2022/06/28 更新

写真a

カケヒ カツヒコ
筧 捷彦
所属
理工学術院
職名
名誉教授

学歴

  •  
    -
    1970年

    東京大学   工学系研究科   計数工学  

  •  
    -
    1970年

    東京大学  

  •  
    -
    1968年

    東京大学   工学部   計数工学  

  •  
    -
    1968年

    東京大学  

学位

  • 工学修士

経歴

  • 2007年04月
    -
    継続中

    早稲田大学 基幹理工学部   教授

  • 1986年04月
    -
    2007年03月

    早稲田大学 理工学部   教授

  • 1974年04月
    -
    1986年03月

    立教大学 理学部   講師・助教授

  • 1970年04月
    -
    1974年03月

    東京大学 工学部   助手

所属学協会

  •  
     
     

    Association for Computing Machinery

  •  
     
     

    日本情報科教育学会

  •  
     
     

    数学教育学会

  •  
     
     

    日本ソフトウェア科学会

  •  
     
     

    情報処理学会

 

研究分野

  • ソフトウェア

  • 科学教育

研究キーワード

  • 混在表記

  • 多言語化

  • internationalization

  • ミドルウェア

  • ウェブブラウザ

  • 国際化

  • Unite

  • ブラウザ

  • POSIX

  • System 1

  • 多言語処理

  • Unicode

  • FreeBSD

  • 文字表示

  • モンゴル語

  • 蒙古語

  • ミドルウェアUnite

  • X Window System

  • 移植

  • 国際化アプリケ-ション

  • Linux

  • Muiltilingual System

  • PC-UNIX

  • localization

  • HTML

  • Java

  • FEP

  • アプレット

  • 蒙古文字

  • テキスト処理

▼全件表示

論文

  • 高等学校情報科と大学入試,

    中山泰一, 中野由章, 久野 靖, 和田 勉, 角田博保, 萩谷昌己, 筧 捷 彦

    2018年度 情報処理学会関西支部 支部 大会 講演論文集   2018-09-21  2018年09月

  • Current Situation of Teachers of Informatics at High Schools in Japan

    Yasuichi NAKAYAMA, Yoshiaki NAKANO, Yasushi KUNO, Ben Tsutom WADA, Hiroyasu KAKUDA, Masami HAGIYA, Katsuhiko KAKEHI

    Olympiads in Informatics   12   1 - 9  2018年09月  [査読有り]

     概要を見る

    In March 2018, the Japanese Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology revised the curriculum guidelines for high school, which will be applied in 2022. The subject of Informatics has been drastically changed; ‘Informatics I’ and ‘Informatics II’ have a predominantly scientific approach. This could be problematic given that a lot of ‘temporary teachers’ and ‘teachers without a proper license’ teach Informatics, and more than half of the teachers that teach Informatics are in charge of multiple subjects. So, it may be difficult to implement new curriculum in the dozens of prefectures that have few teachers who specialize in Informatics. We report on the problems our investigation revealed.

  • 情報システム開発のチームによるプロジェクトベース学習における個人特性の組み合わせと学習効果

    鷲崎弘宜, 須永祐輔, 筧捷彦, 深澤良彰, 山戸昭三, 大久保雅司

    工学教育, Vol.65, No.6, 2017.   65 ( 6 )  2017年11月  [招待有り]

  • Relation Between Combinations of Personal Characteristic Types Educational Effectiveness for a Controlled Project-Based Learning Course

    Yusuke Sunaga, Hironori Washizaki, Katsuhiko Kakehi, Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, Masashi Okubo

    IEEE TRANSACTIONS ON EMERGING TOPICS IN COMPUTING   5 ( 1 ) 69 - 76  2017年01月  [査読有り]

     概要を見る

    To improve practical IT education, many Japanese universities are implementing project-based learning (PBL). Although a previous study examined the relationship between educational effectiveness and the scatter of personal characteristics, the relationship between educational effectiveness and the combination of personal characteristics in a team, which is important to optimize the team composition for PBL, has yet to be examined. Herein, we use the five factor and stress theory to measure personal characteristics and classify students enrolled in a PBL class at Waseda University into four types-leadership, management, tugboat, and anchor. Then, knowledge and skills questionnaires are used to measure educational effectiveness. The results show that educational effectiveness is highest when a team consists of management and anchor types without leadership types. The results are preliminary, because the practical usefulness of our results is limited as the experiment of the paper targeted only one PBL course of one university. For that reason, we need to collect data from other PBL course at the same or other university.

    DOI

  • 「第3回・第4回大学情報入 試全国模擬試験」の実施と評価

    谷 聖一, 佐久間 拓也, 筧 捷彦, 村井 純, 植原 啓介, 中野,由章, 中 山 泰一, 伊藤 一成, 角田 博保, 久野 靖, 鈴木 貢, 辰己 丈夫, 永松 礼夫, 西田 知博, 松永 賢次, 山崎 浩二

    情報処理学会 情報教育シンポジウム 2016論文集   2016   7 - 14  2016年08月

  • 情報科における教科担任の現状

    中山 泰一, 中野 由章, 久野 靖, 和田 勉, 角田 博保, 萩谷 昌己, 筧 捷彦

    情報処理学会コンピュータと教育研究会   2016-CE-135 ( 9 ) 1 - 7  2016年06月

  • Which Combinations of Personal Characteristic Types are more Effective in DifferentProject-Based Learning Courses?

    Yusuke Sunaga, Masashi Shuto, Hironori Washizaki, Katsuhiko Kakehi, Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, Masashi Okubo

    Proceedings of the 29th IEEE Conference on Software Engineering Education and Training (CSEE&T 2016)    2016年04月  [査読有り]

    DOI

  • Learning Effectiveness of Team Discussions in Various Software Engineering Education Courses

    Masashi Shuto, Hironori Washizaki, Katsuhiko Kakehi, Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, Masashi Okubo

    Proceedings of the 29th IEEE Conference on Software Engineering Education and Training (CSEE&T 2016)    2016年04月  [査読有り]

    DOI

  • プログラミング教育のための多言語間プログラミング言語翻訳システム

    松澤芳昭, 坂本一憲, 大畑貴史, 筧捷彦

    情報処理学会 情報教育シンポジウム     223 - 230  2015年08月  [査読有り]

  • 「大学情報入試全国模擬試験」の実施と評価

    中野 由章, 谷 聖一, 筧 捷彦, 村井 純, 植原 啓介, 中山 泰一, 伊藤 一成, 角田 博保, 久野 靖, 佐久間 拓也, 鈴木 貢, 辰己 丈夫, 永松 礼夫, 西田 知博, 松永 賢次, 山崎 浩二

    情報教育シンポジウム2014論文集   2014 ( 2 ) 11 - 17  2014年08月  [査読有り]

    CiNii

  • Team Characteristics for Maximizing the Educational Effectiveness of Practical Lectures on Software Intensive Systems Development

    Shota Inaga, Hironori Washizaki, Yusuke Yoshida, Katsuhiko Kakehi, Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, Masashi Okubo, Teruhiko Kume, Manabu Tamaki, Toshikazu Kanou

    2013 IEEE 26TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON SOFTWARE ENGINEERING EDUCATION AND TRAINING (CSEE&T)     264 - 268  2013年  [査読有り]

     概要を見る

    In practical lectures on software intensive business systems, we do not yet have an established method for determining what kind of personal characteristics and team compositions are most beneficial to obtaining the maximal educational effectiveness. Here, we propose a framework for analyzing the effects of personal characteristics of team members on educational effectiveness. We also apply the framework to an actual practical lecture. As a result, we find that it is better for a team to have members with a similar degree of tendency of conservative for acquiring more knowledge and skills and the team members have similar characteristics of progressive or conservative. It is expected that in similar practical lectures, we can also obtain the desired educational effectiveness if we can compose a team with the suitable characteristics as based on our findings.

