2022/06/30 更新

写真a

アンナカ ススム
安中 進
所属
附属機関・学校 高等研究所
職名
講師(任期付)
メールアドレス
メールアドレス

兼担

  • 政治経済学術院   政治経済学部

  • 国際学術院   大学院アジア太平洋研究科

学歴

  • 2015年09月
    -
    2020年03月

    早稲田大学   大学院政治学研究科博士課程  

  • 2013年04月
    -
    2015年03月

    早稲田大学   大学院政治学研究科修士課程  

  • 2004年04月
    -
    2008年03月

    早稲田大学   社会科学部  

学位

  • 2020年03月   早稲田大学   博士(政治学)

経歴

  • 2020年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   高等研究所   講師

  • 2018年04月
    -
    2020年03月

    日本学術振興会   特別研究員(DC2)

  • 2017年04月
    -
    2018年03月

    LEC会計大学院   兼任講師

 

研究キーワード

  • 民主化

  • 近代化

  • COVID-19

  • 乳児死亡

  • 生活保護

  • 天皇制

  • 民主的平和論

  • 戦争裁判

  • 徴兵制

  • 消費税

  • 金融緩和

  • 格差

  • 貧困

  • 自殺

  • 娘の身売り

▼全件表示

論文

  • Public Awareness of Mask Usage in 29 Countries in 2020

    Susumu Annaka

    Public Behavioural Responses to Policy Making, Routledge    2022年11月  [査読有り]  [招待有り]

  • 福祉国家に対する態度決定要因としての社会保障の普遍性と逆進課税 サーヴェイ実験による検討―

    安中進, 鈴木淳平, 加藤言人

    年報政治学    2022年06月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • Can a Constitutional Monarch Influence Democratic Preferences? Japanese Emperor and the Regulation of Public Expression

    Susumu Annaka, Gento Kato

    Social Science Quarterly    2022年04月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • 民主主義は権威主義に劣るのか?

    安中進

    中央公論    2021年08月  [招待有り]

  • Political Liberalization and Human Development: Dynamic Effects of Political Regime Change on Infant Mortality across Three Centuries (1800-2015)

    Susumu Annaka, Masaaki Higahijima

    World Development    2021年08月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • Political Regime, Data Transparency, and COVID-19 Death Cases

    Susumu Annaka

    SSM - Population Health   100832  2021年06月  [査読有り]

  • COVID-19死亡者数の要因国際比較分析

    安中進

    公共選択    2021年03月  [招待有り]

  • 日本における『ねじれ』た金融緩和選好を説明する:イデオロギーと政策選好の関係に情報環境が与える影響の実験的検証

    加藤言人, 安中進

    選挙研究    2020年12月  [査読有り]

    担当区分:最終著者

  • 松方財政期における土地関連税不納と自殺 : 道府県パネルデータ分析

    安中進

    社会経済史学   86 ( 1 ) 29 - 48  2020年05月  [査読有り]

  • 貧困の政治経済学

    安中進

       2020年03月  [査読有り]

  • 政治体制と栄養不足

    安中進

    比較政治研究   5   19 - 39  2019年03月  [査読有り]

▼全件表示

Misc

  • 書評:原田泰『コロナ政策の費用対効果』 (ちくま新書)

    安中進

    税務広報3月号    2022年02月  [招待有り]

    書評論文,書評,文献紹介等  

  • What Attitude Did the Japanese News Media Take toward the 2020 Tokyo Olympic Games? Sentiment Analysis of the Japanese Newspapers

    Susumu Annaka, Taketo Hara

       2021年10月

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

     概要を見る

    <p>This paper examines using text analysis what attitude the Japanese news media took toward the 2020 Tokyo Olympic Games. It explores whether there is a difference in tones among the Japanese major newspaper articles. The newspapers analyzed here are the morning editions of Asahi Shimbun, Mainichi Shimbun, and Yomiuri Shimbun, three top-selling newspapers in Japan. This study utilizes the list of semantic orientations of words to capture the attitudes of the newspapers toward the game. It found that liberal papers regarded as negative to holding the Olympics do not consistently show negative attitudes toward the game. There was a clear difference in attitudes among newspapers only in sports articles after the Olympics began. This article is the first research on the relationship between the Japanese news media and the 2020 Tokyo Olympics.</p>

    DOI

  • An Empirical Analysis of Political Regimes in the COVID-19 Pandemic: Is democracy inferior to authoritarianism?

