谷澤 薫平 (タニサワ クンペイ)

写真a

所属

スポーツ科学学術院 スポーツ科学部

職名

講師(専任)

兼担 【 表示 / 非表示

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学歴 【 表示 / 非表示

  • 2012年04月
    -
    2015年03月

    早稲田大学   スポーツ科学研究科博士後期課程  

  • 2010年04月
    -
    2012年03月

    早稲田大学   スポーツ科学研究科修士課程  

  • 2006年04月
    -
    2010年03月

    早稲田大学   スポーツ科学部   スポーツ医科学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 早稲田大学   博士(スポーツ科学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    早稲田大学スポーツ科学学術院   講師(専任)

  • 2018年07月
    -
    2019年03月

    University of Brighton   Visiting Researcher

  • 2016年04月
    -
    2019年03月

    医薬基盤・健康・栄養研究所   身体活動研究部   流動研究員

  • 2015年04月
    -
    2019年03月

    日本学術振興会   特別研究員PD

  • 2014年04月
    -
    2015年03月

    日本学術振興会   特別研究員DC2

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    アメリカスポーツ医学会

  •  
     
     

    日本基礎老化学会

  •  
     
     

    日本体力医学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学

  • 栄養学、健康科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 個人差

  • 運動処方

  • 老化

  • 生活習慣病

  • 遺伝子多型

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Association between alcohol dietary pattern and prevalence of dyslipidaemia: WASEDA'S Health Study.

    Kumpei Tanisawa, Tomoko Ito, Ryoko Kawakami, Chiyoko Usui, Takuji Kawamura, Katsuhiko Suzuki, Shizuo Sakamoto, Kaori Ishii, Isao Muraoka, Koichiro Oka, Mitsuru Higuchi

    The British journal of nutrition     1 - 31  2021年07月  [査読有り]  [国際誌]

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

     概要を見る

    The association between a dietary pattern characterised by high alcohol intake and dyslipidaemia has not been fully investigated. Therefore, the present study aimed to investigate the association between alcohol dietary patterns and the prevalence of dyslipidaemia and its components. This cross-sectional study enrolled 2,171 men and women aged ≥40 years who were alumni of a Japanese university. To identify dietary patterns, a principal component analysis was performed based on the energy-adjusted food intake estimated by a brief-type self-administered diet history questionnaire. Three dietary patterns were identified, the second of which was named the alcohol dietary pattern and was characterised by a high intake of alcoholic beverages, liver, chicken, and fish. This alcohol dietary pattern was associated with reduced low-density lipoprotein cholesterol (LDL-C) levels. The fully adjusted odds ratios (95% confidence intervals) of high LDL-C for the lowest through highest quartile of alcohol dietary pattern score were 1.00 (reference), 0.83 (0.64-1.08), 0.84 (0.64-1.10), and 0.68 (0.49- 0.94), respectively. Subgroup analysis showed that the alcohol dietary pattern was inversely associated with the prevalence of dyslipidaemia in women, whereas it was positively associated with high triglyceride levels in men. In conclusion, the alcohol dietary pattern, characterised by a high intake of alcoholic beverages, liver, chicken, and fish, was associated with the prevalence of dyslipidaemia and its components. This finding provides useful information for the prevention and treatment of dyslipidaemia by modifying the diet.

    DOI PubMed

  • Wearable and telemedicine innovations for Olympic events and elite sport.

