Updated on 2022/05/25

写真a

 
SATO, Hiroyuki
 
Affiliation
Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences, School of Education
Job title
Professor

Concurrent Post

  • Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences   Graduate School of Education

Education

  • 2003.04
    -
    2006.03

    Tokyo Gakugei University   The United Graduate School of Education   Doctoral Course of Education Division of Mathematics and Natural Science Education  

Degree

  • 東京学芸大学   博士(教育学)

  • 横浜国立大学   修士(教育学)

Research Experience

  • 2022.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences   Professor

  • 2020.09
    -
    2022.03

    Waseda University   Faculty of Education and Integrated Arts and Sciences   Associate professor

  • 2014.10
    -
    2020.08

    University of Yamanashi   Graduate Faculty of Interdisciplinary Research Faculty of Education   Associate professor

  • 2014.04
    -
    2014.09

    University of Yamanashi   Graduate School of Education   Associate professor

  • 2009.10
    -
    2014.03

    Saga University   Faculty of Culture and Education   Associate professor

  • 2007.04
    -
    2009.09

    Saga University   Faculty of Culture and Education   Lecturer

  • 2002.04
    -
    2007.03

    東京学芸大学附属竹早中学校 教諭

  • 1996.04
    -
    2002.03

    桐光学園中学高等学校 教諭

▼display all

Professional Memberships

  •  
     
     

    臨床教科教育学会

  •  
     
     

    日本生物教育学会

  •  
     
     

    日本教授学習心理学会

  •  
     
     

    日本物理教育学会

  •  
     
     

    日本科学教育学会

  •  
     
     

    日本教科教育学会

  •  
     
     

    日本理科教育学会

▼display all

 

Research Areas

  • Education on school subjects and primary/secondary education   理科教育学

  • Science education

Papers

  • "integration of Evaluation with Teaching" for Children to Develop their Ability

    Hiroyuki SATO

    SCIENCE EDUCATION MONTHLY (Society of Japan Science Teaching)   71 ( 3 ) 9 - 12  2022.03

  • Consideration on science class design to develop ability to utilize information and scientific literacy

    Ishikawa Asahi, Sato Hiroyuki, Yamasaki Sou, Takei Nanase

    Journal of Applied Educational Research   27   407 - 421  2022.03  [Domestic journal]

  • A Study on Children’s Naive Conception of Sound and Lesson Design

    Masaaki ISHIKAWA, Rinnya ONOSE, Hiroyuki SATO

    Journal of Research in Science Education   62 ( 1 ) 37 - 48  2021.07  [Refereed]

    DOI

  • Examination of a Science Learning Assessment Model incorporating Cognitive and Social and Emotional Skills

    Masaaki ISHIKAWA, Rinnya ONOSE, Hiroyuki SATO

      20 ( 2 ) 15 - 27  2021.03  [Refereed]

  • 理科学習プロセスシートの活用による子どもの思考の把握:小学校第4学年理科の『水』に関する学習を通して

    佐藤寛之, 松尾健一, 小野瀬倫也

    理科の教育   69 ( 9 ) 46 - 47  2020.08  [Invited]

  • A Study on Support for Science Class Design Using a Teaching/Learning Process Map: Based on an Analysis of Reflection on Learning Instruction Plan by Teacher Candidates

    Rinnya ONOSE, Hiroyuki SATO

    Journal of Research in Science Education   61 ( 1 ) 67 - 81  2020.07  [Refereed]

    DOI

  • JointAnalysis of Elementary and Junior High School Students' Understanding of the Routes of Blood Flows in the Human Heart

    Tomonori SASAKI, Hiroyuki SATO, Moeka IIDA, Yasuo MATSUMORI

    Bulletin of the Faculty of Education The University of Yamanashi   30   91 - 101  2020.03

  • A Study of Fostering Elementary School Children’s Knowledge and Scientific Skills in the Unit “Life”: Based on Children’s Recognitions of the Morphology of Insects

    Tomonori SASAKI, Hiroyuki SATO, Kensho TSUKAHARA, Yasuo MATSUMORI

    Journal of Research in Science Education   60 ( 1 ) 39 - 51  2019.07  [Refereed]

     View Summary

    The main purpose of this study is to analyze elementary school students’ recognitions of the morphology of insects as drawn from the ventral side in the 2nd grade (before learning) and the 3rd grade (after learning), and to examine the perspective to foster children’s learning and skills development in science. The main findings of this study were as follows: 1) more than 60% of the 2nd grade students and more than 80% of the 3rd grade students could distinguish between insects and other living things (among nine kinds) ; and 2) none of the 2nd grade students and about 20%of the 3rd grade students divided morphology of six kinds of insects into three segments (head,thoracic, and abdomen) correctly, and the correct answer rates for each insect were less than 10% for the 2nd grade students and less than 65% among the 3rd grade students. The morphology of the six kinds of insects studied can be correctly classified into 4 types at the head, 9 types at the thoracic and 3 types at the abdomen; therefore, based on these results, we suggested that improvement in the teaching and learning strategies about the morphology of insects is necessary.

    DOI

  • Conducting Science Classes Using Simple lnformation-Sharing System with Photos as Media :Through Utilization and Application of Tablet-Type Computers

    Rinnya ONOSE, Hiroyuki SATO, Tomoyuki HIROGAMI, Takashi YOSHIDA

    Kokushikan Journal of the Humanities   ( 51 ) 35 - 55  2019.03  [Refereed]

     View Summary

    本研究の目的は,タブレット型コンピュータを利活用した簡便な情報共有システムの構築と運用上の課題を把握することであった。システムの設計,授業実践,質問紙調査を通して,システムを利活用した授業実践の有効性が確認された。また,システムの運用上の課題及び授業デザインにおける課題を把握することができた。

  • Evaluation of Elementary School Students’ Understanding about the Position of the Heart: Through the Observation of the Anatomical Model of the Human Body in a Science Museum

    Tomonori SASAKI, Hiroyuki SATO, Minori KITAHARA, Yasuo MATSUMORI

    Journal of Research in Science Education   58 ( 4 ) 393 - 402  2018.06  [Refereed]

     View Summary

    The main purpose of this study is to devise an evaluation sheet for examining the changes of elementary school students’ understanding about the position of the heart before and after the observation of an anatomical model of the human body which is one of the permanent exhibits in a science museum. The main findings of this study were as follows; 1) before the observation, about 40% of 263 students who answered the evaluation sheet had the incorrect concept that the heart was in the left side of the chest; 2) after the observation, the number of the students who had the incorrect concept decreased to less than 10%; and 3) Although the students who understood the position of the heart correctly before the observation was about 20%, after the observation the proportion of students who correctly understood the heart’s position increased to about 60%. Based on these results, we reviewed the evaluation sheet from the five points (constructions and contents of the evaluation sheet, ways of observation, ways of display of the permanent exhibits, the anatomical model, and connections to school science) in order to evaluates its utility.

    DOI

  • Evaluation of Children’s Scientific Knowledge of Insect Morphology, Before and After Learning

    Tomonori SASAKI, Hiroyuki SATO, Kensho TSUKAHARA, Yasuo MATSUMORI

    Journal of Research in Science Education   58 ( 4 ) 403 - 410  2018.06  [Refereed]

     View Summary

    The main purpose of this study is to evaluate whether 2nd grade (before learning) and 3rd grade pupils (after learning) have acquired scientific knowledge about the morphology of insects by using free writing and drawing methods. The findings of this study were as follows; 1) none of the 2nd grade students and about 30% of the 3rd grade pupils explained insect morphology scientifically; 2) about 95% of the 2nd grade pupils explained morphology of insects from particular insects’ or other creatures’ examples unscientifically because they lacked knowledge about intension and extension of the insect’s concept; 3) in 3rd grade pupils’ case, about 40% of pupils’ scientific explanations were based on proposition A (a body of insects makes up head, thoracic, and abdomen), whereas only 1% of their scientific explanations were based on proposition B (insects’ thoracic has six legs); and 4) in both 2nd and 3rd grade pupils, a small percent explained insect morphology by contrasting their differences with human bodies. Based on these results, we suggested some perspectives to consider in order to reconstruct teaching and learning methodology with regard to insect morphology.

