清水 由紀 (シミズ ユキ)

写真a

所属

文学学術院 文化構想学部

職名

教授

ホームページ

https://sites.google.com/view/yukishimizu

学位 【 表示 / 非表示

  • お茶の水女子大学   博士(人文科学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    継続中

    早稲田大学   文学学術院   教授

  • 2016年
    -
    2018年

    ニューヨーク大学   visiting scholar

  • 2011年
    -
    2012年

    ニューヨーク大学   visiting scholar

  • 2006年
    -
    2020年

    埼玉大学   教育学部   助教授・准教授

  • 2004年
    -
    2006年

    お茶の水女子大学   子ども発達教育研究センター   専任講師

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本社会心理学会

  •  
     
     

    Society for Research in Child Development

  •  
     
     

    日本心理学会

  •  
     
     

    American Psychological Association

  •  
     
     

    日本発達心理学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 教育心理学

論文 【 表示 / 非表示

  • Attention allocation is a possible mediator of cultural variations in spontaneous trait and situation inferences: Eye-tracking evidence

    Yuki Shimizu, James S. Uleman

    Journal of Experimental Social Psychology ( Elsevier BV )  94  2021年05月  [査読有り]

    DOI

  • The development of temperament and maternal perception of child: A cross-cultural examination in the United States and Japan

    Sawa Senzaki, Yuki Shimizu, Destany Calma-Birling

    Personality and Individual Differences   170  2021年02月  [査読有り]

     概要を見る

    © 2020 Previous research shows cross-cultural differences in adult personality and child temperament, yet the developmental origin of these cultural differences remains unclear. To understand a potential role of socialization grounded in cultural values, this study investigated culturally specific maternal perceptions of child and children's development of temperament in the U.S. and Japan. Maternal perception of child was assessed via maternal interview in the U.S. (n = 42) and Japan (n = 40). Six months after the interview, child's temperament was assessed. Cross-cultural differences in maternal perception of child and child's temperament, and the relation between the two were analyzed. US-American infants scored higher on the surgency/extraversion trait than Japanese infants, whereas Japanese infants scored higher on the negative affectivity/neuroticism trait than US-American infants. US-American mothers used more positive evaluation and private/autonomy descriptions of their infants, whereas Japanese mothers used more negative evaluation and context-specific descriptions of their infants by making references to other people, time, or location. Child's negative affectivity trait was closely related to maternal perception of child's social/context characteristics and negative evaluations. The findings provide support for the socio-cultural framework of temperament development and suggest an important consideration of cultural factors when designing educational and parenting programs.

    DOI

  • Cultural similarities and differences in the development of sociomoral judgments: An eye-tracking study

    Yuki Shimizu, Sawa Senzaki, Jason M. Cowell

    Cognitive Development ( Elsevier {BV} )  57  2021年01月  [査読有り]

    DOI

  • Early Learning Environments for the Development of Attention: Maternal Narratives in the United States and Japan

    Sawa Senzaki, Yuki Shimizu

    Journal of Cross-Cultural Psychology ( SAGE PUBLICATIONS INC )  51 ( 3-4 ) 187 - 202  2020年05月  [査読有り]

     概要を見る

    A large body of research has demonstrated cross-cultural differences in visual attention, especially between members of North American societies (e.g., Canada, United States) and East Asian societies (e.g., China, Japan, Korea). Despite an increasing number of studies suggesting an emergence of cross-cultural differences in early childhood, relatively little is known about how these culturally divergent patterns of attention are acquired and maintained. It has been largely assumed that socialization practices, especially parent-child interactions, contribute to the acquisition of cross-cultural differences in attention. By focusing on maternal narratives during the shared reading activity, this study examined the socialization contexts in which mothers direct their infants' attention in the United States (n = 50 dyads) and Japan (n = 53 dyads). Mothers in the United States and Japan read a picture book to their 6- to 18-month-old infants in the lab, and maternal narratives were coded to identify attention to focal objects and social interactions. Infants' sustained attention was also measured during shared reading. The findings demonstrated that during the shared reading activity, U.S. mothers were relatively more likely to focus on the focal objects than the background, whereas Japanese mothers were more likely to refer to the social interactions between focal objects and the background. Infants' age and gender were not related to maternal narratives, and infants' sustained attention was similar across cultures. Findings suggest significant cross-cultural differences in mother-infant interactions, which may act as scaffolds for infants to internalize their parents' cognitive styles.

