鄭 有希 (チョン ユヒ)

写真a

所属

社会科学総合学術院 社会科学部

職名

教授

プロフィール

明治大学大学院経営学研究科博士後期課程修了。博士(経営学)学位取得。専門は組織行動論、人的資源管理論、及びキャリア論。明治大学大学院経営学研究科・特任講師、立命館大学経営学部・准教授、学習院大学国際社会科学部・教授を経て、2020年より早稲田大学社会科学部にて教鞭をとる。米国Association of Japanese Business Studiesの年次大会実行委員会委員長 (2020)、経営行動科学学会理事 (2018-2021)。これまで一部の研究は、Human Relations, The International Journal of Human Resource Management, Journal of Managerial Psychology, Evidence-based HRM 誌などに掲載。

兼担 【 表示 / 非表示

  • 社会科学総合学術院   大学院社会科学研究科

学位 【 表示 / 非表示

  • 明治大学 大学院経営学研究科   博士(経営学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   社会科学部   教授

  • 2018年04月
    -
    2020年03月

    学習院大学   国際社会科学部   教授

  • 2016年04月
    -
    2018年03月

    学習院大学   国際社会科学部   准教授

  • 2013年04月
    -
    2016年03月

    立命館大学経営学部 准教授

  • 2011年04月
    -
    2013年03月

    明治大学大学院経営学研究科 専任(特任)講師

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    産業・組織心理学会

  •  
     
     

    経営行動科学学会

  •  
     
     

    日本経営学会

  •  
     
     

    組織学会

  •  
     
     

    Association of Japanese Business Studies

全件表示 >>

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 経営学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • キャリア形成理論

  • 戦略的人的資源管理

  • 組織行動論

論文 【 表示 / 非表示

  • Making a successful transition to work: A fresh look at organizational support for young newcomers from an individual-driven career adjustment perspective

    Norihiko Takeuchi, Tomokazu Takeuchi, Yuhee Jung

    Journal of Vocational Behavior   (Advanced online publication)   103587 - 103587  2021年05月  [査読有り]

    DOI

  • Toward a process model of newcomer socialization: Integrating pre‐ and post‐entry factors for newcomer adjustment

    Tomokazu Takeuchi, Norihiko Takeuchi, Yuhee Jung

    Human Resource Development Quarterly   (Advanced online publication)  2020年12月  [査読有り]

    DOI

  • CEO Power and Top Management Team Tenure Diversity: Implications for Firm Performance

    Tomohiko Tanikawa, Yuhee Jung, Accepted on Jun

    Journal of Leadership and Organizational Studies   26 ( 2 ) 256 - 272  2019年05月  [査読有り]

    DOI

  • Testing mediation effects of social and economic exchange in linking organizational training investment to employee outcomes

    Yuhee Jung, Norihiko Takeuchi

    Personnel Review   48 ( 2 ) 306 - 323  2019年03月  [査読有り]

    DOI

  • A lifespan perspective for understanding career self-management and satisfaction: The role of developmental human resource practices and organizational support

    Yuhee Jung, Norihiko Takeuchi

    Human Relations   71 ( 1 ) 73 - 102  2018年01月  [査読有り]

     概要を見る

    The contemporary career literature or new career' theory emphasizes the importance of individual agentic career management processes in which individuals manage their careers to achieve career satisfaction by flexibly adjusting to the dynamic environment. There is limited research, however, on how individuals strategize their careers as they age, by utilizing or balancing organizational career management factors, including developmental human resource (HR) practices and organizational support. This study, therefore, documents how age, career self-management and organizational career management factors interactively influence career satisfaction, integrating conservation of resources (COR) and socioemotional selectivity (SES) theories. Using time-lagged data collected from 364 Japanese employees, the results supported the predicted three-way interaction effects. For young employees, the positive relationship between career self-management and satisfaction was stronger when developmental HR practices and organizational support were high, and thus a synergistic effect was salient. For middle-aged employees, the positive relationship was stronger when these factors were low, and thus a compensatory effect was manifested. Interestingly, middle-aged employees who perceived a lack of developmental practices or support showed marked improvements in career satisfaction by engaging in career self-management behaviors. We discuss the changing nature of career management strategies across an individual's lifespan from both vocational and managerial viewpoints.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • ミクロ組織論

    鄭 有希( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第2章 パーソナリティ)

    学文社  2019年04月

  • マネジメントの心理学: 産業・組織心理学を働く人の視点で学ぶ

    鄭 有希( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第7章 キャリア発達)

    ミネルヴァ書房  2014年05月

  • ストーリーテリングのリーダーシップ:組織の中の自発性をどう引き出すか

    鄭 有希( 担当: 共訳,  担当範囲: 第8 章 まず、聞き手の 関心を喚起すること)

    白桃書房  2012年04月

Misc 【 表示 / 非表示

  • 東アジアにおける人的資源管理の国際比較:収斂、拡散理論の観点から

    竹内規彦, 鄭 有希, 竹内倫和

    東洋文化研究所   ( 22 ) 403 - 426  2020年03月  [査読有り]