  • 情報システム開発の実践的講座におけるチーム構成と教育効果の関係

    伊永祥太, 鷲崎弘宜, 吉田裕介, 筧捷彦, 深澤良彰, 山戸昭三, 大久保雅司, 玉木学

    工学教育   61 ( 5 ) 88 - 93  2013年  [査読有り]

    DOI

  • 2512 情報システム開発の実践的講座におけるチーム構成と教育効果の関係(一般セッション)

    鷲崎 弘宜, 吉田 裕介, 筧 捷彦, 深澤 良彰, 山戸 昭三, 大久保 雅司, 粂 照彦, 玉木 学, 加納 寿一

    プロジェクトマネジメント学会研究発表大会予稿集   2012   387 - 392  2012年

     概要を見る

    実務経験を持たない大学生を対象とした演習中心の情報システムの受発注に関する実践的講座において,教育効果を高めるための適切なチーム構成の方法は知られていない.そこで我々は,チーム構成が教育効果にもたらす影響を分析するための枠組みを設計し,その枠組みを実際の2つの実践的講座に適用した.適用結果の分析により,チームにおける個人特性上のメンバのばらつきが教育効果に影響を与えることを明らかにした.

    DOI CiNii

▼全件表示

Misc

  • 高等学校情報科における教科担任の現状

    中山泰一, 中野由章, 角田博保, 久野靖, 鈴木貢, 和田勉, 萩谷昌己, 筧捷彦

    情報処理学会論文誌 教育とコンピュータ   3 ( 2 ) 41 - 51  2017年

  • 安西祐一郎先生(本会元会長)インタビュー

    河原 達也, 筧 捷彦, 和田 勉, 久野 靖, 辰己 丈夫

    情報処理   57 ( 3 ) 270 - 277  2016年02月

     概要を見る

    2015年8月末,本会の元会長であり,現在は日本学術振興会理事長である安西祐一郎先生へのインタビューが行われた.安西先生は,現在は文部科学省に設置された高大接続システム改革会議の座長である.本会からは,河原達也(教育担当理事/京都大学),筧捷彦(教育委員会委員長/早稲田大学),和田勉(初等中等教育委員長/長野大学),久野靖(会誌編集委員/筑波大学),辰己丈夫(会誌編集委員/放送大学),および事務局から後路が参加した.

    CiNii

  • 情報オリンピック:0.編集にあたって

    筧 捷彦

    情報処理   56 ( 2 ) 176 - 177  2015年01月

    CiNii

  • 9-215 情報システム企画・開発の実践的な擬似プロジェクトベース教育(OS プロジェクトマネジメントとPBL-IV,口頭発表)

    鷲崎 弘宜, 吉田 裕介, 筧 捷彦, 深澤 良彰, 山戸 昭三, 大久保 雅司

    工学教育研究講演会講演論文集   24 ( 60 ) 460 - 461  2012年08月

    CiNii

  • Web閲覧履歴を利用したうろ覚えWebページ捜索システム

    古山直樹, 石川傑也, 小尾哲也, 筧捷彦

    全国大会講演論文集   2012 ( 1 ) 713 - 715  2012年03月

     概要を見る

    過去に閲覧したWebページは,ブックマークや検索エンジンや閲覧履歴を利用することによって見つけ出せる.しかし,ブックマークをしておらず,検索ワードもわからない,閲覧履歴を探してみようにも,候補が多すぎて捜しきれないということがある. 本研究ではこのような状態を想定して,ユーザがうろ覚えの状態でも分かるような情報を基に,過去に閲覧したWebページの捜索を手助けしてくれるようなシステムを作成した. システムは,Webブラウザのアドオンとして実装する.閲覧時に予め保存しておいた閲覧情報を基に,ユーザが覚えている情報と比較して候補の絞り込みを行い,捜しているWebページの候補をユーザに提示する.

    CiNii

  • Twitterを用いたイベント検索サービス

    酒井大地, 高橋平, 筧捷彦

    全国大会講演論文集   2012 ( 1 ) 673 - 675  2012年03月

     概要を見る

    Twitterに投稿された情報から、イベントと思われる情報を抽出し、イベント開催地やイベント開催日時を利用者に提示するWebサービスの開発を行った。また、リアルタイムで出来事を検索するサービスとして、電車遅延情報や商品の発売延期情報を検索できるサービスの開発を行った。

    CiNii

  • 教育方法への取組みに向けて : 勉強会を始めませんか(情報教育,一般)

    筧 捷彦

    電子情報通信学会技術研究報告. SITE, 技術と社会・倫理   111 ( 363 ) 41 - 41  2011年12月

     概要を見る

    大学での教育について内外から変革を求める声が高まっている。その要点は知識伝達教育から「学士力」「社会人基礎力」といった基本力の育成教育に力を注げ,ということにある。そうした基本力育成をどう行い,その成果をどう計ればいいのか,すでに多くの試行が行われているが,そこで得られた知見を共有するための場をもっと広げる必要がある。「教育とコンピュータ」研究会がそうした場の中核になっていくことを期待する。

    CiNii

  • RA-002 日本語プログラミング言語によるプログラムの可読性の評価(プログラミングと数理モデル,A分野:モデル・アルゴリズム・プログラミング)

    馬場 祐人, 筧 捷彦

    情報科学技術フォーラム講演論文集   10 ( 1 ) 7 - 14  2011年09月

    CiNii

  • A-013 形態素解析エンジンを利用した日本語プログラミング言語Wowrusの開発(プログラミングと数理モデル,A分野:モデル・アルゴリズム・プログラミング)

    利根川 翔, 筧 捷彦

    情報科学技術フォーラム講演論文集   10 ( 1 ) 167 - 168  2011年09月

    CiNii

  • RF-003 性別による言葉遣いの違いを考慮したブロガーの年齢推定手法の提案(知識処理,F分野:人工知能・ゲーム)