    Susumu Annaka

    Discuss Japan, No.66, Politics    2021年10月  [招待有り]

  • Good Democratic Governance Can Combat COVID-19-Excess Mortality Analysis

    Susumu Annaka

       2021年09月

     概要を見る

    Some scholars argue that democratic countries are in crisis during the COVID-19 pandemic and authoritarian countries tend to combat COVID-19. However, these studies are usually based on reported data susceptible to manipulation and often overlook successful cases such as New Zealand and Taiwan, which are considered to have higher levels of government effectiveness. Using excess mortality data from 78 countries, this study analyzed the impact of government effectiveness and its relationship with political regimes. The results revealed that democratic countries with higher government effectiveness can reduce COVID-19 excess mortality. This study suggests that democratic countries need not give up freedom and need to improve government effectiveness to combat COVID-19.

    DOI

  • データ分析で「権威主義はコロナに有利」を疑う

    安中進

    新潮フォーサイト    2021年09月  [招待有り]

  • Can a Constitutional Monarch Influence Democratic Preferences? The Regulation of Public Expression in Japan

    Susumu Annaka, Gento Kato

       2021年04月

    DOI

  • Public Awareness of Mask Usage in 29 Countries

    Susumu Annaka

       2021年03月

     概要を見る

    This study analyzed the determinants of people wearing masks in 29 countries in 2020 using over 400,000 survey responses. The results showed that there is considerable variance in the awareness of mask usage across countries. People in Asian countries tend to wear masks whereas citizens in Scandinavian countries are less likely to wear them. This study also found that citizens in more democratic and more prosperous countries are less likely to wear masks. Furthermore, females are more likely to wear them. This paper contributes to the literature as it re-examines anecdotes and previous research by using statistical methods to analyze over 400,000 survey responses.

    DOI

  • 福祉国家に対する態度決定要因としての社会保障の普遍性と消費税の逆進性 ―サーヴェイ実験による検討―

    安中進, 鈴木淳平, 加藤言人

    WIAS Discussion Paper No.2020-007    2021年03月

    担当区分:筆頭著者

  • Democracy, Conscription, and War: The Effects of Political Regimes and Types of Military Recruiting on the Initiation of Militarized Interstate Disputes

    Annaka, Susumu, Munenori Kita, Naonari Yajima, Rui Asano

    SocArXiv    2020年08月

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    <p>This paper presents an analysis of the impact of political regimes and type of military recruitment on the probability of the occurrence of international conflicts. In the last few years, the (re) introduction of military conscription has been a focus of public debate, but empirical analysis of the issue remains limited. We argue that democratic nations with conscription-based military recruitment in place are less likely to initiate international conflicts than those with voluntary recruitment because public opinion will estimate a higher probability of direct involvement in disputes, causing political leaders to refrain from conflicts, even though stable military resources are in place. On the other hand, authoritarian nations with conscription-based recruitment systems are more likely to engage in conflicts than those with voluntary recruitment systems because political leaders are not accountable to the people, even though the cost of war is calculated in the same manner as that in democratic nations. To test this reasoning, we use directed-dyadic data from 1816 to 2005. Our analysis strongly supports our theoretical expectations.</p>

    DOI

  • COVID-19 and Government Responses

    Annaka,Susumu

    SocArXiv    2020年07月

     概要を見る

    <p>The coronavirus disease (COVID-19), the worst pandemic since the Spanish flu, has spread rapidly across the world. This study investigates this pandemic from the perspective of government responses. The analyses are not limited to the effect of non-pharmaceutical interventions (NPIs) on deaths, but also cover the effect of confirmed COVID-19 cases and deaths on NPIs using daily cross-national data. This paper also shows the precise timing in which NPIs have a reduced effect on deaths. The results indicate that confirmed cases are more positively correlated with NPIs than deaths, and NPIs show a strong positive correlation with deaths in the short run and a negative correlation in the long run. The turnaround time is about 25 days. This means that NPIs take about one month to reduce the number of deaths.</p>

    DOI

  • Socioeconomic inequality and COVID-19 prevalence across municipalities in Catalonia, Spain

