2022/08/11 更新

写真a

キトウ トモミ
鬼頭 朋見
所属
理工学術院 創造理工学部
職名
准教授

兼担

  • 附属機関・学校   グローバルエデュケーションセンター

学内研究所等

  • 2020年
    -
    2022年

    理工学術院総合研究所   兼任研究員

  • 2020年
    -
    2022年

    国際情報通信研究センター   兼任研究員

学位

  • 東京大学   博士(工学)

経歴

  • 2018年04月
    -
    継続中

    早稲田大学   理工学術院   准教授

  • 2015年04月
    -
    2018年03月

    筑波大学   システム情報系   助教

  • 2013年05月
    -
    2015年05月

    オックスフォード大学   サイードビジネススクール   上級研究員

  • 2012年04月
    -
    2015年03月

    東京大学   大学院工学系研究科システム創成学専攻   助教

  • 2008年09月
    -
    2011年08月

    オックスフォード大学サイードビジネススクール

  • 2008年05月
    -
    2008年08月

    東京大学   人工物工学研究センター   特任助教

▼全件表示

 

研究分野

  • 社会システム工学

  • 知能情報学

  • 安全工学

  • 社会学

  • ウェブ情報学、サービス情報学

  • 加工学、生産工学

  • 経営学

▼全件表示

研究キーワード

  • Agent-based modeling

  • エージェントシミュレーション

  • サプライチェーン

  • 多様性

  • レジリエンス

  • 経営工学

  • 複雑ネットワーク

  • 創発システム

  • マルチエージェントシステム

  • オペレーションズマネジメント

  • 価値創成

  • 組織構造

  • 生産工学

  • 産業集積

  • 企業戦略

  • ビッグデータ

  • 社会ネットワーク分析

▼全件表示

論文

  • Effects of industrial and geographical proximities of firms on the Japanese inter-firm network

    鬼頭 朋見

    Proceedings of the 7th International Conference on Complex Networks and Their Applications    2018年12月  [査読有り]

  • Triadic and quadratic closure as mechanisms for inter-firm transactional network dynamics

    Proceedings of the 7th International Conference on Complex Networks and Their Applications    2018年12月  [査読有り]

  • Disentangling the complexity of supply relationship formations: Firm product diversification and product ubiquity in the Japanese car industry

    International Journal of Production Economics   206   159 - 168  2018年12月  [査読有り]

  • 自動車産業サプライネットワークの構造分析と分類 : サプライベースとサプライヤ依存度に注目したアプローチ

    谷中 峻輔, 鬼頭 朋見

    日本経営工学会 経営システム   27 ( 4 ) 227 - 233  2018年01月  [査読有り]  [招待有り]

  • 企業間取引ネットワークのコミュニティ分析による産業及び地域クラスタの組成解析

    濱本 章弘, 鬼頭 朋見

    日本経営工学会 経営システム   27 ( 4 ) 234 - 239  2018年01月  [査読有り]  [招待有り]

  • 企業間取引ネットワークのコミュニティ分析による産業クラスタの組成解析

    Kito, Tomomi, 濱本, 章弘

    ネットワークが創発する知能研究会(JWEIN2017)予稿集    2017年08月  [査読有り]

  • 自動車産業サプライネットワークのモデリングと分類に向けて:下層サプライヤの依存度に注目したアプローチ

    Kito, Tomomi, 谷中, 峻輔

    ネットワークが創発する知能研究会(JWEIN2017)予稿集    2017年08月  [査読有り]

  • Firms’ strategies and patterns of their interdependencies: An emergent synthesis perspective

    Kito, Tomomi, Ogata, Taiki

    Procedia CIRP    2017年06月  [査読有り]

  • Hierarchy, modularity and community: Empirical analysis and modeling of global industrial supply networks

    Tomomi, Kito, Steve, New, Felix, Reed-Tsochas

    NetSci 2017, Proceedings    2017年06月  [査読有り]

