2022/12/02 更新

写真a

ファーヒ ロバート・アンドリュー
ファーヒ ロバート・アンドリュー
Scopus 論文情報  
論文数: 0  Citation: 0  h-index: 5

Citation Countは当該年に発表した論文の被引用数

所属
附属機関・学校 高等研究所
職名
講師(任期付)
メールアドレス
メールアドレス
ホームページ

他学部・他研究科等兼任情報

  • 政治経済学術院   政治経済学部

学歴

  • 2015年09月
    -
    2021年10月

    早稲田大学   大学院政治学研究科   博士課程(比較政治)  

  • 2013年09月
    -
    2015年09月

    早稲田大学   大学院政治学研究科   修士課程(現代政治)  

  • 2008年10月
    -
    2012年08月

    School of Oriental and African Studies (SOAS), University of London   Faculty of Languages and Cultures   BA Japanese  

経歴

  • 2022年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   高等研究所   講師

  • 2019年04月
    -
    2022年03月

    早稲田大学   現代政治経済研究所   研究助手

所属学協会

  • 2022年
    -
    継続中

    日本政治学会

  • 2018年
    -
    継続中

    日本世論調査協会

  • 2018年
    -
    継続中

    European Consortium for Political Research

  • 2018年
    -
    継続中

    American Political Science Association

 

研究分野

  • 政治学

論文

  • How populist attitudes scales fail to capture support for populists in power

    Sebastian Jungkunz, Robert A. Fahey, Airo Hino

    PLOS ONE   16 ( 12 ) e0261658 - e0261658  2021年12月  [査読有り]

     概要を見る

    Populist attitudes are generally measured in surveys through three necessary and non-compensatory elements of populism, namely anti-elitism, people-centrism, and Manicheanism. Using Comparative Study of Electoral Systems Module 5 (2016–2020) data for 30 countries, we evaluate whether this approach explains voting for populist parties across countries in Asia, Europe and the Americas. We show that the existing scales of populist attitudes effectively explain voting for populists in countries where populist leaders and parties are in opposition but fail to explain voting for populist parties in countries where they are in power. We argue that current approaches assume “the elite” to mean “politicians”, thus failing to capture attitudes towards “non-political elites” often targeted by populists in office—in particular, journalists, academics/experts, bureaucrats, and corporate business leaders. The results reveal limits to the usefulness of existing survey batteries in cross-national studies of populism and emphasize the need to develop approaches that are more generalizable across political and national contexts.

    DOI

    Scopus

    10
    被引用数
    (Scopus)
  • Populism in Japan

    Robert A. Fahey, Airo Hino, Robert J. Pekkanen

    The Oxford Handbook of Japanese Politics     317 - 350  2021年03月  [査読有り]  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    Abstract

    While populism has become a major force in many nations in recent decades, the extent to which the phenomenon is found in Japan’s politics is a contested topic on which scholars have asserted positions ranging from claims that it simply does not exist in Japan, to opposing claims that Japan’s most powerful and influential recent prime ministers have in fact been populists, with various positions in between those extremes also being represented. Some of this contestation arises from different definitions of “populism” that were developed in parallel in Japanese and Western literature, both of which also further differ from the vernacular usage of the term in Japanese political and media discourses. Consequently, scholars following different definitions have drawn quite different conclusions regarding the populist nature of Japanese political actors. This chapter outlines the correspondences and contrasts between the different definitions and uses them to examine claims that prominent contemporary political figures, including former prime ministers Junichiro Koizumi and Shinzō Abe, as well as regional governors Toru Hashimoto, Yuriko Koike, and Takashi Kawamura, have been populists or have utilized populist rhetoric in their campaigns. We find that while overt populism in Japan—at least according to the definitions used internationally—is generally confined to regional politics, national leaders have also displayed proclivity to borrow limited aspects of populist rhetoric and strategy in support of their political campaigns and policy objectives.

    DOI

    Scopus

    1
    被引用数
    (Scopus)
  • COVID-19, digital privacy, and the social limits on data-focused public health responses

    Robert A. Fahey, Airo Hino

    International Journal of Information Management     102181 - 102181  2020年07月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

    Scopus

    74
    被引用数
    (Scopus)
  • Covariance in diurnal patterns of suicide-related expressions on Twitter and recorded suicide deaths.