    DOI

  • The development of attention to singular vs. plural sets in preschool children: Insights from a cross-linguistic comparison between English and Japanese

    Sawa Senzaki, Jennifer Lanter, Yuki Shimizu

    Cognitive Development ( ELSEVIER SCIENCE INC )  52  2019年10月  [査読有り]

     概要を見る

    Languages differ in the ways speakers express the number of objects in a set. The English language, but not Japanese, requires grammatical differentiation of nouns for singular and plural forms (e.g., cat versus cats). The present study investigated whether this grammatical difference constrains the development of preschool children's attention to sets of 'one' versus 'more than one' using the card matching task in the U.S. and Japan. The task required the use of singular-plural information to match. Overall, 3- to 5-year-old children completed the task better than chance; however, language-specific patterns of development emerged. While English-speaking children did not show age-related differences in their attention to singular vs. plural sets, Japanese-speaking 4- and 5-year-olds performed significantly better than 3-year-olds. The results extend previous findings and provide insights for a multifaceted relation among age-related and linguistic specific factors on developmental pathways of children's attention to singular and plural sets of objects.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • ラクガキのススメ

    ラクガキを考える会, 小澤, 基弘

    あいり出版  2020年04月 ISBN: 9784865550764

  • 発達障害の心理学 -特別支援教育を支えるエビデンス

    北洋輔, 平田正吾

    福村出版  2019年09月 ISBN: 9784571121395

  • 発達心理学 : 周りの世界とかかわりながら人はいかに育つか

    藤村 宣之

    ミネルヴァ書房  2019年 ISBN: 9784623084630

  • 領域言葉

    宮里 暁美, 倉持 清美, 伊集院 理子, 野田 淳子

    萌文書林  2018年 ISBN: 9784893472595

  • 他者とかかわる心の発達心理学 : 子どもの社会性はどのように育つか

    清水 由紀, 林 創

    金子書房  2012年 ISBN: 9784760828319

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • コロナ禍における子どもの暮らしの安全・安心 -発達心理学から見る子どもへの関わり-

    清水由紀

    教育と医学 慶應義塾大学出版会   69 ( 2 ) 12 - 20  2021年03月

    記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • 子どもの人生で「信頼感」が育まれていく過程(特集 子どもが信頼する先生)

    清水 由紀

    児童心理   73   10 - 17  2019年03月

  • 異年齢保育における2歳児の乳児に対する養育的行動 : 保育士評定による性差、月齢差、きょうだい差の検討

    北田 沙也加, 清水 由紀

    埼玉大学教育学部紀要 ( 埼玉大学教育学部 )  68 ( 2 ) 257 - 267  2019年

     概要を見る

    This study investigated 2-year-old children's "nurturing behaviors" toward infants using the questionnaire developed by the authors for the purpose of this study. Children's "nurturing behaviors" consisted of "caring," "assistance through adults or objects," and "touching or approaching." They engaged more often in "touching or approaching" than "caring" and "assistance through adults or objects." The nurturing behavior score was higher among children with younger siblings than children without younger siblings, among girls than boys, and among older children than younger children. In addition, younger girls engaged in "nurturing behaviors" as much as boys, but older girls engaged more in "nurturing behaviors" than boys. It was suggested that these differences of "nurturing behaviors" by sex or sibling may be affected by children's development of sex role.

    DOI CiNii

  • 幼児期におけるwhite lieの発達過程 : 向社会的行動としての嘘

    安藤 咲乃, 清水 由紀

    埼玉大学教育学部紀要 ( 埼玉大学教育学部 )  68 ( 2 ) 419 - 441  2019年

     概要を見る

    We sometimes tell prosocial lies in order to stop someone from being upset by the truth. For example, when you receive a disappointing gift from your friend, you may tell him/her, "Thank you, I like this". White lies are observed even among young children. However, it is still unclear how they are motivated to tell white lies. Furthermore, little is known whether educational interventions promote young children to tell white lies in interpersonal settings. This study investigated what factors affect 4- to 6-year-old children's prosocial lie-telling and whether educational interventions are effective to promote children's white lie. Results suggest that around 70% of young children told white lies and evaluated telling white lies positively. The relationship between the development of theory of mind and that of white lie-telling was not significant. When asked the reason to tell a white lie, young children answered other-oriented motivations rather than self-oriented motivations. In addition, children were promoted to tell a white lie after instructed to think about others' reactions and feelings when they told a truth (i.e. "I do not like this"). These results indicate that young children's ability to tell white lies is higher than estimated in previous studies, and educational interventions are effective to promote their prosocial lie-telling. Findings contribute to understanding the trajectory of young children's prosocial development and have educational implications.

