Updated on 2024/05/28

写真a

 
QUAN, Hui
 
Affiliation
Affiliated organization, The Waseda International House of Literature
Job title
Assistant Professor(without tenure)
Degree
文学博士 ( 2021.02 東京大学 )
Mail Address
メールアドレス

Research Experience

  • 2023.04
    -
    Now

    早稲田大学, 大学院文学研究科

  • 2020.04
    -
    Now

    早稲田大学   国際文学館(村上春樹ライブラリー)

  • 2018.09
    -
    Now

    The University of Toyo   Faculty of Literature

  • 2019.09
    -
    2020.03

    Ochanomizu University   Faculty of Letters and Education   非常勤講師

Education Background

  • 2013.04
    -
    2018.03

    The University of Tokyo   Graduate School of Humanities and Sociology  

  • 2011.04
    -
    2013.03

    The University of Tokyo   Graduate School of Humanities and Sociology  

Committee Memberships

  • 2015.12
    -
    Now

    東アジア村上春樹研究会  会長

Research Areas

  • Chinese literature / Japanese literature

Research Interests

  • 中国文学

  • 翻訳文學

  • 比較文學

Media Coverage

  • 하루키 라이브러리 담당자는 안동 권씨

    Newspaper, magazine

    Author: Other  

    朝鮮日報   朝鮮日報  

    2023.10

  • 하루키가 좋아서

    Newspaper, magazine

    Author: Other  

    朝鮮日報   朝鮮日報  

    編集者レター  

    2023.10

  • 村上春樹 世界にどう広がった?

    Newspaper, magazine

    Author: Other  

    日本経済新聞  

    2023.10

  • Murakami Haruki Enthusiasts' Gathering

    TV or radio program

    NHK   NHKWORLD NEWSROOM TOKYO  

    2022.10

  • じゅん散歩 早稲田

    TV or radio program

    テレビ朝日   じゅん散歩  

    2022.07

  • 『ノルウェイの森』 “世界のハルキ”はこうして生まれた

    TV or radio program

    NHK   アナザーストーリーズ 運命の分岐点  

    2022.02

     View Summary

    世界が注目する作家、村上春樹。その名を世界に知らしめた作品が著者初の恋愛小説『ノルウェイの森』だ。1960年代末の若者たちの愛と性、そして死が描かれた。装丁は鮮やかな赤と深い緑、帯には「100%の恋愛小説」。累計1000万部を超える大ベストセラーに。その誕生の秘密と魅力を、30年以上村上を担当した編集者、同時代を生きた友人たち、そして『ノルウェイの森』を映像化したベトナム出身の映画監督が明かす!(番組公式サイトより)

  • [IN DEPTH] Murakami's Library in the Twilight Zone

    TV or radio program

    NHK WORLD   NEWSLINE IN DEPTH  

    2022.01

     View Summary

    Starting his stories in familiar settings, Japanese author Murakami Haruki is known for quickly transporting his readers to other realms of time and space. Tokyo's recently opened Haruki Murakami Library -- a collaboration with renowned architect Kuma Kengo -- aims to replicate that experience in the real world. In this program, we explore the project's unusual vision, and the new perspective it offers on translated literature.(from the official site)

  • [特集]早稲田大学国際文学館、始動

    Promotional material

    早稲田大学   西北の風  

    4頁  

    2022.01

  • 村上春樹が語る ~図書館ができるまでの物語~

    TV or radio program

    TBS   ドキュメンタリー「解放区」  

    『1Q84』再現シーン、青豆役  

    2021.11

  • 国際文学館(村上春樹ライブラリー)

    TV or radio program

    J-WAVE   J-WAVE GOOD NEIGHBORS "TOKYO PASSPORT"  

    2021.10

  • 日本 名所となった「村上ライブラリー」

    Newspaper, magazine

    Author: Other  

    2021.10

  • 村上RADIOプレスペシャル

    TV or radio program

    Tokyo FM   村上RADIO  

    2021.09

  • 村上春樹ライブラリー大公開! 世界で唯一の文学空間を楽しもう

    Internet

    Author: Other  

    早稲田大学   早稲田WEEKLY  

    早稲田WEEKLY  

    2021.09

  • 中国の村上春樹文学事情

    Newspaper, magazine

    Author: Other  

    読売新聞   読売新聞  

    2015.05

  • 英語で読む村上春樹

    TV or radio program

    NHKラジオ  

    2013.12

  • 村上文学研究に気鋭の「中国流」留学生中心の研究会熱気

    Newspaper, magazine

    日本経済新聞  

    2012.05

▼display all

 

Papers

  • 村上春树文学在中韩两国的翻译与出版

    上海文化发展系列蓝皮书:上海文化交流发展报告(2023)     198 - 210  2023.03  [International journal]