    Borja Muniz-Pardos, Konstantinos Angeloudis, Fergus M Guppy, Iphigenia Keramitsoglou, Shaun Sutehall, Andrew Bosch, Kumpei Tanisawa, Yuri Hosokawa, Garrett I Ash, Wolfgang Schobersberger, Andrew J Grundstein, Douglas J Casa, Margaret C Morrissey, Fumihiro Yamasawa, Irina Zelenkova, Sébastien Racinais, Yannis Pitsiladis

    The Journal of sports medicine and physical fitness    2021年07月  [査読有り]  [国際誌]

     概要を見る

    Rapid advances in wearable technologies and real-time monitoring have resulted in major inroads in the world of recreational and elite sport. One such innovation is the application of real-time monitoring, which comprises a smartwatch application and ecosystem, designed to collect, process and transmit a wide range of physiological, biomechanical, bioenergetic and environmental data using cloud-based services. We plan to assess the impact of this wireless technology during Tokyo2020, where this technology could help characterize the physiological and thermal strain experienced by an athlete, as well as determine future management of athletes during a medical emergency as a result of a more timely and accurate diagnosis. Here we describe some of the innovative technologies developed for numerous sports at Tokyo2020 ranging from race walking (20 km and 50 km events), marathon, triathlon, road cycling (including the time trial event), mountain biking, to potentially team sports played outdoors. A more symbiotic relationship between sport, health and technology needs to be encouraged that harnesses the unique demands of elite sport (e.g., the need for unobtrusive devices that provide real-time feedback) and serves as medical and preventive support for the athlete's care. The implementation of such applications would be particularly welcome in the field of medicine (i.e., telemedicine applications) and the workplace (with particular relevance to emergency services, the military and generally workers under extreme environmental conditions). Laboratory and field-based studies are required in simulated scenarios to validate such emerging technologies, with the field of sport serving as an excellent model to understand and impact disease.

    DOI PubMed

  • Correction to: Integrating Transwomen and Female Athletes with Differences of Sex Development (DSD) into Elite Competition: The FIMS 2021 Consensus Statement.

    Blair R Hamilton, Giscard Lima, James Barrett, Leighton Seal, Alexander Kolliari-Turner, Guan Wang, Antonia Karanikolou, Xavier Bigard, Herbert Löllgen, Petra Zupet, Anca Ionescu, Andre Debruyne, Nigel Jones, Karin Vonbank, Federica Fagnani, Chiara Fossati, Maurizio Casasco, Demitri Constantinou, Bernd Wolfarth, David Niederseer, Andrew Bosch, Borja Muniz-Pardos, José Antonio Casajus, Christian Schneider, Sigmund Loland, Michele Verroken, Pedro Manonelles Marqueta, Francisco Arroyo, André Pedrinelli, Konstantinos Natsis, Evert Verhagen, William O Roberts, José Kawazoe Lazzoli, Rogerio Friedman, Ali Erdogan, Ana V Cintron, Shu-Hang Patrick Yung, Dina C Janse van Rensburg, Dimakatso A Ramagole, Sandra Rozenstoka, Felix Drummond, Theodora Papadopoulou, Paulette Y O Kumi, Richard Twycross-Lewis, Joanna Harper, Vasileios Skiadas, Jonathan Shurlock, Kumpei Tanisawa, Jane Seto, Kathryn North, Siddhartha S Angadi, Maria Jose Martinez-Patiño, Mats Borjesson, Luigi Di Luigi, Michiko Dohi, Jeroen Swart, James Lee John Bilzon, Victoriya Badtieva, Irina Zelenkova, Juergen M Steinacker, Norbert Bachl, Fabio Pigozzi, Michael Geistlinger, Dimitrios G Goulis, Fergus Guppy, Nick Webborn, Bulent O Yildiz, Mike Miller, Patrick Singleton, Yannis P Pitsiladis

    Sports medicine (Auckland, N.Z.)   51 ( 7 ) 1417 - 1418  2021年07月  [国際誌]

    DOI PubMed

  • Integrating Transwomen and Female Athletes with Differences of Sex Development (DSD) into Elite Competition: The FIMS 2021 Consensus Statement.