    DOI

  • 子どもの科学概念構築を促す授業デザイン支援システムの検討─ 授業改善支援事業での実践を通して─

    ONOSE Rinnya, SATO Hiroyuki

    SHOTO KYOIKU RONSHU:THE JAPANESE JOURNAL OF PRIMARY EDUCATION   19   18 - 31  2018.03  [Domestic journal]

  • Preservice Elemntary School Teachers' Recognition of Acids and Alkalis

    SATO Hiroyuki, SASAKI Tomonori, MATSUMORI Yasuo, MOCHIZUKI Kento, HAGIHARA Osamu

    JOURNAL OF APPLIED EDUCATIONAL RESEARCH   23   103 - 114  2018.03

     View Summary

    小・中学校の理科学習において,水溶液に関する学習は,身の回りの物質への理解を深化・拡大させていくためにも重要な意味や意義をもつものといえる。そのため,水溶液に関する学習を指導・支援する教師には,適切な科学的概念の構築が授業をデザインしていくうえでも必要となってくる.そこで,本研究では,酸と塩基における代替的な概念に関するHanqing & Laura の指摘をもとに,小学校教員志望学生を対象とした酸とアルカリに関する認識状態を把握することを目的として,質問紙調査を実施した.その結果,水溶液の「液性」,「中和と塩」,「液性の強さ」において,学生は低い認識状態にあることが明らかとなった。

  • 心臓の構造に関する小学校教員志望学生の認識状態の分析

    佐々木智謙, 佐藤寛之, 松森靖夫

      58 ( 3 ) 239 - 249  2018.03  [Refereed]

     View Summary

    本研究の主な目的は, 心臓の構造に関する小学校教員志望学生の認識状態を明らかにすることにある。具体的には, 心臓の内部構造及び心臓に繋がる血管の様子を, 質問紙法によって調査した。得られた主な知見は以下の通りである。(1)心臓の構造について科学的に正しい認識を有する学生は皆無であり, 学生の回答は計44の模式図に分類できたこと。(2)心臓内部に閉鎖的空間をもつ構造, 及び心臓内部の左右の心室間に血流経路を示した学生は各10%以上存在したこと。(3)心臓内部の構造に弁を示した回答は43.3%であり, 計4の弁(僧帽弁, 大動脈弁, 三尖弁, 及び肺動脈弁)を科学的に正しい位置と向きに示すことができた学生は1人のみであったこと。(4)心臓内部の各部屋に連結する計6の血管の位置を正しく回答できた学生は1人のみであったこと。上記(1)~(4)の学生の実態に基づきながら, 更に学習指導を要する心臓の構造についての知識・思考等を抽出した。

    DOI

  • Science Lesson in Which Teachers Use Children's Own Ideas,and Find Complementary Information

    佐藤寛之

      66 ( 779 ) 9 - 12  2017.06  [Invited]

     View Summary

    特集「”わかりなおし”でつながる理科授業」の”わかりなおし”でとらえる小中連携について,日本理科教育学会「理科の教育」編集委員会から依頼を受けて執筆したもの。子どもの既有の考えを生かす学習活動の意義や補完すべき情報を見いだすための学習活動を,小中学校での理科授業実践を紹介しながら,理科授業における”わかりなおし”でとらえる小中連携の在り方を検討した。

  • 思考実験を活用し,仮説づくりを中心とした中学校理科授業実践:質量の異なる物体の自由落下運動を事例にして

    宮澤和孝, 松森靖夫, 佐藤寛之, 佐々木智謙

      ( 22 ) 169 - 178  2017.03

     View Summary

    本実践研究では,中学校第3学年を対象にして,課題「質量が違う2つの物体の自由落下」に対する仮説を立てながら,学習に取り組ませた。その結果,約90%の生徒が,「質量の大きい鉄球と小さい木球をひもでつけたものと,鉄球がどのように落下すれば自分たちの仮説が正しいと説明できるか」に対する論理的説明ができた。

  • Analysis of Pre-service Elementary School Teachers' Recognition of Diseases

    佐々木智謙, 佐藤寛之, 松森靖夫, 上嶋崇嗣, 切金南

    Bulletin of the Faculty of Education & Human Sciences The University of Yamanashi   1 ( 25 ) 167 - 174  2017.03

     View Summary

    Alla et al.(2015)による,アメリカ合衆国で広く信じられてい説明群の中から,病気に関する2種類の説明を取り上げて,小学校教員志望学生の科学的真偽の判断を調査した。ウィルスに関する説明に対する正しい真理値を回答できた学生は約20%,風邪とインフルエンザの説明に対する正しい真理値を回答できた学生は40%未満であった。

  • Analysis of Pre-service Elementary School Teachers' Recognition of Common Health

    佐々木智謙, 佐藤寛之, 松森靖夫, 佐野勲, 中村誠司

    Bulletin of the Faculty of Education & Human Sciences The University of Yamanashi   1 ( 25 ) 159 - 165  2017.03

     View Summary

    本調査研究では,Alla et al.(2015)による,アメリカ合衆国で 広く信じられている計17種類の健康や病気に関する説明の中から,健康に関する2種類の説明を取り上げて,小学校教員志望学生の科学的真偽の判断 を明らかにした。正しい真理値を回答できた学生は,両説明 ともに約40%前後であった。

  • A Study on Science Learning of Optical Refraction Using Teaching Materials of Underwater Shooting in lower secondary school

    佐藤寛之, 佐々木智謙, 松森靖夫, 望月健人

    Bulletin of the Faculty of Education & Human Sciences The University of Yamanashi   1 ( 25 ) 149 - 157  2017.03

     View Summary

    本研究では,中学校理科での水中射的の教材としての活用に関する知見を得るために,中学校第1学年を対象にして授業実践を行った。その授業実践と事前事後調査結果の分析から,光の屈折の学習における教材としての水中射的の有用性とその改善点につい て言及した。

  • Analysis of Upper Secondary School Students' Recognition of Causes of Seasonal Changes

    松森靖夫, 佐藤寛之, 佐々木智謙, 岩下彩華

    Bulletin of the Faculty of Education & Human Sciences The University of Yamanashi   1 ( 25 ) 141 - 148  2017.03

     View Summary

    本調査研究では,中学校第3学年理科を終えた直後の高等学校第1学年を対象として,季節変化の原因に対する認識状態を調査して分析を加えた。その結果,中学校理科における季節変化の原因に対する学習自体に問題があることを指摘し,この問題を克服するための具体的方策を提案した。

  • Investigation of preservice elementary school teachers' recognition of the human skeleton:in case of bones of arm

    佐々木智謙, 佐藤寛之, 松森靖夫

    Japanese Journal of Biological Education   58 ( 2 ) 45 - 50  2017.03  [Refereed]

     View Summary

    本研究では,腕の骨に関する小学校教員志望学生の認識状態を調査した。主な知見は以下のとおりである。(1)腕の骨について科学的に正しい認識を有する学生は約3.3%であること,(2)学生は腕の骨について多様なミス・コンセプションを持っていること,及び(3)関節を1本の骨として認識している学生は74%にも及んだこと。

    DOI

  • Analysis of Pre-service Elementary Teachers' Understanding of the Routes of Blood Flows in the Heart

    佐々木智謙, 佐藤寛之, 松森靖夫

    Journal of Research in Science Education   57 ( 3 ) 213 - 222  2017.03  [Refereed]

     View Summary

    小学校教員志望学生を対象とした本研究における調査により得られた知見は以下の通りである。(1)心臓内の各部分の名称について全て正しい回答を選択できた学生は約半数であったこと,(2)心臓に繋がる6つの血管の名称について全て正しい回答を選択できた学生は5%に満たないこと,及び(3)心臓及び心臓に繋がる血管内の血流経路に対する回答類型は計21種類に及んだこと。

    DOI

  • Analysis of Pre-service Elementary Teachers’ Understanding about the Range of the Observable Celestial Sphere: Based on the Description of the Celestial Sphere, the Earth and the Observer on Different Scales

    佐々木智謙, 松森靖夫, 佐藤寛之

    Journal of Research in Science Education   57 ( 2 ) 115 - 122  2016.12  [Refereed]

     View Summary

    本研究では,表現スケールの大きく異なる天球・地球・観測者の描画を用いて,観測者から肉眼で見ることのできる天球に貼り付けられた恒星(視覚可能な天球面の範囲)に関する小学校教員志望学生の認識を調査した。得られた主な知見は以下の通りである。1)学生が考える視覚可能な天球面の範囲は19種類に及んだこと,2)視覚可能な天球面の範囲に対する科学的に適切な回答理由を記述できた学生は皆無であったこと,及び3)天球内に描き添えられる異なるスケールの地球や観測者の描画表現が,視覚可能な天球面の範囲の認識に影響を与えていること。

    DOI

  • Lesson Development in Basic Physics Oriented to Self-Regulated Learning: A Case Study of Course Construction for Concepts in the Electrical Field

    TOYODA Mitsuno, ONOSE Rinnya, SATO Hiroyuki

    THE BULLETIN OF JAPANESE CURRICULUM RESEARCH AND DEVELOPMENT   39 ( 3 ) 13 - 25  2016.12  [Refereed]

     View Summary

    高等学校物理基礎の学習後においても,並列回路における電流の分配の考えの適用を優先するために,回路全体の合成抵抗の理解が不十分であるという学習実態がある。本研究では,上記の課題を改善するために,自己調整学習を促す教授枠組みである理科学習における教授スキームを援用して授業を開発し実践した。授業における各学習場面の子どもの自己調整学習の様態を分析した結果,本研究の授業デザインによる教授学習過程により,子どもは並列回路を流れる電流を電圧や合成抵抗という視点から捉えるようになり,「既有概念を整理し,自分なりのモデルを用いて概念を再構築していく」という自己調整学習による合成抵抗概念を獲得できたことが明らかとなった。

    DOI

  • Preservice elementary school teachers' recognition of microorganisms: Focused on body length of microorganisms in a elementary school science textbook in Japan

    佐藤寛之, 松森靖夫, 森田浩一

    Japanese Journal of Biological Education   57 ( 1 ) 27 - 33  2016.08  [Refereed]

