2024/04/12 更新

写真a

カケヒ カツヒコ
筧 捷彦
所属
理工学術院
職名
名誉教授
学位
工学修士

経歴

  • 2007年04月
    -
    継続中

    早稲田大学 基幹理工学部   教授

  • 1986年04月
    -
    2007年03月

    早稲田大学 理工学部   教授

  • 1974年04月
    -
    1986年03月

    立教大学 理学部   講師・助教授

  • 1970年04月
    -
    1974年03月

    東京大学 工学部   助手

学歴

  •  
    -
    1970年

    東京大学   工学系研究科   計数工学  

  •  
    -
    1970年

    東京大学  

  •  
    -
    1968年

    東京大学   工学部   計数工学  

  •  
    -
    1968年

    東京大学  

委員歴

  • 1994年
    -
    1996年

    情報処理学会  理事

  • 1992年
    -
    1996年

    日本ソフトウェア科学会  理事,評議員

  • 1995年
    -
     

    日本ソフトウェア科学会  理事,評議員

  • 1991年
    -
     

    日本ソフトウェア科学会  理事,評議員

  • 1984年
    -
    1990年

    日本ソフトウェア科学会  理事,評議員

所属学協会

  •  
     
     

    Association for Computing Machinery

  •  
     
     

    日本情報科教育学会

  •  
     
     

    数学教育学会

  •  
     
     

    日本ソフトウェア科学会

  •  
     
     

    情報処理学会

研究分野

  • 科学教育 / ソフトウェア

研究キーワード

  • 混在表記

  • 多言語化

  • internationalization

  • ミドルウェア

  • ウェブブラウザ

  • 国際化

  • Unite

  • ブラウザ

  • POSIX

  • System 1

  • 多言語処理

  • Unicode

  • FreeBSD

  • 文字表示

  • モンゴル語

  • 蒙古語

  • ミドルウェアUnite

  • X Window System

  • 移植

  • 国際化アプリケ-ション

  • Linux

  • Muiltilingual System

  • PC-UNIX

  • localization

  • HTML

  • Java

  • FEP

  • アプレット

  • 蒙古文字

  • テキスト処理

▼全件表示

 

論文

  • 高等学校情報科と大学入試,

    中山泰一, 中野由章, 久野 靖, 和田 勉, 角田博保, 萩谷昌己, 筧 捷 彦

    2018年度 情報処理学会関西支部 支部 大会 講演論文集   2018-09-21  2018年09月

  • Current Situation of Teachers of Informatics at High Schools in Japan

    Yasuichi NAKAYAMA, Yoshiaki NAKANO, Yasushi KUNO, Ben Tsutom WADA, Hiroyasu KAKUDA, Masami HAGIYA, Katsuhiko KAKEHI

    Olympiads in Informatics   12   1 - 9  2018年09月  [査読有り]

     概要を見る

    In March 2018, the Japanese Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology revised the curriculum guidelines for high school, which will be applied in 2022. The subject of Informatics has been drastically changed; ‘Informatics I’ and ‘Informatics II’ have a predominantly scientific approach. This could be problematic given that a lot of ‘temporary teachers’ and ‘teachers without a proper license’ teach Informatics, and more than half of the teachers that teach Informatics are in charge of multiple subjects. So, it may be difficult to implement new curriculum in the dozens of prefectures that have few teachers who specialize in Informatics. We report on the problems our investigation revealed.

  • 情報システム開発のチームによるプロジェクトベース学習における個人特性の組み合わせと学習効果

    鷲崎弘宜, 須永祐輔, 筧捷彦, 深澤良彰, 山戸昭三, 大久保雅司

    工学教育, Vol.65, No.6, 2017.   65 ( 6 )  2017年11月  [招待有り]

  • Combinations of Personal Characteristic Types and Learning Effectiveness of Teams

    Hironori Washizaki, Yusuke Sunaga, Masashi Shuto, Katsuhiko Kakehi, Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, Masashi Okubo, Bastian Tenbergen

    Proceedings - International Computer Software and Applications Conference   1   456 - 457  2017年09月

     概要を見る

    In software and IT systems engineering, personal characteristics are expected to impact performance and attitude. To clarify the optimal composition in a team of students in academic education, we researched the relationship between student personality characteristics and learning effectiveness of teams using the Five Factor and Stress theory (FFS). The results taken from a Project-based Learning (PBL) course at Waseda University showed that educational effectiveness is highest when a team consists of management and anchor types without leadership types. In addition to FFS, we are currently adopting the Five Factor Model (FFM), which is a well-accepted personal characteristic model, to dig deeper the relationship in different courses on IT systems and software development conducted at various universities. Preliminary results show that although individual characteristics are not strongly correlated to learning effectiveness, there are a few strong team correlations. As our future work, we plan to acquire more data and investigate relationship between FFS measurements and FFM ones in terms of learning effectiveness.

    DOI

  • Relationship between the five factor model personality and learning effectiveness of teams in three information systems education courses

    Masashi Shuto, Hironori Washizaki, Katsuhiko Kakehi, Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, Masashi Okubo, Bastian Tenbergen

    Proceedings - 18th IEEE/ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing, SNPD 2017     167 - 174  2017年08月

     概要を見る

    Although working in teams is an effective method for students to learn skills necessary for information systems, the optimal combination of team members to maximize the learning effectiveness has yet to be clarified. This study investigates the relationship between the combination of students' personality characteristics and learning effectiveness in three information system lecture courses. Two Five Factor Model (FFM) questionnaires were used to determine each student's personality characteristic. For each course, which has different styles, several different relationships are found. This study should assist educators in maximizing students' learning effectiveness in information systems courses involving teamwork.

    DOI

  • Relation Between Combinations of Personal Characteristic Types Educational Effectiveness for a Controlled Project-Based Learning Course

    Yusuke Sunaga, Hironori Washizaki, Katsuhiko Kakehi, Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, Masashi Okubo

    IEEE TRANSACTIONS ON EMERGING TOPICS IN COMPUTING   5 ( 1 ) 69 - 76  2017年01月  [査読有り]

     概要を見る

    To improve practical IT education, many Japanese universities are implementing project-based learning (PBL). Although a previous study examined the relationship between educational effectiveness and the scatter of personal characteristics, the relationship between educational effectiveness and the combination of personal characteristics in a team, which is important to optimize the team composition for PBL, has yet to be examined. Herein, we use the five factor and stress theory to measure personal characteristics and classify students enrolled in a PBL class at Waseda University into four types-leadership, management, tugboat, and anchor. Then, knowledge and skills questionnaires are used to measure educational effectiveness. The results show that educational effectiveness is highest when a team consists of management and anchor types without leadership types. The results are preliminary, because the practical usefulness of our results is limited as the experiment of the paper targeted only one PBL course of one university. For that reason, we need to collect data from other PBL course at the same or other university.

    DOI

  • 「第3回・第4回大学情報入 試全国模擬試験」の実施と評価

    谷 聖一, 佐久間 拓也, 筧 捷彦, 村井 純, 植原 啓介, 中野,由章, 中 山 泰一, 伊藤 一成, 角田 博保, 久野 靖, 鈴木 貢, 辰己 丈夫, 永松 礼夫, 西田 知博, 松永 賢次, 山崎 浩二

    情報処理学会 情報教育シンポジウム 2016論文集   2016   7 - 14  2016年08月

     概要を見る

    情報入試研究会と,情報処理学会情報入試ワーキンググループは,2013年と2014年に引き続き,2015年と2016年に「大学情報入試全国模擬試験」を実施した.「大学情報入試全国模擬試験」の目的は,「どのような試験方法、どのような範囲・内容・水準の問題が適切であるかについて意見を交換し、その成果として具体的な入試問題の試作を行い世の中に公開すること」ことであった.2015年実施の模試には約2000名の高校生が,また,2016年実施の模試には約750名の高校生が参加した.本報告では,その実施概要と結果について報告する.適切な範囲・内容・水準を確立するためのの議論の素材となりうる具体的な入試問題を提示したという点で,目的をある程度達成できたといえる.
    The working group in IPSJ and the study group for "exam for university entrance on information study" held nationwide trials of "University entrance examination on information study" in 2015 and 2016. The number of senior high school student participants in the trial in 2015 is about 2000, and the number in 2016 is about 750. We report the outline of implementation of the trials.

    CiNii

  • 情報科における教科担任の現状

    中山 泰一, 中野 由章, 久野 靖, 和田 勉, 角田 博保, 萩谷 昌己, 筧 捷彦

    情報処理学会コンピュータと教育研究会   2016-CE-135 ( 9 ) 1 - 7  2016年06月

  • Which Combinations of Personal Characteristic Types are more Effective in DifferentProject-Based Learning Courses?

    Yusuke Sunaga, Masashi Shuto, Hironori Washizaki, Katsuhiko Kakehi, Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, Masashi Okubo

    Proceedings of the 29th IEEE Conference on Software Engineering Education and Training (CSEE&T 2016)    2016年04月  [査読有り]

    DOI

  • Learning Effectiveness of Team Discussions in Various Software Engineering Education Courses

    Masashi Shuto, Hironori Washizaki, Katsuhiko Kakehi, Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, Masashi Okubo

    Proceedings of the 29th IEEE Conference on Software Engineering Education and Training (CSEE&T 2016)    2016年04月  [査読有り]

    DOI

  • プログラミング教育のための多言語間プログラミング言語翻訳システム

    松澤芳昭, 坂本一憲, 大畑貴史, 筧捷彦

    情報処理学会 情報教育シンポジウム     223 - 230  2015年08月  [査読有り]

  • 「大学情報入試全国模擬試験」の実施と評価

    中野 由章, 谷 聖一, 筧 捷彦, 村井 純, 植原 啓介, 中山 泰一, 伊藤 一成, 角田 博保, 久野 靖, 佐久間 拓也, 鈴木 貢, 辰己 丈夫, 永松 礼夫, 西田 知博, 松永 賢次, 山崎 浩二

    情報教育シンポジウム2014論文集   2014 ( 2 ) 11 - 17  2014年08月  [査読有り]

     概要を見る

    情報入試研究会と,情報処理学会情報入試ワーキンググループは,2013 年と2014 年に「大学情報入試全国模擬試験」を実施した。2014 年に試行した試験は,920 人が受験し,その内容について分析した。その結果,全体としてみれば,得点分布,解答時間,問題数などは極めて良好であり,出題範囲や難易度についても問題はなかった。ただ,「情報の科学」領域,とりわけプログラミングについては,問題点が明らかになった。これはすなわち,大学側が求める内容と,高校側で行なわれている内容の乖離を意味する可能性がある。入試問題という狭い範囲ではなく,教育内容まで含めて,今後,総合的に検討を要する内容である。
    The working group in IPSJ and the study group for “exam for university entrance on information study” carried out nationwide trials of “exam for university entrance on information study” in 2012 and 2013. 920 senior high school students, most of who were the 1st graders participated in these trials and the authors analyzed the result. As a result, the score distribution, answering time and the number of questions in the trials were all so appropriate, and no problems were seen on the degree of difficulty or the range of the questions actually set. However, some issues about its contents have been revealed; especially the theme of programming skills in “scientific understanding of information” is judged to have a problem. That is, there may be the perception gap between the university side and the high school side; the contents a university requires this subject don’t meet with those high school students are to learn in class of information study. This is not the issue only the exam for university entrance on information study involves, but that we have to deal with after considering “educational contents” comprehensively, high school through university, and from various angles.

    CiNii

  • RELATIONSHIPS BETWEEN VARIATIONS OF PERSONAL CHARACTERISTICS AND EDUCATIONAL EFFECTIVENESS ON SOFTWARE INTENSIVE SYSTEMS DEVELOPMENT

    Shota Inaga, Hironori Washizaki, Yusuke Yamada, Katsuhiko Kakehi, Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, Masashi Okubo, Teruhiko Kume, Manabu Tamaki

    INTED2014: 8TH INTERNATIONAL TECHNOLOGY, EDUCATION AND DEVELOPMENT CONFERENCE     698 - 706  2014年  [査読有り]

     概要を見る

    In order to improve the training of IT professionals, practical courses in the form of project-based learning (PBL), which teach practical skills for systems acquisition and provisioning and for project management, are being implemented in various universities. For example, a course has been offered at Waseda University since 2011 in cooperation with the Japanese governmental bodies and IT companies. This course consists of three lectures per day for five days (each lecture has 90 minutes) and the number of students attending this course is 26 in 2011, 17 in 2012 and 39 in 2013. In this course, students mainly learn the management of software intensive systems development projects from the viewpoint of the provider such as requirements analysis and architectural design.
    There is a study investigating the relationships between the variation in the personality profile of paired students and their academic performance in Pair Programming [1]. However, in practical courses on software intensive business systems, we do not yet have an established method for determining what kind of personal characteristics and team compositions are most beneficial to obtaining the maximal educational effectiveness.
    In this study, we use the Five Factors and Stress (FFS) theory [2] to quantify the personal characteristics and we ask students to answer same questionnaire before and after the course to measure how improved their knowledge and skills. This questionnaire consists of about 40 questions and each student answers them in six degrees. As example of the questions, there is "Can you analyze requirements?". In many cases, the business of acquiring and providing software intensive systems is carried out as a team-based activity. Therefore, to teach actual business concepts, we randomly compose teams regardless of personal characteristics. The number of teams formed was 6, 4 and 8 for 2011, 2012 and 2013, respectively. This is an additional study of our paper [3] and as significant differences, we add the data of the course of 2013 in Waseda University and we analyze the data through 3 years (2011 - 2013).
    We investigate the relationships between personal characteristics and educational effectiveness to reveal the common tendency. Through t-test and boxplot, we clearly see that variations in the team members' personal characteristics have an effect on educational effectiveness. Large variation team acquires approximately 1.5 times higher educational effectiveness than small one. From this result, it is better for a team to have members with different characteristics in FFS theory for acquiring more knowledge and skills through course. We expect that in similar practical courses, we can also obtain the desirable educational effectiveness if we can compose a team with the suitable characteristics as based on our findings.