    Blair R Hamilton, Giscard Lima, James Barrett, Leighton Seal, Alexander Kolliari-Turner, Guan Wang, Antonia Karanikolou, Xavier Bigard, Herbert Löllgen, Petra Zupet, Anca Ionescu, Andre Debruyne, Nigel Jones, Karin Vonbank, Federica Fagnani, Chiara Fossati, Maurizio Casasco, Demitri Constantinou, Bernd Wolfarth, David Niederseer, Andrew Bosch, Borja Muniz-Pardos, José Antonio Casajus, Christian Schneider, Sigmund Loland, Michele Verroken, Pedro Manonelles Marqueta, Francisco Arroyo, André Pedrinelli, Konstantinos Natsis, Evert Verhagen, William O Roberts, José Kawazoe Lazzoli, Rogerio Friedman, Ali Erdogan, Ana V Cintron, Shu-Hang Patrick Yung, Dina C Janse van Rensburg, Dimakatso A Ramagole, Sandra Rozenstoka, Felix Drummond, Theodora Papadopoulou, Paulette Y O Kumi, Richard Twycross-Lewis, Joanna Harper, Vasileios Skiadas, Jonathan Shurlock, Kumpei Tanisawa, Jane Seto, Kathryn North, Siddhartha S Angadi, Maria Jose Martinez-Patiño, Mats Borjesson, Luigi Di Luigi, Michiko Dohi, Jeroen Swart, James Lee John Bilzon, Victoriya Badtieva, Irina Zelenkova, Juergen M Steinacker, Norbert Bachl, Fabio Pigozzi, Michael Geistlinger, Dimitrios G Goulis, Fergus Guppy, Nick Webborn, Bulent O Yildiz, Mike Miller, Patrick Singleton, Yannis P Pitsiladis

    Sports medicine (Auckland, N.Z.)   51 ( 7 ) 1401 - 1415  2021年07月  [査読有り]  [国際誌]

     概要を見る

    Sport is historically designated by the binary categorization of male and female that conflicts with modern society. Sport's governing bodies should consider reviewing rules determining the eligibility of athletes in the female category as there may be lasting advantages of previously high testosterone concentrations for transwomen athletes and currently high testosterone concentrations in differences in sex development (DSD) athletes. The use of serum testosterone concentrations to regulate the inclusion of such athletes into the elite female category is currently the objective biomarker that is supported by most available scientific literature, but it has limitations due to the lack of sports performance data before, during or after testosterone suppression. Innovative research studies are needed to identify other biomarkers of testosterone sensitivity/responsiveness, including molecular tools to determine the functional status of androgen receptors. The scientific community also needs to conduct longitudinal studies with specific control groups to generate the biological and sports performance data for individual sports to inform the fair inclusion or exclusion of these athletes. Eligibility of each athlete to a sport-specific policy needs to be based on peer-reviewed scientific evidence made available to policymakers from all scientific communities. However, even the most evidence-based regulations are unlikely to eliminate all differences in performance between cisgender women with and without DSD and transwomen athletes. Any remaining advantage held by transwomen or DSD women could be considered as part of the athlete's unique makeup.

    DOI PubMed

  • Stool pattern is associated with not only the prevalence of tumorigenic bacteria isolated from fecal matter but also plasma and fecal fatty acids in healthy Japanese adults.

    Daiki Watanabe, Haruka Murakami, Harumi Ohno, Kumpei Tanisawa, Kana Konishi, Kikue Todoroki-Mori, Yuta Tsunematsu, Michio Sato, Yuji Ogata, Noriyuki Miyoshi, Naoto Kubota, Jun Kunisawa, Keiji Wakabayashi, Tetsuya Kubota, Kenji Watanabe, Motohiko Miyachi

    BMC microbiology   21 ( 1 ) 196 - 196  2021年06月  [査読有り]  [国際誌]

