AMANO, Masahiro

写真a

Affiliation

Faculty of Human Sciences

Job title

Professor Emeritus

Education 【 display / non-display

  •  
    -
    1972

    Nagoya University   Graduate School, Division of Agriculture  

  •  
     
     

    Nagoya University   Faculty of Agriculture  

Degree 【 display / non-display

  • 東京大学   博士(農学)

Research Experience 【 display / non-display

  •  
     
     

    現在に至る

  •  
     
     

    平成15年4月1日 早稲田大学人間科学部教授

  •  
     
     

    森林管理研究領域長

  •  
     
     

    平成13年4月1日 独立行政法人森林総合研究所

  •  
     
     

    平成9年4月1日 林業経営部資源計画科長

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    Resource Modeling Association

  •  
     
     

    オペレーション・リサーチ学会

  •  
     
     

    森林計画学会

  •  
     
     

    日本林学会

  •  
     
     

    Japan Society for International Development

display all >>

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Environmental impact assessment

  • Forest science

  • Ecology and environment

Papers 【 display / non-display

  • Effect of Oil Palm Plantation Development in Establishment Phase on Local People's Livelihood Strategies and Perception of Land Tenure in Peat Land : A Case Study in Kapuas District, Central Kalimantan, Indonesia

    IWANAGA Seiji, ANAKURA Natsuko, ONDA Nariaki, AMANO Masahiro

      61 ( 1 ) 75 - 85  2015.03

     View Summary

    Oil palm plantation has a negative impact on Global warming on particularly on peat land that is not suitable for agriculture. This survey focuses on two factors that change the source of income and economic condition of the local people in Central Kalimantan where peat land abounds, and the perception that oil palm plantation requires conversion of custom land where traditionally utilized by them. It also clarifies the impact of the establishment phase of oil palm plantations on employment and the local society. And, based on the results, we discuss desirable livelihood strategy for local people. Findings of the survey confirm that the main source of income for young households is oil palm plantations that engage them as labor while the older households' income come from managing small private rubber plantations. However, households engaged as labor in oil palm plantations also wished to own rubber plantations and were concerned about losing custom land that the oil palm plantation companies were buying. The local people are largely dependent on uncertain plantation labor for their livelihood, and as they do not have many alternative sources of income, it is necessary for them to

    DOI CiNii

  • 泥炭湿地における初期段階のアブラヤシ農園開発が地域住民の生計戦略および土地保有への意識に与えた影響

    岩永青史, 穴倉菜津子, 御田成顕, 天野正博

    林業経済研究   Vol. 61 ( No. 1 ) 75 - 85  2015.02

    DOI

  • REDD+の仕組みに関する概略と現状の問題点及び今後の方向性

    天野正博

    NewsLetter, 海外林業コンサルタンツ協会   Vol2,   1 - 2  2013.12

  • Effect on forest of employment structure and land use in transmigration village, Central Kalimantan, Indonesia : Discussion of problems in implementing REDD plus

    Onda Nariaki, Iwanaga Seiji, Anakura Natsuko, Wijaya Chandra Irawadi, Amano Masahiro

      46 ( 2 ) 45 - 56  2013.02

     View Summary

    Large-scale forest development, natural forest harvesting, and oil palm planting have created employment opportunities for rural people in transmigration villages in Indonesia. However, large-scale forest development is expected to decline owing to the introduction of the REDD+ scheme. This study aimed to discuss the problems of implementing REDD+ from the perspective of the livelihood structure and land-use system in the PM transmigration village in Pulang Pisau District, Central Kalimantan Province. The majority of migrant workers in the village were engaged in forest development. In addition, the trend of occupations in Central Kalimantan Province was consistent with its history of forest development. In PM village, 55.3% of owned land was not utilized, and subsistence crop cultivation and rubber planting were conducted on a part of owned land. All cultivation and planting activities were conducted on owned or leased lands in the village; therefore, the surrounding national forest was not required to be cleared for cultivation or rubber-planting activities. Households engaged in migrant work and who had accumulated land abandoned by other villagers were involved in rubber-planti

