KAZAMA, Kentaro

写真a

Affiliation

Faculty of Human Sciences, School of Human Sciences

Job title

Associate Professor

Homepage URL

https://sites.google.com/site/kntkazama/home

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of Human Sciences   School of Human Sciences (Online Degree Program)

  • Faculty of Human Sciences   Graduate School of Human Sciences

Education 【 display / non-display

  • 2006.04
    -
    2010.03

    Hokkaido University   Ph.D. in Graduate School of Fisheries Sciences  

  • 2004.04
    -
    2006.03

    Hokkaido University   M.S. in Graduate School of Fisheries Sciences  

  • 2000.04
    -
    2004.03

    Hokkaido University   Faculty of Fiheries Sciences  

Degree 【 display / non-display

  • Ph.D

Research Experience 【 display / non-display

  • 2019.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Human Science

  • 2016.06
    -
    2019.03

    Hokkaido University   Graduate school of Fisheries Sciences

  • 2016.04
    -
    2016.05

    Meijo University   Faculty of Agriculture

  • 2013.04
    -
    2016.03

    JSPS   Postdoctral research fellow (Meijo University)

  • 2010.09
    -
    2013.03

    Meijo University   Faculty of Agriculture   Postdoctral research fellow

display all >>

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    Pacific Seabird Group

  •  
     
     

    THE MAMMAL SOCIETY OF JAPAN

  •  
     
     

    THE ORNITHOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN

  •  
     
     

    JAPAN ETHOLOGICAL SOCIETY

  •  
     
     

    ECOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Animal physiological chemistry, physiology and behavioral biology

  • Conservation of biological resources

  • Environmental dynamic analysis

  • Ecology and environment

Research Interests 【 display / non-display

  • Gull

  • Ornithology

  • Ecosystem Srevices

  • Great Cormorant

  • Stable Isotope

display all >>

Papers 【 display / non-display

  • 洋上風力発電の海鳥への影響を軽減するためのセンシティビティマップ作成手法とその課題

    風間 健太郎, 綿貫 豊

    保全生態学研究    2021  [Refereed]

    Authorship:Lead author, Corresponding author

  • 洋上風力発電の促進区域選定における海鳥への影響評価に関する考察

    尾羽 秀晃, 風間 健太郎, 橋本 啓史, 永井 雄宇, 朝野 賢司

    電力中央研究所 研究資料   No. Y1950X  2020  [Refereed]

  • Ecological functions of an animal's personality in a group

    Kazama Kentaro

    JAPANESE JOURNAL OF ECOLOGY   70 ( 1 ) 45 - 53  2020

    DOI CiNii

  • Sensitivity mapping for seabirds and offshore wind power farms: A case study of Slaty-backed gulls in Hokkaido

    Sato Yuka, Akasaka Takumi, Yabuhara Yuki, Kazama Kentaro, Kawaguchi Yoichi

    Japanese Journal of Conservation Ecology    2020

     View Summary

    <p>Offshore wind energy is a renewable energy source that offers an opportunity to reduce greenhouse gas emissions while increasing energy security. However, many ecologists have suggested that offshore wind farms may have severe negative impacts on wildlife, especially seabirds. Thus, balancing seabird conservation with human energy demands is necessary when developing wind farms. Bird sensitivity mapping is a powerful and practical tool that can determine turbine collision risk within specific areas; however, sensitivity maps have seldom been generated for seabirds. Focusing on the Slaty-backed gull (Larus schistisagus), a red-listed species that often collides with wind turbines, we determined factors affecting habitat selection with the goal of reducing negative impacts of offshore wind farms. We then generated a sensitivity map using habitat modeling. GPS loggers set to record at 5-minute intervals between June and August 2018 were attached to six Slaty-backed gulls residing in Ochiishi Bay, Nemuro Prefecture, Japan. A Gaussian mixed model indicated that habitat selection was related to food availability (as determined by sea surface temperature and chlorophyll a content) and distance to the nest site. Sea surface temperature and chlorophyll a content were positively related area visitation frequency of Slaty-backed gulls, whereas distance to nest site was negatively correlated. Moreover, area visitation frequency was unchanged when the distance from the nest site was > 25 km. The sensitivity map indicated that areas both near and far from nest sites with potentially abundant food resources were high-risk areas with respect to turbine collisions for Slaty-backed gulls. Based on these results, we advocate the use of sensitivity mapping to reduce interactions between offshore wind farms and seabirds, especially for species that often forage far from their nest sites.</p>

    DOI CiNii

  • Bottom-up effects on coastal marine ecosystems due to nitrogen input from seabird feces.

