの耐震性能

    日本地震工学会大会     112 - 115  2003.11

  • 沈埋トンネルの性能照査型耐震設計法

    日本地震工学会大会     118 - 121  2003.11

  • プレストレストコンクリート梁のせん断耐火力実験の有限要素法による検証

    第7回DIANAユーザ会議論文集    2003.11

  • 打音法による非破壊検査手法への有限要素法解析の適用

    第7回DIANAユーザ会議論文集    2003.11

  • 技術開発における有限要素法の適用事例

    第7回DIANAユーザ会議論文集    2003.11

  • 港湾構造物での性能設計の考え方

    性能耐震    2003.10

  • 大型ハイブリッドスラブの静的載荷実験

    土木学会第58回年次学術講演会   Ⅰ部門   1051 - 1052  2003.09

  • 沈埋トンネルの新型継手構造の設計手法について

    土木学会第58回年次学術講演会   Ⅵ部門   503 - 504  2003.09

  • 杭式長大桟橋の地震時杭断面力の低減の方策に関する一考察

    土木学会第58回年次学術講演会   Ⅵ部門   501 - 502  2003.09

  • 断層の影響を受ける埋設パイプラインの解析

    土木学会第58回年次学術講演会   Ⅰ部門   589 - 590  2003.09

  • 橋梁の免震基礎に関する模型振動実験

    土木学会第58回年次学術講演会   Ⅰ部門   61 - 62  2003.09

  • ジャケット式桟橋の支持層の強制変位の影響について

    土木学会第58回年次学術講演会   Ⅰ部門   93 - 94  2003.09

  • 洋上風力発電タワーの波浪と地震を同時に受ける動的応答解析

    土木学会第58回年次学術講演会   Ⅰ部門   151 - 152  2003.09

  • 共同溝でのゴム製止水継手部のねじり解析

    土木学会第58回年次学術講演会   Ⅵ部門   341 - 342  2003.09

  • 沈埋函継手の種類の違いによる地震時の断面力照査

    土木学会第58回年次学術講演会   Ⅰ部門   379 - 380  2003.09

  • 鉄筋埋め込みによるせん断補強をしたL型部材の静的正負交番載荷試験

    土木学会第58回年次学術講演会   Ⅰ部門   363 - 364  2003.09

  • 合成部材の未充填部検出のための有限要素法解析

    土木学会第58回年次学術講演会   Ⅴ部門   849 - 850  2003.09

  • 免震基礎を有する橋梁の動的応答計算

    土木学会第58回年次学術講演会   Ⅰ部門   781 - 782  2003.09

  • PC梁の静的ねじり載荷試験

    土木学会第58回年次学術講演会   Ⅴ部門   575 - 576  2003.09

  • プレストレストコンクリート梁の非線型有限要素法解析

    土木学会第58回年次学術講演会   Ⅴ部門   607 - 608  2003.09

  • プレストレストコンクリート梁のねじり載荷試験結果の比較と有限要素法による解析

    土木学会第58回年次学術講演会   Ⅴ部門   609 - 610  2003.09

  • FUNDEMENTAL PURE TORSIONAL PROPERTIES OF CONCRETE FILLED CIRCULAR STEEL TUBES

    土木学会論文集   Ⅴ部門   295 - 296  2003.08

  • 合成部材におけるコンクリート充填性評価のための打音法

    シンポジウム、コンクリート構造物の非破壊検査への期待論文集   1   181 - 190  2003.07

  • 沈埋トンネルにおける最近の技術課題

    沈埋トンネルと可動橋に関する技術講演会    2003.07

  • 接合部を有するPC梁のねじり載荷試験と有限要素法解析

    コンクリート工学年次論文集(JCI)   25   709 - 714  2003.06

  • 合成部材でのコンクリート充填性検査としての打音法の適用性

    コンクリート工学年次論文集(JCI)   25 ( 1 ) 1733 - 1738  2003.06

    CiNii

  • Development of Port and Harbor Structures in Japan

    STEEL CONSTRUCTION TODAY & TOMORROW   5   12 - 14  2003.05

  • 沈埋トンネルの耐震設計事例

    基礎工   31;5,pp.38〜41  2003.05

  • FLEXIBLE JOINTS BETWEEN ELEMENTS FOR LARGE DEFORMATION

    世界トンネル大会(ITA)   Vol.pp.329〜336  2003.04

  • 沈埋トンネルの大変形追随型可撓性継手の提案

    構造工学論文集   pp.1193-1198  2003.03

  • ゴムと繊維の複合材料によるトンネル用止水材の力学特性

    構造工学論文集   pp.1-10  2003.03

  • 地下駅舎横断面の耐震性評価

    第27回三大学院シンポジウム地震工学・応用地学に関するシンポジウム   pp.13-14  2003.03

  • せん断補強鉄筋埋込工法(あと施工)による第二航路トンネルの側壁補強

       2003

  • Seismic Effect for Submarine Pipelines by Active Fault Movement

    日米WS、2003.1,東京   pp.38〜41  2003.01

  • A Plan of Large-scale Storm Barriers to Protect Urb an Areas from Storm Surge Disasters

