三橋 平 (ミツハシ ヒトシ)

写真a

所属

商学学術院 商学部

職名

教授

ホームページ

https://sites.google.com/view/hitoshi-mitsuhashi-ph-d/

学歴 【 表示 / 非表示

  •  
    -
    2001年05月

    コーネル大学   大学院ニューヨーク州立産業労働関係学校   組織行動論  

  •  
    -
    1994年03月

    慶應義塾大学   総合政策学部  

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2008年04月
    -
    2019年03月

    旧所属 慶應義塾大学 商学部   教授

  • 2000年11月
    -
    2008年03月

    旧所属 筑波大学 システム情報工学研究科 社会工学専攻   経営工学   准教授

所属学協会 【 表示 / 非表示

  • 1996年07月
    -
    継続中

    アメリカ経営学会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 経営学   組織科学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 実証研究

  • 組織学習

  • 社会ネットワーク

論文 【 表示 / 非表示

  • Off the rivals’ radar in emerging market segments: Non-mutual rival recognition between new firms and incumbents

    Hitoshi Mitsuhashi, Lailani L. Alcantara

    Long Range Planning   54 ( 2 )  2021年04月

     概要を見る

    We examine the causes of non-mutual rival recognition—a situation in which new firms in emerging market segments recognize incumbents in pre-existing and potentially related market segments as rivals, but the incumbents do not recognize the new firms as rivals. Drawing upon the prototype theory, which makes use of cognitive representations or images in recognition processes, we argue that managers use rival prototypes in making sense of competitive environments. Specifically, we argue that non-mutual rival recognition occurs when new firms are not proximate to the incumbents' prototype of rivals because their organizational attributes, such as size and age, are highly distinct. It also occurs when it is difficult for incumbents, owing to their diversification into multiple product markets, or their strong identity as players in emerging market segments, to clearly assess new firms’ proximity to the prototype. Using the context of U.S. online retailers that went public between 1995 and 2001, we find support for our arguments.

    DOI

  • Measurement equivalence of the dispositional resistance to change scale

    Shaul Oreg, Mahmut Bayazıt, Maria Vakola, Luis Arciniega, Achilles Armenakis, Rasa Barkauskiene, Nikos Bozionelos, Yuka Fujimoto, Luis González, Jian Han, Martina Hřebíčková, Nerina Jimmieson, Jana Kordačová, Hitoshi Mitsuhashi, Boris Mlačić, Ivana Ferić, Marina Kotrla Topić, Sandra Ohly, Per Øystein Saksvik, Hilde Hetland, Ingvild Berg Saksvik, Karen van Dam

    Cross-Cultural Analysis: Methods and Applications, 2nd Edition     215 - 244  2018年01月

     概要を見る

    Individuals differ in their typical responses to change situations. Whereas some people readily accept them, others tend to resist. These differences in the typical reaction to change have been conceptualized as a personality trait, namely, dispositional resistance to change (Oreg, 2003). The resistance to change trait and its measurement scale (henceforth the RTC scale) were established through a series of studies in which the scale’s structural, construct, concurrent, and predictive validities were demonstrated. The more dispositionally resistant to change an individual is, the more likely will he or she exhibit negative attitudes toward specific changes, and the less likely to voluntarily initiate changes (e.g., Nov & Ye, 2008; Oreg, 2006; Oreg, Nevo, Metzer, Leder, & Castro, 2009). The trait is related to, yet both conceptually and empirically distinct from other traits (see Oreg, 2003), such as sensation seeking (Zuckerman, 1994), intolerance for ambiguity (Budner, 1962), risk aversion (Slovic, 1972), dogmatism (Rokeach, 1960), and openness to experience (Digman, 1990).

