YAMAUCHI, Koichiro

写真a

Affiliation

Faculty of Letters, Arts and Sciences, School of Humanities and Social Sciences

Job title

Professor

Profile

専門研究分野:アメリカ現代詩
1996~2006 ロバート・ダンカンをはじめとするブラックマウンテン派の研究
1996~現在 マイケル・パーマーをはじめとするアメリカ前衛詩人についての研究
2001~現在 エズラ・パウンドの長編詩についての研究
2001~現在 日本と欧米現代詩の比較・影響関係の研究

Education 【 display / non-display

  • 1994.04
    -
    1998.03

    Meiji Gakuin University   Graduate School of Arts and Letters  

  •  
    -
    1998

    Meiji Gakuin University   Graduate School, Division of Letters  

  • 1996.09
    -
    1997.07

    University of California, Berkeley  

  • 1992.04
    -
    1994.03

    Meiji Gakuin University   Graduate School of Arts and Letters  

  •  
    -
    1994

    Meiji Gakuin University   Graduate School, Division of Letters  

display all >>

Degree 【 display / non-display

  • 明治学院大学   修士(英文学)

Research Experience 【 display / non-display

  • 2020.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Letters, Arts and Sciences

  • 2016.04
    -
    2020.03

    Shizuoka University   Faculty of Humanities and Social Sciences

  • 2007.04
    -
    2016.03

    Shizuoka University   Faculty of Humanities and Social Sciences

  • 2002.04
    -
    2007.03

    Shizuoka University

  • 2005.09
    -
    2006.03

    University of California, Berkeley

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    シルフェ英語英米文学会

  •  
     
     

    日本アメリカ文学会

  •  
     
     

    日本英文学会

  •  
     
     

    日本エズラ・パウンド協会

  •  
     
     

    静岡大学人文学部翻訳文化研究会

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Literature in general

Research Interests 【 display / non-display

  • エズラ・パウンド

  • マイケル・パーマー

  • literature

  • poetry

  • America

Papers 【 display / non-display

  • 時の反響室 (特集 コロナ禍のさなかに)

    山内 功一郎

    現代詩手帖   63 ( 7 ) 70 - 73  2020.07

    CiNii

  • 五つの展望台:海外詩展望

    山内功一郎

    現代詩手帖   62 ( 12 ) 75 - 83  2019.12

  • 到来する言葉たち : マイケル・パーマーによる「アンチ・エレジー」の実践 (特集 詩と哲学 : 新たなヴィジョンへ)

    山内 功一郎

    現代詩手帖   61 ( 3 ) 46 - 52  2018.03

    CiNii

  • The Birth of a “Surrealist in Adventure”: The Early Life and Poetry of Philip Lamantia

    YAMAUCHI Koichiro

      56   49 - 69  2017.03  [Refereed]

  • この時代の闇のなかで : マイケル・パーマーの近作について

    山内 功一郎

    三田文学. [第3期]   95 ( 127 ) 322 - 326  2016

    CiNii

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 翻訳とアダプテーションの倫理

    山内 功一郎( Part: Contributor, ジェスの「トランスレーションズ」―あるいは創造的な共謀へのいざないについて)

    2019.02 ISBN: 9784861106217

  • ノンフィクションの英米文学

    山内 功一郎( Part: Contributor, 「「驚異の感触」を求めて――詩人フィリップ・ラマンティアの誕生」)

    金星堂  2018.10 ISBN: 9784764711839

  • Between Silences: Approaching the World of Jess, Palmer, and Petlin

    ( Part: Sole author)

    Shichosha  2017.12 ISBN: 9784783738084

  • 『ジョンソン博士に乾杯』

    山内 功一郎( Part: Contributor)

    鶴見書房  2016.03

     View Summary

    分担著者として、論文「ストロベリーとクリーム――アラム・サロイヤンという詩人」(171-182ページ)を担当した。全234ページ。

  • 『マイケル・パーマー―オルタナティヴなヴィジョンを求めて』

    山内 功一郎( Part: Sole author)

    思潮社  2015.10 ISBN: 9784783726296

     View Summary

    単著の研究書。アメリカの詩人マイケル・パーマーの作品および近現代の社会情勢・思想哲学の展開をめぐる分析。全279ページ。
    なお本書を対象とし、以下の出版助成金が交付され、文学賞が授与された:
    2015年4月 出版助成金(公益信託福原記念英米文学研究助成基金・100万円)
    2016年2月 第7回鮎川信夫賞(鮎川信夫現代詩顕彰会・賞金25万円)

display all >>

Misc 【 display / non-display

  • On Frank Ohara

    Studies in English Literature   97   114 - 118  2020.12

    Authorship:Lead author, Last author, Corresponding author

    Book review, literature introduction, etc.  

  • ダンスする詩と歌のパートナーシップーー原成吉著『アメリカ現代詩入門』

    山内功一郎

    週刊読書人   ( 3337 ) 6 - 6  2020.04

    Book review, literature introduction, etc.  

  • 「犬と狼のあいだ」を探る――野村喜和夫著『薄明のサウダージ』

    山内功一郎

    週刊読書人   ( 3303 ) 6 - 6  2019.08

    Authorship:Lead author

    Book review, literature introduction, etc.  

