TARUMOTO, Hideki

写真a

Affiliation

Faculty of Letters, Arts and Sciences, School of Culture, Media and Society

Job title

Professor

Degree 【 display / non-display

  • 東京大学   (BLANK)

  • 東京大学   (BLANK)

Professional Memberships 【 display / non-display

  •  
     
     

    日本社会学会

  •  
     
     

    関東社会学会

  •  
     
     

    国際社会学会(International Sociological Association)

  •  
     
     

    数理社会学会

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Sociology

Papers 【 display / non-display

  • 2015a E'mergence et gestion des nouvelles tendances migratoires: le cas Japon (Traduit de l'anglais par Catherine Wihtol de Wenden et Myrna Giovanella)

    TARUMOTO Hideki

    , Migration Socie'te'   27 ( 157 ) 97 - 109  2015  [Invited]

  • 国境を越える旅の社会学

    樽本 英樹

    細田典明編著『北大文学研究科ライブラリ 9 旅と交流-旅からみる世界と歴史』北海道大学出版会     235 - 253  2015  [Invited]

  • フランスに見る食と文化の国際社会学

    樽本 英樹

    細田典明編『北大文学研究科ライブラリ 10 食と文化-時空をこえた食卓から』北海道大学出版会:     219 - 247  2015  [Invited]

  • The Transformation of Citizenship Institutions in the Global Migration Era

    TARUMOTO Hideki

    コロキウム   8   80 - 95  2014  [Invited]

  • Migration, Multicultural Crises and Asia

    TARUMOTO Hideki

    Hyun-Chin Lim, Wolf Sch"afer, and Suk-Man Hwang (eds) Global Challenges in Asia: New Development Models and Regional Community Building, Seoul: Seoul National University Press     195 - 212  2014  [Invited]

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

display all >>

Misc 【 display / non-display

  • Streich, Gregory W. (樽本英樹 訳) 「人種的平等」

    樽本 英樹

    スクリブナー思想史大事典翻訳編集委員会 監訳 『スクリブナー思想史大事典』丸善出版. (Maryanne Cline Horowitz (ed. in chief) 2004 New Dictionary of the History of Ideas, Detroit: Charles Scribner's Sons.)    2016  [Invited]

    Other  

  • 書評:安達智史『リベラル・ナショナリズムと多文化主義』

    TARUMOTO Hideki

    移民政策研究 (移民政策学会)   7   237 - 239  2015  [Invited]

    Book review, literature introduction, etc.  

  • 多文化主義

    TARUMOTO Hideki

    社会調査協会編『社会調査事典』丸善出版     526 - 527  2014  [Invited]

    Other  

  • イギリスにおける社会調査

    TARUMOTO Hideki

    社会調査協会編『社会調査事典』丸善出版     724 - 727  2014  [Invited]

    Other  

  • 市民権

    TARUMOTO Hideki

    社会調査協会編『社会調査事典』丸善出版     528 - 529  2014  [Invited]

    Other  

display all >>

Research Projects 【 display / non-display

  • 国際移民の市民権変容と社会統合に関する国際比較研究

    基盤研究(C)

    Project Year :

    2014
    -
    2016
     

    樽本 英樹

    Authorship: Principal investigator

  • 市民権制度のポストナショナルな変容に関する国際比較研究

    基盤研究(C)

    Project Year :

    2011
    -
    2013
     

    樽本 英樹

    Authorship: Principal investigator

     View Summary

    市民権のポストナショナルな変容を分析するため、以下のような作業を行った。第1に、理論的枠組みを構築し、実際に応用するという作業を行った。グローバル化の中、境界研究が社会科学において注目されてきた。しかし、領土的境界を対象に収めつつも、領土的境界を越える人の国際移動がつくりだす国民国家内部の社会的境界に注目できていない。そこで、第1に、ハマー=小井土=樽本モデル (HKTモデル) が国民国家内の社会的境界の諸タイプを認識可能にすることを示した。第2に、探究のためには理論仮説が必要であることを示した。例えば、アメリカ合衆国のサブプライム・ローンに起因した世界的不況と、非合法移民および一時的滞在者に着目すると、境界閉鎖仮説が国家による社会的境界の管理の多様性を探究するために有用である。このように境界研究という観点から市民権のポストナショナルな変容にアプローチしようとしたのである。第2に、具体的な事例として英国に着目し市民権の変容を考察した。特に、変容の考察のポイントが宗教的主体の市民権の扱いであるとわかったため、英国の人種主義とイスラモフォビアに着目した。英国において反差別的な実質的市民権を確保する政策的枠組みは「人種関係」であった。すなわち差別など排外主義は人種集団間において生じるということが政策的な前提となっていた。この人種関係パラダイムは一定の効果をあげてきたものの、近年この枠組みを超える排外主義が登場してきた。イスラモフォビアである。この新たな排外主義は、宗教集団間の軋轢を前提とするため、人種関係パラダイムでは捉えきれないものである。果たして人種関係パラダイムはムスリムパラダイムへと変容するのだろうか。英国全体の統治前提からは、ゆるやかな変容にしかならないだろうという予想が立てられた。以上のように当該年度においては、理論面と実証面の両者において実績が得られた。

