2022/01/28 更新

写真a

イワブチ マモル
巖淵 守
所属
人間科学学術院 人間科学部
職名
教授
ホームページ

兼担

  • 人間科学学術院   大学院人間科学研究科

  • 人間科学学術院   人間科学部通信課程

学歴

  • 1997年10月
    -
    1999年09月

    ダンディー大学(英国)   大学院   コンピュータ応用学科  

  • 1992年04月
    -
    1997年03月

    大阪大学   大学院基礎工学研究科   物理系電気工学分野  

  •  
    -
    1997年

    大阪大学  

  • 1989年04月
    -
    1992年03月

    大阪大学   基礎工学部   電気工学科  

学位

  • ダンディー大学(英国)   理学修士

  • 大阪大学   修士(工学)

  • 大阪大学   博士(工学)

経歴

  • 2018年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   人間科学学術院   教授

  • 2009年04月
    -
    2018年03月

    東京大学   先端科学技術研究センター   准教授

  • 2008年04月
    -
    2009年03月

    東京大学   先端科学技術研究センター   特任准教授

  • 2006年04月
    -
    2008年03月

    広島大学   大学院教育学研究科   准教授

  • 2001年04月
    -
    2006年03月

    広島大学   大学院教育学研究科   講師

  • 2003年09月
    -
    2004年08月

    ワシントン大学   客員研究員

  • 2003年
    -
    2004年

    University of Washington, Visiting Scholar

  • 1997年10月
    -
    2000年09月

    ダンディー大学(英国)   助手

  • 1997年
    -
    2000年

    ダンディー大学

▼全件表示

 

研究分野

  • リハビリテーション科学

  • ヒューマンインタフェース、インタラクション

論文

  • How DO-IT did it in Japan: Learn how the DO-IT Scholars program for teens with disabilities at the University of Washington was adapted for execution in Japan in 2007

    Burgstahler, S, Iwabuchi, M, Nakamura, K

    CSUN's 23rd Annual International Conference    2008年  [査読有り]

  • How DO-IT Did It in Japan

    Burgstahler, S, Iwabuchi, M, Nakamura, K

       2008年  [査読有り]

  • 社会を体験する −DO-IT Japan 障害のある高校生のための体験プログラム−

    巖淵 守, 中邑賢龍, 藤部和也

    リハビリテーション・エンジニアリング   23 ( 2 ) 72 - 75  2008年

  • 「Squeak Toys」によるプログラミング学習における思考過程の構造分析

    足立泰彦, 山下幸二, 沖林洋平, 巖淵 守, 上田邦夫

    Computer & Education   24   64 - 69  2008年  [査読有り]

  • 「障害のある中高生のための大学進学サポートセミナー」の開催

    巖淵 守

    ノーマライゼーション   27   53 - 55  2007年

  • ホテルにおけるサイン環境 〜カラーデザイン支援ツールの開発〜

    藤部和也, 巖淵 守, 匹田 篤

    第22回リハ工学カンファレンス講演論文集     63 - 64  2007年

  • DO-IT Japan 障害のある高校生のための大学体験プログラム

    巖淵 守, 中邑賢龍

    第22回リハ工学カンファレンス講演論文集    2007年

  • Two Drops of Self-efficacy of Wheelchair users: Is the Manual Wheelchair Necessary for Muscular Dystrophy Patients?

    Rumi Hirabayashi, Mamoru Iwabuchi, Kenryu Nakamura, Ric Fukumoto, E. A. Draffan

    CHALLENGES FOR ASSISTIVE TECHNOLOGY   20   671 - 675  2007年  [査読有り]

     概要を見る

    In this study, the impact of the wheelchair on the self-efficacy for the user was investigated with a newly developed scale called R-MATE (Retrospective Measurement on Assistive Technology Outcome). Using R-MATE, the user is asked to produce the time course line of their self-efficacy retrospectively. The line has the value of 100 as the baseline for the time period with no disability. The user is also asked to state their life events along the produced line, that relate to their disabilities and the introduction of Assistive Technology (AT). There were thirteen participants in this study. All the participants had Duchenne Muscular Dystrophy (DMD) and used a powered wheelchair daily when this study was conducted. The result showed two significant drops in the time course of the self-efficacy of each user. It is interesting to note, that the use of a powered wheelchair increased self-efficacy, when compared to its former value during the time without DMD and that the user did not begin using a new wheelchair until they had lost much of their self-efficacy.

