田山 淳 (タヤマ ジュン)

写真a

所属

人間科学学術院 人間科学部

職名

准教授

ホームページ

https://www.waseda.jp/fhum/ghum/about/faculty/

兼担 【 表示 / 非表示

  • 人間科学学術院   大学院人間科学研究科

  • 人間科学学術院   人間科学部通信課程

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2004年

    東北大学   医学系研究科   障害科学専攻行動医学分野  

  •  
    -
    2004年

    東北大学   Graduate School, Division of Medical Sciences  

  •  
    -
    2000年

    岩手大学   教育学研究科   学校教育専攻  

  •  
    -
    2000年

    岩手大学   Graduate School, Division of Education  

  •  
    -
    1997年

    東北学院大学   教養学部   教養学科人間科学専攻  

全件表示 >>

学位 【 表示 / 非表示

  • 東北大学   障害科学

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    早稲田大学人間科学学術院

  • 2015年04月
    -
    2019年03月

    長崎大学大学院教育学研究科   Graduate School of Education   准教授

  • 2008年
    -
    2009年

    宮城学院女子大学学芸学部 非常勤講師   Faculty of Liberal Arts

  • 2008年
    -
    2009年

    Part-time Lecturer

  • 2007年
    -
    2009年

    東京福祉大学短期大学部 非常勤講師

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本健康心理学会

  •  
     
     

    日本心理学会

  •  
     
     

    日本行動医学学会

  •  
     
     

    日本心理臨床学会

  •  
     
     

    日本心身医学会

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 栄養学、健康科学

  • 臨床心理学

  • リハビリテーション科学

  • 学習支援システム

  • 内科学一般

全件表示 >>

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 過敏性腸症候群

  • ストレス

  • メタボリックシンドローム

  • 脈波伝播速度

  • 動脈硬化

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • The effects of locomotor activity on gastrointestinal symptoms of irritable bowel syndrome among younger people: An observational study.

    Toyohiro Hamaguchi, Jun Tayama, Makoto Suzuki, Naoki Nakaya, Hirokazu Takizawa, Kohei Koizumi, Yoshifumi Amano, Motoyori Kanazawa, Shin Fukudo

    PloS one   15 ( 5 ) e0234089  2020年  [査読有り]  [国際誌]

     概要を見る

    Irritable bowel syndrome (IBS) is a common bowel disorder that manifests as unexplained abdominal pain or discomfort and bowel habit changes in the form of diarrhea, constipation, or alternating patterns of the two. Some evidences demonstrate that increased physical activity improves IBS symptoms. Hence, daily exercise is recommended in these patients. In this study, we aimed to investigate the relationship between physical activity and gastrointestinal symptoms in 101 university students (female = 78) with IBS. Participants were examined by Gastrointestinal Symptoms Rating Scale (GSRS), and gait steps were measured for 1 week using a pedometer. The association between the GSRS score and pedometer counts was determined by ordinal logistic modeling analysis. The ordinal logistic regression model for GSRS and locomotor activity showed a significant stepwise fit (z = -3.05, p = 0.002). The logistic curve separated GSRS score of 5 points (moderately severe discomfort) from 2 points (minor discomfort) by locomotor activity. The probability for daily locomotor activity to discriminate between 5 and 4 points of GSRS (i.e., likely to have reverse symptoms) decreased in accordance with increment of steps per day: 78% probability for 4000 steps, 70% probability for 6000 steps, 59% probability for 8000 steps, and 48% probability for 10000 steps. This study demonstrated that the severity of GSRS is associated with the amount of walking in younger people with IBS. These results may be used as a measure to determine the daily step count to reduce the severity of gastrointestinal symptoms in individuals with IBS.

    DOI PubMed

  • Gambling symptoms, behaviors, and cognitive distortions in Japanese university students.

