佐藤 晋太郎 (サトウ シンタロウ)

写真a

所属

スポーツ科学学術院 スポーツ科学部

職名

准教授(任期付)

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2011年
    -
    2015年

    University of Florida   Health and Human Performances   Tourism, Recreation, and Sport Management  

  • 2006年
    -
    2008年

    早稲田大学   大学院スポーツ科学研究科  

  • 2002年
    -
    2006年

    北海道教育大学   教育学部  

学位 【 表示 / 非表示

  • フロリダ大学   博士

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年09月
    -
    継続中

    早稲田大学   スポーツ科学学術院   准教授

  • 2016年09月
    -
    2019年06月

    Montclair State University   Department of Marketing   Assistant Professor

  • 2017年
    -
    2019年

    University of Ottawa   Faculty of Health Sciences   Ph.D. research supervisor

  • 2015年08月
    -
    2016年08月

    Georgia Southern University   Health & Human Science   Assistant Professor

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • エンターテイメント

  • スポーツイベント

  • スポーツツーリズム

  • 消費者心理学

  • 幸福感

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Gamified Wearable Fitness Tracker for Physical Activity: A Comprehensive Literature Review

    Inje Cho, Kyriaki Kaplanidou, Shintaro Sato

    Sustainability   13 ( 13 ) 7017 - 7017  2021年06月  [査読有り]

    担当区分:最終著者

     概要を見る

    Recently, gamified wearable fitness trackers have received greater attention and usage among sport consumers. Although a moderate amount of aerobic physical activity can significantly reduce the risk of many serious illnesses, physical inactivity issues are still prominent. Although wearable fitness trackers have the potential to contribute to physical activity engagement and sustainable health outcomes, there are dwindling engagement and discontinuance issues. Thus, examining its gamification elements and role in physical activity becomes critical. This study examined the gamification elements in wearable fitness trackers and their role in physical activity and sports engagement. A comprehensive literature review yielded 26 articles that empirically measured a variety of gamification features and the effect of the device on physical activity and sports engagement. The study suggests three key gamification themes: goal-based, social-based, and rewards-based gamification that can be a point of interest for future scholars and practitioners. Based on the review, we propose a conceptual framework that embraces motivational affordances and engagement in physical activity and sports.

    DOI

  • Graduate employability and higher education’s contributions to human resource development in sport business before and after COVID-19

    Shintaro Sato, Tae-Ahn Kang, Ebe Daigo, Hirotaka Matsuoka, Munehiko Harada

    Journal of Hospitality, Leisure, Sport & Tourism Education   28   100306 - 100306  2021年06月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

  • The effect of basic psychological needs satisfaction on intrinsic regulation is moderated by hedonic and eudaimonic motives: a longitudinal investigation among youth athletes in Japan

    Keita Kinoshita, Eric MacIntosh, Shintaro Sato

    Physical Culture and Sport. Studies and Research   89 ( 1 ) 34 - 44  2021年03月  [査読有り]

    担当区分:最終著者, 責任著者

     概要を見る

    <title>Abstract</title>The current study was conducted to examine the interactive effects of basic psychological needs satisfaction (BPNS), hedonic and eudaimonic motives on intrinsic regulation. To assess the causal relationship, two-wave time-lagged data collection was employed. A total of 159 youth athletes in Japan participated in online surveys twice (three-month time lag between two data points). The results indicated that the effect of BPNS on intrinsic regulation was moderated by hedonic and eudaimonic motives. Interestingly, BPNS negatively affected intrinsic regulation among youth athletes with low hedonic motives. This negative impact was further augmented when the level of eudaimonic motives was higher. Conversely, BPNS positively influenced intrinsic regulation among youth athletes with high hedonic motives. This positive impact of BPNS was more prominent when eudaimonic motives were lower. Overall, the findings suggest that when intrinsic regulation is the central concern, youth athletes should focus more on seeking enjoyment while putting self-development aside to maximize the positive impact of BPNS.