  • The Impacts of Personal Characteristic on Educational Effectiveness in Controlled-Project Based Learning on Software Intensive Systems Development

    Yusuke Yamada, Shota Inaga, Hironori Washizaki, Katsuhiko Kakehi, Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, Masashi Okubo, Teruhiko Kume, Manabu Tamaki

    2014 IEEE 27TH CONFERENCE ON SOFTWARE ENGINEERING EDUCATION AND TRAINING (CSEE&T)     119 - 128  2014年  [査読有り]

     概要を見る

    In practical courses on software-intensive business systems, students work in teams to acquire practical skills in systems acquisition and provisioning. However, we do not yet have an established method to determine the optimal team composition to achieve maximum educational effectiveness. In this study, we quantitatively and qualitatively investigate how personal characteristics and the learning process of team members affect educational effectiveness by examining a university course in which students work in teams on a realistic project in a classroom setting. We use the Five Factors and Stress (FFS) theory and the modified grounded theory approach (M-GTA) to measure the personal characteristics and to identify the learning process of each team member. Additionally, we compare the learning process of a team with a high educational effectiveness to one with a low educational effectiveness based on number of topics about the learning process and the kind of topics. As a result, we find that it is better for a team to have members with different personal characteristic as defined by FFS theory in order for the students to acquire more knowledge and skills through the course. Additionally, teams that focus on fewer learning process topics acquire more knowledge and skills. We expect that our findings will help increase the educational effectiveness in similar practical courses.

    DOI

  • Team Characteristics for Maximizing the Educational Effectiveness of Practical Lectures on Software Intensive Systems Development

    Shota Inaga, Hironori Washizaki, Yusuke Yoshida, Katsuhiko Kakehi, Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, Masashi Okubo, Teruhiko Kume, Manabu Tamaki, Toshikazu Kanou

    2013 IEEE 26TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON SOFTWARE ENGINEERING EDUCATION AND TRAINING (CSEE&T)     264 - 268  2013年  [査読有り]

     概要を見る

    In practical lectures on software intensive business systems, we do not yet have an established method for determining what kind of personal characteristics and team compositions are most beneficial to obtaining the maximal educational effectiveness. Here, we propose a framework for analyzing the effects of personal characteristics of team members on educational effectiveness. We also apply the framework to an actual practical lecture. As a result, we find that it is better for a team to have members with a similar degree of tendency of conservative for acquiring more knowledge and skills and the team members have similar characteristics of progressive or conservative. It is expected that in similar practical lectures, we can also obtain the desired educational effectiveness if we can compose a team with the suitable characteristics as based on our findings.

  • 情報システム開発の実践的講座におけるチーム構成と教育効果の関係

    伊永祥太, 鷲崎弘宜, 吉田裕介, 筧捷彦, 深澤良彰, 山戸昭三, 大久保雅司, 玉木学

    工学教育   61 ( 5 ) 88 - 93  2013年  [査読有り]

    DOI

  • 2512 情報システム開発の実践的講座におけるチーム構成と教育効果の関係(一般セッション)

    鷲崎 弘宜, 吉田 裕介, 筧 捷彦, 深澤 良彰, 山戸 昭三, 大久保 雅司, 粂 照彦, 玉木 学, 加納 寿一

    プロジェクトマネジメント学会研究発表大会予稿集   2012   387 - 392  2012年

     概要を見る

    実務経験を持たない大学生を対象とした演習中心の情報システムの受発注に関する実践的講座において,教育効果を高めるための適切なチーム構成の方法は知られていない.そこで我々は,チーム構成が教育効果にもたらす影響を分析するための枠組みを設計し,その枠組みを実際の2つの実践的講座に適用した.適用結果の分析により,チームにおける個人特性上のメンバのばらつきが教育効果に影響を与えることを明らかにした.

    DOI CiNii

  • 早稲田大学における一般情報処理教育の現状と今後の構想

    筧 捷彦

    行動計量学   21 ( 1 ) 44 - 47  1994年

     概要を見る

    Education on computing has become a certain key subject of"gliberal arts".Everybody talk about its importance without taking part of it by themselves, leaving it on the shoulders of"experts"so called. Who might be, then, true experts for it? Could computer scientists be ones as they are currently supposed to? Probably not. All the university teachers must collaborate to make it a genuine part of liberal arts since computing is the very challenge to our intellectual activity itself, let alone to our daily life. Reporting on the current situation in Waseda University, the author discusses what should be done for tomorrow.

    DOI CiNii

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 大学入試を中心とした情報分野の学力評価手法の検討

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    研究期間:

    2023年04月
    -
    2028年03月
     

    植原 啓介, 萩原 兼一, 西田 知博, 筧 捷彦, 安田 豊, 高橋 尚子, 坂東 宏和, 角田 博保, 中山 泰一, 辰己 丈夫, 谷 聖一, 中野 由章

  • プログラミング初学者のトレーシング力鍛錬のための問題および教育ツールの開発と評価

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    研究期間:

    2023年04月
    -
    2026年03月
     

    筧 捷彦, 鈴木 範子, 坂本 一憲, 中谷 祐介

  • プログラム言語に非依存なプログラミング教育環境の構築と評価

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    研究期間:

    2014年04月
    -
    2018年03月
     

    筧 捷彦, 松澤 芳昭, 坂本 一憲

     概要を見る

    本研究では,多プログラミング言語間の翻訳・解釈プラットフォームを開発して,プログラミング言語に非依存なプログラミング教育環境基盤の構築を行い,教育現場での実践に基づく評価を行った. 主要な成果は,1)言語翻訳システムの開発とそれを利用して学習者自身が自由にプログラミング言語を選択してプログラミングを学習できる教育環境の開発,2)学習者がプログラミング取り組む際の細かなログデータの収集とメトリクス測定・視覚化システムの開発などである.本研究成果は,大学情報入試の必要性について調査を行なう研究,プログラミング教育の社会的意義について調査を行なう研究など,様々な研究活動へも繋がった.

  • ミドルウェアとしての多言語テキスト処理システムの研究

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    研究期間:

    2001年
    -
    2003年
     

    筧 捷彦, 深澤 良彰, 吉田 順一

     概要を見る

    すでに開発済みの,さまざまな言語を自由に組み合わせたテキストが処理可能な多言語テキスト処理システムSystem 1で培った技術を基に,多言語テキスト処理機能をJAVA言語によるミドルウェアUniteとして構築することを目的として,モンゴル語と日本語・英語(等の西欧語)とを混ぜ書きしたテキストの処理を行うエンジンを開発した。具体的には,内部表現としてはUnicodeを採用し,これらの言語の文字を画面および紙面上に混在して描画するエンジンとして開発を行った。
    このエンジンのテストを兼ねて,モンゴル語を混在させたテキストの表示を行うアプレットを開発した。モンゴル語のテキストは,モンゴル史を含めた東洋史の研究者が用いているローマ字表現で入力できる形を採用した。このローマ字表現は,細部についてはそれぞれの研究者によって異なっているものの,枠組みは共通している。ローマ字表現入力については,パーソナライズ可能なように表駆動方式を採用し,細部についての異動を利用者が簡単に調整できる方式にしてある。このアプレットは,実際に東洋史の研究者グループに試用してもらっていっそうの改良を進めている段階にある。
    さらに,モンゴル語を混在させたテキストの編集を行うテキストエディタも試作した。このエディタには,ローマ字表現の入力の機構を逆に利用して,Unicodeによる内部表現をパーソナライズされたローマ字表現として出力する機構も合わせて用意しているが,まだ広く試用してもらうところまでは仕上がっていない。1,2年の内に実用化にこぎ着けるよう,研究を続けている。

  • X-Windowを用いたモンゴル語アプリケーションの開発-統合とPCへの移植

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    研究期間:

    1998年
     
     
     

    筧 捷彦, 片岡 朋子, 片岡 裕, 吉田 順一

     概要を見る

    近年のPCの急激な普及に伴って、X Window SystemはPC上で利用される機会が増加している.当研究の成果であるMuiltilingualSystemは、X Window Systemをターゲットとして、Solaris上で開発・動作確認等を行ってきたが、当Systemを多くの方に試用していただくためには、Work Stationで主に利用されているSolaris上での動作だけでなく、LinuxやFreeBSDのようなPC-UNIXで動作可能とすることが重要であると考えられる.今年度は、今までに開発されたMultilingual SystemをPC-UNIX上でも利用可能とするために移植作業を中心に開発を進めた.
    PC-UNIXのうち最も普及している、LinuxとFreeBSDを移植ターゲットとして選択した.コンパイラ等のツール群は、GNUプロジェクト等により既に安定したものが 開発されており、Solaris上で開発したプログラムソースとの互換性が非常に高い.したがって、移植に際しては、OSに依存したパラメータやライブラリの相違に合わせることが主な作業となった.プログラムソース中のsolarisに依存した部分を修正し、コンパイル時にパラメータを定義してOSごとに必要な情報を選択するよう変更した.
    多くの人に試用してもらうためには、単に動作確認だけではなく、容易に試用できるような環境を提供することが必要である.特に初心者に対して、上述の定義等は複雑であるため、configurationを自動的に行い、導入を補助するinstallerの作成を、GNUプロジェクトのautoconfを利用し作成し、以下の条件で動作確認を行った。
    ・solaris 2.5.1+Sun CC4.0
    ・Linux 2.0.33+gcc 2.8.1
    ・FreeBSD 2.2.8+gcc 2.8.1
    これにより、so1aris・Linux・FreeBSD上で、Multilingual Systemが使用可能となった.当Systemはライブラリ形式で実装されているため、このライブラリを用いて国際化アプリケーションの開発が可能となっている.
    また、原資料の発掘に関して新しい成果があった.フフバートル氏の業績により、中国刊行モンゴル文定期刊行物の概要をはじめて知ることができるようになり、今後これに基いて、より完全なリストを作成する段階に入ったといえる.

