新川 清治 (シンカワ セイジ)

写真a

所属

教育・総合科学学術院 教育学部

職名

教授

兼担 【 表示 / 非表示

  • 教育・総合科学学術院   大学院教育学研究科

学歴 【 表示 / 非表示

  • 1998年04月
    -
    1999年03月

    オックスフォード大学   キャンピオン・ホール   客員研究員  

  • 1995年04月
    -
    1998年03月

    上智大学大学院   文学研究科英米文学専攻   博士後期課程  

  • 1993年04月
    -
    1995年03月

    上智大学大学院   文学研究科英米文学専攻   博士前期課程  

  • 1989年04月
    -
    1993年03月

    上智大学   文学部   英文学科  

学位 【 表示 / 非表示

  • 上智大学   修士(文学)

  • 上智大学   博士(文学)

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2014年04月
    -
    2019年03月

    立教大学   大学院文学研究科   兼任講師

  • 2012年04月
    -
    2019年03月

    白鴎大学 経営学部   教授

  • 2005年04月
    -
    2012年03月

    白鴎大学経営学部   准(助)教授

  • 2009年10月
    -
    2010年07月

    オックスフォード大学キャンピオン・ホール   学術研究員

  • 2001年04月
    -
    2005年03月

    白鴎大学経営学部   専任講師

全件表示 >>

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    英語史研究会

  •  
     
     

    日本中世英語英文学会

  •  
     
     

    イギリス国学協会

  •  
     
     

    English Philological Society of Japan

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 英語学   古英語・中英語

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 英語史

  • 中英語

  • 古英語

論文 【 表示 / 非表示

  • 単体通時言語資料としてのPeterborough Chronicleの有用性: 人名を含む同格表現における一検証

    中世英語英文学研究の多様性とその展望     411 - 426  2020年11月

    担当区分:筆頭著者

  • The Influence of Verse Form on the Relative Order of the Name and the Title King within an Appositive Phrase in Laȝamon’s Brut

    Anglia   135 ( 2 ) 291 - 316  2017年06月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • The Zero Period of Spelling Standardization: Two Contrasting Manuscripts of Laȝamon’s Brut

    Studies in Medieval English Language and Literature   30   29 - 40  2015年12月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

  • Possible Pathways from Agreeing to Non-agreeing Genitive Appositives As Seen in Laȝamon's Brut

    Transactions of the Philological Society   113 ( 1 ) 127 - 136  2015年03月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    In Old English, genitive nouns in apposition are both marked for case. King Arthur's men, for example, would be Arthornures cyninges menn, Arthornures menn thornaes cyninges, among a few other possibilities. Non-agreeing genitive appositives such as Arthornur kinges men and Arthornures men (thorne) king began to appear in the Early Middle English period. The analysis in two versions of La?amon's Brut suggests two possible pathways through which they were established. One is the development of the name and the title as a compound-like unit, which marks genitive only at the end of the second element as in Arthornur kinges men, and the other is ambiguous appositive or predicative expressions such as Arthornures men (thorne) king, interpretable as either King Arthur's men' or men of Arthur, (who is) (the) king', which seem to have led post-head constituents of split genitives to appear in the nominative or unmarked case, resulting in genitive marking only on the pre-head components. These new usages are thus originally and essentially independent of the developments of the case-marking system itself.

    DOI

  • Inorganic -e and double n in the Caligula Brut: implications for case marking

    English Language & Linguistics   18 ( 3 ) 387 - 405  2014年11月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

     概要を見る

    This article investigates variant forms of the demonstrative 'that' and the adjective in the Caligula Manuscript of La.amon's Brut and concludes that they to a large extent maintain the traditional category distinction between the accusative and the dative by the use of the suffixes -ne and -Vn (where V stands for any vowel) respectively. There are, however, factors that potentially compromise the status of these terminations as case markers: phonetic reduction (which has often been invoked), capricious addition or deletion of final e, occasional doubling or simplification of nasals, and simply unexpected choices of forms in the paradigm. These seem to be consistent with the sort of mistakes that scribes might occasionally make when faced with an original that has a different orthographical and morphological system from their own, and they are not as disruptive of the case-marking system as at first sight they might appear. For one thing, they occur rather rarely and are generally outnumbered by historically expected forms; for another, the resultant unexpected case forms, usually with the stem vowel preferred by the historical forms in the case of the demonstrative, are predominantly accompanied by a historically motivated case form of their head noun. The status of accusative -ne and dative -Vn, in fact, appears to be stable enough to lead to the development of a system or subsystem of indicating case regardless of gender considerations in their respective case contexts. These suffixes can therefore be treated validly as independent case markers, although in concrete cases the possibility always exists that there is an optional final e, an unhistorical double or single n, or an unexpected choice of inflectional forms.

    DOI

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • 英語学: 現代英語をより深く知るために

    ( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 第31章 英文の構造: 語彙力だけでは英語は分からない)

    春風社  2016年04月

  • Unhistorical Gender Assignment in Laȝamon's Brut: A Case Study of a Late Stage in the Development of Grammatical Gender toward Its Ultimate Loss

    ( 担当: 単著)

    Peter Lang  2012年09月

Misc 【 表示 / 非表示

  • (書評) Simon Horobin, Does Spelling Matter? (Oxford: Oxford University Press, 2013)

    Studies in Medieval English Language and Literature   32   153 - 165  2017年07月  [査読有り]  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者

    書評論文,書評,文献紹介等  

  • (書評) 寺澤盾,『英単語の世界: 多義語と意味変化から見る』(東京: 中央公論新社, 2016)

    英語教育   65 ( 13 ) 91 - 92  2017年03月  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者

    書評論文,書評,文献紹介等  

  • 例外から浮かび上がる本質: 進行形,時制の一致を例として

    英語教育   65 ( 9 ) 62 - 63  2016年11月  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

  • イディオムの考古学: なぜon footはon feetと言わないのか

    英語教育   63 ( 6 ) 18 - 19  2012年09月  [招待有り]

    担当区分:筆頭著者

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア)  

共同研究・競争的資金等の研究課題 【 表示 / 非表示

  • Study on the process of the loss of grammatical gender

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Relative Placement of the Name and the Title King in Apposition: Its Possible Pathways of Change

    日本中世英語英文学会 第34回東支部研究発表会・第34回西支部例会(合同開催)  

    発表年月: 2018年06月

  • ラヤモンの『ブルート』における同格表現:肩書と人名の語順の変遷

    日本中世英語英文学会第31回全国大会  

    発表年月: 2015年12月

  • 初期中英語韻文詩ラヤモンの『ブルート』オト写本における属格

    日本英語学会第33回大会  

    発表年月: 2015年11月

  • The Zero Period of Spelling Standardization: Two Contrasting Manuscripts of Laȝamon’s Brut

    日本中世英語英文学会第30回大会  

    発表年月: 2014年12月

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>