山口 恭平 (ヤマグチ キョウヘイ)

写真a

所属

理工学術院 大学院環境・エネルギー研究科

職名

講師(任期付)

兼担 【 表示 / 非表示

  • 理工学術院   創造理工学部

経歴 【 表示 / 非表示

  • 2020年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   理工学術院 大学院環境・エネルギー研究科   講師

  • 2018年04月
    -
    2020年03月

    早稲田大学   理工学術院 大学院環境・エネルギー研究科   助手

  • 2012年01月
    -
    2018年03月

    独立行政法人自動車技術総合機構   交通安全環境研究所 自動車研究部   研究員

  • 2009年04月
    -
    2011年12月

    三菱自動車工業株式会社   開発本部 EVパワートレイン要素研究部 パワートレイン基礎研究グループ

所属学協会 【 表示 / 非表示

  •  
     
     

    日本機械学会

  •  
     
     

    自動車技術会

 

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 熱工学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 燃焼

  • 予混合圧縮着火

  • ディーゼル機関

  • 火花点火機関

  • 内燃機関

論文 【 表示 / 非表示

  • Modeling on a Three-Way Catalyst Used in Series Hybrid Electric Vehicles Focusing on Its Catalytic Behavior at Cold Start

    Toshinori Okajima, Suchitra Sivakumar, Hajime Shingyouchi, Kyohei Yamaguchi, Jin Kusaka, Makoto Nagata

    Industrial & Engineering Chemistry Research   60 ( 39 ) 14069 - 14086  2021年09月  [査読有り]

    DOI

  • 一次元モデルによるPCI燃焼を適用したディーゼルエンジンのガス-壁面熱流束解析(過渡運転における熱損失変化の影響)

    山口 恭平, 古満 勇汰, 田邉 郁, 田邊 圭樹, 草鹿 仁

    日本機械学会論文集   87 ( 895 )  2021年03月  [査読有り]

    担当区分:筆頭著者

    DOI

  • Prediction of Ultra-Lean Spark Ignition Engine Performances by Quasi-Dimensional Combustion Model With a Refined Laminar Flame Speed Correlation

    Ratnak Sok, Kyohei Yamaguchi, Jin Kusaka

    Journal of Energy Resources Technology   143 ( 3 )  2021年03月

     概要を見る

    <title>Abstract</title>
    The turbulent combustion in gasoline engines is highly dependent on laminar flame speed SL. A major issue of the quasi-dimensional (QD) combustion model is an accurate prediction of the SL, which is unstable under low engine speeds and ultra-lean mixture. This work investigates the applicability of the combustion model with a refined SL correlation for evaluating the combustion characteristics of a high-tumble port gasoline engine operated under ultra-lean mixtures. The SL correlation is modified and validated for a five-component gasoline surrogate. Predicted SL values from the conventional and refined functions are compared with measurements taken from a constant-volume chamber under micro-gravity conditions. The SL data are measured at reference and elevated conditions. The results show that the conventional SL overpredicts the flame speeds under all conditions. Moreover, the conventional model predicts negative SL at equivalence ratio ϕ ≤ 0.3 and ϕ ≥ 1.9, while the revised SL is well validated against the measurements. The improved SL correlation is incorporated into the QD combustion model by a user-defined function. The engine data are measured at 1000–2000 rpm under engine load net indicated mean effective pressure (IMEPn) = 0.4–0.8 MPa and ϕ = 0.5. The predicted engine performances and combustions are well validated with the measured data, and the model sensitivity analysis also shows a good agreement with the engine experiments under cycle-by-cycle variations.

    DOI

  • Modeling on a Three-Way Catalyst Used in Series Hybrid Electric Vehicles Considering Its Specific Engine Operation Attribute

    Toshinori Okajima, Suchitra Sivakumar, Hajime Shingyouchi, Kyohei Yamaguchi, Jin Kusaka, Makoto Nagata

    Industrial & Engineering Chemistry Research   60 ( 4 ) 1583 - 1601  2021年02月  [査読有り]

    DOI

  • 気体燃料と軽油の二元燃料を適用した圧縮着火機関の燃焼室形状最適化による気体燃料の未燃排出低減

    山口 恭平, 草鹿 仁

    自動車技術会論文集   51 ( 1 ) 32 - 38  2020年01月  [査読有り]

全件表示 >>

書籍等出版物 【 表示 / 非表示

  • JSAEエンジンレビュー Real Driving Emission (RDE)特集

    山口 恭平( 担当: 分担執筆,  担当範囲: 排出ガス不正事案を受けた国内における検証試験結果と今後の方向性)