    Authorship:Corresponding author

  • 東アジアにおける村上春樹文学の翻訳と受容

    権慧

       2021.02  [Refereed]

    Authorship:Corresponding author

  • 中韓兩國對村上春樹文學的出版及接受狀況的比較研究--以長篇小說《天黑以後》為例

    権慧

    東京-首爾中國現代文學對話論文集    2018.12  [Refereed]

    Authorship:Corresponding author

  • 中韓両国における村上春樹『アフターダーク』――その出版と受容の比較研究

    権慧

    東京大学中国語中国文学研究室紀要   ( 21 ) 109 - 132  2018.12  [Refereed]

    Authorship:Corresponding author

  • 中国・韓国における村上春樹文学翻訳版本の変遷 ――『風の歌を聴け』を中心に

    権慧

    東京大学中国語中国文学研究室紀要   ( 20 ) 57 - 77  2017.11  [Refereed]

    Authorship:Corresponding author

  • 村上春樹文学の中国語訳・韓国語訳における「異化」と「帰化」――『ノルウェイの森』を中心に

    権慧

    東京大学中国語中国文学研究室紀要   19 ( 19 ) 97 - 117  2016.11  [Refereed]

    Authorship:Corresponding author

     View Summary

    [論文]

    CiNii

  • 中韓両国における村上春樹文学翻訳版本の比較研究――『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』を中心に

    権慧

    東京大学中国語中国文学研究室紀要   18 ( 18 ) 165 - 182  2015.12  [Refereed]

    Authorship:Corresponding author

    CiNii

  • 關於中韓兩國村上春樹文學受容狀況的比較研究

    権慧

    東京首爾中國現代文學對話論文集    2014.12  [Refereed]

    Authorship:Corresponding author

  • 中国語圏・韓国における村上春樹文学の翻訳と受容の比較研究

    権慧

       2013.03  [Refereed]

    Authorship:Corresponding author

  • 縱觀村上春樹文學在中韓兩國的翻譯與接受

    権慧

    2012首尔-东京现代文学对话论文集    2012.12  [Refereed]

    Authorship:Corresponding author

▼display all

Books and Other Publications

  • 越境する中国文学 : 新たな冒険を求めて

    『越境する中国文学』編集委員会( Part: Joint author, 中国語訳・韓国語訳からみる村上春樹文学の受容──「ドライブ・マイ・カー」を中心に)

    東方書店  2018.02 ISBN: 9784497218018

Presentations

  • 中国語圏と韓国における村上春樹『羊をめぐる冒険』の翻訳と受容

     [Invited]

    2023年度東アジア村上春樹研究会国際シンポジウム  (北海道中川郡美深町)  東アジア村上春樹研究会

    Presentation date: 2023.11

  • 東アジアが読む村上春樹文学

     [Invited]

    村上春樹とライブラリー・ワンダーランド  (早稲田大学国際文学館(村上春樹ライブラリー))  早稲田祭

    Presentation date: 2023.11

  • Thinking Haruki Murakami’s “The Rise and Fall of Sharpie Cakes” From the Perspective of Translation

    The 11th East Asia Contemporary Japanese-Language Literature Forum 

    Presentation date: 2023.09

    Event date:
    2023.09
     
     
  • もし僕らの言葉が村上春樹であるならばーー東アジアにおける村上文学読書事情を視野に

     [Invited]

    早稲田祭2022 

    Presentation date: 2022.11

  • 翻譯視角下的村上春樹《唐古利燒的盛衰》

     [Invited]

    廈門大學亞洲命運共同體系列講座 

    Event date:
    2022.09
     
     
  • 『ノルウェイの森』について語るとき、私たちの語ること

    権慧  [Invited]

    東アジア村上春樹研究会・スペシャルトークイベント 

    Presentation date: 2021.12

  • 中韓兩國對村上春樹文學的出版及接受狀況的比較研究--以長篇小說《天黑以後》為例(中国語)

    権慧

    東京・ソウル中国現代文学研究対話会(東京大学) 

    Presentation date: 2018.12

  • 中国語訳・韓国語訳からみる村上春樹文学の受容――「ドライブ・マイ・カー」を中心に

    権慧

    第6回村上春樹国際シンポジウム(同志社大学) 

    Presentation date: 2017.07

  • 韓国における村上春樹文学の翻訳と受容――「ドライブ・マイ・カー」を中心に

    権慧  [Invited]

    第12回東大中文村上春樹研究会特別イベント(東京大学) 