    Authorship:Lead author

     View Summary

    本研究では,小学校教員志望学生を対象に,小学校理科教科書に掲載されている微小生物の体長に関する認識調査を行った。具体的には,メダカの全長及び微小生物(ミジンコ・ゾウリムシ)の相対的な大きさについて問い,微小生物の体長に対する学生の認識状態を分析した。本調査の結果,2種類の微小生物の体長(絶対的な大きさ)に対する学生の認識状態は,微小生物の相対的な大きさに対する認識状態より低くなることと,微小生物の体長に対する学生のプリコンセプションの存在が明らかになった。

    DOI

  • Elementary School Graders' Judgements of Unscientific Information about Insects: As an Example of the Animation "The Adventures of Hutch the Honeybee"

    松森靖夫, 佐藤寛之, 小林香菜子

    Bulletin of the Faculty of Education & Human Sciences University of Yamanashi   17   227 - 236  2016.03

     View Summary

    本研究では,Heather&Lauren(2013)のアニメーション等の映像が及ぼす影響や教材活用の有効性に関する先行研究をふまえ,昆虫について未習の小学生を対象に,子どもの昆虫概念とアニメーションに表現される生態等との連関を検証するための映像資料を活用した調査を実施した。その調査の結果,アニメーション視聴後の子どもには,昆虫に対するプリコンセプションを強化してしまう子どもと,昆虫に対する既有の科学概念を強化した子どもの2つのグループが生じてしまうことが明らかとなった。

  • Preservice Elementary and Secondary Teacher's Recognition of the Radiation

    佐藤寛之, 松森靖夫, 佐藤正和

    Bulletin of the Faculty of Education & Human Sciences University of Yamanashi   17   191 - 200  2016.03

     View Summary

    本研究では,小・中学校教員志望学生を対象として,放射線に関する様々な知識の認識調査を実施し,その調査結果の分析から,放射線に対する学生の認識状態を把握することとした。その結果,放射線の定義やその性質を説明できた学生は,調査対象の3%だけであり,放射能という言葉はよく耳にしているものの,その定義を理解できていない学生は調査対象の9割を超える結果となった。また,X線以外の放射線源についての理解も乏しく,それらに起因して,放射線を利用した技術に関する回答も医療分野に関する回答がほとんどを占めた。

  • Study on the Development of Learning Tools of Atoms and Molecules

    佐藤寛之, 松森靖夫, 仲山輝

    Bulletin of the Faculty of Education & Human Sciences University of Yamanashi   17   183 - 190  2016.03

     View Summary

    本研究では,近年では海外において報告された周期表の学習のための教材の開発における研究における学習ツールを精査することで,原子・分子の学習の初発となる中学校段階での周期表の学習についての課題を解決するため方策を検討した。その結果,これらの学習ツールが具備すべき要素は,「興味や関心を喚起するもの」「目的が明確に理解できるもの」「学力の優劣を問わず,取り組めるもの」であることが改めて理解できた。

  • Preservice Elementary School Teachers' Recognition about Life Cycle and Life Forms of Butterfly: With Reference to Questionnires Devised by Cinici(2013)

    松森靖夫, 佐藤寛之, 望月文

    Bulletin of the Faculty of Education & Human Sciences University of Yamanashi   16   157 - 165  2015.03

     View Summary

    本研究では,チョウを調査内容として,オープンエンド形式の質問の実施したCinici(2013)を参考に,モンシロチョウ(Pieris rapae)の生活環と生活様式に対する小学校教員志望学生の認識状態を調査した。その結果,モンシロチョウの生活環を正しく理解している学生はごくわずか(調査対象の4%)であり,子孫維持よりも個体維持について着目する学生が多いことが明らかとなった。また,成虫の外部形態とその名称については約3割程度の学生が十分な理解を伴う描画をしていたが,幼虫の外部形態とその名称については十分な理解を伴う描画をしていた学生は,生活環同様,ごくわずか(調査対象の4%)にとどまった。

  • Preservice Elementary Teachers’ Recognition of the Moon : Focused on the Moon Shapes

    佐藤寛之, 一瀬絢子, 松森靖夫, 山下和之

    Bulletin of the Faculty of Education & Human Sciences University of Yamanashi   16   179 - 186  2015.03

     View Summary

    本研究では,教員志望学生を対象として,月の見かけの形が生起する原因に関する調査を実施した。その調査結果の分析から,月の見かけの形に関する学生達の非常に低い認識状態が明らかになった。このことは,被験者である学生が,小学校理科の「月と太陽」や中学校理科の「月の運動と見え方」について未習であることにも起因することと考えられるが,身近な天体である「月」に関して関心や興味をもって,実際に見る機会が無いことも本研究の調査における記述内容からは想起できた。

  • Investigation of Preservice Elementary School Teachers’ Immediate Experience and Knowledge of Aves Concept : By Using Photographs of Birds in Elementary School Science Textbooks

    松森靖夫, 佐藤寛之, 石川晃久

    Bulletin of the Faculty of Education & Human Sciences University of Yamanashi   16   167 - 178  2015.03

     View Summary

    鳥類に関する認識調査研究は,小学生や中学生を対象とした調査があるものの(山野井ほか,2009;山崎ほか,1994),教員志望学生を対象にした調査研究は皆無に近い。そこで,本調査では,小学校教員志望学生を対象にして,小学校理科教科書に掲載されている鳥の写真を提示しながら,鳥の名称や観察経験の有無,鳥類全般に関わる知識について調査した。その結果,鳥類概念の内包については一部(羽毛の有無)を除きある程度認識できている一方,外延についての認識は大きく欠落していることが明らかになった。

  • Study on Relationship with the Understanding and Expression of Cognitive Notice in Living Environment Studies

    松尾健一, 佐藤寛之, 森本信也

    The Journal of Studies on Educational Practices:A Bulletin of Integrated Center for Educational Research and Development,Faculty of Culture and Education,Saga-University   30   27 - 36  2014.03

     View Summary

    平成20年度改訂の学習指導要領において,生活科では,気づきの質を高め,科学的な見方の基礎を育成していくことが求められている。本研究では,児童がアサガオを育てていく過程での気づきと表現から,児童がどのような理解を深めたのかを検証することとした。その結果,本研究の授業実践において試行した児童の気づきを基にした体験活動や気づきをまとめた歌の作成が,児童の科学的な見方の基礎を醸成する一助となることが明らかとなった。

  • Study on Rhetoric to Combine Scientific Conception in Science Class : Analysis on Learning Process of Dissolution of Substances

    佐藤寛之, 小野瀬倫也, 村澤千晴

    The Journal of Studies on Educational Practices:A Bulletin of Integrated Center for Educational Research and Development,Faculty of Culture and Education,Saga-University   30   7 - 16  2014.03

     View Summary

    小学校理科では,子どもの自然の事物・現象についての新しいイメージや概念等をより妥当性の高いものに更新していくことが求められる。そこで,本研究では,溶解現象を子どもがどのように解釈しているのかについて,ワークシートに記された子どもの表現から分析した。その結果,子どもは水溶液中の溶質が「目に見えないこと」を,「食べたら体内に取り込まれて見えなくなること」等の根拠として,自分なりの理論を構築し解釈していることが改めて理解できた。

  • 子どもが受容すべき情報の質の検討を理科学習で促すための理論と実践-子ども自身による学習の進捗状況の把握と調整に向けて-

    佐藤寛之, 田中千恵子, 平方章弘

    SCIENCE EDUCATION MONTHLY   62 ( 9 ) 44 - 47  2013.08  [Invited]

     View Summary

    連載講座である「新授業力向上講座『理論』と『実践』が融合する授業」について,日本理科教育学会「理科の教育」編集委員会から依頼を受けて執筆したもの。子どもの自己調整学習が求められる理由と,学習プロセスを記述するための方略等についての理論を解説し,「学習場面で子どもはどのように自らが受容すべき情報の質の検討を行うか」につい,認識論的Vee地図を用いて分析した実践事例を紹介した。

  • A Consideration on the Using of the Analogy in Science Learning Process : Analysis on the Process of Constructing Conception of "Properties of Aqueous Solutions" and "Use of Electricity"

    佐藤寛之, 峰福太朗

    The Journal of Studies on Educational Practices:A Bulletin of Integrated Center for Educational Research and Development,Faculty of Culture and Education,Saga-University   29   81 - 90  2013.03

     View Summary

    本研究では,小学校理科学習場面において表出した子どもの比喩的表現に着目し,モデル構築に関する所論を援用することで,子どもの科学的な思考や表現を評価する視点についての知見を得ることを目的とした。研究の結果として,小学校第6学年理科の「電気の利用」の単元では,異なる素材についての比較よりも,太さが異なるだけの同じ素材の電気部品のほうが,子どもにとって日常経験を活かし,比喩的表現を用いて学習における課題を説明することが容易であることが明らかとなった。

  • A Consideration on Student's Thinking about the Things that Need to Do for Learning in Science Class

    平方章弘, 佐藤寛之, 田中千恵子

    The Journal of Studies on Educational Practices:A Bulletin of Integrated Center for Educational Research and Development,Faculty of Culture and Education,Saga-University   29   121 - 130  2013.03

     View Summary

    本研究では,能動的な学習を成立させるために,子ども自身が学習プロセスを記述した認識論的Vee地図の記述内容から,子どもが如何に学習の進捗状況を調整しているのかについて分析を試みた。授業実践した「鉄の酸化による発熱反応」の単元における記述内容の精査から,学習課題に対する結論を導くことができたことと取り組んだ学習活動(実験)の数には,差が生じておらず,情報の質の検討についての知見を得るためには,その情報を選択した根拠を記述させる支援を考えなければならないことも改めて理解できた。