  • A lifetime AT Outcome Measurement Scale: the Impact of a Computer for People with Muscular Dystrophy

    Mamoru Iwabuchi, Rumi Hirabayashi, Kenryu Nakamura, Ric Fukumoto, E. A. Draffan

    CHALLENGES FOR ASSISTIVE TECHNOLOGY   20   676 - 680  2007年  [査読有り]

     概要を見る

    In this study, a new assistive technology (AT) outcome measurement scale R-MATE (Retrospective Measurement of Assistive Technology Outcome) was developed and applied to the use of a personal computer as a writing tool for people with disabilities. R-MATE asks the user to evaluate their own skills and abilities, e.g. their self-efficacy and competency, in a retrospective manner bearing in mind their personal environment, tasks undertaken as part of their life events and introduction to assistive technology. Self-efficacy for writing was measured using R-MATE with thirteen patients who had Duchenne Muscular Dystrophy (DMD). The result showed that AT introduction increased the user's self-efficacy although it varied among the individuals and their life phases.

  • 障害のある高校生を大学へ

    巖淵 守

    ATAC 2007 Proceedings     77 - 79  2007年

  • 支援技術を取り巻く海外の最新動向

    巖淵 守

    ATAC 2007 Proceedings     7 - 10  2007年

  • A multimedia cellular phone-based intermediary system for communication difficulties

    Proceedings of CSUN's Nineteenth Annual International Conference    2004年

  • What is lacking in current communication aids?

    Proceedings of the ISAAC International Conference    2004年

  • Cell phone-based intermediary assistant for students with disabilities

    Proceedings of the ISAAC International Conference    2004年

  • An electronic name card system on a mobile device for people with disabilities and elderly people

    HCI International 2003 Adjunct Proceedings     243 - 244  2003年

  • Do children with autism recognise email correspondents as people ?

    Proceedings of the ISAAC International Conference     117 - 118  2002年

  • 人々の生活に役立つ情報技術を創造する力の育成に関する研究-中学生,幼稚園児達の交流学習を通して-

    広島大学 学部・附属学校共同研究紀要   30   289 - 297  2002年

  • A multi-lingual communication system for non-speaking people

    M Iwabuchi, N Alm, PN Andreasen, K Nakamura

    HUMAN-COMPUTER INTERACTION - INTERACT'01     791 - 792  2001年

     概要を見る

    This project illustrates the way in which systems developed for people with severe disabilities can often have more general applications. A computer-based communication system has been developed which could give non-speaking people a multi-lingual capability. It is based on research into conversational modelling and utterance prediction, making use of prestored material. The system can also be used by people whose only communication disadvantage is not being able to speak a foreign language. In comparison with a multi-lingual phrase book, the system helped users to have more natural conversation, and to take more control of the interaction.

  • Real-time Multilingual Communication by means of Prestored Conversational Units

    EUROSPEECH 2001-SCANDINAVIA, Aalborg, Denmark, 3-7 September 200, Proceedings CD-ROM    2001年

  • ユニバーサルなコミュニケーションツールとしての情報技術-通文化的双方向会話を目指して-

    心理学評論   44 ( 2 ) 195 - 209  2001年

  • UNICORN ― a multi-lingual assistant for people with communication difficulties

    ISAAC International Conference, Washington, DC, USA, 2-6 August 2000, Proceedings CD-ROM    2000年

  • The development of UNICORN ― a multi-lingual communicator for people with cross-language communication difficulties

    CSUN's Fifteenth Annual International Conference, Los Angeles, USA, 20-25 March 2000 Proceedings CD-ROM    2000年

  • A symbol-based communication system on the Internet

    Proceedings of the ISAAC International Conference     467 - 468  1998年

  • Exploiting new technical developments to convey non-verbal information with communication aids

    Proceedings of the IEEE Roman'98 Conference, IEEE International Workshop on Robot and Human Communication     268 - 273  1998年

  • Reduction of Pin-hole Leakage Current of SrTiO3 Films by ArF Excimer Laser Deposition with Shadow Mask ('Eclipse Method')

    Jpn. J. Appl. Phys.   33   L610-L612  1994年

  • ELECTRON-BEAM-INDUCED-CURRENT (EIBC) IMAGE OF YBACUO-MISFETS WITH BAXSR1-XTIO3 FERROELECTRIC GATE INSULATOR

    M IWABUCHI, H KOBAYASHI, T ASHIDA, M TAGA, T KOBAYASHI

    ADVANCED MATERIALS '93, VI - A & B   19 ( A & B ) 555 - 558  1994年

  • GROWTH AND CHARACTERIZATION OF EPITAXIAL SRTIO3 THIN FILMS WITH SUPEREMINENT POLARIZABILITY

    M IWABUCHI, K MATSUI, M TAGA, T KOBAYASHI

    ADVANCED MATERIALS '93, I - A & B   14 ( A & B ) 1647 - 1650  1994年

  • Innovative laser deposition technique with shadow mask ('eclipse method') suitable for preparation of HTSC-MIS and layered structure