    Techno-Ocean Ohsaka    2002.11

  • 都市部を高潮から守る大型水門計画

    テクノオーシャン2002    2002.11

  • 開削トンネル擁壁部の地震時挙動及びせん断補強方法

    第11回日本地震工学シンポジウム    2002.11

  • トンネル内の車両火災への耐火被覆材の効果に関する熱伝導解析

    第3回DIANA国際会議論文集   pp.1-10  2002.10

  • 断層変位が海底パイプラインに及ぼす影響

    第3回DIANA国際会議論文集   pp.11-22  2002.10

  • ULTIMATE SHEAR CAPACITIES OF BUTTRESSES FOR BREAKW ATER CAISSONS

    FIP    2002.10

  • 沈埋トンネルの新型可とう性継手の開発について〜クラウンシール式継手〜

    雑誌 土木技術    2002.09

  • 合成構造トンネル部材の耐火性評価

    土木学会第57回年次学術講演会   Ⅵ部門,pp.185-186  2002.09

  • 都市部における高潮防災システムの構築

    土木学会第57回年次学術講演会   SS1部門,pp.37-38  2002.09

  • 沈埋トンネル用新型内蔵継手の開発

    土木学会第57回年次学術講演会   Ⅵ部門,pp.661-662  2002.09

  • 合成構造用充填コンクリートのフレッシュ性状に関する一考察

    土木学会第57回年次学術講演会   部門,pp.  2002.09

  • ジャケット式桟橋の地震応答解析

    土木学会第57回年次学術講演会   Ⅰ部門,pp.1577-1578  2002.09

  • 沈埋函継手の種類の違いによる地震時の断面力照査

    土木学会第57回年次学術講演会   Ⅰ部門,pp.1405-1406  2002.09

  • 活断層を横切る沈埋トンネルの安全性照査

    土木学会第57回年次学術講演会   Ⅰ部門,pp.1647-1648  2002.09

  • 共同溝でのゴム製止水継手部のねじり解析

    土木学会第57回年次学術講演会   Ⅵ部門,pp.183-184  2002.09

  • 接合部を有するPC梁のねじり載荷試験

    土木学会第57回年次学術講演会   Ⅴ部門,pp.1223-1224  2002.09

  • 断層の影響を受ける埋設パイプラインの解析

    土木学会第57回年次学術講演会   Ⅰ部門,pp.1649-1650  2002.09

  • 洋上風力発電タワーの動的地震応答解析

    土木学会第57回年次学術講演会   Ⅰ部門、pp.1579-1580  2002.09

  • 衝撃的波圧を受ける鉄筋コンクリートの挙動

    土木学会第57回年次学術講演会   Ⅵ部門,pp.663-664  2002.09

  • 開削トンネル擁壁部の地震時挙動及びせん断補強方法

    土木学会第57回年次学術講演会   Ⅴ部門,pp.607-608  2002.09

  • 杭式長大桟橋の地震応答解析

    土木学会第57回年次学術講演会   Ⅵ部門,pp.645-646  2002.09

  • トンネル内の車両火災における耐火被覆材の効果に関する一考察

    土木学会第57回年次学術講演会   Ⅵ部門,pp.569-570  2002.09

  • 充填コンクリートの挙動を考慮した円形断面鋼製柱のねじり載荷試験とねじり剛度の解析法

    土木学会第57回年次学術講演会   Ⅰ部門,pp.649-650  2002.09

  • 洋上風力発電の設計施工手法について(海外調査報告)

    CDIT論文集   pp.61-64  2002.08

  • 海洋構造物における複合構造、

    橋梁ハイブリッドの時代,橋梁と基礎   36;8,pp.135-137  2002.08

  • 除荷時における異形鉄筋の局所的付着特性に関する一考察

    コンクリート工学年次論文集(JCI)   pp.817-822  2002.07

  • 異形鉄筋の埋め込みによる後施工せん断補強効果に関する梁の載荷実験

    コンクリート工学年次論文集(JCI)   pp.1549-1554  2002.07

  • 合成部材での未充填部の打音検査に関する実物大実験

    コンクリート工学年次論文集(JCI)   pp.1677-1682  2002.07

  • 衝撃的波圧を受ける鉄筋コンクリートの挙動

