Updated on 2022/05/19

写真a

 
HOSOMA, Hiromichi
 
Affiliation
Faculty of Letters, Arts and Sciences, School of Culture, Media and Society
Job title
Professor
Profile
複数の人が集まる場所で起こる身体動作の研究を行っています。

日常会話、伝統芸能の伝承場面、介護場面などで、人と人とが空間や時間をどうとらえ、どのように相互に思考するかを、発語とジェスチャーの微細な構造を拾い上げることで探ります。机運び、漫才、じゃんけん、カードゲーム、ページめくり、演劇の稽古など、扱う場面は近年ますます多様になってきました。

著作では主に、マンガ、アニメーション、TVドラマ、絵はがき、パノラマなど、視聴覚文化の表現史に関するものを書いています。

Degree

  • 京都大学大学院   博士(理学博士)

Research Experience

  • 2019.04
    -
    Now

    Waseda University   Faculty of Letters, Arts and Sciences   Professor

  • 2009
    -
     

    The University of Shiga Prefecture   School of Human Cultures

  • 2007
    -
     

    The University of Shiga Prefecture   School of Human Cultures

  • 2006
    -
     

    The University of Shiga Prefecture   School of Human Cultures

  • 2005
    -
     

    The University of Shiga Prefecture   School of Human Cultures

Professional Memberships

  •  
     
     

    JAPANESE COGNITIVE SCIENCE SOCIETY

  •  
     
     

    QUALITATIVE RESERCH IN PSYCHOLOGY

  •  
     
     

    THE JAPANESE SOCIETY FOR ARTIFICIAL INTELLIGENCE

  •  
     
     

    JAPANESE ASSOCIATION OF THE SOCIOLINGUISTIC SCIENCES

 

Research Areas

  • Cognitive science

  • Social psychology

  • Linguistics

  • Social welfare

Research Interests

  • 相互行為

  • 空間表現

  • 身体動作

  • 絵葉書

  • オノマトペ

  • 介護

  • elderly

  • multimodality

  • conversation analysis

  • gesture

  • 手話

▼display all

Papers

  • 身体コミュニケーションに埋め込まれている「知」 : 認知症高齢者の食事介助を例に (特集 心を開くコミュニケーション)

    細馬 宏通

    月刊保団連   ( 1240 ) 25 - 30  2017.05  [Invited]

    CiNii

  • From Individual to Interactive Cognition : Sequence Analysis of Body Movements and Utterances in Interaction

    細馬 宏通

    表象   ( 11 ) 73 - 80  2017

    CiNii

  • Turning Pages as Interaction

      21 ( 1 ) 113 - 124  2014.03  [Refereed]

    CiNii

  • How human can interact with android? Multi-modal analysis of "three sisters, android version: A play"

    Hiromichi Hosoma, Mayumi Bono, Hiroshi Ishiguro, Oriza Hirata

    Transactions of the Japanese Society for Artificial Intelligence   29 ( 1 ) 60 - 68  2014  [Refereed]

     View Summary

    When the presence and the action of an android reach to those of human, andoroid can derive multi-modal action from human. How can human parties act with the android to organize the interaction and find the android as the social actor? We observed the development process of the play "Three Sisters, Android Version", and analyzed the multi-modal interaction between the android and human players in the process. As the result, the actors express the assessment of human likeness of the android with their utterances and body movements, and the border between human and machine was expressed with each modality in different way. Moreover, these expressions are not one-way product by the writer and director, but the product of repeated interactions between the actors and the android through the practice and rehearsals. Finally we discuss the possibility of "media equation" study using the direct observations of man-machine interaction.

    DOI CiNii

  • Hands and knowledge: Gesture as an epistemic engine in reminiscence therapy

    Hiromichi Hosoma

    Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics)   7856   233 - 241  2013  [Refereed]

     View Summary

    Conversation analyses have revealed that information imbalances between speakers and hearers are represented in their speech and drive the epistemic engine to equalize the imbalances. Considering multi-modal communication, however, information can also be conveyed by body movements and reveal the unspoken imbalances in detail. Group reminiscence therapy is used to treat elderly people who are developing dementia, but it is a conversation process in which the epistemic engine involves cultural differences among the participants. In the present study, detailed analyses of conversation during therapy showed that speakers can use gestures to show their epistemic status and the information imbalance between the participants
    hearers can imitate the speaker's gestures to show their understanding in the conversational sequence
    unspoken epistemic differences can be revealed by the difference between the gestures of the speaker and hearer
    and other participants can observe the difference visually and update a gesture to point out the unspoken difference. I discuss the multi-modal structure of an epistemic engine in reminiscence therapy and its implications for the care given to dementia patients. © 2013 Springer-Verlag.

    DOI

  • Body Method of Interpretation : The Multimodal Interaction among Caregivers in Conferences of a Group Home for the Elderly

      15 ( 1 ) 102 - 119  2012.09  [Refereed]

    CiNii

  • "Performative awareness" of the tsukkomi role in Manzai talks and skit performances.

    Hosoma Hiromichi

    Technical report of IEICE. HCS   111 ( 190 ) 83 - 86  2011.08

     View Summary

    How the comic and the stooge (the straight man) accomplish their multimodal interaction in Manzai talks or skit performances? We analyzed 2 Manzai talks and 2 skit performances of 1 pair performers, with or without the audience. The microanalysis showed that while or just after the "boke" utterance the stooge frequently started "Spontaneous body action (Body Nori)", which would be cut off to connect with "tsukkomi" action. The spontaneous body actions can be observed in the performances both with and without the audience, while the types of the actions can be different even within the pair ...