    Kentaro Kazama

    ORNITHOLOGICAL SCIENCE   18 ( 2 ) 117 - 126  2019.07  [Refereed]

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • はじめてのフィールドワーク3 日本の鳥類編

    武田 浩平, 風間 健太郎, 森口 紗千子, 高橋 雅雄, 加藤 貴大, 長谷川 克, 安藤 温子, 山本 誉士, 小林 篤, 岡久 雄二, 武田 広子, 黒田 聖子, 松井 晋, 堀江 明香( Part: Joint author, 最北の島でウミネコをみる)

    東海大学出版部  2018.09 ISBN: 4486021657

    ASIN

  • 鳥の行動生態学

    風間健太郎, 江口 和洋( Part: Contributor, 鳥類の行動と生理)

    京都大学学術出版会  2016.03 ISBN: 4814000006

    ASIN

  • 行動生物学辞典

    風間健太郎, 上田 恵介, 菊水 健史, 坂上 貴之, 岡ノ谷 一夫, 辻 和希( Part: Contributor, 行動の可塑性、行動シンドローム、盗み寄生、パーソナリティ)

    東京化学同人  2013.11 ISBN: 4807908375

    ASIN

  • 厚岸町史 厚岸の生物 (編 厚岸町教育委員会)

    風間健太郎( Part: Contributor, オオセグロカモメ、ウミネコ、ウミウ)

    厚岸町  2012

Misc 【 display / non-display

  • Marine wind power and seabirds

    KAZAMA Kentaro

    Impact Assessment   19 ( 1 ) 26 - 28  2021

    DOI CiNii J-GLOBAL

  • 「洋上風力発電と環境アセスメント」

    村山 武彦, 堀上 勝, 斉藤 長, 風間 健太郎, 赤松 友成

    環境アセスメント学会誌   19 ( 1 ) 35 - 43  2021

    DOI CiNii

  • 海鳥 漁業に貢献 ウミネコのフンが昆布の栄養源に

    風間健太郎

    野鳥   85 ( 1 )  2020

    J-GLOBAL

  • For interpretation of animal personality and its implications for ecology: Introduction

    Atsumi Keisuke, Sakai Osamu, Kazama Kentaro

    JAPANESE JOURNAL OF ECOLOGY   70 ( 1 ) 31 - 32  2020

    DOI CiNii

  • サギ類集団繁殖地における地域住民主体の防除対策

    森部絢嗣, 風間健太郎

    日本鳥学会大会講演要旨集   2019  2019

    J-GLOBAL

display all >>

Awards 【 display / non-display

  • Kuroda award

    2016.09   Ornithological Society of Japan  

    Winner: Kentaro Kazama

  • 技術者研究表彰

    2016.07   日本動物園水族館協会  

    Winner: 風間健太郎

Research Projects 【 display / non-display

  • オオセグロカモメの個体数急減要因の解明:人間活動起源の餌の影響評価

    Project Year :

    2019.04
    -
    2022.03
     

    風間健太郎

    Authorship: Principal investigator

  • 変動する海洋環境下での海鳥による窒素供給が沿岸海洋生態系におよぼす影響の解明

    Project Year :

    2013.04
    -
    2016.03
     

    風間健太郎

    Authorship: Principal investigator

  • 海鳥の非繁殖期の生息地利用が繁殖期の生理状態や行動に及ぼす影響の解明

    若手研究(B)

    Project Year :

    2014
    -
    2016
     

    風間 健太郎

    Authorship: Principal investigator

  • 海鳥の糞による窒素供給が沿岸海洋生態系におよぼす影響の解明

    Project Year :