    ITO Koichi, KIYOMIYA Osamu, SIMOSAKO Kenichiro, OOKI Yasunori

    海洋開発シンポジウム論文集   18; pp.593-598   593 - 598  2002.06

     View Summary

    To consider impulsive wave force in design is important for a marine structure. However a impulsive phenomenon is complicated to observe according to various kinds of conditions and to act in very short time. This research aimed at obtaining the fundamental data of reinforced concrete slab by the impulsive wave force through the large-scale waterway test. Strains of the reinforced concrete slab and distribution of impulsive wave pressure are measured to know the phenomenon. An effect of impulsive component is small for strains in RC slabs.

    DOI CiNii

  • 岸壁ケーソン工事におけるリサイクル材使用のLCA

    TSURUYA Hiroichi, OJIMA Keisuke, KOBAYASHI Kazuyuki, KIYOMIYA Osamu, YAMAGATA Nobufumi

    海洋開発シンポジウム論文集   18; pp.605-610   605 - 609  2002.06

     View Summary

    Catching environmental load of port structures throughout life-cycle is a social-necessity in Japan where a lot of port constructions have been planed and carried out. Also, use of recycled material is demanded for the constructions in the landfill shortage situation. This paper tries to calculate environmental load, -CO2, NOx, SOx, and Energy in this paper-, of port structures constructed by four different materials. Caission is made up of first material in case A0, converter slag in case A1, ferronickel slag in case A2, and copper slag in case A3. Each case shows a similar trend, but case Al and A3 has lower environmental load than case A0 and A2 does. In the calculation of CO2, this paper tries to identify the processes that produce high environmental load, and reveal relations between the transport distance of recycled material and the amount of discharged CO2.

    DOI CiNii

  • Dynamic Response A nalysis fo Onshore Wind Energy Power Units during Earthquakes and Wind

    The 20th Internatinal Offshore and Polar Engineering Conference,ISOPE   pp.520-526  2002.05

  • Development of Yoke-Spring Mooring System for Floating Structures in Coastal Areas