    Robert A Fahey, Jeremy Boo, Michiko Ueda

    Social science & medicine (1982)   253   112960 - 112960  2020年05月  [査読有り]  [国際誌]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

     概要を見る

    Social media data is increasingly used to gain insights into trends in mental health, but prior studies aimed at confirming a link between online expression of suicidal ideation on social media and actual suicide deaths have been inconclusive. Using comprehensive six-year data sets of Twitter posts and suicide deaths in Japan, we examine the diurnal relationship between the proportional incidence of a suicide-related keyword, "kietai" ("I want to disappear"), and suicide deaths with an OLS regression model. We also use co-occurrence analysis to reveal changes in the linguistic context of the suicide-related keyword at different hours of the day. We find a clear diurnal pattern in the use of this suicide-related keyword, peaking between 1am and 5am. This diurnal trend is positively correlated with suicide deaths among younger cohorts (ages 15 to 44), but the correlation is negative among older adults (45 and over). The correlation among young adults strengthens when a delay between tweet incidence and suicide deaths is included. Compared to daytime tweets, nighttime tweets exhibited a stronger relationship between words related to self-disgust and words directly indicating suicidal intent. This study confirms the hypothesised link between online suicidal ideation and suicide death. Despite frequent flippant use of the keyword, the consistent correlation and the diurnal changes in the context of the keyword's usage demonstrate the value of social media data to the study of mental health trends in groups at risk of suicide.

    DOI PubMed

    Scopus

    8
    被引用数
    (Scopus)
  • Representing the Twittersphere: Archiving a representative sample of Twitter data under resource constraints

    Airo Hino, Robert A. Fahey

    International Journal of Information Management   48   175 - 184  2019年10月  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    20
    被引用数
    (Scopus)
  • Tracking the Werther Effect on social media: Emotional responses to prominent suicide deaths on twitter and subsequent increases in suicide

    Robert A. Fahey, Tetsuya Matsubayashi, Michiko Ueda

    Social Science & Medicine   219   19 - 29  2018年  [査読有り]

    DOI

    Scopus

    37
    被引用数
    (Scopus)
  • Social Media in the 2021 Election Campaign

    Robert A. Fahey

    Japan Decides 2021: The Japanese General Election    2022年10月  [査読有り]  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者

  • From Filter Bubble to Social Divide: Social Polarisation in Europe and Japan

    Robert A. Fahey, Stefano Camatarri

    Value Politics in Japan and Europe     79 - 102  2021年12月  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者

  • 日本におけるポピュリズムと陰謀論の信念

    ファーヒ・ロバート

    日本世論調査協会報「よろん」   127   11 - 21  2021年03月

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

    DOI

  • Sentiment Analysis and Social Media

    Luigi Curini, Robert A. Fahey

    The SAGE Handbook of Research Methods in Political Science and International Relations     534 - 551  2020年12月  [査読有り]  [招待有り]

    DOI

  • SNS データから 「有権者の本音」 を推論できるか?

    Robert Fahey

    日本世論調査協会報「よろん」    2019年03月  [招待有り]  [国内誌]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • A Cross-National Study of Conspiracy Theory Beliefs and their Influence on Political Behaviour

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Early-Career Scientists

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2024年03月
     

  • A New Approach to Measuring Political and Social Polarisation in Developed Nations

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Research Activity start-up

    研究期間:

    2019年08月
    -
    2021年03月
     

  • ポピュリストの体制化というパラドックス:エリート概念の拡張とポピュリズムの新測定

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)

    研究期間:

    2022年04月
    -
    2026年03月
     

    日野 愛郎, 粕谷 祐子, 西川 賢, MCELWAIN KENNETH, FAHEY ROBERT・ANDREW, 渡辺 耕平, SONG JAEHYUN, 三輪 洋文

  • ポピュリズム研究のための統合的データベースの構築と国際比較研究への新たな貢献

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    研究期間:

    2020年10月
    -
    2025年03月
     

    日野 愛郎, 西川 賢, MCELWAIN KENNETH, FAHEY ROBERT・ANDREW, 劉 凌

     概要を見る

    本研究の目的は、日本におけるポピュリズムの事例や研究を踏まえて、国際比較が可能となる基礎データを構築し、日本独自の視点を提起することである。ポピュリズムの国際比較研究プロジェクトにおいて空白国となっている日本の基礎データを構築して広く公共財として提供すると同時に、他国と比較してなぜ日本においてポピュリズムが不在(と言われる)かという問いに一定の答えを提示することを試みるものである。ポピュリズム研究の第一人者であるCas Mudde氏と協働しながら、日本型ポピュリズムの独自の視点を提起するとともに、政治家・政党のメッセージの内容分析やソーシャル・メディアのテキスト分析の統合データを国際基準に準拠・発展させて整備することを目指す。具体的には、Team PopulismによるGlobal Populism Databaseの基準に準拠しつつ、独自の分析対象・枠組みを追加する。Team Populismが分析の対象とする首相や大統領の選挙キャンペーンの演説、フォーマルな式辞、国際舞台における外交演説、その政治家の代名詞的な有名な演説に加え、本研究は野党も含めた全ての党首の言説を収集・コーディングし、ポピュリズムをめぐる政党間競争の分析を可能にする。Team Populismのコーディングスキームは、Cas Mudde氏のポピュリズムの定義が忠実に反映され、反エリート主義、人民中心主義、善悪二元論といった要素が含まれているが、本研究は、エリートの種類にマス・メディア、官僚・公務員、アカデミア・専門家を加えることにより、エリートの主体をより丁寧にコーディングする。Team Populismに寄託するコーディングデータは、統一フォーマットに準拠しつつ、日本版のデータには下位カテゴリーを設けることを軸に調整を進める。