    古山 直樹, 筧 捷彦

    情報科学技術フォーラム講演論文集   10 ( 2 ) 63 - 66  2011年09月

    CiNii

  • 編集にあたって

    兼宗 進, 筧 捷彦

    情報処理   50 ( 10 ) 958 - 958  2009年10月

    CiNii

  • 1.情報科学教育の重要性と情報処理学会の活動(<特集>未来のコンピュータ好きを育てる)

    筧 捷彦, 久野 靖

    情報処理   50 ( 10 ) 959 - 963  2009年10月

    CiNii

  • 創造的科学技術人材育成と情報教育カリキュラム

    筧 捷彦

    年会論文集   33   65 - 66  2009年08月

    CiNii

  • 編集にあたって

    兼宗 進, 筧 捷彦

    情報処理   49 ( 7 ) 720 - 720  2008年07月

    CiNii

  • 1. 情報専門学科カリキュラム標準J07について(<特集>情報専門学科カリキュラム標準J07)

    筧 捷彦

    情報処理   49 ( 7 ) 721 - 727  2008年07月

     概要を見る

    2007〜08年度に情報処理教育委具会の下で策定された情報専門学科カリキュラム」07について報告する.JO7は,1997年度に策定されたJ97の後継として策定されたものである.J97は,&quot;コンピュータサイエンス教育カリキュラム&quot;と銘打たれ,情報専門教育での一群の科目が提示してあった.その上で,当時すでに広がりつつあった情報専門教育の多様化に応じるため,9つの標準履修コース例がそれら科目の組合せとして示してあった.JO7では,さらに進んだ多様化に対応するため,情報専門教育をその目標とするところによってCS,IS,SE,CE,ITの5つの領域に分け,領城ごとにカリキュラム標準を示した.各カリキュラム標準は,その領域での教育対象となる知識項目を整理し分類して示した知識体系を定め,その中でその領域の教育として最低限押さえておくべき項目をコアとして推定したものである.すなわち,具体的な科目をどう構成しカリキュラムをどう組み立てるかは,教育機関の創意工夫にすべて委ねていて,わずかに参考としてコアをカバーする科目構成の例が示してあるに過ぎない.

    CiNii

  • 1Q-2 日本語プログラミング言語によるプログラムの記述(プログラミング言語・実装・支援,学生セッション,ソフトウェア科学・工学)

    馬場 祐人, 筧 捷彦

    全国大会講演論文集   70 ( 1 ) "1 - 297"-"1-298"  2008年03月

     概要を見る

    日本語プログラミング言語において,日本語として違和感のない構文や命名規則を検討し,実用的なロジックを含むプログラムを挙げる.

    CiNii

  • 1Q-3 ウェブサイトを構築するための関数型ビジュアルプログラミング言語「ゆば」(プログラミング言語・実装・支援,学生セッション,ソフトウェア科学・工学)

    佐藤 幸弘, 伊藤 瑞樹, 筧 捷彦

    全国大会講演論文集   70 ( 1 ) "1 - 299"-"1-300"  2008年03月

     概要を見る

    ブラウザのみで利用でき、だれにでも手軽にウェブサービスが構築できるプログラミング環境を開発している。

    CiNii

  • 4ZG-8 初等幾何学教育のための作図ソフトウェア「HiZy」(教科学習,学生セッション,コンピュータと人間社会)

    新井 浩史郎, 筧 捷彦

    全国大会講演論文集   70 ( 4 ) "4 - 715"-"4-716"  2008年03月

    CiNii

  • 8 大学における情報教育J07(<特集>変わりつつある情報教育)

    筧 捷彦

    情報処理   48 ( 11 ) 1218 - 1224  2007年11月

    CiNii

  • A-030 ウェブサイトを構築するための関数型ビジュアルプログラミング言語「ゆば」(A分野:モデル・アルゴリズム・プログラミング)

    三浦 琢磨, 佐藤 幸弘, 筧 捷彦

    情報科学技術フォーラム一般講演論文集   6 ( 1 ) 69 - 70  2007年08月

    CiNii

  • ACM国際大学対抗プログラミングコンテスト世界大会報告

    筧 捷彦, 丸山 宏

    情報処理   48 ( 8 ) 849 - 856  2007年08月

    CiNii

  • 9.高度IT人材育成フォーラム(<小特集>ITフォーラムへの誘い)

    掛下 哲郎, 筧 捷彦, 牛島 和夫

    情報処理   48 ( 5 ) 496 - 498  2007年05月

    CiNii

  • 日本学術会議と「情報学」の新展開

    筧 捷彦

    情報処理   47 ( 6 ) 670 - 672  2006年06月

     概要を見る

    第68回全国大会の2日目の午後に開かれたシンポジウム「日本学術会議と「情報学」の新展開」について報告する.2005年に日本学術会議の第20期の会員が決まったが,全学問領域にわたる210名の会員の中から15名の「情報学」の研究者が選ばれた.それだけ「情報学」の広がりが認知されたといえる.これを機に日本学術会議会員を招いて,日本学術会議が何を目指すのか,その中で「情報学」にどんな展開が期待されるのかを語っていただいた.

    CiNii

  • proGrep-プログラミング学習履歴検索システム

    長 慎也, 筧 捷彦

    情報処理学会研究報告. CE,[コンピュータと教育]   78   29 - 36  2005年02月

    CiNii

  • proGrep-プログラミング学習履歴検索システム

    長 慎也, 筧 捷彦

    情報処理学会研究報告. コンピュータと教育研究会報告   2005 ( 15 ) 29 - 36  2005年02月

     概要を見る

    教室におけるネットワーク環境の整備が進み、プログラミングの授業において、学習者の書いたプログラムや、学習者が出したエラーなどの詳細な学習履歴を収集することが可能となった。この収集された情報から、学習者の特徴的な行動を抽出して、学習者の出来を判断したり、学習者に自動的にアドバイスを与えたりできるシステム&quot;proGrep&quot;を開発した。今回は、このシステムの機能と、授業での活用事例について報告する。

    CiNii

  • 本格段階に入ったJABEE認定制度の普及と活用 : 情報技術教育を中心とした促進策について(JABEE普及啓発シンポジウム(経済産業省委託事業))(会議レポート)

    筧 捷彦

    情報処理   45 ( 12 ) 1296 - 1297  2004年12月

    CiNii

  • プログラミングの入門に適した,支援システムとコースデザイン

    長 慎也, 日野 孝昭, 前島 真一, 小田嶋 祐介, 佐々木 康太朗, 筧 捷彦

    情報処理学会研究報告. コンピュータと教育研究会報告   2004 ( 100 ) 9 - 16  2004年10月

     概要を見る

    プログラミング学習における支援システムを開発し,Javaを用いたプログラミングの入門の授業において実践した事例を報告する.授業を行うにあたり,次のような点を重点的に実践した.まず,アニメーションなどの,興味の持てるプログラムを作らせること,次に,最初はプログラムとして書くべきことを少なくし,学習の発展に従い段階的に複雑なプログラムも書けるようにすること,また,ネットワーク教材を活用し,学習状況を把握したりたりすること,などである.この試みは2003年から行っているが,その年は,学習内容が進むにつれてそれまでの学習内容との違いに戸惑いを感じる学生が多かったなどの問題点があった.そこで,2003年までの学習環境,コースデザインに改良を加え,2004年度のプログラミング授業に再び適用した. T