    担当区分:責任著者

    記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • 高業績HRMシステムと従業員の職務態度に関する日韓比較

    鄭 有希, 竹内規彦, 竹内倫和

    東洋文化研究   ( 22 ) 377 - 402  2020年03月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要)  

  • 海外主要ジャーナル掲載論文の解剖学―組織行動領域の実証研究に何が求められているのか?―

    石川 淳, 関口 倫紀, 鄭 有希, 竹内 規彦

    経営行動科学   30 ( 3 ) 179 - 184  2018年

    DOI CiNii

受賞 【 表示 / 非表示

  • Organizational Behavior SIG "Best Paper Award" 次点"Best Paper Award" 次点

    2019年06月   European Academy of Management (EURAM) 2019  

    受賞者: 鄭 有希

  • "Best Paper Award" 次点

    2019年06月   Palgrave Macmillan and the Association of Japanese Business Studies (AJBS)  

    受賞者: 鄭 有希

  • "Best Paper Award”

    2017年07月   Palgrave Macmillan and the Association of Japanese Business Studies (AJBS)  

    受賞者: 鄭 有希

  • Emerald Literati Network Awards for Excellence

    2017年05月   Emerald Publishing  

    受賞者: 鄭 有希

  • 優秀大会発表賞

    2016年09月   日本応用心理学会  

    受賞者: 鄭 有希

全件表示 >>

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • 企業の採用活動と組織魅力に関する統合的研究:道具的―象徴的枠組みからの接近

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2021年04月
    -
    2025年03月
     

    鄭 有希, 竹内規彦

  • マイノリティを含んだ多様な経営幹部層が企業業績に与える影響に関する国際比較研究

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2025年03月
     

    谷川 智彦, 鄭 有希

    担当区分: 研究分担者

  • 帰属理論に基づく新たな人的資源管理モデルの構築に向けた統合的研究

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2023年03月
     

    竹内 規彦, 関口 倫紀, 鄭 有希, 金 素延, 谷川 智彦, 竹内 真登

    担当区分: 研究分担者

  • 超高齢社会における人材活性化戦略:中高年人材の革新的行動に関する統合的研究

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2021年03月
     

    鄭 有希

    担当区分: 研究代表者

  • 日本と韓国における人的資源管理の国際比較―収斂・拡散理論の観点から―

    研究期間:

    2017年04月
    -
    2019年03月
     

    鄭 有希

    担当区分: 研究代表者

全件表示 >>

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Retaining employees through family-friendly work practices: Implications from the organizational- and individual-level analyses.

    Jung, Y, Takeuchi, N, Takeuchi, T

    British Academy of Management (BAM) Conference  

    発表年月: 2020年09月

    開催年月:
    2020年09月
     
     
  • Work adjustments among early career starters: Do pre-entry career attitudes play a role?

    Takeuchi, T, Takeuchi, N, Jung, Y

    British Academy of Management (BAM) Conference  

    発表年月: 2020年09月

    開催年月:
    2020年09月
     
     
  • Newcomers’ Career Adjustments: How Does Organizational Support Work for Protean Individuals?

    Norihiko Takeuchi, Tomokazu Takeuchi, Yuhee Jung

    European Academy of Management (EURAM) 2019 Annual Conference  

    発表年月: 2019年06月

  • Gender diversity in Top Management Teams and firm performance: The moderating role of CEO power

    Tomohiko Tanikawa, Yuhee Jung

    European Academy of Management (EURAM) 2019 Annual Conference  

    発表年月: 2019年06月

  • Matching Individual and Organizational Career Plans for New Hires: Evidence from Japan

    Norihiko Takeuchi, Tomokazu Takeuchi, Yuhee Jung

    The 61st Annual Meeting of the Academy of International Business (AIB) (invited for the Special Session of the AJBS Best Papers)  

    発表年月: 2019年06月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 日本企業におけるシニア人材活性化戦略

    2020年  

     概要を見る

     本課題研究は、2020年4月~2021年3月までの期間において、人材の高齢化という深刻な課題に直面している超高齢社会である日本企業における従業員の加齢とワークエンゲージメントとの関係、及び加齢とともにワークエンゲージメントが維持・促進されるための条件要因を検討することを目的とする。 2020年4月に、本大学に着任したこともあり、交付申請を行った時期が6月以降であり、実質的な研究活動期間は9ヵ月弱ほどあった。そのため、研究活動としては、(1)文献や種々の資料・情報収集、(2)収集した中高年人材関連の2次データ分析、(3)ネット調査専門企業を通してパイロット調査の実施の3点に集中させた。

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

担当経験のある科目(授業) 【 表示 / 非表示

  • 専門演習

    立命館大学, 学習院大学  

  • 卒業論文・卒業演習

    学習院大学  

  • Cross-cultural organizational behavior

    学習院大学  

  • Cross-Cultural Organizational Behavior

    Gakushuin University  

  • International Human Resource Management

    Gakushuin University, Ritsumeikan University  

全件表示 >>