  • Detangling complexity of supply relationship formations: Firms’ portfolio diversification, products’ ubiquity, and their dynamics in the Japanese car industry

    Kito, Tomomi, Steve, New, Felix, Reed-Tsochas

    Proceedings of the 5th World Production and Operations Management Conference    2016年09月  [査読有り]

  • Towards modeling inter-firm networks: Empirical analysis and characterization of automobile parts supply relationship formations

    Tomomi, Kito, Steve, New, Felix, Reed-Tsochas

    Proceedings of the 2nd Annual International Conference on Computational Social Science    2016年06月  [査読有り]

  • Towards capturing heterogeneity of supply network structures and their temporal transitions: An investigation of supply relationships in the Japanese automobile industry

    Kito,Tomomi, New,Steve

    Evolutionary and Institutional Economics Review   12 ( 2 ) 333 - 347  2015年12月  [査読有り]

     概要を見る

    Empirical longitudinal data on supply relationships between car manufacturers (OEMs) and auto-parts suppliers in the Japanese automobile industry are studied systematically. Such supply relationship formations, which will have emerged over time, are likely to reflect various contingent factors such as industrial conditions (which affect OEMs' procurement strategies and resulting product demands). There are other important factors such as the level of standardization of the product, and the skills required for manufacturing the product. Furthermore, the effects of such factors may vary from product to product, and year to year. Heterogeneity between the supply networks of various products is elucidated via characterization with several measures, and also via a visualization of the transitions of the network properties. Our systematic analysis of the data provides profound insight into how product markets may have become stabilized or more competitive, and how the market selection process may affect the evolution of the supply network characteristics. The proposed approach and findings of the study can contribute to supply network modeling, and lead to the prediction of future change

    DOI

  • Supply network resilience: a review and a critique of recent research

    Steve,New, Tomomi,Kito

    Proceedings of the 2015 Annual Cambridge Manufacturing Symposium    2015年09月  [査読有り]

  • 2部ネットワークの投影による自動車部品の特性とサプライヤのポートフォリオの多様性解析

    Kito,Tomomi

    人工知能学会論文誌   30 ( 6 ) 721 - 728  2015年09月  [査読有り]

    DOI

  • Ontology for supply network modelling: boundaries, nodes and links

    Tomomi,Kito, Steve,New

    Proceedings of the 22nd Euroma Conference, Operations Management for Sustainable Competitiveness    2015年07月  [査読有り]

  • Ontology for supply network modelling: Boundaries, nodes and links

    Tomomi,Kito, Steve,New

    The 7th Annual Conference of Operations Management and Strategy Association    2015年06月

  • プロダクトスペースによる自動車部品製造ポートフォリオの企業戦略分析

    鬼頭,朋見, 大川雅史, 菅野太郎, 古田一雄

    第59回システム制御情報学会研究発表講演会論文集    2015年05月

  • How automobile parts supply network structures may reflect the diversity of product characteristics and suppliers' production strategies

    Tomomi Kito, Steve New, Kanji Ueda

    CIRP ANNALS-MANUFACTURING TECHNOLOGY   64 ( 1 ) 423 - 426  2015年

     概要を見る

    This study quantitatively investigates the heterogeneous nature of the structures and characteristics of real-life auto-parts supply networks, through complex network analysis of large-scale empirical data. Comprehensive data containing "who-supplies-what-to-whom" information successfully highlights the wide diversity of product characteristics, companies' production capabilities, and also their resulting strategies. Furthermore, by using an advanced complex network analysis technique, the supply networks are projected into a different information space, generating another network that elucidates the proximities between product types and between companies' production strategies. Analysis of this network provides profound insights into how supply network structures may emerge reflecting various factors. (C) 2015 CIRP.