    DOI CiNii

  • インドネシア中カリマンタン州の移住村における就業構造および土地利用が森林に与える影響

    御田成顕, 岩永青史, 穴倉菜津子, Chandora Irawadi Wijaya, 天野正博

    森林計画学会誌   Vol. 46 ( No. 2 ) 45 - 56  2013.02

    DOI

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • アジアの非伝統的安全保障Ⅰ 総合編

    天野正博

    勁草書房  2011.11

  • 気候変動レジームの行方

    天野正博他

    慈学社  2011

  • 地球変動研究の最前線を訪ねる

    共著

    清水弘文堂  2010.02 ISBN: 9784879505958

  • バイオマスハンドブック第2版

    横山伸也編, 天野正博他

    オーム社  2009.12 ISBN: 9784274207853

  • 1.2地球環境保全と資源管理、「環境」人間科学

    天野正博

    朝倉書店  2008.09 ISBN: 9784254505276

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • 論文奨励賞

    2010.06  

  • 第5回 国際協力機構 理事長表彰

    2008.09  

  • Contributing to the award of the Nobel Prize for 2007 to the IPCC

    2007.12  

  • 平成9年度農林水産大臣賞「森林資源計画に関する研究」

    1997.04  

  • 昭和61年度林業科学技術振興賞「森林計画の情報処理システムに関する研究」

    1986.05  

Research Projects 【 display / non-display

  • Study on a Practical Forest Use Plan as a Sink measure under Kyoto Protocol

  • Study on people's involvement process in CDM plantation under Kyoto Protocol

  • Methodology Development for Forest Carbon Budgeting corresponding to the Kyoto Protocol

  • Study on Usage of Tropical Forests for Post Kyoto Protocol and Sustainable Carbon Store

  • UNFCCCにおける熱帯林保全活動の有効性と運用規定に関する研究

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • Forests and our planet

    Presentation date: 2009.07

Specific Research 【 display / non-display

  • 森林と農地間の土地利用変化に伴う炭素変動量評価に関する研究

    2016  

     View Summary

    我が国は2030年に温室効果ガスを2013年比で26%削減する目標を、2015年に合意されたパリ協定で提示した。そのうち、土地利用部門では1割の2.6%相当分を吸収し、他部門の排出量を相殺する予定である。しかし、森林の林齢構成が高齢化することにより、森林分野の吸収量は大幅に減少していることが分かった。また、農業分野でのCO2吸収は農地への堆肥の投入がもっとも確実であるが、国際競争力のある農業への転換政策は、化学肥料の多投入により温暖化対策とは相反する活動になる。なお、土地利用分野でもっとも温室効果ガスを排出するのは、土地利用が変化する場合である。これについては、排出量を推定するための基礎データの収集を行った。

  • 住民主体のREDD+活動実施に関する研究

    2015  

     View Summary

    人為による温室効果ガス(GHG)のうち土地利用変化によるGHG排出は2割近くを占めている。気候変動枠組み条約のパリ協定では、土地利用変化によるGHGの削減を目指し途上国において森林減少、森林劣化によるGHG排出量の削減(REDD+)を、第5条で強調している。REDD+では炭素クレジットの獲得を優先するあまり、森林に依存して暮らしている住民の便益が阻害されることを防止することと、天然林を生長量の早い早生樹種を中心とした人工林に転換することの防止を求めた、セーフガードを設定している。そのためには、既存の森林の非木材林産物に依存している住民が、主体的にREDD+活動に関わることが最善の解決策となる。本研究ではラオス、ミャンマー、インドネシアを対象に住民主体のREDD+実施体制について、調査、分析を行った。