    Mogi, Ryohei, Gento Kato, Susumu Annaka

    SocArXiv    2020年05月

     概要を見る

    <p>This study provides preliminary evidence regarding associations between socioeconomic inequalities and variations in the number of COVID-19 confirmed cases across 923 municipalities in Catalonia, Spain, as of the 14th of May, 2020. We consider three types of inequalities at municipality-level: 1) economic development, i.e., unemployment rate, average income, immigrants proportion, and the prevalence of small residence; 2) health vulnerability, i.e., crude death rate and the proportion of elderly (aged 65 +) population; and 3) information communication, i.e., the proportion of people with tertiary education. In addition to the static analysis with the total sum of COVID-19 cases, the dynamic analysis with daily moving weekly sum of cases is conducted. The result draws a rather complex picture of relationships between contextual socioeconomic inequalities and the spread of COVID-19. Many indicators of economic inequalities imply the opposite relationship as intuitively suggested: economically disadvantaged municipalities tend to have less cases of confirmed infection than economically advantaged counterparts. The implications from health inequality indicators show mixed patterns: crude death rate is positively associated, but elderly population is negatively associated, with the number of confirmed cases. The indicator of information inequality shows a consistent tendency, i.e., municipalities with more university educated have less confirmed cases, but this tendency transforms across time: the negative association is particularly strong during the first month of Spanish “state of alarm” measure (mid-March to mid-April). Our evidence suggests the need for more careful consideration regarding the association between socioeconomic inequalities and the regional progression of COVID-19 pandemic.</p>

    DOI

  • 徴兵制と平和論 ―Directed dyad データに基づく徴兵制と政治体制が 国際紛争に与える影響―

    安中進, 喜多宗則

    Waseda University, Faculty of Political Science and Economics Working Papers    2019年05月

    担当区分:筆頭著者

  • Democratization and Human Development

    Annaka, Susumu, Masaaki Higashijima

    Waseda University, Faculty of Political Science and Economics Working Papers    2017年06月

  • 「娘の身売り」の要因と鉄道敷設

    安中進

    Waseda University, Faculty of Political Science and Economics Working Papers    2017年

▼全件表示

受賞

  • 2020、2021両年度『社会経済史学』(第86、87巻)学会賞

    2022年04月   社会経済史学会  

  • 研究科長賞

    2020年03月   早稲田大学大学院政治学研究科  

  • 小野梓記念学術賞

    2020年03月   早稲田大学  

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 生活保護制度の包括的データ分析

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 若手研究

    研究期間:

    2022年04月
    -
    2024年03月
     

    安中 進

  • 日本の生活保護に関する認識研究

    早稲田大学  特定課題研究助成費

    研究期間:

    2022年04月
    -
    2023年03月
     

  • 情報アップデートが政策支持に与える影響の分析

    早稲田大学  特定課題研究助成費

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2022年03月
     

  • 強権的COVID-19対策が市民の自由認識に与える影響のサーヴェイ実験分析

    早稲田大学  若手・アーリーキャリア支援

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2022年03月
     

  • 福祉国家の成立と維持に関するデータ分析

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 研究活動スタート支援

    研究期間:

    2020年09月
    -
    2021年03月
     

    安中 進

  • テキスト分析が明らかにする軍国支配者の精神形態

    早稲田大学  特定課題研究助成費

    研究期間:

    2020年06月
    -
    2021年03月
     

  • 貧困の政治経済学

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2020年03月
     

    安中 進

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Political Regimes and COVID-19 Deaths

    Susumu Annaka  [招待有り]

    ZUKO-WIAS Joint Workshop  

    発表年月: 2022年05月

  • 初期議会における身分と代表

    安中進, 小俣杏香

    近代現代日本政治研究フォーラム春季研究会  

    発表年月: 2022年05月

  • コロナ・パンデミックと民主主義

    安中進  [招待有り]

    日本学術会議「コロナ禍を共に生きる#6ウィズ/ポストコロナ時代の民主主義を考える:『誰も取り残されない』社会を目指して」  

    発表年月: 2022年03月

  • What Attitude Did the Japanese News Media Take toward the 2020 Tokyo Olympic Games? Sentiment Analysis of the Japanese Newspapers

    Susumu Annaka, Taketo Hara

    計量・数理政治研究会 (The Japanese Society for Quantitative Political Science) 2022 Winter Meeting Program  

    発表年月: 2022年01月

  • Good Democratic Governance Can Combat COVID-19-Excess Mortality Analysis

    安中進

    公共選択学会第25回大会  

    発表年月: 2021年12月

  • Perceptions on Government Budget and Preference on Fiscal Policy: Does "Household Analogy" Matter in Japan?