    CiNii

  • A-031 オブジェクト指向プログラミングにおけるオブジェクトの自動可視化 : Nigariへの実装を例として(A.モデル・アルゴリズム・プログラミング)

    鈴木 健司, 小田嶋 祐介, 長 慎也, 甲斐 宗徳, 筧 捷彦

    情報科学技術フォーラム一般講演論文集   3 ( 1 ) 71 - 72  2004年08月

    CiNii

  • プログラミング環境Nigari : 初学者がJavaを習うまでの案内役

    長 慎也, 甲斐 宗徳, 川合 晶, 日野 孝昭, 前島 真一, 筧 捷彦

    情報処理学会論文誌. プログラミング   45 ( 9 ) 25 - 46  2004年07月

     概要を見る

    初学者がプログラミングを学習する場合,一般に,最初は簡単な概念を学び,次第に高度な概念を習得するという順序を踏む.学習環境も,その進行に沿ったものが用意できるとよい.最初は,難しい概念を知らなくても使える取っ付きやすい言語や環境を与え,学習が進むに従って,高度な概念も扱えるJavaなどの実用的な言語へ移行させるとよい.これによって,初学者にプログラミングに対する興味を持たせ,学習意欲を継続させることが可能であると考えられる.そこで,プログラミング学習の導入部において用いるのに適した言語Nigariとその環境を開発した. Nigariの言語仕様は,Javaのそれを簡素化したものになっており,クラスやメソッドの宣言など,初学者にとって理解が難しいものを書く必要がない.一方,基本的な制御構造などは. Javaとぽとんど同じ仕様である.Nigariの実行環境は,オブジェクトを自動的に可視化する機能を持つ.これによって,学習者のプログラミングヘの意欲を向上させるだけでなく,オブジェクトの概念をも理解させることができる.早稲田大学コンピュータ・ネットワークエ学科1年前期のプログラミングの授業を実験の場とした.この授業は本来Javaを用いて実習を行うが,導入部にNigariを用いた.実験では,オブジェクトの可視化機能について学生から高い評価を得られた.また,言語を簡素にすることについても,...

    CiNii

  • 2-1 IEEE/ACM Computing Curricula 2001などの情報通信系標準カリキュラム : 2003年度発足の早稲田大学理工学部コンピュータ・ネットワーク工学科カリキュラムを例として(2.カリキュラム)(<特集>グローバル化時代の教育と研究)

    大石 進一, 筧 捷彦

    電子情報通信学会誌   86 ( 11 ) 839 - 844  2003年11月

     概要を見る

    2003年4月から再編により発足した早稲田大学理工学部コンピュータ・ネットワーク工学科ではIEEE/ACM Computing Curricula 2001も参考にして,そのカリキュラムを作成した.編集からの依頼により,その経験で他機関に参考になると思われる部分を解説した.

    CiNii

  • Nigari-Java言語へも移行しやすい初学者向けプログラミング言語

    長 慎也, 甲斐 宗徳, 川合 晶, 日野 孝昭, 前島 真一, 筧 捷彦

    情報処理学会研究報告. コンピュータと教育研究会報告   2003 ( 103 ) 13 - 20  2003年10月

     概要を見る

    大学のプログラミングの授業では,Javaなどの既存のプログラミング言語を題材とすることが多い.それらは習得が難しく,プログラミング嫌いを生む原因となる.初学者には,興味を惹く例題がすぐに書け,それでいて既存言語へ容易に移行できるプログラミング言語と環境を用いるのが適切である.そこで,オブジェクト指向のプログラミングにすぐ入れて,なおJavaへの移行も容易な言語Nigariとそのプログラミング環境を実際に開発して,授業に用いてみた.本発表では早稲田大学コンピュータ・ネットワーク工学科での,その試行結果を報告する.

    CiNii

  • 1800時間(情報技術と教育)

    筧 捷彦

    情報処理   44 ( 10 )  2003年10月

    CiNii

  • 「つながり」を利用した検索語からの同義語の抽出

    長 慎也, 筧 捷彦

    コンピュータソフトウェア   20 ( 4 ) 369 - 374  2003年

     概要を見る

    ユーザの入力した検索語をもとに同義語の組を抽出する手法を提案する.本手法は,ユーザが入力した検索語の共起関係から,つながりと呼ばれる検索語間の関係を定義し,この関係を強く持つ検索語同士から同義語の組を抽出する.また,実際に稼働している全文検索システムを用いた実験を行い,本手法の有効性を検証した.実験に用いた検索システムはlinux-usersメーリングリストのアーカイブを検索するシステムであり,2002年2月から6月までの約7万リクエストについて解析を行った.

    DOI

  • Tonyu : アクションゲーム製作に特化した開発環境

    長 慎也, 筧 捷彦

    情報処理学会論文誌. プログラミング   43 ( 8 )  2002年09月

     概要を見る

    アクションゲームを作成する際に必要となる技術として,複数のオブジェクトの並行動作や,ゲーム画面の視覚的設計,といったことがあげられる。これらの技術をユーザから簡単に利用可能にする言語および開発環境Tonyu System(以下Tonyu)を作成した.まず,Tonyuは各オブジェクトの動きを独立に記述し,それらを並行動作させることが可能である.並行動作を行うには通常マルチスレッドを用いるが,アクションゲームはオブジェクトが多数出現するため,OSで用意されているスレッドでは負荷が大きすぎる.Tonyuは仮想機械による実行系を持ち,仮想的なスレッドを同時に複数実行できるが,OS上ではシングルスレッドで実行される.このため,同等の処理をOSのスレッドを利用して行う場合に比べて負荷が抑えられている.また,Tonyuはゲーム画面の設計を視覚的に行う仕組みを持つ.GUIアプリケーションの外観を設計するビジュアルツールは多く普及しているが,Tonyuはこのビジュアルツールの技術をゲーム画面のレイアウト設計に応用したものである.さらに,Tonyuはプログラムの実行中においても,設計時同様,ゲーム画面のクリックによるオブジェクトの選択,選択されたオブジェクトの値の閲覧,編集といったデバッグ操作をリアルタイムに行うことができる.この機能を利用して,他ユーザのプログラムを容易に解析,改変することがで...