  • X-Windowを用いたモンゴル語アプリケーションの開発

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    研究期間:

    1997年
     
     
     

    筧 捷彦, 片岡 朋子, 片岡 裕, 吉田 順一

     概要を見る

    1、POSIX Localeモデルによる地域化では、複数の文字群と言語の混在表記を必要とする蒙古系文字群のテキスト処理が不可能である。伝統的な蒙古文字は縦書きで左から右に改行するが、蒙古系文字群の中には右から左に記述する横書き文字群や、縦書きで右から左に改行する文字群が含まれ、これらをすべて矛盾なく混在表記、編集することが可能でなければならない。また、これらの文字群は、表記図形と文字とが1対1に対応しない。これらの特徴を持つ蒙古系文字群を分析して文字と図形の対応を求め、国際化として統一的に処理可能なシステムを開発し、X Window SystemとPOSIXに組み込んだ。
    2、モンゴル文字資料のうち、戦前日本人が作ったモンゴル文字による文法書や教科書類が重要な位置を占めるが、これらは中国に残されたものも調査して始めてその全貌に迫り得る。その点で『旧満州東北地方文献連合目録(第二輯)』(葦書房)等の文献目録が役立つが、今年度は1961年作成の『蒙古史研究文献目録(日文部分)』を知った。これは言語関係文献類も登録しており、上記のモンゴル文字資料についての理解を深めることができた。

  • X-Windowを用いたモンゴル語アプリケーションの開発

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    研究期間:

    1995年
    -
    1997年
     

    筧 捷彦, 片岡 朋子, 片岡 裕, よし田 順一

     概要を見る

    平成8年度の目標の概要は、蒙古文字の調査結果を元に、実際に動作する蒙古文字の入出力機構を実現して検証し、他の言語との混在での問題点の抽出と、テキスト処理の拡張である。
    1)ホド文字2種、トド文字1種および、旧ウイグル文字を比較調査した結果から、文字、文字図形の関係を求め、作成した文字コードが使用できる範囲を調査した。
    2)上述の文字コード群を元に、蒙古文字特有の情報を持つWCを使用した蒙古文字専用のプロトタイプを作成した。実際に入出力及びテキスト処理を行なって、WCの持つ情報の正当性を検証した。
    3)蒙古系文字に特異なテキスト処理として、表示図形の任意の選択と、図形と文字名の両方を用いて検索されることが判明した。これは、アラビア系文字でも応用可能であることが示された。
    4)上述の結果を用いて、他言語との混在が可能なシステムを設計し、基礎部分を作成した。この多言語処理系は、プロトタイプが既に動作している。
    5)さらにOCRによる読み込みと、異なる蒙古文字で記述される蒙古語間でのデータ変換のため、基本的な1文字を読み込みアウトラインフォントを作成する研究を行ない、識別に関する基礎検討を行なった。
    6)次年度で行なう予定のOCRによる読み込みのため、吉田は、蒙古文字資料の調査を継続的に行なっている。その過程で、新資料の発見があった。
    本年度の研究は、ほぼ予定を満足した。これらの成果(部分)は、本重点領域シンポジウム等で発表済みである。来年度は、引続き、OCRによる読み込みの研究を行ない、蒙古系文字全般のテキスト処理を網羅する予定である。

  • 情報構造と複雑性の総合的研究

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    研究期間:

    1995年
    -
    1996年
     

    難波 完爾, 筧 捷彦, 牛島 和夫, 榎本 彦衛, 土居 範久, 小林 孝次郎, 川合 慧

     概要を見る

    情報構造や計算の複雑性の問題は、例えば高速離散フーリエ変換や、行列の積の効率的計算法、素数の判定法や巨大な素数の素因分解のように、ギリシャ時代から今日の情報処理の諸問題までの根本に横たわるものである。中でも計算量の理論(computational complexity)は特定の問題の処理手続きの限界計算量を問うもので、現在の数学ならびに情報工学の一つの中心的研究課題である。
    この研究で得られた成果は
    1)有限体上の楕円曲線とそれから自然に定まる可換群の位数と、有限体上のガウス型微分方程式の関係、特にワイヤストラスの標準形に対応してa_<12>(x)=x^<{(p+1)/4}>F(1/12,5/12,1,1-x)の素数pに対する絶対値最小剰余に関する研究を深めたこと。解析的性質と代数的性質の両面に関わる具体的成果が得られたこと。
    2)一連の楕円曲線の類に対応する不変量jを変数として、有限体の原始根の冪から生ずる列から、絶対値の小さい整数、つまりa_<ij>/p(|a_<ij>|<2√p)を成分とする巡回直交行列の新しい系列を見つけたこと。非常に大きいpについては、位置の同定や計算過程の加え合わせなど今後の応用が期待される。
    3)p=3n^2+3n+1型の素数を因数にもつ合成数の確率的多項式時間計算法を見つけたこと。

  • X-Windowを用いたモンゴル語アプリケーションの開発

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    研究期間:

    1995年
     
     
     

    筧 捷彦, 辰己 丈夫, 片岡 裕, 吉田 順一

     概要を見る

    本年度は、片岡・辰己がシステムの実現のための基礎的な調査を中心に行なった。そのために、吉田がモンゴル語に関する知識・文献データを提供した。研究計画においては、この年度の研究主眼は、「X-Windowへのモンゴル語表示の仕組みと、ローマ字表記モンゴル語変換の仕組みの開発、およびシステムへの組み込み」であったが、実際には当初予想できなかった問題が生じ、ローマ字入力システムの実現までは至らなかった。これは、文字入力以前の段階である文字表示の検討段階において、種々の問題、とくにモンゴル文字固有の表記法が計算機上の文字表記に馴染まない点が明確にされたからである。
    そこで、モンゴル文字表示方法についての検討を再度行ない、ある程度の表示に関する結果を得た。特に、文字の表示方向や合字の表示についてある程度の法則性を見い出すとともに、その結果にしたがって表示系を構築することが出来た。この成果は、情報処理学会研究会で発表した。この段階で、モンゴル地域で用いられている他の文字の表示に関しても調査を行ない、文字表示を可能とした。
    なお、モンゴル文字アウトラインフォント作成のために、学生を用いてスキャニング作業を行なった。

  • ソフトウエア構成プロセスの記述とその実働化の研究

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    研究期間:

    1992年
     
     
     

    鳥居 宏次, 筧 捷彦, 落水 浩一郎, 菊野 亨, 谷口 健一

     概要を見る

    最近、ソフトウェア構成の過程(プロセス)を明らかにして,効率的なソフトウェア開発に役立てようとする試みがなされている。本研究では,ソフトウェアの構成プロセスをいくつかの代表例に焦点をしぼっていろいろな方法で解明した。まず、ソフトウェア構成プロセスについて、2つのテーマに大きく分け、さらにそれぞれについて、以下のテーマについて研究を行なった。
    1.ソフトウェア構成プロセスの分析、改良、適用
    (a)プログラム生成過程の分析
    論理式で書き表した仕様からプログラムを導出する方法を、比較的小規模の問題について研究し、導出システムの完成、適用、評価などを行った。また、プログラミング過程に現れる多量の文書を通り扱う知的システムを試作した。
    (b)構成プロセスからの収集データを用いたプログラム開発過程の改善
    構成プロセスからデータを自動収集、分析した後、リアルタイムにその結果を開発者にフィードバックする枠組みと試作システムを用いて、より、知的な構成プロセスの実働化を試みた。
    (c)熟練者から得た構成プロセスによる初心者支援
    被験者から構成プロセスを収集し、それを知識として分類整理を行って、熟練者から得た設計プロセスを初心者支援に用いるシステムを完成し、それを実際に適用、評価を行った。
    2.ソフトウェア構成プロセスのモデル化、記述、実行支援
    (a)並列分散言語によるソフトウェア構成プロセスの記述と実行支援
    ソフトウェア構成プロセスをある種の並列分散システムとみなし、分散システム記述言語によって構成プロセスを記述した。また、その有効性を評価、検討した。
    (b)関数型言語による構成プロセスの記述と実行支援
    種々のモデルに基づいたソフトウェア構成プロセスから関数型の開発過程記述言語に変換を行い、その実行によって開発支援環境を得た。その記述言語の有用さ、モデルから言語記述への変換方法などについて検討した。

  • ソフトウェア構成プロセスの記述とその実働化の研究

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    研究期間:

    1990年
    -
    1991年
     

    鳥居 宏次, 筧 捷彦, 落水 浩一郎, 菊野 亨, 谷口 健一

     概要を見る

    本研究ではソフトウェアの構成プロセスをいくつかの代表例に焦点をしぼっていろいろな方法で解明すると共に、それを記述するための言語体系の満たすべき条件の整理、それらの実働化実験としてプロセス実行支援系のプロトタイプの試作などを目的としている。
    鳥居らは、ソフトウェアプロセスの種々の記述の比較を行なうための共通問題としてMarc Kellnerが提案したソフトウェアプロセスモデリングのための例題をまず、タイミングチャ-トを用いて記述した。しかし、これでは記述できないいくつかの問題があるため、それらを正確に記述するためにペトリネットを用いて記述を行なった。この記述を、プロセス記述言語PDLに変換、実行し、動作を確認した。
    谷口らは、共通問題の全体記述を分散システムの仕様記述言語LOTOSで記述し、この記述から、開発に参加する技術者各人のプロセス記述を自動的に導出し、導出の際の問題点や得られた個人プロセスの有効性などについて調べた。
    菊野らは、計測環境GINGERを用いたプロジェクト制御の支援をした。計測環境GIGNERはプロジェクト制御のための3つの作業,(1)プロジェクトの現状把握,(2)計画と現状の差の評価,(3)開発者と管理者への評価結果のフィ-ドバック,を自動的に行うものである。GINGERシステムのフィ-ドバック情報によって,開発者は自分の開発プロセスの理解・制御が可能となる.大学における適用実験の結果,GIGNERシステムを用いた開発者自身による自己管理(制御)の有効性が確認された。
    落水らは、ソフトウェアプロセスの再利用技術を開発するという目標のもとに、ソフトウェアプロセス知識の獲得法、および整理法に関する研究をすすめており、その現状と問題点を整理した。獲得法に関しては事例推論、整理法に関しては帰納推論の手法を利用しているが、現在、以下の問題点をかかえている。(1)ソフトウェア開発活動の基本単位の定義法(事例の表記法)がつかめない(2)事例を一般化して得られる知識の評価法がつかめない、全体としては、「解決不可能な問題」にチャレンジしているのではという疑問も頭をもたげる。
    仕様から算譜(program)を導出するプロセスにおいて、暗黙に仮定された解の「存在」を前提とした場合にいわゆるgenerate and test方式の算譜が出てしまうことが多い。筧らは、導出の支援システムが「背理法」を認めない程度にするのが、「訓練用」システムとしては良い結果をもたらすのではないか、という問題提起を行なった。

  • ソフトウェア構成プロセスの記述とその実働化の研究

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    研究期間:

    1990年
     
     
     

    鳥居 宏次, 菊野 享, 谷口 健一, 筧 捷彦, 落水 浩一郎

     概要を見る

    本研究ではソフトウェアの構成プロセスをいくつかの代表例に焦点をしぼっていろいろな方法で解明すると共に、それを記述するための言語体系の満たすべき条件の整理、それらの実働化実験としてプロセス実行支援系のプロトタイプの試作などを目的としている。
    鳥居らは、主としてプロセス記述言語PDL(Process Description Language)の設計とその言語プロセッサのプロトタイプの試作、試作システム上での種々のソフトウェア構成プロセスの記述を行なってきた。また、比較的大きな自由度を持つ開発作業の構成プロセスを書くために、文脈自由文法を用いて作業系列を記述する方法を提案した。
    落水らは、大学生4名を被験者として設計プロセスの実デ-タを収集しその結果を仕事の手順、利用した経験、知識格納に利用する記憶構造等の種々の観点から分析した。さらに、上記の実験で得た知見に洞察を加え、ソフトウェアプロセスに関する知識の型を、前向きの実行制御知識、オブジェクト知識、後向きの実行制御知識として分類した。
    筧らは、学生演習程度の小規模プログラムを対象にして、その構成プロセスの解明にあたった。モデル化への手懸りが得やすいことを考慮して、問題となるプログラムの仕様を論理式で与え、プログラム正当性の検証作業と並行してプログラム構成を進めていく方式を採用した。
    谷口らは、,実際に代数的言語によるソフトウェアの開発例を通して,ソフトウェア構成プロセスの解析を行った.対象とするソフトウェアの例としては,酒屋の在庫管理問題を取り上げ,代数的言語ASL及びASLに対するプログラム開発支援システムを用いて,実際に要求レベルの仕様からプログラムのレベルまで段階的に記述,検証を行った。
    菊野らは、実際のソフトウェア開発から収集したデ-タを信頼性の観点から定量的に評価し,その結果に基づいてプロセスの改良を試みた。各プロセスで実行される作業手順を整理し,作業手順の各ステップで生成されるプロダクトに関するデ-タを収集した.そのデ-タの評価結果に基づいて,各プロセスのあるべき姿を検討した。

  • 大学数学科の代数系の教育にCAIの手段を用いる研究

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    研究期間:

    1988年
    -
    1989年
     

    寺田 文行, 竹谷 誠, 筧 捷彦, 広瀬 健, 野口 広, 洲之内 治男

     概要を見る

    研究成果の概要は以下の通りである。
    1.大学の代数学の指導における新しい視点
    代数学の理論は、情報科学のような応用分野における概念形成・理論構成の手本としても重要である。その教育にコンピュ-タが果たす役割の根幹は次の2つであることが結論された。
    (1)具体から理論化への試行錯誤を体験させる。
    (2)完成された理論からヒュ-リスティックスを抽出し、人工知能的な立場から、一般の問題解決への戦略の適用を考察する。
    2.CSC(Curriculum Supported by Computer)の実践
    1.の前段階として、代表者寺田文行がすでに提唱しているCSCの考えに基づき、高等学校で実践を行った。
    3.評価理論の数学教育への応用
    教育的立場に立った場合、コ-スウェア・ハ-ドウェアなどの教育的効果を検証する事は肝要であり、とくにコンピュ-タを用いる優れた教育を考えると、評価・分析は不可欠である。そこで2.で述べたCSCの実践に対する意味構造分析による評価・分析を行った。
    4.問題解決プロセスの分析及び問題解決支援システム
    これまで寺田らが開発したシステムなどの高校数学教材を用いて学習者の問題解決の過程を整理し、問題解決に必要な知識を定義・定理・公式などの数学の事実である“数学的知識"と“戦略的知識"に分類し、それらをコンピュ-タ上に表現しコンピュ-タによる問題解決のシミュレ-トを実行した。さらにそのシミュレ-トされた知識を用いて学習者の問題解決を支援するシステムの枠組みを構築している。本システムでは解答の照合・誤りの指摘・解法の指針など学習者に応じた多様な教授法による支援を目指している。

  • Software systems for mobile environment

  • Program verification and derivation

  • モバイル環境でのソフトウェアシステム

  • プログラムの検証と導出

  • 日本語環境・多言語環境と文章処理

  • Multi-lingual environment and Japanese environment for text processing

▼全件表示

Misc

  • 大学入試センター試験「情報関係基礎」の問題分類と高等学校共通教科情報科との対応

    中野 由章, 中山 泰一, 筧 捷彦, 萩谷 昌己, 久野 靖, 角田 博保, 辰己 丈夫, Yoshiaki Nakano, Yasuichi Nakayama, Katsuhiko Kakehi, Masami Hagiya, Yasushi Kuno, Hiroyasu Kakuda, Takeo Tatsumi

    情報教育シンポジウム論文集   ( 2021 ) 100 - 105  2021年08月

     概要を見る

    高等学校共通教科情報科は,2025 年度大学入学共通テストから出題されることが大学入試センターと文部科学省から発表されている.しかし,その検討素材としては,大学入試センターが 2020 年に示した試作問題(検討用イメージ)と 2021 年に公開したサンプル問題しかない.そこで,2022 年度から高等学校で始まる「情報Ⅰ」の授業内容の構築に資するべく,1997 年度大学入試センター試験から出題されている「情報関係基礎」の問題を分類し,高等学校共通教科情報科との対応を試みた.