    FED-136, Extended Abstracts of the international workshop on high-temperature superconducting electron devices     96 - 99  1994年

  • Improved Interface in YBCO-MISFETs by SrTiO3/BaTiO3 composite gate insulator

    FED-136, Extended Abstracts of the international workshop on high-temperature superconducting electron devices     74 - 78  1994年

  • Growth and characterization of epitaxial SrTiO3 thin films with prominent polarizability

    IWABUCHI M, KOBAYASHI T

    J. Appl. Phys.   75 ( 10 Pt 1 ) 5295 - 5301  1994年

    DOI CiNii

  • Analytical studies on multiple delta doping in diamond thin films for efficient hole excitation

    KOBAYASHI T, ARIKI T, IWABUCHI M, MAKI T, SHIKAMA S, SUZUKI S

    J. Appl. Phys.   76 ( 3 ) 1977 - 1979  1994年

    DOI CiNii

  • 高温超電導体を使った新しい電子デバイス

    電気学会誌   114   214 - 217  1994年

    DOI

  • 高誘電エピタクシャルSrTiO3薄膜の作製と電気特性

    Technical Report of IEICE   SCE93-44   79 - 84  1993年

  • Photo- and Electron-Beam-Induced Currents from Epitaxial YBa2Cu3Oy Metal-Insulator-Superconductor (MIS) Structure in the Normal State

    Jpn. J. Appl. Phys.   32   L491-L494  1993年

  • YBaCuO薄膜における電界効果

    応用物理   62   471 - 474  1993年

    DOI

  • Photo-Response of YBa2Cu3Oy MIS structure

    Proceedings of the 5th International Symposium on Superconductivity (ISS'92)     1169 - 1172  1992年

▼全件表示

書籍等出版物

  • Windows Vista PC:ICTスキルアッププログラム ICTアクセシビリティ 障害のある子どもの担任の先生のためのパソコン入門講座

    中邑賢龍, 巖淵 守, 近藤武夫, 坂井 聡, 塩田佳子, 阿部紗智子( 担当: 共著)

    ICT教育推進プログラム協議会  2007年

  • A Multi-lingual Augmentative Communication System

    Universal Access Theoretical Perspectives, Practice, and Experience  2002年

Misc

  • 障害者作業所の新たな社会的役割の創出に関する研究〜障害があるから見えてくるものの価値の社会化〜

    広島大学特定課題プロジェクト報告書    2004年

  • 個人情報の電子化に関わる米国での規制

    厚生労働科学研究平成15年度報告書 言語的意思伝達に制限のある重度障害者に対してIT技術等を活用した意思伝達手段の確保を支援するための技術開発に関する研究     52 - 53  2004年

  • 情報伝達における映像の有効性の検討

    厚生労働科学研究平成15年度報告書 言語的意思伝達に制限のある重度障害者に対してIT技術等を活用した意思伝達手段の確保を支援するための技術開発に関する研究     14 - 28  2004年

  • 携帯電話を利用したコミュニケーション支援システムの開発

    厚生労働科学研究平成15年度報告書 言語的意思伝達に制限のある重度障害者に対してIT技術等を活用した意思伝達手段の確保を支援するための技術開発に関する研究     8 - 13  2004年

  • コミュニケーションを補助する情報コンテンツ

    厚生労働科学研究平成15年度報告書 言語的意思伝達に制限のある重度障害者に対してIT技術等を活用した意思伝達手段の確保を支援するための技術開発に関する研究     3 - 7  2004年

  • 教育の中で利用できるハイテク

    ATAC2004 Proceedings     145 - 149  2004年

  • 障害のある高校生のための進学ガイド

    ATAC2004 Proceedings     43 - 45  2004年

  • 情報を共有する技術2「携帯電話を用いたヘルパーや教師支援の方法」

    ATAC2004 Proceedings     262 - 264  2004年

  • 人との関係を意識した情報教育の可能性 〜 交流学習を通した作品づくり 〜

    コンピュータ&エデュケーション   16   51 - 59  2004年

    DOI

  • Information Education in an Integrated Environment: Creating Useful Software for Others

    Computer & Education   16   51 - 59  2004年

  • 人々の生活に役立つ情報技術を創造する力の育成(2)

    2003 PCカンファレンス論文集     107 - 110  2003年

  • 人々の生活に役立つ情報技術を創造する力の育成に関する研究(2)-中学生,幼稚園児達の交流学習を通して-

    広島大学 学部・附属学校共同研究紀要   31   325 - 335  2003年

  • コンピュータを利用したコミュニケーション

    ATACカンファレンス2002テキスト     170 - 175  2002年

  • 人々の生活に役立つ情報技術を創造する力の育成

    2002 PCカンファレンス論文集     74 - 77  2002年

  • 人々の生活に役立つ情報技術を生み出す力の育成を目指して:園児達との交流学習から

    ヒューマンインタフェース学会研究報告集   4 ( 2 ) 47 - 50  2002年

    DOI

  • ATサービスの実際(海外,障害学生,就労)