    CiNii

  • 「JABEE審査認定の基本方針」・「審査・受審の手順」

    情報処理学会   アクレディテーション講習会-情報および情報関連分野のアクレディテーション受審のために-資料  2002年

  • 情報分野のアクレディテーション

    電気関係学会東海支部   平成14年度 電気関係学会東海支部連合大会 講演論文集, pp.S-59 - S-60  2002年

  • SC22(Programming Languages and its Environment and Systems Interface/プログラム言語とその環境およびシステムインタフェース)総会報告

    情報処理学会情報規格調査会   情報技術標準, 56, pp.10-11  2002年

  • 早稲田大学における教育改革とデジタルキャンパス構想

    New Education Expo/同実行委員会    2002年

  • 情報分野のアクレディテーション

    日本工学教育協会   平成14年度工学教育連合講演会講演論文集, pp.35-38  2002年

  • 多言語処理システム―System 1 とその展開―

    東義大学校(韓国)、地方自治研究所 韓日文化技術交流研究会   世方化(Glocalization)を目指す日韓共同学術シンポジウム報告集、pp.111-131  2002年

  • デジタルキャンパスコンソーシアムと広報

    早稲田大学出版部   デジタル時代の広報戦略、pp.128-133  2002年

  • 第2次「デジタルキャンパスコンソーシアム(DCC)」計画

    日本計画研究所   第6753回 JPI特別フォーラム, pp.1-17  2002年

  • 計算論への入門、エフィーム・キンバー,カール・スミス著、杉原崇憲訳

    ピアソン・エデュケーション   208 p.  2002年

  • 「情報および情報関連分野」の分野別要件

    情報処理学会   第64回全国大会論文集、シンポジウム「アクレディテーション」  2002年

  • D-8-19 エージェントを用いた自動情報配信システムの設計

    長 慎也, 栗栖 将也, 筧 捷彦

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2001 ( 1 )  2001年03月

    CiNii

  • 情報分野の分野別要件と 審査試行の報告

    日本技術者教育認定機構 (JABEE)   2001年審査員研修会  2001年

  • JABEE認定審査の方法

    情報処理学会   「情報および情報関連分野アクレディテーション研修会-JABEE審査員養成-」資料集  2001年

  • SC22 (Programming Languages, their Environments and Systems Software Interfaces) 総会報告

    情報処理学会情報規格調査会   情報技術標準,52  2001年

  • シンポジウム「JABEE アクレディテーション試行」

    日本工学教育協会主催    2001年

  • SC22 (Programming Languages, their Environments and Systems Software Interfaces) 年次報告

    情報処理学会情報規格調査会   情報技術標準,50  2001年

  • 産学協同を推進するIFIP-情報処理国際連合

    情報処理学会   情報処理 42-11  2001年

  • Digital Campus Consortium - A Trial of Collaboration for University Education

    National Institute of Informatics   IW2000 (International Workshop on Next Generation Internet and its Application)  2001年

  • シンポジウム「情報処理専門教育カリキュラムとアクレディテーション」

    情報処理学会   第62回全国大会  2001年

  • シンポジウム「アクレディテーション」

    情報処理学会主催    2001年

  • An Implementation of Mixed-Language Text Editor - mledit

    ICCPOL   19th International Conference on Computer Processing of Oriental Languages, ICCPOL 2001  2001年

  • 情報教育は情報化されているか?

    辰己丈夫, 楠元範明, 原田康也, 筧捷彦

    情報教育シンポジウム2000論文集   2000 ( 9 ) 9 - 16  2000年07月

    CiNii

  • 大学構内モバイル環境実現における履歴収集機能拡張

    筧 捷彦, 深澤 良彰, 平野 泰

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2000 ( 1 ) 291 - 292  2000年03月

    CiNii

  • SC22 (Programming Languages, their Environments and Systems Software Interfaces) 年次報告

    情報処理学会情報規格調査会   情報技術標準,46  2000年

  • Multilingual System for Universal Communication: Web Browser Implementation of Mixed-Language Document Handling System

    IFIP WCC2000   WCC 2000Proceedings of Conference on Software :Theory and Practice, IFIP WCC 2000  2000年

  • Multilingual Editor for Mixed-Language Document Handling

    EALPIIT    2000年

  • SC22 (Programming Languages, their Environments and Systems Software Interfaces) 総会報告

    情報処理学会情報規格調査会   情報技術標準,48  2000年

  • 1ZA-6 マルチリンガルエディタにおける検索機能の設計(1) : 基本要件の抽出と発展型の提案(UI開発支援,一般講演,インタフェース)

    片岡 朋子, 上園 一知, 筧 捷彦

    全国大会講演論文集   59 ( 4 ) "4 - 11"-"4-12"  1999年09月

    CiNii

  • 1ZA-7 マルチリンガルエディタにおける検索機能の設計(2) : 検索機能の実現(UI開発支援,一般講演,インタフェース)

    上園 一知, 片岡 朋子, 筧 捷彦

    全国大会講演論文集   59 ( 4 ) "4 - 13"-"4-14"  1999年09月

    CiNii

  • 4X-3 大学構内におけるモバイル環境実現の経験とその評価(学校・教室システム,一般講演,コンピュータと人間社会)

    筧 捷彦, 深澤 良彰, 平野 泰

    全国大会講演論文集   59 ( 4 ) "4 - 263"-"4-264"  1999年09月

    CiNii

  • 国際化Web Browserの設計

    上園 一知, 片岡 朋子, 筧 捷彦

    電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション   99 ( 228 ) 1 - 8  1999年07月

     概要を見る

    インターネットなどの情報通信で使用できる文字はラテンアルファベットが主流であり、ネットワークの国際化の反面、未だ母語を利用できず、ソフトウェアの国際化は進んでいないのが現状である。World Wide Webにおいても、HTML自信の仕様と Web Browserが特定のエンコーディングを対象としているため、任意に文字を混在させて利用可能な国際化の実現が困難である。そこで、X Window System上で開発した国際化ライブラリである System 1を利用し、国際化 Web Browser の開発を行っている。本稿では、HTML文書の表示と文字列検索考察し、Web Browserに必要な機能について述べる。

    CiNii

  • 国際化Web Browserの設計

    上園 一知, 片岡 朋子, 筧 捷彦

    情報処理学会研究報告. 自然言語処理研究会報告   99 ( 62 ) 57 - 64  1999年07月

     概要を見る

    インターネットなどの情報通信で使用できる文字はラテンアルファベットが主流であり、ネットワークの国際化の反面、未だ母語を利用できず、ソフトウェアの国際化は進んでいないのが現状である。World Wide WebにおいてもHTML自身の仕様とWeb Browserが特定のエンコーディングを対象としているため、任意に文字を混在させて利用可能な国際化の実現が困難である。そこで、X Window System上で開発した国際化ライブラリであるSystem 1を利用し、国際化Web Browserの開発を行っている。本稿では、HTML文書の表示と文字列検索を考察し、Web Browserに必要な機能について述べる。

