HOSOMA, Hiromichi

写真a

Affiliation

Faculty of Letters, Arts and Sciences, School of Culture, Media and Society

Job title

Professor

Profile

複数の人が集まる場所で起こる身体動作の研究を行っています。

日常会話、伝統芸能の伝承場面、介護場面などで、人と人とが空間や時間をどうとらえ、どのように相互に思考するかを、発語とジェスチャーの微細な構造を拾い上げることで探ります。机運び、漫才、じゃんけん、カードゲーム、ページめくり、演劇の稽古など、扱う場面は近年ますます多様になってきました。

著作では主に、マンガ、アニメーション、TVドラマ、絵はがき、パノラマなど、視聴覚文化の表現史に関するものを書いています。

Degree 【 display / non-display

  • 京都大学大学院   博士(理学博士)

Research Experience 【 display / non-display

  • 2019.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Letters, Arts and Sciences   Professor

  • 2009
    -
     

    The University of Shiga Prefecture   School of Human Cultures

  • 2007
    -
     

    The University of Shiga Prefecture   School of Human Cultures

  • 2006
    -
     

    The University of Shiga Prefecture   School of Human Cultures

  • 2005
    -
     

    The University of Shiga Prefecture   School of Human Cultures

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    JAPANESE COGNITIVE SCIENCE SOCIETY

  •  
     
     

    QUALITATIVE RESERCH IN PSYCHOLOGY

  •  
     
     

    THE JAPANESE SOCIETY FOR ARTIFICIAL INTELLIGENCE

  •  
     
     

    JAPANESE ASSOCIATION OF THE SOCIOLINGUISTIC SCIENCES

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Cognitive science

  • Social psychology

  • Linguistics

  • Social welfare

Research Interests 【 display / non-display

  • 相互行為

  • 空間表現

  • 身体動作

  • 絵葉書

  • オノマトペ

display all >>

Papers 【 display / non-display

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • うたのしくみ 増補完全版

    細馬, 宏通( Part: Sole author)

    2021.03

  • 発話の権利

    定延, 利之( Part: Contributor, 再現行為とコ系指示語の「いま」性 pp.81-107)

    ひつじ書房  2020.12 ISBN: 9784894769830

  • 漂流の演劇 : 維新派のパースペクティブ

    永田, 靖( Part: Contributor, 『呼吸機械』(二〇〇八) 声とスケールの劇 pp.136-147)

    大阪大学出版会  2020.08 ISBN: 9784872596939

  • いだてん噺

    細馬, 宏通( Part: Sole author)

    河出書房新社  2020.07 ISBN: 9784309028927

  • 高畑勲をよむ : 文学とアニメーションの過去・現在・未来

    中丸, 禎子, 加藤, 敦子, 田中, 琢三, 兼岡, 理恵( Part: Contributor, 火と幽霊—『火垂るの墓』のアニメーション化について pp.108-127)

    三弥井書店  2020.04 ISBN: 9784838233663

display all >>

Misc 【 display / non-display

  • 対談 時が作るからだ、こえ、ことば (特集 歳月)

    伊藤 比呂美, 細馬 宏通

    すばる   40 ( 10 ) 186 - 201  2018.10

    CiNii

  • 大人のためのグリム童話 手をなくした少女 公開記念対談 セバスチャン・ローデンバック監督 細馬宏通 「手で描く」という快楽に導かれて (2018年 アニメーション映画のゆくえ)

    ローデンバック セバスチャン, 細馬 宏通

    キネマ旬報   ( 1788 ) 32 - 35  2018.09

    CiNii

  • 対談 アニメーションという旅路(stray)の途中で (総特集 決定版 ウェス・アンダーソンの世界 : 『犬ヶ島』へようこそ!)