    The 20th Internatinal Offshore and Polar Engineering Conference,ISOPE    2002.05

  • THE DEVELOPMENT OF SEMI-SELFCOMPACTING CONCRETE AS A FILLING MATERIAL FOR COMPOSITE STRUCTURES

    FIP    2002.05

  • 沈埋トンネルの設計と施工、、2002.4,

    技報堂出版   164p  2002.04

  • 洋上発電タワーの動的地震応答計算

    第26回地震工学、応用地学に関する(三大学院)シンポジウム   pp.11-12  2002.03

  • ジャケット式桟橋の地震応答解析

    第26回地震工学、応用地学に関する(三大学院)シンポジウム   pp.9-10  2002.03

  • Recent Application of Compositr Members to Marine Structures in Japan

    Waseda Uni.-Weimar Uni. Joint Conference    2002.03

  • 橋梁基礎用コンクリート杭の終局耐力予測での二次元有限要素法と三次元有限要素法との比較

    第3回構造物の破壊過程解明の基づく地震防災技術向上に関するシンポジウム論文集   pp.219-224  2002.02

  • 開削トンネル擁壁部の地震時挙動およびせん断補強方法

    第3回構造物の破壊過程解明の基づく地震防災技術向上に関するシンポジウム論文集   pp.225-230  2002.02

  • New Design Method and Application of Jacket Structures to Port and Harbour Facilities

    International Conference 0n Port and Maritime R6D Technology    2001.10

  • 中性子線計による合成部材の未充填部の空洞検査

    土木学会第56回年次学術講演会   Ⅵ,pp.856-857  2001.09

  • 鋼板とコンクリートの境界面の滑りを考慮した合成部材のねじり載荷試験と有限要素法解析

    土木学会第56回年次学術講演会   pp.932-933  2001.09

  • 風と地震を同時に受ける風力発電タワーの動的地震応答計算

    土木学会第56回年次学術講演会   Ⅰ部門、pp.676-677  2001.09

  • プレキャストセグメント構造沈埋トンネルのねじれに対する検討

    土木学会第56回年次学術講演会    2001.09

  • PCで連結したブロック梁の耐荷力性状

    土木学会第56回年次学術講演会   pp.1132-1133  2001.09

  • PCセグメントトンネルの継手部における止水試験

    土木学会第56回年次学術講演会   Ⅵ部門,pp.44-45  2001.09

  • 活断層を横切る沈埋トンネルの地震時解析

    土木学会第56回年次学術講演会   Ⅰ部門、pp.748-749  2001.09

  • ゴムと繊維の複合材料によるトンネル用止水ゴムの力学特性

    土木学会第56回年次学術講演会   Ⅰ部門、pp.516-517  2001.09

  • 開削構造物の地震時挙動および耐震補強

    土木学会第56回年次学術講演会   Ⅰ部門、pp.724-725  2001.09

  • 杭式橋梁基礎の地震時応答計算

    土木学会第56回年次学術講演会   Ⅰ部門、pp.88-89  2001.09

  • 揚圧的な衝撃波圧を受ける水平RC版の挙動

    土木学会第56回年次学術講演会   Ⅰ部門、pp.154-155  2001.09

  • トンネル内の車両火災による構造部材の温度解析と耐火被覆材の効果

    土木学会第56回年次学術講演会   Ⅵ部門、pp.584-585  2001.09

  • マイクロフォンによる合成部材での未充填部の打音法検査

    土木学会第56回年次学術講演会   pp.800-801  2001.09

  • 杭基礎耐震設計ガイドライン、地震時の評価

    杭基礎の耐震設計法に関するシンポジウム論文集報告集(土木学会)   pp.309-342  2001.09

  • Static Loading Tests and F.E.M. Analysis of Steel and Composite member with Circular Cross Section subjected to Torsion

    Steel and Composite Korea Pusan Structures   Volume1  2001.06

  • 合成構造用充填コンクリートの適用性に関するモデル実験

    コンクリート工学年次論文集(JCI)   Vol.23,No,2,pp.1033-1038  2001.06

  • プレキャストセグメント工法による沈埋トンネルの地震応答計算

    コンクリート工学年次論文集(JCI)   Vol.23,No3,pp.1117-1122  2001.06

  • 合成部材での未充填部の打音法検査

    コンクリート工学年次論文集(JCI)   Vol.23,No1,pp.595-600,2001.6  2001.06

  • Design and Performance of Immersed Tunnel Elements by Composite Member

    世界トンネル大会(ITA)Italy   pp.277-284  2001.05

  • New Technology for Immersed Tunnel Construction(V-block Method)