  • A Study on Using of Self-Regulated Learning Strategies in Science Class : Analysis on the Process of Constructing Conception of Conservation of Mass

    佐藤寛之, 高田有紀美, 筒井浩司

    The Journal of Studies on Educational Practices:A Bulletin of Integrated Center for Educational Research and Development,Faculty of Culture and Education,Saga-University   29   71 - 80  2013.03

     View Summary

    本研究では,質量保存概念の形成過程における学習の進捗状況の把握と調整の様態についての精査を試みた。学習の進捗状況の調整を促すような理科授業を立案・実践し,認識論的Vee地図をふまえたワークシートを活用することで,子ども自身で理解の状況を把握しながら,具体的にすべきことを考えて学習できることを明らかにした。

  • A consideration on representation of the dissolution conception which students retain

    高田有紀美, 筒井浩司, 佐藤寛之

    The Journal of Studies on Educational Practices:A Bulletin of Integrated Center for Educational Research and Development,Faculty of Culture and Education,Saga-University   27   37 - 44  2011.03

     View Summary

    子どもの水溶液の理解に関する調査から導出された課題を克服するための学習支援の在り方について検討した。調査対象の小・中学生は共に日常生活で用いる「とかす」という表現に含まれる溶解や融解,混合等の現象を混同して理解しており,授業での溶解現象の理解に際して,視覚的な情報の影響を強く受けることが明らかとなった。

  • A Study on the Utility of the Epistemological Vee Map in Science Class

    Hiroyuki SATO, Rinnya ONOSE

    Journal of Research in Science Education   51 ( 2 ) 41 - 51  2010.11  [Refereed]

    Authorship:Lead author

    DOI

  • Consideration on Science Class that Develops Ability to Act Autonomously:Analysis of the Learning Process of Aqueous Solution

    佐藤寛之, 松田侍子, 山口孝治

    The Joint Journal of the National Universities in Kyushu.Education and Humanities   4 ( 1 )  2010.09  [Refereed]

     View Summary

    理科学習における子どもの自律的に活動する能力の熟達の諸要因に関する知見を得ることを目的とし,小学校理科「金属をとかす水溶液」の学習を通して,子どもが保持した溶解概念についての質問紙と理科学習シートの記述内容について分析した。その結果,子ども自身が学習の来歴を意識する支援を教師が継続して実施することが自律的に活動しようとする能力を熟達させる一助となることが明らかとなった。

  • The Significance and the Challenges for Science Instruction Centered on "Energy" Concept

    佐藤寛之

    SCIENCE EDUCATION MONTHLY   57 ( 9 ) 10 - 13  2008.08  [Invited]

     View Summary

    平成20年3月に公示された理科の新しい学習指導要領では,「エネルギー」を科学の基本的な見方や概念のキーワードとして挙げている。このエネルギー概念に関して,子どもがエネルギーをどのように理解しているのかをふまえて,学習の柱とする意義や実際の授業展開における課題について解説した。

  • Consideration of Didactics through Use of an Epistemological Vee Map

    佐藤寛之, 森本信也

    Journal of Research in Science Education   49 ( 1 ) 53 - 63  2008.07  [Refereed]

    Authorship:Lead author

     View Summary

    認識論的Vee地図は,学習者の自然認識の深化・拡大のプロセスに対応した科学の方法を記述しつつ,学習者自身にもその状況についてメタ認知を促すものである。 <br />
    認識論的Vee地図の作成を念頭に置いた理科授業デザインにより授業を実践し,教師による認識論的Vee地図の作成を試みた結果,認識論的Vee地図による授業分析は,子どもの理解の状況とその理由を教師に提供することを明らかにした。

  • 子どもの自然事象理解における類推的思考の位置づけに関する研究

    佐藤寛之

    東京学芸大学附属学校研究紀要   34   123 - 140  2007.03

     View Summary

    中学校理科の光・音の単元について授業実践を通して得られたデータを基に,子どものメタ認知と概念形成の具現化である温かい認知としての類推的思考について検討した。子どもの比喩的表現を本研究で措定した温かい認知としての類推的思考の構造により分析した結果,日常生活や学習履歴に起因するベース経験と各自のこだわりを反映された比喩的表現が,新たな問題解決能力の伸長させる要因となりうることを明らかにした。

  • 認識論的Vee地図の授業場面での導入に関する一考察-振り返りツールとしての活用の試行-

    佐藤寛之

    東京学芸大学附属竹早中学校研究紀要   45   23 - 30  2007.03

     View Summary

    本研究では,理科学習場面における認識論的Vee地図の子どもによる活用の様態の分析と,その使用に関するアンケート調査を実施した。この調査(授業での実践)から以下の点を明らかにした。調査対象の半数以上の子どもが簡単な説明のみで,自分なりに認識論的Vee地図を用いて学習内容をまとめることができ,全体の約2割の子どもは学習内容と自分の考えを結びつけて記述することができた。全体の9割弱の子どもが今後の学習に少なからず役立つと考えた。

  • A Science Class Based on the Perspective of Authentic Assessment

    佐藤寛之

    SCIENCE EDUCATION MONTHLY   55 ( 8 ) 16 - 17  2006.07  [Invited]

     View Summary

    理科の新しい学力観では,科学概念や法則を自らの問題解決のための判断に利用できるか否かについて評価することに主眼があるといえる。このことは,まさしく,文字通り真正のアセスメント,すなわち子どもの学習の文脈に即した学習評価が志向されている。本稿では,子どもに求められる理科の学力と学習評価と,真正のアセスメントを基礎にした理科授業の実践のために必要なメタ認知の具現化としての認識論的Vee地図を紹介した。

  • 子どもの自然事象理解における類推的思考の位置づけに関する研究

    佐藤寛之

    博士学位論文     1 - 144  2006.03  [Refereed]

     View Summary

    理科教育で求められる学力を自然事象に対して他者に論証する能力の育成と措定し,中学校理科の光・音の単元について授業実践を通して得られたデータの分析を基に研究を行った。研究を通じて,メタ認知と概念形成の具現化である温かい認知としての類推的思考は,学習が日常生活に帰着すると考える科学的リテラシーの熟達化によってもたらされ,新たな問題解決能力の育成のために不可欠であることを明らかにした。

  • A Study on Analogy for Proficiency of Scientific Literacy

    福岡敏行, 佐藤寛之

    横浜国立大学教育人間科学部紀要 I, 教育科学   8   215 - 238  2006.02

     View Summary

    理科教育で目指す学力を,自然事象に対して他者に論証する能力の育成であると措定し,PISA等が示す学力観である科学的リテラシーを援用しながら学力観とその形成のために必要な教授・学習論を検証した。子どもは常に,新しい学習と向き合う。この新しさとは既にもっている概念を更新するという意味で新しいのであり,その認知構造の変換を促す認知的方略の一つが類推的思考(analogy)であることを明らかにした。

  • Processes of children's Conception in Science by Using Analogy

    佐藤寛之

    東京学芸大学附属竹早中学校研究紀要   43   3 - 10  2005.03

     View Summary

    子どもにとって必要とされる理科学習を自ら自然事象に関わる論理を構築し,科学概念を実感的に理解するプロセスへの関与することであると措定し,検証を試みた。本研究では中学生の光の学習場面における類推的思考を明らかにし,科学概念の構築との関連を分析した。その結果,類推を基に議論したクラスと類推が導き出せなかったクラスでは,ワークシートの記述内容から理解に差が生じていることを明らかにした。

  • Science Study Using Analogy in the Classroom

    佐藤寛之, 森本信也

    Journal of Research in Science Education   45 ( 2 ) 29 - 36  2004.09  [Refereed]

    Authorship:Lead author

     View Summary

    子どもが自然事象の概念の表現する能力を養うためには,理科授業において類推のような論理の構築方法を学ぶ場面が必要である。本論文では,ホリオークやソレンチノらの所論から情意と認知が融合した温かい認知(warm cognition)としての類推的思考の構造を明らかにし,中学生の光の音に関する調査から,類推的思考は概念習得の特徴である手続き的知識の性質を有することが明らかにした。

  • Examination of the Science learning based on Thinking of Children in the Classroom

    佐藤寛之

    東京学芸大学教育学部附属竹早中学校研究紀要   42   3 - 13  2004.03

     View Summary

    子どもの自発的な「問い」を導き出すためにデザインした中学理科第1分野の「光の性質」と「熱と温度」の単元の授業を通し,子どもの考え方の変容を分析した。その分析の結果,反証やアナロジーなどの認知的方略が,子どもの個人内における科学概念の変容を図る方策として有効であることを,授業実践事例での子どもの記述から明らかにした。

▼display all

Books and Other Publications

  • 新訂 平成29年度版学習指導要領対応 小学校教員志望学生のための理科教育入門書

    松森靖夫, 森本信也, 和田一郎, 加藤圭司, 佐藤寛之, ほか( Part: Other, 第5章,第10章(10-3・10-4))

    東洋館出版社  2018.03 ISBN: 9784491034881

     View Summary

    初等教員養成課程での学修者の理科の授業づくりに関する疑問に答えるために,理科教育の入門書として,52の学生の悩みや疑問に対して返答の形で解説をしたもの。(学習指導要領の改訂にあわせて,加筆修正をしたもの。)
    小学校の理科授業の方法や理科室の運営・観察・実験器具の環境整備・管理の各項目について分担執筆。