     概要を見る

    BACKGROUND: Colibactin-producing Escherichia coli containing polyketide synthase (pks+ E. coli) has been shown to be involved in colorectal cancer (CRC) development through gut microbiota analysis in animal models. Stool status has been associated with potentially adverse gut microbiome profiles from fecal analysis in adults. We examined the association between stool patterns and the prevalence of pks+ E. coli isolated from microbiota in fecal samples of 224 healthy Japanese individuals. RESULTS: Stool patterns were determined through factorial analysis using a previously validated questionnaire that included stool frequency, volume, color, shape, and odor. Factor scores were classified into tertiles. The prevalence of pks+ E. coli was determined by using specific primers for pks+ E. coli in fecal samples. Plasma and fecal fatty acids were measured via gas chromatography-mass spectrometry. The prevalence of pks+ E. coli was 26.8%. Three stool patterns identified by factorial analysis accounted for 70.1% of all patterns seen (factor 1: lower frequency, darker color, and harder shape; factor 2: higher volume and softer shape; and factor 3: darker color and stronger odor). Multivariable-adjusted odds ratios (95% confidence intervals) of the prevalence of pks+ E. coli for the highest versus the lowest third of the factor 1 score was 3.16 (1.38 to 7.24; P for trend = 0.006). This stool pattern exhibited a significant positive correlation with fecal isobutyrate, isovalerate, valerate, and hexanoate but showed a significant negative correlation with plasma eicosenoic acid and α-linoleic acid, as well as fecal propionate and succinate. No other stool patterns were significant. CONCLUSIONS: These results suggest that stool patterns may be useful in the evaluation of the presence of tumorigenic bacteria and fecal fatty acids through self-monitoring of stool status without the requirement for specialist technology or skill. Furthermore, it may provide valuable insight about effective strategies for the early discovery of CRC.

    DOI PubMed

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • 持久性運動開始直前の糖質摂取による運動誘発性低血糖(インスリン・ショック)の発生を規定する要因の解明

    谷澤 薫平, 近藤 早希, 伊藤 智子, 孫 暁敏, 鈴木 克彦

    デサントスポーツ科学   38   80 - 88  2017年05月

     概要を見る

    本研究は、持久性運動開始3時間前の食事摂取の有無が、運動開始直前の糖質摂取による低血糖の発生に及ぼす影響を明らかにすることと、運動開始直前の糖質摂取による低血糖を規定する要因を明らかにすることを目的として行った。16名の若年日本人男性を対象として、運動開始3時間前に朝食を摂取する条件と、一晩絶食の条件において、150gのグルコースを摂取した30分後に、最大酸素摂取量の75%の強度で60分の自転車運動を行った。両条件において、運動開始15分後における血糖値の平均値は低血糖の基準である70mg/dLを下回らなかったが、朝食摂取条件では7名、絶食条件では5名において低血糖が起こった。朝食摂取条件において、低血糖が起こった者は、正常血糖の者と比較して最大酸素摂取量が有意に高く、絶食条件においては、運動開始直前のインスリン濃度とインスリン分泌指標が高かった。以上の結果より、若年日本人男性において、摂食状況に関わらず、運動開始直前の糖質摂取により低血糖が起こる者がいることが明らかになった。また、運動3時間前に食事を摂取した状態においては最大酸素摂取量が、一晩絶食の状態においては、インスリン初期分泌反応が高い者において、低血糖が起こりやすい可能性が示唆された。(著者抄録)