    DOI

  • 2部ネットワークの投影による自動車部品サプライヤのポートフォリオ解析

    鬼頭,朋見

    ネットワークが創発する知能研究会(JWEIN)    2014年08月

  • The implications of automobile parts supply network structures: A complex network approach

    Tomomi Kito, Kanji Ueda

    CIRP ANNALS-MANUFACTURING TECHNOLOGY   63 ( 1 ) 393 - 396  2014年  [査読有り]

     概要を見る

    This study investigates the temporal structural transitions of automobile supply networks where, under situations with various possible risks such as economic crises and market globalisation, companies must both work together for sustainable production, and also compete with each other for their own survival. The resulting network complexity is captured by large-scale empirical data, and analysed for the first time using concepts and metrics developed in complex network science. We discuss how network structure reflects the effect of several factors including market fluctuation, product standardisation, technological advancement, and financial interdependencies between companies. (C) 2014 CIRP.

    DOI

  • The structure of the Toyota supply network: an empirical analysis

    Kito,Tomomi

    SSRN    2014年

  • The emergence of structural heterogeneity: an empirical analysis of auto-parts supply networks in Japan

    Tomomi,Kito, Steve,New

    The 21st EurOMA Conference    2014年

  • Profit, dependency and structure in the global automotive industry

    Steve,New, Callum,Watling, Tomomi,Kito, Felix,Reed-Tsochas

    The 18th Cambridge International Manufacturing Symposium    2014年

  • 実世界サプライチェーンの構造的頑健性:複雑ネットワーク・アプローチ

    鬼頭,朋見

    情報処理学会論文誌「数理モデル化と問題解決」   6 ( 2 ) 174 - 181  2013年08月  [査読有り]

  • Connecting to resources: analogies between dark networks and industrial systems

    Steve,New, Felix,Reed-Tsochas, Tomomi,Kito, Alexandra,Brintrup

    The 17th Annual Cambridge International Manufacturing Symposium    2013年

  • Nested patterns in large-scale automotive supply networks

    Tomomi,Kito, Alexandra,Brintrup, Steve,New, Felix,Reed-Tsochas

    The 16th Cambridge International Manufacturing Symposium    2012年

  • Modelling Supply Networks: A Structural Analysis of the Toyota Supply Chain

    Tomomi,Kito, Alexandra,Brintrup, Steve,New, Felix,Reed-Tsochas

    18th International Annual European Operations Management Association Conference    2011年

  • From Transaction Cost Economics to Food Webs: A Multi-Disciplinary Discussion on the Length of Supply Chains

    Tomomi,Kito, Alexandra,Brintrup, Steve,New, Felix,Reed-Tsochas

    18th International Annual European Operations Management Association Conference    2011年

  • Introducing bounded rationality into self-organization-based semiconductor manufacturing

    Tomomi Kito, Kanji Ueda

    DYNAMICS IN LOGISTICS   1   65 - 73  2008年  [査読有り]

     概要を見る

    This study proposes a design approach for self-organization-based systems by introducing bounded-rational agents. The validity of the proposed model of bounded rationality is validated in comparison to the proposal of information localization, using a simulation of self-organization-based semiconductor manufacturing, which is a typical complex system. The effectiveness of the proposal is demonstrated also under changing situations.

    DOI

  • Modelling of value creation based on Emergent Synthesis

    K. Ueda, T. Kito, T. Takenaka

    CIRP ANNALS-MANUFACTURING TECHNOLOGY   57 ( 1 ) 473 - 476  2008年  [査読有り]

     概要を見る

    With increasing networking and globalization of the market, it becomes increasingly difficult to understand value in production of goods and services. This paper presents a new methodology for modelling value creation based on the concept of Emergent Synthesis. In consideration of interaction among producers, customers, and the environment, the methodology classifies value creation into three models: Providing Value, Adaptive Value, and Co-creative Value. This paper presents multi-agent system simulations of service market to examine the validity of the proposed models, with discussion of the diffusion of new products/services in a society. (C) 2008 CIRP.