    CiNii

  • 高等学校情報科における教科担任の現状

    中山泰一, 中野由章, 角田博保, 久野靖, 鈴木貢, 和田勉, 萩谷昌己, 筧捷彦

    情報処理学会論文誌 教育とコンピュータ   3 ( 2 ) 41 - 51  2017年

  • 安西祐一郎先生(本会元会長)インタビュー

    河原 達也, 筧 捷彦, 和田 勉, 久野 靖, 辰己 丈夫

    情報処理   57 ( 3 ) 270 - 277  2016年02月

     概要を見る

    2015年8月末,本会の元会長であり,現在は日本学術振興会理事長である安西祐一郎先生へのインタビューが行われた.安西先生は,現在は文部科学省に設置された高大接続システム改革会議の座長である.本会からは,河原達也(教育担当理事/京都大学),筧捷彦(教育委員会委員長/早稲田大学),和田勉(初等中等教育委員長/長野大学),久野靖(会誌編集委員/筑波大学),辰己丈夫(会誌編集委員/放送大学),および事務局から後路が参加した.

    CiNii

  • 情報オリンピック:0.編集にあたって

    筧 捷彦

    情報処理   56 ( 2 ) 176 - 177  2015年01月

    CiNii

  • 日本語プログラミングによるプログラムの可読性の評価

    馬場 祐人, 筧 捷彦

    情報処理学会論文誌プログラミング(PRO)   5 ( 4 ) 43 - 43  2012年09月

     概要を見る

    日本語プログラミングは,母国語である日本語表記でプログラムを書くことである.日本語でプログラムを書くことの利点は,英単語へ置き換えることなく母国語でソフトウェアを開発できることにある.プログラムを母国語で書くことは,実用規模のソフトウェア開発において実装やデバッグ,保守などの点で寄与する可能性があるが,これらの点で十分に評価,議論されていない.我々は,識別子に日本語表記を用いること,それに加えて自然な日本語に近い文法でプログラムを書くことの効果を評価するために,評価実験を行った.実験では,Java言語による英単語表記のソースコード,Java言語による日本語表記のソースコードおよび日本語プログラミング言語で書かれたソースコードの3種類を比較対象として,プログラムの理解やデバッグに要する時間を測定し,効果を評価した.本論文では,英単語表記と日本語表記とによる違い,実装に用いるプログラミング言語の違いの2つの観点から,日本語プログラミングによるプログラムの可読性について議論する.A Japanese Programming Language (JPL) is a programming language using Japanese words for identifiers, such as variables and functions, and its programs are written in a Japanese word order. The advantage of writing programs in Japanese words is to represent the program in our native language without having to replace to English words. We expect that a Japanese programming contributes to implementation, debugging and maintenance, in a large-scale software development. In this study, we evaluated the effects of the readability of programs written in a JPL with Japanese words for identifiers through a experiment. In this experiment, the subjects read three types of experimental code, we measured the time they need to understand the code and debug. This experiment uses three types of experimental codes. First code is written in Java with English words. Second code is written in Java with Japanese words. Third code is written in the JPL. In this presentation, we discuss the readability of JPL programs in two viewpoints. First is the identifier difference between with Japanese words and English words. Second is the programming language difference between Java language and JPL.

    CiNii

  • 9-215 情報システム企画・開発の実践的な擬似プロジェクトベース教育(OS プロジェクトマネジメントとPBL-IV,口頭発表)

    鷲崎 弘宜, 吉田 裕介, 筧 捷彦, 深澤 良彰, 山戸 昭三, 大久保 雅司

    工学教育研究講演会講演論文集   24 ( 60 ) 460 - 461  2012年08月

    CiNii

  • 日本語プログラミング言語によるプログラムの可読性の評価

    馬場 祐人, 筧 捷彦

    情報処理学会論文誌プログラミング(PRO)   5 ( 2 ) 97 - 97  2012年03月

     概要を見る

    日本語プログラミング言語は,変数や関数を日本語で名付け,日本語の語順でプログラムを書くプログラミング言語である.日本語でプログラムを書くことの利点は,英単語へ置き換えることなく母国語でソフトウェアを開発できることにある.プログラムを母国語で書くことで,ソフトウェア開発においても実装やデバッグ,保守に寄与することが期待される.我々は,日本語プログラミング言語"プロデル"を開発すると同時に,それを使って日本語プログラミングによるソフトウェア開発を実践している.本研究では,日本語プログラミング言語を用いてソフトウェア開発を行い,日本語表記で書かれたプログラムの可読性について評価実験を行った.その結果,日本語で書かれたプログラムは,Javaで書かれたプログラムと比較して,プログラムの理解やデバッグに要する時間が短くなる傾向があることを確認できた.本発表では,日本語プログラミング言語で書かれたプログラムの可読性について議論する.A Japanese Programming Language (JPL) is a programming language using Japanese words for identifiers, such as variables and functions, and its programs are written in a Japanese word order. The advantage of writing programs in Japanese words is to represent the program in our native language without having to replace to English words. We expect that a Japanese programming contributes to implementation, debugging and maintenance, in a large-scale software development. We developed a JPL "Produire" and has developed practical software using the JPL. In this study, we developed software using Produire and experimented to evaluate the readability of programs written in a JPL. This experiment shows that programs written in a JPL, compared to programs written in Java, tend to shorten the time required to understand and debug. In this presentation, we discuss the readability of programs written in a JPL.

    CiNii

  • Web閲覧履歴を利用したうろ覚えWebページ捜索システム

    古山直樹, 石川傑也, 小尾哲也, 筧捷彦

    全国大会講演論文集   2012 ( 1 ) 713 - 715  2012年03月

     概要を見る

    過去に閲覧したWebページは,ブックマークや検索エンジンや閲覧履歴を利用することによって見つけ出せる.しかし,ブックマークをしておらず,検索ワードもわからない,閲覧履歴を探してみようにも,候補が多すぎて捜しきれないということがある. 本研究ではこのような状態を想定して,ユーザがうろ覚えの状態でも分かるような情報を基に,過去に閲覧したWebページの捜索を手助けしてくれるようなシステムを作成した. システムは,Webブラウザのアドオンとして実装する.閲覧時に予め保存しておいた閲覧情報を基に,ユーザが覚えている情報と比較して候補の絞り込みを行い,捜しているWebページの候補をユーザに提示する.

    CiNii

  • Twitterを用いたイベント検索サービス

    酒井大地, 高橋平, 筧捷彦

    全国大会講演論文集   2012 ( 1 ) 673 - 675  2012年03月

     概要を見る

    Twitterに投稿された情報から、イベントと思われる情報を抽出し、イベント開催地やイベント開催日時を利用者に提示するWebサービスの開発を行った。また、リアルタイムで出来事を検索するサービスとして、電車遅延情報や商品の発売延期情報を検索できるサービスの開発を行った。

    CiNii

  • 教育方法への取組みに向けて : 勉強会を始めませんか(情報教育,一般)

    筧 捷彦

    電子情報通信学会技術研究報告. SITE, 技術と社会・倫理   111 ( 363 ) 41 - 41  2011年12月

     概要を見る

    大学での教育について内外から変革を求める声が高まっている。その要点は知識伝達教育から「学士力」「社会人基礎力」といった基本力の育成教育に力を注げ,ということにある。そうした基本力育成をどう行い,その成果をどう計ればいいのか,すでに多くの試行が行われているが,そこで得られた知見を共有するための場をもっと広げる必要がある。「教育とコンピュータ」研究会がそうした場の中核になっていくことを期待する。

    CiNii

  • ぺた語義 : 産業技術系専門職大学院の認証評価:大学評価制度はどうあるべきか?

    掛下 哲郎, 筧 捷彦, 阿草 清滋

    情報処理   52 ( 11 ) 1442 - -1446  2011年10月

    CiNii

  • 日本語プログラミングのためのソフトウェア開発環境の構築とその評価

    馬場 祐人, 筧 捷彦

    日本ソフトウェア科学会大会論文集   28   1 - 15  2011年09月

    CiNii

  • 日本語プログラミング言語における関数の多重定義解決の実装と評価

    馬場 祐人, 筧 捷彦

    情報処理学会論文誌プログラミング(PRO)   4 ( 4 ) 36 - 36  2011年09月

     概要を見る

    本発表では,日本語プログラミング言語への適用を前提とした関数の多重定義解決の実装について報告する.最近の日本語プログラミング言語は,助詞や動詞の組合せによってより自由な表現で日本語として違和感なくプログラムを書くことができる.それだけでなくプログラムを気軽に書いて,すぐ動かすことができる動的型付けのスクリプト言語でもある.そのため,多くはコンパイル時に関数を確定できず,実行時に助詞や動詞の多数の組合せの中から呼び出すべき適切な関数を選ぶ必要がある.我々は,記号表の構築方法を改良することによって,多重定義解決を高速に行う方法を検討し,その処理速度を評価した.この方法により動的型付けによる日本語プログラミング言語処理系の実行速度を改善できた.We propose a function overload resolution method for Japanese Programming Languages (JPLs). Recent JPLs are lightweight script languages providing dynamic data typing of variables. At the same time, JPLs allow flexible argument arrangement of function calls by virtue of Japanese wording. Therefore JPL processor cannot identify a callee function at compile time and shall resolve one from a lot of candidates at run time. We devise a function overload resolution method by reorganizing the symbol table of the interpreter to accelerate resolving. Our experiment shows the method allows a JPL interpreter to execute programs faster.

    CiNii

  • RA-002 日本語プログラミング言語によるプログラムの可読性の評価(プログラミングと数理モデル,A分野:モデル・アルゴリズム・プログラミング)

    馬場 祐人, 筧 捷彦

    情報科学技術フォーラム講演論文集   10 ( 1 ) 7 - 14  2011年09月

    CiNii

  • A-013 形態素解析エンジンを利用した日本語プログラミング言語Wowrusの開発(プログラミングと数理モデル,A分野:モデル・アルゴリズム・プログラミング)

    利根川 翔, 筧 捷彦

    情報科学技術フォーラム講演論文集   10 ( 1 ) 167 - 168  2011年09月

    CiNii

  • RF-003 性別による言葉遣いの違いを考慮したブロガーの年齢推定手法の提案(知識処理,F分野:人工知能・ゲーム)

    古山 直樹, 筧 捷彦

    情報科学技術フォーラム講演論文集   10 ( 2 ) 63 - 66  2011年09月

    CiNii

  • 日本語で一貫したプログラミングの実践~プロデルを用いて~

    馬場 祐人, 筧 捷彦

    研究報告ソフトウェア工学(SE)   2011 ( 17 ) 1 - 9  2011年03月

     概要を見る

    現在の日本におけるソフトウェア開発では母国語である日本語で仕様書を作成し,Javaに代表されるような欧米発想のプログラミング言語を使って実装している.本来日本語と欧米言語とは表現や意味にギャップがあり,そのことで仕様と実装に違いが生じている.日本語で一貫してソフトウェア開発が行えることは,有益であると考えている.我々は,日本語プログラミング言語"プロデル"を開発すると同時に,仕様書から実装まで日本語で一貫したプログラム開発を実践している.本研究では,比較的小規模なソフトウェア開発を例に,UMLを用いて設計したものを,プロデルおよびJavaでそれぞれ実装し比較した.本論文ではソフトウェアの実装を日本語で行うことによる利点や浮かび上がった問題点について報告する.We propose a practice of programming with a Japanese programming language (JPL). Japanese programmers design specifications using Japanese words in designing phase; nevertheless, they write programs using alphabet characters in implement phase. We believe in good for Japanese programmers to read and write programs using Japanese words. We have been developing a JPL "Produire". We are trying to find advantages and research problems through software implementation with Produire. This presentation reports a case study on programming with a JPL through a small software development.