    Presentation date: 2016.10

  • 村上春樹文学の中国語訳・韓国語訳における「異化」と「帰化」 ――『風の歌を聴け』を中心に

    権慧

    第67回日中学会 

    Presentation date: 2015.10

  • 村上春樹文学の中国語訳・韓国語訳における「異化」と「帰化」――『ノルウェイの森』を中心に

    権慧

    第60回国際東方学者会議 

    Presentation date: 2015.05

    Event date:
    2015.05
     
     
  • 中韓兩國對村上春樹文學翻譯版本的比較研究――以《沒有色彩的多崎作和他的巡禮之年》為例

    権慧

    東京・ソウル中国現代文学研究対話会(早稲田大学) 

    Presentation date: 2014.12

    Event date:
    2014.12
     
     
  • 中韓両国における村上春樹文学翻訳版本の比較研究――『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』を中心に

    権慧

    日本中国学会(大谷大学) 

    Presentation date: 2014.10

    Event date:
    2014.10
     
     
  • 縱觀村上春樹文學在中韓兩國的翻譯與接受

    権慧

    ソウルー東京中国現代文学研究対話会(韓国・高麗大学) 

    Presentation date: 2012.12

    Event date:
    2012.12
     
     

▼display all

Research Projects

  • 2024年東アジア村上春樹研究会国際シンポジウム

    一般財団法人東方学会  若手研究者の研究会等支援事業

    Project Year :

    2024.04
    -
    2025.03
     

  • 東アジアにおける村上春樹文学の翻訳と受容ーー『羊をめぐる冒険』を中心に

    早稲田大学  特定課題研究助成費 研究基盤形成

    Project Year :

    2023.10
    -
    2024.03
     

  • 2023年東アジア村上春樹研究会国際シンポジウム

    一般財団法人東方学会  若手研究者の研究会等支援事業

    Project Year :

    2023.04
    -
    2024.03
     

  • 東アジアにおける現代韓国フェミニズム文学の翻訳と受容

    早稲田大学  特定課題研究助成費 研究基盤形成

    Project Year :

    2022.06
    -
    2023.03
     

  • 2022年東アジア村上春樹研究会国際シンポジウム

    一般財団法人東方学会  若手研究者の研究会等支援事業

    Project Year :

    2022.04
    -
    2023.03
     

  • 東アジアにおける川上弘美、川上未映子作品の受容

    早稲田大学 特定課題研究助成費 研究基盤形成

    Project Year :

    2021.10
    -
    2022.03
     

  • 東アジアにおける村上春樹文学と受容

    早稲田大学 特定課題研究助成費 若手・アーリーキャリア支援

    Project Year :

    2021.04
    -
    2022.03
     

  • 東アジア村上春樹研究会設立記念講演会

    一般財団法人東方学会  若手研究者の研究会等支援事業

    Project Year :

    2021.04
    -
    2022.03
     

  • 東アジアにおける村上春樹文学の翻訳と受容の比較研究ー『騎士団長殺し』を中心に

    早稲田大学 特定課題研究助成費 研究基盤形成

    Project Year :

    2020.10
    -
    2021.03
     

▼display all

Misc

▼display all

 

Syllabus

Teaching Experience

  • 日本語日本文学の歴史2

    早稲田大学  

    2023.04
    -
    Now
     

  • The Chinese Culture

    Waseda University  

    2023.04
    -
    Now
     

  • Basic Chinese

    Toyo University  

    2019.04
    -
    Now
     

  • 中級中国語

    東洋大学  

    2018.09
    -
    Now
     

  • Conversation Practice of Chinese

    Ochanomizu University  

    2019.09
    -
    2020.03
     

 

Social Activities

  • 公開セミナー「村上春樹文学に出会う」シリーズ

    早稲田大学国際文学館(通称:村上春樹ライブラリー)  (早稲田大学国際文学館2階ラボにて開催) 

    2023.04
    -
    Now

     View Summary

    2023年度より世界中の作家や翻訳家、研究者を招いて、「村上春樹文学に出会い」をテーマに講演会を開催。
    さまざまな形で村上文学と関わってきた方々に、村上作品との“出会い”や“絆”について語ってもらい、さらに村上文学を読む面白さや文学研究の魅力を参加者と交流する。

  • エッセイシリーズ「村上春樹文学に出会う」監修

    早稲田大学国際文学館  (アネックス) 

    2021.09
    -
    Now

     View Summary

    国際文学館ウェブサイト「アネックス」にエッセイコーナーを開設し、世界中の村上文学翻訳者や関係者に「村上春樹文学に出会う」を主旨とするエッセイ執筆を依頼し、2021年9月から毎月更新するにあたって監修を担当している。

  • 早稲田大学国際文学館 村上春樹作品展示 キャプション

    2021.09
    -
    Now

  • 東アジアの文脈から読む村上春樹文学

    横須賀市民大学 

    2023.11
    -
    2024.01

     View Summary

    本講座では村上春樹のデビュー作『風の歌を聴け』から『ノルウェイの森』や、映画化によって大ヒットした「ドライブ・マイ・カー」などを読んでいきます。それと同時に、各作品が東アジアでいかに翻訳され、読者たちがいかに受容したかを紹介します。