  • アクティブに学ぶ子どもを育む理科授業

    森本信也, 黒田篤志, 和田一郎, 小野瀬倫也, 佐藤寛之, 渡辺理文( Part: Other, 第5章「ICTの活用によるアクティブに理科を学習する子どもへの支援」)

    学校図書  2017.04

     View Summary

    主に学校現場で理科を教える教員を対象に,アクティブに学ぶ子どもを育むための理科授業デザインの構成要素について具体的な事例とともに解説したもの。
    子どものアクティブな理科学習への支援に寄与するICTの条件,ICTの活用により活性化する子どもの理科学習,子どものアクティブな理科学習を具現化する授業デザイン等について分担執筆。

  • 理科授業をデザインする理論とその展開:自律的に学ぶ子どもを育てる

    森本信也, 森藤義孝, 小川哲男, 小野瀬倫也, 佐藤寛之, その他( Part: Other, 第Ⅱ部第1章「描画や比喩的表現からみる子どもの学び」)

    東洋館出版社  2017.03

     View Summary

    理科授業に表れる子どものアクティブな学習を評価し,その変容を図るための指導の方法について,多くの具体的事例とともに論じたもの。「理科授業で子どもの学びを価値づけ,評価する視点」を検討するために,子どもの描画や比喩的表現が意味するものやそれらの表現の広がりと科学概念構築との関係を具体的な事例とともに解説した「描画や比喩的表現からみる子どもの学び」について分担執筆。

  • 小学校教員志望学生のための理科教育入門書

    松森靖夫, 森本信也, 和田一郎, 加藤圭司, 佐藤寛之, ほか( Part: Other, 第5章「小学生が興味をもつおもしろい理科授業とは,何か:理科授業の方法」,第10章「理科室の環境整備は,どのように整備すればよいのか:観察,実験機器の整備と管理」)

    東洋館出版社  2013.12 ISBN: 9784491029818

     View Summary

    大学・短期大学における初等教育課程での学修者の理科の授業づくりに関する疑問に答えるために,理科教育の入門書として,52の学生の悩みや疑問に対して返答の形で解説をしたもの。
    小学校の理科授業の方法や理科室の運営・観察・実験器具の環境整備・管理の各項目について分担執筆。

  • 小学校理科の指導

    森本信也, 森藤義孝, 石井雅幸, 大貫麻美, 佐藤寛之( Part: Other, 電気の実験器具等の解説と,理科授業におけるICT活用法及びICT活用型の指導案の執筆)

    建帛社  2009.09

     View Summary

    初等教育課程の理科教育法,教科専門・理科のテキスト。小学校学習指導要領解説理科編のキーワードをつなぎ合わせ,子どもの問題解決を中心とした学習活動の充実を図るための方法を中心に解説をしたもの。小学校理科のエネルギー領域の学習内容・教材や,理科授業におけるICT活用法,実際の学習指導の各項目について分担執筆。

  • 教師をはぐくむ-地方大学の挑戦-

    佐長健司, 甲斐今日子, 上野景三, 井上正允, 佐藤寛之( Part: Other, 第9章「求められている理科教師とは?:いま求められている理科の学力観と指導力向上の素養を持つ教師の養成」)

    昭和堂  2009.03 ISBN: 9784812208670

     View Summary

    大学における教員養成改革の一つの事例として佐賀大学での改革について紹介したもの。理科の学力観の変遷や,文化教育学部・理工学部・農学部の教員志望の学生を対象に開講されている中等理科教育法の講義での取り組み等を紹介しながら,理科教師を目指す学生に必要な素養について分担執筆。

  • 中学校新学習指導要領の展開 理科編

    山極隆, 呉屋博, 森本信也, 益田裕充, 佐藤寛之( Part: Other, 第Ⅴ章(4).「原理原則の理解を深めるものづくり」)

    明治図書  2009.01 ISBN: 9784188435106

     View Summary

    中学校理科教師向けに中学校理科の学習指導要領の方針・構造・解説・指導計画の作成と内容の取り扱い・実践課題と具体例等を収録したもの。原理原則の理解を深めるためのものづくりを理科授業に活かす際の実践課題について,具体例を挙げて解説する項目について分担執筆。

  • 子どもの科学的リテラシー形成を目指した生活科・理科授業の開発

    森本信也, 加藤圭司, 森藤義孝, 中田朝夫, 佐藤寛之( Part: Other, 第6章4.5.「電流とそのはたらき:子どもの科学概念の形成過程の外化から学習を振り返る機会の充実」)

    東洋館出版社  2009.01 ISBN: 9784491024226

     View Summary

    中学校2年生で学習する「電流とそのはたらき」の単元において,科学的リテラシー向上を目指した授業の取り組みを紹介したもの。子どもの科学概念の構築過程の外化の様態を,授業において子どもが作成した認識論的Vee地図等から明らかにした授業について分担執筆。

  • CD-ROM版 中学校理科教育実践講座 実践編

    CD-ROM版, 中学校理科教育実践講座刊行会編, 石田博幸, 小林昭三, 藤田静作, 北村喜久次, 佐藤寛之, 名(ただし, 物理領域CD-ROMのみ( Part: Other, 第4章-1物理領域の学習指導(1).2節1-②.「子ども(生徒)の思考に基づく電流分野の授業デザイン」)

    ニチブン  2003.09

     View Summary

    中学校理科教師向けに平素の授業に役立つ授業展開の理論と実践。中学校理科1分野の電流単元での電流電圧に関するレディネスの調査から,学習における認知的なバイアスを子どもに示し,電気についての「問い」を導き議論を通して理解を深化させた授業の授業案と実践記録について分担執筆。

▼display all

Misc

▼display all

Other

  • 子どもの表現(モデル図)から小中理科の接続を考える

    2017.05
     
     

     View Summary

    連載「理科教育を考える」について,依頼を受けて執筆したもの。ジョナセンのモデル構築に関する所論や小学校での子どもの表現(モデル図)を紹介しながら,小・中学校理科の接続を考えた授業者の支援の在り方について検討した。(「教科研究理科」,No.204,6-7,学校図書株式会社)

  • ”言語力の育成重視”の年間計画づくりには

    2009.10
     
     

     View Summary

    学習指導要領における新たな理科のコンセプトを入れた年間計画をどのように準備するかを検討するために企画された特集記事の1項目を担当し,佐賀市内の小学校での実践を紹介しながら,「自ら学習を振り返る」活動場面と,その時間を確保する年間計画について提案した。(「楽しい理科授業」,41(11),25-26,明治図書)

  • 新要領をプレゼンする理科室経営のヒント「科学的な見方・考え方をアピールするヒント」

    2009.01
     
     

     View Summary

    新しい学習指導要領のねらいを実現させるために理科室の環境をどのように改変していくかを考慮するために企画された特集記事の1項目を担当し,「考える場」として理科室を位置づけていくための工夫等を紹介した。(「楽しい理科授業」,41(2),9,明治図書)

  • 知識を活用する力を育てる指導

    2008.07
     
     

     View Summary

    理科授業でPISA型読解力を育てるために,どのような指導が必要であるのかについて解説した。具体的には,知識を活用する力を育むためのポイントとなる類推的思考を学習指導に取り入れることの意義等について解説した。(「楽しい理科授業」,40(8),22-23,明治図書)

  • 「推論」を生かした学習活動へ

    2008.06
     
     

     View Summary

    平成20年3月に公表された学習指導要領の理科における読解のポイントとして,小学校第6学年の習得目標として新たに掲げられた「推論しながら調べる」という学習活動に着目し解説した。具体的には,子どもの考えを科学の論理と結びつける「推論」を授業の取り入れる際の留意点や,「推論」を取り入れた学習活動で期待する点について簡単に解説した。(「楽しい理科授業」,40(7),47,明治図書)

  • 教員研修とその生かし方(座談会)

    2007.12
     
     

     View Summary

    平成20年3月に公表された学習指導要領の理科における読解のポイントとして,小学校第6学年の習得目標として新たに掲げられた「推論しながら調べる」という学習活動に着目し解説した。具体的には,子どもの考えを科学の論理と結びつける「推論」を授業の取り入れる際の留意点や,「推論」を取り入れた学習活動で期待する点について簡単に解説した。(藤田寛治,大津康徳,世波敏嗣,佐藤寛之,馬原俊浩 日本初等理科教育研究会編「初等理科教育」,41(12),4-8,農山漁村文化協会)

▼display all

Awards

  • 日本理科教育学会論文賞

    2020.08   日本理科教育学会   「理科学習で子どもが受容すべきと考えた情報とその選択の根拠に関する研究:メタ認知的活動の顕在化と気づきの自覚化を促す理科学習プロセスシートの開発とその活用」

    Winner: 佐藤寛之, 松尾健一, 小野瀬倫也

Research Projects

  • 社会的分散認知の共有や統合を図り科学概念の更新を目指す協働的な理科授業の開発

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)

    Project Year :

    2020.04
    -
    2023.03
     

    佐藤 寛之

  • A study on Selection of Information to be Accepted by Children and Examination of its Qualitative Value in Science Learning

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    Project Year :

    2016.04
    -
    2020.03
     

    SATO Hiroyuki

     View Summary

    In order to clarify the information that children consider to be accepted and the bases for their choices in science learning, we analyzed the data of children's conceptions in science class. As a result of this study, the following was clarified:
    1) When choosing information that children considered to be accepted in science learning, children recall what originated from their life experience related to learning keywords. Based on the relationship between their ideas and the learning objective, children added grounds to their expectations, with the addition of children’s understanding from prior science learning.
    2) Depending on how easily the factors that resulted in the experimental outcomes could be expressed, the children’s methods of expression varied. Their methods of expression were determined by their ability to articulate the cause of the experimental results as well as their conceptualizations, and further varied according to the children’s confidence in their explanations.