  • Transformation of Citizenship Institutions under Transnationalism

    基盤研究(C)

    Project Year :

    2008
    -
    2010
     

    Hideki TARUMOTO

    Authorship: Principal investigator

     View Summary

    This research reconsiders the "challenge to the nation-state by international migration" from a theoretical perspective of citizenship and transnationalism. First, whilst international migration regimes acquire migration-regulating function, they do not fully hold rights-providing function which leads to development of the public sphere beyond national borders. Second, although care immigration policy in Japan controls migration of nurses and care workers, it can produce social change in terms of social reproduction drastically. Finally, East Asian countries share strict immigration policies but present some different characteristics such as diaspora policies.

  • International Migration and the Decline of State Sovereignty

    基盤研究(C)

    Project Year :

    2005
    -
    2007
     

    Hideki TARUMOTO

    Authorship: Principal investigator

     View Summary

    This research has focused on one side of the "challenge to the nation-state" by international migrants, that is the decline of state sovereignty, that the number of researchers in the world involve the debate on. The reason why the debate has been finished yet is that the scholars fail to understand complexities of policy responses of the state. This research has taken the process: First, it investigated phenomenological significance of enlargement of immigrant rights that induces the decline of state sovereignty as the main factor. Second, although the existing research clings to seeking "theoretical frameworks beyond nation-state", this research insists that national frameworks such as the Hammar=Koido=Tarumoto model (the HKT model) should be developed thoroughly. Third, with using the national framework this research found crucial roles of international and domestic environments to enlarge immigrant rights. Fourth, these theoretical consideration were adopted to two Japanese cases: one is changes of immigration policy since 1990, and other is a reform of the foreign company trainees system. Fifth, to understand the decline of state sovereignty from the viewpoint of multicultural societies, the research took up the relation between social order and nouns. Finally, looking at British situations, it is described that not only national actors but also local actors induce the decline of state sovereignty in some cases, or support state sovereignty in other cases.This research successfully constructed theoretical frameworks to consider the "challenge to the nation-state" issue and adopted such theoretical findings to some empirical cases. As a next step, more elaborate empirical research should be undertaken in near future.

  • 国際移民の市民権に関する研究

    若手研究(B)

    Project Year :

    2002
    -
    2004
     

    樽本 英樹

    Authorship: Principal investigator

     View Summary

    「国民国家への挑戦」には2側面がある。第1に「国家主権への挑戦」。第2に「ナショナル市民権への挑戦」。本研究においては、「ナショナル市民権への挑戦」に絞って研究を遂行した。考察のポイントは以下のものであった。第1に、「人権」は国際移民の市民権を正統化する要因になりえているのだろうか。なりえているとすれば、その市民権は「正常な」モデルと言えるのか。第2に、「居住」は国際移民の市民権を正統化する要因になりえているのか。デニズンと呼ばれる人々は、単に「居住」を根拠として市民権を付与されているのか。第3に、国民国家を基礎とした「ナショナルな」市民権は、いまだ有効なモデルなのではないか。いやむしろその力が強化されている面があるのではないか。これらの問いに答えるため、次のように研究を推進していった。第1に、先進諸国における国際移民の市民権を理解するため、まずは日本における外国人に対する市民権の発展をサーベイし、多文化主義の観点から理論的にまとめた。その成果は、すでに刊行されている学術雑誌論文3本および英国で出版された本の1章となった。第2に、「ナショナル市民権への挑戦」という問いに答えるための理論研究を行った。この過程で次のような見地が得られた。「ナショナル市民権への挑戦」という問いとは、国際人権レジームの影響によって国際移民の市民権が拡大しているのかどうかという理論的な問いに収斂するのである。そしてその理論モデルに関しては、中国北京市における国際社会学機構の大会で学会発表を行った。第3に、先進諸国における国際移民の市民権の発展を理論に基づき実証するため、文献資料を収集し研究していった。これらの文献資料を用いた実証的論文は近日中にレフェリーつき国際学術雑誌に投稿の見込みである。

display all >>

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>