  • 村上春樹ライブラリーギャラリートーク:エンジョイ・ムラカミワールド

    早稲田祭実行委員会  村上春樹とライブラリー・ワンダーランド 

    2023.11
     
     

  • 早稲田文化ミュージアムウィーク: 国際文学館 ギャラリートーク

    早稲田大学文化推進部  (早稲田大学国際文学館 ギャラリーラウンジ) 

    2023.05
     
     

  • 「とんがり焼」について語る時、私たちの語ること

    早稲田大学  早稲田祭2022 

    2022.11
     
     

▼display all

Academic Activities

▼display all

Sub-affiliation

  • Affiliated organization   Global Education Center

  • Faculty of Letters, Arts and Sciences   Graduate School of Letters, Arts and Sciences

Internal Special Research Projects

  • 東アジアにおける村上春樹文学の翻訳と受容ーー『羊をめぐる冒険』を中心に

    2023  

     View Summary

    『羊をめぐる冒険』(以下『羊』と略す)は「群像」1982年8月号に掲載され、同年10月に単行本として講談社より出版された。のちに『カンガルー日和』に収録された短編小説「彼女の町、彼女の緬羊」、「五月の海岸線」などからも同作の影が見えてくるだろう。本研究ではテキスト分析に止まらず、年代順に香港・台湾・中国、韓国では題名に含まれる「めぐる」がいかに表現されたかを分析した。また中国語圏と韓国における『羊』の出版状況を紹介し、さらに「やれやれ」などのセリフが、各国で翻訳語を比較研究した。また、『羊』の舞台とも称されている美深町に現地調査し、緬羊飼育や鉄道の歴史について同作と照り合わせながら、理解を深めた。

  • 東アジアにおける現代韓国フェミニズム文学の翻訳と受容

    2022  

     View Summary

    今年度はコロナ禍の影響で、当初予定していた中国語圏と韓国での現地調査が実施できていなかった。そのため研究期間主にハン・ガン(韓江、한강、1970年〜)の中編小説『菜食主義者』の東アジアでの出版状況と受容状況に焦点を当て、同作を論ずる基礎的な作業をおこなった。特に同作が国際ブッカー賞を受賞する前後の日中両国での出版・翻訳の違いは大変興味深く、関連論文を2023年夏に公開する予定である。

  • 東アジアにおける川上弘美、川上未映子作品の受容

    2021  

     View Summary

    今年度はコロナ禍の影響で、当初予定していた中国語圏と韓国での現地調査が実施できていなかったため、東アジアの中で主に日本での川上弘美と川上未映子作品の出版状況に焦点をあてた。中国語圏と韓国で人気が高いとされる川上弘美『センセイの鞄』、川上未映子『乳と卵』を論ずる基礎的な作業をおこなった。さらに2021年秋に両氏から直接お話を伺うことができた。来年度は中国語圏と韓国の村上春樹文学出版状況、受容状況を調査し、現在の研究テーマを補完する予定である。

  • 東アジアにおける村上春樹文学の翻訳と受容

    2021  

     View Summary

    今年度はコロナ禍の影響で、当初予定していた中国語圏と韓国での現地調査が実施できていなかったため、東アジアの中で主に日本の村上春樹文学出版状況に焦点をあてた。その研究成果として村上春樹全著作年譜をまとめ、国際文学館(村上春樹ライブラリー)1階壁面に掲載した。さらに代表作のキャプションをまとめ、国際文学館「ギャラリーラウンジ」で掲示した。一部研究成果を東アジア村上春樹研究会特別講演会(2021年12月12日)で発表し、来年度は中国語圏と韓国の村上春樹文学出版状況を調査し、現在の研究テーマを補完する予定である。

  • 東アジアにおける村上春樹文学の翻訳と受容の比較研究ー『騎士団長殺し』を中心に

    2020  

     View Summary

    本研究課題の一部成果は2021年6月5日〜6日に開催される第10回村上春樹国際シンポジウムにて、「村上春樹『騎士団長殺し』の翻訳と受容の比較研究―中国語訳と韓国語訳を中心に」を題に発表する予定である(台湾・淡江大学)。村上春樹2017年の話題作『騎士団長殺し』の中国語訳二種・韓国語訳一種の翻訳傾向を考察し、読者書き込みしサイトなどから各版本の受け入れ状況を比較した。本研究助成を受ける期間に「東アジアにおける村上春樹文学の翻訳と受容」をテーマとする博士学位請求論文を東京大学人文社会系研究科に提出し、それを以て2月に文学博士の学位授与を認められた。