2024/02/27 更新

写真a

スギヤマ カオリ
杉山 夏緒里
所属
理工学術院 理工学術院総合研究所
職名
次席研究員(研究院講師)
学位
博士(人間生物学) ( 筑波大学 )

経歴

  • 2020年09月
    -
    継続中

    早稲田大学   理工学術院   次席研究員(研究院講師)

  • 2020年06月
    -
    2020年08月

    筑波大学   生存ダイナミクス研究センターTARA   研究員

  • 2017年02月
    -
    2018年03月

    Fraunhofer IGB / University of Tübingen   客員研究員

学歴

  • 2015年04月
    -
    2020年05月

    筑波大学   グローバル教育院   ヒューマンバイオロジー学位プログラム  

所属学協会

  •  
    -
    継続中

    日本分光学会

  •  
     
     

    AHA

  •  
     
     

    日本血管生物医学会

  •  
     
     

    日本分子生物学会

  •  
     
     

    日本化学会

  •  
     
     

    日本結合組織学会

▼全件表示

研究分野

  • 医化学 / 応用生物化学 / 生体医工学 / 病態医化学

研究キーワード

  • 光化学

  • 血管生物学

  • 心血管疾患

  • 多変量解析

  • ラベルフリーイメージング

  • ラマン分光法

  • 細胞外マトリクス

  • 胸部大動脈瘤

▼全件表示

受賞

  • 若手優秀賞YIA

    2023年12月   日本血管生物医学会  

  • コニカミノルタ画像科学奨励賞

    2023年03月   コニカミノルタ科学技術振興財団  

  • 井上研究奨励賞

    2023年02月   井上科学振興財団  

  • 最優秀スピーカー賞

    2018年09月   Tsukuba Global Science Week  

  • International Travel Award

    2018年07月   第50回日本結合組織学術大会  

  • 若手硏究奨励賞

    2018年07月   第50回日本結合組織学術大会  

  • First Prize賞

    2018年06月   Annual Conference of Advanced Applied Raman Spectroscopy  

  • Poster Award

    2018年03月   International Joint Meeting of the German and Swiss Societies of Matrix Biology  

  • Best Improve Award

    2015年09月   Edinburgh Summer School  

  • ポスター賞

    2014年12月   日本化学会関東支部群馬地区地域懇親会  

▼全件表示

 

論文

  • Single-Cell Level Raman Molecular Profiling Reveals the Classification of Growth Phases of Chaetoceros tenuissimus

    Masahiro Ando, Kaori Sugiyama, Koya Kubo, Shumpei Horii, Takeshi Hano, Yuji Tomaru, Haruko Takeyama

    The Journal of Physical Chemistry B   127 ( 22 ) 5027 - 5033  2023年05月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

    Scopus

  • Protective Role of Endothelial Fibulin‐4 in Valvulo‐Arterial Integrity

    Tram Anh Vu Nguyen, Caroline Antunes Lino, Huynh Thuy Hang, Juliano Vilela Alves, Bui Quoc Thang, Seung Jae Shin, Kaori Sugiyama, Hiroko Matsunaga, Haruko Takeyama, Yoshito Yamashiro, Hiromi Yanagisawa

    Journal of the American Heart Association   12 ( 1 )  2023年01月  [査読有り]

     概要を見る

    Background

    <p lang="en"> Homeostasis of the vessel wall is cooperatively maintained by endothelial cells (ECs), smooth muscle cells, and adventitial fibroblasts. The genetic deletion of fibulin‐4 ( Fbln4 ) in smooth muscle cells ( SMKO ) leads to the formation of thoracic aortic aneurysms with the disruption of elastic fibers. Although Fbln4 is expressed in the entire vessel wall, its function in ECs and relevance to the maintenance of valvulo‐arterial integrity are not fully understood.

    </p> Methods and Results

    <p lang="en"> Gene silencing of FBLN4 was conducted on human aortic ECs to evaluate morphological changes and gene expression profile. Fbln4 double knockout ( DKO ) mice in ECs and smooth muscle cells were generated and subjected to histological analysis, echocardiography, Western blotting, RNA sequencing, and immunostaining. An evaluation of the thoracic aortic aneurysm phenotype and screening of altered signaling pathways were performed. Knockdown of FBLN4 in human aortic ECs induced mesenchymal cell–like changes with the upregulation of mesenchymal genes, including TAGLN and MYL9 . DKO mice showed the exacerbation of thoracic aortic aneurysms when compared with those of SMKO and upregulated Thbs1, a mechanical stress–responsive molecule, throughout the aorta. DKO mice also showed progressive aortic valve thickening with collagen deposition from postnatal day 14, as well as turbulent flow in the ascending aorta. Furthermore, RNA sequencing and immunostaining of the aortic valve revealed the upregulation of genes involved in endothelial‐to‐mesenchymal transition, inflammatory response, and tissue fibrosis in DKO valves and the presence of activated valve interstitial cells.