    CiNii

  • 日本語一貫プログラミングの実践 : プロデルを用いて

    馬場 祐人, 筧 捷彦

    日本ソフトウェア科学会大会論文集   27   1 - 9  2010年09月

    CiNii

  • RA-003 日本語らしい日本語プログラムを書くために(A分野:モデル・アルゴリズム・プログラミング,査読付き論文)

    馬場 祐人, 筧 捷彦

    情報科学技術フォーラム講演論文集   9 ( 1 ) 13 - 17  2010年08月

    CiNii

  • WebをコーパスとしたSetExpansionの改善

    伊藤 淳, 筧 捷彦

    全国大会講演論文集   72   509 - 510  2010年03月

    CiNii

  • 編集にあたって

    兼宗 進, 筧 捷彦

    情報処理   50 ( 10 ) 958 - 958  2009年10月

    CiNii

  • 1.情報科学教育の重要性と情報処理学会の活動(<特集>未来のコンピュータ好きを育てる)

    筧 捷彦, 久野 靖

    情報処理   50 ( 10 ) 959 - 963  2009年10月

    CiNii

  • 未来のコンピュータ好きを育てる: 0.編集にあたって

    兼宗 進, 筧 捷彦

    情報処理   50 ( 10 ) 957 - 958  2009年10月

    CiNii

  • 創造的科学技術人材育成と情報教育カリキュラム

    筧 捷彦

    年会論文集   33   65 - 66  2009年08月

    CiNii

  • RA-009 日本語プログラミング言語における字句解析(モデル・アルゴリズム・プログラミング,査読付き論文)

    馬場 祐人, 筧 捷彦

    情報科学技術フォーラム講演論文集   8 ( 1 ) 61 - 64  2009年08月

    CiNii

  • 編集にあたって

    兼宗 進, 筧 捷彦

    情報処理   49 ( 7 ) 720 - 720  2008年07月

    CiNii

  • 1. 情報専門学科カリキュラム標準J07について(<特集>情報専門学科カリキュラム標準J07)

    筧 捷彦

    情報処理   49 ( 7 ) 721 - 727  2008年07月

     概要を見る

    2007〜08年度に情報処理教育委具会の下で策定された情報専門学科カリキュラム」07について報告する.JO7は,1997年度に策定されたJ97の後継として策定されたものである.J97は,&quot;コンピュータサイエンス教育カリキュラム&quot;と銘打たれ,情報専門教育での一群の科目が提示してあった.その上で,当時すでに広がりつつあった情報専門教育の多様化に応じるため,9つの標準履修コース例がそれら科目の組合せとして示してあった.JO7では,さらに進んだ多様化に対応するため,情報専門教育をその目標とするところによってCS,IS,SE,CE,ITの5つの領域に分け,領城ごとにカリキュラム標準を示した.各カリキュラム標準は,その領域での教育対象となる知識項目を整理し分類して示した知識体系を定め,その中でその領域の教育として最低限押さえておくべき項目をコアとして推定したものである.すなわち,具体的な科目をどう構成しカリキュラムをどう組み立てるかは,教育機関の創意工夫にすべて委ねていて,わずかに参考としてコアをカバーする科目構成の例が示してあるに過ぎない.

    CiNii

  • 1Q-2 日本語プログラミング言語によるプログラムの記述(プログラミング言語・実装・支援,学生セッション,ソフトウェア科学・工学)

    馬場 祐人, 筧 捷彦

    全国大会講演論文集   70 ( 1 ) "1 - 297"-"1-298"  2008年03月

     概要を見る

    日本語プログラミング言語において,日本語として違和感のない構文や命名規則を検討し,実用的なロジックを含むプログラムを挙げる.

    CiNii

  • 1Q-3 ウェブサイトを構築するための関数型ビジュアルプログラミング言語「ゆば」(プログラミング言語・実装・支援,学生セッション,ソフトウェア科学・工学)

    佐藤 幸弘, 伊藤 瑞樹, 筧 捷彦

    全国大会講演論文集   70 ( 1 ) "1 - 299"-"1-300"  2008年03月

     概要を見る

    ブラウザのみで利用でき、だれにでも手軽にウェブサービスが構築できるプログラミング環境を開発している。

    CiNii

  • 4ZG-8 初等幾何学教育のための作図ソフトウェア「HiZy」(教科学習,学生セッション,コンピュータと人間社会)

    新井 浩史郎, 筧 捷彦

    全国大会講演論文集   70 ( 4 ) "4 - 715"-"4-716"  2008年03月

    CiNii

  • 8 大学における情報教育J07(<特集>変わりつつある情報教育)

    筧 捷彦

    情報処理   48 ( 11 ) 1218 - 1224  2007年11月

    CiNii

  • A-030 ウェブサイトを構築するための関数型ビジュアルプログラミング言語「ゆば」(A分野:モデル・アルゴリズム・プログラミング)

    三浦 琢磨, 佐藤 幸弘, 筧 捷彦

    情報科学技術フォーラム一般講演論文集   6 ( 1 ) 69 - 70  2007年08月

    CiNii

  • ACM国際大学対抗プログラミングコンテスト世界大会報告

    筧 捷彦, 丸山 宏

    情報処理   48 ( 8 ) 849 - 856  2007年08月

    CiNii

  • 9.高度IT人材育成フォーラム(<小特集>ITフォーラムへの誘い)

    掛下 哲郎, 筧 捷彦, 牛島 和夫

    情報処理   48 ( 5 ) 496 - 498  2007年05月

    CiNii

  • IFIP?情報処理国際連合?近況報告

    中島秀之, 筧捷彦, 齊藤忠夫, 青山幹雄

    情報処理   48 ( 1 ) 95 - 101  2007年01月

    CiNii

  • 日本学術会議と「情報学」の新展開

    筧 捷彦

    情報処理   47 ( 6 ) 670 - 672  2006年06月

     概要を見る

    第68回全国大会の2日目の午後に開かれたシンポジウム「日本学術会議と「情報学」の新展開」について報告する.2005年に日本学術会議の第20期の会員が決まったが,全学問領域にわたる210名の会員の中から15名の「情報学」の研究者が選ばれた.それだけ「情報学」の広がりが認知されたといえる.これを機に日本学術会議会員を招いて,日本学術会議が何を目指すのか,その中で「情報学」にどんな展開が期待されるのかを語っていただいた.

    CiNii

  • proGrep-プログラミング学習履歴検索システム

    長 慎也, 筧 捷彦

    情報処理学会研究報告. CE,[コンピュータと教育]   78   29 - 36  2005年02月

    CiNii

  • proGrep-プログラミング学習履歴検索システム

    長 慎也, 筧 捷彦

    情報処理学会研究報告. コンピュータと教育研究会報告   2005 ( 15 ) 29 - 36  2005年02月

     概要を見る

    教室におけるネットワーク環境の整備が進み、プログラミングの授業において、学習者の書いたプログラムや、学習者が出したエラーなどの詳細な学習履歴を収集することが可能となった。この収集された情報から、学習者の特徴的な行動を抽出して、学習者の出来を判断したり、学習者に自動的にアドバイスを与えたりできるシステム&quot;proGrep&quot;を開発した。今回は、このシステムの機能と、授業での活用事例について報告する。

    CiNii

  • 本格段階に入ったJABEE認定制度の普及と活用 : 情報技術教育を中心とした促進策について(JABEE普及啓発シンポジウム(経済産業省委託事業))(会議レポート)

    筧 捷彦

    情報処理   45 ( 12 ) 1296 - 1297  2004年12月

    CiNii

  • プログラミングの入門に適した,支援システムとコースデザイン

    長 慎也, 日野 孝昭, 前島 真一, 小田嶋 祐介, 佐々木 康太朗, 筧 捷彦

    情報処理学会研究報告. コンピュータと教育研究会報告   2004 ( 100 ) 9 - 16  2004年10月

     概要を見る

    プログラミング学習における支援システムを開発し,Javaを用いたプログラミングの入門の授業において実践した事例を報告する.授業を行うにあたり,次のような点を重点的に実践した.まず,アニメーションなどの,興味の持てるプログラムを作らせること,次に,最初はプログラムとして書くべきことを少なくし,学習の発展に従い段階的に複雑なプログラムも書けるようにすること,また,ネットワーク教材を活用し,学習状況を把握したりたりすること,などである.この試みは2003年から行っているが,その年は,学習内容が進むにつれてそれまでの学習内容との違いに戸惑いを感じる学生が多かったなどの問題点があった.そこで,2003年までの学習環境,コースデザインに改良を加え,2004年度のプログラミング授業に再び適用した. T

    CiNii

  • A-031 オブジェクト指向プログラミングにおけるオブジェクトの自動可視化 : Nigariへの実装を例として(A.モデル・アルゴリズム・プログラミング)

    鈴木 健司, 小田嶋 祐介, 長 慎也, 甲斐 宗徳, 筧 捷彦

    情報科学技術フォーラム一般講演論文集   3 ( 1 ) 71 - 72  2004年08月

    CiNii

  • プログラミング環境Nigari : 初学者がJavaを習うまでの案内役

    長 慎也, 甲斐 宗徳, 川合 晶, 日野 孝昭, 前島 真一, 筧 捷彦

    情報処理学会論文誌. プログラミング   45 ( 9 ) 25 - 46  2004年07月

     概要を見る

    初学者がプログラミングを学習する場合,一般に,最初は簡単な概念を学び,次第に高度な概念を習得するという順序を踏む.学習環境も,その進行に沿ったものが用意できるとよい.最初は,難しい概念を知らなくても使える取っ付きやすい言語や環境を与え,学習が進むに従って,高度な概念も扱えるJavaなどの実用的な言語へ移行させるとよい.これによって,初学者にプログラミングに対する興味を持たせ,学習意欲を継続させることが可能であると考えられる.そこで,プログラミング学習の導入部において用いるのに適した言語Nigariとその環境を開発した. Nigariの言語仕様は,Javaのそれを簡素化したものになっており,クラスやメソッドの宣言など,初学者にとって理解が難しいものを書く必要がない.一方,基本的な制御構造などは. Javaとぽとんど同じ仕様である.Nigariの実行環境は,オブジェクトを自動的に可視化する機能を持つ.これによって,学習者のプログラミングヘの意欲を向上させるだけでなく,オブジェクトの概念をも理解させることができる.早稲田大学コンピュータ・ネットワークエ学科1年前期のプログラミングの授業を実験の場とした.この授業は本来Javaを用いて実習を行うが,導入部にNigariを用いた.実験では,オブジェクトの可視化機能について学生から高い評価を得られた.また,言語を簡素にすることについても,...

    CiNii

  • プログラミング環境Nigari-初学者がJavaを習うまでの案内役

    長慎也, 甲斐 宗徳, 川合 晶, 日野 孝昭, 前島真一, 筧 捷彦

    情報処理学会論文誌プログラミング(PRO)   45 ( 9 ) 25 - 46  2004年07月

     概要を見る

    初学者がプログラミングを学習する場合,一般に,最初は簡単な概念を学び,次第に高度な概念を習得するという順序を踏む.学習環境も,その進行に沿ったものが用意できるとよい.最初は,難しい概念を知らなくても使える取っ付きやすい言語や環境を与え,学習が進むに従って,高度な概念も扱えるJavaなどの実用的な言語へ移行させるとよい.これによって,初学者にプログラミングに対する興味を持たせ,学習意欲を継続させることが可能であると考えられる.そこで,プログラミング学習の導入部において用いるのに適した言語Nigariとその環境を開発した.Nigariの言語仕様は,Javaのそれを簡素化したものになっており,クラスやメソッドの宣言など,初学者にとって理解が難しいものを書く必要がない.一方,基本的な制御構造などは,Javaとほとんど同じ仕様である.Nigariの実行環境は,オブジェクトを自動的に可視化する機能を持つ.これによって,学習者のプログラミングへの意欲を向上させるだけでなく,オブジェクトの概念をも理解させることができる.早稲田大学コンピュータ・ネットワーク工学科1年前期のプログラミングの授業を実験の場とした.この授業は本来Javaを用いて実習を行うが,導入部にNigariを用いた.実験では,オブジェクトの可視化機能について学生から高い評価を得られた.また,言語を簡素にすることについても,ある程度の評価を得られた.When novice students learn programming, they usually start from basic notions and proceed to higher-level concepts. Teachers should provide materials adapted for students' progress: first, they should provide simple and easy programming language environment, then, shift to a practical one such as of Java, which can handle more sophisticated concepts. We developed a programming language Nigari and its environment. It is designed as a workbench at the first stage of programming lessons. The language specification of Nigari is a subset of Java: control structures are almost equal to Java, but no class declarations and no method declarations are required to write. It is intended that students can shift to Java ultimately without confusion. Moreover, the environment of Nigari has visualization feature that shows objects on a screen automatically. This feature fuels students' motivations to learn programming and helps their grasping basic concepts of "Objects". We applied Nigari, as an experiment, in a lesson of programming in Department of Computer Science, Waseda University. The course had been designed to use Java originally. We provided Nigari to students as their startup environment. Questionnaire in and after the course showed that many students favored its object visualization feature and some appreciated its language simplicity.