    Kengo Yokomitsu, Takanobu Sakai, Tomonari Irie, Jun Tayama, Hirokazu Furukawa, Mika Himachi, Junichiro Kanazawa, Munenaga Koda, Yoshihiko Kunisato, Hirofumi Matsuoka, Takuhiro Takada, Fumito Takahashi, Takahito Takahashi, Kaori Osawa

    Substance abuse treatment, prevention, and policy   14 ( 1 ) 51 - 51  2019年11月  [査読有り]  [国際誌]

     概要を見る

    BACKGROUND: This study was conducted to investigate the relationship between symptoms of gambling problems, gambling behaviours, and cognitive distortions among a university student population in Japan ages 20 to 29 years. We aimed to address the gap in knowledge of gambling disorders and treatment for this population. METHODS: Data were obtained from 1471 Japanese undergraduate students from 19 universities in Japan. Descriptive statistics and hierarchical multivariate regression analysis were used to investigate whether the factors of gambling cognitive distortions would have predictive effects on gambling disorder symptoms. RESULTS: Results indicated that 5.1% of the participants are classifiable as probable disordered gamblers. The bias of the gambling type to pachinko and pachislot was unique to gamblers in Japan. Of the students sampled, 342 self-reported gambling symptoms via the South Oaks Gambling Screen. Hierarchical multivariate regression analysis indicated that one domain of gambling cognitive distortions was associated significantly with gambling symptoms among the 342 symptomatic participants: gambling expectancy (β = 0.19, p < .05). The multivariate model explained 47% of the variance in the gambling symptoms. CONCLUSION: This study successfully contributed to the sparse research on university student gambling in Japan. Specifically, our results indicated a statistically significant relationship between gambling cognitive distortions and gambling disorder symptoms. These results can inform the development of preventive education and treatment for university students with gambling disorder in Japan. The report also describes needs for future research of university students with gambling disorder.

    DOI PubMed

  • ダイエットに関する非機能的信念を測定する尺度の開発 大学生を対象とした信頼性・妥当性の検証

    新川 広樹, 富家 直明, 蜂谷 愛, 村椿 智彦, 林田 雅希, 田山 淳

    CAMPUS HEALTH   56 ( 2 ) 96 - 103  2019年05月  [査読有り]

     概要を見る

    大学保健領域において、肥満の予防を目的とした認知行動的介入の普及に期待が寄せられるが、その介入ターゲットとして有効と考えられる認知的要因は多岐にわたり、整理されていない状態にある。本研究では、ダイエットに関する非機能的信念を包括的に測定するための尺度(DDBS)を開発し、その信頼性・妥当性の検証を目的とする。調査1では大学生301名、調査2では大学生126名を対象に自記式質問紙を実施した。探索的因子分析の結果、4因子が抽出され、尺度の内的整合性、再検査信頼性は許容できる値であった。DDBS得点は不合理な信念、食行動異常と関連することが示された。DDBSはダイエットに関する非機能的信念を測定する尺度として十分な信頼性・妥当性を有することが確認された。(著者抄録)

  • Omega-3 polyunsaturated fatty acids and psychological intervention for workers with mild to moderate depression: A double-blind randomized controlled trial.

    J Tayama, S Ogawa, N Nakaya, T Sone, T Hamaguchi, A Takeoka, K Hamazaki, H Okamura, J Yajima, M Kobayashi, M Hayashida, S Shirabe

    Journal of affective disorders   245   364 - 370  2019年02月  [査読有り]  [国際誌]

     概要を見る

    BACKGROUND: This study assessed whether a combined intervention of omega-3 polyunsaturated fatty acids (PUFAs) and psychoeducation better improved mild to moderate depression in workers compared to psychoeducation alone. METHODS: This study was a double-blinded, parallel group, randomized controlled trial that compared the intervention group, receiving omega-3 fatty acids, with a control group, receiving a placebo supplement. Participants receiving omega-3 fatty acids took 15 × 300 mg capsules per day for 12 weeks. The total daily dose of omega-3 PUFAs was 500 mg docosahexaenoic acid and 1000 mg eicosapentaenoic acid (EPA). The Beck Depression Inventory®-II (BDI-II) was used to assess the severity of depression after treatment. RESULTS: After 12 weeks of treatment, BDI-II scores were significantly lower in the placebo and omega-3 group, when compared to their respective baseline scores (Placebo: t = - 4.6, p < 0.01; Omega-3: t = - 7.3, p < 0.01). However, after 12 weeks of treatment, we found no significant difference between both groups with respect to changes in the BDI-II scores (0.7; 95% CI, - 0.7 to 2.1; p = 0.30). LIMITATIONS: This study did not measure blood omega-3 fatty acid concentration and presented a high-dropout rate. Moreover, our results may not be generalizable to other regions. CONCLUSIONS: The results show that a combination of omega-3 fatty acids and psychoeducation and psychoeducation alone can contribute to an improvement in symptoms in people with mild to moderate depression. However, there is no difference between the interventions in ameliorating symptoms of depression.