  • Study on the Rhetoric to Develop the Abilities of Scientific Thinking and Representations in Science Class

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    Project Year :

    2013.04
    -
    2016.03
     

    SATO Hiroyuki, ONOSE Rinnya, TANAKA Chieko, TOYODA Mitsuno, MURASAWA Chiharu, MATSUO Kenichi, HIRAKATA Akihiro, HIGUCHI Asami

     View Summary

    In this study, based on understanding the rhetoric represented by learner in science class, we tried to explore the role of learners' rhetoric in scientific thinking and science learning process. As a result of this study, the following things became clear.
    1)Even if learners are in elementary school, they can consider the contents of their metaphor and analogy. So it is possible for learners to build model of their own understanding with scientific conception. And not all, but learners can understand their basis of model building.
    2)By compare their own model and others models, or by consider the conditions on the setting of model, learners notice that they need to revise their scientific conception .

  • Development of a Science Teaching Scheme for Self-Regulated Learning Practices Using ICT

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    Project Year :

    2012.04
    -
    2015.03
     

    ONOSE Rinnya, SATO Hiroyuki, SAITO Yuichiro, YOSHIDA Takashi, HIROGAMI Tomoyuki, TOYODA Mitsuno, MURASAWA Chiharu, SUZUKI Issey, SEIJI Ookuma, IWAHORI Aya, CHINO Kenichi

     View Summary

    During the research period, research will be conducted from two perspectives.
    1. The theoretical framework science classes that have adopted ICT (information communication technology). 2. The effect of using ICT equipment from the perspective of cognitive transformation in children.
    With regards to perspective of point 1. By assuming “A Science teaching scheme for self-regulated learning practices using ICT” that references a science teaching scheme that has theoretical support of constructivist science courses, it was possible to verify the possibility of application and effectiveness through practice of elementary school, junior high school, and high school courses. With regards to perspective of point 2. Verification was possible through elementary school, junior high school, and high school protocol analysis and performance tests conducted after one year of carrying out classes.

  • A Study on the Science Class which Assist in Using of Self-Regulating Strategies in Science Learning.

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Young Scientists (B)

    Project Year :

    2010
    -
    2011
     

    SATO Hiroyuki, TSUTSUI Hiroshi, HIGUCHI Toshihiasa, YAMAGUCHI Takaharu, TAKADA Yukimi

     View Summary

    As a result of this study, the following things became clear:
    1. Even when children have to solve the new challenges, if they can compare the quality of information obtained in their learning processes, they take out information from their conceptions, and try to resolve the issue.
    2. When children share ideas with others to evaluate their own conceptions in science class, its learning activity will assist in using of self-regulating strategies in science learning.

  • A Study on the Utilization of Epistemological Vee Map in the Science Learning

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Young Scientists (Start-up)

    Project Year :

    2007
    -
    2008
     

    SATO Hiroyuki, ONOSE Rinya

▼display all

Presentations

  • 理科学習評価モデルによる授業デザインの実践的検証:小学校理科第4学年「もののあたたまり方」の実践を通して

    石川正明, 小野瀬倫也, 佐藤寛之

    日本理科教育学会第71回全国大会(群馬大会) 

    Presentation date: 2021.09

    Event date:
    2021.09
     
     
  • シンポジウムⅠ・70周年記念誌企画から考えるこれからの理科教育学研究

    久保田善彦, 和田一郎, 藤井浩樹, 佐藤寛之, 出口明子, 山下修ー, 稲垣成哲

    日本理科教育学会第71回全国大会(群馬大会) 

    Presentation date: 2021.09

    Event date:
    2021.09
     
     
  • Research on the Relationship between Learning Activities and Scientific Concept Construction based on Messing About :For the 3rd Grade Science Unit "Object and weight"

    UJIMOTO Kohei, SATO Hiroyuki, HASHIMOTO Yota, NAKANISHI Taiki

    Presentation date: 2021.09

    Event date:
    2021.09
     
     
  • Science Class Design to Develop Information Literacy and Scientific Literacy

    ISHIKAWA Asahi, SATO Hiroyuki, YAMAZAKI Sou, TAKEI Nanase, HIGASHI Rika

    Presentation date: 2021.09

    Event date:
    2021.09
     
     
  • 予想場面で考えの根拠とする情報の選択と受容に関する一考察:第5学年「台風と天気の変化」での理科学習プロセスシートの活用

    石川 あさひ, 佐藤 寛之, 神山 久美, 鶴田 真樹, 山崎 壮

    日本理科教育学会第59回関東支部大会(横浜国立大学) 

    Presentation date: 2020.12

    Event date:
    2020.12
     
     
  • 自由試行に基づく学習活動と科学概念構築の関係についての研究:小学校第3学年「太陽とかげを調べよう」を対象にして

    藤本浩平, 佐藤寛之, 佐藤博, 橋本耀太

    日本理科教育学会第59回関東支部大会(横浜国立大学)  (横浜国立大学)  日本理科教育学会

    Presentation date: 2020.12

  • 子どもの思考プロセスを把握するための比喩的表現に関する研究

    中西大生, 佐藤寛之, 佐藤博, 橋本尚一, 関口哲也

    日本理科教育学会第59回関東支部大会(横浜国立大学)  (横浜国立大学)  日本理科教育学会

    Presentation date: 2020.12

  • 子どもが根拠のある考えを構築していくための授業デザイン

    武居菜生, 佐藤寛之, 神山久美, 鶴田真樹, 窪田健

    日本理科教育学会第59回関東支部大会(横浜国立大学)  (横浜国立大学)  日本理科教育学会

    Presentation date: 2020.12

  • 子どもの「音」に対する素朴概念の発展を志向した授業デザイン:小学校理科第3学年「音の伝わり方と大小」

    石川正明, 小野瀬倫也, 佐藤寛之

    日本理科教育学会第59回関東支部大会(横浜国立大学)  (横浜国立大学)  日本理科教育学会

    Presentation date: 2020.12

  • 理科学習におけるICT活用に関する研究内容の変遷に関する研究

    石川あさひ, 佐藤寛之, 鶴田真樹, 窪田健, 山崎壮

    日本理科教育学会第70回全国大会(岡山大会)  (岡山大学)  日本理科教育学会

    Presentation date: 2020.08

  • 子どもの「音」に対する素朴概念から立ち上げる理科授業:小学校理科第3学年「音の伝わり方と大小」

    石川正明, 小野瀬倫也, 佐藤寛之

    日本理科教育学会第70回全国大会(岡山大会)  (岡山大学)  日本理科教育学会

    Presentation date: 2020.08

  • 自分の考えの根拠の説明を促進させる比喩的表現に関する一考察

    中西大生, 佐藤寛之, 中村忠廣

    日本理科教育学会第70回全国大会(岡山大会)  (岡山大学)  日本理科教育学会

    Presentation date: 2020.08

  • 協調的な学習に対する子どもの意識とその向上を目指した理科授業

    武居菜生, 佐藤寛之, 中村忠廣

    日本理科教育学会第70回全国大会(岡山大会)  (岡山大学)  日本理科教育学会

    Presentation date: 2020.08

  • 教授・学習プロセスマップを用いた理科授業デザイン支援:教員志望学生による学習指導案の省察の分析を通して

    小野瀬倫也, 佐藤寛之

    日本理科教育学会第70回全国大会(岡山大会)  (岡山大学)  日本理科教育学会

    Presentation date: 2020.08

  • 社会情動的スキルの育成を志向した理科授業デザインに関する研究

    石川正明, 小野瀬倫也, 佐藤寛之

    日本理科教育学会第58回関東支部大会  (山梨大学教育学部(山梨県甲府市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2019.12

  • 理科での協働的な学習に対する子ども意識に関する分析

    武居菜生, 佐藤寛之, 中村忠廣

    日本理科教育学会第58回関東支部大会  (山梨大学教育学部(山梨県甲府市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2019.12

  • 子どもが考えを説明する際の比喩的表現の活用状況に関する調査

    中西大生, 佐藤寛之, 中村忠廣

    日本理科教育学会第58回関東支部大会  (山梨大学教育学部(山梨県甲府市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2019.12

  • ヒトの血液循環に関する学修指導方策の再検討:小学校教員志望学生を対象にして

    塚原健将, 佐々木智謙, 佐藤寛之, 松森靖夫

    日本理科教育学会第58回関東支部大会  (山梨大学教育学部(山梨県甲府市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2019.12

  • 生活科における児童の自然認識に関する分析:小学校第2学年ミニトマトの栽培活動を中心にして

    北原美遥, 佐々木智謙, 佐藤寛之, 松森靖夫

    日本理科教育学会第58回関東支部大会  (山梨大学教育学部(山梨県甲府市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2019.12