    CiNii

  • 2-1 IEEE/ACM Computing Curricula 2001などの情報通信系標準カリキュラム : 2003年度発足の早稲田大学理工学部コンピュータ・ネットワーク工学科カリキュラムを例として(2.カリキュラム)(<特集>グローバル化時代の教育と研究)

    大石 進一, 筧 捷彦

    電子情報通信学会誌   86 ( 11 ) 839 - 844  2003年11月

     概要を見る

    2003年4月から再編により発足した早稲田大学理工学部コンピュータ・ネットワーク工学科ではIEEE/ACM Computing Curricula 2001も参考にして,そのカリキュラムを作成した.編集からの依頼により,その経験で他機関に参考になると思われる部分を解説した.

    CiNii

  • Nigari-Java言語へも移行しやすい初学者向けプログラミング言語

    長 慎也, 甲斐 宗徳, 川合 晶, 日野 孝昭, 前島 真一, 筧 捷彦

    情報処理学会研究報告. コンピュータと教育研究会報告   2003 ( 103 ) 13 - 20  2003年10月

     概要を見る

    大学のプログラミングの授業では,Javaなどの既存のプログラミング言語を題材とすることが多い.それらは習得が難しく,プログラミング嫌いを生む原因となる.初学者には,興味を惹く例題がすぐに書け,それでいて既存言語へ容易に移行できるプログラミング言語と環境を用いるのが適切である.そこで,オブジェクト指向のプログラミングにすぐ入れて,なおJavaへの移行も容易な言語Nigariとそのプログラミング環境を実際に開発して,授業に用いてみた.本発表では早稲田大学コンピュータ・ネットワーク工学科での,その試行結果を報告する.

    CiNii

  • 1800時間(情報技術と教育)

    筧 捷彦

    情報処理   44 ( 10 )  2003年10月

    CiNii

  • 「つながり」を利用した検索語からの同義語の抽出

    長 慎也, 筧 捷彦

    コンピュータソフトウェア   20 ( 4 ) 369 - 374  2003年

     概要を見る

    ユーザの入力した検索語をもとに同義語の組を抽出する手法を提案する.本手法は,ユーザが入力した検索語の共起関係から,つながりと呼ばれる検索語間の関係を定義し,この関係を強く持つ検索語同士から同義語の組を抽出する.また,実際に稼働している全文検索システムを用いた実験を行い,本手法の有効性を検証した.実験に用いた検索システムはlinux-usersメーリングリストのアーカイブを検索するシステムであり,2002年2月から6月までの約7万リクエストについて解析を行った.

    DOI

  • Tonyu : アクションゲーム製作に特化した開発環境

    長 慎也, 筧 捷彦

    情報処理学会論文誌. プログラミング   43 ( 8 )  2002年09月

     概要を見る

    アクションゲームを作成する際に必要となる技術として,複数のオブジェクトの並行動作や,ゲーム画面の視覚的設計,といったことがあげられる。これらの技術をユーザから簡単に利用可能にする言語および開発環境Tonyu System(以下Tonyu)を作成した.まず,Tonyuは各オブジェクトの動きを独立に記述し,それらを並行動作させることが可能である.並行動作を行うには通常マルチスレッドを用いるが,アクションゲームはオブジェクトが多数出現するため,OSで用意されているスレッドでは負荷が大きすぎる.Tonyuは仮想機械による実行系を持ち,仮想的なスレッドを同時に複数実行できるが,OS上ではシングルスレッドで実行される.このため,同等の処理をOSのスレッドを利用して行う場合に比べて負荷が抑えられている.また,Tonyuはゲーム画面の設計を視覚的に行う仕組みを持つ.GUIアプリケーションの外観を設計するビジュアルツールは多く普及しているが,Tonyuはこのビジュアルツールの技術をゲーム画面のレイアウト設計に応用したものである.さらに,Tonyuはプログラムの実行中においても,設計時同様,ゲーム画面のクリックによるオブジェクトの選択,選択されたオブジェクトの値の閲覧,編集といったデバッグ操作をリアルタイムに行うことができる.この機能を利用して,他ユーザのプログラムを容易に解析,改変することがで...

    CiNii

  • Tonyu-アクションゲーム製作に特化した開発環境

    長慎也, 筧 捷彦

    情報処理学会論文誌プログラミング(PRO)   43 ( 8 ) 121 - 121  2002年09月

     概要を見る

    アクションゲームを作成する際に必要となる技術として,複数のオブジェクトの並行動作や,ゲーム画面の視覚的設計,といったことがあげられる.これらの技術をユーザから簡単に利用可能にする言語および開発環境Tonyu System(以下Tonyu)を作成した.まず,Tonyuは各オブジェクトの動きを独立に記述し,それらを並行動作させることが可能である.並行動作を行うには通常マルチスレッドを用いるが,アクションゲームはオブジェクトが多数出現するため,OSで用意されているスレッドでは負荷が大きすぎる.Tonyuは仮想機械による実行系を持ち,仮想的なスレッドを同時に複数実行できるが,OS上ではシングルスレッドで実行される.このため,同等の処理をOSのスレッドを利用して行う場合に比べて負荷が抑えられている.また,Tonyuはゲーム画面の設計を視覚的に行う仕組みを持つ.GUIアプリケーションの外観を設計するビジュアルツールは多く普及しているが,Tonyuはこのビジュアルツールの技術をゲーム画面のレイアウト設計に応用したものである.さらに,Tonyuはプログラムの実行中においても,設計時同様,ゲーム画面のクリックによるオブジェクトの選択,選択されたオブジェクトの値の閲覧,編集といったデバッグ操作をリアルタイムに行うことができる.この機能を利用して,他ユーザのプログラムを容易に解析,改変することができる.これらの特徴を活かし,Tonyuをプログラムの共同開発やプログラミング教育のためのツールとして利用していく予定である.To making action games, we need following techniques: parallel processing of multiple objects and visual design of game fields. We developed "Tonyu System" to support these techniques for users. At first, Tonyu allows users write behavior of each object independently and then put them into a field and run them automatically in parallel. In action games, there may be many threads at a same time. That will charge very high load when using native threads (threads provided by OS). Tonyu can execute virtual multi-threads on the virtual machine. But consumes just one native thread. It charges less load than using native thread. Second, Tonyu enables users to design layouts of game fields visually. To design layouts of GUI-based applications, visual development tools are widely available. Tonyu is also a visual development tool, but for designing layouts of action games. Moreover, Tonyu has some useful debugging features: selecting each object by clicking the game screen and inspecting and editing values of the object. These features can be used not only at design time, but also at runtime. They support users to analyze and modify other user's programs. Using these features, we are using Tonyu for co-operating development, or programming education.

    CiNii

  • 「JABEE審査認定の基本方針」・「審査・受審の手順」

    情報処理学会   アクレディテーション講習会-情報および情報関連分野のアクレディテーション受審のために-資料  2002年

  • 情報分野のアクレディテーション

    電気関係学会東海支部   平成14年度 電気関係学会東海支部連合大会 講演論文集, pp.S-59 - S-60  2002年

  • SC22(Programming Languages and its Environment and Systems Interface/プログラム言語とその環境およびシステムインタフェース)総会報告

    情報処理学会情報規格調査会   情報技術標準, 56, pp.10-11  2002年

  • 早稲田大学における教育改革とデジタルキャンパス構想

    New Education Expo/同実行委員会    2002年

  • 情報分野のアクレディテーション

    日本工学教育協会   平成14年度工学教育連合講演会講演論文集, pp.35-38  2002年

  • 多言語処理システム―System 1 とその展開―

    東義大学校(韓国)、地方自治研究所 韓日文化技術交流研究会   世方化(Glocalization)を目指す日韓共同学術シンポジウム報告集、pp.111-131  2002年

  • デジタルキャンパスコンソーシアムと広報

    早稲田大学出版部   デジタル時代の広報戦略、pp.128-133  2002年

  • 第2次「デジタルキャンパスコンソーシアム(DCC)」計画

    日本計画研究所   第6753回 JPI特別フォーラム, pp.1-17  2002年

  • 計算論への入門、エフィーム・キンバー,カール・スミス著、杉原崇憲訳

    ピアソン・エデュケーション   208 p.  2002年

  • 「情報および情報関連分野」の分野別要件

    情報処理学会   第64回全国大会論文集、シンポジウム「アクレディテーション」  2002年

  • D-8-19 エージェントを用いた自動情報配信システムの設計

    長 慎也, 栗栖 将也, 筧 捷彦

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2001 ( 1 ) 118 - 118  2001年03月

    CiNii

  • 情報分野の分野別要件と 審査試行の報告

    日本技術者教育認定機構 (JABEE)   2001年審査員研修会  2001年

  • JABEE認定審査の方法

    情報処理学会   「情報および情報関連分野アクレディテーション研修会-JABEE審査員養成-」資料集  2001年

  • SC22 (Programming Languages, their Environments and Systems Software Interfaces) 総会報告

    情報処理学会情報規格調査会   情報技術標準,52  2001年

  • シンポジウム「JABEE アクレディテーション試行」

    日本工学教育協会主催    2001年

  • SC22 (Programming Languages, their Environments and Systems Software Interfaces) 年次報告

    情報処理学会情報規格調査会   情報技術標準,50  2001年

  • 産学協同を推進するIFIP-情報処理国際連合

    情報処理学会   情報処理 42-11  2001年

  • Digital Campus Consortium - A Trial of Collaboration for University Education

    National Institute of Informatics   IW2000 (International Workshop on Next Generation Internet and its Application)  2001年

  • シンポジウム「情報処理専門教育カリキュラムとアクレディテーション」

    情報処理学会   第62回全国大会  2001年

  • シンポジウム「アクレディテーション」

    情報処理学会主催    2001年

  • An Implementation of Mixed-Language Text Editor - mledit

    ICCPOL   19th International Conference on Computer Processing of Oriental Languages, ICCPOL 2001  2001年

  • 情報教育は情報化されているか?

    辰己丈夫, 楠元範明, 原田康也, 筧捷彦

    情報教育シンポジウム2000論文集   2000 ( 9 ) 9 - 16  2000年07月

    CiNii

  • 大学構内モバイル環境実現における履歴収集機能拡張

    筧 捷彦, 深澤 良彰, 平野 泰

    電子情報通信学会総合大会講演論文集   2000 ( 1 ) 291 - 292  2000年03月

    CiNii

  • SC22 (Programming Languages, their Environments and Systems Software Interfaces) 年次報告

    情報処理学会情報規格調査会   情報技術標準,46  2000年

  • Multilingual System for Universal Communication: Web Browser Implementation of Mixed-Language Document Handling System

    IFIP WCC2000   WCC 2000Proceedings of Conference on Software :Theory and Practice, IFIP WCC 2000  2000年

  • Multilingual Editor for Mixed-Language Document Handling

    EALPIIT    2000年

  • SC22 (Programming Languages, their Environments and Systems Software Interfaces) 総会報告

    情報処理学会情報規格調査会   情報技術標準,48  2000年

  • 1ZA-6 マルチリンガルエディタにおける検索機能の設計(1) : 基本要件の抽出と発展型の提案(UI開発支援,一般講演,インタフェース)

    片岡 朋子, 上園 一知, 筧 捷彦

    全国大会講演論文集   59 ( 4 ) "4 - 11"-"4-12"  1999年09月

    CiNii

  • 1ZA-7 マルチリンガルエディタにおける検索機能の設計(2) : 検索機能の実現(UI開発支援,一般講演,インタフェース)

    上園 一知, 片岡 朋子, 筧 捷彦

    全国大会講演論文集   59 ( 4 ) "4 - 13"-"4-14"  1999年09月

    CiNii

  • 4X-3 大学構内におけるモバイル環境実現の経験とその評価(学校・教室システム,一般講演,コンピュータと人間社会)