    DOI

  • Learning from Political Change and the Development of MNCs’ Political Capabilities: Evidence from the Global Mining Industry

    Naoki Yasuda, Hitoshi Mitsuhashi

    Management International Review   57 ( 5 ) 749 - 774  2017年10月

     概要を見る

    Previous studies have suggested that (1) a type of organizational capabilities—namely, political capabilities—are required for multinational corporations (MNCs) to grow in global markets, (2) political capabilities are important for building productive relations with governments in politically risky host countries, and (3) MNCs can develop political capabilities by accumulating foreign experiences. However, empirical studies have found both positive and negative effects of such experiences on global market expansions. This study attributes such mixed findings to our lack of understanding about MNCs’ procurement processes of political capabilities and proposes types of experiences critical for such procurements by focusing on their reactions to political changes in host countries. Using data on the global mining industry and political changes in host countries, we find that MNCs develop political capabilities and thus make entries into politically risky host countries when they accumulate the experience of partially divesting some of their assets after political changes in host countries. We also find that MNCs are less likely to enter such countries if they have more experiences of exiting from host countries following political change.

    DOI

  • Look at me: Overt status-seeking behavior and competitive emergence among securities analysts

    Anne H. Bowers, Henrich R. Greve, Hitoshi Mitsuhashi

    Research in the Sociology of Organizations   50   351 - 382  2017年

     概要を見る

    Using data from securities analysts, who are awarded status by the thirdparty organization Institutional Investor magazine, we examine the emergence of competition and articulate a model of competitive response among actors aware of the importance of status and some of the dimensions on which it may be gained. We predict analysts' initiating or ceasing coverage of stocks in response to other analysts initiating coverage on stocks they cover. We find that competition can emerge because of status seeking rather than as a response to own capabilities or market needs, with compelling, and potentially negative, market implications for overt status seeking.

    DOI

  • Sources of transfer problems in within-industry diversification

    Jungwon Min, Hitoshi Mitsuhashi

    Industrial and Corporate Change   25 ( 4 ) 591 - 609  2016年08月

     概要を見る

    This research examines how firms' accumulation of experience in other markets within an industry causes transfer problems and limits the performance advantage of within-industry diversification. Using data on the Japanese nonlife insurance industry between 1907 and 1940, we demonstrate that a firm's performance in a focal market decreases with more experience in other markets (i.e., nonfocal markets). This cumulative nonfocal market experience causes managers to transfer preexisting routines extensively and inappropriately to the focal market. We show that the negative effect deteriorates when the firms have already entered such nonfocal markets prior to their entry into the focal markets, and such nonfocal markets are populated by performance-comparable peers. We also find that the negative effect increases when firms transfer knowledge from nonfocal markets in which the focal market has low realized financial synergies, and when firms' experience prior to entry into the focal market was successful. These findings explicate mechanisms by which negative performance effects of withinindustry diversification occur, and advance our understanding of within-industry diversification by applying the idea of transfer problems from the literature on organizational learning.

    DOI

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • Highly Commended論文賞

    2013年09月   Management Research Review誌  

  • 最優秀論文賞

    2012年01月   アジア経営学会  

  • 最優秀論文賞

    2008年08月   アメリカ経営学会  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • Investigating the hybridity and scaling strategies of for-profit social enterprises

    Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    研究期間:

    2020年04月
    -
    2024年03月
     

  • 組織間信頼に基づく実践共同体ネットワークと地理的近接性が知識普及に与える影響

    挑戦的研究(萌芽)

    研究期間:

    2020年07月
    -
    2023年03月
     

    大江 秋津, 三橋 平

  • 二元的ネットワーク構造の循環によるパフォーマンス・モデルの提唱と実証

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2019年04月
    -
    2022年03月
     

    三橋 平, ALCANTARA L.L., 永山 晋, 安田 直樹, 閔 廷媛

     概要を見る

    組織論分野の研究では、ネットワークの構造的な埋め込みと経路依存性が組織行動を形作っていることが知られている。本研究では、当初は、前者だけに着目をし、ネットワークを二元論的に分類、ネットワークが2つの形を時間の推移とともに循環的に移行するプロセスを解明しようとしていた。しかしながら、この着眼点だけではネットワークと歴史という2つの行動制約要因を網羅的に把握できないことから、経路依存性を加え、研究目的を発展させている。そして、組織は新しことを始めるよりも、今あるもの、既存のものを維持、持続させることが得意であり、これは、ネットワーク構築と学習パターンのいずれにも見られる。本研究では、このような慣性が持つ負の側面を低減し、正の側面を増長させるメカニズムを解明していく。我々の研究課題は、3つのサブ課題に分けて進めている。1つ目のサブ課題は、遺伝子組み換え作物に関するデータを用いた研究である。新しい市場においては、ラベル付けコンテストとでも呼ぶべき、名称に関する競争が発生している。誰がどのようなラベルの、どの時点で用いているのか、この問題を、ネットワーク、経路依存性の観点から明らかにし、新しい市場の成長メカニズムに関する新しい見方を提示したい。昨年度は、研究コンテクストの理解、および、データ収集の準備を行った。2つ目のサブ課題は、文化創造物、ラップ音楽市場に関するデータを用いた研究である。この研究では、ルート・コンセプトという概念を提唱し、新しい創造活動における歴史的な幹に関する見方を提示する。昨年度は、データの分析を行い、中間発表として位置づけで2回の学会発表を行った。3つ目のサブ課題は、経路依存性と埋め込みを50年以上の長期的な観点から捉え、企業の盛衰を説明するものであり、コンテクストの探索とデータベースの特定を行った。

  • 進化論的アプローチによる新しい学習研究プログラム:医療現場の実証研究を通じて

    挑戦的研究(萌芽)

    研究期間:

    2018年06月
    -
    2021年03月
     

    三橋 平, 徳川 城治, 三橋 立

     概要を見る

    本研究の目的は、1. 進化論的な学習理論を礎としながら、新しい視点から学習理論の検討を行うこと、2. 経営学の研究者と臨床医が共同研究することで、これまでにない新しい考えとデータに基づく学習研究を行うこと、3. 臨床医に対して新しい知見を与えうる組織論研究を行うこと、にある。本研究は挑戦的研究(萌芽)課題であることから、これまで仮説検証型の研究が主であった学習の研究に、観察に基づく研究を持ち込み、どこまで医療現場のデータを使用できるのかを探っている。昨年度は2つのデータ収集プロジェクトを行った。なお、共に慶應義塾大学・順天堂大学の研究倫理委員会から承認を既に得ている。第1のプロジェクトは、いわゆるDoor to CTに関するプロジェクトである。脳卒中A患者(発症から24時間以内に脳卒中と疑われる患者)が救急外来で病院に来院した際に、病院のドアからCTまでの時間を指す。脳の血流が止まると1分間に約19万個の脳細胞が死滅すると言われており、この時間短縮に対する関心は高く、近年の研究例もいくつか発見された。昨年度は、学習論で言われるフィードバックを与えることによる効果を検証し、データを分析、論文にまとめて発表を行った。もう1つのプロジェクトは、手術中の術者の心拍数に関するプロジェクトである。術者は作業困難性が発生すると心拍数が上昇し、ストレスが生まれるため、手術室内の術者、および、助手の心拍数を計測し、データの収集を行った。

  • 企業成長を促進する共進化メカニズムの解明:レッド・クィーン理論の拡張を通じて

    基盤研究(B)

    研究期間:

    2016年04月
    -
    2019年03月
     

    三橋 平, ALCANTARA L.L., 閔 廷媛

     概要を見る

    本研究課題では、競争関係における認知問題を大きなテーマとし、特にレッド・クィーン理論で言われる共進化における認知バイアス、競争相手の見逃し、見過ごしのメカニズム解明をその目的としてきた。競争理論では、競合の競争的行為に対し、企業はどのような時に反応するのか、報復的措置を取るのか、を議論しており、例えば、競合との類似性が高まると報復的措置を取ることが知られている。本研究課題では、競合とみなすべき相手を競合相手とみなさないケースに着目し、特に、プロトタイプ理論を用いてこの現象を実証的に説明した。また、この課題を通じて新しく組織メンバー間の競争に関する研究も派生することができた。

全件表示 >>

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2018年04月
    -
    2022年03月

    日本学術振興会 学術システム研究センター  専門研究員(経営学分野)