  • 子どもの科学的思考力を高める理科授業デザインの視点:認知的・非認知的スキルを組み込んだ理科学習モデルの検討

    石川正明, 小野瀬倫也, 佐藤寛之

    日本教科教育学会第45回全国大会  (静岡大学(静岡県静岡市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2019.10

  • 子どもの科学的思考力を高める理科授業デザインに関する研究:認知的・非認知的スキルを組み込んだ理科学習モデルの検討

    石川正明, 小野瀬倫也, 佐藤寛之

    日本理科教育学会第69回全国大会  (静岡大学(静岡県静岡市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2019.09

  • 小学校教員志望学生を対象としたリトマス紙の論理操作に関する認識調査

    中西大生, 佐藤寛之, 松森靖夫, 佐々木智謙

    日本理科教育学会第69回全国大会  (静岡大学(静岡県静岡市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2019.09

  • 小学校教員志望学生の血液循環に対する科学的認識を目指して(その2): 学習指導方策の試行とその結果分析

    佐々木智謙, 塚原健将, 佐藤寛之, 松森靖夫

    日本理科教育学会第69回全国大会  (静岡大学(静岡県静岡市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2019.09

  • 小学校教員志望学生の血液循環に対する科学的認識を目指して(その1): 学習指導方策の提案

    塚原健将, 佐々木智謙, 佐藤寛之, 松森靖夫

    日本理科教育学会第69回全国大会  (静岡大学(静岡県静岡市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2019.09

  • 科学史上の思考実験を活用した中学校理科授業の実践:質量の異なる物体の自由落下運動を事例にして

    宮澤和孝, 松森靖夫, 佐藤寛之, 佐々木智謙, 佐久間覚, 新宮響子

    日本理科教育学会第57回関東支部大会  (宇都宮大学教育学部(栃木県宇都宮市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2018.12

  • 金属概念に関する小・中学生の認識状態の分析

    角田美歩, 佐藤寛之, 佐々木智謙, 松森靖夫

    日本理科教育学会第57回関東支部大会  (宇都宮大学教育学部(栃木県宇都宮市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2018.12

  • リトマス紙の論理操作に対する小学校教員志望学生の認識状態の分析

    中西大生, 佐藤寛之, 佐々木智謙, 松森靖夫

    日本理科教育学会第57回関東支部大会  (宇都宮大学教育学部(栃木県宇都宮市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2018.12

  • 「理科の見方・考え方」を働かせて思考する授業展開に関する研究

    外川千晴, 佐藤寛之, 小野瀬倫也

    日本理科教育学会第57回関東支部大会  (宇都宮大学教育学部(栃木県宇都宮市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2018.12

  • 子どもの科学的な思考力を高める理科授業デザインに関する一考察:思考過程の可視化を促した「もののとけ方」の学習を通して

    石川正明, 佐藤寛之, 小野瀬倫也

    日本理科教育学会第57回関東支部大会  (宇都宮大学教育学部(栃木県宇都宮市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2018.12

  • ヒトの循環系の認識に関する基礎的研究:小・中学生を対象にして

    飯田萌加, 佐々木智謙, 佐藤寛之, 松森靖夫

    日本理科教育学会第57回関東支部大会  (宇都宮大学教育学部(栃木県宇都宮市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2018.12

  • ヒトの循環系に関する認識状態の分析(その1):中学生を対象にして

    塚原健将, 佐々木智謙, 佐藤寛之, 松森靖夫

    日本理科教育学会第57回関東支部大会  (宇都宮大学教育学部(栃木県宇都宮市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2018.12

  • ヒトの循環系に関する認識状態の分析(その2):中学生を対象にして

    佐々木智謙, 塚原健将, 佐藤寛之, 松森靖夫

    日本理科教育学会第57回関東支部大会  (宇都宮大学教育学部(栃木県宇都宮市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2018.12

  • 低学年児童による葉の分類活動とその分析

    北原美遥, 佐々木智謙, 佐藤寛之, 松森靖夫

    日本理科教育学会第57回関東支部大会  (宇都宮大学教育学部(栃木県宇都宮市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2018.12

  • 教授・学習プロセスマップを用いた指導力向上研修の試み

    小野瀬倫也, 佐藤寛之, 永田賢

    日本理科教育学会第68回全国大会  (岩手大学(岩手県盛岡市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2018.08

  • 思考事件を活用し,仮説づくりを中心とした中学校理科授業実践:質量の異なる物体の自習落下運動を事例にして

    宮澤和孝, 松森靖夫, 佐藤寛之, 佐々木智謙

    日本理科教育学会第68回全国大会  (岩手大学(岩手県盛岡市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2018.08

  • 理科授業場面での子どもの考えの根拠や受容すべき情報の選択に関する一考察

    佐藤寛之, 小野瀬倫也, 松尾健一

    日本理科教育学会第68回全国大会  (岩手大学(岩手県盛岡市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2018.08

  • 学習プロセスの可視化によりメタ認知を促す手立ての検討

    藤枝央真, 小野瀬倫也, 佐藤寛之

    日本理科教育学会第68回全国大会  (岩手大学(岩手県盛岡市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2018.08

  • 子どもの「光の性質」についての概念構築を促す授業デザインの検討:中学生の「光の反射と屈折」に関するモデル構築を志向して

    豊田光乃, 小野瀬倫也, 佐藤寛之

    日本理科教育学会第68回全国大会  (岩手大学(岩手県盛岡市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2018.08

  • ヒトの循環系に関する小学校教員志望学生の認識状態の分析(その1)

    塚原健将, 佐々木智謙, 佐藤寛之, 松森靖夫

    日本理科教育学会第68回全国大会  (岩手大学(岩手県盛岡市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2018.08

  • ヒトの循環系に関する小学校教員志望学生の認識状態の分析(その2)

    佐々木智謙, 塚原健将, 佐藤寛之, 松森靖夫

    日本理科教育学会第68回全国大会  (岩手大学(岩手県盛岡市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2018.08

  • 思考過程の可視化を促すための理科授業デザインに関する一考察:子どもの対話による「物のとけ方」の学習を通して

    石川正明, 佐藤寛之, 小野瀬倫也

    日本理科教育学会第68回全国大会  (岩手大学(岩手県盛岡市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2018.08

  • 昆虫の体のつくりに関する認識状態の調査

    塚原健将, 佐々木智謙, 佐藤寛之, 松森靖夫

    日本理科教育学会第56回関東支部大会  (千葉大学教育学部(千葉県千葉市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2017.12

  • 心臓に関する展示物が及ぼす子どもの認識への影響

    北原美遥, 佐々木智謙, 佐藤寛之, 松森靖夫

    日本理科教育学会第56回関東支部大会  (千葉大学教育学部(千葉県千葉市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2017.12

  • ICT機器を活用した理科学習指導方策の提案

    佐々木智謙, 佐藤寛之, 松森靖夫

    日本理科教育学会第56回関東支部大会  (千葉大学教育学部(千葉県千葉市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2017.12

  • 理科教授スキームを活用した指導力向上研修の試み

    小野瀬倫也, 佐藤寛之, 野原博人, 永田賢

    日本理科教育学会第56回関東支部大会  (千葉大学教育学部(千葉県千葉市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2017.12

  • 液性の強さについての認識を高める理科授業デザインに関する考察

    望月健人, 佐藤寛之, 佐々木智謙, 松森靖夫, 萩原修

    日本理科教育学会第56回関東支部大会  (千葉大学教育学部(千葉県千葉市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2017.12

  • 理科学習場面で子どもが受容すべき情報の選択とその質的価値の検討に関する研究:理科学習プロセスを把握し他者と共有していくための学習シートの開発とその活用

    佐藤寛之, 小野瀬倫也, 松尾健一

    日本教科教育学会第43回全国大会  (北海道教育大学札幌校(北海道札幌市))  日本教科教育学会

    Presentation date: 2017.09

  • 中学校理科「光」の単元における子どもの認識の実態:授業デザインを視野に入れた実践的調査

    豊田光乃, 小野瀬倫也, 佐藤寛之

    日本理科教育学会第67回全国大会  (福岡教育大学(福岡県宗像市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2017.08

  • 根拠ある予想や仮説を発想する力を熟達させる理科授業方略に関する考察

    佐藤寛之, 松尾健一, 小野瀬倫也

    日本理科教育学会第67回全国大会  (福岡教育大学(福岡県宗像市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2017.08

  • 知識統合を促進させる理科授業デザイン

    樋口麻美, 佐藤寛之, 小野瀬倫也

    日本理科教育学会第67回全国大会  (福岡教育大学(福岡県宗像市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2017.08

  • 対話的な学習で深める学びをつくる授業デザインの一考察:「もののとけ方」の授業を通して

    石川正明, 佐藤寛之, 小野瀬倫也

    日本理科教育学会第67回全国大会  (福岡教育大学(福岡県宗像市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2017.08

  • 心臓の構造に関する小学校教員志望学生の認識状態の分析

    佐々木智謙, 佐藤寛之, 松森靖夫

    日本理科教育学会第67回全国大会  (福岡教育大学(福岡県宗像市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2017.08

  • 児童における昆虫の体のつくりに関する認識状態の分析

    塚原健将, 佐々木智謙, 佐藤寛之, 松森靖夫

    日本理科教育学会第67回全国大会  (福岡教育大学(福岡県宗像市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2017.08