    </p> Conclusions

    <p lang="en">The current study uncovers the pivotal role of endothelial fibulin‐4 in the maintenance of valvulo‐arterial integrity, which influences thoracic aortic aneurysm progression.

    </p>

    DOI

  • Direct intracellular detection of biomolecule specific bound-water with Raman spectroscopy

    Ashok Zachariah Samuel, Kaori Sugiyama, Haruko Takeyama

    Spectrochimica Acta Part A: Molecular and Biomolecular Spectroscopy     121870 - 121870  2023年01月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    3
    被引用数
    (Scopus)
  • Direct imaging of intracellular RNA, DNA, and liquid–liquid phase separated membraneless organelles with Raman microspectroscopy

    Ashok Zachariah Samuel, Kaori Sugiyama, Masahiro Ando, Haruko Takeyama

    Communications Biology   5 ( 1 )  2022年12月  [査読有り]

     概要を見る

    Abstract

    Methodologies for direct intracellular imaging of RNA and DNA are necessary for the advancement of bioimaging. Here we show direct label-free imaging of RNA and DNA in single cells by isolating their accurate Raman spectra. Raman images of DNA from interphase cells show intact nucleus, while those from mitotic cells reveal condensed chromosome. The condensed chromosome images are accurate enough to assign the stage of mitotic cell division (e.g., metaphase). Raman spectral features indicate B-DNA double helical conformational form in all the cell lines investigated here. The Raman images of RNAs, on the other hand, reveal liquid-liquid phase separated (LLPS) membraneless organelles in interphase cells, which disappears during mitosis. Further, the Raman spectrum of proteins from the intracellular LLPS organelles indicates slight enrichment of amyloid-like secondary structural features. Vibrational imaging of intracellular DNA and RNA simultaneously would open myriad of opportunities for examining functional biochemical aspects of cells and organelles.

    DOI

    Scopus

  • Raman microspectroscopy and Raman imaging reveal biomarkers specific for thoracic aortic aneurysms

    Kaori Sugiyama, Julia Marzi, Julia Alber, Eva M. Brauchle, Masahiro Ando, Yoshito Yamashiro, Bhama Ramkhelawon, Katja Schenke-Layland, Hiromi Yanagisawa

    Cell Reports Medicine     100261 - 100261  2021年04月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

    Scopus

    14
    被引用数
    (Scopus)
  • Novel ELN mutation in a Japanese family with a severe form of supravalvular aortic stenosis.

    Kaori Sugiyama, Hitoshi Horigome, Lisheng Lin, Takashi Murakami, Junko Shiono, Yoshito Yamashiro, Hiroyuki Matsuura, Hitoshi Yoda, Hiromi Yanagisawa

    Molecular genetics & genomic medicine   7 ( 11 ) e986  2019年11月  [査読有り]  [国際誌]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    BACKGROUND: Supravalvular aortic stenosis (SVAS) is one of the congenital cardiovascular diseases characterized by stenosis of the aorta. The stenotic lesions occur anywhere above the aortic valve in the aortic tree as well as pulmonary arteries and eventually leads to circulatory failure. The disease gene has been identified on the elastin gene (ELN) and two types of SVAS have been categorized; a familial type and an isolated type with the de novo mutation. METHODS: Fluorescent In situ hybridization (FISH) analysis and gene sequencing were performed in a two-generation family in which severe form of SVAS was diagnosed. RESULTS: None of the patients tested showed microdeletion of ELN, LIMK1, and D7S613. A novel nonsense mutation of ELN (c.160G>T (p.(Gly54*)), RNA not analyzed) was found in exon 3 in three members; two of them died suddenly due to rapid progression of SVAS with possible arrhythmia in early infancy. A point mutation in the 5' untranslated region, which was previously suggested to be associated with SVAS, did not co-segregate with the SVAS phenotype and found to be SNPs. CONCLUSION: Our report shows a broad spectrum of clinical features in family members sharing the identical mutations, suggesting a potential contribution of modifier gene(s) or interactions with environmental factors.