  • オイルパーム農園の拡大が及ぼす環境及び社会影響評価と、我が国の食生活

    2015  

     View Summary

    我が国の加工食品の多くにはヤシ油が利用され、価格も高騰してきている。このため、油ヤシ農園の急速な拡大が熱帯林減少を引き起こしており、地球温暖化促進要因の一つとして懸念されている。インドネシア国西カリマンタン州の油ヤシ農園と国立公園が接する地域において、地域住民が油ヤシ農園での雇用からもたらされる便益と、消費者が安価に加工食品を入手するには、大規模な油ヤシ農園から供給されるヤシ油はともに望ましい。ただ、これは短期的な視点に立った便益で有り長期的視点に立てば、7地域の環境の汚染、温暖化の促進など環境便益の損なわれていることが解った。

  • UNFCCCにおける熱帯林保全活動の有効性と運用規程に関する研究

    2014  

     View Summary

    気候変動枠組み条約(UNFCCC)のCOP13(第13回締約国会議)において、ポスト京都議定書で熱帯林減少・劣化による温室効果ガス排出量削減(REDD+)を、重要な温暖化対策プログラムとして採用することが決まった。本調査ではインドネシア、ラオスにおいて、JICA及び環境省が実施中の事業と協力しながらREDD+活動の評価を行い、問題点が明らかにした。 インドネシアではオイルパーム農園が、ラオスでは焼き畑の拡大が森林減少の要因であることが解った。ただ、どちらも民族性や経済的な富裕度に応じて森林減少に与える影響が異なるため、単一的なアプローチではなく、集落や住民の属性に応じた対策を講じる必要がある。研究では、住民の属性に応じた対策を提案した。

  • 熱帯林保全に向けた経済的インセンティブ導入の制度設計

    2013  

     View Summary

    「研究目的」森林の環境保全機能を強化するための経済的インセンティブとしては、気候変動枠組み条約(UNFCCC)で導入されている炭素クレジットがよく知られている。炭素クレジットについて自然環境を自然資本といて評価するための手法を、実際の環境データを用いて実証的に開発するとともに、自然資本の所有権を住民に帰属させる制度設計という理論面での研究を行った。研究成果をUNFCCCで2020年より導入予定の「研究対象地」 研究対象地は国外ではラオス国ルアンプラバン県ポンサイ郡、インドネシア国中央カリマンタン州Pulang Pisau県Sebangau Kuala郡、国内では三重県大台町、岩手県釜石市である。それぞれの地域において、社会経済状況および住民が自然環境の中心をなす森林をどのように意識しているのか、調査を行った。「研究成果」炭素クレジットを単に事業実施主体の収益とするだけでは、炭素吸収量を増加させるような森林施業に繋がらないことが解った。これは、地域住民がクレジットの概念を正確に理解できないこと、森林に対する所有の概念が曖昧なため、人為インパクトは所有者だけでなく地域住民も与えていることなどによる。そこで、所有権を森林と炭素で分離し、後者は地域コミュニティに与えるべきだという結論を得た。また、炭素クレジットという概念が新しいことから、その保全活動を効率的に行うには、住民に対するキャパシティビルディングを事前に実施する子余の重要性を明らかにした。生物多様性についてはセーフガードやプロジェクトの適格性などで評価することはあっても、統合化した指標でクレジット化することはなかった。当研究では森林の持つ複数の環境保全機能を統合化した形でのクレジットの発行のための論点整理を行った。 クレジットを発行する場合の具体的な基準については、ベースライン方式、参照レベル方式が炭素クレジットでは用いられている。様々な自然生態系の機能を統合化する生態系サービスを前提としたクレジットの算定について、多次元空間での統合化方式の適用を試みたが、適切な回答を得ることはできなかった。当研究の成果を用いて環境省の地球環境研究総合推進費に広島大、東大、京大と共に応募し、採択された。

display all >>

Overseas Activities 【 display / non-display

  • 地球温暖化問題における森林の影響と果たす役割

    2010.03
    -
    2011.03

    カナダ他   Pacific Forest Centre他