  • 元気高齢者の栄養

    樋口 満, 伊藤 智子, 谷澤 薫平, 孫 暁敏

    介護福祉・健康づくり   1 ( 2 ) 110 - 113  2014年12月

  • 介護福祉・健康づくりの先端研究 遺伝とライフスタイル

    谷澤 薫平

    介護福祉・健康づくり   1 ( 2 ) 124 - 128  2014年12月

  • 糖尿病の運動療法(第10回) 運動療法の効果発現と遺伝子多型

    谷澤 薫平, 樋口 満, 田中 雅嗣

    月刊糖尿病   6 ( 9 ) 84 - 94  2014年10月

  • 老化促進モデルマウス(SAM)の促進老化・短寿命を規定する非同義置換の網羅的探索

    谷澤 薫平, 田中 雅嗣

    基礎老化研究   37 ( 3 ) 37 - 40  2013年09月

受賞 【 表示 / 非表示

  • 論文賞

    2015年11月   ネスレ栄養科学会議  

    受賞者: 谷澤 薫平

  • 濱野吉生記念褒賞

    2015年03月   早稲田大学スポーツ科学研究科  

    受賞者: 谷澤 薫平

  • 小野梓記念学術賞

    2015年03月   早稲田大学  

    受賞者: 谷澤 薫平

  • 奨励賞

    2013年06月   日本基礎老化学会  

    受賞者: 谷澤 薫平

  • 若手研究奨励賞

    2012年07月   SAM研究協議会  

    受賞者: 谷澤 薫平

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 筋量・体力と真に関連するマイオカインの同定と心血管代謝リスク因子との因果関係解明

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

    谷澤 薫平

  • 非肥満者における高LDLコレステロール血症の予防法開発に向けた遺伝疫学研究

    若手研究(B)

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2019年03月
     

    谷澤 薫平

     概要を見る

    肥満者のみならず、非肥満者においても脂質異常症の一つである高LDLコレステロール血症は蔓延しており、その原因として遺伝要因の強い関与が示唆される。しかし、遺伝リスクが高い非肥満者における高LDLコレステロール血症の予防改善に有効な介入法は明らかにされていない。本年度は、BMIが低い者において遺伝的な血中LDLコレステロール濃度上昇のリスクを抑制する要因を明らかにするため、昨年度構築したLDLコレステロールの遺伝的リスクスコア(LDL-genetic risk score[LDL-GRS])と血中LDLコレステロール濃度との関連が、栄養摂取状況や全身持久力により修飾されるかどうかを検討した。
    中高齢者男女933名を対象とした横断研究を行った。日本人において血中LDLコレステロール濃度と強く関連することが報告されている6つのSNPを選択し、各SNPのeffect sizeで重み付けしたリスクアレルの保有数を合計してLDL-GRSを求めた。全身持久力は最大酸素摂取量の測定により評価し、栄養摂取状況は簡易型自記式食事歴法質問票により調査した。解析の結果、LDL-GRSと全身持久力との間に有意な交互作用が認められ、全身持久力が低い者においてはLDL-GRSと血中LDLコレステロール濃度との間に有意な関連が認められたが、全身持久力が高い者においてはこれらの関連は認められなかった。また、LDL-GRSと動物性脂肪の摂取量との間に有意な交互作用が認められ、動物性脂肪の摂取量が低い者においてはLDL-GRSと血中LDLコレステロール濃度との間に有意な関連は認められなかった。BMIの高低はこれらの関連を修飾しなかった。
    以上の結果より、BMIの高低に関わらず、全身持久力を高く保つことや動物性脂肪の摂取を控えることにより、遺伝的な血中LDLコレステロール濃度上昇のリスクは抑制される可能性が示唆された。