    CiNii

  • 情報処理学会IFIP委員会主催シンポジウム/-WCC98に参加して、-IFIP TC-この1年

    第58回(平成11年度前期)全国大会論文集/情報処理学会    1999年

  • 大学構内におけるモバイル環境実現の経験とその評価

    情報処理学会   第59回(平成11年度後期)全国大会論文集 4; , pp.263-264  1999年

  • アクレディテーション

    第58回(平成11年度前期)全国大会論文集/情報処理学会    1999年

  • 補助金活用によるモバイル活用授業の実験報告(モバイルキャンパスの実現を目指して)

    私立大学情報教育協会   平成11年度第13回私情協大会資料, pp.189-192  1999年

  • SC22専門委員会(プログラム言語、その環境およびシステムソフトウェアインタフェース:Programming Languages, their Environments & System Software Interfaces)年次報告

    情報処理学会情報規格調査会   情報技術標準、42, pp.15-19  1999年

  • ACM国際大学対抗プログラミングコンテスト'98―'99 アジア地区予選東京大会顛末記/前編

    共立出版   bit 31-6, pp.62-67  1999年

  • X-Windowを用いたモンゴル語のアプリケーションの開発-統合とPCへの移植

    文部省科学研究費補助金/特定領域研究/人文科学とコンピュータ-コンピュータ支援による人文科学研究の推進/研究班   文部省科学研究費補助金1998年度研究成果報告書/特定領域研究/人文科学とコンピュータ-コンピュータ支援による人文科学研究の推進/pp.151-156  1999年

  • コミュニティにおける広域情報共有システムの開発に関するフィージビリティスタディ報告書

    財団法人ソフトウェア工学研究財団    1999年

  • 国際化テキスト入力機構モデルの構築

    上園 一知, 片岡 朋子, 片岡 裕, 筧 捷彦

    全国大会講演論文集   57 ( 4 ) 215 - 216  1998年10月

    CiNii

  • 国際化Webブラウジングの検討

    上園 一知, 筧 捷彦

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   1998  1998年09月

    CiNii

  • International Conference on Multilingual Text Processing ICMTP'98:toward a proper coding of all written language of the world

    http://www.mling.waseda.ac.jp/icmtp   ICMTP Conference Secretariat, Waseda University/icmtp@mling.waseda.ac.jp,  1998年

  • ACM国際大学対抗プログラミングコンテスト-アジア地区予選

    http://www.isse.kuis.kyoto-u.ac.jp/acm-japan/contest-j.html    1998年

  • 高校におけるプログラミング教育で何を教えるべきか

    情報処理学会プログラミング・シンポジウム委員会   夏のプログラミング・シンポジウム「情報技術とコンピュータ」報告集, pp.55-66  1998年

  • 早稲田大学の情報化と教育―その現状と展望

    早稲田フォーラム   ;75 pp.4-16  1998年

  • X Windowを用いたモンゴル語処理

    講座 人文科学研究のための情報処理―全5巻/尚学社   1; pp.106-108  1998年

  • 最先端のIT(情報技術)を目指すIFIPと日本の活動:TC2(Software:Theory and Practice)-ソフトウェアの理論と実際

    情報処理学会   情報処理 39-8, p.832  1998年

  • SC22(Programming Languages, their Environments and Systems Software Interfaces/プログラミング言語、その環境及びシステムソフトウェアインタフェース)総会報告

    情報技術標準/情報処理学会情報規格調査会広報委員会   40,pp.11-12  1998年

  • ITの先端技術を目指すIFIPと日本の協力

    情報処理学会   第56回(平成10年度前期)全国大会論文集(I)  1998年

  • コミュニティにおける広域情報共有システムの開発に関するフィージビリティ・スタディ報告書

    財団法人ソフトウェア工学研究財団    1998年

  • SC22専門委員会(プログラム言語、その環境およびシステムソフトウェアインタフェース:Programming Languages, their Environments & System Software Interfaces)

    情報技術標準/情報処理学会情報規格調査会広報委員会   38,pp.23-26  1998年

  • 日-韓機械翻訳における連語パターンを用いた変換手法

    朴 哲済, 李 鐘赫, 李 根培, 筧 捷彦

    情報処理学会論文誌   38 ( 4 ) 707 - 718  1997年04月

     概要を見る

    本稿では, 直接翻訳方式を利用した日-韓機械翻訳システムにおいて, 連語パターンによる変換手法を提案する. 筆者らは, 日本語での連語パターンを作成し, 変換規則として用いることにより語彙の曖昧性の問題を解決した. また, 意味素性をベースにした選択制限として, 連語パターンの中で最もパターン類似度が高いものを選択する類似度のスコア計算の方法を提案する. 我々は, このような変換方法を用いた日-韓機械翻訳システムを鉄鋼関係の特許文書翻訳のために構築し, その性能を評価法によって分析した. その結果, 翻訳成功率は約94%であるし, 意味的曖昧性を持つ用言と助詞に対して各々95.62%, 94.96%の語彙の曖昧性を解決し, この手法が十分有効であることを確認した.

    CiNii

  • 語の連接関係を利用した未知語の形態素辞書情報の獲得手法

    朴 哲済, 筧 捷彦

    自然言語処理 = Journal of natural language processing   4 ( 1 ) 71 - 86  1997年01月

    CiNii

  • A Corpus-Based Morphologicakl Analysis using Probabilistic Morphotactics

    17th ICCPOL   pp.437-442  1997年

  • Postprocessing Method of Japanese Morphological Analysis using Probabilistic Connectivity Matrix

    Journal of Korea Information Science Society(B)   24;1 pp.73-81  1997年

  • SC22専門委員会(プログラム言語、その環境およびシステムソフトウェアインタフェース)1996年度活動報告

    情報技術標準/社団方法人情報処理学会情報規格調査会広報委員会   ;34,pp.22-25  1997年

  • A Table-Driven Modality Generation in Japanese-Korean Machine Translation System

    17th ICCPOL   pp.430-436  1997年

  • SC22(Programming Languages, their Environments and Systems Software Interfaces)総会報告

    情報技術標準/社団方法人情報処理学会情報規格調査会広報委員会   ;36,pp.9-11  1997年

  • 米田信夫先生を悼む

    筧 捷彦

    コンピュータソフトウェア   13 ( 4 )  1996年07月

    CiNii

  • HTMLをもちいた定理の自動証明システムの実現

    西田 雅彦, 高津 智仁, 辰己 丈夫, 筧 捷彦

    全国大会講演論文集   52 ( 0 ) 163 - 164  1996年03月

     概要を見る

    定理の自動証明システムをWWW上で実現する。一般にハイパーテキストのビューワーと認識されているWWWブラウザを一つの環境ととらえ、その上に論理体系CLCに基づく証明システムを構築する。WWWブラウザとサーバ上の証明プログラムの間で、命令とデータのやりとりを繰り返しながら証明を進める。証明プログラムはサーバー上で実行されるので、ユーザーはただWWWブラウザを用意するだけでシステムを利用することができる。つまりコンピュータの機種やOSの種類によらない普遍的な環境を提供することができた。