    CiNii

  • Sequential Structures of Gestures in Adjacency Pairs

    HOSOMA Hiromichi

    Cognitive studies   16 ( 1 ) 91 - 102  2009.03  [Refereed]

    DOI

  • Preliminary Notes on the Sequential Organization of Smile and Laughter

    Hiromichi Hosoma

    NEW FRONTIERS IN ARTIFICIAL INTELLIGENCE   5447   288 - 293  2009  [Refereed]

     View Summary

    Sequence analysis of smiling revealed that participants control the timing of smiling in different ways than they do the timing of laughter. Though the sequence of smiling often follows a format of invitation, met by either acceptance or declination, the invitation is not required as with laughter. A smile can occur without an accompanying utterance or recognition point, and may signal the opening of a new topic. While laughter is often terminated quickly when the other speaks, a smile can be maintained while the other speaks or until the other's gaze elicits a different response. In multi-party interaction, laughter is broadcasted while smiles and gaze can be addressed to an individual party and thus play a different role in the interaction.

    DOI

  • Analysis of overlap between utterances in online meetings

    MURAOKA Harumi, HOSOMA Hiromichi

    JSAI Technical Report, SIG-SLUD   94   78 - 80  2022.02

    Authorship:Last author

    DOI CiNii

  • Telecommunication during the Covid-19 pandemic: the interactive nature of home working with child care in a BBC's interview.

    Hiromichi HOSOMA

      89   54 - 59  2020.09

    Authorship:Lead author

  • アニメーションはもう少しでしゃべり出す : 『東京ゴッドファーザーズ』に表れる声と身体の逸脱

    細馬宏通

    ユリイカ   52 ( 9 ) 200 - 215  2020.08

  • こまどりは死に、うたが始まる : 「クック=ロビン音頭」考

    細馬 宏通

    ユリイカ   51 ( 3 ) 107 - 116  2019.03

    CiNii

  • ノイズの夢 : 『ハッピーアワー』の音声がもたらすこと

    細馬 宏通

    ユリイカ   50 ( 12 ) 260 - 267  2018.09

    CiNii

  • 読み解く身体 : 『ホーホケキョ となりの山田くん』と『十二世紀のアニメーション』

    細馬 宏通

    ユリイカ   50 ( 10 ) 197 - 207  2018.07

    CiNii

  • 犬のことば : 『犬ヶ島』の会話

    細馬 宏通

    ユリイカ   50 ( 7 ) 89 - 93  2018.06

    CiNii

  • Workshop in the 40th Congress Community's "Ethos, Coordinated Body Skills, and Common Knowledge" Manifested by Activities in Traditional Festivals

    Enomoto Mika, Bono Mayumi, Hosoma Hiromichi, Den Yasuharu, Takanashi Katsuya, Teraoka Takehiro, Abe Kouji, Sakaida Rui

    The Japanese Journal of Language in Society   20 ( 2 ) 52 - 62  2018.03

    DOI CiNii

  • Indicating Occurrences in Live Sports Television Commentary : The Functions of 'Ko' Deictic Expressions and the Interjection 'Hora'

    劉 礫岩, 細馬 宏通

    質的心理学研究 = Japanese journal of qualitative psychology   ( 16 ) 46 - 62  2017  [Refereed]

    CiNii

  • 『レッツラゴン』が鳴らす声 (総特集 赤塚不二夫 : 81年目のバカなのだ)

    細馬 宏通

    ユリイカ   48 ( 15 ) 99 - 112  2016.11

    CiNii

  • 『漫画アクション』の片隅に : 『この世界の片隅に』の居場所 (特集 こうの史代 : 『夕凪の街 桜の国』『この世界の片隅に』『ぼおるぺん古事記』から『日の鳥』へ)

    細馬 宏通

    ユリイカ   48 ( 16 ) 48 - 57  2016.11

    CiNii

  • 他者の視点を得るための身体動作 : 認知症対応型共同生活介護施設(グループホーム)における介護者による過去に対する記述

    細馬 宏通

    人間文化 : 滋賀県立大学人間文化学部研究報告   41   2 - 7  2016.10

    CiNii

  • 緑の領域 : 『言の葉の庭』における光と影の中間的表現 (特集 新海誠 : 『ほしのこえ』から『君の名は。』へ)

    細馬 宏通

    ユリイカ   48 ( 13 ) 203 - 209  2016.09

    CiNii

  • 探索的フィールド解析―作業の繰り返しに見る共同行為の時間構造―

    細馬宏通

    人工知能学会言語・音声理解と対話処理研究会資料   76th   79  2016.02

    J-GLOBAL

  • 声と動作はいかに分割されうるか : 江口寿史『すすめ!!パイレーツ』のリズム (総特集 江口寿史)

    細馬 宏通

    ユリイカ   48 ( 2 ) 88 - 99  2016.02

    CiNii

  • An Interactional Study of Reporting Activity in Japanese Live Car Racing Commentary: Interjections as Event Markers and the Construction of Reporting Utterances

    Ryu Gakugan, Hosoma Hiromichi

    The Japanese Journal of Language in Society   18 ( 2 ) 37 - 52  2016  [Refereed]