    2012.04
    -
    2013.03
     

    風間健太郎

    Authorship: Principal investigator

Presentations 【 display / non-display

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • オオセグロカモメの人工環境利用が生理状態に及ぼす影響の解明

    2020  

     View Summary

    本研究では、オオセグロカモメは人工餌をどれほど利用しているか、その利用は個体の生残にどのような行動・生理的メカニズムで影響するか、について調べた。2020年はコロナウィルス感染拡大により主要な調査期間に野外調査を実施できなかった。そのため、本研究では2018年以前に北海道利尻島において装着され、2020年時点でも稼働していた遠隔データダウンロード式のGPSロガーデータを解析することで、本種の2020年における人工餌の利用頻度を明らかにした。また、緊急事態宣言が開けた6月より利尻島を訪れ、GPS装着個体の給餌行動を観察することにより、人工環境を利用した際に獲得した餌種を調べた。本種は繁殖期間中の採餌行動のうち9割近くを人工環境で行った。人工環境を訪れた際には底棲魚や底棲無脊椎動物を給餌した。これらの餌種は天然環境(海洋)で獲得したイカナゴなどの餌種に比べて単位重量あたりの栄養価が低かった。以上より、本種の人工環境における採餌効率は低いことが示唆され、人工環境への依存は本種の減少要因の一因になり得ることが推察された。

  • 日本における海鳥の海洋プラスチック汚染状況の把握:巣材への取り込み量調査

    2020  

     View Summary

    本研究では、北海道北部で繁殖する海鳥3種(ウミネコ、オオセグロカモメ、ウミウ)の巣材へのプラスチック取り込み状況を調べた。2020年6~8月に北海道利尻島と枝幸町において、3種の海鳥繁殖地で合計150巣を対象に踏査により巣材中のプラスチックの種類、個数、重量を測定した。 調査の結果、利尻、礼文、稚内で繁殖するオオセグロカモメの約80%、利尻と枝幸で繁殖するウミネコの約70%、および利尻で繁殖するウミウの約80%の巣にプラスチックが持ち込まれていた。プラスチックの多くは漁具であった。本研究により、近年欧州を中心に懸念が高まっている海鳥へのプラスチック汚染が、日本においても深刻であることが明らかとなった。これらのプラスチック汚染が、絡まりなど海鳥へいかなる死亡リスクをもたらしているかを今後明らかにする。

  • 日本におけるオオセグロカモメの個体数急減要因の解明

    2019  

     View Summary

    オオセグロカモメはここ20年ほどでその生息数を70~80%も急減させている。カモメ類は近年海洋環境の悪化にともない漁港や都市部において栄養価の低い人工餌をより多く利用するようになったといわれるが、その利用頻度や繁殖への影響は不明な点が多い。本研究では、本種の減少要因の一端を解明するため、動物装着型の小型GPS追跡技術によってオオセグロカモメの人工環境(漁港、廃棄物処理場、都市部)での採餌頻度を個体レベルで明らかにした。北海道利尻島において5個体にGPSを装着した結果、本種繁殖個体は昼夜を問わず70%以上もの時間を漁港で過ごしていることがわかった。また、ヒナへの給餌物の半分以上は、漁業廃棄物であった。

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>

Teaching Experience 【 display / non-display

  • 動物生態学

    早稲田大学eスクール  

    2019.04
    -
    Now
     

  • Environmental biology training

    Waseda University  

    2019.04
    -
    Now
     

  • Basic Ecology

    Waseda University  

    2019.04
    -
    Now
     

  • 保全生態学特論

    早稲田大学  

    2019.04
    -
    Now
     

  • Animal Ecology

    Waseda University  

    2019.04
    -
    Now
     

display all >>

 

Committee Memberships 【 display / non-display

  • 2021.08
    -
    Now

    環境省  エトピリカ保護増殖検討会

  • 2021.04
    -
    Now

    環境省  環境影響審査助言員

  • 2021.02
    -
    Now

    環境省  油等汚染事故の対応に係る分野別専門家

  • 2019.09
    -
    Now

    日本鳥学会  基金運営委員会

  • 2014.01
    -
    Now

    日本鳥学会  英文誌編集委員

display all >>