    DOI CiNii

  • 発達段階からみたいじめ (特集 いじめ再考)

    清水 由紀

    児童心理 ( 金子書房 )  72 ( 6 ) 523 - 529  2018年05月

    CiNii

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 城戸奨励賞

    2001年   日本教育心理学会  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 道徳発達の文化差と親子間の転移:認知神経科学的アプローチによる検討

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2026年03月
     

    清水 由紀, 綿貫 啓一

  • 他者の性格についての自動的な判断における文化差

    研究期間:

    2020年10月
    -
    2021年09月
     

    清水 由紀

  • 児童に寄り添った「表現の見取り」を可能とする教員支援システムの創出とその効果検証

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2023年03月
     

    小澤 基弘, 綿貫 啓一, 清水 由紀, 野村 亮太

  • 文化に固有の対人認知の生起メカニズム:自発的特性推論の日米比較による検討

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2020年03月
     

    清水 由紀

     概要を見る

    本研究は,他者の行動から意図せず自動的に生じる自発的推論に関して,自発的特性推論と自発的状況の同時生起における文化差のメカニズムを探求することを目的とした。特に,分析的-包括的な注意スタイルが,文化と自発的推論の間を媒介しているかどうかについて検討した。2つの実験の結果,ヨーロッパ系アメリカ人は自発的特性推論の方が自発的状況推論よりも多く生起したが,アジア系アメリカ人と日本人では2つの推論は同程度生起することが示された。さらには,注意と自発的推論の関連を調べた結果,行動観察時の注意過程における文化差が,文化と自発的特性推論と自発的状況の同時生起を媒介していることが示唆された。

  • 自動的な対人認知の発達に関する比較文化モデルの構築-日米の違いの検討ー(国際共同研究強化)

    国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)

    研究期間:

    2016年
    -
    2018年
     

    清水 由紀

     概要を見る

    本研究は,文化に固有の対人認知の個体発生的起源と伝達過程の解明を目的とする。具体的には,乳幼児期における特性推論や社会的評価の発達が,文化による影響をどのように受けるかを実験的アプローチにより検討した。
    6ヶ月から4歳の乳幼児とその親を対象とした3つの研究から,文化に固有の対人認知は約3歳頃から現れることが示唆された。また,前言語期の乳児期からの親からの語りかけが,子どもが他者の行動を解釈するための足場かけ(scaffolding)となり,文化に固有の注意過程や道徳発達が伝達され得ることが示唆された。

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 道徳発達の文化差と親子間の転移:認知神経科学的アプローチによる検討

    2020年   先崎沙和, Jason Cowell

     概要を見る

    日本人とアメリカ人の幼児およびその親を対象として,道徳理解の発達に関する実験的検討を行った。視線や脳波という言語に依存しない指標を用いることによって,より直接的に2つの文化の比較をすることができる。本課題では,視線および脳波測定において必要となる情報の収集を目的とした。具体的には,昨年度までに実施した日米の幼児を対象とした予備実験のデータを分析した。道徳的場面の観察時の視線を測定し,道徳的認知のプロセスについて推測した。また,親子の相互作用の様子を観察し,子どもの道徳理解との関連が予測されるのかどうかについて検討した。これらの予備的な分析により実験計画が具体化し,2021年度の科研費基盤(B)の採択につながった。またこれまでの成果の一部を国際誌であるCognitive Developmentに投稿し採択された。

  • 道徳的認知に関する認知神経科学的基盤の解明

    2020年  

     概要を見る

    他者の行動観察時に,その人の道徳的特性をどのように認知するのかについて,実験的アプローチにより視線を指標とした検討を行った。その結果,道徳的認知には行動場面のどの要素に視線を向けるかといった注意過程が大きく影響していることが明らかになった。またこのような注意過程には,文化差があることが示された。具体的には,アメリカ人と日本人のいずれも人物により目を向けるが,日本人は状況にも目を向けやすいことが明らかになった。成果を国際誌(Journal of Experimental Social Psychology)に投稿し採択された。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年
    -
    継続中

    日本発達心理学会  発達心理学研究編集委員

  • 2017年
    -
    継続中

    日本心理学会  心理学ワールド編集委員

  • 2017年
    -
    継続中

    日本心理学会  学術大会委員会委員

  • 2017年
    -
    継続中

    日本心理学会  国際委員会委員

  • 2017年
    -
    2019年

    日本心理学会  国際賞選考委員会委員

全件表示 >>