    世界トンネル大会(ITA)Italy   pp.445-452  2001.05

  • 地中構造物の地震時挙動および耐震補強

    第24回三大学院シンポジウム地震工学・応用地学に関するシンポジウム   pp.33-34  2001.03

  • 開削構造物の地震時挙動および耐震補強

    第24回三大学院シンポジウム地震工学・応用地学に関するシンポジウム   pp.31-32  2001.03

  • 活断層を横切る沈埋トンネルの地震時解析

    第24回三大学院シンポジウム地震工学・応用地学に関するシンポジウム   pp.29-30  2001.03

  • 杭式橋梁基礎の地震時応答計算

    第24回三大学院シンポジウム地震工学・応用地学に関するシンポジウム   pp.27-28  2001.03

  • 中流動コンクリートの配合と充填性に関する基礎的研究

    東洋建設技術研究所報告   28,pp.79-84  2001

  • Experimental Study and F.E.M. Analysis of CTF member Subjected to Torsion

    The sixth Japan-Korea Joint Seminar on steel Bridge(JSSB-JK    2001

  • プレキャストセグメント工法による沈埋トンネルの地震的断面力の低減効果

    第2回免震制震コロキウム   pp.281-286  2000.11

  • 沈埋トンネル耐震継手の効果

    第2回免震制震コロキウム   pp.271-279  2000.11

  • 大波浪透過式スリットケーソン防波堤の反射・伝達特性

    土木学会第55回年次学術講演会   Ⅱ-38  2000.09

  • プレキャストセグメント構造沈埋トンネルの地震応答解析

    土木学会第55回年次学術講演会   Ⅰ-B122  2000.09

  • プレキャストセグメント構造沈埋トンネルのねじりに対する検討

    土木学会第55回年次学術講演会   Ⅴ-515  2000.09

  • プレキャストセグメント構造沈埋トンネルの沈下応答解析

    土木学会第55回年次学術講演会   Ⅵ-231  2000.09

  • プレキャストセグメント構造沈埋トンネルの応答変位法による地震時の検討

    土木学会第55回年次学術講演会   Ⅵ-232  2000.09

  • 杭式橋梁基礎の振動解析

    土木学会第55回年次学術講演会   Ⅰ-B448  2000.09

  • FWD試験での舗装版のたわみと数値解析結果との比較

    土木学会第55回年次学術講演会   Ⅴ-43  2000.09

  • PCセグメントトンネルの継手部における止水試験

    土木学会第55回年次学術講演会   Ⅵ-34  2000.09

  • ゴムと繊維の複合材料によるトンネル用止水ゴムの有限要素法解析

    土木学会第55回年次学術講演会   Ⅰ-A11  2000.09

  • PCで連結したブロック梁の耐荷力性状

    土木学会第55回年次学術講演会   Ⅴ-529  2000.09

  • 材料因子が充填コンクリートのフレッシュ性状に与える影響

    土木学会第55回年次学術講演会   Ⅴ-237  2000.09

  • 合成構造用充填コンクリートの適用性に関するモデル実験

    土木学会第55回年次学術講演会   Ⅴ-234  2000.09

  • 断層を横切る海底パイプラインの耐震性検討

    土木学会第55回年次学術講演会   Ⅰ-B395  2000.09

  • 鋼管杭式桟橋の地震時における破壊過程の解析

    土木学会第55回年次学術講演会   Ⅰ-B458  2000.09

  • 円形断面鋼部材と合成部材のねじり載荷試験と有限要素法解析

    土木学会第55回年次学術講演会   Ⅴ-514  2000.09

  • コンクリートに埋め込まれた異型鉄筋の応力分布に関する一考察

    土木学会第55回年次学術講演会   Ⅴ-285  2000.09

  • 打音法による合成部材の未充填部の空洞検査

    土木学会第55回年次学術講演会   Ⅵ-130  2000.09

  • 衝撃的波圧を受けるコンクリート部材の動的応答

    土木学会第55回年次学術講演会   Ⅰ-A341  2000.09

  • 衝撃的波圧を受けるコンクリート部材の動的応答

    衝撃シンポジウム    2000.06

  • 静的繰返載荷が異形鉄筋の付着強度に及ぼす影響

    コンクリート工学年次論文集(JCI)    2000.06

  • コンクリートの応力状態が異形鉄筋の付着強度に及ぼす影響

    コンクリート工学年次論文集(JCI)    2000.06

  • 沈埋トンネルでの最近の技術開発

    海洋協講演資料   p.15  2000.06

  • PCパネルによる港湾用ケーソンの設計・施工

    KIYOMIYA Osamu, YOKOTA Hiroshi, KOZAWA Taizou, KUCHITA Noboru, KITAZAWA Sousuke, SAITOU Ryouichi

    海洋開発論文集   16;pp.445-450   445 - 450  2000.06

     View Summary

    Connection of panels is an important aspect of the design of panel-assembly harbor caissons. PC cables are exclusively installed in the joints and the details concerning the connection such as groove shape, interval etc. should be carefully designed as simple as possible. The strength and aperture of the connecting parts were studied. The quantity of PC installed and the locations of the joints were set so that fully compressive force acts at the connection The mechanical properties of the joint under various limit states have been confirmed by loading tests.<BR>During the application of this technique to a prototype caisson, possible measure was taken to improve panel manufacturing and assembly precision and it was confirmed that the manufacturing precision of this technique is equal to or superior to that of conventional caissons. Panel manufacturing, panel assembly, and grout injection times were also measured to evaluate the effect of this technique on reduction of construction time.