     View Summary

    <p>In live sports commentary, the participants (announcer and commentator(s)) frequently need to single out events to report while talking about other matters. The target events emerge from the ongoing situation, and can disappear instantly. By analyzing the recorded data of live TV car race commentary in Japanese, we show that the participants use interjections such as '<i>a</i>' or '<i>otto</i>' as a procedure to single out events instantly. Although both the announcer and the commentator(s) equally use this procedure, they construct subsequent reporting utterances of the event differently. We demonstrate how the participants orient to their different roles, and how they construct the reporting utterances interactively during the commentary.</p>

    CiNii

  • Screen Practice of Travel Lectures and Travelogues

    細馬 宏通

    美学芸術学論集 = The journal of aesthethics and art theory   ( 12 ) 80 - 86  2016

    CiNii

  • 繰り返しの隘路 (総特集 細田守の世界 : 『時をかける少女』『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』から『バケモノの子』へ)

    細馬 宏通

    ユリイカ   47 ( 12 ) 145 - 152  2015.09

    CiNii

  • Synchronized Behavior in Co-tellers as a Practice for Restoring Progressivity in Storytelling

      16 ( 2 ) 32 - 49  2014.03  [Refereed]

    CiNii

  • 線と面 : 『かぐや姫の物語』がもたらしたアニメーション史の新しい地平 (特集 高畑勲『かぐや姫の物語』の世界)

    細馬 宏通

    ユリイカ   45 ( 17 ) 175 - 181  2013.12

    CiNii

  • "Third-Dimensionality" in Early Animated Cartoon in America

      ( 7 ) 52 - 67  2013

    CiNii

  • Sequence analysis of phonetic structure of onomatopoeic expression and the phase of gesture

      112 ( 176 ) 79 - 82  2012.08

    CiNii

  • 考えを表しあう身体 : 会話のなかのジェスチャーと身体動作 (特集 ジェスチャーとことば)

    細馬 宏通

    日本語学   31 ( 3 ) 28 - 38  2012.03

    CiNii

  • Embeded knowledge in caregivers' conversation : Gestural interaction in the conference

    HOSOMA Hiromichi, NAKAMURA Yoshitaka, JOU Ayami, YOSHIMURA Masaki

    Technical report of IEICE. HCS   110 ( 185 ) 13 - 18  2010.08

     View Summary

    In the periodical conferences of an elderly group home, the caregivers often express their knowledge and experience with their speech and gesture. In this presentation, we focus on "extended gesture" (Hosoma 2009) to describe the interaction among caregivers in the conference. In an example, a caregiver X made a question (the First Pair Part of an adjacency pair) with her gesture, and the gesture was not retracted with the end of the utterance but was extended to the next turn of the other participants. When the others made the negative answers, X kept her gesture hold, and only after the p...

    CiNii

  • Simultaneous Gestural Matching in Multi-Party Conversations

    JOH Ayami, HOSOMA Hiromichi

    Cognitive studies   16 ( 1 ) 103 - 119  2009.03  [Refereed]

    DOI CiNii

  • Aug NISHIZAKA, The Body Distributed: An Ethnomethodological Study of Social Interaction, Keiso-shobo, 2008

    HOSOMA Hiromichi

    The Japanese Journal of Language in Society   11 ( 2 ) 99 - 101  2009

    DOI CiNii

  • 座談会 : 言語・非言語コミュニケーション研究からマルチモーダルコミュニケーション研究へ

    高梨 克也, 坊農 真弓, 菊池 英明, 榎本 美香, 伝 康晴, 竹内 和広, 細馬 宏通, 古山 宣洋, 岡本 雅史

    人工知能学会誌   23 ( 5 ) 668 - 676  2008.09

  • 空間参照枠は会話の中でいかに構成されるか (特集 ことばと空間--言語に表れる身体性)

    細馬 宏通

    言語   37 ( 7 ) 27 - 35  2008.07

    CiNii

  • 多人数による日常の問題発見と解決のプロセス--環境要因とコミュニケーション要因

    細馬 宏通

    人間文化   22 ( 0 ) 27 - 32  2007.12

    CiNii

  • 身体・空間・他者:空間的身振りとその発達的変化

    荒川 歩, 大神 優子, 関根 和生, 毛利 真介, 河野 直子, 川野 健治, 細馬 宏通

    日本心理学会大会発表論文集   70 ( 0 ) WS030 - WS030  2006

    DOI CiNii

  • 非言語行動における聞き手の役割:話し手志向・聞き手志向を超えて

    荒川歩, 高橋秀明, 木村昌紀, 細馬宏通, 磯友輝子, 坊農真弓, 古山宣洋, 西尾新, 安藤花恵

    立命館人間科学研究   9   121 - 141  2004.12  [Refereed]

  • 自分の「忘れ」に気づくこと--忘却の自然誌へのアプローチ

    細馬 宏通

    人間文化   16 ( 0 ) 53 - 58  2004.11

    CiNii

  • ニウス:物語と「事件」の通路--のぞきからくりの継子譚における物語構造

    細馬 宏通

    人間文化   16 ( 0 ) 2 - 11  2004.11

    CiNii

  • 対話における記憶の相互作用分析:情報受容者のことばとジェスチャーが果たす役割 (テーマ:一般)

    細馬 宏通

    言語・音声理解と対話処理研究会   40   51 - 56  2004.03

    CiNii

  • 対面会話におけるジェスチャーの空間参照枠と左右性 (テーマ:一般(第11回 社会言語科学研究大会と部分共催))

    細馬 宏通

    言語・音声理解と対話処理研究会   37   157 - 160  2003.03

    CiNii

  • 祭礼空間を語ることばとジェスチャー--水窪町西蒲田楽別当の語り (テーマ:一般(第11回 社会言語科学研究大会と部分共催))

