Updated on 2024/05/20

写真a

 
YAMAZAKI, Seria
 
Affiliation
Faculty of Letters, Arts and Sciences, School of Humanities and Social Sciences
Job title
Assistant Professor(tenure-track)

Research Experience

  • 2022.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Letters, Arts and Sciences   Assistant Professor (tenure track)

  • 2021.04
    -
    2022.03

    Japan Society for the Promotion of Science

  • 2019.04
    -
    2021.03

    Waseda University   Faculty of Letters, Arts and Sciences

  • 2018.09
    -
    2019.03

    KU Leuven

  • 2017.04
    -
    2019.03

    Japan Society for the Promotion of Science

Education Background

  • 2017.04
    -
    2021.03

    Waseda University   Graduate School of Letters, Arts and Sciences  

  • 2015.04
    -
    2017.03

    Waseda University   Graduate School of Letters, Arts and Sciences  

  • 2011.04
    -
    2015.03

    Waseda University   School of Humanities and Social Sciences  

Professional Memberships

  •  
     
     

    International Association of Egyptologists

  •  
     
     

    American Research Center in Egypt

  •  
     
     

    JAPANESE SOCIETY FOR WEST ASIAN ARCHAEOLOGY

  •  
     
     

    THE SOCIETY FOR NEAR EASTERN STUDIES IN JAPAN

Research Areas

  • Archaeology   Egyptology

Research Interests

  • 葬送儀礼

  • オブジェクト・フリーズ

  • 装身具

  • エジプト中王国時代

Awards

  • 第44回(令和4年度)奨励賞

    2022.10   日本オリエント学会   エジプト中王国時代における供物儀礼の戦略的実践:「王族の器物奉献儀礼」行為とその思想的背景

    Winner: 山崎世理愛

  • 川又記念 日本西アジア考古学会奨励賞

    2019.06   日本西アジア考古学会  

    Winner: 山崎 世理愛

 

Papers

  • Tradition and Innovation in the Royal Object Ritual During the Middle Kingdom

    Seria Yamazaki

    The Star Who Appears in Thebes. Studies in Honour of Jiro Kondo     509 - 524  2022.06

  • エジプト中王国時代における供物儀礼の戦略的実践:「王族の器物奉献儀礼」行為とその思想的背景

    山崎世理愛

    オリエント   64 ( 1 ) 1 - 16  2021  [Refereed]

  • 古代エジプトにおける装身具の葬送利用

    山崎世理愛

    考古学ジャーナル   ( 5月 ) 30 - 32  2020.04  [Invited]

    Authorship:Lead author

  • エジプト中王国時代における赤色樽形ビーズの分類と利用

    山崎世理愛

    史観   ( 182 ) 86 - 109  2020.03  [Refereed]

    Authorship:Lead author

  • 中王国時代におけるnḫȝḫȝの副葬とその背景:オブジェクト・フリーズと考古資料からの考察

    山崎世理愛

    オシリスへの贈物:エジプト考古学の最前線     202 - 211  2020.02

    Authorship:Lead author

  • Functional Aspects of Egyptian Middle Kingdom Accessories in Funerary Contexts

    山崎 世理愛

    西アジア考古学 = Journal of West Asian archaeology   ( 20 ) 35 - 53  2019.03  [Refereed]

    CiNii

  • Preliminary Report on the Excavations at Dahshur North: Twenty-Fifth season

    Sakuji YOSHIMURA, Ken YAZAWA, Jiro KONDO, Hiroyuki KASHIWAGI, Seria YAMAZAKI, Nonoka ISHIZAKI, Motoharu ARIMURA

    The Journal of Egyptian Studies   25   35 - 75  2019.03

  • Documentation of Objects in the Past excavations: Re-investigations of Small Objects Retrieved from Dahshur North

    Seria Yamazaki

    The Journal of SHOUHEI Egyptian Archaeological Association   7   52 - 61  2019

  • Brief Report of the Excavations at Dahshur North: Twenty-Fifth Season, 2018

    Sakuji Yoshimura, ken Yazawa, Jiro Kondo, Hiroyuki Kashiwagi, Seria Yamazaki, Nonoka Ishizaki, Motoharu Arimura

    The Journal of SHOUHEI Egyptian Archaeological Association   7   35 - 75  2019.01