    DOI

  • Multi-Agent Market Modeling Based on Analysis of Consumer Lifestyles

    Tomomi,Kito, Nobutada,Fujii, Kanji,Ueda

    The Proceedings of the 41th CIRP International Conference on Manufacturing Systems    2008年

  • Decision Making in Artifactual Systems with Bounded Rationality

    Kito,Tomomi, Nobutada,Fujii, Kanji,Ueda

    Lecture Notes in Economics and Mathematical Systems   590   203 - 208  2007年  [査読有り]

    DOI

  • Design of Self-Organization-Based Biological Manufacturing Systems by Introducing Bounded Rationality

    Tomomi,Kito, Nobutada,Fujii, Kanji,Ueda

    The Proceedings of the 40th CIRP International Seminar on Manufacturing Systems    2007年

  • Emergent Synthesis with Bounded Rationality

    Tomomi,Kito, Nobutada,Fujii, Kanji,Ueda

    The 4th Digital Enterprise Technology Conference – DET2007    2007年

  • Emergent Synthesis with Bounded Rationality

    Tomomi,Kito, Nobutada,Fujii, Kanji,Ueda

    The 4th Digital Enterprise Technology Conference – DET2007    2007年

  • Modeling Biological Manufacturing Systems with bounded-rational agents

    K. Ueda, T. Kito, N. Fujii

    CIRP ANNALS-MANUFACTURING TECHNOLOGY   55 ( 1 ) 469 - 472  2006年  [査読有り]

     概要を見る

    This paper presents bounded rationality as a characteristic of agents to develop their behavior in Biological Manufacturing Systems (BMS) that can deal with the complexity of the manufacturing environment using the ideas of self-organization, evolution and learning. Clarifying the definition and description of bounded rationality, the approach is implemented in an Ant System model. The purpose of the model is to handle the uncertainty in the perception, action and inner structure of agents by introducing bounded rationality in their characteristics. Computer simulation demonstrates the effectiveness of the approach by indicating significant improvement in the performance of the modeled BMS.

    DOI

  • Design of Manufacturing Systems by Introducing Bounded-Rational Agents

    Kito,Tomomi

    CIRP Journal of Manufacturing Systems   35 ( 2 ) 151 - 160  2006年  [査読有り]

  • Design of Multi-Agent Systems with Bounded Rationality

    Tomomi,Kito, Nobutada,Fujii, Kanji,Ueda

    The Proceedings of the 6th International Workshop on Emergent Synthesis   193 ( 198 )  2006年

  • Introducing Bounded Rationality in Biological Manufacturing Systems

    Tomomi,Kito, Nobutada,Fujii, Kanji,Ueda

    The Proceedings of the 39th CIRP International Seminar on Manufacturing Systems     345 - 350  2006年

  • 共創的意思決定の方法論:計算機実験によるアプローチ

    鬼頭,朋見

    組織科学   39 ( 1 ) 4 - 14  2005年  [査読有り]

    CiNii

  • Design of Manufacturing Systems by Introducing Bounded-Rational Agents

    Tomomi,Kito, Nobutada,Fujii, Kanji,Ueda

    The Proceedings of The 38th CIRP International Seminar on Manufacturing Systems    2005年

  • マークを用いたロボットの多種類物体ハンドリング

    鬼頭,朋見

    日本機械学会論文集 (C編)   70 ( 691 ) 766 - 773  2004年03月  [査読有り]

    DOI

  • 信頼性理論を用いたロボットの作業環境整備法

    鬼頭,朋見

    精密工学会誌論文集   70 ( 2 ) 224 - 229  2004年02月  [査読有り]

    DOI

  • Co-Creative Decision Making in Artifactual Systems in Consideration of Bounded Rationality

    Tomomi,Kito, Nobutada,Fujii, Kanji,Ueda

    The Proceedings of the International Conference - Experiments in Economic Sciences: New Approaches to Solving Real-world Problems     303 - 317  2004年

  • 最大曲率,最大曲率変化率,曲率連続性を考慮した移動ロボットの経路生成法

    鬼頭,朋見, 太田順, 香月理絵, 水田貴久, 新井民夫, 植山剛, 西山強志

    日本機械学会論文集C編   69 ( 688 ) 3269 - 3276  2003年12月  [査読有り]