    DOI

  • Thriving in youth sport: the antecedents and consequences

    Keita Kinoshita, Eric MacIntosh, Shintaro Sato

    International Journal of Sport and Exercise Psychology     1 - 21  2021年02月  [査読有り]

    担当区分:最終著者, 責任著者

    DOI

  • The effect of Rugby World Cup 2019 on residents’ psychological well-being: a mediating role of psychological capital

    Shintaro Sato, Keita Kinoshita, Minjung Kim, Daichi Oshimi, Munehiko Harada

    Current Issues in Tourism     1 - 15  2020年12月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • Routledge Handbook of Football Marketing

    Yoshifumi Bizen, Shintaro Sato( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Marketing Football Perspectives from the Japan Football League (J. League))

    Routledge  2017年03月

  • スポーツ白書

    佐藤晋太郎( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 米国におけるスポーツコミッションの現状)

    笹川スポーツ財団  2017年

  • Sports Management and Sports Humanities

    Shintaro Sato( 担当: 分担執筆,  担当範囲: Negative Information in Sport: Minimizing Crisis Damage)

    Springer  2015年04月

  • スポーツ・ヘルスツーリズム

    佐藤晋太郎( 担当: 分担執筆,  担当範囲: スポーツ・ヘルスツーリズムの研究動向)

    2009年

Misc 【 表示 / 非表示

  • 国際会議レポート 北米スポーツマネジメント学会2012年度大会

    佐藤 晋太郎, 本間 崇教

    スポーツマネジメント研究   4 ( 1 ) 43 - 48  2012年11月

    CiNii

  • 北米スポーツマネジメント学会2012年度大会

    佐藤 晋太郎, 本間 崇教

    スポーツマネジメント研究   4 ( 1 ) 43 - 48  2012年

    CiNii

  • スポーツマネジメント特別連載(4)スポーツ&ヘルスツーリズム

    佐藤 晋太郎, 原田 宗彦

    月刊体育施設   38 ( 3 ) 46 - 48  2009年03月

    CiNii

  • 国際会議リポート 第4回アジア・スポーツマネジメント学会(AASM)参加報告記

    備前 嘉文, 石井 十郎, 佐藤 晋太郎

    体育の科学   59 ( 3 ) 219 - 222  2009年03月

    CiNii

受賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀研究賞

    2017年09月   グローバル・スポーツマネジメント学会  

    受賞者: 佐藤晋太郎

  • 2015年NASSM学生リサーチ・コンペティション

    2015年06月   北米スポーツマネジメント学会   準優賞  

    受賞者: 佐藤晋太郎

  • Student Research Competition

    2015年02月   米南部スポーツマネジメント学会   準優勝  

    受賞者: 佐藤晋太郎

  • 健康・人間パフォーマンス学部リサーチコンペティション

    2014年10月   フロリダ大学   最優秀賞  

    受賞者: 佐藤晋太郎

  • 優秀留学生賞

    2014年03月   フロリダ大学  

    受賞者: 佐藤晋太郎

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 観戦型スポーツと幸福感の関係の解明

    2020年  

     概要を見る

    本研究助成は観戦型スポーツと幸福感の関係性のモデル開発・検証に役立てるため申請したものであるが、新型コロナウィルスの感染拡大を受けて、研究の方向性を修正した。新型コロナウィルスの感染拡大によって、大型施設で行うイベントの中止・延期を余儀なくされた事業者が多く存在する。一方で、開放的環境で行われるアウトドアスポーツ産業は追い風を受けている。そこで本研究助成はアウトドアスポーツへの参加と幸福感の醸成の理論的説明モデルの開発に充当した。具体的には、先行研究の収集と整理、専門家・研究協力者への聞き取り調査を実施した。2021年度に学術論文として発表するための準備中である。

  • 観戦型スポーツと幸福感の関係の解明

    2020年  

     概要を見る

    参加型スポーツと幸福感の研究に取り組むための研究環境を整えるために、本研究助成を活用させていただきました。新型コロナウィルスの影響で数々のスポーツイベントがキャンセルまたは延期を余儀なくされ、スタジアムやアリーナにおけるデータ取得の見通しが立たないため、研究の方向性を若干変更し、バーチャルリアリティ(VR)によるスポーツ経験が消費の幸福感にもたらす影響を探索することとした。今後は本研究助成により購入したVRデバイスを用いて研究を拡大していく予定です。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>