    細馬 宏通

    言語・音声理解と対話処理研究会   37   47 - 51  2003.03

    CiNii

  • 対人距離と発話内容がジェスチャーに与える影響 (テーマ 一般)

    細馬 宏通

    言語・音声理解と対話処理研究会   32   1 - 4  2001.06

    CiNii

  • 多人数による問題解決--1分間のマイクロ分析からわかること

    細馬 宏通

    言語・音声理解と対話処理研究会     27 - 32  1999.06

    CiNii

  • 分かちがたい行為--観察と身体 (特集=多様性の生物学)

    細馬 宏通

    現代思想   25 ( 7 ) 336 - 343  1997.06

    CiNii

  • 行動の直接観察とデータ解析

    細馬 宏通

    発達心理学研究   2 ( 2 ) 118 - 119  1991.09

    CiNii

  • A NEW ANALYSIS METHOD FOR THE COMPARISON OF 2 TEMPORAL PATTERNS, WITH INDEXES OF ASSOCIATION

    H HOSOMA

    JOURNAL OF ETHOLOGY   7 ( 1 ) 7 - 16  1989.06  [Refereed]

▼display all

Books and Other Publications

  • うたのしくみ(増補完全版)

    細馬, 宏通

    ぴあ株式会社関西支社  2021.03 ISBN: 9784835646251

  • 発話の権利

    定延, 利之( Part: Contributor, 再現行為とコ系指示語の「いま」性 pp.81-107)

    ひつじ書房  2020.12 ISBN: 9784894769830

  • 漂流の演劇 : 維新派のパースペクティブ

    永田, 靖( Part: Contributor, 『呼吸機械』(二〇〇八) 声とスケールの劇 pp.136-147)

    大阪大学出版会  2020.08 ISBN: 9784872596939

  • いだてん噺

    細馬, 宏通( Part: Sole author)

    河出書房新社  2020.07 ISBN: 9784309028927

  • 高畑勲をよむ : 文学とアニメーションの過去・現在・未来

    中丸, 禎子, 加藤, 敦子, 田中, 琢三, 兼岡, 理恵( Part: Contributor, 火と幽霊—『火垂るの墓』のアニメーション化について pp.108-127)

    三弥井書店  2020.04 ISBN: 9784838233663

  • ポップ・ミュージックを語る10の視点

    大和田, 俊之, 桝山, 寛, 牧村, 憲一, 柳樂, 光隆, MAM, 南田, 勝也, 冨田, 恵一, 渡辺, 志保(音楽ライター), 挾間, 美帆, 増田, 聡, 細馬, 宏通, 永冨, 真梨, 輪島, 裕介( Part: Contributor, デヴィッド・ボウイの「Away」感覚|〈スターマン〉〈ライフ・オン・マーズ?〉を読み解く)

    アルテスパブリッシング  2020.02 ISBN: 9784865592153

  • 質的研究法マッピング : 特徴をつかみ、活用するために

    佐藤, 達哉, 春日, 秀朗, 神崎, 真実( Part: Contributor, 3-4 エソロジー)

    新曜社  2019.09 ISBN: 9784788516472

  • ELAN入門 : 言語学・行動学からメディア研究まで

    細馬, 宏通, 菊地, 浩平( Part: Edit)

    ひつじ書房  2019.06 ISBN: 9784894767652

  • 二つの「この世界の片隅に」

    細馬宏通( Part: Sole author)

    青土社  2017.09 ISBN: 9784791770038

  • エドワード・ヤン : 再考/再見

    フィルムアート社, 鴻, 鴻, 田中, 竜輔, 山本, 純也( Part: Contributor, 「夏の終わりを告げる声——視聴覚的なできごととしての『ヤンヤン 夏の想い出』 pp.405-418)

    フィルムアート社  2017.08 ISBN: 9784845916412

  • 石崎雅人編『高齢者介護のコミュニケーション研究』

    細馬宏通( Part: Contributor, 「介護活動を表現する身体 」)

    ミネルヴァ書房  2017.03

  • 鈴木雅雄・中田健太郎編『マンガ視覚文化論:見る、聞く、話す』

    細馬宏通( Part: Joint author, 吹きだしの順序と帰属について)

    水声社  2017.03

  • 介護するからだ

    細馬 宏通

    医学書院  2016 ISBN: 9784260028028

  • 木村大治編『動物と出会う II:心と社会の生成』

    細馬宏通( Part: Joint author, 第三章:真似の相互行為論 pp.37-54)

    ナカニシヤ出版  2015.03

  • うたのしくみ

    細馬宏通( Part: Sole author)

    ぴあ  2014.03 ISBN: 9784835618760

  • 今日の「あまちゃん」から

    細馬, 宏通( Part: Sole author)

    河出書房新社  2013.12 ISBN: 9784309022376

  • ミッキーはなぜ口笛を吹くのか : アニメーションの表現史

    細馬 宏通

    新潮社  2013 ISBN: 9784106037351

  • 浅草十二階:塔の眺めと近代のまなざし(増補新版)

    細馬宏通( Part: Sole author)

    青土社  2011.08

  • 坊農真弓・高梨克也編『多人数インタラクションの分析手法』

    細馬宏通( Part: Joint author, 4.2節 pp.119-136)

    オーム社  2009.09

  • 篠原和子・片岡邦好編『ことば・空間・身体』(ひつじ書房)