    DOI

  • Design of an Artificial Mark to Determine 3D Pose By Monocular Vision

    Kito,Tomomi

    IEEE International Conference on Robotics and Automation    2003年

  • Smooth Path Planning by Using Visibility Graph-Like Method

    Kito,Tomomi, Jun,Ota, Rie,Katsuki, Takahisa,Mizuta, Tamio,Arai, Tsuyoshi,Ueyama, Tsuyoshi,Nishiyama

    IEEE International Conference on Robotics and Automation    2003年

  • Handling of Objects with Marks by a Robot

    Rie,Katsuki, Jun,Ota, Yusuke,Tamura, Takahisa,Mizuta, Tomomi,Kito, Tamio,Arai, Tsuyoshi,Ueyama, Tsuyoshi,Nishiyama

    The 2003 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems    2003年

  • 2台のカメラを用いたAGVナビゲーションのための人工ランドマークの配置計画法と観測計画法

    鬼頭,朋見

    精密機械工学会誌   68 ( 12 ) 1600 - 1604  2002年12月  [査読有り]

    DOI

▼全件表示

産業財産権

  • ロボットの停止箇所決定方法及びロボットの停止箇所決定装置

    Kito,Tomomi

    特許権

共同研究・競争的資金等の研究課題

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • サプライネットワークの非均質性と企業のポートフォリオ戦略

    Kito, Tomomi  [招待有り]

    ネットワーク科学セミナー2017   (日本 統計数理研究所)  統計数理研究所  

    発表年月: 2017年08月

  • 産業ネットワークの複雑さを紐解く:企業の多様性と繋がりの非均質性

    Kito, Tomomi  [招待有り]

    第14回ネットワーク生態学シンポジウム   (日本 北陸先端大(JAIST))  (社)情報処理学会 ネットワーク生態学研究グループ  

    発表年月: 2017年08月

  • サプライネットワーク解析とその最新動向

    Kito,Tomomi  [招待有り]

    ERATO河原林巨大グラフプロジェクト   (日本 東京) 

    発表年月: 2017年06月

  • Detangling complexity of industrial clusters and inter-firm networks: Big data analysis & network science

    Kito, Tomomi  [招待有り]

    早稲田大学現代政治経済研究所セミナー   (Japan 早稲田大学, 東京) 

    発表年月: 2017年06月

  • Detangling complexity of industrial clusters and inter-firm networks: Big data analysis & network science

    Kito,Tomomi  [招待有り]

    ESP The 20th General Meeting   (Japan GRIPS, Tokyo) 

    発表年月: 2017年03月

  • Detangling complexity of supply network formations: Large-scale data analysis by network science approach

    Kito,Tomomi  [招待有り]

    Faculty of Economics and Business, University of Groningen   (The Netherlands Groningen) 

    発表年月: 2016年09月

  • Firms' strategies and patterns of their interdependencies: An emergent synthesis perspective

    Tomomi,Kito, Taiki,Ogata

    10th CIRP Conference on Intelligent Computation in Manufacturing Engineering   (Italy Napoli) 

    発表年月: 2016年07月

  • The building blocks and organizing principles of supply network complexity

    Kito,Tomomi

    NetSci2016   (Korea Seoul) 

    発表年月: 2016年05月

  • Revisiting the scale-free discussion: The non-scale-free property of supply networks and the underlying principles

    Kito,Tomomi

    International Conference on Socio-Economic Systems with ICT and Networks   (Japan Tokyo) 

    発表年月: 2016年03月

  • Capturing the heterogeneity and dynamics of supply relationship formations in the Japanese automobile industry

    Tomomi,Kito, Steve,New

    NetSciX2016  

    発表年月: 2016年01月

  • Modelling protocols for supply network mapping

    Tomomi,Kito, Steve,New, Felix,Reed-Tsochas

    A Discussion Meeting, Hertford College   (United Kingdom University of Oxford) 