  • Reconsideration on the 'Court Type' Burials of the Middle Kingdom in Ancient Egypt: A Discussion Relating to the Archaeological Materials

    山崎 世理愛

    早稲田大学大学院文学研究科紀要   ( 63 ) 683 - 710  2018.03  [Refereed]

    CiNii

  • エジプト ダハシュール北遺跡調査報告―第24次調査―

    吉村 作治, 矢澤 健, 近藤 二郎, 柏木 裕之, 山崎 世理愛, 石崎 野々花, 有村 元春

      24   113 - 157  2018.03

  • Brief Report of the Excavations at Dahshur North: Twenty-fourth Season, 2017

    Sakuji YOSHIMURA, Ken YAZAWA, Jiro KONDO, Hiroyuki KASHIWAGI, Seria YAMAZAKI, Nonoka ISHIZAKI, Motoharu ARIMURA

    The Journal of SHOUHEI Egyptian Archaeological Association   5   3 - 37  2018.02

  • エジプト中王国時代・新王国時代におけるペクトラルの副葬にみられる変化:ダハシュール北遺跡出土資料を用いた考察

    山崎 世理愛

    エジプト学研究   ( 24 ) 203 - 228  2018  [Refereed]

  • エジプト ダハシュール北遺跡調査報告―第23次発掘調査―

    吉村 作治, 矢澤 健, 近藤 二郎, 柏木 裕之, 竹野内 恵太, 松永 修平, 山崎 世理愛

    エジプト学研究   23   3 - 25  2017.03

  • Brief Report of the Excavations at Dahshur North: Twenty-third Season, 2015

    Sakuji YOSHIMURA, Ken YAZAWA, Jiro KONDO, Hiroyuki KASHIWAGI, Keita TAKENOUCHI, Shuhei MATSUNAGA, Seria YAMAZAKI

    The Journal of SHOUHEI Egyptian Archaeological Association   3   3 - 22  2016.12

  • Brief Report of the Excavations at Dahshur North: Twenty-second Season

    Sakuji YOSHIMURA, Ken YAZAWA, Jiro KONDO, Hiroyuki KASHIWAGI, Keita TAKENOUCHI, Seria YAMAZAKI

    The Journal of SHOUHEI Egyptian Archaeological Association   1   3 - 19  2016.05

  • Funerary Broad Collars of the Middle Kingdom in Ancient Egypt : Consideration in Selecting Grave Goods from Comparison of Unearthed Objects and Iconography

    山崎 世理愛

    西アジア考古学 = Journal of West Asian archaeology   ( 17 ) 149 - 167  2016.03  [Refereed]

    CiNii

  • Preliminary Report on the Waseda University Excavations at Dahshur North: Twenty-Second Season

    Sakuji Yoshimura, Ken Yazawa, Jiro Kondo, Hiroyuki Kashiwagi, Keita Takenouchi, Seria Yamazaki

    The Journal of Egyptian Studies   22   91 - 112  2016.03

  • 図像資料からみたエジプト中王国時代の装身具研究序論

    山崎 世理愛

    エジプト学研究   ( 22 ) 179 - 203  2016  [Refereed]

  • エジプト中王国時代における装身具の遺跡間比較

    山崎 世理愛

    溯航   ( 34 ) 3 - 23  2016

  • 中王国時代の装身具利用からみた埋葬習慣の地域性

    山崎 世理愛

    エジプト学研究   ( 21 ) 59 - 78  2015  [Refereed]

▼display all

Books and Other Publications

  • 早稲田大学エジプト調査50年のあゆみ

    山崎 世理愛( Part: Contributor)

    2015

Presentations

  • “Royal object ritual” in the Middle Kingdom: Analysis of Object Friezes and Archaeological Materials

    Seria Yamazaki

    American Research Center in Egypt Annual Meeting 2020 

    Presentation date: 2020.04

  • Adorning the Deceased: Middle Kingdom Jewelry in Object Friezes and in Reality

    Seria Yamazaki

    Young Egyptologist 

    Presentation date: 2019.08

  • エジプト中王国時代における副葬装身具のカテゴリと儀礼行為の復元

    山崎 世理愛

    早稲田大学考古学会2019年度総会・公開講演会 

    Presentation date: 2019.04

  • Beyond the Adornment: Ideal and Actual Use of Funerary Broad Collars in the Middle Kingdom