    DOI PubMed

    Scopus

    2
    被引用数
    (Scopus)
  • 家族性大動脈弁上狭窄症における新規エラスチン遺伝子変異の同定と解析

    杉山 夏緒里, 堀米 仁志, 村上 卓, 林 立申, 野崎 良寛, 塩野 淳子, 松裏 裕行, 緒方 公平, 柳沢 裕美

    日本小児科学会雑誌   123 ( 2 ) 346 - 346  2019年02月

  • Role of Thrombospondin-1 in Mechanotransduction and Development of Thoracic Aortic Aneurysm in Mouse and Humans.

    Yoshito Yamashiro, Bui Quoc Thang, Seung Jae Shin, Caroline Antunes Lino, Tomoyuki Nakamura, Jungsil Kim, Kaori Sugiyama, Chiho Tokunaga, Hiroaki Sakamoto, Motoo Osaka, Elaine C Davis, Jessica E Wagenseil, Yuji Hiramatsu, Hiromi Yanagisawa

    Circulation research   123 ( 6 ) 660 - 672  2018年08月  [査読有り]  [国際誌]

     概要を見る

    RATIONALE: Abnormal mechanosensing of smooth muscle cells (SMCs) resulting from the defective elastin-contractile units has been suggested to drive the formation of thoracic aortic aneurysms; however, the precise molecular mechanism has not been elucidated. OBJECTIVE: The aim of this study was to identify the crucial mediator(s) involved in abnormal mechanosensing and propagation of biochemical signals during the aneurysm formation and to establish a basis for a novel therapeutic strategy. METHODS AND RESULTS: We used a mouse model of postnatal ascending aortic aneurysms ( Fbln4SMKO; termed SMKO [SMC-specific knockout]), in which deletion of Fbln4 (fibulin-4) leads to disruption of the elastin-contractile units caused by a loss of elastic lamina-SMC connections. In this mouse, upregulation of Egr1 (early growth response 1) and angiotensin-converting enzyme leads to activation of Ang II (angiotensin II) signaling. Here, we showed that the matricellular protein, Thbs1 (thrombospondin-1), was highly upregulated in SMKO ascending aortas and in human thoracic aortic aneurysms. Thbs1 was induced by mechanical stretch and Ang II in SMCs, for which Egr1 was required, and reduction of Fbln4 sensitized the cells to these stimuli and led to higher expression of Egr1 and Thbs1. Deletion of Thbs1 in SMKO mice prevented the aneurysm formation in ≈80% of DKO (SMKO;Thbs1 knockout) animals and suppressed Ssh1 (slingshot-1) and cofilin dephosphorylation, leading to the formation of normal actin filaments. Furthermore, elastic lamina-SMC connections were restored in DKO aortas, and mechanical testing showed that structural and material properties of DKO aortas were markedly improved. CONCLUSIONS: Thbs1 is a critical component of mechanotransduction, as well as a modulator of elastic fiber organization. Maladaptive upregulation of Thbs1 results in disruption of elastin-contractile units and dysregulation of actin cytoskeletal remodeling, contributing to the development of ascending aortic aneurysms in vivo. Thbs1 may serve as a potential therapeutic target for treating thoracic aortic aneurysms.

    DOI PubMed

    Scopus

    42
    被引用数
    (Scopus)
  • Stimulation of Elastic Fiber Proteins by Mesenchymal Stem Cell-Derived Factors

    Sides RE, Sugiyama K, Ramaswamy AK, Vorp DA, Yanagisawa H, Weinbaum JS

    Ingenium     76 - 81  2018年  [査読有り]  [国際誌]

  • Investigation of the mechanism of photochemically-induced lysozyme crystallization

    Tetsuo Okutsu, Tohru Taguchi, Jyunya Korenaga, Takashi Kuroiwa, Yu Ishikawa, Shiori Iizuka, Kaori Sugiyama, Hiroaki Horiuchi, Hiroshi Hiratsuka

    JOURNAL OF PHOTOCHEMISTRY AND PHOTOBIOLOGY A-CHEMISTRY   321   180 - 186  2016年05月  [査読有り]

     概要を見る

    This work examined the mechanism involved in photoinduced crystallization of a lysozyme, focusing on the structure of the photoproducts that lead to crystal growth. It was determined that dimers formed via linking of tryptophan (Trp) residues are preferentially produced when applying a high-excitation photon fluence. However, these dimers do not lead to crystal growth. A low fluence forms dimers via the combination of tyrosine (Tyr) residues, generating six types of Tyr-Tyr dimers. The dimer that originates from the linking of Tyr(53) and Tyr(53) has a configuration similar to that of the two adjacent, yet non-linked, lysozyme molecules in the crystal unit cell. The Tyr(53)-Tyr(53) dimer hence acts as a template for lysozyme crystal nucleation. (C) 2016 Elsevier B.V. All rights reserved.