    発表年月: 2015年04月

  • 自動車産業サプライネットワークの組成と頑健性

    鬼頭,朋見

    第2回金融ネットワーク研究会  

    発表年月: 2014年06月

  • 実世界サプライネットワークのレジリエンス:複雑ネットワーク・アプローチ

    鬼頭,朋見

    日本マーケティングサイエンス学会マーケティング・ダイナミクス研究部会  

    発表年月: 2014年01月

  • System theory-based approach for sustainable value creation

    Tomomi,Kito, Kanji,Ueda

    UK-Japan Industrial Sustainability Workshop  

    発表年月: 2013年07月

  • 全世界の自動車サプライネットワークへの複雑ネットワーク理論によるアプローチ

    鬼頭,朋見

    第5回システム創成学学術講演会  

    発表年月: 2013年

  • 実世界サプライチェーンの構造解析:複雑ネットワーク・アプローチ

    鬼頭,朋見

    グローバル自動車研究会   (東京大学ものづくり経営研究センター) 

    発表年月: 2012年11月

  • 実世界サプライチェーンの複雑ネットワーク解析とロバスト設計

    鬼頭,朋見, Alexandra,Brintrup

    ネットワークが創発する知能研究会(JWEIN 2012)  

    発表年月: 2012年

  • Modelling supply chain networks – Toyota and Beyond

    Tomomi,Kito, Kanji,Ueda

    Dean’s seminar, Saïd Business School, University of Oxford  

    発表年月: 2012年

  • 限定合理性を導入した生物指向型生産システムに関する研究

    鬼頭,朋見, 藤井信忠, 上田完次

    2006年度精密機械工学会春季大会学術講演会  

    発表年月: 2006年

  • 限定合理的エージェントを導入した人工システムの共創的意思決定

    鬼頭,朋見, 藤井信忠, 上田完次

    合同エージェントワークショップ&シンポジウム(JAWS)  

    発表年月: 2005年

  • エージェントの限定合理性を考慮した人工システムの提案(第2報)

    鬼頭,朋見, 上田完次

    日本機械学会第15回設計工学・システム部門講演会  

    発表年月: 2005年

  • 複数作業を実現する移動マニピュレータの操作性を考慮した最少の作業場所計画

    鬼頭,朋見, 新井民夫, 植山剛

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会  

    発表年月: 2004年

  • エージェントの限定合理性を考慮した人工システムの提案

    鬼頭,朋見, 上田完次

    日本機械学会第14回設計工学・システム部門講演会  

    発表年月: 2004年

  • 複数作業を遂行する移動マニピュレータの最適動作計画法

    鬼頭,朋見, 太田順, 新井民夫, 植山剛

    日本ロボット学会第21回学術講演会  

    発表年月: 2003年

  • マークを用いたロボットの物体ハンドリング

    香月理絵, 太田順, 田村雄介, 鬼頭,朋見, 新井民夫, 植山剛, 西山強志

    日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会  

    発表年月: 2003年

  • ユーザフレンドリな経路生成システムを用いた移動ロボットの経路生成法

    鬼頭,朋見, 太田順, 香月理絵, 水田貴久, 新井民夫

    日本ロボット学会第20回学術講演会  

    発表年月: 2002年

  • 2次元バーコードマークを用いた複数物体ハンドリング

    香月理絵, 太田順, 水田貴久, 鬼頭,朋見, 新井民夫, 田村雄介

    第3回計測自動制御学会  

    発表年月: 2002年

▼全件表示

特定課題研究

  • 投資家の投資ポートフォリオ構築の多様性解析と設計提案

    2021年  

     概要を見る

    本研究課題では、スタートアップ企業への投資という、大きなリスクを伴う投資を行う投資家のポートフォリオ構築に着目した。投資活動により、価値あるイノベーションを生むポテンシャルを秘めたスタートアップの活動が促進され、ビジネスエコシステムが維持されるといえるが、投資家のポートフォリオ構築の成長過程自体を、投資を受けるスタートアップの特徴と併せて時系列的に分析した研究は少ない。本課題では、生物の多様性の進化過程を捉えるための指標を応用して、投資家のポートフォリオ戦略を分析し、時系列マッピングした。成果は、国際会議Networks2021で発表し、現在投稿論文を執筆中である。