  • 中学生を対象とした酸とアルカリに関する認識調査

    望月健人, 佐藤寛之, 佐々木智謙, 松森靖夫, 萩原修

    日本理科教育学会第67回全国大会  (福岡教育大学(福岡県宗像市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2017.08

  • 心臓の血流経路に関する小学校教員志望学生の認識状態について

    佐々木智謙, 松森靖夫, 佐藤寛之

    日本理科教育学会第55回関東支部大会  (埼玉大学(埼玉県さいたま市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2016.12

  • 季節変化の原因に対する高校生の認識状態の分析

    岩下彩華, 松森靖夫, 佐藤寛之, 佐々木智謙

    日本理科教育学会第55回関東支部大会  (埼玉大学(埼玉県さいたま市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2016.12

  • 小・中学校教員志望学生の酸とアルカリの理解に関する認識調査

    望月健人, 佐藤寛之, 松森靖夫, 佐々木智謙

    日本理科教育学会第55回関東支部大会  (埼玉大学(埼玉県さいたま市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2016.12

  • 小学校教員志望学生の振り子の運動の理解に関する認識調査

    酒井忍, 佐藤寛之, 松森靖夫, 佐々木智謙

    日本理科教育学会第55回関東支部大会  (埼玉大学(埼玉県さいたま市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2016.12

  • 主体的・対話的な子どもの学びを支援する理科授業デザイン

    松尾健一, 佐藤寛之

    日本理科教育学会第55回関東支部大会  (埼玉大学(埼玉県さいたま市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2016.12

  • 水中射的を教材とした光の屈折に関する中学校理科の授業実践

    望月健人, 佐藤寛之, 松森靖夫

    日本理科教育学会第66回全国大会  (信州大学(長野県長野市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2016.08

  • 中学生の回路を流れる電流の理解を促す授業デザインの検討

    豊田光乃, 小野瀬倫也, 佐藤寛之

    日本理科教育学会第66回全国大会  (信州大学(長野県長野市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2016.08

  • 子どもの科学概念構築を促す授業デザイン支援の検討:授業改善支援事業での実践

    小野瀬倫也, 佐藤寛之

    日本理科教育学会第66回全国大会  (信州大学(長野県長野市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2016.08

  • 腕の骨についての小学校教員志望学生の認識状態について

    佐々木智謙, 松森靖夫, 佐藤寛之

    日本理科教育学会第66回全国大会  (信州大学(長野県長野市))  日本理科教育学会

    Presentation date: 2016.08

  • 小学校教員志望学生の自然認識に関する一考察:小学校理科教科書に掲載されている微生物の体長を事例にして

    松森靖夫, 佐藤寛之, 森田浩一

    平成27年度第4回日本科学教育学会研究会  (山梨大学)  日本科学教育学会

    Presentation date: 2016.02

  • アニメーション視聴が小学生の自然認識に及ぼす影響の調査

    松森靖夫, 佐藤寛之, 小林香菜子

    平成27年度第4回日本科学教育学会研究会  (山梨大学)  日本科学教育学会

    Presentation date: 2016.02

  • 小・中学校教員志望学生の放射線に関する認識調査

    佐藤寛之, 松森靖夫, 佐藤正和

    平成27年度第4回日本科学教育学会研究会  (山梨大学)  日本科学教育学会

    Presentation date: 2016.02

  • 中学校理科での元素に関する学習ツールに関する一考察

    佐藤寛之, 松森靖夫, 仲山輝

    平成27年度第4回日本科学教育学会研究会  (山梨大学)  日本科学教育学会

    Presentation date: 2016.02

  • モデル作成と更新にみる子どもの物質概念の萌芽に関する考察

    松尾健一, 樋口麻美, 佐藤寛之

    平成27年度第4回日本科学教育学会研究会  (山梨大学)  日本科学教育学会

    Presentation date: 2016.02

  • 小学校教員志望学生の放射線に関する認識調査

    佐藤正和, 佐藤寛之, 松森靖夫

    日本理科教育学会第54回関東支部大会  (茨城大学)  日本理科教育学会

    Presentation date: 2015.12

  • 原子・分子の学習ツールの開発に関する考察

    仲山輝, 佐藤寛之, 松森靖夫

    日本理科教育学会第54回関東支部大会  (茨城大学)  日本理科教育学会

    Presentation date: 2015.12

  • 昆虫にまつわる非科学的な情報に対する小学生の判断:アニメーション『昆虫物語みなしごハッチ』を事例として

    小林香菜子, 松森靖夫, 佐藤寛之

    日本理科教育学会第54回関東支部大会  (茨城大学)  日本理科教育学会

    Presentation date: 2015.12

  • 微生物に対する小学校教員志望学生の認識状態の分析:小学校理科教科書に掲載されている微生物の体長を中心にして

    森田浩一, 松森靖夫, 佐藤寛之

    日本理科教育学会第54回関東支部大会  (茨城大学)  日本理科教育学会

    Presentation date: 2015.12

  • 凸レンズに対する小学校教員志望学生の認識状態について:虫めがねの使用に関する調査とともに

    飯塚優樹佐藤寛之, 松森靖夫

    日本理科教育学会第65回全国大会  (京都教育大学)  日本理科教育学会

    Presentation date: 2015.08

  • 子どもの電気概念形成を促進させる比喩的表現に関する考察

    佐藤寛之, 松尾健一, 荒木麻衣佳

    日本理科教育学会第65回全国大会  (京都教育大学)  日本理科教育学会

    Presentation date: 2015.08

  • 物質の変化に関する小学校教員志望学生の認識調査:化学変化と物理変化を中心として

    後藤斐武, 佐藤寛之, 松森靖夫

    日本理科教育学会第53回関東支部大会  (群馬大学)  日本理科教育学会

    Presentation date: 2014.12

  • 子どもの電気概念の修正・拡大を促す「合成抵抗」の認識:高等学校物理基礎における認識の変容過程から

    豊田光乃, 小野瀬倫也, 佐藤寛之

    日本理科教育学会第53回関東支部大会  (群馬大学)  日本理科教育学会

    Presentation date: 2014.12

  • 鳥類に関する小学校教員志望学生の直接経験や知識に関する調査:小学校理科教科書における鳥の写真を題材にして

    石川晃久, 松森靖夫, 佐藤寛之

    日本理科教育学会第53回関東支部大会  (群馬大学)  日本理科教育学会

    Presentation date: 2014.12

  • 子どもの電流概念の拡大・修正を志向した授業デザインの検討:「合成抵抗」の認識調査を基にして

    豊田光乃, 小野瀬倫也, 佐藤寛之

    日本教科教育学会第40回全国大会  (兵庫教育大学)  日本教科教育学会

    Presentation date: 2014.10

  • モデル作成と更新による子どもの電流概念形成過程に関する考察

    松尾健一, 佐藤寛之

    日本理科教育学会第64回全国大会  (愛媛大学)  日本理科教育学会

    Presentation date: 2014.08

  • ICT利活用による情報の共有化と科学概念の保持に関する考察(2)

    佐藤寛之, 小野瀬倫也, 廣上倫介

    日本理科教育学会第64回全国大会  (愛媛大学)  日本理科教育学会

    Presentation date: 2014.08

  • ICT利活用による情報の共有化と科学概念の保持に関する考察(1)

    廣上倫介, 小野瀬倫也, 佐藤寛之

    日本理科教育学会第64回全国大会  (愛媛大学)  日本理科教育学会

    Presentation date: 2014.08

  • エネルギー概念の習得を促す教授スキームの精緻化:高等学校物理基礎におけるICT利活用の導入計画

    豊田光乃, 小野瀬倫也, 佐藤寛之

    日本理科教育学会第64回全国大会  (愛媛大学)  日本理科教育学会

    Presentation date: 2014.08

  • ICTを利活用した自己調整学習実践の為の教授スキーム

    小野瀬倫也, 佐藤寛之, 村澤千晴

    日本理科教育学会第64回全国大会  (愛媛大学)  日本理科教育学会

    Presentation date: 2014.08

▼display all

 

Syllabus

▼display all

 

Committee Memberships

  • 2021.03
    -
    Now

    日本理科教育学会  「理科の教育」編集委員会 編集委員

  • 2016.04
    -
    Now

    山梨県教育委員会  山梨県立甲府南高等学校SSH運営指導委員会 委員

  • 2019.09
    -
    2021.08

    日本理科教育学会  理事

  • 2016.04
    -
    2021.08

    日本理科教育学会  「理科教育学研究」編集委員会 事務局員

  • 2008.04
    -
    2021.06

    日本理科教育学会  評議員

  • 2014.04
    -
    2019.03

    山梨県教育委員会  山梨県立巨摩高等学校SSH運営指導委員会 委員

  • 2012.03
    -
    2015.03

    佐賀県玄海町教育委員会  佐賀県玄海町小中学校基本構想等検討委員会 委員長

  • 2011.04
    -
    2015.03

    日本理科教育学会  広報委員会 委員

  • 2011.04
    -
    2014.03

    佐賀県江北町教育委員会  佐賀県江北町教育委員会外部評価委員会 委員長

  • 2008.04
    -
    2010.03

    佐賀県教育委員会  佐賀県小・中学校連携教育実践研究会議 議長

▼display all