    細馬 宏通, 土居 伸彰

    ユリイカ   50 ( 7 ) 64 - 77  2018.06

    CiNii

  • 『カルテット』『逃げるは恥だが役に立つ』主題歌を読み解く (特集 テレビドラマをつくる : 物語の生まれる場所) -- (物語のつくり方)

    細馬 宏通

    美術手帖 : monthly art magazine   70 ( 1064 ) 58 - 61  2018.02

    CiNii

display all >>

Research Projects 【 display / non-display

  • 社会的ヘテロフォニーとしての漫才対話~オープンコミュニケーションの超分節性の解明

    基盤研究(C)

    Project Year :

    2017.07
    -
    2021.03
     

    岡本 雅史, 阪田 真己子, 細馬 宏通, 大庭 真人

     View Summary

    本年度はまず、当初の計画通り、研究代表者と研究分担者全員が中心となって新規の漫才対話データ収録を含めたシンポジウム企画を行った。具体的には、吉本興業および神奈川工科大学の協力のもと、日本認知科学会第35回大会においてシンポジウムを開催し、ロボット2体とプロの漫才師による同一ネタの実演と解説を行い、音声・映像データを収録することができた。このデータ分析は次年度の中心的課題となる。
    研究成果としては、まず代表者岡本は、既存の漫才映像を用いて、漫才対話の発話リズムが同期・変調されるパターンを解明し、その成果を第43回社会言語科学会で報告するとともに、これまでの漫才対話研究の成果を市井の人々に伝える機会とするべく、日本笑い学会のオープン講座で講演を行った。さらに、言語的な漫才対話分析としてツッコミ発話を聞き手行動として捉える論考を『聞き手行動のコミュニケーション学』の一編として公刊した。
    一方、分担者阪田は、上記の日本認知科学会での企画のために、プロの漫才師(かまいたち)の映像から身体動作と会話をタグ付けし、抽出するアノテーション作業を行った。それを元にそのデータを集計、分析し、当該企画において解説を行った。また、分担者細馬はNHKのTV番組「ろんぶ~ん」にて、漫才のツッコミ発話に随伴するジェスチャーについて紹介するとともに、既出論文で分析しなかったコンビのジェスチャーについても分析を行った。最後に、本年度より新たに分担者として追加された大庭は、収録した映像データのうち、聴衆の映像データに注目し、漫才の観客としての態度とシンポジウム参加者としての態度との違いのデータ化をすべくタグ付けを行っており、その成果は次年度に報告される予定である。

  • Empirical research on motion control function of rallying call and onomatopoeia in care interaction

    Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    Project Year :

    2017.07
    -
    2020.03
     

  • 介護場面における掛け声・オノマトペの動作調節機能に関する実証的研究

    Project Year :

    2017.04
    -
    2020.03
     

    細馬宏通

    Authorship: Principal investigator

  • The elucidation of the group learning mechanism of community-specific `ethos,' `coordinated body skills,' and `common knowledge'

    Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    Project Year :

    2015.04
    -
    2018.03
     

    ENOMOTO Mika, TAKANASHI Katsuya

     View Summary

    We clarified the leaning mechanism of the community-specific `ethos,' `coordinated body skills,' and `common knowledge,' which are inherited from generation to generation through the preparatory works for a traditional festival. i) `Ethos': values, insight, and confidence that the members of the community have (e.g., consideration for others and the spirits of self-sacrifice); ii) `Coordinated body skills': collaborative techniques required for controlling the force and the placement of the bodies among the members (e.g., synchronization between the rhythm of singing and the operation on trees and ropes); and iii) `Knowledge': common knowledge about the usage of festival equipments and traditional conventions (e.g., the names of parts of woods and of rope knitting).
    We analyzed how the members of the community learn these `ethos,' `coordinated body skills,' and `common knowledge' through detailed video analysis, and revealed the model of the group learning.

  • 介護施設において高齢者・介護職員間で交わされる身体動作を用いた空間表現の研究

    Project Year :

    2009.04
    -
    2012.03
     

    細馬宏通

    Authorship: Principal investigator

Presentations 【 display / non-display

display all >>

Specific Research 【 display / non-display

  • アニメーション化の微視的分析:異なるメディア間での翻案がもつ制約と可能性

    2020  

     View Summary

    1. 作画内の時間構造分析、2. 絵コンテと作画間の時間構造の比較分析、3. 視覚障害者用の音響キューによるアニメーション表現の翻訳の分析を行った。いずれの場合も、まずELANによってアニメーションのショット分析を行い、各ショットとカットの構造を記述した上で、1に関してはショット間比較を、2に関しては絵コンテと実際に描かれた作画の比較を行った。3に関しては、アクションRPGゲーム「Last of Us」の視覚障害者用音響キューを対象に、アニメーションの各ショットで用いられる空間表現が音響キューによってどのように表現し直され、それがどのような空間認知をもたらしているかを分析した。

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>