    DOI PubMed

  • 遠隔地の児童発達支援センター職員とのSkypeを用いた勉強会の試み

    岩永 竜一郎, 徳永 瑛子, 吉田 ゆり, 田山 淳, 田中 悟郎, 今村 明, 調 漸

    日本発達系作業療法学会誌 = Japanese journal of occupational therapy in pediatrics   6 ( 1 ) 34 - 39  2019年  [査読有り]

    CiNii

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 心理学理論と心理的支援

    ミネルヴァ書房  2010年

  • 教職員のための学生相談サポートガイド

    長崎大学学生相談支援等協議会・やってみゅーでスク  2010年

  • プライマリケアにおける鬱病診断の実際 Ⅶ. 各科臨床における鬱病診断 -虚血性心疾患,高血圧-

    ライフ・サイエンス社  2007年

  • 動脈壁の硬化と老化

    メジカルビュー社  2007年

  • ホモシステインとPWV

    先端医学社  2006年

全件表示 >>

Misc 【 表示 / 非表示

  • スタディ・エンゲイジメントに影響する大学生のライフスタイル要因の研究

    小川 さやか, 田山 淳, 矢内 希梨子, 林田 雅希, 古林 正和, 相良 郁子, 調 漸

    CAMPUS HEALTH   56 ( 1 ) 355 - 356  2019年03月  [査読有り]

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議)  

  • Validation of a Japanese Version of the Work Engagement Scale for Students

    Jun Tayama, Wilmar Schaufeli, Akihito Shimazu, Masanori Tanaka, Akari Takahama

    Japanese Psychological Research    2018年01月

     概要を見る

    © 2018 Japanese Psychological Association. Published by John Wiley &amp; Sons Australia, Ltd. We sought to verify the reliability and validity of the Japanese version of the Utrecht Work Engagement Scale for Students (UWES-S-J). We examined 824 university students. We calculated the goodness of fit for a single-factor model and the three-factor model. The fit to the data was better for the three-factor than for the single-factor model, but all factors were highly positively correlated. Additionally, the UWES-S-J had good internal consistency and test–retest reliability. For the content validity, there were significant positive correlations between the UWES-S-J score and social support, a resilience scale, and subjective happiness. The UWES-S-J has good reliability and validity and may therefore be used to assess study engagement among Japanese students.

    DOI

  • 高等教育における学生支援(3):CBTの効果的な活用

    佐々木 恵, 田山 淳, 竹澤 みどり, 小川 さやか, 亀山 晶子, 鈴木 伸一

    日本心理学会大会発表論文集   82 ( 0 ) SS - 001-SS-001  2018年

    CiNii

  • 肥満者の心理行動改善を目的とした新たな認知行動療法の開発

    小川 さやか, 田山 淳, 西郷 達雄, 古林 正和, 相良 郁子, 前田 真由美, 黒木 優子, 大坪 敬子, 林田 雅希, 調 漸

    全国大学保健管理研究集会プログラム・抄録集   55回   61 - 61  2017年11月

  • 過敏性腸症候群の安静EEGパターンはαパワー%を指標とした前頭部機能結合が低い

    濱口豊太, 鈴木誠, 原元彦, 田山淳

    臨床神経生理学   45 ( 5 ) 468  2017年10月

    J-GLOBAL

全件表示 >>

Works(作品等) 【 表示 / 非表示

  • 家族の対人関係と生活満足度に及ぼす要因に関する研究 ~食育との関連を中心として~

    2010年
    -
    2012年

  • 生活習慣病の改善を目的としたセルフモニタリング法を含む認知行動的介入の効果検証

    2010年
    -
    2012年

  • 生活習慣病患者の脈波伝播速度と心理行動学的特性の関連についての検討

    2008年
    -
    2010年

受賞 【 表示 / 非表示

  • 第23回日本行動医学会学術総会優秀演題賞

    2017年03月   日本行動医学会   身体感覚への病的警戒と消化管症状に対する不安が過敏性腸症候群の重症度に及ぼす影響  

    受賞者: 田山 淳

  • 日本ストレスマネジメント学会第13回学術大会学会奨励賞

    2014年11月   日本ストレスマネジメント学会   高等教育機関における修学状況向上を目的とした心理介入とその効果  

    受賞者: 田山 淳

  • 第20回日本行動医学会学術総会内山記念賞

    2012年09月   日本行動医学会   東日本大震災における災害医療支援者の外傷後ストレス症状-侵入的想起症状に対するコントロール可能性と外傷後ストレス症状との関連  