    Junpei Suzuki, Susumu Annaka, Takaharu Saito, Gento Kato  [招待有り]

    Waseda-Hiroshima Joint Workshop  

    発表年月: 2021年12月

  • Political Regimes and COVID-19

    Susumu Annaka  [招待有り]

    The Case for Democracy (cancelled due to an accident)  

    発表年月: 2021年12月

  • Political Liberalization and Human Development: Dynamic Effects of Political Regime Change on Infant Mortality across Three Centuries (1800-2015)

    Masaaki Higashijima, Susumu Annaka  [招待有り]

    The V-Dem lunch seminar  

    発表年月: 2021年09月

  • Government-Sponsored Information and Mass Perception in Autocracies: Evidence from an Information Correction Experiment on the COVID-19 in Kazakhstan

    Masaaki Higashijima, Gento Kato, Susumu Annaka

    The Asian Politics Online Seminar Series  

    発表年月: 2021年09月

  • Psychology of the Military Elites: Text Analysis of the German and Japanese Leaders’ Cross-Examinations at the Military Tribunals

    安中進 原健人

    計量・数理政治研究会 (The Japanese Society for Quantitative Political Science) 2021 Summer Meeting Program  

    発表年月: 2021年07月

  • COVID-19に対する権威主義国家優位の虚実

    安中進  [招待有り]

    2021年度 日本比較政治学会(第24回大会)分科会C|「新型コロナウイルス感染症への政府の対応と有権者の反応」  

    発表年月: 2021年06月

  • 象徴的権威としての天皇は民主的選好に影響を与えるか:公共の場における表現の制限を題材にして

    安中進, 加藤言人  [招待有り]

    近代現代日本政治研究フォーラム春季研究会  

    発表年月: 2021年05月

  • データサイエンスが明らかにする「軍国支配者の精神形態」

    安中進 原健人

    社会経済史学会第90回全国大会  

    発表年月: 2021年05月

  • 天皇の発言が政治的選好に与える影響の検証:表現の自由の場合

    安中進 加藤言人  [招待有り]

    日本選挙学会2021年度研究会【分科会D】 比較政治部会1「実験的手法の発展と応用」  

    発表年月: 2021年05月

  • Public Awareness of Mask Usage in 29 Countries

    Annaka, Susumu  [招待有り]

    Le port du masque en période de COVID-19. Un regard comparatif sur les enjeux, approches, politiques, normes, pratiques et controverses à travers le monde  

    発表年月: 2021年03月

  • COVID-19に対する権威主義国家優位の虚実

    安中進  [招待有り]

    第7回名古屋大学の卓越・先端・次世代研究シンポジウム「学問の意義と貢献:研究のインパクトと社会との対話」  

    発表年月: 2021年01月

  • COVID-19に対する権威主義国家の優位は本当か?

    安中進  [招待有り]

    北海道大学「権威主義とポピュリズム」科研研究会  

    発表年月: 2021年01月

  • 早稲田大学高等研究所ウェビナー ディスカッサント

    田中愛治, 野口晴子, 安中進  [招待有り]

    「コロナ・パンデミックに対する早稲田の理念と方針、およびポスト・コロナの時代の教育のあり方」  

    開催年月:
    2020年08月
    -
     
  • 日本比較政治学会 ディスカッサント

     [招待有り]

    2020年度 日本比較政治学会(第23回大会)自由論題B|「地方政治の政策過程」  

    開催年月:
    2020年06月
    -
     
  • Conscription, Political Regime, and Militarized International Disputes

    Annaka, Susumu, Munenori Kita

    International Studies Association Annual Conference (cancelled due to COVID-19)  

    開催年月:
    2020年03月
    -
     
  • 戦前期日本における景気と自殺の関係

     [招待有り]

    公共選択学会第21回大会  

    開催年月:
    2017年11月
    -
     
  • Democratization and Human Development

    Higashijima, Masaaki, Susumu Annaka

    European Political Science Association Annual Conference  

    開催年月:
    2017年06月
    -
     

▼全件表示

特定課題研究

  • 情報アップデートが政策支持に与える影響の分析

    2021年   鈴木淳平, 加藤言人

     概要を見る

    本研究は、GDP国債発行残高が世界一という状況にある日本において、政府の国債発行残高に対する人々の認識を検証している。人々は政府の国債発行残高を国の債務としてしか認識していない場合が多く、たとえば、政府資産の存在などは考慮されない場合が多い。こうした人々の情報を改めた場合に、人々の国債発行残高に対する認識がどのように変化するかを本研究は検証している。本研究は、現在倫理審査段階にあり、今後サーヴェイ実験を実施する。