    DOI

    Scopus

    1
    被引用数
    (Scopus)

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • ラマンイメージングによる胸部大動脈瘤新規バイオマーカーの同定

    杉山夏緒里  [招待有り]

    レーザー学会学術講演会第44回年次大会  

    発表年月: 2024年01月

  • マルファン症候群モデルマウスにおける急性大動脈解離因子の探索

    杉山夏緒里

    第31回日本血管生物医学会学術集会  

    発表年月: 2023年12月

  • ラマンイメージングによるヒト表皮幹細胞マーカーの探索

    杉山夏緒里, 安藤正浩, 佐田亜衣子, 竹山春子

    第46回日本分子生物学会年会  

    発表年月: 2023年12月

  • ヒト皮膚を用いたラマンイメージングによる表皮幹細胞シート評価を目指す新規バイオマーカーの探索

    杉山夏緒里, 安藤正浩, 佐田亜衣子, 竹山春子

    第3回細胞シート工学イノベーションフォーラム  

    発表年月: 2023年11月

  • ラマンイメージングを用いたヒト表皮幹細胞新規バイオマーカーの探索

    杉山夏緒里, 安藤正浩, 佐田亜衣子, 竹山春子

    第7回エラスチン・関連分子研究会学術集会  

    発表年月: 2023年11月

  • マルファン症候群モデルマウスを用いた急性大動脈解離因子の探索

    杉山夏緒里, 安藤正浩, 松永浩子, 木村健一, 内野春希, 有田誠, Katja Schenke-Layland, 柳沢裕美, 竹山春子

    第17回メタボロームシンポジウム  

    発表年月: 2023年10月

  • Multimodal Imaging to Identify Pre-signals for Acute Aortic Dissection by Marfan Syndrome Model Mouse

    Kaori Sugiyama, Masahiro Ando, Hiroko Matsunaga, Haruki Uchino, Kenichi Kimura, Francesco Ramirez, Katja Schenke-Layland, Makoto Arita, Hiromi Yanagisawa, Haruko Takeyama

    Basic Cardiovascular Science 2023  

    発表年月: 2023年08月

    開催年月:
    2023年07月
    -
    2023年08月
  • Multimodal Imaging to Identify Pre-signals for Acute Aortic Dissection by Marfan Syndrome Model Mouse

    Kaori Sugiyama, Masahiro Ando, Hiroko MAtsunaga, Haruki Uchino, Kenichi Kimura, Francesco Ramirez, Katja Schenke-Layland, Makoto Arita, Hiromi Yanagisawa, Haruko Takeyama

    Elastin, Elastic Fibers, and Microfibrils. Gordon Research Conference, Elastin and  

    発表年月: 2023年07月

    開催年月:
    2023年07月
     
     
  • Raman microspectroscopy and Raman imaging reveal biomarkers specific for thoracic aortic aneurysms

    杉山夏緒里  [招待有り]

    第55回 日本結合組織学会学術大会  

    発表年月: 2023年06月

  • ラベルフリーラマンイメージングによるマルファン症候群モデルマウスを用いた急性大動脈解離シグナル探索

    杉山夏緒里  [招待有り]

    日本分光学会生細胞分光部会  

    発表年月: 2023年03月

  • ラマンイメージングと多変量解析を用いた胸部大動脈瘤に特異的な新規バイオマーカーの同定

    杉山夏緒里

    第30回日本血管生物医学会学術集会  

    発表年月: 2022年12月

  • マルファン症候群モデルマウスを用いた急性大動脈解離シグナル探索とラベルフリーイメージング作製

    杉山夏緒里, 安藤正浩, 我妻竜太, 松永浩子, 柳沢裕美, 竹山春子

    第45回日本分子生物学会年会  

    発表年月: 2022年12月

  • マウス新生児心臓における空間的転写物発現の解析とその機能的役割

    松永浩子, 牧野祐樹, 我妻竜太, 杉山夏緒里, 山崎美輝, 細川正人, 竹山春子

    第45回日本分子生物学会年会  

    発表年月: 2022年11月

  • 歯肉組織に対するヒノキチオールの浸透性評価

    宅見信哉, 倉光祥平, 安藤正浩, 杉山夏緒里, 林忠絋, 竹山春子

    第65回秋季日本歯周病学会学術大会  

    発表年月: 2022年09月

    開催年月:
    2022年09月
     
     
  • Label-free imaging for acute aortic dissection by using Marfan syndrome model mouse

    Kaori Sugiyama, Masahiro Ando, Ryota Wagatsuma, Hiroko Matsunaga, Francesco Ramirez, Katja Schenke-Layland, Hiromi Yanagisawa, Haruko Takeyama