    CiNii

  • 自然言語処理による新しい日本語組版をめざして

    松本 高幸, 佐藤 慎司, 筧 捷彦

    全国大会講演論文集   52 ( 3 ) 271 - 272  1996年03月

     概要を見る

    ここで紹介するものは、従来のべた詰めの日本語組版とは違う、新しい日本語組版の方法である。日本語文書の組版は、一部の例外を除いてべた詰めで組まれてきた。これに対して、欧文では単語毎にスペースが入れられ、単語が行で分割される場合は、ハイフネーションが入れられる。我々が日本語文書を読み書きするとき自然に文節を意識しており、改行するときは、文節の切れ目で改行するのが自然である。しかし、印刷されたものは、一見して文節というものが分からない。そこで、日本語を文節単位で考え、2章で欧文・手書き文書の特徴を、3章でいくつかの新しい組版方法を提案する。

    CiNii

  • プログラマブルテキストコンバータ

    今津 信一, 新林 満, 姜 力, 山本 俊行, 筧 捷彦

    全国大会講演論文集   52 ( 3 ) 307 - 308  1996年03月

     概要を見る

    あるフォーマットにしたがって書かれているテキストファイルを別の形のフォーマットに直すという作業を行なう時、ある種のツール類が存在している。しかしこれらのほとんどは、決められたフォーマットの間のテキストでしか変換ができない。変換したいフォーマットに適したものがある場合は良いがいつもそうであるとは限らない。たとえば構造に関するマークアップなどは明示されていない文章があったとする。しかしこの文章に章の番号などが振られていたとすれば構造を知ることができる。つまり、構造に関するマークアップが明示されていないものも、定型に収まっていれば構造を知ることはできるということである。そこで、変換元のテキストの構造を定義し、変換の方法を指定すれば望む結果が得られるようなテキストコンバータを作成した。

    CiNii

  • Definition of the Mongolian Character Codesets Enabling Multilingual Text Manipulation

    片岡 朋子, 片岡 裕, 上園 一知, 辰巳 丈夫, 吉田 順ー, 筧 捷彦, 小原 啓義

    情報処理学会研究報告. 人文科学とコンピュータ研究会報告   96 ( 15 ) 61 - 66  1996年01月

     概要を見る

    蒙古(関連)語は、複数の異なるタイプの文字群で記述されてきた。これらの文字群は、極めて複雑な正書法を持つため、文字コード化及び計算機処理化が進んでいなかった。特にこれらの文字群は、歴史的経緯により、縦書きと横書きでの混在処理が必要とされる。全世界の文字を分析し、一文字の定義と文字を構成する情報を得た。これにより複雑な正書法をもつ蒙古文字に最適な文字コードを決定することができた。この結果、国際化の一環として、蒙古文字を含む全ての文字の混在文書の、単一的機構による一般化した入出力・文書処理が可能となった。

    CiNii

  • WWWを用いた情報処理発信教育について

    Bulletin of the Centre for Informatics/早稲田大学   20  1996年

  • HTMLをもちいた定理の自動証明システムの実現

    第52回全国大会/(社)情報処理学会   3  1996年

  • 私大におけるインターネットとは何か

    第18回首都圏私大研究集会   17 pp.3-16  1996年

  • 新世代携帯情報端末システムに関する調査研究報告書

    (財)ソフトウェア工学研究財団    1996年

  • プログラマブルテキストコンバータ

    第52会全国大会講演論文集/(社)情報処理学会   3  1996年

  • Multilingual Computing of All Characters in the World

    文部省科学研究費補助金重点領域人文科学とコンピュータ1996年度研究成果報告書   3 pp.97-108  1996年

  • Problems and Solutions for Mongolian Related Scripts Text Processing

    文部省科学研究費補助金重点領域人文科学とコンピュータ1996年度研究成果報告書   3 pp.81-96  1996年

  • 学会の機能

    筧 捷彦

    情報処理   36 ( 10 )  1995年10月

    CiNii

  • 5.Ada-9X : 大規模ソフトウェア向きの手続き型言語 (&lt特集&gtプログラミング言語最新情報-II)

    筧 捷彦, 石畑 清, 西田 晴彦

    情報処理   36 ( 4 ) 304 - 314  1995年04月

    CiNii

  • P区間表とそのプログラミング教育における効果

    二村 良彦, 白井 千恵子, 劉 咏梅, 二村 夏彦, 筧 捷彦

    全国大会講演論文集   50 ( 5 ) 205 - 206  1995年03月

     概要を見る

    数列の区間および数平面上の矩形に関する問題は問題は明解であるが,その効率の良い解法は複雑である.したがって多くの学生はそれらの問題の最適な解法の理解に困難を感じている.筆者らは,P区間表と呼ばれるデータ構造を提案し,その区間や矩形に関する問題解決の有効性について調査した.本稿ではその教育上の有効性について報告する.なお,P区間表には右区間表と左区間表があるが,ここでは簡便のためP区間表により右P区間表を表すことにする.

    CiNii

  • 早稲田大学におけるWWW顛末記

       1995年

  • WWW Serverを一般ユーザに開放し,HTML教育に用いる試みの経過報告(Presentation用html)

       1995年

  • ネットワークと学会

    筧 捷彦

    コンピュータソフトウェア   11 ( 3 ) 161 - 162  1994年05月

    CiNii

  • 廣瀬健先生を偲ぶ(学会記事)

    筧 捷彦

    応用数理   4 ( 1 )  1994年03月

    CiNii

  • 廣瀬健先生を偲ぶ

    筧 捷彦

    コンピュータソフトウェア   10 ( 6 )  1993年11月

    CiNii

  • 構文解析に基づく辞書情報推定に関する研究

    朴 哲済, 崔 卿楽, 筧 捷彦

    全国大会講演論文集   46 ( 3 ) 53 - 54  1993年03月

     概要を見る

    本稿では、依存文法による構文解析システムを利用して、自然言語の形態素及び文法属性を推定し、辞書に登録・管理する辞書管理システムについて述べる。現在の自然言語処理システムは言語に関する情報が辞書に存在することを前提として構築されているが、実際、膨大な言語に関する情報を持つ辞書を構築することは不可能に近いことである。そこで、我々は構文解析システムの実行結果を基に日本語の形態素及び文法属性を仮想辞書に登録し、解析システムが動くことによりその情報の精度を上げて自動的に辞書を拡張管理するシステム開発を行っている。本研究の目的は、辞書構築手法を模索する一つの試みとして解析段階で未知語が見つかった場合、推論機構を通して獲得された情報に基づいて、辞書情報としての利用可能性を探索することである。従って、ここで、文法属性というのは解析システムの環境に違反しない範囲で再構成され、文の中で語の役割を重視する文法知識であることを前提とする。ここでは、その基本アルゴリズムと実験結果について報告する。

