佐々木 みゆき (ササキ ミユキ)

写真a

所属

教育・総合科学学術院 教育学部

職名

教授

ホームページ

http://miyukisasaki.com/ja/index.html

プロフィール

インターネットの普及によって、「第二言語で書く」ことは益々重要性を増してきました。書く人と読む人の価値観のぶつかり合いにとても興味があります。

兼担 【 表示 / 非表示

  • 教育・総合科学学術院   大学院教育学研究科

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1987年09月
    -
    1991年12月

    カリフォルニア大学ロサンゼルス校   応用言語学部   応用言語学  

  • 1984年09月
    -
    1986年06月

    ジョージタウン大学   言語学部   第2言語としての英語教育  

  • 1983年04月
    -
    1986年03月

    広島大学   教育学研究科   英語教育学  

  • 1978年04月
    -
    1983年03月

    広島大学   教育学部   英語教育学  

学位 【 表示 / 非表示

  • カリフォルニア大学ロサンゼルス校   応用言語学博士

  • ジョージタウン大学   第二言語としての英語教育学修士

  • 広島大学   教育学修士

経歴 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    研究職歴(日)【日R】

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    大学英語教育学会

  •  
     
     

    国際言語評価学会

  •  
     
     

    第二言語としての英語教育学会

  •  
     
     

    アメリカ応用言語学会

  •  
     
     

    第二言語ライティング学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 外国語教育

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 言語評価論

  • 第二言語ライティング

論文 【 表示 / 非表示

  • ウェブ上の第二言語ライティングタスクにおける読み手意識の発達と転移可能性の研究

    Miyuki Sasaki, Kyoko Baba, Ryo Nitta, Paul Kei Matsuda

    Australian Review of Applied Linguistics   43 ( 3 ) 277 - 301  2020年09月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    <title>Abstract</title>
    This article reports on two quasi-experimental studies that investigated the possible development and transfer of
    audience awareness in novice EFL writers as they engaged in online writing tasks through a Social Networking Service (SNS).
    Japanese students from two universities were asked to write, read, and comment on other students’ writing once a week. The two
    studies were arranged sequentially so as to capture in an exploratory but jointly illuminating manner whether and how the
    “elusive” (<xref>Hyland, 2005</xref>) construct of “sense of audience” can develop and transfer
    across genres. The results of both studies suggest that the SNS environment can help L2 writers develop audience awareness and
    transfer that awareness across genres when two conditions are met: (1) the genre of the SNS tasks should be perceived as similar
    to that for which transfer was expected; and (2) the students did not develop a sense of audience in previous writing
    instruction.

    DOI

  • 情報とコミュニケーション技術プログラムが英語コミュニケーション能力と態度に与える影響:日本の高校での実験

    Yuki Higuchi, Miyuki Sasaki, Makiko Nakamuro

    Asian Development Review   37 ( 2 ) 100 - 133  2020年09月  [査読有り]

     概要を見る

    We conducted a randomized experiment targeting 322 Japanese high school students to examine the impacts of a newly developed English-language learning program. The treated students were offered an opportunity to communicate for 25 minutes with English-speaking Filipino teachers via Skype several times a week over a 5-month period as an extracurricular activity. The results show that the Skype program increased the interest of the treated students in an international vocation and in foreign affairs. However, the students did not improve their English communication abilities, as measured by standardized tests, probably because of the program's low utilization rate. Further investigation showed that the utilization rate was particularly low among students demonstrating a tendency to procrastinate. These results suggest the importance of maintaining students’ motivation to keep using such information and communication technology-assisted learning programs if they are not already incorporated into the existing curriculum. Having procrastinators self-regulate may be especially crucial.

    DOI

  • Developmental trajectories in L2 writing strategy use: A self-regulation perspective

    佐々木みゆき, 水本篤, 村上明

    Modern Language Journal   102 ( 2 ) 1 - 18  2018年03月  [査読有り]

  • Application of diffusion of innovation theory to educational accountability: The case of EFL education in Japan

    佐々木 みゆき

    Language Testing in Asia   8 ( 1 ) -  2018年01月  [査読有り]

    DOI

  • The Impact of Normative Environments on Learner Motivation and L2 Reading Ability Growth

    Miyuki Sasaki, Yoko Kozaki, Steven J. Ross

    Modern Language Journal   101 ( 1 ) 163 - 178  2017年03月  [査読有り]

     概要を見る

    This study explores the effects of various motivational variables operating within 44 English classes on 1-year-long gains in the English reading proficiency of 1,149 Japanese university students. The study adds new knowledge to the recent outcomes of second language (L2) motivational studies in 3 major ways. First, the explanatory variables include the participants’ own motivation as well as the class norms (ethos) shared by class members, some of which (e.g., career aspirations) were not directly related to their L2 learning. Second, multi-level modeling enabled a simultaneous analysis of L2 proficiency growth over 1 year at both the individual and the class levels. Third, its explanatory sequential mixed methods design (Cresswell,) demonstrated how the participants’ own accounts help to explain the initial quantitative results in ways the researchers’ outsider speculations could not. The statistical results indicate that the 44 classes grew in L2 reading abilities at significantly different rates over the year and that these differences can be explained by the students’ perceptions of their classmates’ normative career aspirations (among other predictors). These results suggest that being surrounded by classmates with high career aspirations may lead to higher motivation to study the L2 even if students are not highly motivated in the beginning.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Transnational writing education: Theory, history, and practice