    細馬宏通( Part: Joint author, 発話とジェスチャーはいかに話題の視点を表現するか? −日本語における左右概念を巡る個人内・個人間相互作用−)

    ひつじ書房  2008.03

  • 絵はがきのなかの彦根

    細馬宏通( Part: Sole author)

    サンライズ出版  2007.11 ISBN: 9784883251568

  • 絵はがきの時代

    細馬宏通( Part: Sole author)

    青土社  2006.06 ISBN: 4791762746

  • 串田秀也・定延利之・伝康晴編『活動としての文と発話』

    細馬宏通( Part: Joint author, 修復をとらえなおす pp.123-158)

    ひつじ書房  2005.10

  • 伊藤勇・徳川直人編『相互行為の社会心理学』

    細馬宏通( Part: Joint author, 9章(相互行為とメディア) pp.179-198)

    北樹出版  2002.10

  • 浅草十二階 : 塔の眺めと「近代」のまなざし

    細馬 宏通

    青土社  2001 ISBN: 4791758935

  • bit

    Hiromichi Hosoma( Part: Joint author, 338-349)

    2000

  • ステレオ : 感覚のメディア史 = Stereo : a view of the mind

    吉村 信, 細馬 宏通

    ペヨトル工房  1994 ISBN: 4893422073

▼display all

Misc

  • Video Camera Paradox: How Can We Approach Touching?

    坊農真弓, 坊農真弓, 葛岡英明, 高梨克也, 伝康晴, 細馬宏通

    人工知能学会言語・音声理解と対話処理研究会資料   89th  2020

    J-GLOBAL

  • 対談 時が作るからだ、こえ、ことば (特集 歳月)

    伊藤 比呂美, 細馬 宏通

    すばる   40 ( 10 ) 186 - 201  2018.10

    CiNii

  • 大人のためのグリム童話 手をなくした少女 公開記念対談 セバスチャン・ローデンバック監督 細馬宏通 「手で描く」という快楽に導かれて (2018年 アニメーション映画のゆくえ)

    ローデンバック セバスチャン, 細馬 宏通

    キネマ旬報   ( 1788 ) 32 - 35  2018.09

    CiNii

  • 対談 アニメーションという旅路(stray)の途中で (総特集 決定版 ウェス・アンダーソンの世界 : 『犬ヶ島』へようこそ!)

    細馬 宏通, 土居 伸彰

    ユリイカ   50 ( 7 ) 64 - 77  2018.06

    CiNii

  • 『カルテット』『逃げるは恥だが役に立つ』主題歌を読み解く (特集 テレビドラマをつくる : 物語の生まれる場所) -- (物語のつくり方)

    細馬 宏通

    美術手帖 : monthly art magazine   70 ( 1064 ) 58 - 61  2018.02

    CiNii

  • んの彼方に (総特集 遠藤賢司 : 言音一致の純音楽家 1947-2017)

    細馬 宏通

    ユリイカ   49 ( 22 ) 206 - 209  2018.01

    CiNii

  • Writing and Reading on Twitter - Self and Others on The Timeline -

    細馬 宏通

    情報処理   59 ( 1 ) 4 - 7  2017.12

     View Summary

    いまやSNSは多くの人にとって身近なネットワークになっている.その中で,Twitterは,タイムラインに短い文章を埋め込むことができ,不特定多数に開かれており,各参加者が自他の発言を独自のタイムライン上に表示し,書いたり読んだりすることができる点で独自の読み書き環境である.そこで起こる「攻撃的な発言」や「嫌がらせ」に対して運営側は近年,対処を迫られている.多様な発言を分類する明快な倫理的基準を作るのは難しい.重要なことはTwitter Japanの措置がどのように行われ,どのような倫理的判断がそこで行われたかを明快にすること,また,基本的にアカウントの凍結は永久凍結ではなく,一時凍結を原則とし,倫理的基準に関する議論の推移によってアカウントを再び復活できるようにしておくことである.SNSという特定の会社が運営する発言環境や執筆環境が,驚くほど多くの人々によって利用されている現在,そこで行使される倫理的基準は,単なる一会社の判断基準であるにとどまらず,多くのユーザの記憶のあり方に関わっている.

    CiNii

  • 情動の新しい運動場 : 矢野顕子の声とピアノ (総特集 矢野顕子 : ピアノが愛した女。…矢野顕子の40年)

    細馬 宏通

    ユリイカ   49 ( 2 ) 58 - 64  2017.02

    CiNii

  • 公開対談 「観察」することの驚きと歓び

    六車 由実, 細馬 宏通

    訪問看護と介護   21 ( 10 ) 753 - 759  2016.10

    CiNii

  • 対談 亀井若菜『語りだす絵巻 : 「粉河寺縁起絵巻」「信貴山縁起絵巻」「掃墨物語絵巻」論』 2015年度 芸術選奨 文部科学大臣賞 受賞記念 亀井若菜・細馬宏通 「粉河寺縁起絵巻」を読み解く

    亀井 若菜, 細馬 宏通

    人間文化 : 滋賀県立大学人間文化学部研究報告   41   38 - 44  2016.10

    CiNii

  • ゆるみ、反発、一時停止 : 介護のなかにからだを見つける (特集 老い衰えゆくからだ : 話す・動くから考える)

    細馬 宏通

    談 : speak, talk, and think   ( 107 ) 9 - 16,18-35  2016

    CiNii

  • 運動調整仮説 : オノマトペに随伴する動作の規則と多様性 (感性の認知科字と言語研究)