  • 言語と邂逅するチャンス――田村隆一とジョルジョ・アガンベンにおける「落下」

    山内功一郎

    みらいらん   ( 4 ) 54 - 55  2019.07

    Authorship:Corresponding author

    Article, review, commentary, editorial, etc. (trade magazine, newspaper, online media)  

  • ノックする黒い波

    山内 功一郎

    現代詩手帖   61 ( 12 ) 93 - 93  2018.12  [Invited]

    Book review, literature introduction, etc.  

     View Summary

    小池昌代著『赤牛と質量』の書評。

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • 弟七回鮎川信夫賞

    2016.02  

  • 公益信託福原記念英米文学研究助成基金

    2015.04  

Research Projects 【 display / non-display

  • アンチ・エレジーが果たす役割:アメリカの詩人パーマーの作品と現代社会

    Project Year :

    2016.04
    -
    2019.03
     

    山内功一郎

    Authorship: Principal investigator

     View Summary

    本研究の目的は、以下の問題を解き明かすことである――「アメリカの詩人マイケル・パーマーの作品は、「アンチ・エレジー」的な性格をどのように具体化し、同時代の社会に対して担うべき役割を果たしているか」。

  • ポストメディア時代の翻訳論

    Project Year :

    2015.04
    -
    2019.03
     

    今野喜和人, 分担者, 山内功一郎他

     View Summary

    本研究は「ポストメディア時代」とも称される現代において、文学や芸術における翻訳の持つ意味を重層的・学際的・国際的に考察することで、新たな詩学の可能性を開こうとするものである。

  • アガンベンの哲学を反映するアメリカの詩人パーマーの作品の分析

    Project Year :

    2013.04
    -
    2016.03
     

    山内功一郎

    Authorship: Principal investigator

     View Summary

    この研究は、アメリカの詩人マイケル・パーマーの主要作品を理解する際に、イタリアの哲学者ジョルジョ・アガンベンの言語論がもっとも有効に活用されうることを証明した。

  • 翻訳の〈倫理〉をめぐる総合的研究

    Project Year :

    2012.04
    -
    2015.03
     

    今野喜和人, 分担者, 山内功一郎他

     View Summary

    翻訳者が直面する美学的・社会的・政治的・法的・経済的等々の<倫理>上の問題について、国際的かつ学際的に論じた総合研究である。

  • ダンテの後継者パーマーの作品を通して分析する1970年代以降のアメリカ

    Project Year :

    2010.04
    -
    2013.03
     

    山内功一郎

    Authorship: Principal investigator

     View Summary

    本研究は、アメリカの現代詩人マイケル・パーマーが、ダンテの「多義性」(複数の意味を単一の単語や表現で共存させること)を適用し、「抵抗詩」の可能性を追求したことを証明した。

display all >>

Presentations 【 display / non-display

  • “Who will count, who will claim?”― Michael Palmer の近作における「アンチ・エレジー」の展開

    山内 功一郎

    静岡大学人文社会科学部翻訳文化研究会例会  (静岡)  静岡大学人文社会科学部翻訳文化研究会

    Presentation date: 2018.07

     View Summary

    於静岡大学。

  • 少年詩人の誕生―Philip Lamantia の初期詩篇を読む

    山内 功一郎

    日本アメリカ文学会東京支部例会  (東京)  日本アメリカ文学会東京支部

    Presentation date: 2016.01

     View Summary

    於慶應大学。

  • 「漢字ノ紙」を読む―吉増剛造のメディア横断的実践

    山内 功一郎

    静岡大学人文社会科学部翻訳文化研究会例会  (静岡)  静岡大学人文社会科学部翻訳文化研究会

    Presentation date: 2015.12

     View Summary

    於静岡大学。

  • パウンドとのやりとり ―「詩篇1」の読み方・訳し方・楽しみ方を探る

    山内 功一郎

    日本エズラ・パウンド協会第35回大会  (東京都町田市)  日本エズラ・パウンド協会

    Presentation date: 2014.03

     View Summary

    於和光大学。

  • 「だれでもない者」の声が響くとき―マイケル・パーマーとアーヴィング・ペトリン

    山内 功一郎  [Invited]

    日本アメリカ文学会第51回全国大会  (名古屋)  日本アメリカ文学会

    Presentation date: 2012.10

     View Summary

    於名古屋大学。

display all >>

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

Teaching Experience 【 display / non-display

  • 文学概論

    静岡大学  

  • 卒業論文

    静岡大学  

  • 総合英語

    静岡大学  

  • 人文社会科学の課題と探究Ⅰ

    静岡大学  

  • 課題研究

    静岡大学  

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2007.04
    -
    Now

    日本エズラ・パウンド協会  理事

  • 2013.04
    -
    2016.03

    日本エズラ・パウンド協会  編集委員

  • 2010.04
    -
    2011.03

    日本エズラ・パウンド協会第32回大会  開催校代表

  • 2007
    -
    2010

    静岡大学人文学部翻訳文化研究会  会計

Social Activities 【 display / non-display

  • 現代詩フェスティバル2007

    アトリエ・エルスール  現代詩フェスティバル2007  (世田谷パブリックシアター(東京都)) 

    2007.04
     
     

     View Summary

    アメリカを代表する詩人マイケル・パーマーを始めとする詩人・アーティストの国際フェスティバルを開催するために、運営委員を務めた。

  • イギリス・アメリカへの旅~文学・文化への誘い~

    静岡大学人文社会科学部  静岡大学公開講座  (静岡Bネスト(静岡市)) 

    2006.05
    -
     

     View Summary

    静岡大学人分社会科学部言語文化学科英米コースの一員として、アメリカの近現代詩へのいざないとなる公開講座を担当した。