    11th International Symposium on Marfan, Loeys-Dietz, and Related Conditions  

    発表年月: 2022年09月

  • Label-free imaging for acute aortic dissection by using Marfan syndrome model mouse

    Kaori Sugiyama, Masahiro Ando, Ryota Wagatsuma, Hiroko Matsunaga, Francesco Ramirez, Katja Schenke-Layland, Hiromi Yanagisawa, Haruko Takeyama

    11th International Symposium on Marfan, Loeys-Dietz, and Related Conditions  

    発表年月: 2022年08月

  • A Novel mouse model of aortic dissection caused by a point mutation in the hybrid domain of the fibrillin-1 gene

    Kimura, Kenichi, Motoyama, Eri, Ishii, Ryutaro, Sugiyama, Kaori, Yamashiro, Yoshito, Deleeuw, Violette, Sips, Patrick, Backer, Julie De, Mosquera, Laura Muiño, Sakai, Lynn Y, Kanki, Sachiko, Nakamura, Tomoyuki, Yanagisawa, Hiromi

    11th International Symposium on Marfan, Loeys-Dietz, and Related Conditions  

    発表年月: 2022年08月

  • マルファン症候群モデルマウスを用いた急性大動脈解離シグナル探索とラベルフリーイメージング作製

    杉山夏緒里, 安藤正浩, 我妻竜太, 松永浩子, 柳沢裕美, 竹山春子

    第54回 日本結合組織学会学術大会  

    発表年月: 2022年06月

  • Identification of collagen-derived biomolecular fingerprints specific for thoracic aortic aneurysms by Raman microspectroscopy and imaging

    Kaori Sugiyama, Julia Marzi, Masahiro Ando, Bhama Ramkhelawon, Katja Schenke-Layland, Hiromi Yanagisawa, Haruko Takeyama

    2022年度生物工学会若手研究者の集い(若手会)オンラインセミナー  

    発表年月: 2022年05月

  • 新規Fbn1遺伝子変異マウスを用いたマルファン症候群の大動脈解離発症機序の解明

    本山 絵理, 木村 健一, 石井 柳太郎, 杉山 夏緒里, 山城 義人, 神吉 佐智子, 柳沢 裕美

    第5回エラスチン・関連分子関連研究会学術集会  

    発表年月: 2021年12月

  • ラマン分光法と多変量解析を用いた胸部大動脈瘤ラベルフリーイメージングと疾患特異的分子指紋の同定

    杉山夏緒里, Julia Marzi, Eva Maria Brauchle, 安藤正浩, 山城義人, Bhama Remkhelawon, Katja Schenke-Layland, 柳沢裕美

    第94回日本生化学大会  

    発表年月: 2021年11月

    開催年月:
    2021年11月
     
     
  • 組織空間的な転写産物解析による新生児マウス心機能発現制御機構の解析

    松永浩子, 牧野祐樹, 杉山夏緒里, 我妻竜太, 山崎美輝, 鈴木直子, 濱口悠, 浜田道昭, 竹山春子

    第44回日本分子生物学会年会  

    発表年月: 2021年11月

  • 組織空間的な転写産物解析によるマウス心機能発現制御機構の解析

    松永浩子, 牧野祐樹, 杉山夏緒里, 我妻竜太, 山崎美輝, 鈴木直子, 濱口悠, 浜田道昭, 竹山春子

    第73回日本生物工学会大会  

    発表年月: 2021年10月

  • Identification of biomolecular fingerprints specific for thoracic aortic aneurysms by Raman microspectroscopy and imaging combined with multivariate data analysis

    Kaori Sugiyama, Julia Marzi, Masahiro Ando, Yoshito Yamashiro, Bhama Ramkhelawon, Katja Schenke-Layland, Hiromi Yanagisawa

    The 5th JCS Council Forum on Basic Cardio Vascular Research  

    発表年月: 2021年09月

  • 多くの患者集積が認められた大動脈弁上狭窄症の1家系 ~胎児心エコー診断を含めて~

    林 立申, 矢野悠介, 塩野淳子, 杉山夏緒里, 柳沢裕美, 堀米仁志

    第56回日本小児循環器学会  

    発表年月: 2020年11月

  • Raman Microspectroscopy and Imaging Reveal Novel Biomarkers Specific for Thoracic Aortic Aneurysms

    Sugiyama Kaori, Ph.D, Marzi Julia, Ph, D, Brauchle Eva Maria, Ph, Ando Masahiro, Ph.D, Yamashiro Yoshito, Ph.D, Ramkhelawon Bhama, Ph, D, Schenke-Layla, Katja, Ph.D, Yanagisawa Hiromi, M.D., Ph.D