    細馬 宏通

    日本認知言語学会論文集 Papers from the National Conference of the Japanese Cognitive Linguistics Association   16   506 - 510  2016

    CiNii

  • Extensity of Screen Practice, Review of Archaeology of Screens in Early Modern Japan by Okubo Ryo

    細馬 宏通

    表象   ( 10 ) 280 - 284  2016

    CiNii

  • 促音のポケット : RCサクセション「トランジスタ・ラジオ」 (特集 批評再生塾 第一期、総代発表!) -- (課題と回答)

    細馬 宏通

    小説tripper : トリッパー     78 - 80  2016

    CiNii

  • 本 おしゃべりと旅が生んだ物語 : 竹宮惠子『少年の名はジルベール』

    細馬 宏通

    こころ   31   170 - 173  2016

    CiNii

  • The Poetic Transformation of Visual Images in The Real Life of Sebastian Knight

    細馬 宏通

    Krug. New series = Круг   9   34 - 39  2016

    CiNii

  • 圏と星座 : アルバム『リトルメロディ』の声 (特集 七尾旅人 : 無数の声が「うた」であることの最初の証明)

    細馬 宏通

    ユリイカ   47 ( 10 ) 122 - 126  2015.07

    CiNii

  • 歌と言い伝え (特集 クラムボン)

    細馬 宏通

    ユリイカ   47 ( 4 ) 146 - 151  2015.03

    CiNii

  • Steps to writing research papers based on observational data: Describing human behavior in time series

    Toyama Noriko, Hosoma Hiromichi, Negayama Koichi, Den Yasuharu, Takanashi Katsuya

    The Proceedings of the Annual Convention of the Japanese Psychological Association   78 ( 0 ) SS - 041-SS-041  2014

    DOI CiNii

  • 対談 アニメの歴史を変える映画 : 『かぐや姫の物語』を体験する (特集 高畑勲『かぐや姫の物語』の世界)

    奈良 美智, 細馬 宏通

    ユリイカ   45 ( 17 ) 158 - 174  2013.12

    CiNii

  • パワーズ・オブ・十(じゅう) (総特集 岡村靖幸)

    細馬 宏通

    ユリイカ   45 ( 8 ) 208 - 213  2013.07

    CiNii

  • How "androidness" is organized in conversation? : Multi-modal analysis of Three Sisters, Android Version : A Play

      67   25 - 30  2013.02

    CiNii

  • 奥行きの魔術 絵はがきとパノラマ。 (特集 空から見た東京の今昔)

    細馬 宏通

    東京人   28 ( 1 ) 74 - 79  2013.01

    CiNii

  • 日曜の朝 : 「マームとジプシー」のリフレインと場所 (特集 この小劇場を観よ!2013)

    細馬 宏通

    ユリイカ   45 ( 1 ) 164 - 169  2013.01

    CiNii

  • 浅草十二階の明治。 (特集 タワー)

    細馬 宏通

    東京人   27 ( 6 ) 60 - 65  2012.05

    CiNii

  • Simultaneous body movements and interaction in rock paper scissors game

    HOSOMA Hiromichi

    Technical report of IEICE. HCS   111 ( 464 ) 1 - 2  2012.02

    CiNii

  • 巻頭インタビュー ケアする人々(4)細馬宏通さん 微視的にケアのプロセスを「記述」する--介護現場のコミュニケーション分析が見せてくれるもの

    細馬 宏通

    訪問看護と介護   16 ( 4 ) 267 - 272  2011.04

    CiNii

  • Special Issue: Multimodal Interaction Analysis

    HOSOMA Hiromichi, KATAOKA Kuniyoshi, MURAI Junichiro, OKADA Misao

    The Japanese Journal of Language in Society   14 ( 1 ) 1 - 4  2011

    CiNii

  • 本の記憶、ページの記憶 (特集 電子書籍を読む!)

    細馬 宏通

    ユリイカ   42 ( 9 ) 100 - 105  2010.08

    CiNii

  • 模倣する身体 (ポピュラーカルチャーシンポジウム パクリ--ポピュラー・カルチャーにおける模倣と流用)

    細馬 宏通

    ポピュラーカルチャー研究   4 ( 1 ) 58 - 67  2010

    CiNii

  • 行動の来歴、個体の来歴 (総特集 昆虫主義)

    細馬 宏通

    ユリイカ   41 ( 11 ) 87 - 93  2009.09

    CiNii

  • 歌を育てたカナリアのために (総特集 初音ミク--ネットに舞い降りた天使)

    細馬 宏通

    ユリイカ   40 ( 15 ) 30 - 36  2008.12

    CiNii

  • オランダ日和--フェルメールと両眼視 (特集 フェルメール)

    細馬 宏通

    ユリイカ   40 ( 9 ) 121 - 130  2008.08

    CiNii

  • 趣味と戦争 絵はがき蒐集と紀念スタンプ (特集 戦争とメディア、そして生活) -- (戦争とメディア、そして生活)

    細馬 宏通

    アジア遊学   0 ( 111 ) 60 - 69  2008.07

    CiNii

  • 障害児・者と音楽家による即興音楽活動から学ぶもの(自主シンポジウム62,日本特殊教育学会第45回大会シンポジウム報告)

    有働 眞理子, 高野 美由紀, 沼田 里衣, 林 加奈, 森本 アリ, 細馬 宏通

    特殊教育学研究   45 ( 5 ) 357 - 358  2008.01

    CiNii

  • 投書家熊楠と投書空間としての『ネイチャー』 (特集 南方熊楠)