    ( 担当: 共著,  担当範囲: Chapter 8: Effects of study-abroad experiences on L2 writing: Insights from published research)

    Routledge  2018年06月 ISBN: 9780815383505

  • The Handbook of Second and Foreign Language Writing

    ( 担当: 共著,  担当範囲: Chapter 8: L2 writers in study-abroad contexts)

    De Gruyter Mouton  2018年02月

  • L2 writing in the global context: Represented, underrepresented, and unrepresented voices

    ( 担当: 共著,  担当範囲: Chapter 8: L2 writers in study-abroad contexts (pp. 163-178))

    Foreign Language Teaching and Research Press  2016年09月

  • The Companion to Language Assessment

    ( 担当: 共著,  担当範囲: Chapter 79: Introspective methods)

    Wiley-Blackwell  2013年

  • 比較教育学事典

    ( 担当範囲: 英語教育 (pp. 51-52).)

    東信堂  2012年

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 特別研究奨励賞

    2019年05月   名古屋市立大学   規範的環境が第二言語学習者の動機づけと読解能力発達に及ぼす影響について  

  • 高インパクト論文表彰

    2018年10月   名古屋市立大学  

    受賞者: 佐々木 みゆき

  • Abe Fellowship (granted by the Social Science Research Council and the Japan Foundation Center for Global Partnership) to study at Georgetown University, Washington, DC and University of Melbourne, Australia for 11 months

    2016年08月  

    受賞者: 佐々木 みゆき

  • TESL/Applied Linguistics Department, UCLA, Los Angeles, California Nida award (best qualifying paper of the year in Applied Linguistics)

    1990年09月  

    受賞者: 佐々木 みゆき

  • Rotary International Foundation Full scholarship to study at Georgetown University, Washington, DC

    1984年08月  

    受賞者: 佐々木 みゆき

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 第3言語圏留学がもたらすもの:多言語多文化社会で「生きる力」への長期的影響

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2023年03月
     

    佐々木 みゆき, 鎌倉 義士, 水本 篤, 秋山友香

    担当区分: 研究代表者

  • Japanese stakeholders’ perceptions of IELTS writing and speaking tests and their impacts on communication and achievement

    研究期間:

    2019年06月
    -
    2020年06月
     

    Noriko Iwashita, Annita Stell, Megan Yucel, The University of Queensland, 佐々木みゆき

    担当区分: 研究代表者

  • 日本人学習者のウェブ上英語ライティング行動における「読み手意識」の長期的発達

    外国語教育

    研究期間:

    2017年
    -
    2020年
     

    佐々木みゆき

    担当区分: 研究代表者

  • 第二言語ライティング行動の長期的発達:ダイナミックシステム理論からのアプローチ

    外国語教育

    研究期間:

    2012年
    -
    2016年
     

    佐々木みゆき

    担当区分: 研究代表者

  • 社会・認知的視点から見た外国語としての英語ライティング力と動機づけの長期的発達

    外国語教育

    研究期間:

    2008年
    -
    2012年
     

    佐々木みゆき

    担当区分: 研究代表者

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 1995年以前の研究発表は省略)

  • 留学がスキルやキャリアに及ぼす影響:日本人高校生と大学生の場合

    樋口裕城, 中室牧子, 佐々木みゆき

    日本経済学会2021年度春季大会  

    発表年月: 2021年05月

    開催年月:
    2021年05月
     
     
  • Emergence and transferability of audience awareness in writers of L2 Japanese through web-based exchanges

    Miyuki Sasaki

    American Association for Applied Linguistics Annual Virtual Conference  

    発表年月: 2021年03月

  • 論文出版における不平等についての対話: 一流誌だけを目指さない学際的 non-deficit view

    佐々木みゆき  [招待有り]

    American Association for Applied Linguistics Webinar Series  

    発表年月: 2021年01月

    開催年月:
    2021年01月
     
     
  • Investigating L2 writing development: What lies ahead and beyond

    Miyuki Sasaki  [招待有り]

    ESRC (Economic and Social Research Council)-JSLARF (Japan Second Language Research Forum) Symposium  

    発表年月: 2020年10月

    開催年月:
    2020年10月
     
     

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2007年
    -
    継続中

    Language Testing, 論集編集委員 (2007 - )

  • 2006年
    -
    継続中

    Journal of Second Language Writing, 論集編集委員 (2006- )

  • 2000年
    -
    2021年03月

    TOEIC Technical Panel Member, Institute for International Business Communication

  • 2000年
    -
    2021年03月

    Test of English for International Communication (TOEIC), 研究部門顧問委員(2000- ), 国際ビジネスコミュニケーション協会

  • 2018年08月
    -
    2019年10月

    International Conference on Situating Strategy Use  Scientific Committee Member

全件表示 >>