  • オンライン検索による2地点間の最短経路とその時間変化を活用した都市交通網の追究

    2020年  

     概要を見る

    本研究では、都市交通網の構造を実データ解析をもとに数理的に追究した。大規模な人流・交通流データを用いたモビリティの研究は進んでいるが、誰にでも利用可能な情報を活用した持続性・汎用性のある研究は未だ少ない。本研究では、google maps上での経路探索の情報を用い、渋滞の影響を反映し時間帯によって異なる最適経路に着目し、その経路の時系列変化を解析することで、世界の複数の都市構造の特徴を捉える試みを実現した。環状度合と格子度合の組合せで構造を捉えた分析により、世界の都市を構造的に分類することができた。成果は国際会議に投稿し採択された。更に追加データを収集し、学術論文に投稿する予定である。

  • ネットワーク科学アプローチによる企業間依存度の指標提案と時系列実データ解析

    2019年  

     概要を見る

    本研究では、企業間の取引関係の情報をもとに、企業間の依存度を定量化する指標を提案した。より具体的には、自動車メーカとそのサプライヤ間の取引関係を捉えた時系列データを独自に収集し、自動車メーカが特定のサプライヤにどの程度依存しているのかを、そのサプライヤの製造部品の希少性を考慮に入れて定量化する指標を提案し適用した。また、自動車メーカがどの程度、特定のサプライヤに偏った依存の仕方をしているのかについても定量化する指標を作成した。実データへの適用結果から、自動車メーカごとに異なる調達戦略と、その戦略がもたらす脆弱性を明らかにすることができた。

  • オンラインコミュニケーションの解析と組織力向上のためのリーダーシップへの提案

    2019年  

     概要を見る

    本研究では,組織内オンラインコミュニケーションのログ・データを分析し,コミュニケーションパターンとパフォーマンスの関係性を追究した.大目的は,組織のリーダがどのようなコミュニケーションを促進/阻害すれば,組織パフォーマンスをより向上させられるか?あるいは個人のパフォーマンス向上に働きかけられるか?について知見を獲得することである.その大目的を見据え,本申請課題では,個人のパフォーマンスに焦点を絞り,業績の良い人の会話に共通の特徴が潜んでいるか否かを調べた.会話分析は困難を極めたが,役職・会話内容・業績の多様な組合せの中で,好業績の人にのみ見られるパターン等を幾つか抽出することが出来た.

  • 企業のポートフォリオと取引の多角化戦略に関する時系列実データ解析とモデル化

    2018年  

     概要を見る

    本研究では、自動車産業におけるサプライヤ企業の製品ポートフォリオと、供給先・供給量に関する時系列データを収集・整理し、そのデータをネットワーク科学アプローチによって分析した。この分析により、企業のポートフォリオ多角化戦略の多様性、取引先多角化戦略の多様性が、如何に企業間関係やパフォーマンスに反映され、ひいては産業全体のレジリエンスに寄与するかについての新たな知見と、レジリエンス向上への示唆を得た。

 

現在担当している科目

▼全件表示

担当経験のある科目(授業)

  • レジリエンス工学

    東京大学  

  • 都市計画マスタープラン策定演習

    筑波大学  

  • 地域科学演習

    筑波大学  

  • 地域科学

    筑波大学  

  • 生産管理学

    早稲田大学  

  • グローバル生産システム論

    早稲田大学大学院  

  • 経営システム工学演習

    早稲田大学  

  • 生産工学基礎

    早稲田大学  

  • 生産・流通マネジメント

    早稲田大学  

  • 経営システム工学実験

    早稲田大学  

  • 生産システム論

    早稲田大学  

  • 生産システム工学実験

    早稲田大学  

  • 経営デザイン概論

    早稲田大学大学院  

▼全件表示