    細馬 宏通

    ユリイカ   40 ( 1 ) 96 - 102  2008.01

    CiNii

  • 忘れものと『東京物語』--忘却の自然誌へのアプローチ(2)

    細馬 宏通

    人間文化   22 ( 0 ) 33 - 40  2007.12

    CiNii

  • 『音の海』という体験 (総特集 大友良英)

    大友 良英, 細馬 宏通

    ユリイカ   39 ( 9 ) 239 - 260  2007.07

    CiNii

  • 追想の捕球法--『花男』論 (特集 松本大洋)

    細馬 宏通

    ユリイカ   39 ( 1 ) 155 - 165  2007.01

    CiNii

  • PH (総特集 稲垣足穂)

    細馬 宏通

    ユリイカ   38 ( 11 ) 173 - 181  2006.09

    CiNii

  • 行為の3D空間--『スーパーマリオ64』と『ゼルダの伝説 時のオカリナ』 (特集 任天堂/Nintendo--遊びの哲学)

    細馬 宏通

    ユリイカ   38 ( 6 ) 190 - 197  2006.06

    CiNii

  • 論考1 空間をめぐって(4)わたしが音を聴いている場所 (特集 音を聴く/音をつくる--音楽の新たな地平に向かって)

    細馬 宏通

    ダイアテキスト     70 - 79  2005.09

    CiNii

  • パノラマ館から博覧会へ--見るものと世界をつなぐ「視線」の変化 (日本の博覧会--寺下勍コレクション)

    細馬 宏通

    別冊太陽     175 - 180  2005.02

    CiNii

  • 封書から絵はがきへ--開かれた絵とことば (特集 ヴィジュアル・カルチャー・スタディーズ--作品からイメージへ)

    細馬 宏通

    美術フォーラム21   12 ( 0 ) 26 - 33  2005

    CiNii

  • 金属の肺、のびあがる体--松本隆の詞とドラマーの生理 (特集 はっぴいえんど--35年目の夏なんです) -- (風街の創造者)

    細馬 宏通

    ユリイカ   36 ( 9 ) 63 - 73  2004.09

    CiNii

  • 絵はがきの時代 漏らすメディア

    細馬 宏通

    ユリイカ   36 ( 5 ) 8 - 14  2004.05

    CiNii

  • チューリング・テストと対話アルゴリズム (特集 CODE/コモンズ/ソフトウェア--創造の原理と権利) -- (CODE/コモンズ/ソフトウェアの観念史)

    細馬 宏通

    インタ-コミュニケ-ション   13 ( 1 ) 76 - 79  2004

    CiNii

  • 討論 私たちがつくりたい「日本の記憶」コレクション (「日本の記憶(ジャパニーズ・メモリー)」のつくりかた(1))

    大串 夏身, 細馬 宏通, 松下 眞也

    季刊・本とコンピュータ. 第二期     160 - 173  2003

    CiNii

  • Eメール往復書簡 テキストとしての本・物体としての本 (特集 未来図書目録)

    久保田 晃弘, 細馬 宏通

    インタ-コミュニケ-ション   11 ( 2 ) 105 - 123  2002

    CiNii

  • 声と合いの手 (特集 山田風太郎)

    細馬 宏通

    ユリイカ   33 ( 14 ) 162 - 167  2001.12

    CiNii

  • レイモンド・スコット--電子音楽の理想宮 (特集 21世紀のための音/音楽ガイド--インターコミュニケーション・ミレニアム・ディスクガイド)

    細馬 宏通

    インタ-コミュニケ-ション   10 ( 1 ) 100 - 108  2001

    CiNii

  • 動物たちの気になる行動(23)人間の身振りを観察する--日常会話の身振り分析への招待

    細馬 宏通

    遺伝   54 ( 11 ) 63 - 65  2000.11

    CiNii

  • ブニュエルの朝の歌--『昇天峠』をめぐる眠り (特集 ブニュエル--生誕100年記念特集) -- (増殖、氾濫、侵犯)

    細馬 宏通

    ユリイカ   32 ( 12 ) 174 - 179  2000.09

    CiNii

  • 塔の眺め--浅草12階というランドマーク (特集 終末論)

    細馬 宏通

    ユリイカ   31 ( 2 ) 180 - 195  1999.02

    CiNii

  • 「カットアップ・ソフト」の罠--「ドクタ-バロウズ」をめぐって (特集 バロウズのいない世界)

    細馬 宏通, 陣野 俊史

    ユリイカ   29 ( 14 ) 238 - 246  1997.11

    CiNii

  • 行動観察入門--行動をことばにする (人間行動の生物学<特集>)

    細馬 宏通

    遺伝   49 ( 10 ) p27 - 31  1995.10

    CiNii

▼display all

Research Projects

  • Theoretical and empirical study of the cognitive basis of spatio-temporal mapping

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    Project Year :

    2021.04
    -
    2025.03
     

  • 社会的ヘテロフォニーとしての漫才対話~オープンコミュニケーションの超分節性の解明

    日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)

    Project Year :