    Seria Yamazaki

    American Research Center in Egypt Annual Meeting 

    Presentation date: 2018.04

  • エジプト中王国時代における腕輪と足輪の副葬について:種類と役割の考察を中心に

    山崎 世理愛

    日本西アジア考古学会第23回総会 

    Presentation date: 2018

  • Ideal and Actual Practices of the Middle Kingdom Burials: Reconsidering the ‘Court Type’ Burial

    Seria Yamazaki

    Current Research in Egyptology XIX 

    Presentation date: 2018

  • Archaeological and Iconographic Approaches to Personal Adornments in the Middle Kingdom: Its Regional Variability and State Control

    Seria Yamazaki

    Current Research in Egyptology XVIII 

    Presentation date: 2017

▼display all

Research Projects

  • エジプト第二中間期における葬送儀礼の再構築とその戦略性の復元

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    Project Year :

    2022.04
    -
    2024.03
     

    山崎 世理愛

  • 古代エジプトにおける器物奉献儀礼の通時的展開過程の復元

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    Project Year :

    2021.04
    -
    2024.03
     

    山崎 世理愛

     View Summary

    古代エジプトにおける食糧以外の供物を死者へ捧げる「器物奉献儀礼」の展開(古王国・中王国・新王国時代)を解明すべく、当該年度は主に図像・文字資料の集成と分析を行った。すでに研究を進めてきた中王国時代に関しては、オブジェクト・フリーズと呼ばれる棺装飾の集成済資料をもとに、「王権の象徴」という一群の器物について、図像表現とその文字ラベル(銘文)の対応関係、棺上の描写傾向を分析した。そして、中王国時代において複数種類ある器物奉献儀礼のうち、「王権の象徴」を捧げる儀礼は他とは異なる描写傾向があることを明らかにした。具体的には、他の器物奉献儀礼は地域を超えた典礼として確立されていった一方、「王権の象徴」を捧げる儀礼はごく一部の遺跡から出土した少数の棺にのみ描かれ、全地域的には実践されず当時の社会的地位の再生産にも利用されていなかったことが分かった。
    また、古王国から中王国時代における器物奉献儀礼の展開を復元するために、墓の埋葬室内に描かれた最初期のオブジェクト・フリーズの集成も進めた。そして、最初期のオブジェクト・フリーズは、これまで指摘されてきた以上に古王国時代のピラミッド・テキストの影響を受けていることを指摘した。
    新王国時代の検討としては、器物奉献儀礼の場面を描いた壁画の集成を進めるとともに、そこに表された内容を中王国時代のオブジェクト・フリーズと比較し、共通点・相違点を抽出した。当該期については研究の基礎を構築している段階であり、今後も分析・考察を深めていく予定である。また、第二中間期における様相も棺装飾などから検討する必要がある。
    今後は、中王国時代を軸としながらも、その前後の時代の器物奉献儀礼について多角的な研究を進め、儀礼の変遷とその背景を明らかにしていく。器物奉献儀礼の長期的な展開を追った研究は管見に触れず、古代エジプトの葬送文化を新たな視点で捉えられる本研究の意義は大きい。

  • 古代エジプトにおける都市の景観と構造

    日本学術振興会  科学研究費助成事業

    Project Year :

    2018.06
    -
    2023.03
     

    近藤 二郎, 内田 杉彦, 馬場 匡浩, 河合 望, 西本 真一, 矢澤 健, 田澤 恵子, 辻村 純代, 柏木 裕之, 高宮 いづみ, 周藤 芳幸, 長谷川 奏, 中野 智章, 山崎 世理愛