    受賞者: 田山 淳

  • 第50回全国大学保健管理研究集会一般研究発表優秀演題

    2012年09月   全国大学保健管理協会   大学生に適した新規食行動質問票を作成  

    受賞者: 田山 淳

  • 第18回日本行動医学会学術総会ポスター発表優秀賞

    2011年12月   日本行動医学会  

    受賞者: 田山 淳

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 滑らかな行動を獲得する新しい介入戦略:神経活動の同期化と行動学習

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2023年03月
     

    鈴木 誠, 平田 晃正, 田山 淳, 田中 悟志, 鈴木 貴子, 小川 豊太

     概要を見る

    2018年度の研究では,運動前野に対する経頭蓋交流電流刺激(tACS)に伴う一次運動野興奮性の時系列変化を検証することを目的とした.
    健常被験者8名を対象とした(男性4名,女性4名,平均年齢34.6歳).MRI装置を用いて撮像した頭部T1強調画像を3次元化し,ナビゲーションシステムを用いて左側一次運動野の手領域,運動前野,tACS電極,経頭蓋磁気刺激(TMS)コイル位置を同期させた.tACSについては,左側運動前野と右眼窩上に電極を設置し,0.5 mAおよび20 HzのtACSを約10分間行った.tACS中に一次運動野に対して5.00-5.05秒の刺激間隔でランダムにTMSを120回行った.また,tACSの前後にもTMSを20回行った.その結果,20 Hz tACSの0.5 πの位相におけるMEP振幅変動の最適モデルは,1-bin time lagを含む自己回帰(1)モデルであり,1.0 πの位相における最適モデルは3-bin time lagを含む自己回帰(3)モデルだった.しかし,20 Hz tACS中に位相によるMEP振幅の相違を認めなかった(Friedman’s test, p = 0.832).また,tACS前中後におけるMEP振幅の相違も認めなかった(Friedman’s test, p =0.417).
    2018年度の実験により,運動前野に対するtACSは,一次運動野興奮性の大きさよりも興奮性の時系列変動に影響を及ぼすことが示唆された.

  • 下痢型IBSを対象とした暴露療法:消化管症状に対する不安条件付けの消去

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2018年04月
    -
    2023年03月
     

    西郷 達雄, 百々 尚美, 橋本 竜作, 田山 淳, 小川 豊太

     概要を見る

    2018年度においては、以下1~5について検討および研究作業を実施した。1.各測定に用いる備品および消耗品:心理的症状(消化管症状に対する不安:VSI、特性不安・状態不安:STAI-JYZ、抑うつ症状:BDI-II)および消化管症状(Rome3診断基準質問紙:RMQ3、IBS重症度:IBS-SI、消化管症状QOL:IBS-QOL)を測定するアンケートを準備した。生理学的検査の準備は既に終えている。2. 介入プログラム:認知行動療法のプログラムを作成するために資料および文献収集を行った。また、認知行動プログラムのホームワークで利用する注意バイアスプログラムが搭載されたタブレット端末を導入するために資料を収集した。3.実験手続き:生理学的検査として心拍変動を測定するが、どのストレス刺激を用いることが、より本研究の対象者のストレス評価に有用であるかを検討するために資料および文献を収集した。4. 倫理委員会への研究申請:本研究においては、ランダム化比較試験(RCT)デザインによる介入研究を行なう予定であるため、所属期間への倫理申請が承認された後、UMIN臨床試験登録に登録を行うことが決定した。5.UMIN臨床試験登録が終わり次第、オープントライアル試験を実施する。なお、研究協力者の対象である下痢型IBS者数が当初よりも少なることが想定されたため、下痢と便秘を繰り返す交代型IBS者も含めることを検討した。

  • 消化管知覚過敏を軽減させるニューラルフィードバック練習装置の開発

    基盤研究(C)

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

    小川 豊太, 田山 淳, 西郷 達雄, 鈴木 誠

  • IBS症状のセルフケアためのeHealthシステム構築及びその効果についての研究

    国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B))

    研究期間:

