SAKAMAKI, Tadashi

写真a

Affiliation

Faculty of Law, Waseda Law School

Job title

Professor

Concurrent Post 【 display / non-display

  • Faculty of Law   School of Law

  • Faculty of Law   Graduate School of Law

Research Experience 【 display / non-display

  •  
     
     

    Kyoto University

  •  
     
     

    Kyoto University

  •  
     
     

    Former Institution /Organization Faculty of Law Department of Law   Professor

 

Research Areas 【 display / non-display

  • Criminal law

Papers 【 display / non-display

display all >>

Books and Other Publications 【 display / non-display

  • 有斐閣判例六法

    長谷部, 恭男, 佐伯, 仁志, 酒巻, 匡

    有斐閣  2020.10 ISBN: 9784641003415

  • 刑事訴訟法(第2版)

    酒巻, 匡

    有斐閣  2020.07 ISBN: 9784641139428

  • 入門刑事手続法(第8版)

    三井, 誠, 酒巻, 匡

    有斐閣  2020.04 ISBN: 9784641139435

  • 井上正仁先生古稀祝賀論文集

    酒巻, 匡, 大澤, 裕, 川出, 敏裕

    有斐閣  2019.02 ISBN: 9784641139312

  • ケースブック刑事訴訟法(第5版)

    井上, 正仁, 酒巻, 匡, 大澤, 裕, 川出, 敏裕, 堀江, 慎司, 池田, 公博, 笹倉, 宏紀

    有斐閣  2018.03 ISBN: 9784641139336

display all >>

Misc 【 display / non-display

  • 刑事裁判の現状と課題

    酒巻匡

    司法研修所・刑事実務研究会    2010  [Refereed]

  • 「改正刑事訴訟法における証拠開示の制度趣旨と理論的基礎」

    酒巻匡

    日本弁護士連合会夏期研修講演 (平成22 年7 月)    2010  [Refereed]

  • 座談会 少年法改正の意義と課題 (特集 少年法改正)

    酒巻 匡, 岩佐 嘉彦, 小田 正二

    ジュリスト   ( 1341 ) 2 - 37  2007.09  [Refereed]

  • 「座談会・松尾浩也先生に聞く(1)~(9 完)」

    酒巻匡

    法学教室319 号~327 号    2007  [Refereed]

  • 「犯罪被害者をめぐるこれまでの動き と共同研究の趣旨」

    酒巻匡

    日本刑法学会第85 回大会・共同研究「犯罪被害者と刑事手続」報告 (平成19 年5 月)    2007  [Refereed]

display all >>

Research Projects 【 display / non-display

  • 刑事裁判における争点整理・事実認定の指導指針となるべき実体法解釈論の研究

    基盤研究(B)

    Project Year :

    2019.04
    -
    2022.03
     

    安田 拓人, 小池 信太郎, 樋口 亮介, 岡田 幸之, 安藤 久美子, 酒巻 匡

  • 犯罪の訴追・予防を目的とする情報の収集と利用に対する法的規制のあり方

    基盤研究(B)

    Project Year :

    2018.04
    -
    2021.03
     

    大澤 裕, 笹倉 宏紀, 田中 開, 井上 正仁, 佐藤 隆之, 稲谷 龍彦, 酒巻 匡, 神田 雅憲, 池田 公博, 川出 敏裕, 大谷 祐毅, 成瀬 剛, 川島 享祐, 朝村 太一

     View Summary

    本年度は,下記の3つの研究班を構成して,調査研究を進めた。
    ①犯罪訴追目的での情報の継続的収集班(班長:井上,班員:田中,佐藤,成瀬,神田)は,GPS捜査,民間業者に対する特定の個人に関するデータの保存要請,ドイツのオンライン捜索(対象者が使用するコンピュータ等の端末に秘密裡にソフトウェアをインストールし,一定期間にわたり,端末でのデータ処理の状況を監視する手法),スマートフォン・パソコン内に保存されている大量のデジタルデータの解析を主な研究対象とした。研究内容としては,これらの処分によって侵害される利益の内容は何かということとの関係で,プライバシーの利益の内容を再検討するとともに,それを,既存の強制捜査と任意捜査の区別の枠組みにどのように適合させるのかについて考察した。
    ②犯罪訴追目的での情報の蓄積・利用班(班長:酒巻,班員:池田,稻谷,川島)は,指紋やDNA型のデータベース,監視カメラを主な研究対象とした。研究内容としては,個人情報保護法など他の法分野における規律内容も踏まえつつ,そもそも,情報を蓄積し利用することにより,取得とは独立した権利侵害が生じるのか,その内容はいかなるものなのかということを,問題となる情報ごとに検討した。
    ③犯罪予防目的での情報の収集・利用班(班長:川出,班員:笹倉,大谷,朝村)は,諸外国の諜報機関(アメリカのCIAやNSA,ドイツの連邦憲法擁護庁等)がテロ行為の未然防止を目的として行っている膨大なデータの収集・蓄積やテロ対策データベースの作成・利用を主な研究対象とした。研究内容としては,これらの手法の具体的な内容を把握するとともに,犯罪の「予防」という目的の相違が法的規制のあり方に与える影響及びその理論的根拠を考察した。
    そして,年度末に研究代表者の大澤が主催して全体会合を行い,各研究班が獲得した知見を全員で共有し理解を深めた。

  • Rethinking Discovery in Criminal Cases

    Grant-in-Aid for Scientific Research (C)

    Project Year :

    2015.04
    -
    2019.03
     

    SAKAMAKI tadashi

     View Summary

    The purpose of the research is comprehensive and critical analysis on the former academic and practical research materials on Discovery System in Criminal Cases. These theoretical and legal materials includes my own former academic publication, and foreign materials(U.S.,England, France,Germany)for comparative view. The result of research and rethinking on the issue:There would be no need to make comprehensive changes on the present system of discovery of evidence in criminal procedure, if not drastically changing over the basic way of Japanese criminal trial procedure(adversary trial system).Comprehensive disclosure of all prosecution evidence to defense at pretrial stage should not be accepted under adversary system of criminal procedure.

  • Interdisciplinary studies on the influence of the mental disorder to sentencing-decision

    Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    Project Year :

    2015.04
    -
    2018.03
     

    YASUDA Takuto

     View Summary

    This project adopted intersisciplinary approach of criminal law and psychiatry and comparative jurisprudence approach, analyzed theinfluence of the mental disorder to sentencing-decision.

  • Interdisciplinary studies on the framework of the judicial judgement of doli capax and the content of the psyciatric exminations

    Grant-in-Aid for Scientific Research (B)

    Project Year :

    2012.04
    -
    2016.03
     

    YASUDA Takuto, OKADA Takayuki, ANDO Kumiko, SAKAMAKI Tadashi

     View Summary

    We demonstrated that the content of the psyciatiric examinations schold be restricted to the field of psychiatry by reassessing the position of the examinations in the judicial forensic code of legal procedure.The content of it include analysis on the mechanism of the corresponding psychiatric symptoms which induced the corresponding crimes.
    Forensic, normative judgement of doli capax will be made on this analisis whether or not the person could have suppressed implus to commit corresponding crime with normal mental functions.

display all >>

 

Syllabus 【 display / non-display

display all >>