    2017.07
    -
    2021.03
     

    岡本 雅史, 阪田 真己子, 細馬 宏通, 大庭 真人

     View Summary

    本年度はまず、当初の計画通り、研究代表者と研究分担者全員が中心となって新規の漫才対話データ収録を含めたシンポジウム企画を行った。具体的には、吉本興業および神奈川工科大学の協力のもと、日本認知科学会第35回大会においてシンポジウムを開催し、ロボット2体とプロの漫才師による同一ネタの実演と解説を行い、音声・映像データを収録することができた。このデータ分析は次年度の中心的課題となる。
    研究成果としては、まず代表者岡本は、既存の漫才映像を用いて、漫才対話の発話リズムが同期・変調されるパターンを解明し、その成果を第43回社会言語科学会で報告するとともに、これまでの漫才対話研究の成果を市井の人々に伝える機会とするべく、日本笑い学会のオープン講座で講演を行った。さらに、言語的な漫才対話分析としてツッコミ発話を聞き手行動として捉える論考を『聞き手行動のコミュニケーション学』の一編として公刊した。
    一方、分担者阪田は、上記の日本認知科学会での企画のために、プロの漫才師(かまいたち)の映像から身体動作と会話をタグ付けし、抽出するアノテーション作業を行った。それを元にそのデータを集計、分析し、当該企画において解説を行った。また、分担者細馬はNHKのTV番組「ろんぶ~ん」にて、漫才のツッコミ発話に随伴するジェスチャーについて紹介するとともに、既出論文で分析しなかったコンビのジェスチャーについても分析を行った。最後に、本年度より新たに分担者として追加された大庭は、収録した映像データのうち、聴衆の映像データに注目し、漫才の観客としての態度とシンポジウム参加者としての態度との違いのデータ化をすべくタグ付けを行っており、その成果は次年度に報告される予定である。

  • Empirical research on motion control function of rallying call and onomatopoeia in care interaction

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    Project Year :

    2017.07
    -
    2020.03
     

  • 介護場面における掛け声・オノマトペの動作調節機能に関する実証的研究

    科学研究費:基盤研究(C)

    Project Year :

    2017.04
    -
    2020.03
     

    細馬宏通

  • The elucidation of the group learning mechanism of community-specific `ethos,' `coordinated body skills,' and `common knowledge'

    Japan Society for the Promotion of Science  Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    Project Year :

    2015.04
    -
    2018.03
     

    ENOMOTO Mika, TAKANASHI Katsuya

     View Summary

    We clarified the leaning mechanism of the community-specific `ethos,' `coordinated body skills,' and `common knowledge,' which are inherited from generation to generation through the preparatory works for a traditional festival. i) `Ethos': values, insight, and confidence that the members of the community have (e.g., consideration for others and the spirits of self-sacrifice); ii) `Coordinated body skills': collaborative techniques required for controlling the force and the placement of the bodies among the members (e.g., synchronization between the rhythm of singing and the operation on trees and ropes); and iii) `Knowledge': common knowledge about the usage of festival equipments and traditional conventions (e.g., the names of parts of woods and of rope knitting).
    We analyzed how the members of the community learn these `ethos,' `coordinated body skills,' and `common knowledge' through detailed video analysis, and revealed the model of the group learning.

  • 介護施設において高齢者・介護職員間で交わされる身体動作を用いた空間表現の研究

    科学研究費:基盤研究(C)

    Project Year :

    2009.04
    -
    2012.03
     

    細馬宏通

▼display all

Presentations

  • Action synchrony in Japanese Rock, Paper, Scissors: the structure of the utterances as a time frame of the movements

    Hiromichi HOSOMA

    Sociolinguistics Symposium 22 

    Presentation date: 2018.06

  • Coordination between the phonetic structure of onomatopoeic expression and the phases of the accompanying gesture

    Hiromichi HOSOMA

    International Pragmatics Association (IPrA) 

    Presentation date: 2017.07

  • 介護活動を表現するオノマトペ

    細馬宏通

    人工知能学会言語・音声理解と対話処理研究会資料 

    Presentation date: 2017.03

  • Conductor's Call and Body Movements in Collaborative Work: A Case Study of Dragging Activity in Nozawa-onsen Village Dosojin Festival

    細馬宏通

    日本認知科学会大会発表論文集(CD-ROM) 

    Presentation date: 2017

  • How we achieve improvised synchrony of Rock Paper Scissors

    細馬宏通

    日本認知科学会大会発表論文集(CD-ROM) 

    Presentation date: 2017

  • Extended gestures to manage the rule of the game interactively

    Hiromichi HOSOMA

    International Society for Gesture Study 

    Presentation date: 2016.07

  • How the festival float realized the emergence of the interaction at the edge of a traditional Japanese fetivel

    Hiromichi Hosoma, Shunsuke Takeda, Hideyuki Ichikawa, Sachiko Yokota, Sachiyo Azuma, Yukari Sugiura, Masao Maruyama

    The International Institute for Ethnomethodology and Conversation Analysis 

    Presentation date: 2015.08

▼display all

Specific Research

  • アニメーション化の微視的分析:異なるメディア間での翻案がもつ制約と可能性

    2020  

     View Summary

    1. 作画内の時間構造分析、2. 絵コンテと作画間の時間構造の比較分析、3. 視覚障害者用の音響キューによるアニメーション表現の翻訳の分析を行った。いずれの場合も、まずELANによってアニメーションのショット分析を行い、各ショットとカットの構造を記述した上で、1に関してはショット間比較を、2に関しては絵コンテと実際に描かれた作画の比較を行った。3に関しては、アクションRPGゲーム「Last of Us」の視覚障害者用音響キューを対象に、アニメーションの各ショットで用いられる空間表現が音響キューによってどのように表現し直され、それがどのような空間認知をもたらしているかを分析した。

 

Syllabus

▼display all