     View Summary

    先王朝研究班では、先王朝時代に最初の都市化が興ったヒエラコンポリス遺跡で発掘調査を実施、都市の構成要素を明らかにすることを目的とした。中王国・新王国時代研究班では、ダハシュール北遺跡の発掘調査で、中王国時代の墓地を墓の規模から3つのグループに分類し、階層差を示しているとした。テーベ西岸のアル=コーカ地区でアメンへテプ3世治世下の高官ウセルハト墓とラメセス朝のビール醸造長コンスウエムヘブ墓の発掘と記録調査を行った。調査中には、これらの墓と造営当時のテーベ・ネクロポリスの景観と配置、テーベ都市全体の中での位置付けについて検討した。
    また、北の行政の中心地メンフィスの主要な墓地サッカラ遺跡で調査を実施。新王国時代の墓地の分布を明らかにし、都市や祝祭との関係で論じた。末期王朝・ヘレニズム時代研究班では、主に中エジプトの都市遺跡アコリスの発掘調査とデルタ地帯の地中海沿岸部に位置するコム・アル=ディバーゥ遺跡の発掘調査で大きな進展がみられた。アコリス遺跡の発掘調査の成果を通じて、アコリスの通時的盛衰を明らかにし、それを巨視的に当時のエジプト史の文脈に位置付けた。地中海沿岸の低地にあるコム・アル=ディバーゥ遺跡でのサーベイで神殿を中心とする居住域を明らかにし、当該遺跡の景観を明らかにした。また、リモートセンシングの成果を駆使し、ヘレニズム時代のメンフィスの都市空間と墓地空間の変遷を明らかにした。
    都市計画・建築班では、テーベ西岸に位置する新王国第18王朝のアメンへテプ3世のマルカタ王宮の景観と構造について、既往研究を検討しつつ、その問題点を明らかにし、今後の課題について有益な示唆が示された。研究班全体として、2019年9月に海外から研究者を招き、早稲田大学にてアメンへテプ3世の治世の都市テーベに関する国際シンポジウム Thebes under Amenhotep IIIを開催した。

  • Performance of Funerary Ritual in the Middle Kingdom of Egypt: Use of jewelry in Funerary Contexts

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Research Activity start-up

    Project Year :

    2019.08
    -
    2021.03
     

    YAMAZAKI Seria

     View Summary

    This study aimed to reconstruct the categorization of Ancient Egyptian jewelry through analysis of the object friezes and compare with archaeological findings to shed light on actual practices in the Middle Kingdom. Upon analyzing object friezes, it became clear that certain kinds of jewelry were regarded as particularly important. In reality, jewelry similar to the items in the object friezes were not frequently buried with the deceased though many other pieces of jewelry that almost never appeared in object friezes were used. Their placement in the tombs revealed that the ideal jewelry shown in the object friezes were placed close to the deceased and other kinds of jewelry pieces were sometimes placed even outside coffins. Furthermore, analysis of the assemblage, placement, and depiction of jewelry in the tombs suggested that offering jewelry to the deceased was planned to be repeated. The repetition of the object offering ritual was strategically incorporated into the funeral.

  • エジプト中王国時代の埋葬研究:死者の装いから葬送儀礼を読み解く

    日本学術振興会  若手研究者海外挑戦プログラム

    Project Year :

    2018.09
    -
    2019.03
     

    山崎 世理愛

  • 古代エジプトにおける装身具利用とその社会的背景の研究

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 特別研究員奨励費

    Project Year :

    2017.04
    -
    2019.03
     

    山崎 世理愛

     View Summary

    引き続き古代エジプト中王国時代の葬送における装身具利用について研究をおこなった。これまでは装身具全体の利用の様相を明らかにすべく、地域ごとの出土傾向等の分析に重点を置いていたが、当該年度はより当時の視点から装身具利用を理解するために新たな分析をおこなった。具体的には、未盗掘あるいは残存状況の良好な墓のみを集成し、副葬された装身具の組成および副葬位置のパターンを抽出した。そして、図像・文字資料を考慮しつつ、そのパターンの背景を考察した。その結果、装身具の副葬と当時の葬送における食糧以外の供物奉献儀礼との関連性が明らかとなった。2018年9月から2019年3月まではベルギーのルーヴェン大学で研究をおこない、中王国時代の埋葬習慣研究を牽引してきた教授から個別指導を受けた。上記の研究成果はその一部である。当該年度の研究成果はすでに論文として2019年3月に刊行された『西アジア考古学』20号に掲載されている。装身具の組成・副葬位置の分析に際しては、中王国時代だけではなく新王国時代の例にも当たり、両時代の類似点や相違点を検討した。これを踏まえ、今後は新王国時代の装身具利用についてより深く追究していく予定である。当該年度でもう一つ大きな成果は、ベルギー滞在中に資料調査の機会を得られ、オブジェクト・フリーズと呼ばれる木棺に描かれた図像・文字資料を多数集成できたことである。中王国時代の木棺関連資料を集成することは極めて困難であると言われており、大きな成果であった。今後はこの資料をもとに、さらに中王国時代の装身具利用をエミックな視座から分析・考察していく。