    CiNii

  • 不完全情報を含む日本語解析システムについて

    朴 哲済, 崔 卿楽, 筧 捷彦

    全国大会講演論文集   46 ( 3 ) 79 - 80  1993年03月

     概要を見る

    自然言語処理システムにおいて、言語に関する情報の完全性は、そのシステムの性能に大きな影響を与えるが、膨大な言語に関する情報を系統的に作成することは因難な問題である。未知語処理や推論の研究分野で、即知の問題を未知の領域に適用する方法や解析の過程で最もらしい解を導出する方法が提案されているが、分野の限定や速度の向上が必要とされている。本稿では、依存文法による日本語解析システムにおいて、不完全な辞書情報に対して推定機能を用いた日本解析システムについて述べる。解析システムの文法は基本的に依存文法を採用しており、各単語の意味素性の決定により意味処理を行っている。辞書は、辞書情報推定システムによって作られた不完全情報を持つ仮想辞書と完全な形態素及び文法情報が登録されている完全情報辞書と二つに大別される。未知語を含んでない文については、解析結果、その係受けの木構造を出力するし、完全情報辞書にない単語については仮想辞書を検索し、その言語情報の形態素及び文法情報推定を行い、可能な解析結果を求める日本語解析システム開発を行っている。ここでは、その基本アルゴリズムと実験結果について報告する。

    CiNii

  • 超並列計算機への期待 (超並列処理)

    筧 捷彦

    コンピュータソフトウェア   8 ( 5 )  1991年09月

    CiNii

  • ソフトウェア科学と数理論理学

    筧 捷彦, 土居 範久, 難波 完爾, 山田 眞市, 廣瀬 健

    コンピュータソフトウェア   7 ( 4 ) 415 - 432  1990年10月

    CiNii

  • 島内剛一先生を悼む

    筧 捷彦

    コンピュータソフトウェア   7 ( 2 )  1990年04月

    CiNii

  • プログラミング言語の新潮流

    井田 哲雄, 稲垣 康善, 上田 和紀, 米澤 明憲, 筧 捷彦

    コンピュータソフトウェア   6 ( 3 ) 296 - 307  1989年07月

    CiNii

  • ソフトウェア科学会第2回大会

    土居 範久, 国藤 進, 阿草 清滋, 辻井 潤一, 戸村 哲, 小川 裕, 宮地 利雄, 所 真理雄, 新田 克己, 相田 仁, 佐々 政孝, 筧 捷彦, 中所 武司, 米澤 明憲

    コンピュータソフトウェア   3 ( 1 ) 76 - 85  1986年01月

    CiNii

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • Software systems for mobile environment

  • Program verification and derivation

  • モバイル環境でのソフトウェアシステム

  • プログラムの検証と導出

  • 日本語環境・多言語環境と文章処理

  • Multi-lingual environment and Japanese environment for text processing

▼全件表示

特定課題研究

  • 文学研究向けの文献データライブラリの構築とその活用システムの開発

    1996年   吉田 順一, 竹本 幹夫, 西本 武彦

     概要を見る

     分系の研究では、その源を文献データにおくことが多い。その文献データを研究者それぞれが収集し検索できる形で整理しているのを、電子化し、検索も可能な形にして同じ分野の研究者で共用できるようにしよう、というのがこの研究の目的であった。 文献データの電子化にあたっては、OCRが活用できそうだ、ということで実験的な試みをすでにおこなってきていた(1)が、竹本は、実際に番外曲本文(田中允校訂『未刊謡曲集』(古典文庫本)の19巻分)を読み取らせ、校正を施して電子化テキストファイルを作成した(2)。また、竹本がこれまで整理を進めてきた、早稲田大学蔵能楽関係文書題目録について、ウェブを利用したデータベース化を筧と試作し、こうしたデータベースのあり方について一つの方向を示した。 吉田は、その研究分野から収集したモンゴル語による文献データを電子化することを目指した。そのためには、モンゴル文字そのものの入出力を可能とするシステムの作成が欠かせない。このシステムは、筧が中心となって開発を進めているが、この研究期間中には完成に至っていない。吉田は、この期間中もモンゴル語文献の収集・分類を手作業で進めてきており、1997年度中にも、実際にモンゴル語文献のOCRによる読みとりと、その校正作業に入る予定でいる(3,4)。 西本は、認知心理学の基礎演習に用いる教材の電子化を行って、一連の学習をパソコンベースで実施する準備を進めた。今回対象のしたデータはパターン認識や記憶実験で使用する視覚材料(命名やイメージの一致度で標準化された線画や図形)であり、今後これらの材料を使った演習プログラムを開設する予定である(5-7)。 (1) 吉田順一、竹本幹夫、筧捷彦: 分系各種資料のコンピュータ入力におけるOCR利用について, Bulletin of the Center for Informatics, Waseda University, Vol.16, pp.38-34 (1994). (2) 竹本幹夫, 《念仏の猿楽》考, 今成元昭編『仏教文学の構想』,新典社, pp.490-503 (1996-06). (3) Kataoka, Y., T.I. Kataoka, K. Uezono, K. Kakehi, and H. Ohara.: Multilingual Computing of All Characters in the World, 『1996年度「人文科学とコンピュータ」シンポジウム 予稿集』 (文部省科学研究費補助金重点領域「人文科学とコンピュータ」1996年度研究成果報告書(第3号)), pp.97-108 (1996). (4) Kataoka, T.I., K. Uezono, Y. Kataoka, J. Yoshida, H. Ohara and K. Kakehi: Problems and Solutions for Mongolian Related Scripts Text Processing, 『1996年度「人文科学とコンピュータ」シンポジウム 予稿集」文部省科学研究費補助金重点領域「人文科学コンピュータ」1996年度研究成果報告書(第3号)), pp.81-96 (1996). (5) 西本武彦: 顔認識における情報タイプ理論-サッチャー錯視の解釈とその検証, 早稲田大学大学院文学研究科紀要, Vol.41, pp.3-13 (1996). (6) 西本武彦、林静夫: 記憶実験用picture刺激の標準化(第2次), 早稲田心理学年報, Vol.28, No.1, pp.59-85 (1996).(7) 西本武彦、高橋優: 記憶実験用の無意味絵(droodle)刺激, 早稲田心理学年報, Vol.29, No.1, pp.63-90 (1996).

 

委員歴

  • 1994年
    -
    1996年

    情報処理学会  理事

  • 1992年
    -
    1996年

    日本ソフトウェア科学会  理事,評議員

  • 1995年
    -
     

    日本ソフトウェア科学会  理事,評議員

  • 1991年
    -
     

    日本ソフトウェア科学会  理事,評議員

  • 1984年
    -
    1990年

    日本ソフトウェア科学会  理事,評議員