    電子情報支援技術を学ぶI 障害とテクノロジー(総論)     107 - 115  2002年

  • 高等教育機関における障害のある学生の就学支援-広島大学の例-

    ATACカンファレンス2001テキスト     153 - 157  2001年

  • 痴呆性老人や知的障害者へのモニタリングシステム導入に際してのガイドライン

    平成12年度香川県情報技術財団報告書    2001年

  • 障害支援機器のデータベースと関連サービス ―英米と比べた日本の現状―

    情報処理   41   629 - 634  2000年

  • こころリソースブック ― コミュニケーション,コンピュータアクセスを中心としたテクニカルエイド情報(1997年度版)

    こころリソースブック出版会     1 - 338  1997年

▼全件表示

Works(作品等)

  • バリアフリーの就学環境づくりを目指して〜教職員への障害学生就学支援ガイド〜 DVD

    2004年
    -
     

  • インターネットを利用したマルチ・モジュール意思伝達システムの開発

    1998年
    -
    2001年

  • Development of An Internet-Use Multi-Modal Communication System

    1998年
    -
    2001年

受賞

  • 日本産業技術教育学会功労賞

    2004年  

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 産学官連携の手法を活用した小規模作業所の支援方策の研究

    研究期間:

    2003年
    -
    2004年
     

  • Study on the support system of workshops for people with disabilities with the cooperation among industy, academia, and government

    研究期間:

    2003年
    -
    2004年
     

  • 情報技術を活用した障害学生就学支援システムの研究・開発

    国際共同研究

    研究期間:

    2003年
    -
     
     

  • 障害のある人・高齢者のための携帯電話を利用したコミュニケーション支援システムの研究・開発

    厚生労働科学研究費補助金

    研究期間:

    2003年
    -
     
     

  • Studies on support system for students with disabilities using information technology

    International Joint Research Projects

    研究期間:

    2003年
    -
     
     

  • An electronic personal profiler on a mobile device for people with disabilities and elderly people

    Health and Labour Sciences Research Grants

    研究期間:

    2003年
    -
     
     

  • 情報技術を活用した高等教育のユニバーサルデザイン化に関する研究

    研究期間:

    2001年
    -
     
     

  • 人々の生活に役立つ情報技術を創造する力の育成に関する研究

    研究期間:

    2001年
    -
     
     

  • Barrier free higher education using information technology

    研究期間:

    2001年
    -
     
     

  • Studies on information and technology education based on human-computer interaction

    研究期間:

    2001年
    -
     
     

  • 会話障害のある人々のためのシンボルをベースとしたマルチリガルコミュニケーションシステム

    研究期間:

    1997年
    -
    2001年
     

  • Symbol-based multi-lingual communicator for people with communication difficulties

    研究期間:

    1997年
    -
    2001年
     

▼全件表示

特定課題研究

  • 重度・重複障害児の随意性を捉えるための日常観察技術および確率論的評価手法の開発

    2018年   岡崎善朗, 中邑賢龍, 武長龍樹

     概要を見る

     重度・重複障害児の視覚・聴覚・触覚の刺激に対する反応を記録・分析するための新たな手法の構築を目指し,わずかな動きの変化をカメラで捉えて可視化する技術OAK(Observation and Access with Kinect:オーク)をベースに,刺激を自動提示しながら子ども達の反応の変化を捉える観察技術を開発した。併せて,このシステムと連携して,動きのデータだけでなく,反応の変化を生み出す要因となりえる活動や体調についての関連データをIoT機器(スマートスピーカーとIoTボタン)で収集できるシステムを開発した。これらのシステムにより,日常の観察記録が容易に実施可能となった。

 

現在担当している科目

▼全件表示

 

委員歴

  • 2016年03月
    -
    2020年03月

    ヒューマンインタフェース学会  評議員

  • 2017年04月
    -
    2019年03月

    ヒューマンインタフェース学会  論文誌編集委員

  • 2013年04月
    -
    2015年03月

    ヒューマンインタフェース学会  アクセシブル・インタフェース専門研究委員会(SIGACI)副委員長

  • 2012年04月
    -
    2013年03月

    ヒューマンインタフェース学会  アクセシブル・インタフェース専門研究委員会(SIGACI)委員

  • 2008年08月
    -
    2012年08月

    ISAAC  Board of Directors, Japan

  • 2003年11月
    -
    2005年08月

    日本リハビリテーション工学協会  代議員

  • 2001年06月
    -
    2003年07月

    日本産業技術教育学会  事務局理事

▼全件表示