    DOI CiNii

  • 沈埋トンネル内の車両火災への対策の現状

    トンネルと地下   pp.63-70  2000.04

  • 日本での沈埋トンネル技術の現状

    日蘭交流シンポジウム    2000.04

  • 大波浪透過式スリットケーソンに関する実験的研究

    海岸工学論文集   47;pp.806-811   806 - 810  2000

    DOI CiNii

  • 海水・海砂を用いた自己充填型コンクリートの熱特性

    澤田巧, 末岡英二, 田中亮一, 小山広光, 清宮理

    土木学会第68回年次学術講演会   V-055   109 - 110

▼display all

Research Projects

  • A study on Earthquake Resistance of Foundations against the flow of Liquefied Grond

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research

    Project Year :

    2005
    -
    2007
     

    HAMADA Masanori, KIYOMIYA Osamu, AKAGI Hirokazu, MIURA Fusanori, SATO Tadanobu

     View Summary

    The characteristics of the external forces on the pile foundations from flowing liquefied soil were examined by centrifuge model experiments and numerical analyses. The following results were obtained: The liquid force, resulting from the flow of the liquefied soil is dominant when the ground completely liquefied, while the solid force resulting from the displacement of the liquefied soil was dominant when the ground was in not-perfect liquefaction. The procedure to estimate the external design force was proposed based on the experimental results.
    On the other hand, the effectiveness of countermeasures to prevent the flow of the liquefied soil behind quaywalls were examined by centrifuge model tests and numerical analyses. Based on the experimental results the procedures for the estimation of design force on countermeasure walls was proposed.

  • Study on Earthquake Resistance of Infrastructures against Fault-Induced Ground Surfece Ruptures

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research

    Project Year :

    2001
    -
    2004
     

    HAMADA Masanori, YODA Teruhiko, KIYOMIYA Osam, AKAGI Hirokazu, AYDAN Omer, SATO Tadanobu

     View Summary

    The purpose of this research are as fellows ;
    1)The effects of the type of fault ruptures and the characteristics of the sandy deposit on the locations and the magnitudes of the ground surface ruptures are examined by model tests under 1 g and centrifugal conditions, case studies on past earthquake events and numerical analyses by non-linear finite element method.
    2)A numerical model for large deformation behavior analysis of buried lifeline facilities against fault-induced large ground deformations is developed by model test.
    The followings were obtained as the outcomes of this research ;
    1)The confining pressure of the ground strongly governs the location and the magnitude of the fault-induced ground surface ruptures. It was clarified that the model test under an actual high confining pressure by using a centrifuge is essential for this kind of study. The knowledge and the information for the prediction of the location and the magnitude of the ground surface ruptures were accumulated from the centrifuge tests. Those data can be utilized for the establishment of earthquake resistant design of civil engineering structures against fault-induced ground failures.
    2)A numerical procedure to predict the deformation and the stress of buried pipeline of lifeline systems against large ground failures was developed for the earthquake resistant design.