  • 強権的COVID-19対策が市民の自由認識に与える影響のサーヴェイ実験分析

    2021年   東島雅昌, 加藤言人

     概要を見る

    本研究は、COVID-19対策に成功していると考えられている権威主義国家において、COVID-19に関する政府の発信する情報が人々にどのように認識されるかを検証している。国際的には権威主義国家の優位が信じられており、それが権威主義国家の有効性を担保しているかのように語られる傾向が見られるが、カザフスタンにおけるサーヴェイ実験研究では、政府が発信する情報は必ずしも市民に信じられておらず、COVID-19の流行をきっかけとして権威主義国家が市民への支配を安定化させているとは必ずしもいえないという結果を報告している。

  • テキスト分析が明らかにする軍国支配者の精神形態

    2020年  

     概要を見る

    本研究の遂行に必要なデータセットの構築に向けて、極東軍事(東京)裁判では、オンライン上でICC Legal Tools Database(https://www.legal-tools.org/)から、ニュルンベルク裁判では、Military Legal Resources(https://www.loc.gov/rr/frd/Military_Law/NT_major-war-criminals.html)からデータを習得し、データ化作業を進めている。すでに3人の例外を除いては、OCRによるデータ取得が可能な状態にあり、今後もこうした作業を進めながら、データセットの校正を行う。

 

現在担当している科目

担当経験のある科目(授業)

  • 歴史と経済Ⅱ(日本経済史)

    日本女子大学家政学部  

    2021年09月
    -
    継続中
     

  • 現代政治分析の方法Ⅱ(計量政治学)

    法政大学法学部  

    2021年09月
    -
    継続中
     

  • 計量政治学 (in English)

    早稲田大学大学院アジア太平洋研究科  

    2021年04月
    -
    継続中
     

  • 政治制度論

    早稲田大学政治経済学部  

    2020年09月
    -
    継続中
     

  • 政治分析入門(カリキュラム・TA)

    早稲田大学政治経済学部  

    2015年09月
    -
    2019年09月
     

  • アカデミック・ライティング 租税法研究指導(構成・文章指導)

    LEC会計大学院  

    2017年04月
    -
    2018年03月
     

▼全件表示

 

メディア報道

  • どうみる統計不正

    新聞・雑誌

    朝日新聞  

    2022年02月

  • 民主主義国ほど統計は正確 あの国はコロナ死者数を過少報告?

    新聞・雑誌

    朝日新聞  

    2022年01月

  • 今年の論考 ベスト3 安中進「民主主義は権威主義に劣るのか?」(中央公論9月号)

    新聞・雑誌

    執筆者: 本人以外  

    読売新聞  

    2021年12月

  • 〈経済論壇から〉安中進「民主主義は権威主義に劣るのか?」(中央公論9月号)

    新聞・雑誌

    執筆者: 本人以外  

    日本経済新聞  

    2021年08月

  • 論壇委員が選ぶ今月の3点 安中進「民主主義は権威主義に劣るのか?」(中央公論9月号)

    新聞・雑誌

    執筆者: 本人以外  

    朝日新聞  

    2021年08月

学術貢献活動

  • Economics of Disasters and Climate Change Springer

    査読等

  • Journal of Asian and African Studies SAGE

    査読等

  • SSM - Population Health Elsevier

    査読等

  • Regional Statistics, Hungarian Central Statistical Office

    査読等

  • Journal of Epidemiology & Community Health, BMJ

    査読等

  • Social Science & Medicine Elsevier

    査読等

  • SSM - Population Health Elsevier

    査読等

  • Asia-Pacific Social Science Review De la Salle University

    査読等

  • 年報政治学

    査読等

  • 早稲田大学出版部

  • SSM - Population Health Elsevier

    査読等

  • Economics of Disasters and Climate Change Springer

    査読等

  • Journal of Comparative Economics Elsevier

    査読等

  • SSM - Population Health Elsevier

    査読等

  • SSM - Population Health Elsevier

    査読等

  • Transboundary and Emerging Diseases - Wiley

    査読等

  • SSM - Population Health Elsevier

    査読等

  • SSM - Population Health Elsevier

    査読等

  • Journal of Next Generation Forum

    査読等

  • Health Policy and Technology Elsevier

    査読等

▼全件表示