▼display all

Misc

  • <Archaeology> Summary of Excellent Master's Theses

    佐藤 悠登, 福岡 佑斗, 山崎 世理愛

    早稲田大学大学院文学研究科紀要   ( 63 ) 711 - 820  2018.03

    CiNii

  • 部会発表要旨 考古学部会 エジプト中王国時代の装身具利用 : 出土遺物と図像資料からみた副葬品選択の一側面 (二〇一六年度早稲田大学史学会大会報告)

    山崎 世理愛

    史観   176   135 - 137  2017.03

    CiNii

  • 第24次アブ・シール南丘陵遺跡調査概報

    吉村作治, 河合 望, 近藤二郎, 高宮いづみ, 柏木裕之, 高橋寿光, 米山由夏, 松永修平, 山崎世理愛

    エジプト学研究   ( 22 ) 29 - 40  2016.03

    Rapid communication, short report, research note, etc. (bulletin of university, research institution)  

  • 副葬品からみた古代エジプト中王国時代の埋葬 : 装身具およびアミュレットを中心に(考古学コース,平成二六年度卒業論文要旨,彙報)

    山崎 世理愛

    史觀 = Shikan : the historical review   ( 173 ) 127 - 130  2015.09

    CiNii

 

Syllabus

▼display all

 

Internal Special Research Projects

  • エジプト古王国時代の墓地形成・葬制に関する考古学的研究

    2023  

     View Summary

     本研究では、エジプトの墓地遺跡での発掘調査を通して、古代エジプト古王国時代の非王族墓における埋葬習慣や葬送儀礼について考古学的な視点から追究することが目的であった。実際に2023年夏に調査をおこない、未盗掘を含む複数のシャフト墓を検出し詳細な記録をとったほか、別日程で出土遺物の整理作業もおこなった。マスタバとよばれる高位の人びとが埋葬された大型墓の前に列を成すようにシャフト墓が造営されており、当時の墓地形成の様子を伺うことができた。また、そのうち未盗掘で発見された1基の掘り下げを開始し、竪穴から出土する土器片1点1点の位置をトータルステーションで測量し記録していった。古王国時代には、シャフト墓の竪穴部に土器片を投げ入れる儀式がおこなわれたことは知られているが、具体的にどのようなプロセスを経て執行されたのかまでは解明されていない。その原因として、多くの場合土器片が出土したさいの詳細な記録を欠いている点が挙げられる。対して本研究では、出土する土器片の垂直分布と平面分布を細かに記録することで、実際の儀礼行為の復元へと近づくことができた。垂直分布からは土器片の廃棄における単位がすでに見えているほか、今後は出土した土器片の接合関係を追っていくことで、竪穴に土器を投げ入れたときの様子(たとえば、完形の土器が投げ入れられ竪穴内で割れたのか、あるいは竪穴の外で割ってから投げ入れられたのかなど)を解明できる可能性がある。このように、今後のさらなる発展も期待される研究成果を得ることができた。なお、今回の調査・研究成果は学内でおこなわれた国際ワークショップで発表したほか、調査概報に関しては英文で作成し可能な限り早く公開する予定である。

  • エジプト中王国時代における食糧以外の供物儀礼行為の復元

    2019  

     View Summary

    本研究は、エジプト学の中でも目を向けられてこなかった食糧以外の供物儀礼について、図像・文字資料からその典礼を検討し、それをもとに考古資料を考察することで実際の儀礼行為を復元することを目的とした。当該年度は、主にオブジェクト・フリーズと呼ばれる木棺に描かれた図像・文字資料の分析を行なった。具体的には、2018年度までに収集したオブジェクト・フリーズのアーカイブ写真の分析を開始し、実際の出土例と比較した。研究成果は国内外の学会で発表したほか、論文「エジプト中王国時代における赤色樽形ビーズの分類と利用」、「中王国時代における副葬とその背景:オブジェクト・フリーズと考古資料からの考察」として発表した。