  • 日本人における2型糖尿病の遺伝的背景・成因を考慮した個別化予防システムの構築

    特別研究員奨励費

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

    谷澤 薫平

     概要を見る

    本研究の目的は、個々の2型糖尿病の発症パターンを早期に予測するため、2型糖尿病の主要な成因であるインスリン分泌能低下とインスリン抵抗性を予測するための遺伝的リスクスコア(Genetic risk score: GRS)を構築し、GRSによる2型糖尿病発症パターンの分類を行うことと、これらGRSが2型糖尿病発症に及ぼす影響は、どのような生活習慣・身体特性を有する者において弱まるかを明らかにすることである。本年度は、2型糖尿病の既往歴のない中高齢者において、昨年度までに構築したインスリン分泌能低下を予測する遺伝的リスクスコア(insulin secretion-GRS [IS-GRS])とインスリン分泌能および空腹時血糖値との関連は、全身持久力が高い者において弱まるかどうか、また、それらの関連はBMIが低い者においても認められるかどうかを明らかにすることを目的として研究を行った。
    2型糖尿病の既往歴のない中高齢者882名を対象とした横断研究を行った。IS-GRSはインスリン分泌能との関連が報告されている20個のSNPより求めた。全身持久力は最大酸素摂取量の測定により評価した。BMIの中央値(BMI = 22.6 kg/m2)で対象者を高BMI群と低BMI群に分類し、それぞれの群において解析を行った。その結果、高BMI群においてIS-GRSと全身持久力との間に有意な交互作用が認められ、全身持久力が低い者においてはIS-GRSとインスリン分泌能および空腹時血糖値との間に有意な関連が認められたが、全身持久力が高い者においてはこれらの関連は認められなかった。しかし、低BMI群においてこれらの交互作用は認められなかった。
    以上の結果より、インスリン分泌能と空腹時血糖値に及ぼす遺伝要因の影響は、BMIが低い者においては高い全身持久力を有していても弱まらない可能性が示唆された。

  • 持久性運動直前の糖質摂取による運動誘発性低血糖(インスリン・ショック)の発生を規定する要因の解明

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2017年03月
     

    谷澤 薫平

    担当区分: 研究代表者

  • 時計遺伝子多型に基づく生活習慣病予防に向けた時間栄養学的研究

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2017年03月
     

    谷澤 薫平

    担当区分: 研究代表者

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 血清SPARC濃度と大腸ポリープおよび大腸がん発生の因果関係解明

    2020年  

     概要を見る

    骨格筋から分泌されるマイオカイン"SPARC"は、大腸前がん細胞の増殖抑制作用を持つとされている。本研究の目的は、血中SPARC濃度と関連する一塩基多型(SNP)をゲノムワイド関連解析により同定し、それらを操作変数としたメンデルランダム化解析により血中SPARC濃度と大腸ポリープおよび大腸がん発生の因果関係を解明することである。本年度は中高齢男女1248名を対象として、一連の解析を実施するために必要なジェノタイプデータの取得、クオリティーコントロール、血中SPARC濃度の測定を実施した。クオリティーコントロールの結果、1219名、251,199個のSNPが解析対象となり、今後はこれらのデータを用いてゲノムワイド関連解析ならびにメンデルランダム化解析を進める。

  • 筋量・体力と真に関連するマイオカインの同定と心血管代謝リスク因子との因果関係解明

    2019年  

     概要を見る

     本研究の目的は、筋量・体力に関連するマイオカインの血中濃度を規定する一塩基多型(SNP)をゲノムワイド関連解析により同定し、それらを操作変数としたメンデルランダム化解析により血中マイオカイン濃度と心血管代謝リスクの因果関係を解明することである。本年度は、これらの解析を実施するために必要なジェノタイプデータの取得とクオリティーコントロールを行った。 男女864名を対象としてジェノタイピングを行い、約55万個のSNPについてジェノタイプデータを取得した。PLINKによるクオリティーコントロールの結果、857名、251,125個のSNPが解析対象となった。今後はこの857名のデータを用いて各種解析を実施し、血中マイオカイン濃度と心血管代謝リスクの因果関係解明を目指す。 

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • 健康スポーツ原論A(健康スポーツ生理・生化学)

    早稲田大学スポーツ科学部  

    2021年
    -
    継続中
     

  • 演習IV(健康スポーツの生化学・遺伝学)

    早稲田大学スポーツ科学部  

    2021年
    -
    継続中
     

  • 健康スポーツ基礎演習

    早稲田大学スポーツ科学部  

    2021年
    -
    継続中
     

  • 演習III(健康スポーツの生化学・遺伝学)

    早稲田大学スポーツ科学部  

    2020年
    -
    継続中
     

  • 演習II(健康スポーツの生化学・遺伝学)

    早稲田大学スポーツ科学部  

    2020年
    -
    継続中
     

全件表示 >>