    筧 捷彦, 深澤 良彰, 平野 泰

    全国大会講演論文集   59 ( 4 ) "4 - 263"-"4-264"  1999年09月

    CiNii

  • 国際化Web Browserの設計

    上園 一知, 片岡 朋子, 筧 捷彦

    電子情報通信学会技術研究報告. NLC, 言語理解とコミュニケーション   99 ( 228 ) 1 - 8  1999年07月

     概要を見る

    インターネットなどの情報通信で使用できる文字はラテンアルファベットが主流であり、ネットワークの国際化の反面、未だ母語を利用できず、ソフトウェアの国際化は進んでいないのが現状である。World Wide Webにおいても、HTML自信の仕様と Web Browserが特定のエンコーディングを対象としているため、任意に文字を混在させて利用可能な国際化の実現が困難である。そこで、X Window System上で開発した国際化ライブラリである System 1を利用し、国際化 Web Browser の開発を行っている。本稿では、HTML文書の表示と文字列検索考察し、Web Browserに必要な機能について述べる。

    CiNii

  • 国際化Web Browserの設計

    上園 一知, 片岡 朋子, 筧 捷彦

    情報処理学会研究報告. 自然言語処理研究会報告   99 ( 62 ) 57 - 64  1999年07月

     概要を見る

    インターネットなどの情報通信で使用できる文字はラテンアルファベットが主流であり、ネットワークの国際化の反面、未だ母語を利用できず、ソフトウェアの国際化は進んでいないのが現状である。World Wide WebにおいてもHTML自身の仕様とWeb Browserが特定のエンコーディングを対象としているため、任意に文字を混在させて利用可能な国際化の実現が困難である。そこで、X Window System上で開発した国際化ライブラリであるSystem 1を利用し、国際化Web Browserの開発を行っている。本稿では、HTML文書の表示と文字列検索を考察し、Web Browserに必要な機能について述べる。

    CiNii

  • 情報処理学会IFIP委員会主催シンポジウム/-WCC98に参加して、-IFIP TC-この1年

    第58回(平成11年度前期)全国大会論文集/情報処理学会    1999年

  • 大学構内におけるモバイル環境実現の経験とその評価

    情報処理学会   第59回(平成11年度後期)全国大会論文集 4; , pp.263-264  1999年

  • アクレディテーション

    第58回(平成11年度前期)全国大会論文集/情報処理学会    1999年

  • 補助金活用によるモバイル活用授業の実験報告(モバイルキャンパスの実現を目指して)

    私立大学情報教育協会   平成11年度第13回私情協大会資料, pp.189-192  1999年

  • SC22専門委員会(プログラム言語、その環境およびシステムソフトウェアインタフェース:Programming Languages, their Environments & System Software Interfaces)年次報告

    情報処理学会情報規格調査会   情報技術標準、42, pp.15-19  1999年

  • ACM国際大学対抗プログラミングコンテスト'98―'99 アジア地区予選東京大会顛末記/前編

    共立出版   bit 31-6, pp.62-67  1999年

  • X-Windowを用いたモンゴル語のアプリケーションの開発-統合とPCへの移植

    文部省科学研究費補助金/特定領域研究/人文科学とコンピュータ-コンピュータ支援による人文科学研究の推進/研究班   文部省科学研究費補助金1998年度研究成果報告書/特定領域研究/人文科学とコンピュータ-コンピュータ支援による人文科学研究の推進/pp.151-156  1999年

  • コミュニティにおける広域情報共有システムの開発に関するフィージビリティスタディ報告書

    財団法人ソフトウェア工学研究財団    1999年

  • 国際化テキスト入力機構モデルの構築

    上園 一知, 片岡 朋子, 片岡 裕, 筧 捷彦

    全国大会講演論文集   57 ( 4 ) 215 - 216  1998年10月

    CiNii

  • 国際化Webブラウジングの検討

    上園 一知, 筧 捷彦

    電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集   1998  1998年09月

    CiNii

  • TC2(Software : Theory and Practice) : ソフトウエアの理論と実際

    筧 捷彦

    情報処理   39 ( 8 ) 832 - 832  1998年08月

    CiNii

  • International Conference on Multilingual Text Processing ICMTP'98:toward a proper coding of all written language of the world

    http://www.mling.waseda.ac.jp/icmtp   ICMTP Conference Secretariat, Waseda University/icmtp@mling.waseda.ac.jp,  1998年

  • ACM国際大学対抗プログラミングコンテスト-アジア地区予選

    http://www.isse.kuis.kyoto-u.ac.jp/acm-japan/contest-j.html    1998年

  • 高校におけるプログラミング教育で何を教えるべきか

    情報処理学会プログラミング・シンポジウム委員会   夏のプログラミング・シンポジウム「情報技術とコンピュータ」報告集, pp.55-66  1998年

  • 早稲田大学の情報化と教育―その現状と展望

    早稲田フォーラム   ;75 pp.4-16  1998年

  • X Windowを用いたモンゴル語処理

    講座 人文科学研究のための情報処理―全5巻/尚学社   1; pp.106-108  1998年

  • 最先端のIT(情報技術)を目指すIFIPと日本の活動:TC2(Software:Theory and Practice)-ソフトウェアの理論と実際

    情報処理学会   情報処理 39-8, p.832  1998年

  • SC22(Programming Languages, their Environments and Systems Software Interfaces/プログラミング言語、その環境及びシステムソフトウェアインタフェース)総会報告

    情報技術標準/情報処理学会情報規格調査会広報委員会   40,pp.11-12  1998年

  • ITの先端技術を目指すIFIPと日本の協力

    情報処理学会   第56回(平成10年度前期)全国大会論文集(I)  1998年

  • コミュニティにおける広域情報共有システムの開発に関するフィージビリティ・スタディ報告書

    財団法人ソフトウェア工学研究財団    1998年

  • SC22専門委員会(プログラム言語、その環境およびシステムソフトウェアインタフェース:Programming Languages, their Environments & System Software Interfaces)

    情報技術標準/情報処理学会情報規格調査会広報委員会   38,pp.23-26  1998年

  • 日-韓機械翻訳における連語パターンを用いた変換手法

    朴 哲済, 李 鐘赫, 李 根培, 筧 捷彦

    情報処理学会論文誌   38 ( 4 ) 707 - 718  1997年04月

     概要を見る

    本稿では, 直接翻訳方式を利用した日-韓機械翻訳システムにおいて, 連語パターンによる変換手法を提案する. 筆者らは, 日本語での連語パターンを作成し, 変換規則として用いることにより語彙の曖昧性の問題を解決した. また, 意味素性をベースにした選択制限として, 連語パターンの中で最もパターン類似度が高いものを選択する類似度のスコア計算の方法を提案する. 我々は, このような変換方法を用いた日-韓機械翻訳システムを鉄鋼関係の特許文書翻訳のために構築し, その性能を評価法によって分析した. その結果, 翻訳成功率は約94%であるし, 意味的曖昧性を持つ用言と助詞に対して各々95.62%, 94.96%の語彙の曖昧性を解決し, この手法が十分有効であることを確認した.

    CiNii

  • 語の連接関係を利用した未知語の形態素辞書情報の獲得手法

    朴 哲済, 筧 捷彦

    自然言語処理 = Journal of natural language processing   4 ( 1 ) 71 - 86  1997年01月

    CiNii

  • A Corpus-Based Morphologicakl Analysis using Probabilistic Morphotactics

    17th ICCPOL   pp.437-442  1997年

  • Postprocessing Method of Japanese Morphological Analysis using Probabilistic Connectivity Matrix

    Journal of Korea Information Science Society(B)   24;1 pp.73-81  1997年

  • SC22専門委員会(プログラム言語、その環境およびシステムソフトウェアインタフェース)1996年度活動報告

    情報技術標準/社団方法人情報処理学会情報規格調査会広報委員会   ;34,pp.22-25  1997年

  • A Table-Driven Modality Generation in Japanese-Korean Machine Translation System

    17th ICCPOL   pp.430-436  1997年

  • SC22(Programming Languages, their Environments and Systems Software Interfaces)総会報告

    情報技術標準/社団方法人情報処理学会情報規格調査会広報委員会   ;36,pp.9-11  1997年

  • 米田信夫先生を悼む

    筧 捷彦

    コンピュータソフトウェア   13 ( 4 )  1996年07月

    CiNii

  • HTMLをもちいた定理の自動証明システムの実現

    西田 雅彦, 高津 智仁, 辰己 丈夫, 筧 捷彦

    全国大会講演論文集   52 ( 0 ) 163 - 164  1996年03月

     概要を見る

    定理の自動証明システムをWWW上で実現する。一般にハイパーテキストのビューワーと認識されているWWWブラウザを一つの環境ととらえ、その上に論理体系CLCに基づく証明システムを構築する。WWWブラウザとサーバ上の証明プログラムの間で、命令とデータのやりとりを繰り返しながら証明を進める。証明プログラムはサーバー上で実行されるので、ユーザーはただWWWブラウザを用意するだけでシステムを利用することができる。つまりコンピュータの機種やOSの種類によらない普遍的な環境を提供することができた。

    CiNii

  • 自然言語処理による新しい日本語組版をめざして

    松本 高幸, 佐藤 慎司, 筧 捷彦

    全国大会講演論文集   52 ( 3 ) 271 - 272  1996年03月

     概要を見る

    ここで紹介するものは、従来のべた詰めの日本語組版とは違う、新しい日本語組版の方法である。日本語文書の組版は、一部の例外を除いてべた詰めで組まれてきた。これに対して、欧文では単語毎にスペースが入れられ、単語が行で分割される場合は、ハイフネーションが入れられる。我々が日本語文書を読み書きするとき自然に文節を意識しており、改行するときは、文節の切れ目で改行するのが自然である。しかし、印刷されたものは、一見して文節というものが分からない。そこで、日本語を文節単位で考え、2章で欧文・手書き文書の特徴を、3章でいくつかの新しい組版方法を提案する。

    CiNii

  • プログラマブルテキストコンバータ

    今津 信一, 新林 満, 姜 力, 山本 俊行, 筧 捷彦

    全国大会講演論文集   52 ( 3 ) 307 - 308  1996年03月

     概要を見る

    あるフォーマットにしたがって書かれているテキストファイルを別の形のフォーマットに直すという作業を行なう時、ある種のツール類が存在している。しかしこれらのほとんどは、決められたフォーマットの間のテキストでしか変換ができない。変換したいフォーマットに適したものがある場合は良いがいつもそうであるとは限らない。たとえば構造に関するマークアップなどは明示されていない文章があったとする。しかしこの文章に章の番号などが振られていたとすれば構造を知ることができる。つまり、構造に関するマークアップが明示されていないものも、定型に収まっていれば構造を知ることはできるということである。そこで、変換元のテキストの構造を定義し、変換の方法を指定すれば望む結果が得られるようなテキストコンバータを作成した。

    CiNii

  • Definition of the Mongolian Character Codesets Enabling Multilingual Text Manipulation

    片岡 朋子, 片岡 裕, 上園 一知, 辰巳 丈夫, 吉田 順ー, 筧 捷彦, 小原 啓義

    情報処理学会研究報告. 人文科学とコンピュータ研究会報告   96 ( 15 ) 61 - 66  1996年01月

     概要を見る

    蒙古(関連)語は、複数の異なるタイプの文字群で記述されてきた。これらの文字群は、極めて複雑な正書法を持つため、文字コード化及び計算機処理化が進んでいなかった。特にこれらの文字群は、歴史的経緯により、縦書きと横書きでの混在処理が必要とされる。全世界の文字を分析し、一文字の定義と文字を構成する情報を得た。これにより複雑な正書法をもつ蒙古文字に最適な文字コードを決定することができた。この結果、国際化の一環として、蒙古文字を含む全ての文字の混在文書の、単一的機構による一般化した入出力・文書処理が可能となった。

    CiNii

  • WWWを用いた情報処理発信教育について

    Bulletin of the Centre for Informatics/早稲田大学   20  1996年

  • HTMLをもちいた定理の自動証明システムの実現

    第52回全国大会/(社)情報処理学会   3  1996年

  • 私大におけるインターネットとは何か

    第18回首都圏私大研究集会   17 pp.3-16  1996年

  • 新世代携帯情報端末システムに関する調査研究報告書

    (財)ソフトウェア工学研究財団    1996年

  • プログラマブルテキストコンバータ

    第52会全国大会講演論文集/(社)情報処理学会   3  1996年

  • Multilingual Computing of All Characters in the World

    文部省科学研究費補助金重点領域人文科学とコンピュータ1996年度研究成果報告書   3 pp.97-108  1996年

  • Problems and Solutions for Mongolian Related Scripts Text Processing

    文部省科学研究費補助金重点領域人文科学とコンピュータ1996年度研究成果報告書   3 pp.81-96  1996年

  • 学会の機能

    筧 捷彦

    情報処理   36 ( 10 )  1995年10月

    CiNii

  • 5.Ada-9X : 大規模ソフトウェア向きの手続き型言語 (&lt特集&gtプログラミング言語最新情報-II)

    筧 捷彦, 石畑 清, 西田 晴彦

    情報処理   36 ( 4 ) 304 - 314  1995年04月

    CiNii

  • P区間表とそのプログラミング教育における効果

    二村 良彦, 白井 千恵子, 劉 咏梅, 二村 夏彦, 筧 捷彦

    全国大会講演論文集   50 ( 5 ) 205 - 206  1995年03月

     概要を見る

    数列の区間および数平面上の矩形に関する問題は問題は明解であるが,その効率の良い解法は複雑である.したがって多くの学生はそれらの問題の最適な解法の理解に困難を感じている.筆者らは,P区間表と呼ばれるデータ構造を提案し,その区間や矩形に関する問題解決の有効性について調査した.本稿ではその教育上の有効性について報告する.なお,P区間表には右区間表と左区間表があるが,ここでは簡便のためP区間表により右P区間表を表すことにする.