  • Development of Rational Design Method for Composite Structures with Steel Plates and Concrete

  • アンカー工法を用いた港湾施設の開発

  • 地下構造物の接合部の性能試験

  • 地下構造物擁壁部の耐震補強法に関する研究

  • コンクリート充填鋼管杭のねじり特性に関する研究

  • 防波堤構造部材の衝撃波圧影響調査

  • 柔構造沈埋トンネルに関する研究

  • 合成構造用コンクリ-トの開発に関する共同研究

  • 新形式トンネル継手(クラウンシ-ル)の開発

  • 洞海湾海底トンネルの技術調査

  • 長大な杭式海洋構造物の耐震性評価に関する研究

  • 軟弱地盤での橋梁基礎免震工法に関する研究

  • 大型水門の開発に関する研究

  • トンネル用の鋼部材の車両火災に対する防護に関する研究

  • 貝殻を用いたリサイクルコンクリートの開発研究

  • フラップ式防災施設の水理特性に関する共同研究

  • co-study on port facility in vietnam

  • 貝殻のコンクリートへの適用に関する共同技術開発

  • コンクリートでの初期欠陥の対策技術の高度化に対す研究

  • グラウンドアンカー工法による護岸構造物の移動防止効果に関する研究

  • 港湾施設におけるグランドアンカーに関する研究開発

  • マスコンクリートにおける膨張材のひび割れ抑止効果に関する研究

▼display all

 

Overseas Activities

  • ヨーロッパにおける海岸沿岸施設の構造設計法に関する研究

    2001.03
    -
    2001.08

    オランダ   デルフト工科大学

Internal Special Research Projects

  • 大規模地震に対する既存施設の補強方法に関する基礎研究

    1997  

     View Summary

    兵庫県南部地震を契機に設計地震動の見直しがあり、既存の構造物では耐震性が十分に確保できない場合が生じ、この場合耐震補強を施す必要がある。今回沿岸構造物である杭式桟橋を対象に耐震補強の効果について数値計算により検討した。杭式桟橋は海底地盤に鋼管杭を打設し上部にコンクリート床板を設けた構造である。有限要素法による数値解析では鋼管杭をはり部材、海底地盤を平面ひずみ要素、コンクリート床板を固定要素に置換し、構成材料を材料非線形性を考慮した。入力地震動は兵庫県南部地震で取得された実測記録を用いた。この計算手法で地震時に被害を受けた神戸港にある桟橋の動的応答計算を実施し鋼管杭の軸力と曲げモーメントの断面力を計算した。この断面力から鋼管杭の座屈個所と有無を調べた。鋼管杭は海底面近くと軟弱層のある個所で座屈する結果となり、兵庫県南部地震での実際の鋼管杭の被害状況を再現できた。そこで耐震補強工法として鋼管杭のコンクリートを充填して合成鋼管とするケースと鋼管にブレス材を取り付けるケースの2種類を取り上げた。それぞれの工法で同じ手法で地震応答計算を実施し発生する断面力の照査を行った。この結果、補強工事を施す事により桟橋の個有振動数が高くなり、逆に構造物の応答が小さくなり鋼管杭の断面力が20-40%減少した。断面力の減少により鋼管杭が座屈しないことになり今回取り上げた補強工事が有効なことが判明した。研究成果の発表1998.3 土木学会25回関東支部技術研究発表会、杭式桟橋の振動解析と耐震性評価