    自動車技術会  2017年09月

産業財産権 【 表示 / 非表示

  • 排ガス浄化装置

    特許6775169

    岡島利典, 永田誠, 奥井伸宜, 山口恭平

    特許権

  • 内燃機関の暖機性能評価装置、および暖機性能評価方法

    水嶋教文, 山口恭平, 川野大輔, 鈴木央一

    特許権

  • 内燃機関を動力源として搭載した車両のモード燃費算出装置、およびモード燃費算出方法

    水嶋教文, 山口恭平, 川野大輔, 鈴木央一

    特許権

  • エンジンの燃料噴射装置

    特許5821338

    山口恭平, 中根一芳, 田中大

    特許権

  • 内燃機関の燃料噴射制御装置

    特許5505655

    田中大, 中根一芳, 佐藤公彦, 山口恭平

    特許権

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 2019年度 大学院研究奨励賞

    2020年03月   自動車技術会  

  • 2016年度秋季学術講演会優秀講演発表賞

    2016年   自動車技術会  

    受賞者: 山口 恭平

  • エンジンシステム部門 平成20年度ベストプレゼンテーション表彰

    2008年   日本機械学会  

    受賞者: 山口 恭平

講演・口頭発表等 【 表示 / 非表示

  • Thermal Management in Cold Start of Heavy-Duty Diesel Vehicles for Low Fuel Consumption and Emissions

    Ziyu Guan, Yuta Koman, Iku Tanabe, Kyohei Yamaguchi, Jin Kusaka, Keiki Tanabe

    JSAE Congress (Autumn)  

    発表年月: 2021年10月

  • A Novel Integrated Series Hybrid Electric Vehicle Model Reveals Possibilities for Reducing Fuel Consumption and Improving Exhaust Gas Purification Performance

    Takehiro Yamagishi, Hajime Shingyouchi, Kyohei Yamaguchi, Norifumi Mizushima, Takahiro Noyori, Jin Kusaka, Toshinori Okajima, Ratnak Sok, Makoto Nagata

    SAE Powertrains, Fuels and Lubricants  

    発表年月: 2021年09月

  • A model for predicting turbulent burning velocity by using Karlovitz number and Markstein number under EGR conditions

    Kei Yoshimura, Kohei Ozawa, Kyohei Yamaguchi, Ratnak Sok, Jin Kusaka, Masaaki Togawa, Satoshi Tokuhara

    SAE Powertrains, Fuels and Lubricants  

    発表年月: 2021年09月

  • Effects of partial oxidation in an unburned mixture on a flame stretch under EGR conditions

    Kei Yoshimura, Kohei Ozawa, Kyohei Yamaguchi, Ratnak Sok, Jin Kusaka, Masaaki Togawa, Satoshi Tokuhara

    SAE Powertrains, Fuels and Lubricants  

    発表年月: 2021年09月

  • Fast Nonlinear Model Predictive Control Using Machine Learning for Air Path Control of a Diesel Engine

    Kyohei Yamaguchi, Keisuke Yokota, Rio Asakawa, Iku Tanabe, Ratnak Sok, Beini Zhou, Jin Kusaka, Masatoshi Ogawa, Takuma Degawa, Shigeaki Kurita

    SAE Powertrains, Fuels and Lubricants  

    発表年月: 2021年09月

全件表示 >>

特定課題研究 【 表示 / 非表示

  • 最適化手法と連成した数値熱流体解析による二元燃料圧縮着火機関の未燃排出低減

    2018年  

     概要を見る

    気体燃料と軽油の二元燃料を適用した圧縮着火燃焼では軽油のみを燃料とした場合に課題となるsootの排出抑制が可能である一方,気体燃料の未燃排出が多く,熱効率の低下が課題である.その課題に対して,本研究では燃焼室形状の面から改善を図るため,数値熱流体計算コードKIVA-4と最適化手法である遺伝的アルゴリズムGAを連成し,燃焼室形状の自動最適化プログラムを構築した上で,燃焼室形状の自動最適化を行った.その結果から,気体燃料の未燃排出低減そして熱効率の向上につながる燃焼室形状を明らかにした.

 

現在担当している科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

委員歴 【 表示 / 非表示

  • 2019年04月
    -
    継続中

    日本機械学会  エンジンシステム部門基礎教育講習会委員会 委員

  • 2016年04月
    -
    2018年03月

    自動車技術会  JSAEエンジンレビュー編集委員会 委員

  • 2014年04月
    -
    2018年03月

    自動車技術会  二輪エンジンエネルギ分科会 委員

  • 2015年03月
    -
    2016年04月

    自動車技術会  シャシダイナモ試験法分科会 車両拘束方法検討小委員会 委員

  • 2013年04月
    -
    2015年03月

    日本機械学会  低コスト・低エミッション・低燃費エンジンシステム構築に関する研究分科会(RC262) オブザーバー委員

全件表示 >>