    CiNii

  • 早稲田大学におけるWWW顛末記

       1995年

  • WWW Serverを一般ユーザに開放し,HTML教育に用いる試みの経過報告(Presentation用html)

       1995年

  • ネットワークと学会

    筧 捷彦

    コンピュータソフトウェア   11 ( 3 ) 161 - 162  1994年05月

    CiNii

  • 廣瀬健先生を偲ぶ(学会記事)

    筧 捷彦

    応用数理   4 ( 1 ) 97 - 97  1994年03月

    DOI CiNii

  • 廣瀬健先生を偲ぶ

    筧 捷彦

    コンピュータソフトウェア   10 ( 6 )  1993年11月

    CiNii

  • 構文解析に基づく辞書情報推定に関する研究

    朴 哲済, 崔 卿楽, 筧 捷彦

    全国大会講演論文集   46 ( 3 ) 53 - 54  1993年03月

     概要を見る

    本稿では、依存文法による構文解析システムを利用して、自然言語の形態素及び文法属性を推定し、辞書に登録・管理する辞書管理システムについて述べる。現在の自然言語処理システムは言語に関する情報が辞書に存在することを前提として構築されているが、実際、膨大な言語に関する情報を持つ辞書を構築することは不可能に近いことである。そこで、我々は構文解析システムの実行結果を基に日本語の形態素及び文法属性を仮想辞書に登録し、解析システムが動くことによりその情報の精度を上げて自動的に辞書を拡張管理するシステム開発を行っている。本研究の目的は、辞書構築手法を模索する一つの試みとして解析段階で未知語が見つかった場合、推論機構を通して獲得された情報に基づいて、辞書情報としての利用可能性を探索することである。従って、ここで、文法属性というのは解析システムの環境に違反しない範囲で再構成され、文の中で語の役割を重視する文法知識であることを前提とする。ここでは、その基本アルゴリズムと実験結果について報告する。

    CiNii

  • 不完全情報を含む日本語解析システムについて

    朴 哲済, 崔 卿楽, 筧 捷彦

    全国大会講演論文集   46 ( 3 ) 79 - 80  1993年03月

     概要を見る

    自然言語処理システムにおいて、言語に関する情報の完全性は、そのシステムの性能に大きな影響を与えるが、膨大な言語に関する情報を系統的に作成することは因難な問題である。未知語処理や推論の研究分野で、即知の問題を未知の領域に適用する方法や解析の過程で最もらしい解を導出する方法が提案されているが、分野の限定や速度の向上が必要とされている。本稿では、依存文法による日本語解析システムにおいて、不完全な辞書情報に対して推定機能を用いた日本解析システムについて述べる。解析システムの文法は基本的に依存文法を採用しており、各単語の意味素性の決定により意味処理を行っている。辞書は、辞書情報推定システムによって作られた不完全情報を持つ仮想辞書と完全な形態素及び文法情報が登録されている完全情報辞書と二つに大別される。未知語を含んでない文については、解析結果、その係受けの木構造を出力するし、完全情報辞書にない単語については仮想辞書を検索し、その言語情報の形態素及び文法情報推定を行い、可能な解析結果を求める日本語解析システム開発を行っている。ここでは、その基本アルゴリズムと実験結果について報告する。

    CiNii

  • 対称整列法:攪乱要因dに対しO(n* log (d))時間の整列法

    二村 良彦, 二村 夏彦, 筧 捷彦

    情報処理学会研究報告アルゴリズム(AL)   1992 ( 58 ) 59 - 67  1992年07月

     概要を見る

    実際的に高速な整列法を提案する。まず数列がどの程度非整列であるかを明確にするために数列の攪乱要因dと呼ぶ新しい概念を導入する.それは「両隣の要素よりも大きい要素(攪乱要素)の個数」である。次に0≦d≦(?)/2かつ長さnの全数列についてのdの平均値は(?)/3であることを示し,対称ヒープを利用した新しい整列法(対称ソート)が与えられた数列の長さnのみならずその攪乱要因dにも明白に依存する平均O(*log())かつ最悪O(*)時間の整列法であることを証明する(ただしd=0およびd=1のときは例外的に最悪O()時間で整列できる)。最後にQUICKソートおよびリストマージソートとの比較実験および計算量の理論的検討結果を示す。A new sorting algorithm called symmetric sort and running fast in practical uses is described. The disordering factor d of a sequence is introduced to evaluate the disorderedness of the sequence. The d is the number of elements which are greater than both their left and right elements. Then, 0≦d≦(n-1) and the fact that the average value of d is (n-2)/3 are shown. It is proved that the symmetric sort runs in O(n*log(d)) average and O(n*d) worst case time on a sequence with length n and disordering factor d>1. For d=o or d=1, the sort runs in O(n) worst case time. Finally, results of theoretical and experimental comparison between the performances of QUICK sort, list-merge sort and symmetric sort are presented.

    CiNii

  • 対称ヒープの実現とその応用

    二村 夏彦, 筧 捷彦, 二村 良彦

    情報処理学会研究報告アルゴリズム(AL)   1992 ( 58 ) 49 - 57  1992年07月

     概要を見る

    数列に関連しかつ数の大小関係を含む広範囲のプログラム作成問題を分割統治法により解決し易くするために対称ヒープと呼ばれるデーター構造を利用する方法を提案する。まず対称ヒープとは何かを詳しく説明し,かつ与えられた長さnの数列からO()時間(最良n?1かつ最悪2n?)で対称ヒープを作成するアルゴリズムを示す(ヒープに要するメモリー所要量は3nである)。次に対称ヒープの操作に必要な基本関数およびその計算量を示す。最後に数列に関する6つのプログラム作成問題(そのうち3つは本稿オリジナルと考えられる)を対称ヒープを用いて解決する。Solving programming problems using data structures called symmetric heaps is proposed. Symmetric heaps make the classic divide and conquer method easier to apply to a class of problems concerning number sequences. The definition of the heap and an O(n) worst case time (between n-1 and 2n-1) algorithm to generate a symmetric heap from a given sequence of length n is described. Extra memories to implement a heap is 3n pointers. Then, primitive functions on symmetric heaps and their time complexities are presented. Finally, solutions of six programming problems concerning number sequences are shown as example applications of the proposed method. Three of the problems are considered to be originated from this manuscript.

    CiNii

  • 超並列計算機への期待 (超並列処理)

    筧 捷彦

    コンピュータソフトウェア   8 ( 5 )  1991年09月

    CiNii

  • ソフトウェア科学と数理論理学

    筧 捷彦, 土居 範久, 難波 完爾, 山田 眞市, 廣瀬 健

    コンピュータソフトウェア   7 ( 4 ) 415 - 432  1990年10月

    CiNii

  • 島内剛一先生を悼む

    筧 捷彦

    コンピュータソフトウェア   7 ( 2 )  1990年04月

    CiNii

  • プログラミング言語の新潮流

    井田 哲雄, 稲垣 康善, 上田 和紀, 米澤 明憲, 筧 捷彦

    コンピュータソフトウェア   6 ( 3 ) 296 - 307  1989年07月

    CiNii

  • Adaの応用と評価:最近のAdaの動向

    石畑 清, 筧 捷彦

    情報処理   27 ( 3 ) p229 - 236  1986年03月

    CiNii

  • ソフトウェア科学会第2回大会

    土居 範久, 国藤 進, 阿草 清滋, 辻井 潤一, 戸村 哲, 小川 裕, 宮地 利雄, 所 真理雄, 新田 克己, 相田 仁, 佐々 政孝, 筧 捷彦, 中所 武司, 米澤 明憲

    コンピュータソフトウェア   3 ( 1 ) 76 - 85  1986年01月

    CiNii

  • 言語規格にみる言語定義の仕方とその読み方

    筧 捷彦, Katsuhiko Kakehi, 立教大学理学部数学科

    コンピュータソフトウェア = Computer software   2 ( 1 ) 292 - 300  1985年01月

     概要を見る

    プログラムを書き表わす言語は多数ある.人工的なこれらの言語は,定義書によって定められる.特に広く使われている言語は,規格として与えられる.これらの定義に用いられている方法について背景を含めて紹介し,あわせてそれらの読み方について注意すべき点を述べる.

    CiNii

  • 数理論理学

    筧 捷彦, Katsuhiko Kakehi, 立教大学理学部数学科

    コンピュータソフトウェア = Computer software   1 ( 1 ) 91 - 92  1984年04月

    CiNii

  • Adaの待ち合わせの標準形について(同期の数理)

    石畑 清, 筧 捷彦

    数理解析研究所講究録   470   14 - 28  1982年10月

    CiNii

  • プログラミング言語の最新の動向:13. ADA

    筧 捷彦

    情報処理   22 ( 6 ) p497 - 500  1981年06月

    CiNii

  • プログラミング言語:PascalとAda:Adaと支援環境

    筧 捷彦

    情報処理   22 ( 2 ) p138 - 142  1981年02月

    CiNii

▼全件表示

 

特定課題制度(学内資金)

  • 文学研究向けの文献データライブラリの構築とその活用システムの開発

    1996年   吉田 順一, 竹本 幹夫, 西本 武彦

     概要を見る

     分系の研究では、その源を文献データにおくことが多い。その文献データを研究者それぞれが収集し検索できる形で整理しているのを、電子化し、検索も可能な形にして同じ分野の研究者で共用できるようにしよう、というのがこの研究の目的であった。 文献データの電子化にあたっては、OCRが活用できそうだ、ということで実験的な試みをすでにおこなってきていた(1)が、竹本は、実際に番外曲本文(田中允校訂『未刊謡曲集』(古典文庫本)の19巻分)を読み取らせ、校正を施して電子化テキストファイルを作成した(2)。また、竹本がこれまで整理を進めてきた、早稲田大学蔵能楽関係文書題目録について、ウェブを利用したデータベース化を筧と試作し、こうしたデータベースのあり方について一つの方向を示した。 吉田は、その研究分野から収集したモンゴル語による文献データを電子化することを目指した。そのためには、モンゴル文字そのものの入出力を可能とするシステムの作成が欠かせない。このシステムは、筧が中心となって開発を進めているが、この研究期間中には完成に至っていない。吉田は、この期間中もモンゴル語文献の収集・分類を手作業で進めてきており、1997年度中にも、実際にモンゴル語文献のOCRによる読みとりと、その校正作業に入る予定でいる(3,4)。 西本は、認知心理学の基礎演習に用いる教材の電子化を行って、一連の学習をパソコンベースで実施する準備を進めた。今回対象のしたデータはパターン認識や記憶実験で使用する視覚材料(命名やイメージの一致度で標準化された線画や図形)であり、今後これらの材料を使った演習プログラムを開設する予定である(5-7)。 (1) 吉田順一、竹本幹夫、筧捷彦: 分系各種資料のコンピュータ入力におけるOCR利用について, Bulletin of the Center for Informatics, Waseda University, Vol.16, pp.38-34 (1994). (2) 竹本幹夫, 《念仏の猿楽》考, 今成元昭編『仏教文学の構想』,新典社, pp.490-503 (1996-06). (3) Kataoka, Y., T.I. Kataoka, K. Uezono, K. Kakehi, and H. Ohara.: Multilingual Computing of All Characters in the World, 『1996年度「人文科学とコンピュータ」シンポジウム 予稿集』 (文部省科学研究費補助金重点領域「人文科学とコンピュータ」1996年度研究成果報告書(第3号)), pp.97-108 (1996). (4) Kataoka, T.I., K. Uezono, Y. Kataoka, J. Yoshida, H. Ohara and K. Kakehi: Problems and Solutions for Mongolian Related Scripts Text Processing, 『1996年度「人文科学とコンピュータ」シンポジウム 予稿集」文部省科学研究費補助金重点領域「人文科学コンピュータ」1996年度研究成果報告書(第3号)), pp.81-96 (1996). (5) 西本武彦: 顔認識における情報タイプ理論-サッチャー錯視の解釈とその検証, 早稲田大学大学院文学研究科紀要, Vol.41, pp.3-13 (1996). (6) 西本武彦、林静夫: 記憶実験用picture刺激の標準化(第2次), 早稲田心理学年報, Vol.28, No.1, pp.59-85 (1996).(7) 西本武彦、高橋優: 記憶実験用の無意味絵(droodle)刺激, 早稲田心理学年報, Vol.29, No.1, pp.63-90 (1996).