  • メディアと自殺:メディア上の自殺に関する情報の実態とその自殺者数への影響の解明

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(B)

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2024年03月
     

    上田 路子, FAHEY ROBERT・ANDREW, 松林 哲也, 渡辺 耕平, 末木 新

     概要を見る

    新型コロナ感染症の拡大を受けて、当初の研究計画を一部変更し、20年度は人々の自殺リスクの測定を目的としたサーベイ調査を2020年4月から2021年2月まで毎月計11回実施した。調査は一般市民1000人を対象とし、毎月同じ質問項目を尋ねることで、人々のメンタルヘルスの状態、メディア使用状況・新型に関する情報源、孤独感、感染予防行動がどのように変化したかを計測した。また、調査期間中に著名人の自殺が複数回起こったことから、自殺報道が一般市民に与えた影響も不完全ながら測定をすることができた。一般市民対象の調査に加えて、研究代表者が所属する大学において大学生を対象とした同様の調査も実施した。
    <BR>
    これらの研究成果は査読付き学術論文として英語で発表をした。20年度中に掲載されたもの、掲載が決定したものは合計4本である。

  • 自然言語処理を用いた自殺リスクの高い個人の推定とその成果のSNS相談事業への応用

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 挑戦的研究(萌芽)

    研究期間:

    2021年07月
    -
    2023年03月
     

    上田 路子, FAHEY ROBERT・ANDREW

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • Tracing the spread of conspiracy theories and fake news over social media platforms in Japan

    Robert A. Fahey  [招待有り]

    Socioeconomic Networks and Network Science Workshop  

    発表年月: 2022年08月

  • 日本におけるポピュリズムと陰謀論の信念

    ファーヒ・ロバート

    世論調査協会研究大会  

    発表年月: 2020年11月

  • From Filter Bubble to Social Cleavage: Online Polarisation Across Nations

    Robert A. Fahey, Stefano Camatarri

    2020 APSA Annual Meeting  

    発表年月: 2020年09月

    開催年月:
    2020年09月
     
     
  • Belief in Conspiracy Theories and Socio-Political Identity in Japan

    Airo Hino, Robert A. Fahey, Stefano Camatarri

    2020 APSA Annual Meeting  

    発表年月: 2020年09月

    開催年月:
    2020年09月
     
     
  • Populism and Political Trust in Europe and Japan

    Robert A. Fahey, Airo Hino, Sebastian Jungkunz  [招待有り]

    3rd EU-Japan Conference: Democracy at the Crossroads: Populism and its Consequences on Political Trust  

    発表年月: 2019年12月

  • Populist Attitudes and Party Preferences in Japan

    Robert A. Fahey, Airo Hino, Sebastian Jungkunz

    Northeast Workshop on Japanese Politics  

    発表年月: 2019年08月

  • Measuring Societal Polarisation in Multiple Dimensions using Social Media Data

    Robert A. Fahey  [招待有り]

    Values in European and Japanese Politics Conference  

    発表年月: 2019年03月

  • Online Discussion of Suicide and its Real-World Effects

    Robert A. Fahey, Michiko Ueda

    Society as Data Symposium  

    発表年月: 2019年01月

  • SNSデータから「有権者の本音」を推論出来るか?―2017年総選挙の事例―

    ファーヒ・ロバート

    世論調査協会研究大会  

    発表年月: 2018年11月

  • Exploring Support for Japan’s New Opposition Parties with Twitter Data

    Robert A. Fahey

    APSA Annual Meeting  

    発表年月: 2018年09月

  • Populist Sentiment in Japan’s 2017 General Election: Evidence from Social Media

    Robert A. Faey

    ECPR General Meeting  

    発表年月: 2018年08月

▼全件表示

 

現在担当している科目

担当経験のある科目(授業)

  • 政治学の計量的分析

    早稲田大学  

    2022年09月
    -
    継続中
     

  • Big Data Analytics: Social Network Analysis

    University of Milan, Department of Social and Political Sciences  

    2021年03月
    -
    継続中
     

  • Data Access and Regulation III: Data Management

    University of Milan, Department of Social and Political Sciences  

    2020年02月
    -
    継続中