    2020 GenTAC Aortic Summit  

    発表年月: 2020年10月

  • マウス大動脈のin vivo マルチモーダル非線形光学イメージング

    赤坂駿介, 杉山夏緒里, 柳沢裕美, 加納英明

    第14回 分子科学討論会  

    発表年月: 2020年09月

  • Identification of biomolecular fingerprints specific for thoracic aortic aneurysms by Raman microspectroscopy and imaging combined with multivariate data analysis

    杉山夏緒里, Julia Marzi, Eva Maria Brauchle, 安藤正浩, 山城義人, Bhama Ramkhelawon, Katja Schenke-Layland, 柳沢裕美

    第100回 日本化学会春季年会  

    発表年月: 2020年03月

  • マウス⼤動脈瘤のin vivoマルチモーダル⾮線形⼯学イメージング

    赤坂駿介, 杉山夏緒里, 柳沢裕美, 加納英明

    ⽇本分光学会⽣細胞分光部会シンポジウム  

    発表年月: 2019年12月

  • Label-free Raman imaging for non-invasive diagnosis tool in thoracic aortic aneurysm

    杉山夏緒里, Julia Marzi, Eva Maria Brauchle, 安藤正浩, 山城義人, Bhama Ramkhelawon, Katja Schenke-Layland, 柳沢裕美

    ⽇本分光学会⽣細胞分光部会シンポジウム  

    発表年月: 2019年12月

  • ラマン分光法と多変量解析を⽤いた胸部⼤動脈瘤に特異的な⽣体分⼦指紋の同定

    杉山夏緒里, Julia Marzi, Eva Baria Brauchle, 安藤正浩, 山城義人, Bhama Ramkhelawon, Katja Schenke-Layland, 柳沢裕美

    第4回 エラスチン・関連分⼦学術集会  

    発表年月: 2019年12月

  • Label-free Raman imaging for non-invasive diagnosis tool in thoracic aortic aneurysm

    Kaori Sugiyama, Julia Marzi, Eva Maria Brauchle, Masahiro Ando, Yoshito Yamashiro, Katja Schenke-Layland, Hiromi Yanagisawa

    The Gordon Research Seminar on Elastin, Elastic Fibers and Microfibrils  

    発表年月: 2019年07月

  • Label-free Raman imaging for non-invasive diagnosis tool in thoracic aortic aneurysm

    Kaori Sugiyama, Julia Marzi, Eva Maria Brauchle, Masahiro Ando, Yoshito Yamashiro, Katja Schenke-Layland, Hiromi Yanagisawa

    The Gordon Research Conference on Elastin, Elastic Fibers and Microfibrils  

    発表年月: 2019年07月

  • 家族性⼤動脈弁上狭窄症における新規エラスチン遺伝⼦変異の同定と解析

    杉山夏緒里, 堀米仁志, 村上 卓, 林, 野崎良寛, 塩野淳子, 松裏裕行, 緒方公平, 与田仁志, 柳沢裕美

    第122回⽇本⼩児学会学術集会  

    発表年月: 2019年04月

  • ラベルフリーラマンイメージング法による⼤動脈瘤疾患モデルマウスの弾性線維 と膠原線維の解析

    杉山夏緒里, Julia Marzi, Eva Baria Brauchle, 山城義人, Bhama Ramkhelawon, Katja Schenke-Layland, 柳沢裕美

    第3回 エラスチン・関連分⼦学術集会  

    発表年月: 2018年12月

  • Label-free Raman imaging of elastic fibers and collagen fibers in diseased and healthy mouse aortic tissues

    Kaori Sugiyama, Julia Marzi, Eva Maria Brauchle, Yoshito Yamashiro, Katja Schenke-Layland, Hiromi Yanagisawa

    American Society for Matrix Biology Biannual Meeting 2018  

    発表年月: 2018年10月

  • Label-free Raman imaging of diseased and healthy mouse aortic tissues

    Kaori Sugiyama, Julia Marzi, Eva Maria Brauchle, Yoshito Yamashiro, Bhama Ramkhelawon, Katja Schenke-Layland, Hiromi Yanagisawa

    Tsukuba Global Science Week  

    発表年月: 2018年09月

  • Label-free Raman imaging of elastic fibers in disease and healthy mouse aortic tissues

    Kaori Sugiyama, Eva Maria Brauchle, Julia Marzi, Yoshito Yamashiro, Hiromi Yanagisawa, Katja Schenke-Layland