    2019年02月
    -
    2021年03月
     

    田山 淳, 武岡 敦之, 井ノ上 憲司, 小川 豊太

     概要を見る

    本年度は,本研究に先立って,既存のシステム(以前研究者らが開発した介入システム)を利用してプレスタディを実施した。本年度行ったプレスタディでは、低糖食療法を取り入れたIBSのセルフケアとして,食認知変容プログラムの実施により、その効果メカニズムを腸内細菌の相対存在割合を指標として研究を行った。通常指導群8名,食認知変容プログラム実施群(通常指導に加えて低糖食療法をターゲットとした食認知修正プログラムを実施;強化介入群)10名を対象として,それぞれ1ヶ月間の介入を実施した。介入の結果,Dorea属の相対存在割合について,強化指導群の半数のサンプルでその相対存在割合が増加することが分かった。一方,通常指導群では,1サンプルのみの相対存在割合が顕著に低下したが,その他のサンプルでは変化はほとんど見られなかった。本研究の属レベルの相対存在割合の結果から,本介入はDoreaへの相対存在割合を増加させる可能性が示唆された。
    ラクノスピラ科のDoreaは,マウスを用いた動物実験において,慢性のストレスとの関連が指摘されている菌種である。Doreaについて,人の生理現象に対する機能はほとんど知られていないが,先行研究で行われたLow FODMAP介入(McIntosh et al., 2016)では,Doreaの相対存在割合は統計的に有意に増加している。本研究におけるDoreaの変化理由としては,介入による食認知の変化によって食行動が改善したことによって,Doreaを含む腸内細菌の多様性が増加した可能性がある。

  • 相反性抑制機能を向上する新しい介入:電磁気刺激とフィードバックの統合効果

    挑戦的研究(萌芽)

    研究期間:

    2018年06月
    -
    2021年03月
     

    鈴木 誠, 田山 淳, 田中 悟志, 小川 豊太, 鈴木 貴子

     概要を見る

    2018年度の研究では,反復運動が相反筋に投射する皮質脊髄興奮性に及ぼす影響を検証することを目的とした.
    健常被験者8名を対象とした(男性1名,女性7名,平均年齢22.5歳).反復運動として,運動開始合図に対して素早く手関節を屈曲する単純反応課題を100回反復した.開始合図の150 ms後に経頭蓋磁気刺激を行い,橈側手根屈筋(FCR)および橈側手根伸筋(ECR)における運動準備中の運動誘発電位(MEP)振幅を観察した.FCRおよびECRにおけるMEP振幅を自然対数モデルに近似させ,FCRとECRにおける自然対数モデルの切片および傾きを,反復運動練習の前半と後半で二項検定を用いて比較した.その結果,運動準備中のMEP振幅は,FCRとECRともに運動開始に近づくほど振幅が低下する対数関数に近似した時系列変化を示した.しかし,FCRにおける自然対数の傾きは反復運動練習の後半まで維持されたものの,ECRでは反復運動練習の後半に傾きが減少した.
    2018年度の実験により,反復運動が相反筋に投射する皮質脊髄興奮性に影響を及ぼすことが示唆された.

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • 自己効力感と健康行動

    日本心理学会第73回大会  

    発表年月: 2009年

  • 基礎研究の精神的健康への貢献 -心身相関を理論的背景として発展しているメンタルヘルス分野-

    日本心理学会第73回大会  

    発表年月: 2009年

  • Effective coaching for women’s university students: Structural model of intrinsic motivation.

    The 11th European Congress of Psychology  

    発表年月: 2009年

  • Self Efficacy and Physical Activity

    The 11th European Congress of Psychology  

    発表年月: 2009年

  • 心理学研究の教育への貢献-メディア教育を中心として-

    日本心理学会第72回大会  

    発表年月: 2008年

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2006年
    -
    2008年

    国際行動医学学会 第10回大会プログラム委員

  • 2006年
    -
    2008年

    10th International Congress of Behavioral Medicine

  • 2007年
    -
     

    - 神経-胃腸-運動学会(Neurogastroenterology and Motility) 雑誌編集委員 雑誌編集委員(2007-)

  • 2007年
    -
     

    - 生物心理社会医学学会(BioPsychoSocial Medicine) 雑誌編集委員 雑誌編集委員(2007-)

  • 2006年
    -
     

    日本行動医学学会  雑誌編集委員

全件表示 >>