    Conference on advanced applied Raman spectroscopy Raman Fest 2018  

    発表年月: 2018年06月

  • Label-free Raman imaging of elastic fibers in disease and healthy mouse aortic tissues

    Kaori Sugiyama, Eva Maria Brauchle, Julia Marzi, Yoshito Yamashiro, Hiromi Yanagisawa, Katja Schenke-Layland

    第50回⽇本結合組織学会学術⼤会  

    発表年月: 2018年06月

  • Label-free Raman imaging of elastic fibers in disease and healthy mouse aortic tissues

    Kaori Sugiyama, Eva Maria Brauchle, Julia Marzi, Yoshito Yamashiro, Hiromi Yanagisawa, Katja Schenke-Layland

    International Joint Meeting of the German and Swiss Societies for Matrix Biology  

    発表年月: 2018年03月

  • Label-free Raman imaging of elastic fibers in disease and healthy mouse aortic tissues

    Kaori Sugiyama, Eva Maria Brauchle, Julia Marzi, Yoshito Yamashiro, Hiromi Yanagisawa, Katja Schenke-Layland

    International Joint Meeting of the German and Swiss Societies for Matrix Biology, Stuttgart, Germany  

    発表年月: 2018年03月

  • Stimulation of Elastic Fiber Proteins by Mesenchymal Stem Cell-Derived Factors

    Sides RE, Sugiyama K, Ramaswamy AK, Vorp DA, Yanagisawa H, Weinbaum JS

    Pittsburgh Science 2017 Conference  

    発表年月: 2017年10月

  • Stimulation of Elastic Fiber Proteins by Mesenchymal Stem Cell-Derived Factors.

    Sides RE, Sugiyama K, Ramaswamy AK, Vorp DA, Yanagisawa H, Weinbaum JS

    2017 Meeting of Biomedical Engineering Society  

    発表年月: 2017年10月

  • 大動脈弁上狭窄症におけるエラスチン遺伝子変異の同定と解析

    杉山夏緒里, 山城義人, 堀米仁志, 柳沢裕美

    第1回エラスチン関連分子研究会  

    発表年月: 2016年12月

  • The photochemical reaction of amino acid residues that induces protein crystallization and search for template molecules

    Southern California System Biology Symposium  

    発表年月: 2016年02月

  • タンパク質の結晶化を誘起するアミノ酸残基の光化学反応とテンプレート分子の探求

    杉山夏緒里, 堀内宏明, 奥津哲夫

    第95回日本化学会春季年会  

    発表年月: 2015年03月

  • タンパク質の結晶化を誘起するアミノ酸残基の光化学反応とテンプレート分子の探求

    杉山夏緒里, 田口徹, 内海麻衣子, 高瀬裕太, 堀内宏明, 奥津哲夫

    生体調節研究所生命科学セミナー  

    発表年月: 2014年12月

  • タンパク質の結晶化を誘起するアミノ酸残基の光化学反応とテンプレート分子の探求

    杉山夏緒里, 田口徹, 内海麻衣子, 高瀬裕太, 堀内宏明, 奥津哲夫

    日本化学会関東支部群馬地区地域懇親会  

    発表年月: 2014年12月

  • タンパク質の結晶化を誘起するアミノ酸残基の光化学反応とテンプレート分子の探求

    杉山夏緒里, 田口徹, 内海麻衣子, 高瀬裕太, 堀内宏明, 奥津哲夫

    第44回結晶成長国内会議  

    発表年月: 2014年11月

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 内在性間葉系幹細胞を用いた変形性関節症治療のための再生医療基盤の開発

    日本医療研究開発機構(AMED)  再生・細胞医療・遺伝子治療実現加速化プログラム(再生・細胞医療・遺伝子治療研究開発課題(基礎応用研究課題)

    研究期間:

    2023年07月
    -
    2026年03月
     

    木村健一, 杉山夏緒里

  • ミクロフィブリル変異による大動脈解離の病態解明

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    研究期間:

    2021年10月
    -
    2025年03月
     

    柳沢 裕美、杉山夏緒里、木村健一、石井柳太郎

     概要を見る

    大動脈解離は大動脈中膜で解離を生じ大動脈壁が脆弱になる病態で、解離が広範囲に生じたり大動脈瘤破裂に進行すると循環不全を引き起こし死に至る。現在では大動脈解離と大動脈瘤は病因的に分けて考えられているが、大動脈解離の発症と進行の分子機序は未だ解明されていない。大動脈解離の発症には、弾性線維形成に必須のミクロフィブリルの脆弱性の関与が示唆されている。ミクロフィブリルは「組織の構築と保持」に加え、大動脈壁でのTGFbシグナル制御のハブ的役割を担っている。また、弾性線維―接着斑―細胞内骨格を介した大動脈疾患発症への関与が報告されるなど、近年はミクロフィブリルの新たな生物学的役割が注目されている。
    本研究の目的は、ミクロフィブリルの主要構成成分であるFibrillin-1の異常を有する新規大動脈解離マウス(ADマウス)を用いて、変異ミクロフィブリルと大動脈解離の分子病理学的解析を統合的に進め、大動脈解離発症予防と治療法を確立するための基盤を築くことである。そのために、ミクロフィブリルの生化学、大動脈疾患の循環遺伝学、トランスクリプトーム解析の専門家を招集し国際共同研究チームを組織し研究を遂行する予定である、本年度は国際共同研究者との定期的オンラインミーティングを通して、大動脈壁のミクロフィブリルの解析方法を検討した。また、弾性線維の形成過程を観察するためのマウス初代平滑筋細胞培養法を確立し、異常ミクロフィブリルに局在するマトリクスを観察した。またADマウスの大血管の弾性線維の断裂を、生後から断裂に至るまで組織学的に半定量した。

  • マルチオミックス解析による大動脈瘤破裂の血管リモデリング機構解明

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2025年03月
     

    杉山 夏緒里

     概要を見る

    本研究は、大動脈瘤破裂モデルマウスにおいて、大動脈瘤破裂直前のシグナル探索のために、血管の位置ごとや継時変化による血管壁の構造変化を解明する。本年度は、野生型マウスと大動脈瘤破裂モデルマウスの薬剤投与群と非投与群について、組織学的な解析を行なった。組織学的解析から、それぞれの条件のマウスにおける血管壁構造の違いを同定した。ラマン顕微鏡による測定と、空間RNAseqを行う切片位置について、組織学的解析結果から検討を行なった。
    また、ラマン顕微鏡と空間RNAeqについてはそれぞれの大動脈組織に対する条件検討を行なった。ラマン顕微鏡における検討事項としては、レーザー強度、露光時間、解像度について行った。ラマンイメージングとスペクトル分解が行えるよなS/Nのよい最適な条件の検討を行なった。血管壁ごとの部位特異性を調べるため、広域条件や測定エリア数の検討を念入りに行なった。ラベルフリーラマンイメージングは、これまでの研究で同定した、弾性線維、膠原線維、アグリカン、ヴァーシカン、核について作製を行なった。空間RNAseqについては、微小組織における1細胞RNAseq解析のため、まずは血管1切片における条件と、レーザーマイクロダイセクションによる微小組織における条件の検討を行なった。レーザーマイクロダイセクションにおいては、どの程度微小なところまで切り出しが可能なのかの検討を行なった。微小組織取得後はRNAseqを行い、遺伝子発現情報が得られるかの検討を行なった。

  • ラマン分光法とリピドミクス解析による大動脈瘤破裂予測因子の探索

    公益財団法人 豊田理化学研究所  豊田理研スカラー

    研究期間:

    2023年04月
    -
    2024年03月
     

  • 組織の凹凸を保持した三次元皮膚モデルの構築と評価指標の確立

    AMED  再生医療実現拠点ネットワークプログラム(幹細胞・再生医学イノベーション創出プログラム)若手

    研究期間:

    2021年06月
    -
    2024年03月
     

    佐田亜衣子, 杉山夏緒里

Misc

  • ラマンイメージングと多変量解析による胸部大動脈瘤に特異的な分子指紋の同定

    杉山夏緒里

    分光研究   72 ( 1 ) 40 - 55  2023年04月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 最終著者, 責任著者

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

 

現在担当している科目

▼全件表示

担当経験のある科目(授業)

  • Laboratory for Advanced Science and Engineering B

    早稲田大学  

    2022年04月
    -
    継続中
     

  • Laboratory for Advanced Science and Engineering A

    早稲田大学  

    2022年04月
    -
    継続中
     

  • Science and Engineering Laboratory

    早稲田大学  

    2021年09月
    -
    継続中
     

  • Fundamental Bioscience Laboratory

    早稲田大学  

    2021年04月
    -
    継続中
     

  • 理工学基礎実験1B Vブロック

    早稲田大学  

    2020年09月
    -
    継続中
     

  • Current Topics in Bioscience

    早稲田大学  

    2020年09月
    -
    継続中
     

  • Molecular Cell Biology A

    早稲田大学  

    2020年09月
    -
    継続中
     

▼全件表示

 

他学部・他研究科等兼任情報

  • 理工学術院   先進理工学部